5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ルナ・バーストを再開して欲しい人の人数→

1 :Neo信者:03/05/05 13:49
週一連載連続小説[ルナ・バースト]
http://book.2ch.net/bun/kako/1011/10110/1011017606.html

ルナ・バースト第二章
http://book.2ch.net/bun/kako/1022/10226/1022649291.html

ルナ・バースト 第三部
http://natto.2ch.net/test/read.cgi/denpa/1036817051/l50
(まもなくhtml化!!)

奇跡の名作「ルナ・バースト」をこのまま埋もれさせて良いはずがない!!
みんなでNeoタンを再起させてルナバを永遠の名作にしようぜ!!

2 :名無しちゃん…電波届いた?:03/05/05 13:50
誰?

3 :名無しちゃん…電波届いた?:03/05/05 13:50
2げと?げとできた?(´・ω・`)

4 :名無しちゃん…電波届いた?:03/05/05 13:54
Neoか…。
今見ても初期は神掛かってるな(w

5 :名無しちゃん…電波届いた?:03/05/05 14:11
>>1
お前が書いた小説か?

6 :名無しちゃん…電波届いた?:03/05/05 14:17
>>3がかわいそうだ。
            / \     /\
            /  .\.,.,.,.,..,,/  ヽ
           /           `:、
          ,:'              ',
         .,:'               i
         .i  ○      ○     i  
          .',            * i 
           `:、   ー―‐     /  
            |           \
           , -’             \  |ヽ
         /    、            ヽ丿 |
         (,.,.,,.,.,.,.ノ              )_ノ
   2→ と⌒つ´∀`)つ ヽ,.,..,.,.,.(,..,.,.,.,..,.),.,.,,../

7 :名無しちゃん…電波届いた?:03/05/05 14:18
         このスレのきまり
1.このスレッドにはマジメな感想以外なにも書き込まないでください。
2.僕はぜんぜん痛くありません。

ハゲワラ

8 :名無しちゃん…電波届いた?:03/05/05 15:42
 

9 :名無しちゃん…電波届いた?:03/05/05 18:20
ここNeo来るの?

10 :名無しちゃん…電波届いた?:03/05/05 21:55
読んだけど

N e o 以 外 は

結構レベル高いな。驚いた。

11 :名無しちゃん…電波届いた?:03/05/05 21:57
ウホッ!いい男・・・
現在2位、投票お願いします!
http://pumpkinnet.to/ranking/words/

何それ?って人はこれ見てね
http://alicek.hp.infoseek.co.jp/motoneta.html

12 :名無しちゃん…電波届いた?:03/05/05 23:52
>>11
荒らすなボケ

13 :名無しちゃん…電波届いた?:03/05/05 23:54
前スレ
http://etc.2ch.net/test/read.cgi/denpa/1043647745/l50


14 :名無しちゃん…電波届いた?:03/05/06 00:03
>>13
新スレわぁ〜?

15 :名無しちゃん…電波届いた?:03/05/06 00:06
次スレ
http://etc.2ch.net/test/read.cgi/denpa/1050227969/l50


16 :名無しさん@お腹いっぱい:03/05/06 00:14
 _____
 |  |. ∧∧
=====(,,゚Д゚)∩=
 |_|.⊂  ノ
    /  0
    し´

 |  えっ…と、勘違いしたアフォの居る |
 \スレッドはここかな…、と      /
    ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ∧∧ ∧∧ __._
    ∩゚Д゚,≡,゚Д゚)   |.|
     `ヽ    |)====
       | _ |〜 .|__|.|
       U U


        ∧∧    ミ _ ドスッ
        (   ,,)┌―─┴┴─―┐
       /   つ.   板違い   │
     〜′ /´ └―─┬┬─―┘
      ∪ ∪        ││ _ε3
               ゛゛'゛'゛

17 :名無しちゃん…電波届いた?:03/05/06 11:13
http://book.2ch.net/test/read.cgi/bun/1049821858/l50
読んでね。

18 :名無しちゃん…電波届いた?:03/05/06 11:19
ばーかばーか

19 :名無しちゃん…電波届いた?:03/05/06 19:39
>>17
何だこの知障文は?
Neo様と比べりゃ恐竜とアリ位の差があるな。

20 :じじじじじじじじじじじじじじじじじじじじじじじ:03/05/06 21:08
じじじじじじじじじじじじじじじじじじじじじじじ
じじじじじじじじじじじじじじじじじじじじじじじ
じじじじじじじじじじじじじじじじじじじじじじじ
じじじじじじじじじじじじじじじじじじじじじじじ
じじじじじじじじじじじじじじじじじじじじじじじ

21 :名無しちゃん…電波届いた?:03/05/07 22:00
Neoめ。まだいきがる力があったか…。

22 :名無しちゃん…電波届いた?:03/05/07 22:31
↑おめーのほうがよっぽどナマイキだい。Neoさんに匹敵するほどの作家は、
電波板では真琴さんくらい。すっこんでなさい>>21=黒豚!

23 :名無しちゃん…電波届いた?:03/05/09 12:52
NeoのネオはネオグランゾンのパクリのNeo

24 :名無しちゃん…電波届いた?:03/05/12 01:12
ああああああああああん!?
Neoだぁああああああああ?






だめだ、突き抜けられない。

25 :名無しちゃん…電波届いた?:03/05/12 01:37
このスレッドを糞スレと言うならば、現在糞スレと呼ばれている、ここ以外の全ての
スレッド達は、糞スレになろうとしている存在、糞ナロと定義しなければならない。
このスレッドの糞ぶりは、それ程のものだ。

26 :名無しちゃん…電波届いた?:03/05/13 02:01
Neoこないなあ

27 :名無しちゃん…電波届いた?:03/05/14 00:54
これは、心をもった人造人間と不思議な少女の愛の物語である。

           プロローグ
ザァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァ
ある夜、激しい雨が降る森の中の一本道を一台の黒塗りのベンツが猛
スピードで走っていた。 後部座席にいた男が運転手に「もっとスピードを出せ
、急がないとワシは殺されてしまう。」と言う、車がカーブに差し掛かるとあたりまえのことだが
少しスピードが落ちた、その時、ソレを待っていたとばかりに「何か」が屋根
の上に「ボンッ」と飛び乗ったのだ、その音に気づいた後部座席の男が
顔色を変えてこう言った、「撃てっ、車から落とせっ。」そう言われると
前の助手席に座っていた胸元から銃を取り出し天井に向かって
「プシュップシュップシュッ」と3発撃った、銃にはサプレッサーが付いていた。
屋根の上にいた「何か」は屋根にしっかりとしがみ付き、ジワジワとボンネット
へ移動していた、運転手は突然視界をふさがれてあわてた、助手席の男は
ボンネット上にいる「何者か」を撃とうとした、だがそれより一瞬早く
「何者か」の右腕がボンネットに吸い込まれるように入った。
ドガァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァン
エンジンを一撃で叩き割られたベンツは闇夜をつん裂く爆発音と共に
爆裂した。 前に乗っていた二人は即死した、だが後部座席の男は間一髪
車から飛び降りていた。 「はぁわわ、痛っつぅぅぅぅ。」うめき声を
あげた後、この少し太った白髪の老人の顔は凍りついた。
目の前にボンネットの上にいた「男」が立っていたからだ。
老人は言う、「やっやめろぉ、ワシを殺さないでくれ〜。」
男は言う、「すまない、俺はお前がどうして殺されるか知らないがこれも仕事なんでな。」
男はスタスタと老人に近づく、老人は恐怖で震える目でこの世の最後の
映像を見た、男の目が緑色に光り手刀を振り上げる、老人は断末魔の叫び
をあげたがすぐに聞こえなくなる、老人の声をあげる首はすでに飛んでいた。
男はその場から立ち去る。 静けさを取り戻す森の中でベンツの残骸から
たちのぼった炎がまるでキャンプファイヤーのように赤々と木々を染めていた。

28 :名無しちゃん…電波届いた?:03/05/16 01:35
30 名前: Neo ◆GoP0V9Oo 投稿日: 02/01/20 11:13
第一話「出会い」

第一回                                      
 
 俺が今、目の前にしているのは、地上500階建ての高層ビル、スコーピオンタワー
だ、このネオ東京でもひときわ大きくて上の方は薄い雲に隠れていてよく見えない。
 このビルはスコーピオンカンパニーという製薬会社が所有している、この企業は
1999年に起こった旧東京崩壊で生き残ったわずかな企業の内の一つでその翌年から
急成長をとげて今では通信技術、都市開発、軍事産業、宇宙開発にまで手を伸ばし
そのシェアを確立している、もちろん裏の世界にもその名を轟かせてはいるが。
 俺はその裏の仕事を遂行するここの社員だ、俺の名前か? 俺には名前などない、
あるのは会社につけられたコードネームだけだ、そう、たしか「フォックス」とか
いったな、まあ名前など俺にはどうでもいい事だ、それより、さっき銃で撃たれた
脇腹の傷がむず痒い、ほうっておいてもたいしたことはないが、会社の医務室で
弾を取り除いてもらわなくてはな。 さて、今日の仕事はこれで終わりだ、休むとするか。


29 :名無しちゃん…電波届いた?:03/05/18 13:50
51 名前: Neo ◆GoP0V9Oo 投稿日: 02/01/25 18:47
第二回

 俺は暗い闇の中にいる、何も見えない……… 俺はどうしてこんな所にいるんだ?
んっ、あれは何だ? 金色の光がこっちに近づいてくる、 優しくて暖かい輝きが俺を包む。
この感覚は初めてではない、どこか懐かしい感じがする……………
光の中に女がいる、桃色の長い髪と、真紅の瞳、白い肌、この女には始めて会った気がしない、昔会ったことがある。
女「やっと存在を感じることができました、やはりあなたも転生していたのですね。」
フォックス「あんた、だれだ……..」
女「近い将来、私たちはまためぐり逢うことになるわ。」
フォックス「俺は、あんたを知ってるような気がする。」
女「また会いましょう、フォックス。」
フォックス「まってくれ、あんた名前は…………..」
ビィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィッ
「9ジカン、ケイカシマシタ。」
「………..夢、か。」      ジューーーーーーーゴポゴポゴポゴポゴポゴポ
エナ・カプセルから酸素を含んだ溶液が抜けていく。 毎回思う事だがこのカプセルの目覚ましの音は
どうも好きになれない、一瞬で不快な気分にさせてくれるからだ。 「タダイマ、7ジ30プンデス。」
出勤の時間だ、今日はどんな任務に就かされるんだ?  と言ってもどうせ殺しの依頼しかたのまれないだろうな。
そんな事を考えながら俺はさっき見た夢の中の女が言っていた言葉が気にかかっていた。
「まためぐり逢える、か……..おかしな夢だったぜ。」

30 :名無しちゃん…電波届いた?:03/05/20 21:46
第三回「ブリーフィング」

「これが、今回の殺しのターゲットだ。」そう言われて渡された写真に目をおとした俺は愕然とした。 
「この女は!」桃色の髪、真紅の瞳、間違いなく夢の中に出てきた女、と言うより少女だった、
夢のに出てきた女よりとても幼い感じだ。「何故こんな子供がターゲットなんだ。」俺はこの写真を渡した課長の嶋 純一郎に尋ねた。
「知らんよ、上からは何も説明されていない、珍しい事ではあるがな。」
今まで会社が誰をターゲットにするかに興味はなかったが、女、しかも子供を殺したことはなかった、俺は動揺の色を隠せなかった。
「何を考えているんだ、まさかキリングマシーン(殺人機械)のお前が、殺しをためらっているのか?」 確かにそうだ、ためらうことなんて.....
そのとき、横から威勢の良い声がかかった。「ちがいます嶋課長、フォックスはキリングマシーンなんかじゃありません!」
オペレーターの李 メイリンだ。「フォックスはソルジャー隊員ですけど、心がないみたいな言い方はやめてください。」
嶋「ほぉ、君はこの人造人間に心があるとでもいうのかね?」
メイリン「はい、フォックスはちゃんと笑ったり怒ったり、私に冗談を言ったりもするんですよ。」
嶋「フン、私にはこの無愛想な男の口から冗談が出るとは到底思えんがね。」
メイリン「それは、課長がフォックスの事を理解してあげようとしないからじゃ..........」
フォックス「いいんだメイリン。 失礼します。」
俺はブリーフィングルームを出た。 「まってよフォックス。」メイリンが後ろからついてくる。
「あんな事気にしちゃダメよ、課長は嫌味で言ってるんだから。 それにあんな子がターゲットだなんて絶対変よ、事実確認してみるわ。」
「ありがとうメイリン。」彼女は俺に優しい。
「私達は一応、会社に敵対する悪い奴らをやっつける正義の防衛軍なんだから、フォックスもあんまり深く考え込まないで、自分の仕事に誇りを持ってね。」
「もちろんだ、ノープロブレム(問題ない)。」
「それでこそ、いつものフォックスよ。」


31 :名無しちゃん…電波届いた?:03/05/20 23:16
第四回「学園潜入」

 「月代 美咲(ツキシロ ミサキ)、15歳、血液型O、2015年10月28日生まれ、IDナンバーKY18-679254、月代財閥会長 月代 敬重(ツキシロ ケイチョウ)の三女、現在月代財閥の経営する私立アルテミス学園高等部に在学中、か。」 
俺が今読んでいるのは会社の情報部から渡されたターゲットのデータファイルだ、メイリンが確認した現実は残酷なものだった。
「この少女がターゲット。」
俺はこの少女を本当に殺せるのだろうか、今まで幾度となく人の命を奪ってきたを俺がまさかこんな事を迷っているなんてとても変だ。
「何をためらっているんだ、俺は。」
この子はたぶん脅迫のために殺される、事情を知らない俺でも資料を見れば大体のことは分かる。
月代財閥はサソリ(ウチの会社)に敵対している、裏の社会ではサソリに敵対することは滅びの道をたどることと同じだ、会長の娘を殺してサソリの脅威を知らしめるという悪どいやり方で相手を言いなりにさせる。
今の世の中ではこんな事はあたりまえになってしまった、だが俺にとっては憂鬱な仕事なんだ。
「また一つ自分のことがわかったな。」
俺にはジーンブーステッドセラピー(遺伝子強化手術)を受ける前の記憶がない、だから自分がどのような人間であったのかまったくわからない、記憶を失う前の自分はどんな理由で会社に体を売ったのだろう、こんなことをやらされるとわかっていたなら………….。
俺はいつか失った記憶を取り返す、そして普通の生活に戻るんだ、そのチャンスをつかむために今はサソリに従う。
頭を振って思考をクリアにする、割り切って考えなくては、もうアルテミス学園についているのだ。
どんな理由か知らないが会社はなぜか学園内で殺害しろと命令した。
この場所は校舎が見渡せる学園の塀の一角だ、校舎は洋館というより神殿のような面持ちで、さすがは財閥の経営する学園だと思わせる。これから俺はこの学園に潜入し月代ミサキを殺害する。
着ているスニーキングスーツの肩の部分を軽く押す、すると体が周りの景色に飲み込まれて見えなくなる、ステルス迷彩機能だ。
もう考えるのは終わりだ、行動するのだフォックス。
「行くぞ!」



32 :山崎渉:03/05/22 03:19
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

33 :名無しちゃん…電波届いた?:03/05/25 22:01
aaaaaaaaaaaaaggggggggggggggggggeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee!!!!!!!!!!!!!!!!!

34 :名無しちゃん…電波届いた?:03/05/25 22:03
uuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzeeeeeeeeeeeeeeeeeeee!!!!!!!!!!!!!!!

35 :名無しちゃん…電波届いた?:03/05/25 22:26
ききききききききききききんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんん
たたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたた
たたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたた
たたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたた

36 :山崎渉:03/05/28 11:33
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

37 :山崎­渉:03/05/31 14:55
   ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  (  ^^ )< これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  (    )  \________________
  | | |
  (__)_)                        山崎モナー

38 :名無しちゃん…電波届いた?:03/06/06 02:03
Neoブーム再燃目前超激アツage

39 :名無しちゃん…電波届いた?:03/06/15 22:00
http://
http://
http://
http://×

16 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)