5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

(-_-) ひきこもりが詩を書くスレ (-_-)

1 :(-_-)さん:04/05/10 14:23 ID:???
詩のスレはたまにありますが、今は無いようなので、立てました。

どんどん書き込んでください。ヨロシク

2 :(-_-)さん:04/05/10 14:24 ID:YN1KQQfG
tanasinn tanasinn tanasinn tanasinn


3 :(-_-)さん:04/05/10 14:24 ID:???
          _-─────ヽ
         /        //ヽ
        / _________,,-─''' \  |
        | /          ヽ  |
        ||            | |
        || ___ ___  | |
         || ̄ ̄ ̄|-| ̄ ̄ ̄|──
         | 二゚二| | 二゚二 | ||6) / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         | ̄ ̄( ( ) ) ̄ ̄  | | < 西武不動産です
        |   )  ̄ ̄ (    ||   |  
        |   |ー───|    |   \__________
        ヽ    ̄ ̄ ̄     ノ
         ヽ_______ノ

4 :(-_-)さん:04/05/10 14:25 ID:???
かけすぎて

    めっさからいよ

           唐辛子

        byひきこもり

5 ::04/05/10 14:26 ID:???
モニタの横の
鉢植えは
もう動かないのか

お気に入りの中に
根が伸びている

いつか花は咲くのだろうか
種を残すのか
花は

暗い部屋
言葉を浴びる
窓の外
雪は かたくなに 融けないが

春は近い

6 :(-_-)さん:04/05/10 14:27 ID:???
>>4
ちょとワラタ

7 :(-_-)さん:04/05/10 14:30 ID:???
曇り空 雨の日も 晴れてる日も 家にいる
春の日も 冬の日も 秋の日も 夏の日も
季節は巡って 歳をとり
でも 静けさだけは 手に入れた
静けさだけは 俺のもの 外は小雨で 2ちゃんをやって 呼吸を聞く

8 :手紙:04/05/10 14:39 ID:???
自分は特別精度も性能も狂いも良くない
B級部品である事を自覚しつつあります
また、その部品箱の中でS級箱かゴミ箱行きかを夢見続け
金屑が磨耗した故の鉄粉を撒き散らし続けるのです

社会とラベルのついた箱似れれば確かに僕も社会になるのでしょう
でもその箱の中身で組み立てられた機械人形のどの部位に 自分が回り続けるシステムがあるか
考えてもわからないから 僕は怖くて今も 磨耗し キーを

僕は社会を恐れているようです 一体何を恐れているのでしょうか?
つらい事は確かにあります
自分と周りとのかみあわなさです
本質的なうんぬんは別としてその社会の中ではあきらかに僕は狂った歯車なのです
自らの狂いを自覚しながら回り続けることはナカナカ神経の磨耗する事で
歯を矯正して二コリと微笑むか狂いを珍重して孤悦にハマルかすれば、グリスの代わりになるのでしょうが
それらは何か不自然です

美しくありません

僕は待つことにしました 
自然と 転がるように 意図しながら

それじゃ また 

9 :(-_-)さん:04/05/10 15:04 ID:???
へいへいyoyo♪

yoyoへいへい♪「俺」

なんばいいようとかぁ!!「母ちゃん」

10 :(-_-)さん:04/05/12 12:32 ID:???
歴史はいつもくるくるりん
季節はいつもくるくるりん
自分はいつもくるくるりん
角なき丸は平和の証
角なき丸はダンゴムシ
角なき丸に寄り添って
今日も明日もくるくるりん

11 :(-_-)さん:04/05/13 14:21 ID:???
これから俺は どうやって生きていけばいいのか
これから どうやって これから どうやって 生きていくべきなのか
明日から どうやって 
俺はこれから どうすればいいのだろう
俺はどうやって 生きていけばいいのだろう

12 :(-_-)さん:04/05/13 20:37 ID:???
外は雨 吹けよ風 すべてを吹き飛ばしてくれ
俺の心の廃棄物 その雨と風で吹き飛ばして
そして晴れた日に 俺の心も 晴れてるように
雨の後の青空に 俺の心も溶け込むように
雨の後の静かな夜に 俺の心も静まるように
そして季節に 染まれ心よ

13 :(-_-)さん:04/05/16 11:51 ID:???


14 :(-_-)さん:04/05/16 23:24 ID:???
心の花を 咲かせよう
誰のためでもなく 自分のために
人生の花 心の花
どんな花 ひきこもりに咲く花
この土に咲く花 どんな花
誰も見ない花 誰も気付かない花
でも、自分で見られる花
自分のための花
自分と神さまと子どもが見られる花
心の目で見られる花
美しい花 咲かせよう

15 :(-_-)さん:04/05/18 14:27 ID:???
精子工場 糞を生産している 二酸化炭素を生産している
生産者 農家の人が作ったものを食べ 工場で作られた物に囲まれ
様々なものを生産している生産者 この星に生きる生産者 俺は生産者

16 :(-_-)さん:04/05/18 16:18 ID:???
誰が俺を作った。
俺などこの世に生まれなきゃ良かったんだ。
俺などこの世に、存在しなければ良かったんだ。
誰が俺を作った。
作らなきゃ良かったんだ。俺を作らなきゃ良かったんだ。
俺はこの世に生まれなきゃ良かったんだ。
誰が俺を作ったんだ。

17 :(-_-)さん:04/05/19 13:05 ID:???
お父さん お母さん 本当にごめんさない

お父さん お母さん 寝てる間に殺してください

それか ぼくを もう一度 産んでください

願わくば この世界に 僕が生きるうえでの 役割を 与えてください

(順次殺せばいい)

それが叶わないのであれば  土に 風に 宇宙の塵に 戻してください 


18 :(-_-)さん:04/05/19 21:05 ID:???
あげます

19 :(-_-)さん:04/05/19 21:20 ID:FHaPKfyX
とってもいいですよねw


  メェ〜〜〜〜〜〜

20 :(-_-)さん:04/05/19 21:35 ID:???
みんな詩人だ

21 :(-_-)さん:04/05/21 08:47 ID:???
心が崩れる音がする
もう何もかも終わりそう
世界は私に背を向けて、私は一人で泣いている

一人になるのは辛いけど
私は孤独に生きなければならない

目標なんてないけれど
私は立ち向かわなければならない

走って
走って
走って
走って・・・

いつか疲れたと、一休みしたとき
私の命は無いだろう

22 :(-_-)さん ◆pgglEx6bVs :04/05/21 13:58 ID:???
わずか15インチの画面の向こう
君がいて
僕がいる
いらいらしながらナイフ握りしめて、さしあって、
悲しみあって抱きしめあって
わずか15インチの画面の向こう
それでもなんてうれしいんだろう

真っ平らな青空の向こう
君がいて
僕がいる
青空嫌いな君がいて
青空好きな僕がいる
真っ平らな青空の下
やっぱりそれでもうれしいことだとおもうんだ

くすっと笑えるレスの向こう
君がいて
僕がいる
ふたりでくすくす笑いあって
となりのひとは怒ってたり
くすっと笑えるレスの向こう
みんなが同じ空の下
とってもうれしい僕がいる

23 :(-_-)さん ◆pgglEx6bVs :04/05/21 14:12 ID:???
ゲーム機と
赤白黄のケーブルと
モスグリーンのTVと
そんなやつらと一人飛んでいく

指を曲げて
首を鳴らして
疲れて寝るの
そんなかんじで一人飛んでいく

歌を聴いて
人のレスを見て
どうしていいのかわからなくなる
そうして一人で飛んでいくの

24 :(-_-)さん ◆pgglEx6bVs :04/05/21 14:23 ID:???
1 2 3
NHK千葉TV教育TV
受信料払ってないよNHKさんごめんなさい

4 5 6
ニッテレ放送大学TブーS
放送大学ひきこもり

7 8 9
謎な通販フジローカル
オヅラカワイタモコサカイ

10 11 12
テロ朝MXテレ東
アニメアニメアニメアニメええええ

25 :(-_-)さん ◆pgglEx6bVs :04/05/21 14:42 ID:???
滅びそうで滅びない君も僕も
これって永遠みたいなもの
息を潜めて年を数えて
ふいにきたりくる若草色の麗夢
燦々と輝く陽光が影を落とす夏の後
ふたたび年を数えるでしょう

26 :(-_-)さん:04/05/21 18:16 ID:???
空はあんなに天気がいいのに
深い夜が私を笑う

もうこれ以上苦しめないで
私は孤独に生きていける

どんなに辛い事があっても
どんなに苦しい事があっても
私は一人で生きている

青い空に眼を向けると
深い夜が押し寄せてくる

もうこれ以上苦しめないで
大丈夫よ月が見ててくれるから

この世は苦しいことだらけ
この世は悲しいことだらけ
それでも私は生きている


27 :(-_-)さん:04/05/22 05:31 ID:???
もう壊れてしまったのだろうか
心の静寂が悲しみを誘う
どんなにもがき苦しんでも
前に映る景色は深い闇夜

後ろを振り返り
小さな明かりに眼を細めると
彼方が静かに笑っていた

私は立ち止まることなく
深い闇夜へ眼を向ける

もう後には引けないのだろうか
心の閑静が苦しみを誘う
どんなにあがき苦しんでも
前に映る景色は深い闇夜

左右を見渡し
華やかな景色に目を細めると
みんな静かに泣いている

私は立ち止まることなく
深い闇夜へ眼を向ける



28 :(-_-)さん:04/05/23 16:01 ID:???
fui になっとるね

29 :(-_-)さん:04/05/23 16:02 ID:???
誤爆しますた
誤爆しますた
また誤爆しますた

ああああ偽ヒキと言われたことがありました
ああああ偽ヒキと言われたことがありました

誤爆しますた
誤爆しますた

漏れは存在そのものが誤爆なのでせう

30 :(-_-)さん:04/05/24 05:29 ID:???
夕焼けに起床
朝焼けに就寝
お天道様
私は貴方が大嫌いです。

31 :(-_-)さん:04/05/25 03:08 ID:???
物を食べるのに疲れた
歯を磨くのに疲れた
顔を洗うのに疲れた
寝るのに疲れた
起きるのに疲れた
 
何も見えない
何も聞こえない
何も考えられない
言葉も喋れない

youはShock!!

私はすでに死んでいる


32 :(-_-)さん ◆pgglEx6bVs :04/05/25 21:40 ID:???
「唾液」

水道に流された僕の唾液が
ヘドロを泳いで旅をする
海まで行って
蒸発して雲になって
いつか僕の顔を打つ雨になれ

33 :(-_-)さん ◆pgglEx6bVs :04/05/25 21:41 ID:???
「独り言」

月の模様 潮風といっしょに見つめた帰り道

白い飛行機見つめながら自転車こいだ 心安らぐあの道路

マラソン後ひとり離れて倒れ込むと バッタと目があった

勉強の合間に窓を見ると向こうには 夏の大きな入道雲

知らない道 疲れ果てるまでまっすぐ歩いた誕生日

タイムマシンがあれば大人の自分がなぐさめにきてくれるのにな

自分だけを願ってたあの頃の君のために

34 :(-_-)さん ◆pgglEx6bVs :04/05/25 21:42 ID:???
「にちゃんねる」

煽って荒らして殺伐な きみの背中が不思議と輝いてたから
思い出のきみの声 追いかけたんだ
思い出のきみの眼 借りたかったんだ
背中向けたまま 同じになりたかったんだ

35 :(-_-)さん ◆pgglEx6bVs :04/05/25 21:43 ID:???
「にちゃんねる 1.02」

指を伸ばすとそこにある 黒いキーボード
それが世界のすべてでした

36 :(-_-)さん ◆pgglEx6bVs :04/05/25 21:45 ID:???
「Silent」

クーラーの音が好き
低く髪を撫でる静寂が好き
真昼のヘリの音が好き
ゆっくり鼓膜をふるわす静けさが好き
バットがボールを打つ音が好き
雑音をうち破る静かな強さが好き
でも
きみと話せないアク禁は静かすぎて嫌い

37 :(-_-)さん ◆pgglEx6bVs :04/05/25 21:45 ID:???
「秘密の心」

そんなに泣いててどうするの
そう言われて平手でぶたれてみても
壊して欲しい秘密の心ひびもはいらない
とても悲しく泣かれてみても
凍り付いて壊れない秘密の心
君といっしょに笑ってみても
すぐに凍てつく秘密の心
そんな氷みたいな生き物だけど
せめて側にいさせてください
君の氷は僕が溶かしてみせるから

38 :(-_-)さん ◆pgglEx6bVs :04/05/25 21:46 ID:???
「心の終わり」

空のささやきに 毒蛾がため息ついた
水面のきらめきが とんぼの目をつらぬいて逃げ出した
誇り高き星たちに 高いビルが嫉妬した
そんな世界と世界の戦い
後ろ髪引かれながらドアを開ける僕のちっぽけな戦い
探し物はいつのまにかこの胸からにじみ出して
世界中に溶け込んじゃったんだ
足踏みしながら空を見て 
毒蛾のように とんぼのように 高いビルのように
僕の心の名残をなつかしむ

39 :(-_-)さん ◆pgglEx6bVs :04/05/25 21:47 ID:???
「壁の歌」

TVの中から明るい夜風が流れ込んできて
きもちよくて目を閉じると
それが歌の始まり
言葉にならなくて
つたなくて
へたくそな
きもちのいい漆黒の壁の歌
ぬけだせない

40 :(-_-)さん ◆pgglEx6bVs :04/05/25 21:48 ID:???
「優しい絵描きさん」

君は絵描きじゃないけど絵描きだった
君の言葉が からっぽな僕の心に 絵を描いた
まっしろじゃなくなった僕の たいせつな宝物
朝日を祝う蝉しぐれみたいに
君の笑顔は今も心に鳴り響いてるよ
うなずくだけだった僕に
それでいいよと笑って言った
君の優しさは今もここに残ってるよ
行き場をなくしたことばたち
みんなみんなつめこんで
ただ一言
君にありがとうと伝えたい

41 :(-_-)さん ◆pgglEx6bVs :04/05/25 21:48 ID:???
「サイン」

クロマニョン人が洞窟にサインを書いてた時の気分
こんなだったのかな
僕は木で火をおこすことはできないけれど
君はパソコンつかえないでしょう
僕は狩りをすることはできないけれど
君は本を読めないでしょう
仕方ないね
とりあえずいっしょにぷちぷちつぶそうか

42 :(-_-)さん ◆pgglEx6bVs :04/05/25 21:50 ID:???
「どっち」

ビーチで寝そべって
聴いたこともないラジオ聴きながら
トロピカルジュース飲んで
ぼんやり人の声だけがたまに響く青い海を見る

キーボード叩いて
かわり映えのしない音楽聴きながら
お酒飲んで
ぼんやりカーソルだけが点滅する静止した画面を見る

同じひとが同じものを見れる
それは憂鬱
それとも幸福

43 :(-_-)さん ◆pgglEx6bVs :04/05/25 21:51 ID:???
「水」

それは昨日のあなたの言葉を借りるなら
昨日の向こうにしか明日はなくて
どうしようもないことなんだ
海に落ちていく川の水のように
怒りながら海に落ちていく川の水のように

44 :(-_-)さん ◆pgglEx6bVs :04/05/25 21:53 ID:???
「猫」

あの日の猫のように
指にかみつき膝のうえ寝る君が
泣きたくなるほどかわいくて
あの日の猫のように
走り回って疲れて泣いて寝てしまう君が
泣きたくなるほど抱きしめたい
あの日の猫のように
外に出してもぴったりくっつき離れない
今はただ
そんな君の髪を撫でていたい

45 :(-_-)さん ◆pgglEx6bVs :04/05/25 22:16 ID:???
「あほどもへ」

数字や論理は炎で焼けない
でもね
そんな氷の壁すら軽々飛び越えてしまう君が好き
ただただ光に向けて羽ばたく君が好き
毒蛾のように
ゴキのようでも
なんでもいいの
生ける者たちよ
ただこの壁を飛び越えて
空の向こうへ飛んでいって欲しい

46 :(-_-)さん:04/05/26 18:07 ID:???
私の中の私が言う
この世に喜びなど無いのよ と
喜びと悲しみは あいまいな関係
私は悲しみにキスをする

私の中の私が言う
この世に快楽など無いのよ と
快楽と苦痛は 慰め合う関係
私は苦痛を抱き締める


私の中で誰かが言う
この世は光で満ちているのよ と
光と闇は みだらな関係
私は闇に誘惑される

私の中で誰かが言う
この世は愛で満ちているのよ と
愛と憎しみは 惹かれあう関係
私は愛を待っている


47 :(-_-)さん ◆pgglEx6bVs :04/05/27 11:57 ID:???
「5月の悪魔」

5月の風が緑色のシルクのように僕の体を包んでくれる
たとえそれが悪魔の息吹でも
今だけは見えないふりしてこの身預けよう

5月の通り雨が深い海のように僕の体を伝って爪から落ちる
たとえそれが悪魔の涙でも
今だけは見えないふりして受け止めよう

5月の街行く人々が白い牙をむいて僕の側をすぎていく
たとえそれが悪魔の見せる幻覚でも
今だけは見えないふりして眺めていよう

48 :(-_-)さん ◆pgglEx6bVs :04/05/27 11:58 ID:???
「五感」

踏みしめる道路の乾いた音
すれちがいに感じる檸檬の香り
目に映る街灯のグラデーション
首筋をとりまく大気の円環
僕はとても生きている

49 :(-_-)さん ◆pgglEx6bVs :04/05/27 12:04 ID:uA7plE5u
あがーる

50 :(-_-)さん:04/05/27 15:34 ID:???
「人生」

もういいかい
まあだだよ

もういいかい
まあだだよ

もういいかい
もういいよ

51 :福島:04/05/27 15:48 ID:???
「やさしい絵描きさん」と「水」がすごくいい!
pggleさんだんだん上手くなってるね。
僕もなんか書こう。

52 :福島:04/05/27 15:55 ID:???
「花」

何の花かほる 午後の風

記憶 追憶 糸一縷

消えゆ消えゆ極めしは

命短き日々は泡

いずれ散り行く定めでも

敢えて水面を揺らさぬ一片となる



53 :福島:04/05/27 16:22 ID:???
>>50なんだか悲しい詩だね。本当に人生それだけに陥りかねないもんね。
引き篭っていると…

54 :福島:04/05/27 16:40 ID:iXUJ2J6k
「ラムネ」

まんまる たましい ほおばって

なんて儚げな口どけか

シュワっと一瞬 蒸発し

あっというまの出来事さ

みんなとっくに消え去った

いつか君にも分かるはず

いつか僕にも分かるはず

ただ あわだけが昇ってく

白くて広い終りの日

いつか君も溶けるはず

いつか僕にも解けるはず

ただ あわとなり昇ってく

終りなのに始まる日

55 :福島:04/05/27 17:13 ID:???
>>46苦痛を抱き締める、光と闇は淫らな関係、この言葉が印象的。
屈折しているが故に真っ直ぐなものへの憧れが感じられます。
ていうか全体的にいいですね。ぜひこの詩で曲を書いてみたい。
詞として扱ってもいいですか?

56 :(-_-)さん:04/05/27 20:07 ID:???
今日も明日も
あさっても
昨日もおとといも
この毎日
続いていく日々
回る毎日
この毎日
いつかポロリと 抜け出したい

18 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)