5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

☆ 卍 仏教 @ 質問箱 卍 ☆ パート5

1 :名無しさん@1周年:02/11/10 19:54
ここは仏教についての初心者の質問や、簡単な返答ですみそうな質問に対して、一般的な答えを返すスレッドです。
仏教のことなら、初心者さんでも、どなたでも質問してください。
ボランティア解答者さんは、その場で答えるか、または、どこのスレッドに行ったら詳しく話し合えるか教えあげてね。
また、新スレッドを立てても大丈夫かどうかも答えてあげてね。

独自の見解などを述べたい方、議論をしたい方は、別スレで行うか、専門のスレッドを立てることをおすすめします。

書き込む前に、板のトップの注意事項と>>2-3に目を通しておくことも忘れずに。

2 :名無しさん@1周年:02/11/10 19:54
【前スレ】
☆ 卍 仏教 @ 質問箱 卍 ☆ パート4
  http://life.2ch.net/test/read.cgi/psy/1024639879/

☆ 卍 仏教 @ 質問箱 卍 ☆ パート3
  http://life.2ch.net/psy/kako/1021/10217/1021726200.html

☆ 卍 仏教 @ 質問箱 卍 ☆ パート2
  http://life.2ch.net/psy/kako/1017/10173/1017343179.html

☆ 神道・仏教 @ 質問箱 ☆
  http://life.2ch.net/psy/kako/988/988650860.html

3 :名無しさん@1周年:02/11/10 19:54
荒らしはもちろん厳禁ですが、もしも荒らしを見つけたら、その場は無視して速やかに削除依頼を出しましょう。

■ 削除依頼の入口
  http://qb.2ch.net/saku/
■ 削除ガイドライン
  http://www.2ch.net/guide/adv.html#saku_guide
■ 削除依頼の注意
  http://www.2ch.net/guide/adv.html#saku_request

ここが、初心者向けの質問や、単発質問のためにあるスレッドであることを忘れないようにしてください。
 ―――荒らしに反応したあなたも荒らしです。―――

4 :「空」について教えてください:02/11/12 20:44
仏教の教えが大般若心経に凝縮されており
さらにそのエッセンスが般若心経に凝縮されている。
さらにそのエッセンスが色即是空の4文字に凝縮されており
さらににつめると「空」の1文字に凝縮されると聞きました。

ところが、その後その「空」を調べても調べても、よくわかりません。
「空」とはいったい何なのか。よろしくお願いします。



5 :名無しさん@1周年:02/11/12 21:32
>>4
昔、とあるお坊さんがどうしても「空」がわからず、悩みはてて飛び降り自殺
しようとしたところ、落っこってる最中に突然わかったのだそうです。
結局お坊さんは助かったのですが・・・

要は何を言いたいかというと、ここで何かしらレスがついたとしても
それが「空」の全てではないし、その人の偏見かもしれない。
調べても出てこないのは、言葉でうまく説明できる人があまりにも少ないと
いうことです。
科学の分野で言われるのは、「空」は「ゼロ」の概念へ通じるものであり
無と無限を同時に内包するものだということです。インドにおける
最も画期的な概念の発明だったそうです。

6 :名無しさん@1周年:02/11/12 21:34
たしか空スレがあったような。
やふ板だったかな?探してみそ。

7 ::02/11/13 00:35
>>5,6
早速の回答、ありがとうございます。

実は、
かつて、人生に苦しい時期があり、色即是空の本質を知ると救われる、的な
話を知り、「空」の探訪が始まりました。しかし、「空」を調べれば調べる
ほど、わけがわからなくなるので、いつしかうやむやにしてしまったのです。

ふと、2chの底知れぬポテンシャリティを知り、お尋ねした次第です。
偏見でも何でも良いので知りたいのですが、まずいでしょうか。
(たとえばスレの荒れる心配などのため)


8 :名無しさん@1周年:02/11/13 05:38
以前にも歎異抄研究会の事でアホな質問をしたもんですが
もういちど遊んでやって下さい
法華クラブという名前のビジネスホテルチェーンがありますが
なんか法華経と関係があるのですか?
経営者がまさか創 (以下略

9 :髑髏仮面 ◆8Z1PfzdK1. :02/11/13 05:52
>>7
「空」についてのスレッドがあります。
http://life.2ch.net/test/read.cgi/psy/1023282661/
【般若心経】


10 :名無しさん@1周年:02/11/13 06:25
>>8
創価学会とは全然まったくちっともこれっぽっちも関係ない。
法華倶楽部の経営者は日蓮宗の信者。
日蓮宗の僧侶だと割引で泊まれます。

11 :8:02/11/13 06:57
ありがとうございます
いつもいつもここの人はやさしいです。
今度はなんかもっとアホくさくない質問を持って来れる様にがんばります

あ、今ちらっと上の方で空の話をしておられるのを見て
またアホな質問が浮かんできてしまいました
うちのお寺のおっさんが
「仏壇を上にしきりのあるようなとこ(押し入れとか)へ置いたらいかん
どうしてもそうせんならんときは しきりに「空」と書いた紙を貼っときナハレ」
と言うテはったんですが
この「空」は「色即是空」の「空(くう)」とはちがいますよね

それからやっぱり仏壇の上に物は置いたらイカンのでしょうか?
当方我が家でただ一人のキリスト教徒ですが 仏壇はうちであずかってるもんで
先祖代々が悲しまん様にきちんとおまつりしたいんです。ちなみに曹洞宗です

12 :仏神会って・・・:02/11/13 09:27
なんか今さっき宅配便で「宗教法人 仏神会」の霊水とかいうものが届きました。
おふくろが変なものにはまっていないか心配です。
ヤフーとかグーグルで検索しても仏神会のデータが全然ありません。
この団体に詳しい方、何か情報をお願いします。

13 ::02/11/13 10:03
>>9
ありがとうございます。ひととおり読み終わりました。
やはり2chはすごいですね。
凡百の解説書より、よほどスリリングでした。

ただ、問題(=空って何ということ)は解決してはいないのですが、
ちょっといまはおなかいっぱいな感じです。
消化不良気味というか・・・

ただ、大いなる知的格闘があり先達のエネルギーのすごさを改めて
実感できたのは収穫でした。

また後日じっくり読み直してみます。
良スレをご紹介いただき、深謝します。どうもありがとうございました。


14 :以前から抱えていた疑義:02/11/13 10:12
輪廻や、魂の存在を否定する仏教がある(確か禅宗・・違ってたらごめんなさい)
と聞きました。別にそれならそれはそれで別にかまいません。

ただ、魂を否定しておきながら、魂を慰撫する儀式を執り行い
かつ高額の請求をするのは、悲しみに打ちひしがれた遺族を
ここぞとばかりにだまくらかす詐欺師の行為そのものではないでしょうか?

もし、その宗派が魂の存在を肯定するのなら、筋は通るのです。
また、魂の存在を否定するなら、儀式を執り行わなければいいのです。
それも筋が通ります。

魂はない言っておきながら、魂を慰撫する儀式を執り行い、主たる
収入源とする。これは明らかに矛盾ではないでしょうか?

納得できる説明を、よろしくお願いします。

15 :名無しさん@1周年:02/11/13 10:55
>>11
この「空」は、お寺のオサーンの言うとおり、仏壇や神棚の上を人が通る
可能性がある家屋の一回部分やマンションの場合、この上は空(そら)ですヨ
(だから人が踏んづけたりしませんよ)ということにしておくのでつ。
神棚の上には「雲」と書いて貼ることもあります。

16 :名無しさん@1周年:02/11/13 11:11
>>14
宗教には、成立過程による二つの潮流が認められています。
ひとつは、教祖等を持たず、地域社会の中で自然発生的に成立したもの
もうひとつは、提唱者があり、抽象的な概念を駆使した普遍的な論理体系
を持つ宗教です。

後者はその性質上、地域社会を超えて伝播する性質を持っていますが
その過程で当該地域における自然発生的な宗教と融和・混成しなければ
定着が難しいとされています。
日本仏教が、原始仏教との矛盾をはらみつつ神道などに見られる
祭祀の部分を取り込んでいって定着したのはご存知のとおりです。
現在の日本仏教は、原始仏教の考え方が一部変質して
定着したものと考えてさしつかえありません。これはチベット仏教などにも
見られる現象です。
だからといって日本仏教やチベット仏教が仏教ではないと断定することは
出来ません。なぜならば、魂や転生の部分で原始仏教との矛盾を
はらんではいるものの、その基本精神は大部分が共通しているからです。

高額のお布施を要求するお寺は、離壇するか檀家一同団結して
抗議しなはれ
良心的なとこは探せばいくらでもありますよん

17 :名無しさん@1周年:02/11/13 11:14
>>15
ヤッパリそうですよね、変な事きいて すんませんでした
それから「うちのお寺のおっさん」は「お」にアクセントがある
大阪弁の「和尚さん」の略のつもりで書いたんで
決して一般名詞の「お寺のオサーン」のつもりではなく しどろもどろ(w
牧師や神父の事はボロカス言えんねんけど
お寺さんの事になると どうも「ちゃんと敬わなイカン」と思ってしまうのです。

18 :名無しさん@1周年:02/11/13 11:28
>>17
そうでしたか、失礼ゝゝ^^;

19 :以前から抱えていた疑義:02/11/13 12:59
>>16
ありがとうございます。
要するに「まあ、矛盾だなんて、堅いこと言うな。いやなら抜けろ」
ということですね。

なんか釈然とはしませんが、世間智として納得することにします。
どうもありがとうございました。


20 :名無しさん@1周年:02/11/13 15:14
唯識について教えてください。どうもよくわかりません。

一応わかったのは、感覚として5つの識がある。それを統合して意識という6つ目の識。
その下にまな識(7番目)とあらや識(8番目)があり、もうひとつ奥になんか識がある。

7番目が無意識で、8番目が生きてる間に受けるすべての刺激(情報)を蓄えて置くところ。
9番目は集合無意識・・・・あまり自信ないです。

ググルで調べてみたのですが、この件に関しては、あまりわかりやすく書いててくれてない
ようです。

きっかけは五島勉の「カルマの法則」と、無能唱元の一連の著作で知りました。
自分で調べようと思ったのですが。難しくて、なんだかよくわからなかったんです。

至らざる点など、教えていただけましたら幸いです。

21 :名無しさん@1周年:02/11/13 17:05
>>20
通常、法相宗などでは8番目までの識しか取り扱いませんが、密教では
10番目まであると言われています。
9番目のそれは、ニューエイジなどで言う「アカシックコード」に相当するものと
おもわれます。

9番目、10番目の識については、調べてもあまり件数は出てこないでしょうね。
ぐぐってみるときに、参考程度にアカシックコードも見てみるといいかも。
10番目は、密教または真言宗サイドからアプローチしていくのがオススメです。
内容については私もよく知らないのでゴメソ

22 :20:02/11/13 18:27
9番目は集合無意識で、10番目は大宇宙無意識。
それで、第10識を実感して、是濡注が自分と一体であり、
永遠の命を実感した、というのが悟り、という状態。

で、そこに到達するために、日常いろいろ足かせをして
心の沸点を高めるのが公案だったり、座禅だったりいろいろ。

という認識でよろしいのでしょうか?




23 :名無しさん@1周年:02/11/13 18:48
南無阿弥陀仏と念仏を唱えることを「だめだこりゃ」と否定した日蓮が
南無妙法蓮華教と唱えればいい、というのはどういうことでしょう。
どっちも呪文にすぎず、目くそ鼻くそのような気がするのですが。

経文の中身同士を比べるのならともかく、発音だけの違いでは、
本質的な違いがないと思うのですがいかがでしょうか。
日蓮のこの論法は滑稽だと思います。

もちろん、ぼくが間違えてるとは思いますが
(なんとなれば、歴史をみると、そういう空気を感じるため)
どこがどう間違っているのがわかりません。

ご指導いただけましたら幸いです。

24 :髑髏仮面 ◆8Z1PfzdK1. :02/11/13 19:04
>>23
>発音だけの違いでは、

発音の違いよりも、リズムの違いが顕著。
南無阿弥陀仏→ゆっくり。
南無妙法蓮華経→絶妙な三拍子。


25 :23:02/11/13 19:36
>>24
質問し直します。

南無阿弥陀仏と念仏を唱えることを「だめだこりゃ」と否定した日蓮が
南無妙法蓮華教と唱えればいい、というのはどういうことでしょう。
どっちも呪文にすぎず、目くそ鼻くそのような気がするのですが。

経文の中身同士を比べるのならともかく、発音やリズムの違いだけでは、
本質的な違いがないと思うのですがいかがでしょうか。
日蓮のこの論法は滑稽だと思います。

もちろん、ぼくが間違えてるとは思いますが
(なんとなれば、歴史をみると、そういう空気を感じるため)
どこがどう間違っているのがわかりません。

ご指導いただけましたら幸いです。


26 :名無しさん@1周年:02/11/13 20:12
>>25
末木文美士氏が比較的最近出された『日蓮入門―現世を撃つ思想』(ちくま新書)
では、単刀直入に「近親憎悪」(だったか?言葉が出てこない)のようなことを
いっておられました。

27 :名無しさん@1周年:02/11/13 20:54
全く初心者の質問で申し訳ございませんが、達磨はなぜ葦に乗ったモチーフで
描かれることが多いのですか?
また、遊女とセットで描かれることも多いですね。何故なんでしょう?


28 :名無しさん@1周年:02/11/13 21:25
>23
間違いなく貴殿の言う通りです。
ただ、目的が異なります。
極楽往生と現世利益の差です。

29 :23:02/11/13 22:39
>>26
ご回答ありがとうございます。機会があれば本を手に取ってみたいと思います。

>>28
ご回答ありがとうございます。
そういう問題だったのですね。それなら得心できます。
どうもありがとうございました。



30 :8=17:02/11/13 22:47
>>28
すみません、ロムってたんですが 全くの素人に教えて下さい

>間違いなく貴殿の言う通りです。
>ただ、目的が異なります。
>極楽往生と現世利益の差です。

ということは、一言で言うと
「法華経」は現世利益を唱えてるんですか?
創価学会その他がそう解釈してるとか言う事ではないのですか?
何も知らんでまたアホな事をきいて,すいません
でもほとんどの日本人が私と同じ程度だとは思うんで、ぜひご教示ください

31 :?1?i´ ◆zroWOhjJpc :02/11/13 23:38
>27
葦に乗った姿で描かれるのは、
達祖が梁の武帝と問答をしたのち、
機縁が相応しないことを悟って(葦に乗って)江を渡って嵩山にいたり、
そこで面壁九年の修行を行った、という
伝説を描いているためです。
日本の祖師たちは多く「芦葉というのは小さな舟の比喩である」
という現実的な解釈をしています。
詳しくは検索してみてください。
 遊女とのことは、寡聞にして知りません。
だれか教えてください。
>30
現世利益という言葉一つをとってみても解釈は様々です。
それを、来世(例えば西方浄土)での修行&成仏得道に対して、
発心も修行も得道も今生のうちに果たすことだと理解している人もいれば、
「現世」というのをあくまでも「世俗」の意味にとって
財福や名声などを得ることと考える人もいます。

32 :沙弥 ◆zroWOhjJpc :02/11/13 23:41
>30つづき
私は日蓮上人門下ではありませんので間違っているかもしれませんが、
おそらく上人の趣旨としては、
法然上人の説く念仏の教えのようにこの一生での成仏を放棄して
これまで仏教で説かれてきた経典を学ぶことや坐禅することなどの修行を
今は末法であるからそれによる成仏が不可能だといって切り捨て、
専ら六字の念仏を口唱して来世に期待するというのは
これまで連綿と続いてきた仏教を破壊することであり、
また、娑婆世界の教主であって我々に最も縁の深い釈尊がいらっしゃるのに
それに背を向けて、いかに条件が良いとはいえ、
西方の阿弥陀さまの浄土を目指すのは
父親を捨てて伯父にたよるようなもので、
仏教徒としてあまりに不誠実だということではないのかと思います。
 私個人の信仰としては、お釈迦さまの救いの網に漏れた人は
阿弥陀さまが救ってくださるし、阿弥陀さまに縁のない人は
お釈迦様が救ってくださるハズなので問題ないと思うのですが。。。
 おそらく日蓮上人の時代の社会的な不安がこんな甘い(よく言えば穏健な)
考えでは満足させなかったのでしょう。
 長文スマソ

33 :名無しさん@1周年:02/11/14 00:21
>30
ほぼ、沙弥様が書かれた通りと思われますが、愚見を少々。

末法思想の吹き荒れる中で成立した鎌倉新仏教は、
末法に救われるに如何にすれば良いか、
と思い悩んだ者の答えです。

法華経の説くところは総ての人が仏に成れるということです。
日本では更に山川草木悉有仏性と、
あらゆるものが仏に成れるまで押し進められました。

一応これが現世利益の内容と思われます。
要は穢れて成仏できないとされていた者達に、
総て成仏出来ると約することではないでしょうか。

34 :沙弥 ◆zroWOhjJpc :02/11/14 00:41
>総て成仏出来ると約すること
そうですね。私も同感です。
法華経の特徴は二乗成仏といわれます。
法華経以前の初期大乗経典とよばれるものでは、
二乗(声聞や縁覚と呼ばれる、自らの修行のみで
大乗を目指さない従来型修行者)は成仏できないとされましたが、
法華経にいたって一切の衆生が成仏できることが証されました。
ゆえに大乗妙典と呼ばれるのです。
全ての人の成仏の可能性を示し、希望を与える教えなのです。
 現世利益については、31の前者のような財福等の意味は
法華経の主題とは少し違います。
私個人としては、法華経を学び、仏教徒として生きることで
より楽しい一生を過ごすことができると言う意味で
流通分に多く説かれるような功徳が成就するのだと
捉えています。
仏教を説明しようとすると、どうしても仏教独特の表現や
用語が出てきてしまいます。
なるべく分かりやすくしようと思ってはいるのですが。。。
私でよければいつでもどうぞ。


35 :30:02/11/14 01:28
>>31 -34
沙弥 ◆zroWOhjJpc さま 33 さま
重ね重ね有り難うございました。物凄くよくわかりました。
私自身はキリスト教徒ですが、やはり日本人として
仏教はきちんと勉強させてもらわんとイカンと思いました。
むかし高校で時間割りの都合で専門外の日本史を教えなければならず
付け焼き刃で勉強した事と
当時の本職であった世界史の教師として持っていた
「仏教の伝播」の知識が 上のお話を理解する助けにもなりました
一度学んだ事は無駄にはならないと言う事ですね。
「法華経」ときいただけで一部の新興宗教をどうしても連想してしまう
悪いクセもなおそうと思います
また、しょーもない質問もってかえって来ると思いますが
そのときはよろしくお願いします
それにしても キリスト教質問箱とはなんと言う雰囲気の差でしょうか!

36 :エム:02/11/14 19:33
戻りますが 空について、空とはあの世であり 色とはこの世であります。
そのように理解すれば意味が通じていくと思います。どうでしょうか

37 :名無しさん@1周年:02/11/14 19:42
そういう解釈がふさわしい状況もあるかもしれないが、ごく限られた状況しか
想像できない。
普遍的解釈からはちと離れてしまうと思われ

38 :名無しさん@1周年:02/11/14 19:48
僧侶と神主はどう違うのですか?


39 :名無しさん@1周年:02/11/14 19:50
>>38
コスチュームかな

40 :名無しさん@1周年:02/11/14 20:13
神主さんはお宮参りと結婚式、おぼうさんはお葬式や法事のときに
活躍する人だよ。
こんな感じでよかですか?

41 :髑髏仮面 ◆8Z1PfzdK1. :02/11/14 20:14
>>36
「あの世」があるんだとしたら、それは色でしょうね。
空は世界の概念でなく、理(ことわり)。
いわゆる、たとえ世界が無くても空。世界があっても空。



42 :名無しさん@1周年:02/11/14 20:17
>>40
ありがとう


43 :名無しさん@1周年:02/11/14 20:41
>>42
そんでいいのかよ!(;´Д`)

44 :名無しさん@1周年:02/11/14 21:25
>>41氏は、統一教会関連のスレで、教団批判してりゃいい人なんだが・・・

つぎに ヒガワラヒ ってレスするんだろうな(ヤレヤレ

45 :髑髏仮面 ◆8Z1PfzdK1. :02/11/14 21:30
>>44
ヒガワラヒ(ヤレヤレ

46 :名無しさん@1周年:02/11/14 22:20
>>41
>理(ことわり)
の意味がわかりません。

概念?法則? どういう意味なんでしょう?



47 :髑髏仮面 ◆8Z1PfzdK1. :02/11/14 22:44
>>46
法、真理。このような意味。
つまりは、「そうならしめる」もの、とゆう意味です。
空→縁により色ならしめるもの。その「ならしめるもの」←これが空。


48 :名無しさん@1周年:02/11/15 01:41
>>47
ありがとう


49 :名無しさん@1周年:02/11/15 02:34
>>47
もう少しおつきあいください。

なるほどと、腑に落ちました。
桜の満開が「空即是色の花盛り」だったり、
「草むら」が、結ぶという縁により庵という識をあらわしたり。
それらは、空を「ならしめるもの」と考えれば、腑に落ちます。

ただし。。

それはそれでいいんですが、次の疑問(といっても自分の中だけの話ですが)
が残ります。

「空」を知った者は、悟りを開いた者。悟りを開くと怖いものがなくなる。
というような話を聞いたことがあるのですが、そういう世界と、今の自分
とが結びついていません。「空は”ならしめるもの”」とわかったはずで
あるにもかかわらず、です。

ということは、自分はわかってないわけです。体得してないわけです。
そうですよね?どうすれば、実感できるんでしょうか?座禅とか公案を
しないとだめなんでしょうか?



50 :髑髏仮面 ◆8Z1PfzdK1. :02/11/15 06:43
>>49
空は、観念的理解では観念の範疇にあり。
されば、その概念自体の破壊をなさねばなるまい。
これが「気づき」。一如の法門の妙智ここにあり。

一枚平等、これを空と解するもそこにあり。
本来の、差別なき円相の即心即仏、無我の境地を得とくなされ。

その方法として禅あり。
坐るもよし、歩くもよし、飯を喰うのもよし、公案もよし、静かに瞑想するもよし。
これ全てが禅なり。なりきる事肝心なり。
ようは、禅とは「自己への内省」。これなり。
「無修行の修行」→  by盤珪禅師。

51 :名無しさん@1周年:02/11/15 07:09
誰か俺のケツにチンポ入れてくれ〜〜〜〜〜〜!!!




52 :髑髏仮面 ◆8Z1PfzdK1. :02/11/15 09:54
>>49
>「空」を知った者は、悟りを開いた者。悟りを開くと怖いものがなくなる。

これは簡単なことです。
つまり、空によって色を観ずることができる。
色はこれ空、空はこれ色。
色即是空、空即是色
色(分別)→空(無分別)→色(分別)。
差別相→無差別相→差別相。
無差別相(仏智)→差別相(分別智)。
いわゆる、仏の智恵を会得することにより、分別概念の迷いから開放される。


53 :惣三:02/11/15 11:11
悟りに目覚めることを「覚悟」と書きますね。
覚悟に至るための方便として、「空」を説く。
人間、どう足掻いても臭い物は臭いと思うし、たとえ、うんこが「空」だと言われても、やっぱり顔に近づけられるのは嫌で当たり前。

54 :髑髏仮面 ◆8Z1PfzdK1. :02/11/15 11:46
縁によりて臭いと思へど、その識、縁なきになし。すなわち空なり。
「縁ありてあり」
「縁なきてなし」。
ありとて五蘊、これ空なり。
ありとてなき、なきとてあり。これ空なり。




55 :惣三:02/11/15 12:06
うんこが「空」、臭いと認識し、嫌であると拒絶する「受想行識」も「空」であるのは般若心経を読めば分かりますが、うんこを顔に受け入れる覚悟はできていない。

56 :名無しさん@1周年:02/11/15 12:17
>>55
覚悟がない つまり悟りを覚えてないということでしょうね。
残念ながら私もそういう悟りは覚えてません。

酔っぱらいの吐瀉物を
不二の修行として、仏飯じゃというて
食べたという人もいますが、そういう人とか、あるいはうんこを顔に受け入れる人は

逆に「悟ってるというぴかぴかな自分」という迷いにとらわれてるのではとも
思います。ニュートラルで平常心なのが一番良いのでは?うんこがきたら追いやればいい。
追いやった後に心に留め置かなければいいのでしょう。心に留め置くと、
「未だにおぬしは、心にうんこを抱えておられるようじゃ」とバカにされるような気もします。


57 :惣三:02/11/15 12:28
>>56
そうですね。
悟りはいかにして得るかより、むしろ、いかにして忘れるかだと思いますね。

顔にうんこを塗りつけられて、「うわぁ、ばっちい!」と思って、顔を一生懸命に洗う。
もうきれいになってるはずなのに、顔に汚物を付けられた感触がいつまでも残っていて、なんかまだ汚い気がする。

58 :名無しさん@1周年:02/11/16 00:55
なんで禅者はうん●好きなのだろう。


59 :全射:02/11/16 02:06
うんこは嫌いです。

60 :名無しさん@1周年:02/11/16 08:34
>>50
>なりきる事
ありがとうございます。公案として受け止めます。
受け止めて精進します。
なりきった先に開ける先に何が広がるか。
この命題を持って日常を進みます。

(なりきることかぁ・・・・厳しい命題だなあ)

61 :名無しさん@1周年:02/11/16 09:02
>>47
またわからなくなりました
ならしめるもの とは、縁のことではないでしょうか?

理由:因が縁により果になるわけでしょ。
ある要因(素材)に縁という「ならしめる力」が働いて結果が生じる。
たとえば、種という因に適温・水・空気という縁が働いて花がさくという結果になる。

もちろん空は縁を含むということならば矛盾はないのですが、
すると今度は言葉足らずになる。

どうなんでしょう?


62 :髑髏仮面 ◆8Z1PfzdK1. :02/11/16 12:23
>>61
>ならしめるもの とは、縁のことではないでしょうか?

「縁がある」。「縁がない」。この二項対立の「ある」「なし」でない。
つまり、ある、なし、でない不二が空ですよね。

>ある要因(素材)に縁という「ならしめる力」が働いて結果が生じる。

「ならしめる力」とゆうたら、それは色ですね。
たとえば・・・
貴方が、頭をぶつけたら「痛い」はある。「痛い」は識(色)です。
しかしこの識(色)は空ですね。
つまり、「痛い」は「ある」と言えるし、「痛い」は「ない」と言える。
縁によって「ある」。縁によって「ない」。

つまり、空は「ある」「なし」では「ない」。と言っても「ある」「なし」の「ない」では「ない」。→∞
この対立のないのが【空】。




63 :名無しさん@1周年:02/11/16 12:54
>>62
すみません。やはりまだわかりません。でもどうか見捨てずにおつきあいください。
(痛い、は触識であり、識は色の現れ、というか色のジャンルに属する、ということはわかりました)

考える切り口を変えます。
たとえば、長い草がぼうぼうはえている草原があるとします。
その草の上の方を結んで雨よけとし、庵にします。結べば庵、ほどけば草原。

この場合、「庵」という「色」は、「結ぶ」という「縁」によって現出します。
「ほどく」という縁によって庵は「空」に戻ります。

こういうとらえ方は、間違いですか?(どの部分が間違ってますか?)

こちらの頭を整理する上で教えていただきたいと思います。
よろしくお願いいたします。




64 :髑髏仮面 ◆8Z1PfzdK1. :02/11/16 13:29
>>63
>庵は「空」に戻ります。

「空」に戻る、とゆうのはどーもわかりませんね。
庵は色であり即空でしょうから、空は戻ったり戻らなかったりの対立は無いです。

たとえば、庵があっても無くても、既にあなたが「見る」とゆう事自体が「縁」ですよ。
認識するもんと、認識されるもんが「あって」、それで「ある」。
しかし縁がなけりゃ「ある」ではないから、じゃあその縁とはなにか?とゆうたら、
認識手段。これは手段そのものが対象となる訳ですから、認識するものと、認識されるものは明確に分けられない。
これが即ち空でしょね。
自性として「ある」ではなく、縁によって「ある」。→無自性。



65 :名無しさん@1周年:02/11/16 14:00
>>64
ちょっと、ゆっくり吟味させてください。

わかったこと
・空に戻る、という自分の考え方は間違いであった、ということ
・空とはそういう対立概念でとらえようとしてはいけないということ(ただ、ではどうすればいいのかは、まだ自分ではわからない)
・認識するもんと、認識されるもんが「あって」、それで(はじめて)「ある」(と認識が成立する)。

わからないこと
・縁の意味
 →関係性を持つように働きかける(方法、手段、事、もの、力、など)、という意味なのかなあと仮説を立てた上で、現状は考えてます。
・これは手段そのものが対象となる訳ですから、認識するものと、認識されるものは明確に分けられない。
これが即ち空でしょね。の文章が壊滅です。わかりません。
さいしょの「これ」が何を指すのか、終わりの「これ」が何を指すのか。それがわからない。




66 :髑髏仮面 ◆8Z1PfzdK1. :02/11/16 15:09
>>65
つまり、吉野家の牛丼を食べる。→縁。
縁によって。→美味い。
この「美味い」は、なんで生じるか。→牛丼⇔舌。で、明確に分けられない。
ようするに、牛丼、単体では「美味いがない」。
       舌、単体では「美味いがない」。
>認識するものと、認識されるものは明確に分けられない。
このことです。

自性として「美味い」があるわけではない。→無自性。
>・これは手段そのものが対象となる訳ですから
このことです。
どーですか?まだ分からんですか?



67 :名無しさん@1周年:02/11/16 15:24
たのむ。そろそろ髑髏スレ立ててくれ。
いやなら、とりあえず質問箱パート4の残りにでも逝ってくれ。
http://life.2ch.net/test/read.cgi/psy/1024639879/l50

68 :髑髏仮面 ◆8Z1PfzdK1. :02/11/16 17:29
>>67
名無しが、取り仕切らんでも良いよ(w
ようが無くなれば去るんだから。
私に執着することなかれ。
ありのままで宜し。

69 :名無しさん@1周年:02/11/16 18:18
>>67 わたしのせいで不快な思いをさせてしまったようで申し訳ない。
でも、この問題(=空とは何か)がわからずに10年以上も引きずっているので、ご寛恕ください。

>>68
いつもご指導いただきありがとうございます。もう少し引き続きお願いします。

「縁」とは「出会い」ととらえて良いですか?
肉汁と、舌の味神経が出会って「うまい」になる。
右手と左手が出会って音が鳴る。音は右手がなったのでも左手がなったのでもない。

で、縁によって生じるもの(あるいは事)が空ということでしょうか?
上で言えばうまいという実感、あるいは手がならした音。これが空なのでしょうか?

うまいという実感も、なった手の音も
単独では存在せず、縁によって生じたものですよね。こう考えて良いのでしょうか?


70 :ローシズキ ◆feLzG9M386 :02/11/16 19:12
>69
横から失礼します。
手が鳴らした音も耳で聞こえますし「色」ですよね。色、音、人間、出来事、なんでも
かんでも同じように「色」であり、その実体は同じように「空」ではないかと思ってます。

こんなたとえはどうでしょう。「空と色」は「水と波」の関係に似ている、と。
波のひと山ひと山をそれぞれ人間や草木や石ころだと思ってください。
波のひと山は生まれては消えていきます。これが生死です。
波のひと山ひと山は合わせ鏡のようにお互いの形に影響を与えます。これが縁です。
波のひと山ひと山が「物」に見えることもありますが、
その実体は水の「状態」です。これが色即是空、空即是色です。
波のひと山ひと山は独立した存在に見えることもありますがその実体は同じ水です。
これが自他一如(?)です。

あくまでたとえ(しかも乱暴な)ですので色々とつっこみどころもあるでしょうが、
なにかのたしにでもなればと、書き込みしてみました。

71 :名無しさん@1周年:02/11/16 19:14
物教

72 :名無しさん@1周年:02/11/16 19:15
職業化しすぎだよ。

73 :髑髏仮面 ◆8Z1PfzdK1. :02/11/16 19:33
>>69
>で、縁によって生じるもの(あるいは事)が空ということでしょうか?

縁があっても、縁がなくても空ですよね。
たとえ、世界があっても、世界がなくても空ですよね。
たまたま縁があって「ある」。たまたま縁がなくて「ない」。
しかしながら、「ある」と「ない」の分別では「ない」。
有無と言っても「ある」「ない」の二項対立の有無では「ない」。
これが空。←そもそもが是なんだけど、言語自体が分別してるんで言いようがない。

つまり本来無分別で、縁により「ある」とか「ない」とか分別してしまう。
ようは、その無分別のところが空で、それは即ち色である。とゆう事です。
つまり、あっても、なくても、それは空で同じ事。一如。不一不二。ひとつに非ず、ふたつに非ず。空。


どーですか?こんな説明で。



74 :67:02/11/16 20:54
>>68 髑髏仮面
>名無しが、取り仕切らんでも良いよ(w

だと、聞いたようなことぬかしやがって。このチンカスが。
上等じゃないか。とりあえずレス番号で相手してやろうか。ああ!!
テメエがいるとうざいんだよ。

>私に執着することなかれ。

って言ってるテメエがいちばん2ちゃんに執着してるんだよ。
おれは変人時代からずっと知ってるんだからな。
シバにいじめられて、もう引退するって言いながら、
名無しでしつこくシバにつきまとっていたのはおまえだろ。
よくノコノコと戻ってこれるもんだと感心したよ。

いいからどっか逝け。ボケ老人が・・・・・ハアハアハアハア

75 :名無しさん@1周年:02/11/16 20:57
まあまあ

76 :名無しさん@1周年:02/11/16 21:01
67=74=75
ジサクジエンですた。失礼しますた。どうぞお続けください。

77 :69:02/11/16 21:14
>>70
サポートありがとうございます。
その話は、海の波の絵で、読んだことがあります。
それを読んだときはわかったような気持ちになってみたのですが、
いざ、その比喩を現実世界を見るときに応用するとどうなるかと
考えたときに「宇宙の全存在?」となってわけがわからなくなってしまいました。
悲しいことに、そのまま現在に至っています。

>>73
あるなしで空をとらえたらいけないということはわかりました。
しかし、空が何なのかというと、とらえどころがありません。



78 :69:02/11/16 21:19
>>73
空とは「みずからをあらわそうとする宇宙の意思」のことかなということです。
あるきっかけにより、色として認識される結果(もの、事柄など)になる。

かつて、このように考えたこともあるのですが、いかがでしょうか。


79 :名無しさん@1周年:02/11/16 21:19
さ ざ な み が 立 っ て ま い り ま し た

80 :髑髏仮面 ◆8Z1PfzdK1. :02/11/16 21:25
>>65
>・空とはそういう対立概念でとらえようとしてはいけないということ(ただ、ではどうすればいいのかは、まだ自分ではわからない)

では、どうするのか?
答えを貴殿が既に出してますね。
いわゆる、対立しよとする概念を破壊すれば良いんじゃないんでしょうか?
つまり、二項のものを「選択」するんじゃなくて・・・
    二項のものを「両方手放す」。
すなわち、論理の整合性を求めることよりも、それを破壊する。
これでなければ到底「空」は難解なり。
まずもって、そうなされば良いかと思ふ。
逝きなされ、逝きなされ、ああ逝きなされ。


81 :髑髏仮面 ◆8Z1PfzdK1. :02/11/16 21:38
>>77
>しかし、空が何なのかというと、とらえどころがありません。

「とらえる」もんではないでしょね。
その時点で空は逃げます。
つまり・・・「とらえる」←これ色ですから。

>>78
>空とは「みずからをあらわそうとする宇宙の意思」のことかなということです。

「意思」は色です。
つまり、言語にした時点ですでに分別しとります。
空は無分別です。

82 :ローシズキ ◆feLzG9M386 :02/11/16 22:03
>>77
波の絵の話って何に載ってました?読んでみたいのでよかったら教えて下さい。

83 :名無しさん@1周年:02/11/17 00:02
>>82
中野東禅という坊さんが原作の、禅に関する話の本です。
漫画なんですが、けっこうよくできてました。
ちょっと手元不如意なんですが、見つけたら
出版社・題名・該当ページをお知らせします。

海の波の絵が描いてあって、同じような説明がなされていました。



84 :髑髏仮面 ◆8Z1PfzdK1. :02/11/17 06:05
>>78
>あるきっかけにより、色として認識される結果(もの、事柄など)になる。

あるきっかけにより、美味いが→「ある」。→食べてる最中。
あるきっかけにより、美味いが→「ない」。→食べ終わった。

「ある」はあるだけ。「ない」はないだけ。
そこに連続性はないですね。その瞬間に「ある」、「ない」ですから。
つまり空は連続性ではなく、「そのまんま」のことです。
連続性とゆうのは、人間の記憶がそう捉えるわけです。

つまり、人間のそういった既成概念が空を理解しづらくしているかと思う。
一端、その既成概念とゆうのを取り払う事が肝心かと思ふ。



85 :しっくり、いきますか?:02/11/17 07:19
「空」即是「色」について。

以下、私の見解です。

あの世は、この世から理解するのが難しいです。
「あの世」=「心の世界」です。(私にも理解不能ですが。)
しかし、あの世では、「お水が飲みたい」と思えば、すっと、水が入ったコップ
がでてきますし、あっ、やっぱり、なかったことにしようと思えば、すっと
きえて行きます。

86 :しっくり、いきますか?:02/11/17 07:24
「空」即是「色」:そこになくても、あると思えば、すぐに生じるし、
「色」即是「空」:あったとしても、ないと思えば、すぐに滅する。

地球上では、物体は、こういうわけにはいきませんよね。
しかし、これは考え方でも同じことですね。

87 :髑髏仮面 ◆8Z1PfzdK1. :02/11/17 07:47
色即是空、空即是色。

これは読んでそのまんまかとおもいます。
色は空であり、空は色である。

88 :=85:=86:02/11/17 07:54
32沙弥さま

私の疑問が1つ解決しました。ありがとうございます。
釈迦如来(父親)に縁がなければ、阿弥陀如来(伯父)に頼めですね。
釈迦は、自力系ですか?私は、釈迦を尊敬し、あこがれたので、自力で
修行してがんばろうと思ったことがありますが、どう考えても無理です。
罪作りな毎日です。今は縁あって、伯父に頼んでいます。

89 :=88:02/11/17 08:00
早速のレス、ありがとうございます。
「空」そのものをズバリと説明しなければ、なりませんでしたか。
私にはできません。空とは、世界の状態を表しているのでしょうか?


90 :髑髏仮面 ◆8Z1PfzdK1. :02/11/17 08:29
>89
>空とは、世界の状態を表しているのでしょうか?

世界でもなければ、状態でもない。
縁により世界にもなれば、縁により世界にならない。
縁により状態になれば、縁により状態にならない。

つまりは、世界でもあり、状態でもある。

この位相こそ空なり。
かように思う。

91 :名無しさん@1周年:02/11/17 10:01
本当にわかってる人間は言葉で表そうとはしないだろう。

92 :名無しさん@1周年:02/11/17 12:32
>>90
>縁により状態になれば、縁により状態にならない。
状態にならないならなんになるのだろう。
空は、実体が無い世界の状態を表す一種の哲学用語である。
「実体が無い」という部分を拡大解釈して訳わからなくしているんじゃ・・・?

93 :髑髏仮面 ◆8Z1PfzdK1. :02/11/17 12:49
>>92
>空は、実体が無い世界の状態を表す一種の哲学用語である。

「実体が無い」と、二項のひとつを逝ってるわけじゃないでしょうね。
そう定義するんだったら、も少し話は早くすんでますよ。

>「実体が無い」という部分を拡大解釈して訳わからなくしているんじゃ・・・?
私のレスは、こんなこと逝ってません。

>状態にならないならなんになるのだろう。
状態にならなくば、なりようがない。
自性として「ある」ではなく、そこが無自性。
状態になるも、状態にならないも結局は同じ。空。

94 :髑髏仮面 ◆8Z1PfzdK1. :02/11/17 13:03
>>92
>「実体が無い」という部分を拡大解釈して訳わからなくしているんじゃ・・・?

実は、あなたの方が話しを難しくしてるんですよ。
「実体が無い」とゆう概念では話がdでもになります。
私のログを読んでみそ。
そんな事カキコしてないから。

95 :名無しさん@1周年:02/11/17 13:08
>>94
うむむ。。。
理解できないならレスしなさんな。

96 :髑髏仮面 ◆8Z1PfzdK1. :02/11/17 13:19
>>95
そんな難しいこと逝っておらんでしょう?
「実体がある」。「実体がない」。これを何で最初に分別するんか?ちゅう事です。
この論法でしたら誰だって分かりませんよ。



97 :名無しさん@1周年:02/11/17 19:40
髑髏さんをまともに相手にするなって。
2chでもDQNで有名な人なんだから。

98 :名無しさん@1周年:02/11/17 20:09
>>97
DQNではないかとおもうよ。
トンでもを逝ってる訳じゃなし。

レスの一貫性はある。
どう解釈するかは人それぞれ。

99 :名無しさん@1周年:02/11/17 20:19
戒名について質問したいんですが(超初心者)、このスレじゃいけませんか?

100 :まかせなさい:02/11/17 20:24
このスレでけっこうですよ。さて戒名についての
どのようなご質問ですか?

101 :99:02/11/17 20:27
ありがとうございます。
まず、戒名というのは、亡くなった方につけるものだけではなくて、お坊さまのお名前なんかも戒名と呼ぶのですか?
やはり宗派によって使う字とか違うのでしょうか?

102 :99:02/11/17 20:38
ありがとうございます。
まず、戒名というのは、亡くなった方につけるものだけではなくて、お坊さまのお名前なんかも戒名と呼ぶのですか?
やはり宗派によって使う字とか違うのでしょうか?

103 :名無しさん@1周年:02/11/17 20:39
戒名について質問したいんですが(超初心者)、このスレじゃいけませんか?

104 :99:02/11/17 20:43
すみません。間違えて同じ内容を投稿しちゃいました。しかも2回も……。

105 :名無しさん@1周年:02/11/17 20:44
コピペ荒らしでつか?


106 :名無しさん@1周年:02/11/17 20:57
かい〔戒〕
梵語シーラの漢訳。
1行いを慎むための戒め。仏教に帰依した者が守るべき規則で、自発的な努力に待つことを特徴とする。
2三学、六波羅蜜の一

107 :名無しさん@1周年:02/11/17 21:20
age

108 :名無しさん@1周年:02/11/17 21:45
戒名とは仏世界に入門したという意味ではないでしょうか。自力

109 :からくも:02/11/17 21:51
悟りは教わるものじゃないと教える背理。仏教は白痴の逃げ場。
もうね、アホかと。馬鹿かと。

110 :名無しさん@1周年:02/11/17 22:00
そのうちに人が何故仏教に帰依するかがわかってきますよ。なんでもわかったようにできるのは今のうちだけです。そのうちに限界がくるでしょう。

111 :からくも:02/11/17 22:01
>>110
ハクチ。きっと幸せに死ねるよ。
もうね、アホかと。馬鹿かと。

112 :名無しさん@1周年:02/11/17 22:07
質問は?

113 :沙弥 ◆zroWOhjJpc :02/11/17 22:17
戒名とは受戒したときに名乗る名前です。
普通は授戒してくださった戒師さまからつけていただきます、
 受戒するチャンスには大きく分けて2種類あり、
一つは仏教徒になる時に受けるもので、
仏教徒になりたいと思った時にはいつでも受けることができます。
もう一つはこれから本職の僧侶になるという場合に受けるものです。
 前者には三帰戒、三聚戒、五戒、八戒、十戒、四十八戒等があり、
戒を具えた僧侶の前で誓うことで戒を得ることができます。
また、説法の際などにも唱和します。
 後者は出家する際に在家の衣服を脱いで髪を剃り、衣やお袈裟、
托鉢や食事に使う鉢等を授けられた後に、師僧によって授けられます。
これには十戒、三聚戒、四十八戒、二百五十戒などがあります。
 三帰戒、三聚戒、十戒、四十八戒などは、在家も出家も
共通して受けるので通戒と言い、その他の意志に従って受けるのを
別戒と言います。
 やっと本題にはいりますが、このように戒を授けられた証として
新しく定めた名を「戒名」というのです。
 よって、生きている時に受戒してつけたのも、
亡くなってから追って授戒した形式をとるのも同じく戒名といいます。
 しかし、日本仏教では授戒の形をとらない宗派もあるので、
その場合は法名とか法号などと呼びます。
 なるべく宗派色を薄めたつもりですが、違っていたらすみません。
優しく補足していただけるとありがたいです。
(長くなって申し訳ありません。単語の意味など幾ら知っても
 修行とは別問題であることは分かっているのですが。。。)


114 :名無しさん@1周年:02/11/18 06:58

 戒名とは、遺族が寺院に将来継続的に支払う寄付金の金額を決める値札のことをいいます。

 戒名の良否によって、つけられた本人がどうこうということではないのです。



115 :名無しさん@1周年:02/11/18 09:00
test

116 :名無しさん@1周年:02/11/18 11:30
あのうーーー
 質問いたします
人間には、川はただの水の流れに見えますが
餓鬼は血の流れに見え
天女(天使?)には水晶の流れに見える
上記のことを四文字熟語で現す言葉があったと思いますが
忘れてしまいました
どなたか、教えてください(ペコリ↓
   

117 :名無しさん@1周年:02/11/18 12:41
鬼血天水
でどうですか。
およびでない。では博学の方にお願いしましょう。


118 :名無しさん@1周年:02/11/18 12:42
>116
一水四見
又は
一処四見
だな

119 :名無しさん@1周年:02/11/18 12:56
>>116
猿沢之池
だな

120 :116:02/11/18 13:11
>>117
>>118
>>119
みなさん、ありがとうございます
こらからどなたが正しいか百科事典で調べます(w

121 :名無しさん@1周年:02/11/18 13:18
仏壇の上に「雲」って貼ってあるのはなぜですか?
教えて下さい。お願いします。

122 :名無しさん@1周年:02/11/18 13:43
>121
上に人が入れるスペースがあるからだろ?
なければ張る必要ないからな。

123 :121:02/11/18 14:39
122さん、ありがとうございます。
>上に人が入るスペースがあるから、
という意味がよくわからないのですが。。。
すみません。
あと、それは一般的なものなのでしょうか?それとも特定の流儀のことなのでしょうか?

124 :名無しさん@1周年:02/11/18 15:27
おれは122じゃないが
仏壇の上っていうより、神棚の上の方が一般的じゃないのかな。

たとえば、
神棚を1階に祀るとき、2階に部屋があると神棚の上を人が歩くことになる。
こういう「ばちあたり」なことを許してもらうための
「おまじない」みたいなもんだろ。

特定の流儀ではなく、一般的な習慣だと思うぞ。
詳しく知りたければ、神社仏閣板か民俗神話板に適当なスレがあるから
そっち行ってみたらどうかな。
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1022466961/l50
http://academy.2ch.net/test/read.cgi/min/1022056118/l50

125 :名無しさん@1周年:02/11/18 19:40
 禅宗の関係者にご質問させていただきます。 

 あの世も魂もないはずの禅宗で、魂の慰撫である葬式ごっこにより
 儲けるのは詐欺行為ではないでしょうか。

 民衆をだまして税金もちょろまかして
 そんなあなたたちに仏罰はくだらないのですか?
 仏罰がくだらないとしたらそれはなぜですか?



126 :名無しさん@1周年:02/11/18 20:13
>>125
>禅宗の関係者にご質問させていただきます。

わたしは禅宗関係者ではありませんが、マジレス 

>あの世も魂もないはずの禅宗で、魂の慰撫である葬式ごっこにより

葬式を魂の慰撫だとしか考えていないとしたら、あなた単純ですね。
実際に大切な人とのお別れを経験したことがありますか?

>仏罰はくだらないのですか?
>仏罰がくだらないとしたらそれはなぜですか?

仏罰などありませんよ。
いや真面目な話、仏教では仏罰というものは説かないのです。

それより、葬式という儀式の持つ多様な意味をお勉強してから
出直してください。
身近な方の死を通して、人の命を見つめる厳粛な儀式である葬式を
「葬式ごっこ」だなんて、大変な侮辱ですよ。

127 :名無しさん@1周年:02/11/18 20:33
>125
すいませんが、仏教本来ならば二つながらにありませんよ。
何故禅宗に限られたかは理解に苦しみますな。

葬式仏教に堕落したと言われれば、
あなたは、仏教史に浅いと言わなくてはなりますまい。
鎌倉新仏教が何故似庶民に広まったかと申せば、
死を穢れとして、触れようとしなかった南都仏教や神道に対して、
死を穢れとせず、積極的に弔ったからです。

私も仏罰は存在しないものと考えます。
それは日本の神道的思想の混入でしょう。

128 :17 あるいはいつもの大ボケ:02/11/18 23:00
また、疑問があります。すいませんが遊んでやってください。
仏教は成立過程から考えてもヒンドウー教の影響と言うか
概念を使ったり借りたりしている事もあるとおもうのですが、
仏教と言うのはどのように「神」というものをとらえているのでしょうか?
この場合一神教における絶対者としての神と言う意味ではなく、
あくまでインド亜大陸の神の概念です。
なんかうまく言えませんが、いわゆる仏と言うものと神と言うものとに
どのように「折り合い」とでも言いますか、をつけているのでしょうか。
いつもボケていますが、よろしくお願いします。

129 :名無しさん@1周年:02/11/18 23:38
「財善童子」の良書はありませんか。
興味があるのですが、ネット検索ではその書籍は見つかりません。
ちなみに私は、「財善童子」=「善知識を得るための子の物語」くらい
しか知りません。

130 :髑髏仮面 ◆8Z1PfzdK1. :02/11/19 08:26
>>128
形而上学的概念そのものを超越したのが般若かと思います。


131 :名無しさん@1周年:02/11/19 09:28
>>126
>実際に大切な人とのお別れを経験したことがありますか?

やれやれ。大切な人とのお別れと、高い戒名代やそれに比例した永続的な寄付行為の強要が、
なんの関係があるのか理解に苦しむ。





132 :128 あるいはいつもの大ボケ:02/11/19 09:47
>>130
ええと、ものをまるきり知らないので、おっしゃる般若が私の
>>128の質問とどう結びつくのかわからないので、すいませんがご教示下さい。
それから、仏教では神をどう考えるか、と言う質問ではありません。
おききしたかったのは多神教的(あるいは汎神的)な風土と、釈迦以後の仏教が
どのようにつきあって、というか折り合っていったのかが知りたかったものです。
言葉足らず、スマソ。



133 :名無しさん@1周年:02/11/19 10:24
真言宗ではお釈迦様はどういう位置付けなんですか?

134 :髑髏仮面 ◆8Z1PfzdK1. :02/11/19 11:19
>>132
>おききしたかったのは多神教的(あるいは汎神的)な風土と、釈迦以後の仏教が
>どのようにつきあって、というか折り合っていったのかが知りたかったものです。

つまり・・・
即心即仏⇔非心非仏。これ同じことです。
多神教であっても、多神教でなくても、一如の法門はそれを越えている。
だから、神社・仏閣にお参りするも良し、せざるも良しなんじゃないでしょうか。
そうゆう意味では寛容な宗教かと思います。




135 :毒素僧正 ◆nii25iN9ag :02/11/19 12:38
>>131
>大切な人とのお別れと、高い戒名代やそれに比例した永続的な
>寄付行為の強要が、なんの関係があるのか理解に苦しむ。

それを関係づけているのはおまえじゃないのか。 あん?
126はそれを関係づけているようには読めないが。
おまえの頭の中は 葬式=高い戒名料 なのか。 ええ?

最近はお客さん来ないので退屈してるんだ。
↓にでも遊びに来いよ。
日本から寺を排除せよ!
http://life.2ch.net/test/read.cgi/psy/1016450344/l50
おれがいるのは600番台の途中からだけどな。

136 :毒素僧正 ◆nii25iN9ag :02/11/19 12:41
>>129
まずは「財善童子」じゃなくて「善財童子」で検索してみろ(ゲラゲラ

137 :名無しさん@1周年:02/11/19 16:17
>133
全ては大日如来の化身でよろしいのでは?

138 :名無しさん@1周年:02/11/19 17:09
>>137
ってことはお釈迦様は大日如来より下という位置づけですか?
それはどう考えてもおかしいですよね

139 :名無しさん@1周年:02/11/19 17:33
>138
下ということではないですね。
応病与薬と例えられるように、
釈尊の姿で、まみえた人々に応じて、
教えを説かれたということでしょう。

140 :仮尼正特数達羅薩:02/11/19 18:07
お釈迦様も、大日如来も名称と形態だよね。究極を論じるなら、どちらが上もない
だろうと思う。
で、その何れかを究極と思うのも各人の自由だけど、その思想を誰かに押し付ける
のは頂けないですね。

141 :132 あるいはいつもの大ボケ:02/11/19 22:11
>>134
すんまそんが と言う事は、仏弟子は現実の社会の中にいながら
(出家してもその世界にいる事には違いはないでしょう、死ぬまでは)
般若を生きようとするわけですか?つまり境目はないと。
それができる事を悟りと言うのでしょうか?
アタマがごちゃごちゃになってきました。

142 :髑髏仮面 ◆8Z1PfzdK1. :02/11/20 00:57
>>141
まあ、乱暴な言い方をしますと、般若は既存の概念はあまり当てになりませんよね。
>つまり境目はないと。
般若は、論理的整合性とゆうもんをムシロ破壊するもんですよね。
堺目がない、とゆうんだったらその方が言い方とすれば正しいかと思います。
二項対立を一端外して不一不二。 ひとつに非ず、ふたつに非ず。一如の法門。

143 :髑髏仮面 ◆8Z1PfzdK1. :02/11/20 01:04
>>141
私は般若思想、いわゆる「空」を前程にしています。
他の宗派については、又違った意見があるかもしれません。
そこのところ了承願います。

144 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

145 :141 あるいはいつもの大ボケ:02/11/20 07:51
>>142
おはやうございます。実は最初にききたかった事とずれてきているのですが
そっちはまた後日うかがうとして、昨日の続きです。

私が「般若を呼吸する」と言う表現を使いますと 「境目のない」とは、ずれるでしょうか。
般若とは取り巻くものなのでしょうか。「あちら」にあって、我々の側、すなわち「こちら」
にはない、と言うものではないのですよね。
すいません、なるべく日常語を使って書こうとしているので、こういう事になるのですが、
もしよろしければお教え下さい。


146 :髑髏仮面 ◆8Z1PfzdK1. :02/11/20 08:26
>>145
般若は、いわゆる彼岸に至る智恵。ようするに「空」のことですよね。

>あちら」にあって、我々の側、すなわち「こちら」
あちら→空。
こちら→色。
言いかたとすれば、そんな言いかたが適当かと思いますが、考えかたとすれば「あちら」も「こちら」もないですよね。
色即是空。色がそのまんま空ですから。
色(差別相)⇔空(無差別相)。いわゆる、無差別相(仏智)を説いたのが般若心経です。
ですから、空でしたら涅槃寂静は娑婆即寂光浄土。




147 :名無しさん@1周年:02/11/20 08:36
>>140
それは遂迦神道の考え方ですね。別に目新しい考え方ではありません。自分で考えたようですが、ちゃんとした書物もあります。もっと勉強しましょう

148 :145 あるいはいつもの大ボケ:02/11/20 09:44
>>146
レス有り難うございます。なんかわかったような気になっていますが、
実際にはもちろんわかっていないのでしょう。(w

ずっと引っ掛かっているのは
その般若とも、知恵とも空とも呼べる(呼び名などもっとあるでしょうが)ものを、
我々衆生が気にする必要があるのか、と言う事なんです。
そういう意味で「呼吸」と言う表現を使ったわけなんですね。
空気は気にする必要はありませんが、そこにある。
知恵もまたそういうふうに「そこにある」ものなのでしょうか?
よろしくお願いします。


149 :髑髏仮面 ◆8Z1PfzdK1. :02/11/20 10:05
>>148
>知恵もまたそういうふうに「そこにある」ものなのでしょうか?

そこにあるもんですよね。
しかしながら無明によって解らない。この解った瞬間を頓悟の気づき。と言うております。
竹に小石が当たった瞬間とか・・・
裏山のセセラギの音を聞いてて、瞬間わかるとか・・・
虫の声で瞬間わかるとか・・・
道元でしたら、禅定のドサクサ紛れに心身脱落すてますよね。
これがいわゆる南宗禅。頓悟。

北宗禅でしたら漸修。
心これ明境台の如し時々払拭せよ。よく鏡を磨くことが肝要と思われ。


150 :148 あるいはいつもの大ボケ:02/11/20 10:15
>>149
ありがとうございました。わかったような気がします。(ホンマかいな?)
竹に小石の例が何となく得心のいくものとして心に残りました。
2日かかりましたが、おつきあい有り難うございました。
また帰ってくると思いますんで、どうぞよろしく。

151 :髑髏仮面 ◆8Z1PfzdK1. :02/11/20 10:24
>>150
>また帰ってくると思いますんで、どうぞよろしく。
では最後のレスです。

>竹に小石の例が何となく得心のいくものとして心に残りました。
これは、坊主がいつものよう庭掃きしてたんですね。
思いがけずに瞬間、小石が竹に当たった。
この音でハット気づくもんがあったんかと思います。

では、では・・・。

152 :129:02/11/20 21:56
>>136
ありがとうございます。善財童子ですね。うろ覚えでした。
はずかしい〜、私。さっそく調べます。

153 :名無しさん@1周年:02/11/20 22:53
脈絡のない質問でごめんなさい。
先日、ある寺院で「釈迦出山図」という絵画を見せていただいたのですが、
その中の釈迦様はやつれ果てて、半分幽霊だと言っても通るくらいの風貌を
されていました。あの場面はお釈迦様のどのような行い(?)を描いたもの
なのでしょうか?なぜか気になって仕方ありません。

154 :名無しさん@1周年:02/11/21 11:05
>>153
断食してますた。
当時は、修行マニアの間で「死ぬ寸前まで断食すると解脱できる」みたいな
迷信があり、お釈迦様も一応試してみたのです。
でも、フラフラになるばかりで目的は達成できず、この修行法に見切りをつけた
お釈迦様は里へおりました。
やせこけたお釈迦様を見たスジャータという女性が
「かわいそう、あんなにやせて」と、乳粥を差し出すとお釈迦様は感謝しつつ
頂いたそうです。
お釈迦様の修行を見守っていた人々は、「彼は修行から脱落してしまった」
と失望しましたが、その後お釈迦様は菩提樹の下で瞑想をはじめ
悟りをひらきました。

なんか、「はじめて読む仏教物語」みたいな解説でスマソ

155 :名無しさん@1周年:02/11/21 15:20
http://corn.2ch.net/test/read.cgi/net/1037457382/l50

宗教家はこのようなニセ宗教家を許せるのでしょうか?

156 :名無しさん@1周年:02/11/21 16:36
>>155
餃子タンの寺って、どこなんしょ。早良区かと思ったら…
スレ違いスマソ。

157 :名無しさん@1周年:02/11/22 02:15
断食?しょっちゅうしてるよ。毎晩してる。
夜飯食った後、翌朝まで断食です。はい。

158 :名無しさん@1周年:02/11/22 03:19
>>157
最低でも24時間やれや

159 :どこの坊さんか知ってる?:02/11/23 01:00
[時事通信社:2002/11/22 23:54]

空港警備員、覚せい剤を密輸=制限エリア立ち入り証を悪用−成田  (時事通信)

 東京税関成田空港支署と千葉県警薬物対策課などは22日までに、成田空港の税関検
査前の区域(制限エリア)に自由に入ることができる空港勤務者向けの立ち入り証を不
正に使い、覚せい剤約6.5キロ(末端価格約3億9000万円)を密輸しようとした
として、覚せい剤取締法違反などの疑いで、警備会社「インターナショナルサービスセ
ンター」社員谷山秀樹(46)、僧侶松本健治(32)、無職石山寿昭(34)の3容
疑者を逮捕した。空港勤務者向けの立ち入り証を悪用した麻薬密輸の摘発は初めて。 






160 :名無しさん@1周年:02/11/23 15:28
>157
breakfastといわせたいのか?(w
>159
どうせ無所属のテンプラでしょ。
本物と見分けられないのが多いからこんなのが増える。
本物の質が落ちているせいもあるが。

161 :名無しさん@1周年:02/11/24 02:26
基本的な質問です。

関東地方(特に東京?)の場合、お盆は7月だそうですが、
そうすると棚経などのお盆の行事はみな7月に済ませてしまって、8月には全く行われないということですか? それとも、8月にやることもありますか?

すみません、実家がキリスト教だもんで、お寺とはまったく無縁の生活を送ってきて、何も知らないんです。どなたか教えてください。


162 :名無しさん@1周年:02/11/24 02:59
>>161
うちの菩提寺は西東京市で曹洞宗だけど、全部7月だね。
これって、新暦だから? 旧暦だったら8月になるの?

163 :名無しさん@1周年:02/11/24 03:28
うちも曹洞宗だけど八月にやるよ。

164 :名無しさん@1周年:02/11/24 09:54
お盆は、道教の元宵節と仏教の自恣が混合した習俗です。両方とも7月15日がその日です。
ただ明治以降太陰太陽暦に変わり、太陽暦7月だと農家が忙しい?などの事情もあって、
月遅れの8月にやるなど地方によって工夫されたようです。

私のところではないのですが、やはり西東京の方なのですが、7月15だと農家が忙しく、8月
15だとお蚕さんが忙しかったから、8月10日がお盆、となっていると言っていました。

165 :161:02/11/24 12:08
みなさん、レスありがとう。
なるほど、旧歴新歴の関係に加えていろいろな事情に左右されるんですねぇ。
つまり、関東地方でも8月がお盆のところもある、と。163さんはやはり関東の方ですか?
同じお寺の檀家さんであっても、7月にやるお宅と8月にやるお宅の両方があるんでしょうか?

166 :名無しさん@1周年:02/11/24 14:14
イキナリすみません。以下の文章の出典がわからないのですが、
何だか御存じないでしょうか?なんだか親鸞の現世利益?に
似てるような気がするんですが、チョット違いますよね(´Д`;)

念阿彌陀佛十種功徳
若人受持一佛名號者。現世當獲十種功徳利益。
一。晝夜常得諸天大力神將。並請眷屬。隱形守護。
二。常得二十五大菩薩。如觀世音等。及一切菩薩。常隨守護。
三。常為諸佛晝夜護念。阿彌陀佛常放光明攝受此人。
四。一切惡鬼若夜叉羅刹 皆不能害。一切毒蛇毒龍毒藥悉不能害。
五。一切火難。水難。冤賊。刀箭牢獄。鈕械横死。枉死。悉皆不受。
六。先所作罪。皆悉消滅。所殺冤命。彼蒙解脱。更無執對。
七。夜夢正直。或復夢見阿彌陀佛。勝妙色像。
八。心常歡喜。顏色光澤。氣力充盛。所作吉利。
九。常為一切世間人民。恭敬供養。歡喜禮拜。猶如敬佛。
十。命終之時。心無怖畏。正念現。前得見阿彌陀佛。及諸菩薩聖衆。手
持金臺。接引往生西方淨土。盡未來際。受勝妙樂。
法華經云。若人散亂心。入於塔廟中。一稱南無佛。皆已成佛道。死心禪
師云。念南無阿彌陀佛。若不生淨土。我當墮拔舌犁耕地獄。

167 :名無しさん@1周年:02/11/24 19:09
釈迦十六善神像は何を描いているものなのでしょう?
周りの十六の善神とは?護法神?

168 :名無しさん@1周年:02/11/24 22:38
>167
釈尊を中心として『般若経』守護の諸尊を描いたもの。
大般若経転読の際に本尊として使われたらしいな。

169 :小寺のバカ:02/11/25 01:50
・・・・・・・・・・・・・・・さよなら。

170 :髑髏晒しage:02/11/26 19:38
> 124 名前:髑髏仮面 ◆8Z1PfzdK1. 投稿日:02/10/28 09:56
> >>120
> >大声出さないとダメなん?泣かないとダメなん?ってね。
> そうゆうとこで泣く女性は、アッチの方でも良いですよ。
> 一番泣きの良いのをマークしとくと、後々の参考になるんじゃないですか?

> 132 名前:髑髏仮面 ◆8Z1PfzdK1. 投稿日:02/10/28 13:51
> >>130
> 私は、職業がら役得ちゅうもんがあるから、女は不自由してないよ。

> 374 名前:髑髏仮面 ◆8Z1PfzdK1. 投稿日:02/11/05 10:03
> >>370
> 私の経験では、茶席に2〜3人の女を招待して、それを何度か繰り返すと、
> 女同士の葛藤みたいなんが芽生える。
> だからそうゆう場合は、女のほーから寄ってくる。
> つまり、女は状況にいて微妙に心が揺れ動く。
> 私からすれば、どの女も自由に抱ける。
> これが女の哀しさみたいなもんなんだろうね。

http://life.2ch.net/test/read.cgi/psy/1034996030/

171 :髑髏晒しage:02/11/26 19:38
> 378 名前:髑髏仮面 ◆8Z1PfzdK1. 投稿日:02/11/05 11:32
> >>377
> >おせっくすしたい男ってやっぱり緊張するのよ、
>
> こうゆう、身体を硬直させた女は良いね。
> 「おながい灯りをつけないで」。なんて緊張した女性は最近いないなぁ。
> 鏡に結合部を晒して、それで悦に入ちゃてる女性が多くなった。

> 382 名前:髑髏仮面 ◆8Z1PfzdK1. 投稿日:02/11/05 16:05
> 今度、分センセーにあやかって
> 最中に「おとーたまぁ」と言わせてみよーかと計画してる。
> 「センセー」ちゅうんは何度か言われたことがある。
> 実際、私は「センセ−」だからね。

http://life.2ch.net/test/read.cgi/psy/1034996030/

172 :髑髏晒しage:02/11/26 19:39
髑髏は、実は餃子タンなみのDQN

http://corn.2ch.net/test/read.cgi/net/1037457382/

173 :追加:02/11/26 20:03
ロリコン髑髏を発見

http://life.2ch.net/test/read.cgi/psy/1037784370/l50

91 92 94の書き込みに注目

174 :追加:02/11/26 20:21
:髑髏仮面 ◆8Z1PfzdK1. :02/11/02 15:08
>>757
女性のアナルは良いですね。
「そーーっと入れて」なんて、あの猫なで声が良いですね。
「あんまり激しくやんないで」なんて哀願するとこなんかも良いし。
キュッキュッ締め付けるとこなんかもたまりませんね。


175 :名無しさん@1周年:02/11/26 20:31
>>174
URLをコピペしる!

176 :名無しさん@1周年:02/11/26 21:48
171と同じスレの290

177 :名無しさん@1周年:02/11/26 21:55
なんかさあ、妄想なんじゃない?髑髏ちゃんの(ワラ
とても本当にこうとは思えない表現だよ、物凄く下手なポルノ小説みたい。
彼のカキコは分野を問わず脳内妄想と言う事でスルーすりゃいいじゃん。

178 :名無しさん@1周年:02/11/26 22:03
>>177
173のように髑髏ちゃんは名無しさんでも登場します。
わかりますけどね。
バレるとすぐに出てきて言い訳する、かわいいところもあります。

179 :名無しさん@1周年:02/11/26 22:16
>>178
91→92→94
は、脈絡が全然違うよ。
髑髏仮面さんの勘違いだと思うぞ。

あなたほ統一教会の食口だろ。
どうにか彼を貶めたいんだろ。


180 :名無しさん@1周年:02/11/26 22:39
>>179
本人は認めてるよ

181 :名無しさん@1周年:02/11/26 22:44
>>179
おまえが誰だか知ってるぞ
コテハンは?

182 : :02/11/26 22:45
気 持 ち は わ か る が
ここは質問スレ。ほどほどにしましょう。

183 :名無しさん@1周年:02/11/26 22:49
>>179
髑髏の擁護ちゃんか?

184 :名無しさん@1周年:02/11/26 22:49
>>179
だそうだ。おまえもここから出るな
金田くんも困ってる
自分に、さん付けは変だよ

185 :名無しさん@1周年:02/11/27 22:42
釈迦十六善神という絵画が多く見られますが、あれは何を意味したものなの
でしょうか?みんな異形のの姿をしていますが、何らかの善の神なんですよね?
仏法守護神たちということでしょうか?詳しい方、ご教授ください。

186 :名無しさん@1周年:02/11/27 22:53
>185
他でも聞かなかったか?
探すがよろし。

187 :おひるねちゅう:02/11/28 19:38
はじめまして、よろしくお願いします。

この前は母方の祖父が亡くなりました。親族のお葬式に出たのは初めてでしたが、
浄土宗でした。初七日の時に和尚さんから、いろいろお話を聞きました。
僕は全くの無神論者なのですが、いいお話しだと思いました。正直かなり感動しました。

で、お話を聞いた内容と、自分でもちょっと勉強してみて思ったんですけど。

「魂のふるさと極楽浄土へ連れて行ってくれるために阿弥陀如来がおとずれてくれる」という阿弥陀経と
「死んだのち十人の王様?によって裁判が行われる」という十王経がどちらもお釈迦様が書いたというのは
信じがたいのですが?

このところはお坊さん達はどう理解されているのでしょうか?
上に二つに限らず、数多くのお経は本当にお釈迦様が書いた物なのでしょうか?

ぜひ教えてください。

188 :うむ。:02/11/28 20:37
↑僭越ながらお答えしましょう。
お釈迦様が書き残したお経は存在しません。

以上。


189 :名無しさん@1周年:02/11/28 21:09
釈迦十六善神の像ですが、釈迦を取り巻く神々のことについて詳しい方は
いらっしゃいませんか?三蔵法師と深沙大将しかわかりません。なにがどうした
場面なのでしょうか?神は何の目的で釈迦を取り巻いているのでしょうか?

190 :名無しさん@1周年:02/11/28 23:06
ぐぐったらこんなのあったけどナー。機能神はあんま細かいこと考えなくっていいんじゃないのかナー?
http://www.geisya.or.jp/~tf109/hotoke/16zenjin.htm

191 :名無しさん@1周年:02/11/28 23:43
大般若経に関連する諸尊を配しているに決まっとろうが。
まずは、大般若経読め。

192 :名無しさん@1周年:02/11/28 23:50
漏れはパスだナー。

193 :名無しさん@1周年:02/11/29 05:51
俺もパス

194 :名無しさん@1周年:02/11/29 08:19
経典原理主義はパス。
仏教大学の学生さんなら暇持てあまして読めるんだろーけど。

195 :名無しさん@1周年:02/11/29 14:04
というか、仏教美術の解説書辺りに書いてあるんでないのかい?

196 :名無しさん@1周年:02/11/30 19:38
クリシュナムルティ読んでいると仏教が何だかバカバカらしくなってきました。
誰か助けてくだしゃ〜い!

197 :YOSHIKI:02/11/30 19:43
おい、お前ら! ■神=謎の巨大コンドーム■ 
について何か知りたければ ■コンドーム■を使え!
■コンドーム■の使用法はここに掲載してあるぜ!
■コーヒー浣腸■のやり方も、ここに掲載してあるぜ!
http://www12.brinkster.com/uhikaru/a&w.htm

■コンドーム■をした感想は このスレでオレに知らせろよ!
http://music.2ch.net/test/read.cgi/classical/1037874647/l50
(((( ;゚Д゚)))

198 :名無しさん@1周年:02/12/01 22:57
すみません 宝地院というところをご存知でしたら教えていただけますか?
どうも知人がそこからモノをたくさん購入しているのです

199 :名無しさん@1周年:02/12/02 21:09
突然ですみません。実家が浄土真宗本願寺派なんです。この前身内が他界して
かな〜り、仏教に興味が湧いてきたのですが、本願寺派を学ぶためにこれ読んどけ
ゴルア!って本あったら教えてください。ちなみに現住所は中部地区のため、近所に
本願寺派のお寺がなくて、説法を聞く機会があまりありません。

200 :名無しさん@1周年:02/12/02 22:10
>199
名古屋の西別院でも行っとけ。

201 :名無しさん@1周年:02/12/03 01:50
>>199
とりあえず『浄土の本』でも読んでおいたらどうだ?
http://www.gakken.co.jp/mu/esa.html

202 :名無しさん@1周年:02/12/03 20:09
私、あるお寺の檀家なんですが、
今度そのお寺が本堂を新築すると言うのです。
総工費は5億ほどで、
住職夫婦は4千万寄進したと言ってます。

檀家として、いくら寄進するのが適当ですか?
また、あなたならどれぐらい払いますか?
私は100万でいっぱいいっぱい何ですが。

203 :髑髏仮面 ◆8Z1PfzdK1. :02/12/03 20:20
>>202
100万両は、ご夫婦で納得の金額ですか?
そこを充分コンセンサスを得ませんと、後に夫婦喧嘩のもとにもなります。

私でしたら10万両が精一杯ですね。
100万両など、とても寄進できない。

204 :名無しさん@1周年:02/12/03 20:53
>>203
来ないでくれと頼んでも、また来るヴァカ

205 :名無しさん@1周年:02/12/03 21:22
>202
たいてい世話役がいるから聞いとけ。
しかし、
壇家少ないだろうに本堂新築するとは、
ろくでもない寺だな。
スキャンダル探って本山にちくってやれ。

206 :名無しさん@1周年:02/12/03 22:06
>>196
仏教学ぶとクリシュナムルティがDQNなのがよくわかるけど。

207 :名無しさん@1周年:02/12/04 00:02
昔は月刊住職って雑誌があったんだがな(w

208 :名無しさん@1周年:02/12/04 00:23
もう無いのカー…。
月間喫茶店経営も消えたのかもナー…。

209 :名無しさん@1周年:02/12/04 00:25
月間…遺憾ナー。最近ヴォケ気味だナー。
仏塔の広告なんて、アレくらいでしかお目にかかれなかったナー。

210 :名無しさん@1周年:02/12/04 00:51
ウチの菩提寺も信徒会館建設で月刊住職に晒されていたよ。

211 :名無しさん@1周年:02/12/07 09:23
仏教では自殺するとどうなると教えていますか?

212 :名無しさん@1周年:02/12/07 09:48
>>211
地獄に行くのです

213 :豊年サラダ油:02/12/07 15:30
方便として、「地獄に行くんだよ。」という言い方でしょ。
正しくは。。。

214 :お砂糖ダーイスキ:02/12/07 15:34
>>213
霊界の底の底にある地獄に行くんだよ。

215 :1:02/12/07 20:24
>>214
悟りってなんですか?悟るとどうなるのですか?

216 :名無しさん@1周年:02/12/08 00:27
>>215
悟ればわかる。他に質問は?

217 :1:02/12/08 00:53
>>216
どうしたら悟れるんですか?

218 :名無しさん@1周年:02/12/08 05:11
>>217
悟ってしまえば、なーんだ、という程度のもの。他に質問は?

219 :1:02/12/08 08:03
>>218
いつか死ぬのに何で生きないといけないんですか?

220 :名無しさん@1周年:02/12/08 14:45
>>219
いつか生まれ変わらないといけないのに、何で死なないといけないんですか?

221 :名無しさん@1周年:02/12/08 17:57
>219
初めからエンディングがあると判ってるのに、RPGをやるのは空しいことなんでしょうか?

222 :名無しさん@1周年:02/12/08 18:23
今日は、お釈迦様が悟りを開いた日です。こんなに大事な日なのに、どうして日本人はクリスマス一色なんでつか?

223 :おカネになるから:02/12/08 18:27



そこに、山があるから!!!

224 :名無しさん@1周年:02/12/08 20:33
>>222
道場に鯉。みんな坐っているぞ。

225 :キリスト教会:02/12/08 22:59
仏教徒はなんでキリスト教の教会で結婚式をあげたがるの?
自分とこの檀家の動向くらいしっかりつかんで仏式であげるようきちんと指導してください。
お金は儲かりますが布教にはつながらないのでたいへん迷惑です。

226 :初詣:02/12/08 23:36
仏教徒って言えるニャポン人て、ハウマッチ?

227 :名無しさん@1周年:02/12/09 00:43
>226
キャソリックの約百倍だな。

228 :名無しさん@1周年:02/12/09 00:46
だろ? だから迷惑なんだよ。

229 :名無しさん@1周年:02/12/09 01:03
仏式の結婚式ってどんなの?

230 :シンコーシューキョー:02/12/09 01:33
むくれちゃ、ダメよ。キリストさんたち。

231 :名無しさん@1周年:02/12/09 01:41
じゃあ仏教徒はおまえのところで司式してやれ

232 :名無しさん@1周年:02/12/09 01:41
シンコーシュウキョー まかせたぞ

233 :名無しさん@1周年:02/12/09 01:50
日本人は仏教徒ではありません。
仏教徒とは得度して初めて仏教徒と言えるんです。
日本人は名目上仏教の宗派に所属しているだけで、無宗教者です。

234 :名無しさん@1周年:02/12/09 01:52
>>233 そうなんだ! ものしりだね。
じゃあ本来なら葬式やってやる義理もないってこと?

235 :名無しさん@1周年:02/12/09 01:54
所属っていうのは檀家制度のこと?

236 :名無しさん@1周年:02/12/09 02:10
>233
ま、そう思いたいだけなんだろうな。

237 :名無しさん@1周年:02/12/09 02:11
>>234
もともと仏教は葬式をやるための宗教ではありません。
迷妄の海から、悟りの彼岸に到達するための教えです。
日本の葬式仏教は亜流です。

>>235
檀家制度のことです。もっとも檀家という言葉自体は真宗の言葉なので日本の仏教全般に使うのは妥当ではありませんが。

238 :名無しさん@1周年:02/12/09 02:17
>>237 ためになるなぁ。じゃあ仏教では一般市民の人生の節目の儀式は基本的にやらないもんなの? 結婚式とか葬式とか。
じゃあ檀家だからって信仰してないヤシらの葬式引き受けてやるなんてえらいね。つうか檀家ずうずうしいやしらだな。

239 :名無しさん@1周年:02/12/09 02:31
>>238
始めの仏教では、儀式などというものは一切有りませんでした。
釈迦が死んだ時に一回やったぐらいです。
真理の勉強会だったんです。これを三宝の一つ、僧といいます。
僧とは宝を学ぶ人たちの集まりのことです。

やがて、仏教が広まるにつれ、土着の先祖崇拝と結びついて、今のような形になりました。
日本では、文化と共に色々な仏教が誕生しています。

240 :訂正:02/12/09 02:34
僧とは宝を学ぶ人たち→ 僧とは法(真理・ダルマ)を学ぶ人たち

241 :名無しさん@1周年:02/12/09 05:15
>>237
どの仏教が本物か、というのもヘンな話だけど
日本仏教は儒教葬送儀式の影響をものすごく受けているそーだ。
位牌とか北枕なんかは、儒教から入ってきたもの。
加地伸行センセの本が参考になる。

一時期、冠婚葬祭の仕事してたことあるけど
仏教は本来、四十九日のうちに輪廻転生すると考えていたみたいだね。
それが中国儒教の影響を受けて、三回忌まで弔うようになった。
日本に入ってきてから、七回忌から十三回忌、
そして最終的には三十三回忌(関東)、五十回忌(関西)まで延びた。
つまり、仏教+儒教+日本古来の風習で今日の葬礼が出来上がったというワケ。





242 :名無しさん@1周年:02/12/09 05:23
ついでに、仏教と神道の違いも。
日本仏教では霊魂が浄化されるまでの間、年忌法要を弔うことになっている。
そして三十三回忌(or五十回忌)で弔い上げをすると
その霊魂は祖先霊の仲間入りをする、ということらしい。
おや? 輪廻転生はどこへ逝ったんだ?
この辺で、日本仏教が本来の仏教かどうか、怪しくなってくるよナー。

ちなみに、神道(漏れが関わったのは出雲系)の場合、
故人は亡くなってすぐ祖先霊の仲間入りをすると聞いて驚いた。
神道では、輪廻転生は肉体(親)から肉体(子)へダイレクトにつながる、って感じ。

オリジナルに近いものは正統、そうでなければ認めないってーのもナー。
現状あるやり方の中に、日本的なものが受け継がれていると考えたほうが生産的だと思うナー。

243 :名無しさん@1周年:02/12/09 07:43
>>224
誰も突っ込んでないようなので書くと、

 迷 惑 な ら 断 れ よ 。

お金もうけで宗教やってるわけじゃあるまい。
ちなみに、キリスト教の教会で結婚式挙げたがる連中は仏教徒じゃないと思う。

244 :名無しさん@1周年:02/12/09 08:40
>>243
誰も突っ込んでないようだが、番号違いと思われ(w

245 :名無しさん@1周年:02/12/09 09:09
>>243 ふーむ じゃああいつらは何教だと思う?
さっきから儀式については葬式の話ばかりなのは、結婚式はないっていうこと?

246 :名無しさん@1周年:02/12/09 09:11
それから、このスレいい人多いね。

247 :ギャルコー:02/12/09 10:29
>>じゃああいつらは何教だと思う?

ズバリ、「おカネ教」のかたたちです。

248 :名無しさん@1周年:02/12/09 10:37
>>247 ウマイ。ワラタ。そうかも。だけどヤシらは仏教徒のつもりだと思われ。
洗礼受ければどうどうと結婚式できるのになんで受洗しないの?って聞いたら、お寺で葬式出してもらえなくなるからだっていってたよ。

249 :名無しさん@1周年:02/12/09 10:38
>>247 ウマイ。ワラタ。そうかも。だけどヤシらは仏教徒のつもりだと思われ。
洗礼受ければどうどうと結婚式できるのになんで受洗しないの?って聞いたら、お寺で葬式出してもらえなくなるからだっていってたよ。

250 :名無しさん@1周年:02/12/09 10:43
なんか、このスレの親切さんたちに甘えてるみたいに質問攻めでごめん。
じゃあ信者でもないヤシの葬式を引き受けるのは何で?
日本のキリスト教が未信者の結婚式を引き受けるのは、布教のためということになってるけど。いくらかお金をいただけと助かってる教会もあるかもしれない。
でも葬式は引き受けないらしい。理由はわからないけど。

251 :名無しさん@1周年:02/12/09 10:47
和尚達が仏教の何たるかを分かってないし、中には金儲け主義の和尚もいる。
戒名の値段とかは15〜25万って決まってるし。

252 :名無しさん@1周年:02/12/09 11:00
そっか 宗教と信仰は違うってことなのかな。親切にありがとう!

253 :名無しさん@1周年:02/12/09 11:21
ずいぶんと安い、感謝されるべき戒名料だな。

254 :名無しさん@1周年:02/12/09 11:28
>>250 最終行
 それは事実誤認だと思うけど・・・結婚式よりも葬式の方が
よほどユルい教会もないわけではない。

255 :名無しさん@1周年:02/12/09 11:31
>>249
 本音はともかくとして、葬式は教会ですりゃいいし、墓地だって教会のに入れば
いいのにねぇ。

256 :名無しさん@1周年:02/12/09 11:48
ねぇ。信仰心(宗教じゃなくてね)のないひとたちのことはよく分からないよ。
もっといっちゃえば宗派問わず、未信者なら結婚式だって葬式だってやる必要ないのにね。
普段信じてもいない、馬鹿にさえしている宗教に大金払って馬鹿みたいなヤシらだな。

257 :名無しさん@1周年:02/12/09 11:53
>>254 そうなんだ。認識不足でした。つか漏れはまだ未信者の教会式葬式はみたことがないだけだな。

258 :名無しさん@1周年:02/12/09 12:05
 無宗教なら役所に届け出てそのまま火葬場に持って行けば済むことなのに、
なんでわざわざ大枚はたいて葬式出したがるんだろうねぇ・・・埋めるところが
ないからか。

259 :名無しさん@1周年:02/12/09 12:15
本当だねぇ。そんなんだからぼったくり信仰宗教にだまされるんだろうな。
キリスト教以上に仏教も誤解されてるんだな。身近なだけに。

260 :名無しさん@1周年:02/12/09 15:33
ま、実際は親戚のてまえってことだろう。

261 :名無しさん@1周年:02/12/09 15:38
死んだ人のために葬式があるのではなくて
残された人のために葬式があるのです。

262 :名無しさん@1周年:02/12/09 15:44
結婚式は親の見栄、葬式は子の見栄。

263 :山口百恵:02/12/09 16:11
こうなったら、寺でウェディングドレ〜ス着て結婚式挙げてやるぅぅぅぅ。

264 :名無しさん@1周年:02/12/09 18:28
>>261
「残された人のため」というのは、昨今の葬儀業界でもよく聞くお題目。
それは決して否定できないけれど、こと仏式について言うなら
亡くなった人に引導を渡す=現世への未練を断ち切るという目的もある。
本当に力のある坊さんなら、浄霊も実際はしている。
日蓮宗系の坊さんは、霊能者が多いからねー。

最近、ある霊能者が中国へ行ったら、不浄霊が多くて大変だったと話していた。
文化大革命などで葬送儀礼が徹底的に破壊されて、今の中国には葬式がないらしい。
まあ、こういう話を眉唾と取ることもできるし、何かの参考にすることもできる罠。

>>251
昔からの檀信徒だと数万円で済む寺もあるようだけど
ウチの菩提寺なんか院号で200万取られたという噂を聞いたナー。
理由は信徒会館建設のお布施を含んでいたというのだが、バーローな話だ。

265 :名無しさん@1周年:02/12/09 20:12
檀家なら建設のための献金も仕方ないけど、強制しちゃいかんな。キリスト教会も2000年問題であちこち建て直しだったけど、強制的な献金はなかったな。
山口百恵はDQNだったんだな。。。ってバブル期においしい思いをした年代のかたですね(謎。

266 :名無しさん@1周年:02/12/09 20:16
 寺を建てたわけでもないのに200万で院号貰えるなんて、安い話じゃないか。
何寝惚けたこと言ってんだ。

267 :名無しさん@1周年:02/12/09 20:26
 寺を建てるための適正価格をふっかけて、結局巻上げられなくて貧乏する、
というのが本来の姿だと思うが、払えんこともないギリギリ高額をふっかけて
くるあたりが、姑息といえば姑息だろう。

268 :名無しさん@1周年:02/12/09 20:28
 その適正価格とやらを貰っちまったら、寺を新たに建てる義務も
生じるような気が・・・このケースでは結局坊さんは儲からない。

269 :264:02/12/09 21:14
いや、それがさ、伯母Aの葬儀でうちのオヤジが「いかほどお包みしませうか?」
と何度尋ねても「ご随意に」としか坊さんは答えない。
そうこうしているうちに、それとなく信徒会館の話をするワケ。
そうしたら、対面を気にする伯母Bが「みっともないから」って払ってしまったのよ。

なんだかなー、年輩の人の、お寺さんに恥ずかしいことはできない
という気持ちを利用されたような気がしたのと、
お調子者風情で話を合わせて営業スマイルする坊さんの姿を見て
「をいをい」と思ったの、漏れは。

あと、個人的には、平生篤志家だったわけでもなし、信仰が篤かったわけでもなし
なのに院号にしてしまうココロが理解できないんだよなー。

270 :名無しさん@1周年:02/12/09 21:18
院号に何の価値もないけど。
お経ちゃんと読んだことあるの?
ダンマパダとかスッタニパータとか。

271 :名無しさん@1周年:02/12/09 22:00
仏教では結婚式ないの? それとも知ってる人がいないから答えられないのかな?

272 :名無しさん@1周年:02/12/09 22:18
あったと思うが。確か、『ほんまもん』でやってたぞ。

273 :名無しさん@1周年:02/12/09 22:24
>>271
 仏前結婚式一例
 ttp://www8.plala.or.jp/rikan/

274 :名無しさん@1周年:02/12/09 23:02
質問です。
仏教では、万物を創造したもうた神みたいな存在は誰なのですか?

275 :名無しさん@1周年:02/12/09 23:12
>274
知らん。
で済まされる。

276 :名無しさん@1周年:02/12/09 23:48
>>274
ブラフマンでは?

277 :名無しさん@1周年:02/12/10 00:02
ブラフマーは梵天、であってたかナー?

278 :名無しさん@1周年:02/12/10 00:57
>>274-277
ブラフマーは梵天ですよ。創造神。
ヴィシュヌが世界を維持する神で、仏教では・・・わすれた。
シヴァが破壊神で仏教では他化自在天ていう名前。
どれもヒンドゥーから取り入れられた神。

279 :妊娠 中絶:02/12/10 01:08
クリスマス・イブ、神を冒涜し続けることは、やめてくれ〜〜〜〜〜〜。

280 :名無しさん@1周年:02/12/10 01:27
性夜 or 精夜

281 :名無しさん@1周年:02/12/10 19:41
>274
仏教においては創造神は存在しません。


282 :名無しさん@1周年:02/12/10 19:53
ヒンドゥーでは仏陀もビシュヌの化身にされてたかナー。イソチキな教えを広める為に、とかなんとかナー。
『説法の要請』から観ると、それも面白かったりもするナー。


283 :名無しさん@1周年:02/12/10 20:01
頼みに来たの、梵天だったんだナー。忘れてたナー。もう一回読んでみるかナー。

284 :名無しさん@1周年:02/12/11 01:18
すべての事にとらわれるな、が基本みたいだから、
神の名前も方便(ウソ)の一つで、実際はどーでもいいんじゃないか?

霊魂不説(霊魂は説かず)
幽霊とか神秘の力なんか知らん、だったっけ?
とりあえず釈迦は霊能力ゼロ。
ま、そこがいいんだけどね。

285 :名無しさん@1周年:02/12/11 04:42
うーんと、では創造者がないとするということは、仏教では、現実とは、
心の中で起こっている夢のようなものだとでも言うのでしょうか?

286 :名無しさん@1周年:02/12/11 09:03
>>285
知らないけど、もしかしたらそうかもしれないね。
仏教は人を見て法を説く(方便)から、
多神教を信じてる人には、その人にあわせた救いを、
一神教を信じてる人には、その人にあわせた救いをするために、別々にお話を作ります。
でも、科学的な創造者(または創造現象)の確認は科学者にまかせます。

287 :名無しさん@1周年:02/12/11 18:15
パーリ語経典も、まあ、福音書みたいなもんだと漏れは思うがナー。
物語に仮託して表現しようとした何か、であってナー。

288 :名無しさん@1周年:02/12/11 18:54
>>285
夢の如し、幻の如し、響きの如し。
と書いてある。

289 :名無しさん@1周年:02/12/11 19:17
>>286
仏教が方便だということは、
「この世は方便の世」と認めているのかな。
各人がそれぞれの世の中を見てその中に生きている、
というような観念を持っているのでしょうか、仏教って。

290 :名無しさん@1周年:02/12/12 07:38
>>289
そうですね。
各人がそれぞれの世の中を見てその中に生きている、
という話は考えさせられますね。
方便だから仏教はよく分からない、って人がいることも事実ですけどね。

釈迦は人それぞれに応じた教えを説いていたようなので、
経典を見ると、中には矛盾した話がある事はよく知られていますよね。
釈迦が教えを書物として残さなかったのは、
矛盾する話を書き残しても、後世の人々が混乱するだけだから、
という説を聞いた事があります。本当かどうか知りませんけどね。

ただ、仏教では解決できない悩みに苦しむ人を救う方法として、
神様に祈ったり、御先祖様の霊にすがったり、
ましてや霊験あらたかと称するなにがしかを売って悪霊を祓い問題を解決する、
なんて事はしませんし、それは仏教ではありませんね。
だから仏教は無力だ、と思ってしまう人がいる事も分かる気はするんですけどね…
人の心は弱いですからね。

291 :名無しさん@1周年:02/12/13 22:06
http://page5.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/e19731871
すみません、わかる方、この尊像名を教えてください。

292 :名無しさん@1周年:02/12/15 22:57
親鸞会の人が言っていたんだけど、全ての人間は煩悩を捨てきれないのだって。
お釈迦様も煩悩を捨てて悟りを開いたって言われるけど、結局は、何かを食べて、寝て暮らしていたわけだよね。
食って寝なきゃ、餓死して、何十年も生き続けれるはずがないし。

だから、仏典の大半を占めている聖道仏教は方便で、浄土仏教のみが人間を救われると・・・・。

やはり親鸞会の言っている事がただしいのかな?

293 :名無しさん@1周年:02/12/15 23:09
氏にゃあ良いってもんでもないからナー。

「すべてよし」の「よし」を勘違いする人も多いかもナー。

294 :名無しさん@1周年:02/12/15 23:53
僕の知っているある宗教では、
現世で良い行いをすれば来世幸せな人生を送れるようになり、
現世で悪い行いをすれば来世不幸な人生になり、
現世で幸せな人生なのは現世での行いの良し悪しももちろん関係あるが、
前世で良い行いをしたからでもあり、
現世で不幸な人生なのは前世で悪い行いをしたからでもある、
というふうに現世での幸せや不幸は前世での行いも関係がある
というようなことをいうんですが、
仏教でもこのような考え方はありますか?
教えて下さい。お願いします。

295 :髑髏仮面 ◆8Z1PfzdK1. :02/12/16 05:22
>>294
>仏教でもこのような考え方はありますか?

これは全くありません。
仏教ではむしろ、来世があろうがなかろうが重要でない。意味がない。に行き着くかと思う。
人間とは何ぞや?
生きるとは何ぞや?
これを問うておるのが仏教。
この答えを見出したら、やがて来世云々の迷いは氷解するやに思ふ。

296 :髑髏仮面 ◆8Z1PfzdK1. :02/12/16 05:27
>>294
仏教宗派によっても見方が違うかもしれません。
私の立場は、禅宗系無宗派です。

297 :名無しさん@1周年:02/12/16 05:28
淡交デスカ?

298 :髑髏仮面 ◆8Z1PfzdK1. :02/12/16 05:34
何だ?淡交つーのは?


299 :名無しさん@1周年:02/12/16 07:52
>>292
>お釈迦様も煩悩を捨てて悟りを開いたって言われるけど、結局は、何かを食べて、寝て暮らしていたわけだよね。

食うとか寝るとかは煩悩ではないです。
また浄土仏教で救われる人でも、結局は、何かを食べて、寝て暮らしていくわけですから、その親鸞会の理屈はおかしいですね。

300 :名無しさん@1周年:02/12/16 08:32
>>297
髑髏なんだから、淫交に決まってんじゃんか!

こらッ、髑髏! こんなところで油売ってんじゃねーぞー!

301 :名無しさん@1周年:02/12/16 08:34
>>299
いや、親鸞会の人が言うには、あらゆる人間は煩悩を捨て切れない・・・。
そのようなどうしようもない人間でも救ってくれるのが唯一、阿弥陀仏なんだって。
お釈迦様も阿弥陀仏によって救われたと。

食うとか寝るとかは煩悩ではないと言いますが、煩悩です。
これは仏教素人の自分でもわかります。
色欲、財欲、名誉欲、睡眠欲、食欲。これらは全て煩悩ですからね。

俺がただ知りたいのは、お釈迦様はどうやって悟りを開かれたのか、ということ。

もっとまともな答えをよろしく。

302 :ローシズキ ◆feLzG9M386 :02/12/16 10:45
>>301
大雑把に言うと、欲望に固執することがよくないわけです。
欲望のままに生きるのは勿論、逆に必死になって欲望を排除しようとするのも
執着です(枯木寒巌【こぼくかんがん】)。求めるべきは中道かと。

ただ、通常、人は欲望に突っ走る傾向が強いため、中道に向かわせるために
あえて欲望を排除せよと説く場合が多くなっているだけです。
欲望=悪ということではありません。

303 :ローシズキ ◆feLzG9M386 :02/12/16 10:55
>>301
大悟・小悟のきっかけは人それぞれです。阿弥陀仏による人もいれば
いわしの頭による人もいます。
これ以外は駄目という姿勢は、どうかと思いますが。

304 :294:02/12/16 17:39
>>296
髑髏仮面さんレスありがとうございます。
キリスト教では前世があるとか来世があるとかそういうことを言わないらしいので、
>>296のようなことは当てはまらないみたいなんです。
やっぱりそんなことをいうのは僕の知っているある宗教だけかなぁと思っています。

でも仏教の他の宗派の考え方も聞きたいんで禅宗以外の宗派の人で
>>294の質問によかったら答えてくれませんか?
お願いします。

305 :名無しさん@1周年:02/12/16 18:48
>>302,303
ありがと。
俺は別に親鸞会員じゃないし、浄土仏教の教えが一番だとも思っていない。
ただ、仏教にもいろいろな宗派があるから、どれが真実なのかという事を純粋に知りたい。

欲望に固執しないという生き方、難しいなーー。
どんな生き方しても、結局、固執しているような気がしてしまう・・。

でも、参考になるレス、ありがと。



306 :ローシズキ ◆feLzG9M386 :02/12/16 19:44
>>305
303で書いた「これ以外は駄目という姿勢」というのは305さんのことじゃないです。
浄土仏教以外は駄目って言われた方のことですんで。

どの宗派が真実かというより、305さんに合った宗派…というか仏教以外の宗教でも
思想でもいいんですが…を探されてはいかがでしょう。
図書館とかで、いろんなタイプの宗教・宗派・思想などの本をさらさらっとご覧になれば
ピンとくるものが見つかるかもしれません。お金かかりませんし。

307 :名無しさん@1周年:02/12/16 19:55
物欲、怒り、恐怖、権力欲、戦闘欲=業=道徳

睡眠欲、食欲、尿意、便意、愛欲、知的学習欲、安全欲=生理学(生きようとする自己保存本能)=現象

308 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

309 :名無しさん@1周年:02/12/16 20:19


トリップ付きハン名5つ以上+名無しさん@1周年 のキャラクター多数持ってる人へ

私はどうしても必要なとき(まともに議論する気もないのにケチだけつける人がいる場合)
以外はハン名以外(名無しさん@1周年のみ)でのカキコはしません。
(その場合での「敵」への煽りは自分で自分に禁じています。)
そんなインチキで勝利しても充実感がないからです。

見る人が見れば(各キャラクターの出現タイミング、思考パターン、レス時間の間隔を分析)
同一人物だということはバレバレです。

自作自演は簡単なようでいて完全にこなすには高度な技術を必要とします。

310 :ローシズキ ◆feLzG9M386 :02/12/16 21:20
>>309
私のこと?だったら誤解ですよ。

311 :名無しさん@1周年:02/12/16 21:29
「左道派や雑密は仏教じゃない!」とかいうのもなんだかナー。

312 :名無しさん@1周年:02/12/16 21:33
漏れと>>310の人は同一人物なのかナー? アヒャヒャ





過剰反応してみたナー。

313 :名無しさん@1周年:02/12/16 21:37
>>309
後学のためにお尋ねしたい。
どれとどれが同一人物ですか?

314 :名無しさん@1周年:02/12/17 00:04

自分が自作自演してないのなら放置しろ。

とはいっても自作自演房が存在することは間違いないようだ。

ID制導入したほうがよいと思う。

315 :名無しさん@1周年:02/12/17 00:28
>>301氏へ

完全に煩悩とやらを捨てたという人間はキショイミイラにならざるをえない。(即身仏)

私は完全に煩悩を捨てないで皆を楽しませ、
自分も人生を楽しむ真のエンターテイナー、瀬戸内寂聴さんのほうがキショイミイラよりはるかに価値があると思う。

316 :名無しさん@1周年:02/12/17 02:02









自作自演房のすくつですか?ここは?





317 :ヌロイト:02/12/17 03:05



http://www.tennoji-h.oku.ed.jp/tennoji/syakai/rinnri/4gatu4.htm


こうしてたとえば、すきになってはならない人をすきになり、そのすきだということを意識化することがはばかられるような場合、
自我はすきだという感情を相手に投射して、わたしはすきではないのだが、「あの人がわたしをすきだというから」
という形でつきあうことを合理化したり、反転する際に感情価を逆転させて、「あの人はわたしをきらっている」からあの人をさけるのだと
口ではいいながら、接近したりというようなことがおこりえます。投射はその意味ではむしろ自己欺まんの機制だといってよく、
これがひどくなった場合には、自他の通常の境界がくずれ、被害妄想や迫害妄想などより深刻な精神病理へとつながっていくことになります。

















318 :名無しさん@1周年:02/12/17 03:28
これは、インドの思想家の言葉であるが、どの精神科医にも当てはまるだろう。
「無理に押さえつけるな、ぶちこわすな、他の人たちを踏みつけて、得意になるな。むしろ苦しんでいる人たちに慰めと力を与えよ」

hilty


319 :厨房:02/12/17 04:05
   ||
 Λ||Λ
( / ⌒ヽ
 | |   |
 ∪ 亅|
  | | |
  ∪∪
   :
   :

 ‐ニ三ニ‐

320 :名無しさん@1周年:02/12/17 05:28
>>316
すくつ?

ぎゃっはははははははは

321 :名無しさん@1周年:02/12/17 05:56
http://ime.nu/ime.nu/www.geocities.co.jp/Beautycare/8256/2002.5after.html
この人は救われますか

322 :名無しさん@1周年:02/12/17 08:41
>>309
この手のカキコは自作自演以上に迷惑だな

323 :名無しさん@1周年:02/12/17 12:19
>>320

そ う く つ ?

アヒャヒャヒャヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャヒャヒャ
アヒャヒャヒャヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャヒャヒャアヒャヒャヒャヒャ



矮小な一匹の贋金つくり師どもが遊んでいるのではなく弄んでいるスレはここですか?





324 :名無しさん@1周年:02/12/17 12:26
>>322


自作自演はこの手のカキコ以上に迷惑だな











325 :名無しさん@1周年:02/12/17 13:04
>>320 >>323
ヲイヲイ
こんな古典的なお遊びに痛い反応するなよ。
****************************************
●すくつ
「がいしゅつ」とほぼ似たような経緯で出来た用語。巣窟の読み間違い。
2000年2月頃、某板に「ココはドキュンのすくつだね」と書き込んだ人間がおり、「お前がドキュンだろ!」と叩かれまくったことから。
一部では今でも流行っているようだ
http://www.skipup.com/~niwatori/yougo/

326 :更紗:02/12/17 14:17
仏教では日常の健康維持のための運動の必要性について何か考え方があるのですか?
托鉢や生活を行う事が運動になるのかな?

327 :名無しさん@1周年:02/12/17 16:31
>326
所謂、ヨガや坐禅がそれに相当するでしょう。

328 :名無しさん@1周年:02/12/17 22:13
易筋行は座行長くやる坊さんの健康に作られた、とかなんとか何かに書いてあったナー

329 :名無しさん@1周年:02/12/17 23:40









            と、 自 作 自 演 氏 は 約 10 時 間 3 6 分 の 勝 利 を か み し め て い る の だ っ た。










330 :紫揚花:02/12/18 00:49
>>326氏(自作自演率62%)


>仏教では日常の健康維持のための運動の必要性について何か考え方があるのですか?
托鉢や生活を行う事が運動になるのかな?


運動と神経伝達物質には深い関係がある。神経伝達物質は感情をコントロールする。
運動=感情とも言える。僧侶の目的は言うまでもなく梵我一如に到達することだ。それ以外の目的を持っている
えらそうなハゲどもは単なる寄生虫に他ならない。
よって一般的に寺院や葬式で深刻そうな顔をして大金を騙し取るカスどもは僧侶ではない。

日本においては一般的には寄生虫が僧侶と呼ばれている。
(僧=梵 sagha の音訳「僧伽(そうぎや)」の略。)


331 :名無しさん@1周年:02/12/18 00:59
真の僧侶の目的である悟り(サマーディー=純粋意識=悟=ニルヴァーナ=オーム)に到達している状態は超越瞑想
(TM=Transecendental Meditation)と近い状態である、と偉大なるマハリシ・マヘーシュ・ヨーギは仮定している。

この状態に到達するのは以下の条件が必要となる。

@酸素消費量と二酸化炭素排出量の大幅な減少による深い休息

A呼吸数、分時換気量、心拍数の大幅な低下

B皮膚電気抵抗値が急激に増大(これは深いくつろぎ状態を意味する。)

C動脈血の酸素分圧と二酸化炭素分圧、酸塩基平衡、血圧などの安定性が示すように、重要な生理機能は維持されている状態。
(ただし、常に血圧は低い値)

D動脈血中の乳酸濃度の減少。

E脳波の変化は前頭部と頭頂部でアルファ波とシータ波が増大しており、これは深い休息にありながら目覚めた機敏さを示す状態を示唆。



この状態に達するためには健康維持のための運動が絶対必要不可欠なものになる。
彼等は経験的にこのことを知っていたのだろう。

332 :ノコヤマヨック:02/12/18 01:29
セクシーセディー(The Beatles)で
おねえちゃんと愛〜のイニシエ〜ションを世界中に
公表されちゃったン十年前の元祖・麻原さん
を持ち出しちゃっても・・・
                          ひょっとして、サイババさんですか?(鬱

333 :名無しさん@1周年:02/12/18 01:32
>>332
私は麻原を評価しているが?なにか?

334 :333:02/12/18 12:59
ついでにサイババの活動もインドにおいては意義の方が大きいと見なしている。

335 :右翼:02/12/18 13:22
ダイニッポンテーコクは、野蛮な亜細亜を開発してやったんだっ!
評価されることはあっても、謝る必要なし!

336 :名無しさん@1周年:02/12/18 20:39
墓地とか霊園に行くとよく「〜之墓」と墓石に書いてあります。
見れば分かる思うのですが、なぜわざわざ、之墓、と書くのですか。
そこは墓地や霊園なのにね。

337 :髑髏仮面 ◆8Z1PfzdK1. :02/12/18 21:31
>>336
「墓」と書くから、墓としての値打ちがある。

形の悪い野菜を「不良品」とレッテル付けるとグッと値打ちが下がるが、
「B級合格」とレッテル貼ると値打ちが上がる。

DQN坊主でも、袈裟を着ればグッと値打ちがあがる。
中身はさして問題にならない。


338 :名無しさん@1周年:02/12/18 22:42
>>337 答えになっていない。
りんごばかり売っている八百屋ならりんごに「りんご」と札は貼らないだろう。
みかんも売っているから、りんごに「りんご」と札を貼る。

しかしなかなか難しい問題である。戒名の書いてある墓には「之墓」とは書い
てない。なら「先祖代々」でよいかと思うと「先祖代々之墓」と書いたりする。
外国の方は「之墓」とは書かないようである。
結局、慣習ということになる。

339 :名無しさん@1周年:02/12/19 19:42
キリスト教@質問箱はもう24なのに、
なんでここは5なんですか?

340 :ネタ ◆KFdl8BIq36 :02/12/19 19:46
>墓地とか霊園に行くとよく「〜之墓」と墓石に書いてあります。
見れば分かる思うのですが、なぜわざわざ、之墓、と書くのですか。
そこは墓地や霊園なのにね。


なんか文が名前欄になって文字が緑色に見えるのですが?
なんでなんですか?

341 :名無しさん@1周年:02/12/19 22:19
>>339
ここはロクな質問がないし、ロクな回答がない。
少しはキリスト教を見習って欲しい。

オマエモナー

342 :髑髏仮面 ◆8Z1PfzdK1. :02/12/20 06:23
現象に囚われる、人間の「はかなさ」を言うておるんだが・・・分からんか?
深い意味を込めてまつ。

まあ、分からんでもイイけど。

343 :名無しさん@1周年:02/12/20 07:24
自分で表現できてもいないことを解れと言われてもな。

344 :髑髏仮面 ◆8Z1PfzdK1. :02/12/20 08:38
分からんでも生きていける。
執着することなかれ。

345 :名無しさん@1周年:02/12/20 09:05
哀れな奴らじゃ衲

346 :名無しさん@1周年:02/12/20 09:13
みんな!
しゃーりーぷったーと秘密の部屋もうみた?感想きぼーん!

347 :名無しさん@1周年:02/12/20 09:24
ここは民族学的質問が多い。
日本では日本の仏教が一般的な仏教だと思ってる香具師が多いからかな。

348 :名無しさん@1周年:02/12/20 09:26
>347
当たり前だろ、ココは日本。
他所では他所の仏教が一般的。

349 :名無しさん@1周年:02/12/20 09:58
外道仏教が一般的(はぁと

350 :名無しさん@1周年:02/12/20 11:31
>349
それって空集合じゃないか。

351 :名無しさん@1周年:02/12/20 11:39
それもまた真なり。

352 :ネタ ◆KFdl8BIq36 :02/12/20 12:52


分からんかったら生きていけぬ。
執着しろ。









353 :名無しさん@1周年:02/12/20 17:08
ホントに哀れな奴等じゃ衲

354 :名無しさん@1周年:02/12/21 18:34
あげてやるよ!

355 :名無しさん@1周年:02/12/21 18:35
あげ

356 :名無しさん@1周年:02/12/21 23:43
age

357 :名無しさん@1周年:02/12/22 01:09
寺と神社ってなにがちがうの?

358 :名無しさん@1周年:02/12/22 12:32
いろいろ違いますな。

359 :名無しさん@1周年:02/12/22 21:45
仏教をわかりやすく解説してくれるHP、ご存じありませんか?

360 :名無しさん@1周年:02/12/23 23:50
http://cafe.gaiax.com/home/dasein

ここ。
今なにか画像の調子がおかしいが、ここの管理人に聞けばいいサイトを教えてくれるのではなかろうか。
掲示板には書き込めるみたい。
個人的にはあまり好かないサイトではあるが、、、。

361 : ◆ks2Xw1nUz6 :02/12/24 00:18
>>360
元2ちゃんねらー加護チャンです☆のサイトじゃないか
・・・男だったんだもんなー・・・ガカーリダターヨ・・・
もうロムってないのかな・・・加護タン・・・

よって、加護age

362 :加護♂ ◆/mNQBn2aSs :02/12/24 01:41
>>360(361??)
訪問ありがとう。
・・・うーむ、久々のカキコである。
>>359
たとえば、これなんかは?
http://www.kosaiji.org/Buddhism/


363 :359:02/12/24 15:47
おお、レスがついてる!
360さん、加護♂ さん、どうもありがとうございました。のぞいてみます。


364 :名無しさん@1周年:02/12/24 16:41
>>318

宝石の言葉

365 :加護♂ ◆/mNQBn2aSs :02/12/25 04:39
>>357
中途半端な煽りかマジかわかんないけど・・。
神社は神道で、寺は仏教。
烏帽子かぶった神主がいて巫女さんがいて、お祓いやってるのが神道ね。
坊主がいて巫女さんがいなくて、火を焚いたり仏像を拝んだりしてんのが仏教。

366 :名無しさん@1周年:02/12/26 00:37
宇宙即我と梵我一如の違いを教えてください。

367 :名無しさん@1周年:02/12/26 21:31
同じです

368 :加護♂ ◆/mNQBn2aSs :02/12/27 00:29
ブラフマンと宇宙を完全な=で結んでいいのですか?

369 :名無しさん@1周年:02/12/27 01:29
では我の意味合いも違うと?

370 :名無しさん@1周年:02/12/27 01:41
微妙に意味が違うな。ブラフマンはアートマンではないからね。

371 :名無しさん@1周年:02/12/27 08:48
微妙じゃわからん

372 :367:02/12/27 21:30
>>368
ブラフマンは宇宙の根本原理です。
もし=で結べないと言うのなら反証してください。

>>370
畢竟ブラフマンはアートマンです。

373 :名無しさん@1周年:02/12/27 22:42
宇宙即我って仏教なの?

374 :加護♂ ◆/mNQBn2aSs :02/12/27 23:22
>>372
別にダメとは言ってないけれど。いや、「宇宙」って、どういう定義でその単語を使っているのかと考えただけです。
でも、宇宙「の」根本原理=ブラフマンであるならば、根本原理=ブラフマンではあっても、宇宙=ブラフマンにはなってませんが。
『AのB』と『AはB』というのは、一緒なんですか?
真理はともかく、

>もし=で結べないと言うのなら反証してください。

というのは、文章的には変ですよ。
宇宙って、何でしょう・・・?


375 :名無しさん@1周年:02/12/27 23:25
てゆーか、梵我一如とは、まるで宇宙と我が一つになった状態を言うのであって、常に(悟る前から)宇宙が我であるという意味ではないよ。 
我あり(アートマン)という念いを滅しなければ、その境地に辿り着くことはできない。

376 :加護♂ ◆/mNQBn2aSs :02/12/27 23:29
アートマンは常に「ある」と思うのですが。

377 :367:02/12/28 01:19
>>734
意外と理屈っぽい人ですね(w
宇宙とは、全てを包括する空間だ、と手元の辞書にあります。
ブラフマンは宇宙を創造し構成する根本原理ですね。
宇宙即我の宇宙とは、このブラフマンを指します。
本覚も如来蔵も所詮はバラモンの教えの変形にすぎません。

>>375
冬厨はお帰りなさいな。

378 :名無しさん@1周年:02/12/28 02:05
>>377
釈尊の如来に至る道は嘘だということになるな。

379 :名無しさん@1周年:02/12/28 09:05
>>378
なにが釈尊の教えだかちゃんと考えた方がよろしいかと。

380 :名無しさん@1周年:02/12/28 21:23
>377
「概ね同一である」のと「完全に同一である」ことは違う。
>374.375は「完全に同一で」ない
と述べているのに対して、>377は「概ね同一である」という主張を
繰り広げているようにしかみえない。

それと
>意外と理屈っぽい人ですね(w
ここは初心者向け質問スレなので、論理的にせつめいする事が大切です。


381 :名無しさん@1周年:02/12/28 21:29
>>379
あなたの方こそ何が釈尊の教えかもう一度勉強されたほうがよろしいかと。

382 :名無しさん@1周年:02/12/28 21:33
まぁ、悟りは理解とは違いますけどね。
いくら勉強したところで悟りを得ることは出来ないでしょうが。

383 :名無しさん@1周年:02/12/28 21:37
まあまあ、マターリ往きましょうや

384 :名無しさん@1周年:02/12/28 21:44
そうですね。

385 :名無しさん@1周年:02/12/28 22:05
>>380
>ここは初心者向け質問スレなので、論理的にせつめいする事が大切です。
全く同意します。
ではもう一回簡単に言いますね。

「宇宙即我」と「梵我一如」は同じことを異なった表現で述べているに過ぎません。

ついでに言えば、宇宙即我は如来蔵思想と密接に関連しているのはご存知のとおりです。
よって如来蔵思想は、釈尊の排したアートマンを主張する外道の思想です。
これは、中国を経由して日本に根付いた仏教が持つ根本的な問題です。

どうです?あなたにもわかりやすかったでしょう。

386 :367:02/12/28 22:06
上は367です。

387 :367:02/12/28 22:10
>>378
>釈尊の如来に至る道は嘘だということになるな。
釈尊の如来に至る道は梵我一如ではありません。
お勉強しなさい。

388 :              :02/12/28 22:11
>>385


釈迦が何時アートマンを排した?

389 :名無しさん@1周年:02/12/28 22:24
>>387
私がいつ梵我一如が悟りに至る道といいましたか?
梵我一如が何であるかは悟ってみれば分かることです。

390 :くろしろ ◆Mi0a.9Ms2A :02/12/28 22:25
過去に断見で教えた教派ってありますか?

391 :367:02/12/28 22:28
>>388
普遍の実体であるアートマンは存在しない、もしくはアートマンに囚われないこと。
あなたは無我を知らない冬厨なのか?
それとも、初期仏教において釈尊がアートマンを否定していないことを論証できるヒトなのか?
後者であることを強く期待します。

392 :367:02/12/28 22:29
>>389
ごめんなさい。
あなたを相手にするのはもう止しますね。
がんばって悟ってください。

393 :名無しさん@1周年:02/12/28 22:32
>>391
アートマンに囚われないこと?
馬鹿も甚だしいことを言う。
アートマンに気づくために無我になる。
実体験をしてない厨はイタイな……

394 :くろしろ ◆Mi0a.9Ms2A :02/12/28 22:38
>>393
の負けです。
                お終い

395 :名無しさん@1周年:02/12/28 22:39
>>394
なんで?

396 :名無しさん@1周年:02/12/28 22:41
二人とも議論の礎が違うよ。アートマンの意義を定義したほうがいいな。
アートマン(梵我一如)に気付く為に無我になると、梵我一如に気付くためにアートマン(自我故に我あり)を否定。

397 :くろしろ ◆Mi0a.9Ms2A :02/12/28 22:46
>>395
諸法無我って知ってますか?この我ってアートマンのことです。
釈迦はこのアートマンを否定してます。
アートマンがあるといつまでも輪廻の常見
釈迦が説いたのは正見といってアートマン否定の輪廻
つまり解脱できる輪廻。

でも正しいのは死後が無い断見。w


398 :名無しさん@1周年:02/12/28 22:48
自己の見解に固執するは迷妄なり。

399 :名無しさん@1周年:02/12/28 22:54
あなたが今思っている我というものが真の我ですか?
一旦我を否定してみることは道です。
そうすることでアートマンが明確になってくるけれども、
そこから先のことは書物に書かれてない。
話は当然かみ合わなくなる。

400 :名無しさん@1周年:02/12/28 22:59
初期の仏教には「神」とかいう類の概念が無いって本当?

401 :くろしろ ◆Mi0a.9Ms2A :02/12/28 23:00
>>399
正当な仏教じゃないようですね。
それはそれでいいんじゃないんですか?
宗教なんていろんなもののちゃんぽんですからね。

ところで、断見を解いた派というのは無いのですか?

402 :400:02/12/28 23:03
それとも「諸行無常」とか「空」とかいうゼロの概念を
「神」のような絶対的なものとしてきたんですか?

403 :くろしろ ◆Mi0a.9Ms2A :02/12/28 23:07
空は全ては縁であるってことでゼロとはちょっと違うじょ。

404 :名無しさん@1周年:02/12/28 23:13
>>401
断見説いたのは唯物論者ぐらいじゃないかな。

405 :くろしろ ◆Mi0a.9Ms2A :02/12/28 23:15
>>404
やっぱ俺の断見教は仏教とは相容れぬものがあるのか。
まあ、やもなし。

406 :名無しさん@1周年:02/12/28 23:30
みんなの力で池田大作を一番にしましょう!
毎日投票しよう。
もちろん本番の選挙でも公明党以外に必ず投票しよう。
http://www.amiva.com/an/vote001/tvote.cgi?event=001&show=all



407 :名無しさん@1周年:02/12/28 23:36
如来蔵ってなんですか。
どの宗派に関係あるんですか。

408 :名無しさん@1周年:02/12/28 23:47
全くの門外漢でこの板に始めて来ました。
死ぬほどよくある質問だと思うんですが教えてくれれば幸い。

親友が某政権与党の宗教団体に入ってしまって私の理解を超える行動を始めました・・・
別にそれを否定する気は無いのですが・・・
私は今までずっと西洋思想(現象学とか)一辺倒で仏教自体の定義すら知らないので
議論さえできないです。
それで少し勉強してみようと本を読んでみたんですが名前の付いた神とかって
どうも白けてしまいます。
こんな自分でも仏教の思想が「学術的、論理的」に分かるお勧めの本やsiteが
あれば教えてください。英語でもokです。
本の読み方としては
原始仏教→仏教史→日本の各宗派の仏教みたいな感じでいいんでしょうか?

409 :名無しさん@1周年:02/12/29 00:45
ちょっとサボってる間に凄いことになってるな・・・

>407
如来蔵というのは端的に言えば、
人間から煩悩を剥ぎ取れば如来であるという思想。
これは仏教本来の思想からすれば異端。

法華経にも、その思想の萌芽が見られるが
華厳経で、はっきりと表れてくる。

ほぼ全ての宗派が影響を受けていると考えてよい。
というよりも、日本仏教の根底に流れている思想の一つだろう。

410 :名無しさん@1周年:02/12/29 00:50
>>409
原始仏教と如来蔵思想について解説して。

411 :名無しさん@1周年:02/12/29 00:52
>408
ひろさちや氏や中村元氏の著作を勧めておく。

原始仏教から始めるとかえって混乱するだろうから、
日本仏教史から、各宗派の思想で十分だろう。

412 :名無しさん@1周年:02/12/29 00:52
>>392
私にとってはとうの昔に悟りなどどうでもよくなりましたよ。

413 :名無しさん@1周年:02/12/29 00:57
原始仏教と日本の仏教とは別物だと思うのですが。

414 :名無しさん@1周年:02/12/29 00:59
>409
思いっ切り間違えたな。
華厳経でなく涅槃経じゃないか。
眠いときは最悪だな。

415 :名無しさん@1周年:02/12/29 01:01
>410
それの概説だけで一冊の本が書けるって。

416 :名無しさん@1周年:02/12/29 01:02
要約してくさい!

417 :名無しさん@1周年:02/12/29 01:02
>413
はい、その通りです。
本当に別物になってしまってます。

418 :名無しさん@1周年:02/12/29 01:04
外道仏教を勉強してもブッダの教えを悟ることは出来ないのでは?

419 :名無しさん@1周年:02/12/29 01:08
原始仏教と如来蔵思想を関連付けて説明できる人はこの世にいないでしょう。
原始仏教は如来蔵思想を含んでいないのだから。

420 :名無しさん@1周年:02/12/29 01:11
>418
外道仏教と言うのは言い過ぎかもしれんが
確かに、仏陀そのものの悟りは得られないだろう。
また、そのままの悟りで現代人が救われるとも思えぬ。

>419
そりゃそうでしょうな。
関連付けては無理でしょう。

421 :名無しさん@1周年:02/12/29 07:21
じゃ、如来蔵の成立過程を教えてください

422 :髑髏仮面 ◆8Z1PfzdK1. :02/12/29 08:16
「森羅万象如来の当体」ちゅう言い方ひとつでも捉えかたはマチマチ。
般若心経だけの人と、チョッと法華経のほうに進んだ人でも考えかたが違ってくる。
これも本来おかしなこと。
即心即仏⇔非心非仏。
ようは、仏典の読みかたひとつ。
咀嚼して読まねばなりますまい。




423 :名無しさん@1周年:02/12/29 08:20
どなたかに引用してもらいたかったが、仕方ないので自分で引用する。
次のような見解もある。


http://www.be.wakwak.com/~libra/082.htm

現に中村博士は、韻文経典の研究にもとづいて、

”初期仏教においては、アートマンを否認していないのみならず、アートマンを積極的に承認している(21)。”

と述べられ、原始仏教においては、アートマンの存在を否認する意味での
「無我説」、すなわち、後代の仏教徒によって明瞭に説かれることになる
「無我説」はまだ説かれておらず、単にこれこれのものはアートマンで
はない"という意味での「非我説」しか説かれていなかったと論じておられる。



424 :367:02/12/29 08:22
です。

425 :名無しさん@1周年:02/12/29 08:23
>>423
厨房にこーゆー当然のことを説明するのも面倒だったかと思います。
ご苦労様。

426 :名無しさん@1周年:02/12/29 11:17
>>425
増長慢も甚だしいですね。
>>1の趣旨を考えてください。
迷妄の徒さん。

427 :名無しさん@1周年:02/12/29 11:47
>>405
>やっぱ俺の断見教は仏教とは相容れぬものがあるのか。
>まあ、やもなし。

けっこうロムってるんだけど、めずらしく神妙な応答だね
その次点で、君は声聞にも成り得るんだよ 分かるか?
幅広く知識を取り入れ、それを吟味していく
他力とは、法を帰依処とし、我見でなく真理に目を向けること
自力とは、他者でなく自己を帰依処とし、自己の経験や判断を根拠に真理を
吟味咀嚼すること
双方は対立するものではなく、相乗的に補い合うものだ
このような内的思索の道を→ジュニアーナヨーガという


428 :名無しさん@1周年:02/12/29 16:41
やはり、最後は言葉の限界にぶつかるのが言語による仏教の定め。
後は不立文字しかあるまいて。

429 :名無しさん@1周年:02/12/29 17:57
しかし、言葉の限界とか不立文字を最初に想定してしまえば、
それは我になってしまう


430 :名無しさん@1周年:02/12/30 00:09
>>425
>厨房にこーゆー当然のことを説明するのも面倒だったかと思います。
・・・面倒だったかと思います・・・
・・・だったかと思います・・・
・・・かと思います・・・

なんだよ、髑髏じゃんかp

>>426
髑髏をかまうあなたの心も髑髏です。
ああ、私も・・・・

431 :名無しさん@1周年:02/12/30 01:29
>429
確かに。

微積分やったのなら少しは覚えているだろうけど、
あの限りなく近付けるという概念なんてどうだろう?

言葉は道具であり、
その向こうにあるものを感得するのに必要だ
ということを理解した上でなければ危ういな。

432 :髑髏仮面 ◆8Z1PfzdK1. :02/12/30 08:35
無自性

これがあるとき、かれがある。これが生ずるとき、かれが生ずる。
これがないとき、かれがない。これが滅するとき、かれが滅する。


433 :【寺寺寺寺】:02/12/30 11:12
いい年して女いない寺のぼーさんって門徒が結婚相手探してきて見合い、っつーか見合い
で同席するところまでこぎつけたときは決まった結婚相手(好きな人いるとか
いうのはダメね)いないかぎりそのまま結婚、っていうもんらしいですね。
で、見合い相手も見合いの席についちゃったらもう断れないという話。

自分の場合、何度も見合い話断ってるのに門徒が何人かで来て両親とか親戚説得
とかされててブチキレてます。こっちはまだ結婚の段階までいってないけど好き
な人はいるんで邪魔されたくないです。

同級生で寺の娘いたけど、結婚式は着る物まで門徒が決めるような感じではたから
見てると不幸このうえない気がしましたが、長女だし寺を守るためだとか。
寺の人ってそこまでして寺守りたいわけー?

434 :名無しさん@1周年:02/12/30 21:57
>>423
ところで、無我説は後代の創作にすぎないなどという主張をするために、
中村氏をしばしば援用されていますが、無我説は後代の創作にすぎないと
いうのは、ここに明示されているように、中村氏の立場ではありません。
氏の立場は、「我、すなわち霊魂が実体として存在すると想定していた」
バラモン教の思想に対して、「ブッダはこれに反対し」た、という立場です。

http://www.j-world.com/usr/sakura/replies/buddhism/buddhism29.html

435 :名無しさん@1周年:02/12/30 23:47
>433
ま、利権に群がるのが凡人以下の性じゃて。
聖人賢者などお目にかかったことはないがな。

436 :名無しさん@1周年:02/12/30 23:54
Aというものが存在してBという定義を持つと仮定する。
さて、これを如何に否定するかだ。

Bの定義には触れずにAの不存在を示す。

Bの定義を持つAの不存在を示す。

こんな違いを争ってるような気がするんだが。

437 :【寺寺寺寺】:02/12/31 07:11
>435
冷静になってみると禿板違だったようですがレスありがとう。
私の場合も利権〜なんだろうか〜よーわかりませんが近所の神社、後継ぎ騒動
のあと、神主じゃない人がついだんで神社なんだけど神社じゃなくなったよ。
むらがっちゃだめよね。では。

438 :名無しさん@1周年:02/12/31 09:31
真宗坊主機関説とか。

439 :名無しさん@1周年:02/12/31 14:41
>>431
微積分なんて、大検受けるとき苦労したことは憶えているよ
意味も解らずに数式を丸暗記して、中身の概念を理解するなんてレベルじゃありません。


440 :名無しさん@1周年:02/12/31 16:51
>439
確かにアレは苦労したな。
文系なのに二次に数学あったんだよ。

それが駄目なら円周率で攻めてみるか。
円周率を求めるために円に内接するn角形と外接するn角形を考え
nを限りなく大きくしていけば限りなく円に近づくってやつ。

ぎりぎりまで言葉でがんばるけど
最後には跳躍が要るってことで。

441 :名無しさん@1周年:02/12/31 17:04
微積は原理さえ掴んでしまえば簡単だよ。
高校では絶対教えてくれないけどね。

442 :名無しさん@1周年:02/12/31 18:48
微分積分はもういいでしょう
よしんば、原理が掴めたにしても、それが思索にどう役立つというのか
最初から、それは抜きにしているもので

443 :名無しさん@1周年:03/01/01 05:22
原理が分かれば全て応用。
というよりも、応用出来ないのなら原理を求めないだろう。

444 :名無しさん@1周年:03/01/02 21:28
おめでとうございます。

私は東洋医学に関心を持つものです。
よく丹田というのを聞きますが、これを太陽神経叢のことだという説明を目にします。
しかし、調べてみるとそんな名前の神経叢は正式な医学用語にはないことがわかります。
もし丹田に対応する神経叢のことをご存知でしたらお教え願えませんでしょうか。


445 :風来牙 ◆Z9hAfLmXb. :03/01/03 11:17
>>444
太陽神経叢は、自律訓練法の本ではよく見かける用語です。
現在では腹腔神経叢とも呼ばれているそうです。

446 :名無しさん@1周年:03/01/03 13:37
ありがとう!感謝です。

腹腔神経叢は腹腔動脈、上腸間膜動脈の基部にある神経叢で、
最も発達のよい自律神経叢である。左側は脾動脈の背側、
右側は下大静脈の背側にある。左右両側に神経節、
すなわち腹腔神経節をもつ。
副交感神経系は後側の迷走神経本幹からの入力を受け、
交感神経系は第4〜11の胸神経節からの胸内臓神経(主に大内臓神経)
からの入力を受ける。下位結腸を除くすべての腹腔内臓器を支配する。

447 :名無しさん@1周年:03/01/03 19:06
>>445
んで、その腹腔神経叢ってホントに臍下三寸にボール状にあったりするの?
教えて君でスマソ

448 :風来牙 ◆Z9hAfLmXb. :03/01/04 00:54
>>447
んなこたーない。
なお、太陽神経叢というのは形状に由来する名称らしい。

449 :名無しさん@1周年:03/01/04 01:13
>>448
おなかのどこらへんにあるんですか?

450 :誘われ中:03/01/04 21:04
誰かおしててください


質問A またまた質問です 日寛上人の読み方は、ふりがな教えて
回答A日寛上人(にっかんしょうにん)と読みます。
質門B 日寛上人(にっかんしょうにん)と読みます。だれがそうよんでいるんですか?
回答なし

451 :名無しさん@1周年:03/01/04 21:14
>>449
ヘソの下10cm

452 :名無しさん@1周年:03/01/04 22:34
>>451
丹田と一緒?

453 :名無しさん@1周年:03/01/04 22:35
>>451
臍の真裏、指二本分って書いてあるとこみたことあるぞ?

454 :名無しさん@1周年:03/01/05 12:19
>450
そんな詰まらんこと知らんでよろしい
黙って般若心経読みなさい

455 :初心者:03/01/06 07:00
宗派によって大分違うのでしょうけど
お坊さんの必要条件ってなんですか?
(髪は自由みたいですね)

456 :名無しさん@1周年:03/01/06 08:27
宗派によってかなり、ちがうから、まずその宗派の事を調べてみることじゃない?<455
今の仏教はブッダの教えとは結構ずれがあるみたいだけど・・・。

457 :名無しさん@1周年:03/01/06 18:03
質問です。
日蓮展は逝っておいた方が良いですか。
スルーしたほうが良いですか。

458 :名無しさん@1周年:03/01/06 20:33

虫するのが最善です

459 :初心者:03/01/07 09:17
遅くなりましたけどお返事ありがとうございました。<456の方
今の世の中でお葬式以外にお坊さんってどんな意義があるのかなあと
失礼ながら思っていたものですから、、確かに各宗派違うと思うので
無謀でしたね

460 :元信者:03/01/07 14:31
坊さんじゃないから、わかんないけど、現在の日本仏教は
供養してお金もらう商売みたくなってて、原始仏典でブッダが言われた事とは
違うような気がする。なかには凄い聖者もいるかもしれないけど。
お坊さんになりたいなら、まず原始仏典を読んでブッダの言われた事と
現在の日本の仏教(供養を主にしているような)の違いを知ってからのほうがいいと思う
良くない考えだけど、商売ならお坊さんっていい商売になるね。
そういう人って案外少なくないかも!?

461 :正見:03/01/07 14:53
お坊さんたちを葬儀社さんの一員と見てあげましょう!

462 :初心者:03/01/07 20:55
タイのような仏教国じゃないので乞食等も難しいのでしょうね
修行もいいけど餓死してしまったら何にもならないんですよね。
盛んに商売して子供もいっぱいいるような僧侶を在家と
呼ぶんでしたよね

463 :名無しさん@1周年:03/01/07 21:03
>>462
「鍋島直樹」で検索シル!!



464 :名無しさん@1周年:03/01/08 02:26
仏教は霊の存在を認めてないですよね? 日本では土着の怨霊信仰?と融合し、「供養」したりしてますが、
インド、チベット とかではどうなんでしょうか? また、もっとも仏教が栄えているところは何処でしょうか?


465 :名無しさん@1周年:03/01/08 02:46
>>464
「鍋島直樹」で検索シル!!

466 :名無しさん@1周年:03/01/08 09:54
>>464
氏ね

467 :名無しさん@1周年:03/01/08 10:24
(;´Д`)ハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァ









ちんちん揉み揉み〜〜〜

468 :元信者:03/01/09 16:44
<<464 
仏教っていうかブッダは完全に霊の存在はないって言ってるんじゃなくて
霊、または魂はあるのか、霊または魂はないのか?とかそういうのは
悟るためには必要ないみたいに言って黙秘しただけでしょ?
さらに、「その故にブッダはその事を説かなかったと書いておけ!」みたいな
事も言ってたんじゃないの?


469 :名無しさん@1周年:03/01/11 06:38
霊も何も、仏陀の悟りを得るには関係の無いこと。
関係の無いことを論ずる必要などなし。
それ故、無いと断言した方が悟りの機縁となるのだ。

470 :こんにちわ:03/01/11 12:53
最近歎異抄を読むようになったほんのひよっこです。
釈迦は、畑を耕している時、自分のもっていた鍬についたミミズを
飛んできた鳥がついばむのを見て、
自然界の食物連鎖の頂点にいる人間がとても罪深い事を悟られたとの逸話がありますが、
それでは、人間以外にも、生き物を補食して生きている動物たちも罪があるのでしょうか?
(例えば兎を補食するチータは、チータに罪があるとでも?
それなら何も補食しない植物だけが、罪がないとでも??)

471 :名無しさん@1周年:03/01/11 16:15
>>470

罪はあると思いますよ
ただ、動物には自覚する知恵がないだけ→無知の状態、生存本能に明け暮れる状態
仏教では、特に、貪、瞋、痴(無知)の三毒といって、数ある煩悩の中でも、根本
煩悩といっています。
その点、人間界は動物と違い自然界の食物連鎖の頂点にいることを自覚できるのだ
から、修行に適しているのだと思われます。
また植物だって生きるためには光合成や水や土の栄養素が必要です。太陽や植物や水や
土には、人間と違い、俺が俺がという自我がないので、お互いに争うことなく共存共栄
できるのだと思います。
自然界のこの妙なる調和に、人間は謙虚になるべきだと思います。

472 :名無しさん@1周年:03/01/11 16:34
創価学会が新しい法華三部経の本=「妙法蓮華経並開結」を刊行し
ました。
この「妙法蓮華経並開結」は、日蓮聖人が所持していたものを底本
にしているということです。
底本の親筆は、身延山久遠寺にあるのでしょうか?
それとも北山本門寺でしょうか?
他の寺院でしょうか?

473 :名無しさん@1周年:03/01/11 17:17
罪の意識の自覚こそが目覚めであり悟りともとらえられます。

474 :名無しさん@1周年:03/01/14 04:22
仏教につぃて教えてください。
アメリカ人はどのように仏教を受け入れたか。
3つのタイプに分けて考えてみます。
1.秘教主義的に(仏教はオカルトだ)
2.合理的に(仏教は理性に訴える)
3.ローマン派(感情的に)
英語から直訳なので分かりづらいでしょうか。
ビゲロウ、フェノローサ、カールス、カナヴァロなどなんかちょっとでも
分かるよ〜って親切な方、お願いします。



475 :名無しさん@1周年:03/01/15 01:05
>>474
漏れの知ってるアメリカ人は
仏教 == Daisetsu Suzukiだったりする。

476 :ろくぞう:03/01/15 18:44
質問です。
国柱会から分裂した宗教団体について興味があります。
もとは、田中智学と言う学者によって国柱会ができ、立正安国論を唱えた人物であり、田中智学の影響力は
大きかったのが判ります。特に宮沢賢治などの作品にも影響を与えたのも事実です。
しかし、その田中智学の弟子であった人物たちは田中智学の死後どのようになっていたのか教えてください。
http://www.if21.co.jp/daisyou/nitirensyu.htm
の日蓮宗のページでは、正法会、本化妙宗連盟が確認できます。
しかしながら、正法会のことについては全く情報がありません。
どうか、よろしくお願い致します。

477 :名無しさん@1周年:03/01/15 19:59
法華経について学びたいのですが教えの内容は非常に難しいと聞きます。
おすすめの本はないでしょうか?

478 :名無しさん@1周年:03/01/15 20:50
法華経の梵我一如はアートマンとブラフマンが合体することです

479 :名無しさん@1周年:03/01/16 00:27
>>478
マ、マジッスか?!

480 :名無しさん@1周年:03/01/16 10:19
http://free.has-u.co.jp/cgi-bin/free/culture/u-bbs.cgi?room=momonoki

481 :名無しさん@1周年:03/01/16 10:25
合体!

482 :名無しさん@1周年:03/01/16 10:43
草加!

483 :一般人U(はてな?):03/01/17 00:24
法華経の主張(普賢菩薩歓発品)・・法華経のラストシーン
       ↓
「法華経を読む人を嘲笑すると・・・」
@歯が折れたり抜けたりする。
A忌まわしい唇を持つようになる(ミツクチのこと?)。
B低い鼻を持つようになる(東洋人のこと?)。
C手足が逆になり、眼が逆さになる。
D体が悪臭を放つ。
Eライ病(その他もろもろ)にかかる(酷い差別発言だな)。

シャカのこの発言を受けて、聴衆は「歓喜」する。

これが法華経のラストシーン。

どういう意味があるのですか?シャカに幻滅してしまったのですが。
シャカも結局カルトの教祖のようなものでしょうか?
創価板では、だれ一人、答えられませんでした。

484 :名無しさん@1周年:03/01/17 17:02
まあ、予備知識無しだと、そういう結論になるよな。
あ、私は法華経一辺倒の所じゃないから安心して聞いてくれい。

そもそも、法華経は多数の経典を組み上げて作ったもの。
だから、矛盾を内包してたりする。

もちろん大乗仏典だから、釈尊の直の言葉ではない。
当然に釈尊がそのようなことを言うはずもない。
原法華経のその部分の筆者が釈尊に仮託したもので、
その教えを広めたいがために書き過ぎた部分。

一つ一つが品が独立した経典と考えれば
それほど酷い経典ではない。

観音経辺りは
書かれた当時の人々の願いが込められている
と実感できる

485 :名無しさん@1周年:03/01/18 08:03
そうすると他の部分はともかく、
普賢菩薩歓発品は酷い経典なのだろうか?

天台宗や日蓮宗の見解を知りたい。

486 :うらしろ ◆Mi0a.9Ms2A :03/01/18 12:37
この世で一番の悪は何ですか?

487 :名無しさん@1周年:03/01/18 13:25
>>486
仏教において、悪とは業によって生み出される罪悪のことで、
殺生・偸盗・邪淫・妄語・両舌・悪口・綺語・貪欲・瞋恚・邪見
の十悪に分類される。
殺生が最悪のような気もするが、善悪とは相対的なものであり
絶対的な悪は存在しないというほうが仏教的だといえる。
邪正一如。
何が最悪かはその場その場で決まることだと思う。

もしどうしても「一番の悪」が知りたければ、キリスト教質問箱
に行くと良い。
奴ら、特に聖書を絶対視する根本主義者達は、簡単に最悪を教えてくれ
るはずだ。
もちろんそれは、仏教的見解とは相容れない。

488 :>>485:03/01/18 18:16
http://free.has-u.co.jp/cgi-bin/free/culture/u-bbs.cgi?room=momonoki
でどうぞ。

489 ::03/01/18 18:29

ニチレン宗の尼さんのホムペ、また
キテタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━ !!!!! 


490 :山崎渉:03/01/19 19:42
(^^)

491 :名無しさん@3周年:03/01/21 23:44
お友達と、仏教についてお話をしていましたところ、次のような質問を受けました。

> 素朴な疑問なんですが、仏(覚者)になったら、お腹空かないの?
> 寒さ、暑さには影響されないんですか?
> 裸で-30度でも桶? 

うう、困ったよお。
だれか変わりに答えてあげてください。
おながいします。

492 :名無しさん@3周年:03/01/21 23:59
阿含経と雑阿含経ってどう違うんですか?

493 :名無しさん@3周年:03/01/22 07:30
タイの仏教である上座仏教に入りたいんですが、入信の儀式とかありますか?
どうしても、上座仏教徒になりたいのです。

あと、もし日本に上座仏教の寺院があれば教えて下さい。
それもできれば有名で大きなところを。(東京都周辺で)

494 :ゆう:03/01/22 10:54
本当に親鸞の考えや教えは深い意味があるのですか?
最近宗教なんていらないと思ったんですが?

495 :教えて下さい:03/01/22 11:02
ここのレスでいいのかわかりませんが、天帝不動会について詳しく知っている方いらっしゃいませんか?ホームページも
みたし、本も読みました。やっぱり、インチキなのでしょうか?誰か教えて下さい


496 :名無しさん@3周年:03/01/22 11:15
自ら体験し、自らの識別によって判断をしなさい。

                 by ○○○

497 :髑髏仮面 ◆8Z1PfzdK1. :03/01/22 16:04
>>491
> 素朴な疑問なんですが、仏(覚者)になったら、お腹空かないの?
> 寒さ、暑さには影響されないんですか?
> 裸で-30度でも桶? 

ありのままに受け入れる。囚われない心。
お腹空たらそのように、寒いのであればそのように、暑いのであればそのように。
拘ることなく、それになりきる。
その瞬間こそが肝要なり。

498 :名無しさん@3周年:03/01/22 16:35
>>497
珍しくよいことゆうじゃん。パチパチパチ!!!


499 :名無しさん@3周年:03/01/22 16:49
死にたくなったらそのように
拘ることなく、それになりきる
その瞬間こそが肝要なり(w

500 :名無しさん@3周年:03/01/22 16:51
500ゲット

501 :名無しさん@3周年:03/01/22 18:21
モル━━━━(゚∀(  ;:*:;  )━━━━!!!
            ↑
           けつ毛


502 :名無しさん@3周年:03/01/22 18:43
>>491

> 素朴な疑問なんですが、仏(覚者)になったら、お腹空かないの?
> 寒さ、暑さには影響されないんですか?
> 裸で-30度でも桶? 

ヒマラヤあたりの聖者クラスになると、雪の真っ只中でも平気で裸で瞑想する
トゥモ(熱のヨーガ)が関係しているのかなあ
彼らは究極の悟りである虹の身体を得ているので、肉体の構成要素として顕れて
いる粗大な五元素を、原初の微細な光や色彩の次元に変容させてしまう。
だから死んでも肉体は残さない。残るのは、髪、爪。


503 :名無しさん@3周年:03/01/22 19:03
>>494
どうしてそう思われたんですか?

504 :名無しさん@3周年:03/01/22 20:01
              ( ̄)∩, ∩( ̄) ( ̄) ̄)
              ノ  ) ヽ (  ノヽ  ) ) )
        +  (( (⊃   ヽ(⊃  ヽ (⊃  ⊃ ))  +
             ( 、A , U (、A , U) ( 、ー, )
       .   +   \■/  \■/  \■/  +
                                   +
        +   + // さかさまワッショイ!!\+
          http://page.freett.com/saitamaken/deai.htm
          http://page.freett.com/saitamaken/love.htm


505 :名無しさん@3周年:03/01/22 21:27
>>497
-30度になりきると氏ねませんか?

506 :名無しさん@3周年:03/01/22 21:29
>>502
極端な条件では、その聖者クラスとかいう人たちも焼けるか凍るかするでしょうに。


507 :名無しさん@3周年:03/01/23 00:25
>>497
癌が悪化しても病院行くなよ。
精神病が酷くなっても医者に相談するなよ。

508 :名無しさん@3周年:03/01/23 02:47
タイの仏教である上座仏教に入りたいんですが、入信の儀式とかありますか?
どうしても、上座仏教徒になりたいのです。

あと、もし日本に上座仏教の寺院があれば教えて下さい。
それもできれば有名で大きなところを。(東京都周辺で)


509 :名無しさん@3周年:03/01/23 11:42
上座部仏教はリクパとマリクパを個別に捉えるからね
善悪二元論的世界観が仏教だとでも

510 :名無しさん@3周年:03/01/24 02:20
新宗教と既成宗教の違いをくわしく教えてくれませんか?
初歩的な質問ですが。

511 :名無しさん@3周年:03/01/24 02:31
>>510
新宗教は比較的新しい、既成宗教は古い。
具体的には日本では仏教や神道が既成宗教だが、世界的な事も視野に入れると
日本におけるキリスト教も(仏教や神道に比べて歴史は浅いが)既成宗教です。
それ以外はみんな新宗教。

これ以上の情報が必要ですか?

512 :名無しさん@3周年:03/01/24 04:17
>>511
いえいえ十分です。
ありがとうございます。

513 :名無しさん@3周年:03/01/26 00:53
FAS禅について教えてください。

514 :名無しさん@3周年:03/01/26 01:33
動物と人間は平等なのでしょうか。
仏教において、人間は万物の霊長ではないのでしょうか。

515 :名無しさん@3周年:03/01/26 11:37
>>514
区別はすれども差別なし。

516 :名無しさん@3周年:03/01/26 11:44
>>515
人間だけが法を解し涅槃に到達し得るという意味で、霊長といっても良いのでは?
これは差別だろうか?
事実のような気がするのは私だけか?

517 :名無しさん@3周年:03/01/26 13:38
>>516
では、あなたが涅槃に到達していないのは何故ですか?
事実?であっても実現できなければ犬猫と同じ。
霊長と自負されておられるなら、頑張って涅槃を目指してください。

518 :名無しさん@1周年:03/01/26 17:39
阿含宗の桐山晴雄師の密教の師は、北野師という方のようです。
北野師は、真言宗の何派の方なのでしょうか?
またその宗派の特徴は、どのようなものでしょうか?
よろしくお願い致します。

519 :泥凡夫:03/01/26 17:43
北野師自身も怪しげな山伏と聞くが?
なにか?

520 :名無しさん@1周年:03/01/26 18:04
桐山さんの師匠、北野さんは、真言宗金剛院派ですね。

521 :名無しさん@3周年:03/01/26 19:21
>>517
ええと・・・
可能性の話をしてるんですけれど・・
国語できないでしょ。

般若の智慧は人間にしかないよね。
悉有仏性かもしれないけど(知らんけど)
悉皆成仏なんてゼターイありえないね。

522 :名無しさん@3周年:03/01/27 00:41
>>521
可能性があるからエライんじゃないんですよ。
それに向けて努力するから人としての価値があるんです。
仏性という可能性があるのに、
それを実現できなければ、かえって犬猫にも劣るということ。
ご理解頂けませんか?

523 :名無しさん@3周年:03/01/27 23:30
>>522
人間が万物の霊長かどうかしらんが、仏性の可能性を認識した時点で
犬猫とは区別されるとオモワレ。

524 :名無しさん@3周年:03/01/27 23:40
万物の霊長というのは傲慢では?
仏性の可能性とか悟りといった概念を抱くのは、
それらの概念の最も対極にいるということでもある
犬猫の煩悩と人間の煩悩を比較して見たら、人間の
煩悩や執着は、地球環境を根底からぶち壊すまでに
肥大しているでしょう

525 :名無しさん@3周年:03/01/27 23:49
>>524
>万物の霊長というのは傲慢では?
傲慢とは何に対して傲慢なのでしょうか。
犬畜生ですか?

>仏性の可能性とか悟りといった概念を抱くのは、
>それらの概念の最も対極にいるということでもある
あなたの理屈が良くわかりません。
悟りも知らずに修行がはじめられるのですか?仏教って。

>犬猫の煩悩と人間の煩悩を比較して見たら、人間の
>煩悩や執着は、地球環境を根底からぶち壊すまでに
>肥大しているでしょう
犬猫の煩悩?
犬猫には煩悩しかありませんよ。
彼らは人間にある理性や自我を持っていないのですから。
地球環境がぶち壊されようとしているのは、人間にしかない知性の証明でもあります。
方向性が間違っていることには異論ありませんが。
地球環境を修復できる能力を持つのもやはり知性のある人類なのです。

526 :名無しさん@3周年:03/01/28 00:53
意識するしないに関わらず、生かされているでしょう。
無意識のうちにも呼吸したりとかね。
もしも酸素に我があったらたいへんです。
おまえは気に食わないから酸素を吸わせてあげませんよ、なんてのじゃね

>悟りも知らずに修行がはじめられるのですか?仏教って。

悟りを知らないで悟りなんていうのが余程におかすいのでは








527 :名無しさん@3周年:03/01/28 01:17
>>526
>意識するしないに関わらず、生かされているでしょう。
>無意識のうちにも呼吸したりとかね。
>もしも酸素に我があったらたいへんです。
>おまえは気に食わないから酸素を吸わせてあげませんよ、なんてのじゃね
すみません、ごめんなさい。
きっと良いこと言ってるんでしょうけど・・・意味不明です。

>悟りを知らないで悟りなんていうのが余程におかすいのでは
そりゃまあおかしいですけど、物事にはきっかけが必要でしょうに。
わんこにそんなきっかけないでしょう??

528 :名無しさん@3周年:03/01/28 01:27
俺が前飼っていた猫は理性を持っていた。
あんな猫は世界で1匹だったろう。

529 :名無しさん@3周年:03/01/28 01:43
>>528
私は理性的な犬を存じ上げております。
多分、有史以来あの一匹だけだと思います.

530 :名無しさん@3周年:03/01/28 11:30
人間の慌しさに比べると、犬や猫のスタンスは
いつでも唯我独尊に違いない

531 :名無しさん@3周年:03/01/28 11:32
英語で Dog are philosophers なんて表現が結構あったりする。

532 :531:03/01/28 11:40
すまそ
Dogs are philosophers ね。逝ってくるべ。

533 :名無しさん@3周年:03/01/29 01:17
>>526
>意識するしないに関わらず、生かされているでしょう。

ようやく言わんとすることがわかってきますた。
要するに人間も犬畜生も互いにもたれあって生きているんだから
どっちがエライってのは無いんだって言いたいのですね?
生かし、生かされているのだから、万物の霊長というのは傲慢だと、
こう言いたいのですね??

ちゃんと一般人にもわかる言葉で説明しましょうよ。

執着すべき本質などない、という真理を諸法無我、というのでしたね。
これはたしか、あらゆる事物が相互依存ネットワークによって成り立っているんだ
っていう意味でしたね?


534 :名無しさん@3周年:03/01/29 12:06
>>533
こちらも一人よがりの表現に甘んじてしまったようです
普通、自我の確立とか自我の目覚めなんていえば、対社会的には
歓迎されるんですがね。
仏教ではその我を滅しよと教えているのではないでしょうかね
万物の霊長類という概念は一神教的産物だと思います
唯一絶対神は最終我になるのですかね

535 :名無しさん@3周年:03/01/29 22:55
>>534
仏教では自我の確立には否定的なんですか。
我を滅するって、どういうこと?

536 :名無しさん@3周年:03/01/30 19:00
>>535
我の拠り所は正しいダルマ、他人の意見を妄信するのではなく、自己の判断、識別に
よって自我を律していく。普通に日常生活をおくるのでしたら、利他行というのを出
来るだけ実践していくように心掛けるのもいいかと。他というのは人間だけではあり
ません。他の生き物すべてです。身は不浄なりなんてのもいいですね。ハンバーガー
など食らうとき、屠殺人によって倒される動物の酷さ、不憫さを観想するのもいいで
すね。


537 :名無しさん@3周年:03/01/31 00:45
皆さん、宜しくお願い致します。
早速の質問なのですが、「六斎日」と「十斎日」の違いがわからないのです。
この両者の違いをどうか御教授下さい。

538 :名無しさん@3周年:03/01/31 01:13
>>537
ろくさいにち【六斎日】
仏語。特に身をつつしみ持戒清浄であるべき日と定められた六か日。
一般に月の八日・一四日・一五日・二三日・二九日・三〇日をいう。
特に在家ではこの日に八斎戒をまもる。六施日。

じっさいにち【十斎日】
仏語。毎月斎戒をたもつことに定められた一〇日。
その日には諸天王が四天下を按行・視察するといわれ、
それらの日に配当された仏菩薩を念ずれば、悪疾災厄をのがれ福徳長寿を得るという。
すなわち一日には定光仏、八日には薬師仏、一四日には賢劫千仏、
一五日には阿弥陀仏、一八日には地蔵菩薩、二三には勢至菩薩、
二四日には観世音菩薩、二八日は毘廬舎那仏、二九日は薬王菩薩、
三〇日には釈迦牟尼仏を念じる。

国語大辞典(新装版)ゥ小学館 1988

539 :名無しさん@3周年:03/01/31 01:18
>>536
ダルマをよりどころとして、自我を律していくのですね。
これこそ自己の確立ですね。

自我を滅するなんて変だと思いました。
だって、諸法無我の我と自我の我って意味ちがくありません?

540 :名無しさん@3周年:03/02/01 00:43
>>536
>自己の判断、識別に よって自我を律していく。

よかったら出典をおしえてくれ。
うざくなかったらだが。

541 :名無しさん@3周年:03/02/01 18:03
>539
ダルマに帰依する我は不二と思えばよろしいかと。

諸法無我の我と自我の我に差異はないかと。対象範囲が拡散されている
か凝縮されているかの違いだと思います。
正しいダルマに帰依したとしても、慢心が生じれば他と優劣比較し、簡単
に執着や自尊心といったカルマの道を辿るでしょう。諸法無我を忘れれば、
明知の鏡が無明によって曇らされます。中道というのは非常に含蓄ある言
葉だと思います。

>>540
出典は?過去に読んできた本の内容が好印象に残っているのだと思います。
特別の経典を綿密に読んだといった経験はありません。限定しなくてもいい
のでは。すべてに当てはめていけばね。


542 :ぼくの個性:03/02/01 18:15
世間一般で使われる自我の確立っていう
「自我」ってのは、アイデンティティーの意味っすよね。

543 :名無しさん@3周年:03/02/01 18:26
髑髏仮面さんがダルマという概念はないと言ってますが。どうとらえるべきでしょうか?

544 :名無しさん@3周年:03/02/01 18:33
>>543
あらゆる概念はないでしょう
縁起も空も一切ね
しかしその否定するという概念もだったら捨てればよろしい
顕現するあらゆる現象は思考という限界の彼岸にあるなればな

545 :名無しさん@3周年:03/02/01 19:12
如来禅と祖師禅の違いを教えてください。

546 :544:03/02/01 21:36
髑髏ちゃ〜〜〜ん!!

547 :544:03/02/01 21:37
髑髏ちゃ〜〜〜ん!!

548 :金正日MkU改:03/02/01 21:53
http://yametokiya.tripod.co.jp/flash/anata.swf

      __.............__        /⌒⌒⌒⌒⌒⌒ ))
   , .':::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::、    (   从    ノ.ノ
  ;';;;;;;;         ':     ( ./  ̄ ̄ ̄ ̄\
  ';;;;;;;;         |     |::::::  ヽ     丶.
  |;;;;;    =、  ,= l     |::::.____、_  _,__)
 (∂;; ──( 三 )-(三 )    (∂: ̄ ̄|/// |=|/// |       (;⌒;;) ))
  (      υ /・・ヽ  |     _(  (   ̄ )・・( ̄ i      n ノ:~:ノ
   ヽ :.: .._. /::へ::|.._丿 /ヘ\    .._. )3( .._丿___ / |(;; ノl
    > .:::;;;;;;;;.三;;;;ノ ∠__/ /\ヽ  _二__ノ   、  i  ) E|_
  /:)乂ヽ:::L:\/:」ヾヽ  / (   .))。     。))─── ^ ──┘
 i::::::Y乂乂\:::::::|」:::::i乂| []_|  .|.   ̄    ̄ヽ、
 |二_|.乂乂乂|:::::::::::::|乂||[] .|  ./          i
 |  / 乂乂乂|:::::::::::::|乂| \_(_r)____´_.丿
. (_r).___|コ[□]|.__.|)  ./(:::::::)\三三[□]三| ←>>金正日MkU改
   \:::::::::::::::::::::::::::::/    | マツタケ |:::::::::::::::::::::::/
     |:::::::::::::::::T:::::::|     (______):::::::/::::::::/
    ( ̄ ̄ ⌒)  ̄ ⌒)       (  ̄ ̄ [] ̄ ̄[]
      ̄ ̄ ̄  ̄ ̄         ̄ ̄ ̄  ̄ ̄


549 :名無しさん@3周年:03/02/01 23:23
歓迎します。
http://free.has-u.co.jp/cgi-bin/free/culture/u-bbs.cgi?room=momonoki

550 :名無しさん@3周年:03/02/01 23:32
>>543
無視しましょう。

551 :名無しさん@3周年:03/02/01 23:42
>>541
自我ってなに?
まなしき?

552 :名無しさん@3周年:03/02/02 04:52
初めまして。突然のメール失礼いたします。
私の友人がネパールでチベット密教の修行をしているのですが、
その方の師匠にあたる方がご病気になられて、
日本での治療のため募金を募っています。
申し訳ありませんが、いくらでもよいとのことなので
もしよろしければ協力してあげていただけないでしょうか。
よろしくお願いいたします。
-------------------------------------------------------
> 師匠はケツンサンポ リンポチェという名です。
>
> 日本に東洋文庫の研究員として10年位滞在して
> 日本のチベット学の進歩に多大な貢献をした方です。
> 来日の際は東大、京大に招かれ、新聞に紹介される方で、
> 中沢新一のラマとしても日本で有名です。
> 日本に非常にご縁のある方です。
>
> 師匠はなにぶんご高齢なので
> 今回の手術が直接寿命に影響すると思うので
> よろしくお願いします。

> 牧野宗永名義
> 郵便貯金 口座番号1218090229001


553 :名無しさん@3周年:03/02/02 06:18
在家僧侶の通信講座を新聞で見つけたのですが、
そんなに簡単に僧侶になれるとは知らず、驚いています。
最近仏教に興味をもってきたので、講座を受講してみようかと思いましたが
情報をもっておりません。
修行された方との違いはあるのでしょうか。
また、講座で認められても他で認められないとかあるのでしょうか?

554 :髑髏仮面 ◆8Z1PfzdK1. :03/02/02 08:23
>>553
>また、講座で認められても他で認められないとかあるのでしょうか?

他から認めてもらう必要は全然ないかとおもいます。
たとえ他から認めてもらって・・・
僧侶で飯を喰う。つーんだったらこれは相当厳しいかと思います。
就職事情が昨今悪いですからね。

農家に嫁ぐお嫁さんで、薬剤士、保母士、看護士などの資格がある人でも、資格を生かせるのはホンの僅か。
ましてや僧侶の資格で飯を喰うは至難の技。
今の僧侶は世襲性ですからね。どっかの末寺に婿に入る、つうんだったら別ですが。

555 :名無しさん@3周年:03/02/02 08:33
実家が浄土真宗です。
寺=葬儀屋さん、法事屋さん
と思っていたのですが先日実家の50年忌に帰った折の
坊様の話が心にジンと響き(縁とかそうゆうの)
興味をもち始めました。
浄土真宗の教義とか、そうゆうのを詳しく書いてある
HPなどはないでしょうか?
検索もしてみたのですが、より深くまで書かれているものが
無かったので、、、、。教えて君ですいません。
わかる方、よろしくおねがいします。

556 :名無しさん@3周年:03/02/02 10:43
>>552
詐欺じゃない?

557 :名無しさん@3周年:03/02/02 11:34
DQNな質問で恐縮ですが、今、押入の整理をしていたら、
金峯山寺の御祈祷御札が出てきました。せっかくだから
ちゃんと部屋に掲げて開運除厄を図りたいんですが、
これって向きとか置く位置に決まりがあると
TVで見たんですが、正しくはどうでしょうか?
御指導宜しくお願いします。


558 :名無しさん@3周年:03/02/02 15:23
最近の僧は世襲制が大半ですが、一般の人が僧になるにはどうしたらいいのでしょうか?
やはり大変困難なのでしょうか?
いきなり本山クラスの寺にコネなしで行っても入門を許可されるとは思えないし・・・。
寺の婿になる以外に方法はないのかな?


559 :名無しさん@3周年:03/02/02 15:25
http://hkwr.com/bbs/
http://hkwr.com/

560 :553:03/02/03 05:46
>558
私も同じことを想像したことがあります。
それで、先に書き込んだ在宅僧侶の通信講座を受講しようかと考えたのです。
勿論他の経路から僧侶になられた方に比べれば未熟でしょうが。

>554
そういうことなのですね。有難うございます。
あの・・・あら捜しみたいになってしまうかもしれませんが、正しくは
薬剤師、保育士、看護師、という表記になります。
薬剤師は何十年も前から、後2つは近年この名称になったのです。
(実はこのうちどれかをやっておりますので・・・)

561 :髑髏仮面 ◆8Z1PfzdK1. :03/02/03 06:36
>>560
>薬剤師、保育士、看護師、という表記になります。

そうそう、この表記はムズイですね。
わたしもここのとこは適当に表記してしまいました。スマソ

>(実はこのうちどれかをやっておりますので・・・)

近年、看護助手が大量に病棟に配属されるようになった。
これらの人材は、派遣会社から導入されるもんでして管理体制が著しく不備。
これらによる精神的ストレス。およびベッドが低いために引き起こされる腰痛。こうった問題も潜在的にある。
看護助手は資格がなくてもできる。

貴殿は何らかの資格を有してるんだから、そのてんは良いほうかとおもう。
特に薬剤師の時給は良いね(w

562 :髑髏仮面 ◆8Z1PfzdK1. :03/02/03 06:56
>>558
>寺の婿になる以外に方法はないのかな?

寺の婿つうのは、家庭においても婿であり、仕事においても婿の立場。
いわゆる、息の詰まる生活が予想される。

私だったら遠慮したいね。
これも人それぞれなんだろうけど・・・。

563 :名無しさん@3周年:03/02/03 08:17
>>560
そこは、どうもインチキ臭いですね。
もっとまともな通信講座がありますよ。

564 :名無しさん@3周年:03/02/03 09:00
 
 
    -----------------------------------------------------------

          髑髏仮面は精神異常者です。
          相手にしないでください。

                               2ちゃんねる宗教板
    -----------------------------------------------------------
 

565 :560:03/02/03 14:12
>563
どこがされている講座なのでしょうか?

566 :名無しさん@3周年:03/02/03 18:45
>>565
浄土真宗系
ttp://plaza22.mbn.or.jp/~tyubutsu/sub5.htm
浄土宗系
ttp://www.bukkyo-u.ac.jp/BUCD/
などは、まあ安心だと思います。
ただ資格をとっても、それで食べていくのは大変ですよ。
コネとかツテとか運が必要です。
ボランティアと割り切ってしまえば別ですが。

567 :ご参考までに:03/02/04 08:04
(七里恒順和上の言葉)
和上のところへある人が、「我が子を坊主にしてもらいたい」と、頼みに来た。
和上曰く、「信願の交際を乱したら、千人の盲を橋の上へ連れてゆき、その橋を落として皆殺しにしたよりなお罪が重いぞよ。同じ飯を食うためなら、乞食にでもなるがよい。その方がましぢゃ、他の人に地獄種を造らせぬだけが仕合わせぢゃ。
元より寺に生れたのなら仕方もないが、在家に生れ飯を食わんがために坊主になろうなぞとは、以ての外の誤りである。それより我身の一大事の後生こそ肝要ぢゃぞや」


568 :名無しさん@3周年:03/02/04 22:56
ぜひご意見下さい。
釈尊は、自分の教えを、積極的に布教しようとしたでしょうか?
また、教えが広まるのを望んだでしょうか?
よろしくおねがいします。

569 :名無しさん@3周年:03/02/04 23:12
>568
真実はみなが納得するもの 求めるもので
布教させるものではない
布教とは一種の自分の考えの押し付けであって
それ(布教)は真実ではない。
>教えが広まるのを望んだでしょうか?
教えが広まって欲しかったゆえに布教しなかった と思う。
真実とは、自分の理性で感じるものだと思う
布教をした時点で、真実は感じられなくなる。と思うし
布教した時点でそれは真実ではない のじゃないかな。





570 :名無しさん@3周年:03/02/05 00:38
>>569
層化へのイヤミでつか?

571 :名無しさん@3周年:03/02/05 07:41
>>568
ちょっと出典を思い出せないのですが、釈尊は伝道における心がけみたいなものを説かれていたようです。

#一つの道を二人して行くな。
#初めから終りまで理に適った法を説け。

たとえば、一人の人を数人で取り囲んだり、奇跡を吹聴したり、人の弱みにつけ込んだりするような事は、されなかったと思うし、望まれなかったと思います。

572 :brown:03/02/06 00:15
>568
思うに,釈尊は教えというより,自己の私見を述べたのだ。
釈尊の私見の集まりが仏教の始まり。
その後,いろんな人がいろんなこれまた私見を付け加えていった。
私見であれば,それを述べることに躊躇する部分もあったであろうし,
積極的に考えを広めたい考えもあったであろう。

しかし,釈尊の私見には,背景に悟りがある。
しかし,悟りは「教えること」・「広めること」できないんだ。
だから悟りは私見を述べ伝えることの動機になる。

布教は真実でないが,その背景に真実がある。必然的ではないが,
それが布教の動機なんだ。

573 :名無しさん@3周年:03/02/06 01:03
brownさんお久しぶり!!
御元気そうでなにより。

悟りが「起きる」なら悟りも歴史の一点に座標を持つ。
自性に対する人類の到達点という意味では、釈尊の「私見」は紛れものなく、
釈尊御一人の物ではない。

布教の形を取った時には既に現実との乖離があるから、
布教は真実とは言えない。

574 :名無しさん@3周年:03/02/06 05:29
>>555
真宗やめときな
ttp://shadow.sapoji.jp

ここ見たらいやになる

575 :574:03/02/06 05:32
スマソ・・・・

ttp://shadow.sampoji.jp

ここだった

576 :名無しさん@3周年:03/02/08 16:43
真宗って、共産党の支持団体でしょ?
社民党だっけ?

577 :名無しさん@3周年:03/02/08 16:50
真宗高田派はまだましだが・・東西本願寺は最悪。
極左政策で伝統文化破壊を推進しているのが、東西本願寺。
首相の靖国参拝に共産党より早く抗議しちゃうし。森前首相の「神の国」発言でも、勝手にブチ切れてたしね。
神道も「神の国」の意味も何もわかってないよ、あそこ。市民運動に媚びてるだけの似非極左団体。
伝統宗派だけど、あれは単に歴史の長いカルトです。
阿弥陀さんを信仰したいなら、浄土宗に逝くか、親鸞の教えを個人で学んで妙好人になれ。
繰り返すが、教団には近づかないがよろし。

578 :名無しさん@3周年:03/02/08 17:11
>>555
どんな話してくれたんですか?
物心ついてから身内のお葬式って経験ないので、お坊さんの話をまともに聞いた
ことがないんですけど、瀬戸内さんみたいな話でしょうか?

579 :名無しさん@3周年:03/02/08 17:25
>>574-575
何かあちこちでアドレス貼り付けてるけど、雇われ宣伝屋?

580 :名無しさん@3周年:03/02/08 20:33
すみませんが、浄土真宗での線香の上げ方について質問です。
友人の家が浄土真宗なのですが、色々調べてみると浄土真宗では線香は折って寝かせると書いてあるのですが、
その際1本の線香をあらかじめ折ってから火をつけるのですか?
それとも火をつけた後に折るのでしょうか?でもそれだと一本しか燃えませんよね。

どうかご教授お願い致します。

581 :名無しさん@3周年:03/02/08 21:38
ウチも浄土真宗なんで、、、
こうろの口(?)の幅に入るようにあらかじめ折る。こうろの大きさはいろいろだと
思うので、結果的に2本になっても、3本でも4本でもいい。んで、端をそろえて、火
をつける。これでOK。

582 :580:03/02/09 11:20
>>581
レスありがとうございました!
これで安心して友人宅でお参りできます。



583 :名無しさん@3周年:03/02/10 07:10
お釈迦様と観音様の違いを教えてください。

584 :名無しさん@3周年:03/02/10 10:17
お釈迦様=仏さま
観音様=菩薩さま

585 :名無しさん@3周年:03/02/10 10:28
お釈迦様の言葉に

悪行は善行をもって償いなさい

というような意味の言葉ってありませんでしたか?

586 :583:03/02/10 11:31
>>584さん
ありがとうございます。

お釈迦様=仏さま
ってことは、仏様のほうが観音様より位が高いんですよね・・・


587 :名無しさん@3周年:03/02/10 11:56
>>586
位が高いというか、まあ一応は高いみたいですが、ただ観音さまクラスの菩薩さまだと、仏になれるにもかかわらずあえて菩薩にとどまるということもあるので、どちらが上とは一概に言えないようです。
仏の化身という考え方もありますし。

588 :名無しさん@3周年:03/02/10 12:47
お釈迦様の言葉に

悪行は善行をもって償いなさい

というような意味の言葉ってありませんでしたか?
教えてください

589 : :03/02/10 15:53
思いっきり初心者なんですが教えて下さいまし

お釈迦様は2500年前に生きていた実在の人物で
仏教はお釈迦様から始まったと聞きました。

それではお釈迦様の生まれる以前には阿弥陀如来とか
大日如来とか観音菩薩様とかは存在しなかったと云う事に
なるのでしょうか?

590 :名無しさん@3周年:03/02/10 17:09
>>589
歴史的には存在していません。
ただ阿弥陀如来とか大日如来とか観世音菩薩とかは歴史を超えた存在、
というか概念というか、そういうものです。

591 :名無しさん@3周年:03/02/10 17:24
>>588
無かったと思います。おそらく。

592 :589:03/02/10 17:27
それでは大乗仏教の信仰の対象は仏教神話(こんな言葉あるのかな)
そのもので生身のお釈迦様もそのフィクションの中に取り込まれて
いるという事ですか?

593 :名無しさん@3周年:03/02/10 18:43
考え方によってはその通りです。>592
ただ我々の現実の方がじつはフィクションであるという見解を、大乗仏教は持っているようです。

594 :名無しさん@3周年:03/02/11 01:02
>>576
共産党は創価学会ですよ。
真宗は関係無いですよ。


595 :いけた駄作:03/02/11 01:08
創価学会=公明党ですよー

596 :名無しさん@3周年:03/02/11 01:15
あ、そうでしたね。
共産党は韓国ですね。
宗教とは関係無いでつ_(._.)_

597 :名無しさん@3周年:03/02/11 01:30
いずれにせよ、真宗はとてつもなく左翼。
伝統的習慣などにも否定的だよね。
葬式の時に親族か葬儀屋かが盛り塩したら坊主が怒ってたよ。

598 :名無しさん@3周年:03/02/11 09:48
個人的には、惰性的な慣習や迷信俗信は否定しても構わないと思うよ。私の感覚だと
伝統的な慣習について否定的ではないと思うけど、ま、人によるかもしれない。
いろいろ伝統的なことや歴史を教えてくれる方もいるからね。

>葬式の時に…盛り塩したら坊主が怒ってたよ
え?これが左翼なの?


599 :名無しさん@3周年:03/02/11 10:14
>>1をお読みいただき、スレの主旨をご理解いただきたい。
真宗の話題は、できれば真宗関連のスレでお願いしたい。

600 :589:03/02/11 12:19
う〜んよく分からないな、大乗仏教自体が我々の現実の中で生まれて
育まれてきたものだと思うのですけど。

あとも1つ質問、お釈迦様が悟りを開いて真理が明らかになったのなら
それ以降の僧は何を求めて修行するのでしょう?

601 :名無しさん@3周年:03/02/11 13:58
>>600
真理の感得

602 :名無しさん@3周年:03/02/11 16:27
>>600
よくわからないのが普通です。すぐわかるようなら人類すべて仏教徒。
私もよくわかりません。

>大乗仏教自体が我々の現実の中で生まれて育まれてきたものだ
というのは少し違うと思います。
たとえば私は大乗仏教を育てるのになんの寄与もしていません。
大乗仏教に目覚め共感した先人たちが育ててきたものと思います。

>それ以降の僧は何を求めて修行するのでしょう?
お釈迦さまが悟りを開いたからといっても、私が悟りを開いたわけではありません。
>>601さんの通り、私自身に真理が明らかになるためです。

603 :名無しさん@3周年:03/02/11 23:52
仏教の教えで「鬼も悟れば仏となり、仏も迷えば鬼となる」てゆうのを新聞で読んだんですけど、この仏とは誰?の事を指しているのでしょうか?あと鬼にも色々あるんでしょうか?教えて下さい。お願いします。

604 :名無しさん@3周年:03/02/12 10:14
>>603
私も悟れば仏となります。
この場合、私が仏です。

赤鬼青鬼、その他いろいろあるようです。

605 :髑髏仮面 ◆8Z1PfzdK1. :03/02/12 10:29
番組の途中ですが・・・
【速報】フジテレビのとくダネで、小倉氏が2ちゃんねるを批判
http://news2.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1045006917/


606 :名無しさん@3周年:03/02/12 10:29
仏教やってる人が言ってたのですが、世界というものは最初から有ったもので、始まりや終わりはなく、人の命も最初からあったものでなくなることもないと言っていたのですが、
そんなことってあるんですか?

607 :589:03/02/12 12:21
お釈迦様は悟りを開いて真理を明かにしたんじゃないんですか?
ただ悟りに至る方法を説いただけだという事なのかな。

でもそれでは、悟りを開いてない普通の人にお釈迦様が悟りを
開いた事が何故理解出来たのでしょうか?お釈迦様が得たという
真理が何か分からないのならその真理が正しいかどうか判断の
しようがないと思うのだけど。

608 :名無しさん@3周年:03/02/12 17:56
>>606
世界は滅びと誕生とを繰り返す、というのが仏教の説だったと思います。ほんとのところはわかりませんが。

609 :名無しさん@3周年:03/02/12 18:53
>>607
お釈迦さまが悟りを開かれた時、最初は説法を躊躇されたそうです。
なかなかわかってくれる者はいまいということで、徒労に終るのではないかと危惧されたそうです。

また、理解と体得は違います。
教えを聞いて、これは真理に違いないという感触(理解)を得た人が修行して、確かにこれは真理であると確認(体得)します。
その最初の感触は、その人の智慧・知識・経験などから判断するのだと思います。

610 :603:03/02/13 18:59
>>604 有難う御座居ます

611 :名無しさん@3周年:03/02/13 21:59
>>606
184 :髑髏仮面 ◆8Z1PfzdK1. :03/02/10 07:22
>>183
世界は不生不滅・無始無終、調っておるんです。
人間だけは調っておらんのですね。
ですから・・・
人間は調えば宜しいかと思います。

「調うべし」は、私が日頃から提唱しているフレーズです。
なんのことは御座らんせん。
調うべし。

こうゆうことになろーかと思いまふ。


612 :名無しさん@3周年:03/02/14 03:00
生命は永遠のものなんでしょうかね。
世界は生滅しているように見えるだけなんでしょうか。
創造の初めがあるのか、ないのか。
生滅しているとすれば、それは永遠に繰り返すのか、永遠ではないのか、一回きりなのか。
生死は繰り返しの連続なのか、終わりはあるのか、死んでも無くならないのか。

613 :名無しさん@3周年:03/02/14 04:59

     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
      | このスレに来たみなさん。髑髏仮面の書き込みは仏教とは         |
(-_-)< なんら関係がありません。くれぐれも基地害にマジレスしないでください。 |
(∩∩)  \_____________________________/
 
       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
∧_∧  | 精神異常者はおとなしく病院に隔離されてなさい |
( ´∀`)<                              |
( ∧∧ つ >―――――――――――――――――――‐<
 ( ゚Д゚) < こういう奴が病院から出てくると、           |
 /つつ  |               ろくなことがねぇしな。     |
       \____________________/


614 :名無しさん@3周年:03/02/14 05:01
 
554 : 髑髏仮面 ◆hmSrkuWE 投稿日: 02/04/28 09:46
精神科の先生は懇意にしております。
 
     ┌──────────────────────────┐
     │                                        │
     │              〓   警 告   〓                │
     │..........................................................................................................................................│
     │  ここは精神異常者の自己主張の場ではありません。     .│
     │..........................................................................................................................................│
     │  髑髏仮面は速やかに掛かりつけの精神科医に相談し、   │
     │..........................................................................................................................................│
     │  入院の手続きを取りなさい。                   │
     │..........................................................................................................................................│
     │                                        │
     │                        2ちゃんねる宗教板     │
     │                                        │
     └──────────────────────────┘
 


615 :NB ◆YIoCB90ZbI :03/02/14 08:07
>>603

鬼については、仏教的には煩悩を表すものと見る見方が多いようですね。

赤と青は人の怒りの相を表すとか、

赤鬼・青鬼・黒鬼という場合は3大煩悩の「貪欲・瞋恚・愚痴」だそうで。
黄鬼がでてくると仏教外の考え方みたいですね。

616 :空論者:03/02/15 00:56
仏教では、マリファナとか草、吸って良いんですか?
ネパールのサドゥーは吸っているけど。仏教とヒンドゥーの混ざった国ですけど
世尊は何も説いていないし、律文献には何もないんですけど。


617 :名無しさん@3周年:03/02/15 01:12
仏教の最高境地を極め切った俺はこの先どうすればいいのか。

618 :ご愁傷さまです:03/02/15 01:52
↑と言った途端、あなたは、また振り出しに戻っちまいやした・・・

619 :名無しさん@3周年:03/02/16 10:49
マントラを使ってよかったと思うやつ。感想をきかせてくら。
「観自在菩薩」ってやるんだが、なんとなくピンとこない。


620 :名無しさん@3周年:03/02/16 10:50
>>616
> 仏教では、マリファナとか草、吸って良いんですか?
> ネパールのサドゥーは吸っているけど。仏教とヒンドゥーの混ざった国ですけど
> 世尊は何も説いていないし、律文献には何もないんですけど。

 仏教あっても、なくても、全然問題ない。


621 :名無しさん@3周年:03/02/20 20:18
age

622 :渡海 難  ◆wd0AE5SZ4. :03/02/20 22:37
>>588

> 悪行は善行をもって償いなさい
> というような意味の言葉ってありませんでしたか?

 人前に悪をなすも  善をもってこれを滅ぼせば
 これ世間を照らす 月雲の消ゆる如し

 この種の言葉はたくさんあります。一度、法句経を御覧になるといいでしょう。
 素晴らしい本ですよ。

623 :名無しさん@3周年:03/02/21 11:30
仏教では
麻薬をやると
地獄行きです。
畜生界の住人になれるよ。

624 :名無しさん@3周年:03/02/21 17:39
>>623
> 仏教では
> 麻薬をやると
> 地獄行きです。
> 畜生界の住人になれるよ。

 仏教には地獄はありません。


625 :名無しさん@3周年:03/02/21 19:12
>>619
> マントラを使ってよかったと思うやつ。感想をきかせてくら。
> 「観自在菩薩」ってやるんだが、なんとなくピンとこない。

 ここはおそらく仏教をしきたりに従ってやる人ばかりです。
ですから、おそらく回答を得られません。
 教条的仏教は、堕落です。
もし本来の宗教を失いたくなければ、このような宗教からは去るべきです。
あなたは、自分の力でたった一人で宗教をする覚悟を持つことです。




626 :名無しさん@3周年:03/02/21 22:38
>>625
四衆サンガって知ってる?



627 :名無しさん@3周年:03/02/22 03:57
仏壇のおおよその価格が知りたいのですが。
安いと思われるネットショップ教えてもらえないでせうか?
教えていただいた所を基準にみていきたいとおもうのですが・・・。

628 :名無しさん@3周年:03/02/22 05:18
尼寺での「安寿様」とはどういう立場の人をさすのですか?
教えてください。

629 :名無しさん@3周年:03/02/22 07:06
>>627
ネットショップではないかもしれませんが、一応。

ttp://www.miyagawa.com/syuha/4101.html

630 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

631 :名無しさん@3周年:03/02/22 07:16
>>628
「庵主さま」ではないかと思います。
尼寺の住職のことかと思いますが、詳しいことはわかりません。

辞書によると、
 1 庵室の主人。
 2 僧で庵室を構えている者。特に、尼寺の主である尼僧。
 3 茶の湯で、草庵の茶室の主人。
ということらしいです。

632 :名無しさん@3周年:03/02/22 12:42
>>626
> >>625
> 四衆サンガって知ってる?

知りませぬ。 
サンガとは元は「清らか集い」らしいですぞ。
めっぽう暑苦しい衣を召されておりますが、いかがなされたのかな。



633 :名無しさん@3周年:03/02/22 23:04
>>632
「四衆」だって言ってるじゃん。
在家もサンガの一員だよ。出家は犀の角のように云々、というのが基本だけれど、在家は助け合うことが大切。それは草創期からの原則。
そうでないと、サンガなんていらないことになる。
日本に出家がいるかどうかは、また別問題だけれどね。
同信のものは助け合うことが重要。出家は独り立ちしたら、犀の角のように、ですけれどね、本当は。

634 :名無しさん@3周年:03/02/23 21:50
>>633
>出家は独り立ちしたら、犀の角のように、ですけれどね、本当は。

なるほど、犀の角のようにですか。いいことを聴きました。
 現状であれば、まともな教団を探すなど、不可能に近い。
在家、出家にかかわらず、犀の角のように、真っ直ぐ進むべきです。


635 :名無しさん@3周年:03/02/24 01:18
>>631
628です、ありがとうございました。
漢字が間違ってたのか…。
もう一度自分で調べてみます。

636 :名無しさん@3周年:03/02/24 01:24
>>634
サンガの否定は仏教の否定。
ひとりでできるというのは高慢。
そういうのを独覚という。

637 :名無しさん@3周年:03/02/24 02:11
>>634
犀の角は、まっすぐにという形容ではないと思うぞ。
ただ一人歩めっつー有名な一説を知らんのか?

638 :名無しさん@3周年:03/02/24 02:12
>>636
意味が違う

639 :名無しさん@3周年:03/02/24 09:41
>>637
> >>634
> 犀の角は、まっすぐにという形容ではないと思うぞ。
> ただ一人歩めっつー有名な一説を知らんのか?

 しらん。 お前らは素朴をしらんのか?
精神が素朴でないと、真の宗教は理解できんぞ。
暗示めいた言葉を使いよって、そんなもんは宗教ではない。
 かくいう俺もそれほど素朴ではないので、犀の角の話も
聴きたい。
その有名な話について、簡単に説明してくれ。





640 :名無しさん@3周年:03/02/24 15:09
>>639
この言葉も知らずに、仏教について偉そうによく語るよなぁ。
自分で本を読まないのなら、知識は人に教えてもらったほうがいいぞ。ひとりでボケーっと考えてても、それは仏教とは言わん。
背伸びもほどほどにな・・・・。

641 :627:03/02/24 17:08
>629
ありがとうございます。
家族に不幸がありまして、仏壇を購入しないといけなくなりまして
参考にします。
葬式の次の日から香典返しやら墓石、仏壇やらのセールスの
パンフなどが凄くで、どれがどれやら分からなくなりまして。

642 :名無しさん@3周年:03/02/24 19:13
>>640
> >>639
> この言葉も知らずに、仏教について偉そうによく語るよなぁ。
> 自分で本を読まないのなら、知識は人に教えてもらったほうがいいぞ。ひとりでボケーっと考えてても、それは仏教とは言わん。
> 背伸びもほどほどにな・・・・。

 真の仏教は 葬式仏教とはわけが違うぞ。
お前らは知識で仏教をやろうとしている。

「仏教読みの仏教知らず」というのをしらんだろ。
そういうお前らが一番軽蔑されとるのだ。
なぜ軽蔑されとるかわからんだろう。




643 :名無しさん@3周年:03/02/24 19:26
>>636
> サンガの否定は仏教の否定。
> ひとりでできるというのは高慢。
> そういうのを独覚という。

 なにがサンガじゃ、かぶれよって。
日本語で喋れ。 それが高慢というんだ。
貴様らの仏教は一寸ばかし仕入れた知識をひけらかすのが
関の山じゃろ。
 仏陀が笑うとるぞ。
恥をしれ。ばか者が。

 初心者が道をもとめとるに、なぜ丁寧に説明できん。
よいか、言葉は飾りではないぞ。
丁寧に説明してやれ。




644 :名無しさん@3周年:03/02/24 19:31
>>640
> >>639
> この言葉も知らずに、仏教について偉そうによく語るよなぁ。

 この言葉だけしってる人


645 :名無しさん@3周年:03/02/24 19:46
>>639
> 暗示めいた言葉を使いよって、そんなもんは宗教ではない。

 日本の仏教は堕落の極致です。
たとえば、ヘルマンヘッセなどの方が真髄を分かりやすくいっていますし、
禅なども、ヨーロッパ人が書いた本の方がわかり安い。もちろん真実を
言い当てています。
 日本における根本的な腐敗は学問に対する態度です。
知識をひけらかすのが目的で、ほんとうに知りたいのではないのです。
 ですから、1000年も前のやり方をそのまま踏襲して
全く平気です。
 あなたもお分かりのとおり、そのような知識は全く応用がききません。




646 :名無しさん@3周年:03/02/24 20:46
>>641
お察し申し上げます。
できればネットだけではなく、
信頼できる方の助言を仰がれた方がよいかと思います。

647 :名無しさん@3周年:03/02/24 21:55
必死やのぅ(wwwwwwwwwwwwww

648 :名無しさん@3周年:03/02/25 00:13
仏教では告知(癌患者などに対する)をどのように捉えていますか?
真実を伝えることが罪になることがあるでしょうか。

649 :名無しさん@3周年:03/02/25 18:27
>>648
各宗それぞれの教団の公式見解は知りませんが、釈尊は、たとえ真実でも相手が悲しむようなことには答えられなかったそうです。
ですから、真実を伝えた結果、その人を悲しませ、苦しませるのなら、罪があるといえるのではないでしょうか。

650 :かなし涙・うれし涙:03/02/25 19:05
罪とか罰とかっていうより「生きとし生けるものは必ず死が訪れる」
という所が、そもそも「仏の教え」の出発点だと思うのですが・・・。

だからこそ、生きている今を大切に・・・という考えが導かれると
思いますですです!

651 :恥をしりました。:03/02/26 00:30
>>643
> 恥をしれ。ばか者が。

妄執の消滅を求めて、怠らず、明敏であって、学ぶこと深く、こころをとどめ、
理法を明らかに知り、自制し、努力して、犀の角のようにただ独り歩め。

声に驚かない獅子のように、網にとらえられない風のように、水に汚され
ない蓮のように、犀の角のようにただ独り歩め。

652 :名無しさん@3周年:03/02/26 01:06
>>643
人に説教たれるまえにてめえで説明しろ。
バカか?おまえ。

653 :名無しさん@3周年:03/02/26 01:06
>>649
>真実を伝えた結果、その人を悲しませ、苦しませるのなら、罪があるといえるのではないでしょうか

その人を一時的に苦しめても、真理への到達を助けるならよろしいのではないのでしょうか。
慈悲ってのは上っ面を取り繕う安っぽい偽善であってはいけないと思いますが、いかが?

654 :名無しさん@3周年:03/02/26 03:09
仏教の信者水増しはどの位?

655 :寝たきりから赤ん坊まで:03/02/26 03:15
さあ?   ここで一句
知らぬ間に、氏子・檀家にさせられてて     日本の人口、2億人? 3億人?

656 :名無しさん@3周年:03/02/26 08:46
>>653
それは相手によって違います。
必ず真理に到達するという保証はありません。
癌患者に告知したからといって、その患者に真理に到達するだけの余命が残されているかどうかはわからないでしょう。

657 :恥をしりました。:03/02/26 08:58
>>652
> 人に説教たれるまえにてめえで説明しろ。
> バカか?おまえ。

それが高慢というんだ。真実に耳を傾けなさい。


658 :名無しさん@3周年:03/02/26 09:00
>知らぬ間に、氏子・檀家にさせられてて
氏子はともかく、「知らぬ間に檀家にさせられて」というのはあり
えない話だな。
檀家であることを親が知らせなかった、とかそういう話だろう。
責任は自分たちの方にあるよ。

659 :寝たきりから赤ん坊まで:03/02/26 10:46
スマソ    言い過ぎでった。
言いたいのは、「信者!」っていうほどの信仰心?
とでも申しましょうかが、ひじょーーーーーに希薄
ってことを強調したかったのれす。

660 :名無しさん@3周年:03/02/28 00:20
>>656
ではどのような相手なら告知も桶なのでしょう。
真理に到達するだけの余命が残されているかどうかはだれにもわからないのでは?
健康不健康の問題ではないように思いますが。


661 :名無しさん@3周年:03/02/28 19:23
>>660
>ではどのような相手なら告知も桶なのでしょう。
告知を受けても耐えられる人、乗り越えられる人、でしょう。

>真理に到達するだけの余命が残されているかどうかはだれにもわからないのでは?
わからないので、告知しないのです。告知された人が、悲しみ、悩み、苦しむだけで人生を終るかもしれないからです。

>健康不健康の問題ではないように思いますが。
>>648から始まっているので、癌患者などに対する告知を問題としてレスしています。

662 :こころのやすらぎ:03/02/28 22:00
>告知を受けても耐えられる人、乗り越えられる人

正に、「みほとけの教え」に触れられれば、この得がたい・
ムツカシイことも体得できるやうになるのでは、そのような
者にならしていただけるのでは!

663 :名無しさん@3周年:03/03/01 00:52
禅宗の起源、少林寺で首座となられたかたです。
http://www.shaolintempleuk.org/inauguration.htm

ふとっちょなので禅のイメージが崩れますた。
どーしてくれる。

664 :名無しさん@3周年:03/03/01 00:53
>>661
では逆に、仏の道を知っていれば告知に耐えられると考えられますか?

665 :名無しさん@3周年:03/03/01 10:29
>>664
> >>661
> では逆に、仏の道を知っていれば告知に耐えられると考えられますか?

 誰が、仏の道を知っているのでしょう?
しかも、なぜ耐えられないのでしょう? 誰でもいづれはそこへいくのに。
おかしなことばかり。



666 :名無しさん@3周年:03/03/01 20:54
>>664
仏の道を知っているということがどういう状態かはわかりませんが、
たとえば執着のない人なら大丈夫でしょう。

667 :名無しさん@3周年:03/03/02 00:37
>>666
ではお坊さんには告知しても大丈夫ですね!

668 :名無しさん@3周年:03/03/02 00:56
>667
お坊さんだって人。月が仏ならば月を指差す手がお坊さんなのではないでしょうか?


669 :名無しさん@3周年:03/03/02 01:15
本当に悟った人(正覚者、如来)ならば告知をしても問題ありません。
坊さんだからといって悟っているかは別問題です。むしろ悟ってない人が多い。日本には生臭も多いでしょう。

670 :名無しさん@3周年:03/03/02 01:44
>むしろ悟ってない人が多い
なんて言うけど、人類で正覚を得たのは釈尊一人じゃないのかなぁ?

671 :ヒバ:03/03/02 01:51
宗派にもよると思いますけど、「坊さん=悟った人」では無く、仏道を歩んでいるとか、歩もうとしてる人であり、それを生臭と言うなら、殆どの坊さんが生臭になるのかも知れないと思います。
ただ、これはしなければならないとかこれはしてはいけないと考えて生きて行く事はとても辛いので、仏教を学ぶのです。
仏教は、何で苦しいのかを教えてくれるものではないかと思います。
予め、辛い事(現実)を想定していれば、それに立ち向かおうとする事も出来ます。
今が楽しければそれでいいやと考えていると、面白くない現実にぶち当たると苦しくなる。腹が立つ。イライラする。
心の持ち様を教えてくれるのが、仏教ではないでしょうか。
ちなみに、僕は浄土真宗を少しかじってます。
でも、僕の意見が正しいかどうかは、各自で判断して下さい。

672 :名無しさん@3周年:03/03/02 08:09
質問させてください

以前、テレビで匿名のお坊さんが、キャバクラで豪遊していたのを
追跡取材していたのですが、そのお坊さんは短髪で
「頭を丸めてると、もてないからね」といってたのですが
頭を丸めるのはきまりとかじゃないんでしょうか?

それと、そもそも頭を丸めるのにはどういう意味があるのでしょうか?


673 :名無しさん@3周年:03/03/02 10:02
>>672
私の聞いた話によると、髪の毛があるとめんどいから丸めてしまうそうです。
まー、髪型などに拘るなと・・・

674 :髑髏仮面 ◆8Z1PfzdK1. :03/03/02 11:11
>>672
>テレビで匿名のお坊さんが、キャバクラで豪遊していたのを

そうゆう坊さんは、最初から仏教には興味がないんだろう。
末寺の後継ぎと思う。

>「頭を丸めてると、もてないからね」といってたのですが

仏教を、遊びのダシにしてたんでは当然そうゆう発想になるな。
いわばこゆう坊主を野放しにしとく檀家が一番悪い。

檀家はなにやってるんかいなぁ!
ゴルァー!
総代を出せ!

675 :名無しさん@3周年:03/03/02 11:16
仏の32相について教えてください。

676 :名無しさん@3周年:03/03/02 11:23
>672です
レスありがとうございました
>674見て思いついたのですが
そもそもお坊さんになるのには誰かに任命されるものなんですか?
檀家さんというのは、いわばスポンサーですよね?
それなら、いわゆる「上司」っていうか人事権を持つ存在って
いるんでしょうか?

檀家さんってスポンサーであると同時に人質だと思うんです(お墓を握られている)
不適格な者を監視するシステムってないのですか?






677 :髑髏仮面 ◆8Z1PfzdK1. :03/03/02 11:54
>>676
>そもそもお坊さんになるのには誰かに任命されるものなんですか?

末寺は、本山の出張所みたいなもんだから、一応は本山の公認が必要。
禅宗は印可証(卒業証書の類)が必要なんだろーけど、これはセクト内だけ通用するもんで、そんなに意味はない。

>それなら、いわゆる「上司」っていうか人事権を持つ存在って

僧侶の師家(師匠)の命令は絶対的な権限があるから、辺ぴなところの飛ばされても文句は言えない。

>檀家さんってスポンサーであると同時に人質だと思うんです(お墓を握られている)
>不適格な者を監視するシステムってないのですか?

監視システムが檀家の「多数意見」。これによって人事権の発動的役割をなす。
だから、つまりは・・・
檀家のほうも、今さらながら僧侶にはそんなに期待もせんし、
とどこおりなく葬式・法事をやってくれれば良いんであって、
その代わり、羽目を外すことだけはしないでくれよ〜。とゆうところでしょうね。
キャバクラ通いは、こうゆうもんは御法度でしょう。いくらなんでも。



678 :髑髏仮面 ◆8Z1PfzdK1. :03/03/02 12:03
(677のつづき)
>不適格な者を監視するシステムってないのですか?

本山への、上納金の未納があれば本山・宗務院は僧侶を首にするでしょう。
ようは金を入れるか、金を入れないかで本山は判定する。
それ以外はあんまり干渉はせんでしょね。



679 :名無しさん@3周年:03/03/02 12:13
あっ、三十三相だった。どんなのありますか?
ドクロ仮面さんおながいすます!

680 :名無しさん@3周年:03/03/02 12:16
>>677
>676です レスありがとうございます
やっぱ、檀家側の意識を高めていくしかないんでしょうね

最近、うちが世話になっているお寺さんが、やんわりと
お布施の額UP!を言ってきたりしてるのですが、
どうやら土地に投資してるらしいんです
・・・もっと堅実に運営してよ!

681 :名無しさん@3周年:03/03/02 12:17
カキコ遅かった
>676です>678さんもありがとうございました

682 :名無しさん@3周年:03/03/02 12:18

つづきだった(ハア〜スンマセン

683 :ひとこと:03/03/02 12:37


オダムドーーーー

684 :髑髏仮面 ◆8Z1PfzdK1. :03/03/02 14:26
>>679
>三十三相だった。どんなのありますか?

ある日、トラックに轢かれそうになったとき、間一髪そこに犬が通りかかって、その刹那なんかの弾みで助かった。と仮定する。
この場合、観音信仰してる人であれば、観音様が犬に化身して自分を助けた。と思うこともできる。
つまり、観音様が三十三の相のひとつに示現したまう。と解釈するのがこの意味。

それぞれの状況において、そこに観音様は三十三の相(変化)により民衆を救済す。
それが観音信仰なるや。

>>680
>どうやら土地に投資してるらしいんです

坊主を堕落させたのは、檀家が「見得」のためお布施を弾むのが元凶かと思う。

私のとこも、お寺建替えの噂があるけど、その額は半端じゃない。
これも結局は檀家の見得か?
坊主はボロ屋で充分かと思ふ。盤珪禅師を見習うべし。

685 :名無しさん@3周年:03/03/02 15:42
>ある日、トラックに轢かれそうになったとき、間一髪そこに犬が通りかかって、その刹那なんかの弾みで助かった。と仮定する。
>この場合、観音信仰してる人であれば、観音様が犬に化身して自分を助けた。と思うこともできる。
>つまり、観音様が三十三の相のひとつに示現したまう。と解釈するのがこの意味。

乞食信心ですか


686 :髑髏仮面 ◆8Z1PfzdK1. :03/03/02 18:24
>>685
観音信仰が乞食信心?
私には分からん。

観音信仰は、観音信仰で良いかと思ふ。
変な概念を挿入すべからず。

687 :名無しさん@3周年:03/03/02 20:56
へんな概念を挿入しようとしているのではありません
乞食行脚なんていうくらいですから、乞食は諏薔薇推といいたいのです
固定観念に囚われるべからず
色即是空 にて調うべし

688 :名無しさん@3周年:03/03/02 21:04
>>684
そういうことなんですか。
じゃあ、びゃくごう相とかはどう解釈すればいいんですか?

689 :乞食:03/03/02 22:03
コツジキ  コツジキ        諏薔薇推!    諏薔薇推!

690 :髑髏仮面 ◆8Z1PfzdK1. :03/03/02 22:35
>>687
観音信仰つうんは、観音とゆう偶像を通して慈悲の心を養うんかと思います。
慈悲ちゅうもんは、もともとある仏性のことですから、観音様はいわゆる方便でいいかと思ふ。
>>688
どう解釈しても、己の心の仏性の権限なるや。
105の示現でよろすいのでは。
さして数字に拘るなかれ。


691 :素顔:03/03/03 12:20
>>690
> 観音信仰つうんは、観音とゆう偶像を通して慈悲の心を養うんかと思います。
> 慈悲ちゅうもんは、もともとある仏性のことですから、観音様はいわゆる方便でいいかと思ふ。

 方便ということは、仏性をそれなりに理解したのちは、取り払うべきもんなんでしょうか?
その方法なりは、なにかありますでしょうか?

「理解の方便といいつつ、別の方便になっている」と、ある種の変質を危惧するものです。
といいつつも、観音様は私の心の中では、尊いものとして(ただそんな感じというだけですが)
感じられます。おそらく子供のころからそんな光景を沢山見てきたせいか、
それとも、権力やその他もろもろに、まみれていないとか、いろいろありますが、
素朴で本来の慈悲に近いかなと思ったりもします。

692 :髑髏仮面 ◆8Z1PfzdK1. :03/03/03 13:25
>>691
>方便ということは、仏性をそれなりに理解したのちは、取り払うべきもんなんでしょうか?

仏性を理解せんでも、例えば他人の子供であっても水に溺れそうな時は助けるでしょ?
本来備わったもん(慈悲)は、縁により顕現するもんです。
良き縁なれば良き慈悲が顕現される。悪い縁なれば人間どこまでも悪くなる。
観音様に手を合わせれば、それだけでも「悪い事」はするつもりになれんでしょうね。
偶像とゆう方便であっても、慈悲の顕現には有効かと思います。

>「理解の方便といいつつ、別の方便になっている」と、ある種の変質を危惧するものです。

方便とゆうのは、方法、道しるべ、それにおいて何らかしらの「気づき」があれば宜しいかと思う。
直指人心。自らの心を指し示せば、自らか答えるであろう。自灯明。
本来にあるもん。父母未生の前の本来の面目。これに気づけが宜しいかと思う。

>素朴で本来の慈悲に近いかなと思ったりもします。

そうそう。森羅万象、はかなさ故のいとおしさ。その心にてそうらえ。




693 :(=^・^=):03/03/03 15:37
>>692
>本来備わったもん(慈悲)は、縁により顕現するもんです。
>良き縁なれば良き慈悲が顕現される。悪い縁なれば人間どこまでも悪くなる。

小さい子どもを観察するに、か弱く無抵抗な虫など見つけたとき、誰に教わる
ともなく平然と踏みつけます。
子どもと虫との出会いという縁自体に、良し悪しはあるのでしょうか。


694 :髑髏仮面 ◆8Z1PfzdK1. :03/03/03 16:38
>>693
>子どもと虫との出会いという縁自体に、良し悪しはあるのでしょうか。

善悪の分別がつかんのなら、簡単に虫を殺すんではないでしょうか。
段々と子供が成長するにつけ、自他・善悪を分別するんでしょうから。
それ以前でしたら主客未分化。
言語を理解するプロセスにおいて二元的概念がインプットされてくる。
それにともない善悪を分別してくる。

695 :(=^・^=):03/03/03 17:13
この世にうつし身を顕わしたときから既に二元的ではないのですか
言語とか自他・善悪を分別しようがしまいが、うつし身自体が縁に
よって生かされざるを得ないのですからね。

696 :髑髏仮面 ◆8Z1PfzdK1. :03/03/03 18:30
>この世にうつし身を顕わしたときから既に二元的ではないのですか

そうですか?
信じられんなぁ・・・。
犬や猫みたいな「毛嫌い」みたいのは二元的とは言わんし、
本当にそんなことあるんだろか?

例えば、美味いか、不味いか、言語は分裂する。

697 :         :03/03/03 18:39
ドクロカメンなるお方にお訊きしたい

匿名掲示板で固定ハンドルネームを使うご心境をお伺いしたい。

698 :髑髏仮面 ◆8Z1PfzdK1. :03/03/03 19:34
>>687
コテハンにすれば、自分のカキコしたもんが直ぐ分かる。

実は、最初の2ちゃんにカキコした時は、名前欄に皆様「名無しさん@3周年 」と書いてるかとおもうたよ。
そうじゃないんだね。
皆さんは、名前欄になんにも書き込みしてないんだね。
後でワカ-タよ。

699 :名無しさん@3周年:03/03/03 19:45
成仏したいと思うことは煩悩ではないのですか?

700 :(=^・^=):03/03/03 19:51
>>696
犬猫人間、自性なるか?
縁起によってしか生きられんじゃろ


701 :髑髏仮面 ◆8Z1PfzdK1. :03/03/03 19:56
成仏とは何ぞや?
成仏して、どうなさるか?
馬祖が南岳に「仏になりたい」と言うた。
南岳は「ならんでええよ」と言うたよ。
だから、ならんでいいんかと思う。
非心非仏。

702 :髑髏仮面 ◆8Z1PfzdK1. :03/03/03 20:01
>>700
自性なるもんは無いかとおもうね。
だから死んでも心配はいらん。
犬猫も悟ってるから心配はいらん。

703 :(=^・^=):03/03/03 20:14
>犬猫も悟ってるから心配はいらん。

184 :髑髏仮面 ◆8Z1PfzdK1. :03/02/10 07:22
>>183
世界は不生不滅・無始無終、調っておるんです。
人間だけは調っておらんのですね。

704 :(=^・^=):03/03/03 20:25
>>696
>例えば、美味いか、不味いか、言語は分裂する

言語以前に分裂、分別してるんでねえの
犬猫も人間も、舌識や鼻識はあるんでねえの

705 :髑髏仮面 ◆8Z1PfzdK1. :03/03/03 20:43
>>704
北大路魯山人は、非常に味覚が発達してるらしく「不味い」が良く分かるんだろう。
これは言語で分別してるんでしょうね。
思考は言語でなされる。
言語がなければ相対分別は出来ない。
つまり、二分割に【割れない】。

犬猫は、二分割に【割れない】。


706 :(=^・^=):03/03/03 21:00
犬猫は、食べる好物と嫌いな物を正直に二分する

707 :(=^・^=):03/03/03 21:08
美味しいときには、鳴き声で喜びも表わす。
人間の様に媚びへつらいが無い分、かえって、それは、
人間の言語より純化された、マントラに近い要素も持ってるかもしれない。
人間の言葉も動物の鳴き声も、基本は息のヴァイブレーションである。

708 :(=^・^=):03/03/03 21:12
息→風(ルン)

709 :髑髏仮面 ◆8Z1PfzdK1. :03/03/03 21:27
>>706
>犬猫は、食べる好物と嫌いな物を正直に二分する

それは、あなた自身が二分してるんであって・・・
また、犬猫を対象化しているんであって・・・
主客がなければ、あなた自身が世界であって、その世界が世界を見てる。これが主客未分化。

犬猫は毛嫌い。つうもんがあるでしょうけど、二分は出来ない。

710 :幸子:03/03/03 21:29
>>709
愛してる

711 :髑髏仮面 ◆8Z1PfzdK1. :03/03/03 21:51
>>710
また、炉利キティーの登場か?
おまえらは、画像みてズリセン掻いててくれ。

絶対に子供に手を出すなよ!
おまらの為に、社会が窮屈になってしもた。

712 :名無しさん@3周年:03/03/04 00:38
そろそろ帰ってね

713 :(=^・^=):03/03/04 20:10
>>709
>主客がなければ、あなた自身が世界であって、その世界が世界を見てる。これが主客未分化。

だったら、↑のように思考すること自体、706スレに対する対象思考なんだよね。人間の頭
は、悲しいかな、いくら口先で無分別とか主客未分化と言ったところで、既に分裂している。
思考するということは、目の前に実際に物理的対象があろうがなかろうが、既に分裂した対
象思考になってるからね。ついでに言わせてもらえば、
<主客がなければ、あなた自身が世界であって、その世界が世界を見てる。>
主客がない、そのないという世界が更なる世界を見るという新たなる主客対立を形成する訳
ですか。主客がないという世界に、〜を見るなんていう属性がどうして発生するんですか。
こういう離れ業が出来るのは、もしかしたら、
唯一にして自ずから成る自在者 → 自性そのもののことを言いたい訳ですか?
↓のあんたのレス発言との整合性がなくなってしまうのでは?
* 自性なるもんは無いかとおもうね。
* 君ありて「われ」あり。
* 「われ」なくば世界は非ず。

>犬猫は毛嫌い。つうもんがあるでしょうけど、二分は出来ない。

毛嫌いと言いきる背景にあるのは、あなた自身に自他の区別があるからです。自分と動物を同等
に見られない、逆に動物にたいしての優位性とか支配欲の表われですよ、それ。よしんば毛嫌い
だとしても、立派な二分なんですよ。
ま、般若心経のマントラを体感できない人には、望むべくもないか。
精進しなされ、髑髏ちゃん!!

714 :髑髏仮面 ◆8Z1PfzdK1. :03/03/04 20:38
>>713
>主客がない、そのないという世界が更なる世界を見るという新たなる主客対立を形成する訳
>ですか。主客がないという世界に、〜を見るなんていう属性がどうして発生するんですか。

言語そのもんが対立概念で成立つんだから、言語を発した時点で既に分別するよ。
だから、この整合性を崩さねばならん。これを無門の関を通過する。
この通過する。つうんが刹那の「気づき」「閃き」なんでしょう。
倶てい和尚が指を立てるんは、この「閃き」の以心伝心。これは直覚の範疇でしょうね。

>唯一にして自ずから成る自在者 → 自性そのもののことを言いたい訳ですか?

世界が世界を見る。これで既に論理的整合性が破綻してるでしょう。

>↓のあんたのレス発言との整合性がなくなってしまうのでは?

なくていいんです。ないのが無門関ですから。
だから【直覚】と言うとんです。認識ではない。二元的論理性が破綻していいのです。

>精進しなされ、髑髏ちゃん!!

理解できずとも良いよ。理解せい。ちゅう方が至難だから。そんで良いんですよ。




715 :名無しさん@3周年:03/03/04 20:42
いい加減、>>1を読んでくださいね。

716 :幸子:03/03/04 20:46
>>715
いやん

717 :髑髏仮面 ◆8Z1PfzdK1. :03/03/04 20:46
>>715
仏教の中論はポピュラーなことだろう?何か?

718 :名無しさん@3周年:03/03/04 20:57
>>1
>ここは仏教についての初心者の質問や、簡単な返答ですみそうな質問に対して、一般的な答えを返すスレッドです。


719 :名無しさん@3周年:03/03/04 21:11
>>699
>成仏したいと思うことは煩悩ではないのですか?

その願望が満たされる事なく、苦しみであるなら煩悩です。

720 :(=^・^=):03/03/04 22:13
>>714
>なくていいんです。ないのが無門関ですから。
>だから【直覚】と言うとんです。認識ではない。二元的論理性が破綻していいのです。

そんなことは言われなくとも自明の理ですよ。特別にあんたに指摘されなくともね。

>* 自性なるもんは無いかとおもうね。
>* 君ありて「われ」あり。
>* 「われ」なくば世界は非ず。

↑発言したことには誠意を示しなされ
唯識もナーガールジュナも都合よく、その場その場の思いつきで使ってるだけじゃないか

>理解できずとも良いよ。理解せい。ちゅう方が至難だから。そんで良いんですよ。

閃きを概念だけで口にするなかれ
直接体験しているか、いないかなんて、よーくわかるよ
あんたの般若心経は、
色即是空と空即是色がいつでも分裂しているんだよ
して、その分裂は己の頭と一如なり
髑髏ちゃんが体得した、唯一の一如だから、誉めて差し上げましょうね。(*^o^*)





721 :名無しさん@3周年:03/03/04 22:17
(=^・^=)にゃあ!

722 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

723 :髑髏仮面 ◆8Z1PfzdK1. :03/03/04 22:38
>>720
>* 自性なるもんは無いかとおもうね。
>* 君ありて「われ」あり。
>* 「われ」なくば世界は非ず。

唯識などカキコせんだろうよ。
縁生・縁滅のことで何で「体験」が出てくるんじゃ?

これがあるとき、かれがある。これが生ずるとき、かれが生ずる。
これがないとき、かれがない。これが滅するとき、かれが滅する。」

これが分からんか?
中論の基本のとこだよ。

724 :名無しさん@3周年:03/03/05 01:55
>>723
そろそろ出てってね。

725 :名無しさん@3周年:03/03/05 07:28
仏壇サイトをチラホラ見てみたのですが
・基本的に、仏壇に祈るのは故人ではなく、阿弥陀如来にだそうで。
故人の霊魂を祀るところではないそうですが
・実家に帰った時、仏壇があると亡くなった親や伴侶に会った気がするでしょう
とか言ってるところもあり双方違うぞと思いますた。
まぁそれはいいとして、例えば好きな人の家に行った時にリビングに仏壇があり
親の写真がその側に飾られていたので、その時に購入したのかなと思いましたが
この場合自分はちゃんとお祈りした方がいいのでしょうか。
一応親が亡くなったという話を打ち明けられたことはあります。
それでもって家には初めて上がらせてもらいました。
自分なりに考えてみて、親に挨拶するという意味で無視するわけにはいかないのかなと
思ったのですが、仏壇には阿弥陀如来がいるわけで
亡くなった方がそこにはいるわけではないので
ある意味、人ん家の阿弥陀如来に祈ることは失礼になるのかなと思ったりもしました。
さて、どうしたほうが一番いいのでしょうか。

726 :名無しさん@3周年:03/03/05 13:22
仏教を知的欲求を満たすもののように捕らえていると>>723のようになる。
>これがあるとき、かれがある。これが生ずるとき、かれが生ずる。
>これがないとき、かれがない。これが滅するとき、かれが滅する。」
>これが分からんか?

えらそうなことを書いているが、実は723自身もわかっていない。
というかわかるわけない。

727 :名無しさん@3周年:03/03/05 19:09
>>725
お祈りする必要はないと思いますが、和室なら正座して合掌して頭を下げればよいと思います。
おっしゃるように、仏壇に亡くなった人がいらっしゃるわけではありません。
それと同じく、阿弥陀如来がいらっしゃるわけではありません。
そこは人それぞれの考え方です。
阿弥陀如来がいらっしゃるのなら、亡くなった人もいらっしゃるでしょう。
要はお祈りするのではなく、敬意を表すのです。

728 :髑髏仮面 ◆8Z1PfzdK1. :03/03/05 19:21
>>726
>えらそうなことを書いているが、実は723自身もわかっていない。
>というかわかるわけない。

ROMしてる人に誤解を与えてはまずいので、一言カキコ。

このスレが、唯物論のスレだったら貴殿は正解なんだよ。
私は特別なことを言うてるんではないよ。仏教スレなんだからね。
説明は遠慮するけど。


729 :名無しさん@3周年:03/03/05 19:52
>ROMしてる人に誤解を与えてはまずいので、一言カキコ

と言いつつ、常に誤解を薔薇蒔く髑髏仮面
本人は全くそれには気づかずに、得意とする妄想性変性意識
の中に恍惚となっている。

730 :髑髏仮面 ◆8Z1PfzdK1. :03/03/05 20:05
>>729
あなたは仏教に興味があるんか?
だったら「三法印」ちゅうとこを勉強なされ。
諸法無我を学ぶのが大事かと思うよ。

731 :名無しさん@3周年:03/03/05 20:10
その前に>>1を読んでくれ。

732 :もとはる:03/03/05 20:26
それ事態が無いのでは、

733 :髑髏仮面 ◆8Z1PfzdK1. :03/03/05 20:27
>>731
何言うとる?
私にレスを振ってきたんで答えてるだけだよ。

答えねば「@質問スレ」にならじゃろーが?

734 :名無しさん@3周年:03/03/05 20:53
>諸法無我を学ぶのが大事かと思うよ

と言いつつ、アナハタを超えられない髑髏先生

735 :もとはる:03/03/05 20:55
733さんへ、 その、あなたの考え自体も、あるし、また、他人に、振り回されるあなたは、つまり無を理解していないのでは・・・?

736 :髑髏仮面 ◆8Z1PfzdK1. :03/03/05 21:50
>>734
唯識論には、さほど興味がないけど・・・。
>>735
勝義諦・世俗諦の二諦。
空に執着するなかれ。

737 :名無しさん@3周年:03/03/05 22:38
736さんへ なんで空をしっているのに、形式じみた事で戦うの!その才能、勉学をもっと教えてあげれば、。 さっき見たけど、素晴らしいよ! ぼくは、あるYES と、ないNOを持っているので、。

738 :名無しさん@3周年:03/03/05 23:21
556 :髑髏仮面 ◆8Z1PfzdK1. :03/02/25 15:21
>>555
森羅万象、対立がないのを「悟る」。
では、「悟る」←も対立がないのか?
しかしながら、これだけは唯一対立せにゃんらん。【悟る】⇔【悟らない】。
・・・・・・・
ど−ですか?
分かりましたか?
対立せねばならん意味が。

よって、これは答えに窮する。

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
髑髏先生の空空空空空空空空空空空空空空空空空空空空空空空空空空空空空空



739 :もとはる:03/03/05 23:35
だから、僕は、無を知ったのです。

740 :名無しさん@3周年:03/03/06 01:46
なんでもいいからもう出て行きなさい!

741 :名無しさん@3周年 :03/03/06 03:58
近所の隣人が家の窓に黄色いお札みたいな物を家中の窓に
貼っているのですがこれはどこの宗教団体に属するのでしょうか?

どなたかお教え下さい。

742 :素顔:03/03/06 13:28
>>740
> なんでもいいからもう出て行きなさい!
おまえがでていけ


743 :髑髏仮面 ◆8Z1PfzdK1. :03/03/06 19:56
>>737
ありがと。
>>738
相対と慧眼は対立す。

それでは邪魔したな。

744 :名無しさん@3周年:03/03/06 20:19
>相対と慧眼は対立す。

>それでは邪魔したな。

相対と鈍眼は不二となる

それでは吟味してな

745 :名無しさん@3周年:03/03/06 20:29
浄土真宗大谷派です。
信仰を深める方法にはどんな方法(儀式?)が必要でしょうか?

創価と比較対比して教えていただけたらと思いまして・・・。

746 :名無しさん@3周年:03/03/06 20:30
そういえば、新興宗教にはまる人はいても、浄土真宗にはまるひとはいないですね。
これはなんでなのでしょうか?

747 :名無しさん@3周年:03/03/06 20:31
>>744
慧眼というのは、禅語で智慧のことです。
「悟る」と「悟らない」は、そもそも認識が違う。
よって一如にはなりえない。
唯一、一如には成りえません。

748 :名無しさん@3周年:03/03/06 20:58
>>747

>慧眼というのは、禅語で智慧のことです.

慧眼というのは、禅の特権でも所有物でもありません
思い上がりも甚だしいですね
固定的観念を崩しなさい





749 :名無しさん@3周年:03/03/06 21:06
禅というのは、髑髏仮面に代表される妄想家が多いのですか?



750 :名無しさん@3周年:03/03/06 21:18
>>741
その家の人にお尋ねください。

>>745
深める必要などないと思います。
そもそも御宗旨をあんなものと比較するとは、侮辱も極まれりと。

751 :名無しさん@3周年:03/03/06 21:20
禅に限らず、人間はたいがいは妄想家です。

752 :名無しさん@3周年:03/03/06 21:21
失礼しました。

753 :名無しさん@3周年:03/03/06 21:26
>>748
智恵を、一般的な意味と、仏教的な特別な意味があるように、
スレの流れの「慧眼」は、これは「智慧眼」のことですね。
ここでいう慧眼は、仏教的な意味あいのものです。


754 :素顔:03/03/06 21:43
>>753
> >>748
> 智恵を、一般的な意味と、仏教的な特別な意味があるように、
> スレの流れの「慧眼」は、これは「智慧眼」のことですね。
> ここでいう慧眼は、仏教的な意味あいのものです。

 智恵は普通の意味と、仏教的な意味でちがうんですか?
 よく分からんのですが、彗眼とか智彗眼とかはどういう意味ですか?


755 :素顔:03/03/06 21:47
>>751
> 禅に限らず、人間はたいがいは妄想家です。

 禅は、数すくない日本の文化ですから、大切にしたいし、
発展させたいとは思いませんか?


756 :素顔:03/03/06 21:51
>>738
> よって、これは答えに窮する。
 
 得意の絶頂ですね。遊んでもらってよかったね。


757 :名無しさん@3周年:03/03/06 21:59
>>754
おばあちゃんの智恵袋。→一般的な意味。
仏の智恵。→仏教的な意味の智恵。仏智

慧眼。→一般的に使われる。
慧眼。→仏教の場合は「智慧」のこと。


758 :名無しさん@3周年:03/03/06 22:57
>>756
>得意の絶頂ですね。遊んでもらってよかったね。

いやいや、変質狂に対する安心施と思われます

759 :名無しさん@3周年:03/03/06 23:13
>>755
>禅は、数すくない日本の文化ですから、大切にしたいし、
>発展させたいとは思いませんか

禅は、数多い外国文化の直輸入のひとつにすぎません。
同じ漢字圏で、翻訳の苦労もしないで、スムーズに、マニュアル化された異国文化
を、上っ面だけそのまま持って来ただけでしょうね。
その上っ面の更に上っ面を分かったつもりになってる道化師もいるんでしょうね。


760 :名無しさん@3周年:03/03/06 23:17
>>757
>おばあちゃんの智恵袋。→一般的な意味。
>仏の智恵。→仏教的な意味の智恵。仏智

>慧眼。→一般的に使われる。
>慧眼。→仏教の場合は「智慧」のこと。

↑出典は何ですか?

761 :名無しさん@3周年:03/03/06 23:24
>>751

>禅に限らず、人間はたいがいは妄想家です。

髑髏仮面を除けば、人間はたいがい謙虚をわきまえてるものです。→ 慧眼

762 :名無しさん@3周年:03/03/07 06:07
禅に限らず、人間はたいがい>>1を理解できるものです。

763 :名無しさん@3周年:03/03/07 07:49
>>760
>↑出典は何ですか?

出典というよりも、もともとが仏教用語で、それが一般化されただけのことです。

764 :素顔:03/03/07 10:55
>>759
> 禅は、数多い外国文化の直輸入のひとつにすぎません。
> 同じ漢字圏で、翻訳の苦労もしないで、スムーズに、マニュアル化された異国文化
> を、上っ面だけそのまま持って来ただけでしょうね。

そういわれて見ると、反論できるほどの知識を持ち合わせていませんが、
日本で独自の発展をしてきたのは、間違いないと思います。
また、あながちあなたの言われていることが、間違いでもないような
気もします。
 しかし
  直輸入ー>文化交流
  上っ面ー>苦労して独自の文化として発展させた。
 という表現の方が、色々な意味でスマート(賢い)です。

 禅をけなすのもいいですが、「他のもの」をありがたがってるんじゃ
ないでしょうか? そのありがたがってるものも、同じような味方を
すれば、同じように、たいしたことないのではないでしょうか?
病名にすると「選択的鬱症候群」でしょうか?
どうせ病気になるんなら「選択的躁症候群」の方がいいかも。

>>763
> 出典というよりも、もともとが仏教用語で、それが一般化されただけのことです。
けいがん
 物事をよく見抜くすぐれた眼力。鋭い洞察力。「―の士」
えげん
〔仏〕五眼ごげんの一。差別・迷執の念を離れて真理を洞察する智慧を眼にたとえたもの。

読み方が違うだけで、たいした違いはない、ということでどうでしょ。


765 :素顔:03/03/07 11:12
>>761
> >禅に限らず、人間はたいがいは妄想家です。
> 髑髏仮面を除けば、人間はたいがい謙虚をわきまえてるものです。→ 慧眼
 
 謙虚をわきまえるのは普通のことですから、慧眼ではなくて、
「謙虚をわきまえないで、やってみることができる」と洞察するのが慧眼ではないでしょうか?
さあ、どのようにできるのでしょう?
その智恵がありますか?


766 :名無しさん@3周年:03/03/07 18:10
>>764
>禅をけなすのもいいですが、「他のもの」をありがたがってるんじゃ
>ないでしょうか? そのありがたがってるものも、同じような味方を
>すれば、同じように、たいしたことないのではないでしょうか?
>病名にすると「選択的鬱症候群」でしょうか?
>どうせ病気になるんなら「選択的躁症候群」の方がいいかも

禅をけなすとか 「他のもの」 をありがたがるとか、たいしたことないとかいう、
そういう二元論的思考が、そもそもにおいて「選択的躁鬱症候群」ではないでしょうか。
それって、ともすれば、単純な上昇志向を生み出しかねませんね。



767 :名無しさん@3周年:03/03/07 18:18
>>765
> 謙虚をわきまえるのは普通のことですから、慧眼ではなくて、
>「謙虚をわきまえないで、やってみることができる」と洞察するのが慧眼ではないでしょうか?
>さあ、どのようにできるのでしょう?
>その智恵がありますか?

謙虚をわきまえるのは普通のことですし、慧眼=智慧眼です。(笑
普通のことですから、それは自然体であり、特別に構えながら、
<〜〜〜やってみることができる>と意識過剰になるものでもございません。
さあ、どのように〜〜〜ありますか?と問うこと自体、愚問です。


768 :名無しさん@3周年:03/03/07 20:21
>>763
>出典というよりも、もともとが仏教用語で、それが一般化されただけのことです。

もともとが仏教用語なら、尚更に出処となる経典や経論はあってもよさそうですがね。


769 :素顔:03/03/07 20:28
>>766
> 禅をけなすとか 「他のもの」 をありがたがるとか、たいしたことないとかいう、
> そういう二元論的思考が、そもそもにおいて「選択的躁鬱症候群」ではないでしょうか。
> それって、ともすれば、単純な上昇志向を生み出しかねませんね。

 あ、それは、ちょっと違います。おそらくそれは、「味噌も糞も一緒」
というやつです。

>>767
> 謙虚をわきまえるのは普通のことですし、慧眼=智慧眼です。(笑
> 普通のことですから、それは自然体であり、特別に構えながら、
> <〜〜〜やってみることができる>と意識過剰になるものでもございません。
> さあ、どのように〜〜〜ありますか?と問うこと自体、愚問です。

なるほど、くそ坊主、煮ても焼いても食えん。(藁
愚問であった。


770 ::03/03/08 15:20
尼さんが住職のお寺探しています。ご存知の方お知らせください。

771 :名無しさん@3周年:03/03/08 16:19
胎蔵界って、何を指すの?
六道でもないし・・・。


772 :有名どころ:03/03/08 18:44
>>770
有名人・瀬戸内寂聴しぇんしぇーの京都・嵯峨野の
寂庵は、いかがですか???

773 :名無しさん@3周年:03/03/08 19:32
>>771

たいぞう‐かい【胎蔵界】
密教で説く両部・両界の一。大日如来を慈悲または理(真理)の方面から説いた部門。胎蔵は母胎の意で、一切を含有することにたとえる。その表象は蓮華。なお、もともと経典には胎蔵界の語はないが、金剛界に合せてこういう。たいそうかい。大悲胎蔵生。⇔金剛界。
[広辞苑第五版]

774 :名無しさん@3周年:03/03/08 19:59
オウム ヴァジュラ サットヴァ フーム ← 金剛薩捶の小真言

775 :名無しさん@3周年:03/03/09 04:01
>>772
アサヒ文化人に毒されるぞ。

776 :髑髏仮面 ◆8Z1PfzdK1. :03/03/09 06:37
【宗教に入れば何もかも解決する?救われる?】
http://etc.2ch.net/test/read.cgi/utu/1047103514/l50
【速報】宗教板の炉利キティーが、メンヘル板で大暴れ!【悲惨】



777 ::03/03/09 11:03
お知らせ有難う御座いました。

778 ::03/03/09 11:10
有名どころさん!お知らせを頂き有難う御座いました。
瀬戸内寂聴しぇんしぇ、ですね、有名すぎて忘れてました。

779 :ウソは、よくないな。:03/03/09 12:07
>>【宗教に入れば何もかも解決する?救われる?】
  http://etc.2ch.net/test/read.cgi/utu/1047103514/l50
 【速報】宗教板の炉利キティーが、メンヘル板で大暴れ!【悲惨】

私ごとではありますが、青春期におきまして精神疾患の経験があります。
                                    今も、だろ!

780 :名無しさん@3周年:03/03/09 12:32
>>779
こっら!
おまえ、メンへル板荒らすなよ!

メンヘル板ボードの注意書きをよく見ろよ。
あそこは独自のルールがあるんだから・・・。

781 :名無しさん@3周年:03/03/09 12:50
>>780
荒らしてるのは名無しの髑髏

782 :名無しさん@3周年:03/03/09 17:55
     ***髑髏先生の珠玉の御言葉***

303 : 髑髏仮面 ◆1PfzdK1. 投稿日: 02/07/08 05:09

Mは、身体の一部に傷を残したがる。私はお尻に鞭をいれました。
これはたぶんクセになると思う。→Mの方が・・・

あと、マ〇コにリングをハメました。
「これは絶対取ってはならぬ」。と命令を下しました。
この「命令」の抑圧感がなんともいえないんでしょう。Mというのは。
今ごろは悦楽に浸っているかと思います。痛いケツを撫でながら・・・。

鞭を入れた瞬間のMの表情が何ともいえぬ。
私は、マ〇コよりあの表情の方がずっと良い。と思う。

332 : 髑髏仮面 ◆1PfzdK1. 投稿日: 02/07/11 18:45

何事も段階とゆうものがありますから、今は馴れることに精進したら良いであろう。
最終的には、年代ものの肥後随喜を差し込みます。
おそらくは幾多?の女性がこれにて昇天し、愛液の沁み込んだものかと想像できる代物です。
因果が巡って、私がその代物を手に入れることが出来ました。
こう言ってしまえば、「電動式が良かろうに」と思うやもしれませんが、さに非ず。比べものになりませぬ。
この恩恵に浴するも境地の問題。その時期がくればそのようにいたします。
「道」を極め、「女」を完成させたら良かろうに思う。
そなたの心次第。いかようにも会得は可能であろう。


783 :名無しさん@3周年:03/03/09 23:44
私は宗教にはてんで興味がないのですが、仏教の世界では入れ墨をいれてもいいんでしょうか?
ちなみに不動明王の入れ墨を入れたいのですが。
この前、田舎に帰ったときに祖母の実家で見た本に自分の守り神?みたいのがお不動様だったんです。
自分は以前から何かの守り神的存在の入れ墨を入れたいと思っていました。
どうなのでしょうか???

784 :名無しさん@3周年:03/03/10 00:49
>>783はヤクザさんですか?

785 :名無しさん@3周年:03/03/10 00:51
出家修行者などはSEXしたくなった時はどうしてるんですか?

786 :髑髏仮面 ◆8Z1PfzdK1. :03/03/10 11:09
>>783
新潟の温泉場で、背中一面の観音様の刺青を見たことありますね。
紺・紅・緑の三色。これは実に見事なもんです。
彫師の腕が良いんでしょうか?
あれはおそらく、遠山金四郎もマッツァオかとおもますね。

刺青も若いじぶんには良いかもしれが・・・
自分の子供と風呂にでも入ることを想像してごらんよ。
傍目には見っとも無い。

これは当人の好みだけどね。
宗教的にはノーコメント。


787 :名無しさん@3周年:03/03/15 01:32
往生というのは、往って生きるということなんですか?となると
私たちの魂は ずっと生き続けているのですか
何か言葉いただけたらうれしいです

788 :名無しさん@3周年:03/03/15 12:06
>>787
往生というのは、往き、生れる、だと思います。
ただ「生きる」でも、まんざら間違いではないと思います。

>私たちの魂
とか、そういう問いには、仏教は答えないことになっています。
いわゆる無記というものです。

もし本当に知りたいのであれば、あなた自身が往生するか、
もしくは往生決定するかしてください。

789 :名無しさん@3周年:03/03/15 13:15
お釈迦様の法は、いきとし生けるものが必ず直面しなくてはならない、「生老病死」
に真正面から向き合う法ではないでしょうか。生があっての死であるのに、どうして、
死後のことには無記であるばかりか、そのことを問うことすら邪なんだというような
風潮には、私はどうも納得いきません。片手落ちな対処だし、中道からも離れちゃう
ような気がします。十ニ縁起でも老死で終わっている訳ですから、やはり死後のあり様
が分からないと、いわゆる順観とか逆観による縁起縁滅も不都合が生じてしまうのでは。
お釈迦様ほどの人なら、深い禅定に入って、大脳生理学的働きの範疇を離れた超意識の
中に入る位、充分に可能だったはずです。

無記は本当に、仏教最大のミッシングリンクのようなものだともいえましょうか。


790 :名無しさん@3周年:03/03/15 13:25
こんにちわ。
浄土真宗の門徒です。

ところで、うちの宗教は般若心経を読んではならないそうですが
ともに大乗仏教という話も聞きます。どうなんでしょうか?
そもそも、仏教であれをしてはいけない。これをしなくてはならないということは
成り立つのでしょうか?

791 :名無しさん@3周年:03/03/15 13:42
般若波羅蜜多を唱える変わりに、南無阿弥陀仏と唱えてるだけではないでしょうか。
般若波羅蜜多が法界なら、南無阿弥陀仏は報身の浄土ではないでしょうか。
五仏五智、全体性のまとまりということで、ランク付けすることもないと思います。
般若心経を唱えたからといっても、阿弥陀様とてお怒りにはなりますまい。

792 :790:03/03/15 14:10
>791
ありがとうございます。
参考になりました。
確かに私もそう思いましたが、
ただ、インターネットで調べていると、
浄土真宗は他力本願で般若経は自力で他力本願を信じる人は自力で悟ろうとしてはならないと
あるホームページで書いてあったものですから少々不安になったのです。


あと、ランク付けをするつもりはないのですが、
いろいろな仏典や経を読んでみたいと思ったのです。
真宗では扱ってない法華経やゆいま経等を日本語に翻訳したものをよんでみて、
奥深いものを感じます。

793 :名無しさん@3周年:03/03/15 16:36
他力とは、法を帰依処とし、我見ではなく真理を選ぶ。
自力とは、自己を帰依処とし、他者の経験ではなく、自己の経験を根拠に真理の
吟味をする。という風にお釈迦様も仰られているそうですから、両者は、互いに
矛盾しあう関係ではなく、補完しあう関係にあり、まさしく中道に敵った修行法
だと思います。


794 :髑髏仮面 ◆T3kw04asSo :03/03/15 16:55
>>792
私は禅宗のほ−ですが、一度だけ浄土門の方に「如来界に土足で入っちゃいかん」。
と言われたことがありますね。
これは、どうゆう意味なんだか具体的には分かりませんが、その宗派によって考えがあるようです。

>浄土真宗は他力本願で般若経は自力で他力本願を信じる人は自力で悟ろうとしてはならないと
>あるホームページで書いてあったものですから少々不安になったのです。

ある意味これは正解なんでしょうね。
ちなみに私は般若心経ひとつで充分ですが。

臨済宗で法華経を学ぶらしいけど(これは分かる)、曹洞宗でも法華経は学ぶらしい。
依書とゆうより参考書程度なんでしょうけど。


795 :名無しさん@3周年:03/03/15 20:55
>>789
>十ニ縁起でも老死で終わっている訳ですから、

つまり、死後のことには言及されていないわけですね。
無記というのは、それらのこと(死後etc)が、求道において無益、苦の消滅に役に立たないからです。

>>790
浄土真宗を名乗るならば、般若心経を行にするのはおかしいです。
一心一向に弥陀をたのむ宗旨だからです。
もちろん、行ということではなく、単に読むだけならなんの不都合もないと思います。

>>793
自力とか他力とかは、お釈迦さまは仰しゃっておられない筈ですが。

796 :名無しさん@3周年:03/03/15 21:49
>>795

>自力とか他力とかは、お釈迦さまは仰しゃっておられない筈ですが。

直接には仰しゃってはいないでしょうが、説法の文脈からして、自力と
他力を暗に仰っている部分はあると思います。仏教原理主義になるのは、
どうかなとも思うんです。例えば仏典に、「修行者は裸で托鉢をするべし」
と記されていた場合、暑いインドならともかく、冬の日本ではどうかなとも
思いますし。経典にしたって、自由闊達な創造的解釈が求められてしかりだ
と思うんです。>>791スレは私がしました。浄土真宗の教義も知らない者が、
もしかしたら、重大な無責任発言をしたとすれば、お詫び致します。何分に
も造作には無頓着な性分ですので。あしからず。

797 :790:03/03/15 21:55
>794
そうですね。真宗でもいろいろありますから、
結構意見が分かれることもあるみたいです。

>795
>浄土真宗を名乗るならば、般若心経を行にするのはおかしいです。
>一心一向に弥陀をたのむ宗旨だからです。
確かに、真宗は最終的には阿弥陀さまに救いを求める宗教ですが
一心一向たのむとは違う気がします。
一般に真宗は何もしない人たちの集団、果ては宗教ではないとまで言われたりしますが、
「悪人正機」にみられるように、親鸞聖人様は
何事も許されないことはないということを説きたかったように思います。
反対に解釈をすれば、何をされても許すこと。
そんな生き方をしなさいとう教えだと解釈をしております。
どんな人でも許せるようになるには、精神の修行が必要です。

決してたのむだけが真宗ではないのです。

798 :名無しさん@3周年:03/03/16 10:37
>>796
>仏教原理主義になるのは、どうかなとも思うんです。
>経典にしたって、自由闊達な創造的解釈が求められてしかりだと思うんです。

これには同意しますが、ただ経典にある事実とそれの解釈とは混同すべきではないと思います。
ちなみに、自帰依=自力、法帰依=他力、というのは一つの解釈として認めますが、私的には、自力なら両方とも自力、他力なら両方とも他力だと思います。

>>797
>一心一向たのむとは違う気がします。

一心一向に弥陀をたのむ御宗旨と聞いております。
それは違うというご意見に遇ったのは、あなたが初めてです。

>決してたのむだけが真宗ではないのです。

この当否は別としても、「ないのです」と言われるほどお分かりなら、
>>790のような疑問など初めからあるまいと思われます。

799 :名無しさん@3周年:03/03/16 19:43
「無」と「空」は、どう違うのですか?

800 :名無しさん@3周年:03/03/18 13:16
>>799
正直わかりません。
漏れ聞くところによると、
それらは知識としての概念ではないようです。
御自身でみづから親しく体験してください。

801 :名無しさん@3周年:03/03/18 15:56
彼岸て何ですか?

802 :名無しさん@3周年:03/03/18 16:51
>>801 仏の世界。悟りの世界。無為。涅槃。浄土。常住の世界。


803 :名無しさん@3周年:03/03/18 17:22
>802
春分・秋分の前後3日間を彼岸て言うみたいだけど、
どういう意味なんですか?

804 :花祭り:03/03/18 18:52
>>803

いちいち質問するまえに、自発的に調べることが一番大切なのでは?
○○の一つ憶えみたいに、質問質問質問だけでは進歩は望めません。


805 :NB ◆0buMLZ/Vxc :03/03/18 19:14
他力の「信」を、特に「聞信」とも「聞即信」表現します。
この私にかけられた弥陀・釈迦ニ尊の願いを聞きひらいてゆく心。親鸞聖人のお言葉には
「聞くところを慶び、獲るところを嘆ずるなり」とも表現されるところです。
まあ、よく「聞こえたまんまが信じたまんま」なんて言いますけど、お念仏から何が聞こえて
くるのかといえば、自分のありのままの姿と、そのありのままの姿を救う法門のあることの
頼もしさ(あ、弥陀をたのむ。の「たのむ」は信頼・信順する意味の「たのむ」ですね)が
聞こえてくるんですね。
たとえて言えば「闘病」なんて言葉がありますけど、治療法があることを聞き知って初めて、
自分の病状を逃げずにきちんと見据えることができたり、あるいは、逃げずにきちんと見据える
ことを教えられて初めて、自分のための治療法のあることの頼もしさが実感されたり。
まあ、このたとえはちょっと乱暴なような気もしますが、大体そんな感じでしょうか。
その意味で「自灯明・法灯明」が他力信心を得る人の生活の姿となります。

で、一心一向に弥陀をたのむのが真宗の宗旨ですけど、「一心」といえば、ほぼ必ず如来の本願です。
「一向」はふたごころなく。まあ、「逃げずにきちんと見据える」の意味としていいでしょう。
「たのむ」は上にも少し触れましたが、「信をおく」こと。これら三つの単語の心がすべて名号
そのものの功徳によって与えられる心であればこそ、聞即信の他力の信心となります。
(ちなみに、真宗では南無阿弥陀仏は「阿弥陀仏に南無します」ではなく、「阿弥陀仏に南無せよ」
の釈迦・弥陀ニ尊よりの絶対の命令です)


で、お彼岸については「今日いずる、春の中日の朝日こそ、まさしく西の、方は指すらめ」
(藤原為家卿御歌@平安時代)とあるように、太陽が真東から昇って真西に沈む時節にあたって
西方極楽浄土=悟りの彼の岸を偲び慕う時節がお彼岸ですね。
まあ、暑からず寒からずの仏道修行に最適の時節という意味なんかもありますが。
その外、他のご宗旨でも色々に説明されるところとは思いますが、まあ、とりあえず。

806 :NB ◆0buMLZ/Vxc :03/03/18 19:17
あああ、なぜかまたトリップ違うけど…。はぁ。。。

>他力の「信」を、特に「聞信」とも「聞即信」表現します。

を、他力の「信」を、特に「聞信」とも「聞即信」とも表現します。
に訂正。

>>804
んなこと言ったらこのスレの意味ないじゃあああん。
まあ、コテハンはあんまり居つかないようにしときますけど…。

807 :799:03/03/18 22:47
「有」と「無」が同じなように「ゼロ」と「無限」が同じなように、
「無」も「空」も自分では同じだと思ってる。

でも私は仏教を学んでる訳じゃないので学んでる人はどうなのかな?と思いました。

808 :名無しさん@3周年:03/03/19 08:43
本当に仏教を学んでいる人は、知識をもてあそんだりはしないものです。

809 :名無しさん@3周年:03/03/19 09:04
>>808
そうでしょうね。
空とか無のテーマはタブーですね。

810 :名無しさん@3周年:03/03/19 09:15
>>809
タブーではありません。
正直、手に余るというだけです。

811 :名無しさん@3周年:03/03/19 10:06
>>810
本当に仏教を学んでいる人は、知識をもてあそんだりはしないものです。


812 :名無しさん@3周年:03/03/19 10:13
阿弥陀如来って何なんですか?
お釈迦様のことなんですか?
仏教の事分からないのでどなたか教えてください。

813 :名無しさん@3周年:03/03/19 10:43
>>812
南無阿弥陀仏は、阿弥陀仏に帰依するという意味です。
ただ帰依すればいいのです。
それだけのことです。

814 :名無しさん@3周年:03/03/19 11:13
>>813
なぜに称名念仏なのか知ってますか?
人間には障りが多すぎるからです。
観想には耐えられんからです。
開祖は、さすがにそこんとこ、分かってたんでしょうね。

815 :名無しさん@3周年:03/03/19 11:16
本当に仏教を学ぼうと思えば、知識、法に関心がないと始まりません。

816 :名無しさん@3周年:03/03/19 11:31
>>813
あのー、すいません、
私は「阿弥陀如来」が何なのかを教えて頂きたいのですが・・。
やっぱり下知識が必要なのでしょうか。

817 :名無しさん@3周年:03/03/19 11:55
>>816
阿弥陀如来はお釈迦さまではない仏さまです。

818 :名無しさん@3周年:03/03/19 12:51
>>816
>やっぱり下知識が必要なのでしょうか。

無学文盲でも「なむあみだぶつ」と、唱えるだけでいいです。

819 :名無しさん@3周年:03/03/19 12:53
阿弥陀如来はインドから遠く西方にある浄土にいる仏だとお釈迦さん自身が言ってるよ。

820 :名無しさん@3周年:03/03/19 14:04
にんにきにきにき、にんにきにきにき、

821 :名無しさん@3周年:03/03/19 15:10
教えて下さった方有難うございます。
少しずつ勉強していきたいと思います。

822 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

823 :名無しさん@3周年:03/03/19 16:55
>>811
いーーー!
僧院の中ではそんなタブーはないでしょう。僧侶達は空や無をあーでもない
こーでもないと議論しながら仏教を存続してきたんじゃないのですか???
だから「同じ」仏教でも宗派で言ってる事が違っていくるんじゃないですか?
自分達は専門家だからよくて、衆生は素人だからダメということなんですか?

824 :名無しさん@3周年:03/03/19 21:31
タブーって…「無」や「空」を避けて仏教が学べるのですか?
随分と高いところにいらっしゃるような物言いですね。

825 :名無しさん@3周年:03/03/19 21:36
本当に仏教を学んでいる人は、知識をもてあそんだりはしないものです。


826 :名無しさん@3周年:03/03/20 07:23
空や、無を語ったり、探求することが、知識をもてあそんでいることと=する
わけではないよね。
ただ、安易な空語り、無語りはPTOを考えないと、自分も傷つくし、言われた
相手も、傷ついてしまうだろうね。

827 :名無しさん@3周年:03/03/20 13:47
すみませんが、質問させてください。
旦那の実家が創価学会員なのですが、お彼岸はどうすればいいのでしょうか。
お花とか・・・。
ちなみに、昨年10月に義父が亡くなりました。
かなり、遠方なので、お花をおくればいいですか?
お花代をもし送るとしたら、いくら包めばいいのでしょうか?

828 :名無しさん@3周年:03/03/20 14:29
>僧院の中ではそんなタブーはないでしょう。僧侶達は空や無をあーでもない
>こーでもないと議論しながら仏教を存続してきたんじゃないのですか???
>だから「同じ」仏教でも宗派で言ってる事が違っていくるんじゃないですか?
>自分達は専門家だからよくて、衆生は素人だからダメということなんですか

僧院とか大伽藍のなかといった、特殊な空間の中に無や空を求めるのが、そもそもの
間違いなのです。そういうところには、得てして単なる知識とか修業体系がある
だけでしょう。また、無や空は簡単に質問して得られるものでもありませんから、本当
に学ぼうと思うのであれば、何よりもあなた自身が発菩提心を起こして、道を歩むこと
ですね。局処性をもたない無や空なれば、宗派によって?なんて考えることも必要ではあり
ません。返ってそれは、無や空への限界、限定付けをもたらしてしまうでしょうから。

829 :名無しさん@3周年:03/03/20 15:13
日本の仏教って
元祖釈迦の教えとだいぶちがうみたいなんですが。
同じなの?同じなら小乗の人たちと意見の対立とか
はないはずなんですが。

830 :名無しさん@3周年:03/03/20 16:02
本当に仏教を学んでいる人は、知識をもてあそんだりはしないものです。


831 :名無しさん@3周年:03/03/20 16:14
本当に仏教を学んでいる人は、法という知識を真摯に求めるものです。
>>830のような高飛車な物言いこそ、返って知識を腐らせるだけです。
もったいぶることこそ、宝の持ち腐れでしょう。

832 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

833 :ソーシキ仏教:03/03/20 16:20
>>829
ちと過激なことを言えば、「仏教の歴史とは、仏教から遠のいていった歴史」
と言う人もいるくらいだよ。

834 :名無しさん@3周年:03/03/20 17:14
>>828
私は別に、そういう特別な場所に、空や無を求めたりしていませんよ。そんな事は
言っていないつもりです。ただ、811の物言いとして「本当に仏教を学んでいる人」
などと言うから、僧院の中の僧侶達を私は思い浮かべたということです。
釈尊の正覚を、あーでもない、こーでもない、と解釈して存続してきたのが教団と
しての仏教でしょうからね。仏教の原点に釈尊の正覚があるわけですから。
実相としての空や、無は、ある教団、教義としての「仏教」には限定されるもので
はないと仰っているわけですよね???

じゃあ、本当の仏教って端的に言って何ですかって疑問が出てきますよね…

私なら「御釈迦様の教えが仏教なんだ」と取り敢えず答えるが…
御釈迦様の教えって何ですか?と問われれば「三宝印、四諦、八正道と言うものが
そうなのだそうだ」と、取り敢えず答えるでしょうか。。。
空や、無ではないんですね。これには別に異論があっても構いません。

835 :髑髏仮面:03/03/20 17:25
>>834
なるほど

836 :名無しさん@3周年:03/03/20 18:32
>>835

髑髏塚から迷い出たのか?
クローンかな

837 :名無しさん@3周年:03/03/20 18:35
諸行無常
諸法無我
涅槃寂静

の根底に流れているのが、空とか無ではないでしょうか

838 :名無しさん@3周年:03/03/20 18:40
本当に仏教を学んでいる人は、知識をもてあそんだりはしないものです。


839 :チーン:03/03/20 18:47

ましてや、葬式業なんぞに・・・・・

840 :名無しさん@3周年:03/03/20 19:07
★☆★☆★☆★☆★☆★WORLD PEACE NOW 3.21★☆★☆★☆★☆★☆★

いわゆる“右”の人も、いわゆる“左”の人も、仏教徒もキリスト教徒も
創価学会員も、ヲタクもヒッキーも、この事態をまじめに考えましょう。
2ちゃんねらー(モナー見たぞ!)も3月8日のパレードに多数参加しますた。

3月21日(春分の日)
◎ピースラリー(集会)13:00 
◎ピースパレード出発 13:30
《パレードコース》銀座コースとアメリカ大使館周辺コースの2コース
◎場所:芝公園23号地(東京タワー下)
◎交通:【鉄道】日比谷線神谷町駅下車徒歩9分/都営三田線御成門駅下車徒歩5分/
都営大江戸線赤羽橋駅下車徒歩7分/都営浅草線大門駅下車徒歩8分/JR浜松町駅下車徒歩15分
どんな戦争もいやずら!
http://www.worldpeacenow.jp/

■◇■なお当日、行進中の歩行喫煙はご遠慮ください■◇■

↓おまけ
http://www.brain-jack.com/sign/0210_sign.html

841 :名無しさん@3周年:03/03/20 19:58
本当に仏教を学んでいない人は、知識と議論することすら出来ないものです。

842 :髑髏仮面:03/03/21 09:57
仏教は善悪をあいまいにするカルトじゃよ

843 :名無しさん@3周年:03/03/21 10:40
質問だけれど、昨日雑貨屋でタイやらインドやらの神様の
像みたいなのを5,000円で買ったんだけれど、
この像の名前が知りたい。

人間の身体で顔は象、手が4本あります。
これって何の神様?

詳細キボンです。


844 :名無しさん@3周年:03/03/21 11:05
仏教は善悪を単純に峻別するだけの薄っぺらな宗教じゃないよ

>>834
ガネーシャのことですか

845 :名無しさん@3周年:03/03/21 11:56
>>844

ガネーシャで検索しました。
まさしくガネーシャでした。
ありがとうでした。


ところで私は♂なんだけれど、ガネーシャを自宅で飾ってても
問題ないんでしょうか?

ガネーシャ自体が♂みたいなんだけれど、、、
そんな心配はいらないっすか?

846 :名無しさん@3周年:03/03/21 18:25
>>837
三宝印の底流に、あるんでしょうね。でも、それは御釈迦様でも誰かに教えられる
ようなもんじゃなかったんだと思います。それぞれ、本人にしかできない。
そこへ辿り着くための方法として御釈迦様が説かれたものが仏教の始りですよね。

847 :名無しさん@3周年:03/03/21 19:39
富山県の「神通川」「常願寺川」の「神通」「常願」って、観音経に
出てきますよね。
暴れ川を観音経で治めようとしたんでしょうかね?
マジレス頼む。

848 :名無しさん@3周年:03/03/21 20:16
>>846
釈迦牟尼は6年間の苦行によって肉体の汚れを浄化された後、菩提樹の下で瞑想に入られ、
悟りを開かれました。当時のインド社会のアートマン説に対して、真っ向から対立する無我説
を打ち出したので、最初は大分、異端視もされたらしいです。
後の中観派の龍樹の出現は、お釈迦様自身が予言されていたらしいです。


849 :名無しさん@3周年:03/03/21 20:20
>>845
偶像は偶像です。
その偶像とあなた自身が如何につきあうか、ひとえに心の問題なのでは。
制約なんてないでしょう。

850 :名無しさん@3周年:03/03/21 20:22
>>846
三宝印というのは、お墨付きの証印みたいなものでしょうか?

851 :847:03/03/21 20:27
>847
どうよ。専門家の皆さん。

852 :名無しさん@3周年:03/03/21 20:39
>>851
マジレスで、初めて知り申した。
解釈が超観自在ですね
あっぱれ、あっぱれ、あっぱれなるかな
善男子よ

853 :名無しさん@3周年:03/03/21 21:18
>847
別に観音経に限らないと思うよ。
とりあえず 神通 常願 のキーワードで検索してみたら。

854 :名無しさん@3周年:03/03/21 21:25
     -──-
   /      \
   |  ⌒ヽ ⌒ |
   |   ー | ー |   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  (ゝ    c..っ  ノ) <  瀬戸内寂聴です
   ヽ  ノー─ ソ   |  戦争反対です!
   _ゝ───/_  .\_______
 /  | |\  /| | \

855 :名無しさん@3周年:03/03/21 22:15
>>848
お釈迦様というのも、謎に包まれた人物ですよね。お釈迦様がこー云ったとか、あー云った
というのには、私はあまり厳密にはこだわらないようにしてます。
わけわかんなくなってしまうから。。。

当時にしても、既成の宗教、思想にとっては釈尊の説かれた事は、挑戦的に思えたという
ことでしょうね。
でも、御釈迦様は周りとの調和というのを大事にしていたんじゃないかなあ。
異端視されてもイエスのように、やたら挑戦的な態度は少なかったんじゃないかと思いま
す。まあ、風土的な意味での気性の激しさもイエスの場合、影響があるようですけれどね。

しかし、少し仏教史について調べて見たところ、ダイバダッタの事がどーしても気になる。
だって大体において寛容で、大らかな精神の仏教徒が、ことダイバダッタの事となると、
もう、憎悪を剥き出しにして、散々にこき下ろして、悪の権化のように扱っているんです
からね。なんか不自然な感じがしてきます。

856 :山崎渉:03/03/21 23:56
(^^;)

857 :名無しさん@3周年:03/03/22 19:03
>>855
そうなんですかぁ。イエス様がやたら挑戦的なお人だったとは、初耳です。

ダイバダッタのこと、改めて調べてもみました。
仏教史の中で言われていることは、参考程度にすればいいのではと。その寛容で大らかな
精神の仏教徒が、釈迦滅後100年にして、根本分裂していく訳ですから。そんな状況の中で
書かれた文献なら、尚更のこと、あら、そうなの!?位の認識で十分でしょう。六世紀の頃
にはまだ、ダイバダッタ系の仏教教団は、北部インドで存続していたとのことです。釈尊を
認めないとか、釈尊の変わりに過去仏を崇める教え云々よりも、釈尊とダイバダッタ、両者
の求むるところが何だったのかのほうが大切だと思います。


858 :名無しさん@3周年:03/03/22 22:28
先ほど幼少時代の友達に、冨士大石寺顕正会というのに勧誘され、知らない間に入信させられていました。
HPで色々調べてみると、どうやら怪しい感じなので、今すぐにでも脱退したいです。
何か良い方法はないのでしょうか。

859 :名無しさん@3周年:03/03/22 22:45
法華経とかには甘利詳しくもないし興味もないのですが、どこがどんな風に
怪しいのか。なら怪しくない教団とゆうのはどうゆうのがその条件を満たす
怪しくない教団なのかをあなた自身が判断なされば済む事でしょう。
幸にジャポンとキタチョソとは違い舞すから、脱退したいと申し出ても、収容所送り
になることはありません。

860 :名無しさん@3周年:03/03/22 22:49
髑髏仮面は死んだのか?

861 :名無しさん@3周年:03/03/22 22:55
今、現在、バルドーにてカルマの審判を受けています。
人間界にもどることもありません。

862 :名無しさん@3周年:03/03/23 08:35
>>860
髑髏氏は他板に行かれました。
きっと、ご自身のスキルを何かに生かしたい。というお気持があったのでしょう。

863 :名無しさん@3周年:03/03/23 09:22
>>857
いやぁ。イエス様が「挑戦的な人」と言うのは、ちょっと言葉が正しくなかった様です。
「情熱的な人」の方がより近い表現なのかなと思っています。

でも、あなたの仰る通りですよね。私も、あまりにもダイバダッタに対する仏教徒達
の残した文献が酷なので、何故なんだろうと疑問を持っておりましたが、歴史に残る
仏弟子達といえど、普通の人間だったということを、つい忘れておりました。

しかし、釈尊存命当時に分裂した宗派というのはダイバ宗位なものだろうと思うんで
すが、釈尊の正覚から始り、根本分裂から更なる分裂へと向かってしまった仏教ですが、
その根本に宿しているものというのが、やはりあるんだと思うんです。
その根本にあるものを、当時からダイバダッタは外してしまったという事でしょうか。

うる覚えなんですが「ここには涅槃を求める道と、力を求める道の二つがある」という
ような釈尊の言葉を記憶しています。この辺からダイバダッタは外してしまったのかも
知れませんね。レス有難うございました。

864 :名無しさん@3周年:03/03/23 09:31
ブッディスト宮崎哲弥の掲示板もよろしく。

てっちゃんねる
http://jbbs.shitaraba.com/study/2577/tetsuya.html 

865 :チーン:03/03/23 12:22
>>862
カタカナぶぶんが、ハンカク ま、なにはともあれ・・・
他板は、耐え忍べよ(笑

866 :名無しさん@3周年:03/03/23 13:11
>髑髏氏は他板に行かれました。
>きっと、ご自身のスキルを何かに生かしたい。というお気持があったのでしょう

髑髏氏って、かつての変人を名乗ってた人でしょ。
スキルある御仁にしては、なんか叩かれますねぇ
スキルがスキルになればいいのですがね
影ながら応援してあげましょうぞ

867 :名無しさん@3周年:03/03/23 13:24
>>866
髑髏氏は、某カルト教団に随分叩かれてたようですね(笑

868 :髑髏仮面:03/03/23 14:40
>>867
僕、寂しいの

869 :名無しさん@3周年:03/03/23 15:28
>>868
おやおや髑髏どの、如何なされた。
こんなとこへ・・・藁。

870 :名無しさん@3周年:03/03/23 19:04
皇道仏教ってなんですか
戦争とかと関係あるんですか

871 :阿鼻叫喚:03/03/23 19:54
>>某カルト教団に

某カルト教団だけにとどまらず、だ〜れからも、
あの口調にはキョーカンを得られませんでした。     合掌 

872 :髑髏仮面:03/03/23 21:09
キョーカンが得られるよう、これからがむばりまつ。

873 :髑髏仮面:03/03/23 21:18
キョーカンが得られるよう、これからがむばりまつ。

わしはこれじゃよ。

874 :髑髏仮面:03/03/23 21:20
×わし

○わたす

ぢゃよ

875 :名無しさん@3周年:03/03/23 21:43
おやおや、髑髏どのがカキコして(ワラ
舞い戻ったか(ワラ

876 :名無しさん@3周年:03/03/24 00:46
【宗教】織田無道「戦争の真っただ中だ」【戦争】

1 : ◆PSzonMVaug @ゾンドビッグφ ★ :03/03/21 21:07
「イラクで戦争が始まったが、オレは今宗教戦争の真っただ中だ」

詳細
ttp://www.zakzak.co.jp/top/t-2003_03/2t2003032015.html

ZAKZAK
http://www.zakzak.co.jp/


56 :名無しさん@テスト中。。。 :03/03/22 14:14
坊さんがカウンタック乗るな、この俗物が


57 :名無しさん@テスト中。。。 :03/03/22 14:16
欲の塊、織田無道


58 :名無しさん@テスト中。。。 :03/03/22 14:18
>織田無道は元気だ」などと語った。

どうでもいい。


59 :名無しさん@テスト中。。。 :03/03/22 14:26
公正証書原本不実記載が問われてるんだから
宗教戦争じゃーないだろ。
自分がなにやってるのか解ってるのか、織田無脳。


877 :名無しさん@3周年:03/03/24 02:40
昨今、仏教徒は何してるの?


878 :髑髏仮面:03/03/24 08:20
織田無道は、仏教徒というよりタレント。

879 :名無しさん@3周年:03/03/24 08:31
速報/米軍がカンダハルを攻撃
 (AFP発共同)米国のラムズフェルド国防長官は本日未明、タリバンの本拠地カンダハルと間違えて神田ハルさん(89)=神奈川県在住・要介護5=宅を攻撃したと発表した。
神田さんは突入してきた米軍兵士に対して竹やりで応戦し、米国側に6人の死者を出した。
政府は 「要介護5でこれほど動けるのはおかしい。認定取り消しの方向で検討している」とコメントした。


880 :名無しさん@3周年:03/03/24 08:57
速報/米軍がフセインを攻撃
 (AFP発共同)米国のラムズフェルド国防長官は本日未明、イラク大統領、フセインと間違えて
布施 いんさん(98)=埼玉県在住・要介護5=宅を攻撃したと発表した。
布施さんは突入してきた米軍兵士に対して吹き矢で応戦し、米国側に6人の死者を出した。
政府は 「要介護5でこれほど動けるのはおかしい。認定取り消しの方向で検討している」とコメントした。


881 :ノナカ ヒロム:03/03/24 18:27
貞務!  貞務!  貞務!  貞務!  貞務!  貞務!  
  貞務!  貞務!  貞務!  貞務!  貞務!  貞務!  


882 :名無しさん@3周年:03/03/24 18:30
★☆★☆★☆★☆★☆★WORLD PEACE NOW 4.5★☆★☆★☆★☆★☆★

いわゆる“右”の人も、いわゆる“左”の人も、仏教徒もキリスト教徒も
イスラムも、創価学会員も、ヲタクもヒッキーも! この事態をまじめに
考えましょう。2ちゃんねらー(モナー見たぞ!)も、3月21日のパレードに
多数参加してるのを目撃しますた。

★☆★☆★4月5日(土曜日)★☆★☆★
◎ピースラリー(集会)11:00-12:00 
◎ピースパレード出発 13:00
◎場所:代々木公園けやき並木
《パレードコース》コースは渋谷〜表参道〜代々木(予定)
◎交通:JR原宿駅下車徒歩/営団千代田線明治神宮前駅下車徒歩/
営団千代田線代々木公園駅下車徒歩

どんな戦争もいやずら!
http://www.worldpeacenow.jp/

■◇■なお当日、行進中の歩行喫煙はご遠慮ください■◇■

↓おまけ
http://www.brain-jack.com/sign/0210_sign.html

883 :名無しさん@3周年:03/03/24 18:45
仏教はどこで学べばいいんですか?
あと、父親が日蓮宗系の家系で母親が浄土真宗系の私は
どうすればいいんでしょうか。


884 :名無しさん@3周年:03/03/25 02:49
禅のいいページありますか?

885 :名無しさん@3周年:03/03/25 06:25
宗教板住人は、純情だね。素朴だよ。まあいいけれど。

反戦デモを組織してる奴らの多くが、新左翼(中核派とか革マルとかの過激派セクト)だということを知らん奴が多すぎる罠。
市民団体なんて、ほとんどが新左翼系列。社民党の一部有名議員も中核派と関わりがあると指摘されてるしね。
ま、社民はいずれにせよクズなわけだが。

そういう「思想闘争」の一環として、今回の反米運動は組織されている。反戦反核運動も、国と政治体制を選別して行っているのがわからんのかな。
例えば中国の核実験やチベット占領・弾圧・虐殺、ウイグル占領・弾圧、台湾への軍事的威嚇恫喝には何も言わない。現在進行形なのに。
ま、天安門事件でほとんど抗議デモも声明も出さなかった左翼連中には、もはや何も求めてないけれど。

奴らの羊の仮面の下は、内ゲバと誹謗中傷に明け暮れる薄っぺらの新左翼なんだけど、何も知らない「脊髄反射的」反戦派は・・・。
ま、オルグされないようにね。特に高校生とか大学生。奴らは若い血を欲しているからね。

886 :名無しさん@3周年:03/03/25 07:00
戦争には反対だけど、朝日新聞も反対してるから、
あまり反対とかいわない方がいいような気がしてる。

887 :名無しさん@3周年:03/03/25 08:03
>>885
>反戦デモを組織してる奴らの多くが、新左翼(中核派とか革マルとかの過激派セクト)だということを知らん奴が多すぎる罠。

そもそも反代々木はこうゆうことはやらんけど、もしやるんだとしたら良いことだ。

>ま、オルグされないようにね。特に高校生とか大学生。奴らは若い血を欲しているからね。

随分、古い言葉を知ってるね。
左翼運動つうのは景気が良い時代ならできるけど、ここまで景気が悪化しちゃうとやる気にもならんだろう。

888 :名無しさん@3周年:03/03/25 08:14
>>885
中小ところの企業が倒産するのは、一因として「従業員の不正」つうのがある。
つまりは、資本家が食い物にされてるんだよ。

時代が随分変わってしまった。


889 :名無しさん@3周年:03/03/25 10:51
>>881
>貞務!  貞務!  貞務!  貞務!  貞務!  貞務!  
>  貞務!  貞務!  貞務!  貞務!  貞務!  貞務!

これはどういう意味か?

テイム!   テイム!   テイム! テイム!   
こういう事か?それとも・・・
「サダム」か?どういう意味だ?
返事しろ!
  




890 ::03/03/25 10:56
>>881
バカなことを書き込むな!もっと真剣に書き込みしよう!

891 :名無しさん@3周年:03/03/25 12:15
>>885
相変わらずなステレオタイプレスに藁。

とうの昔に新左翼だの(代々木、反代々木を問わず)集会動員力などなし。
今の反戦運動の主役は明らかに変容しているのに気がつかない春DQN。

892 :ノナカ ヒロム:03/03/25 12:32
>>879 >>880
に、ついコーフンしちまいやして叫んぢまいやした・・・。
小泉さんがズッこけるまで、もうちょっとなりを潜めてます。

893 :名無しさん@3周年:03/03/25 12:39
>>881
>>貞務!  貞務!  貞務!  貞務!  貞務!  貞務!  

バカッ!
ドアホ!
ティムポのことか?
馬鹿たれ眼が!
そんんこと掻くな!!!

894 :名無しさん@3周年:03/03/25 12:46
>>892
>に、ついコーフンしちまいやして叫んぢまいやした・・・。

君は何にコーフンしてるのかね?
その聞いたことがあるようなHNといい・・・。野中という政治家のことか?
宗教に何か関係があるのか?
>貞務!  貞務!  貞務!  貞務!  貞務!  貞務!  
これは呪文か?
何だ?

895 :名無しさん@3周年:03/03/25 16:55
>>887
髑髏ウゼー

896 :ウダイ氏 → ウザいし!:03/03/25 18:10
タリバンの本拠地カンダハル:神田ハルさん(89)=神奈川県在住・要介護5

イラク大統領:布施 いんさん(98)=埼玉県在住・要介護5

897 :名無しさん@3周年:03/03/25 23:37
>>891
そんなことないよ。
中核派も衰退してて、市民運動に活路を求めてるし、今のところ成功している。
その中から、有望な若者をオルグするのだよ。これも若干、成果を挙げている。

新左翼の看板で人は集まらんけれど、反米や反日が看板だと、まだまだ多少の動員は可能。
真宗やNCCもピンクの味方だし、創価にも社会民主主義的思想が浸透している。新左翼は(旧左翼も)、そのあたりの風潮に活路を求めているのが現状。

898 :名無しさんのみボーナストラック収録:03/03/26 03:02


| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
|  全 宇 宙   |
|________|
  ∧_∧ .||
 <ヽ`∀´>||
 /     つ||
手をかざしてごらん

899 :名無しさん@3周年:03/03/26 08:38
>>883
本を読む。坊さんの法話を聞く。

日蓮宗系でも浄土真宗系でも、自分に合いそうな方を選ぶ。

>>884
検索してください。

900 :名無しさん@3周年:03/03/26 20:12
>>897
>中核派も衰退してて、市民運動に活路を求めてるし、今のところ成功している。

成功しているとは思えない。
武士の刀を取り上げちゃったようなもの。いわゆる骨抜き。
中核派の本来のカラーはそんなもんじゃない。
だけど、穏健になるのは良いことだ。
不景気なんだし。
良いと思ふ。

901 :名無しさん@3周年:03/03/27 07:55
60年代、70年代の中核派は、底流にヒッピー文化があったんだよ。
釈尊もいうならば、こういった自由を求めていたんだな。
先ずは自分を解放せねば。
そうじゃないと、仏教を学んでもなんにもならない。


902 :名無しさん@3周年:03/03/27 20:47
↑やんごとなき理由によって、コテハンからだけは解放された隠れ髑髏の気配。

汝はおそらく今、チョエニ・バルドーの第三日目を彷徨っているに違いない。
人間界の青色の怖気づかせないほどに微弱な薄明かりの方に喜びを抱いてはならない。
これは汝の激しい慢心によって蓄積された習癖を作る力(習気)から出来あがっている。
捨てられるべき光の道である。これに執着するならば、汝は人間としての境涯に再生して
生・老・病・死の四つの苦悩になやまされ、その後も輪廻の境涯に留まってしまい、解脱
することは出来ないであろう。これは解脱の道を妨げる邪魔ものであるので、これに眼を
やらずに慢心を捨て去るべきである。習癖を作る力を捨て去るべきである。これに執着し
てはならない。求めてはならない。黄色に輝くかの光に敬慕の気持ちを寄せるべきである。
ラトナサムバヴァ如来に心を向けて、以下の祈願の言葉を唱えるべきである。
****************************************
≪ああ、私が激しい慢心のために輪廻し彷徨っている時に、すべてのものの平等なことを
理解する智慧(平等性智)の明るい光の道へと、ラトナサムバヴァ如来がお導きください
ますように。女尊マーマキーが背後から支えてくださり、恐ろしいバルドーの難関を超え
させてくださいますようにお祈りいたします。正しくて完全な仏の境地にお連れください
ますように≫
****************************************
と、強く敬慕の気持ちを寄せてこの祈願の言葉を唱えることによって、ラトナサムバヴァ
如来男女両尊の心臓の中に虹の光となって溶け入り、南方のシュリーマットという仏国土
(極妙国)においてサムボーガ・カーヤ(報身)を得て仏となるであろう。(ムリトハオモウガ


903 :普通の日本人:03/03/29 05:04
>902

勝手に他人を輪廻転生させないように・・・

「チベット死者の書」ヒッピー文化の遺産みたいなもん。

904 :名無しさん@3周年:03/03/29 07:23
今の中核派や市民運動は、ヒッピーというよりも、カルト化した左翼運動のあがき。

905 :名無しさん@3周年:03/03/29 11:15
>>903
勝手に輪廻転生などさせてないでしょ。
そんなことは、神々や如来とてどうすることも出来ませんからね。
何分にも当人のカルマが辿る道なんです。
あなたもわたしも無差別平等です。例外はありません。

>「チベット死者の書」ヒッピー文化の遺産みたいなもん。
そうなんですか。
それはそうと、ヒッピー文化の遺産て仰いますが、ヒッピーってなんなんですか?
死者の書の成立年代にも大きく関連した分化なんでしょうか。
そんな固定的概念化を避けるのが、仏教的無常観でしょうよ。

906 :名無しさん@3周年:03/03/29 13:44
>>905
とりあえず、ティモシー・リアリーとリチャード・アルパート(ラム・ダス)についてぐぐれ

907 :名無しさん@3周年:03/03/29 14:49
>とりあえず、ティモシー・リアリーとリチャード・アルパート(ラム・ダス)についてぐぐれ

とりあえず以前からカルマはカルマでしょ。

ヒッピーってなんですか?
あなたの哀愁ですか
そんなもん、ダキニの哄笑が吹き飛ばすわ

908 :名無しさん@3周年:03/03/29 18:20

なぜダキニが哄笑するの?
なにか知ったかぶりしたつもりなの?(笑)

909 :名無しさん@3周年:03/03/29 20:01
>>907
おまい、頭悪そうだな
ぐぐったか?
なんもせんで文句ばかりいうな

ついでに、キーワードをくれてやる
フラワー・チルドレン
カウンター・カルチャー
ドラッグ・カルチャー
LSD
ヘイト・アシュベリー
サマー・オブ・ラブ 1967
ウッドストック 1969
アレン・ギンズバーグ
ゲイリー・スナイダー
グレイトフル・デッド
ジャニス・ジョップリン

910 :名無しさん@3周年:03/03/29 21:46
キーワードでなく、ヒッピーを定義して見たら
一時代の限定でなくよ

ドラッグは頼らんよ

911 :名無しさん@3周年:03/03/30 01:09
>>910
> 一時代の限定でなくよ

60年代という時代状況から生まれたもの
「チベットの死者の書」もその文脈で再評価された
ちったぁ歴史から学べよ

ドラッグなくしてカウンター・カルチャーなし

912 :名無しさん@3周年:03/03/30 02:48
祖父が亡くなりました。

今は49日前で忌中にあたると思うのですが、その間は肉類は食べてはならないのですが?
兄が言っていたのですが、ネットでぐぐってみてもそんなことはどこにも書かれて
いません。書かれていたのは葬式後に親戚をもてなす食事が精進料理だということと
儒教だと忌中はだめだと書かれていました。しかし儒教はもともと殺生がだめらしい
です。

で普段、食事にかなり神経を使っていてかつお節すら口に出来ません。どなたか
ご教授下さい。

913 :名無しさん@3周年:03/03/30 09:50
>>912
不浄禁忌の考え方は時代とともに変質しているからね。
原則論でやろうとしたら、今の時代は生きてられないよ。
何をもとにするかにもよると思うけれど。

それよか、おじいちゃんの成仏を祈念するほうに意識を集中したら?
成仏というのも、使い方によっては曖昧な言葉だけど
盛れ的には「よりよき転生が得られますように」でいいと思う。

914 :名無しさん@3周年:03/03/30 10:26
>>911
>60年代という時代状況から生まれたもの
>「チベットの死者の書」もその文脈で再評価された
>ちったぁ歴史から学べよ

>ドラッグなくしてカウンター・カルチャーなし

手持ちの本の解説にもちゃんと記されてること。
ヒッピーが念頭にあるかないかの違いだ。

私がこの本に接したのは、ある教団に縁したのがきっかけ。
時代もずっと後のことだ。
あなたが考えているような、死者の書への接し方があるように、
あなたが考えていないような、死者の書への接し方もあるということは、
理解してもらいたい。
たくさんのキーワードをいただいたけど、それ以前から死者の書はある。

薬物には頼らないよ。


915 :912:03/03/30 13:57
>>913
もう1ヶ月ですが、私はかなり頑張りました。
お米を中心に空腹を満たしていますし、普段から肉類はあまり食べないので何とか
出来ているのですが、うどんを食べたときに使うつゆにカツオだしの成分が含まれて
いたこと、しょうゆラーメンのだしの成分に鶏肉エキスが含まれていました。あと
えびせんを食べてしまいました。

お寿司も食べられず、外食はまず出来ません。コンビニのおにぎりくらいです。
祖父が亡くなる直前に買った玉子は冷蔵庫にそのままあります。
ここまで必死に頑張っているのですが疑問に思い調べてみても、忌中に肉類を
食べてはならないなどとはどこにも書かれていません。
どなたかご教授下さい。

916 :名無しさん@3周年:03/03/30 14:26
>>905
>>「チベット死者の書」ヒッピー文化の遺産みたいなもん。
> それはそうと、ヒッピー文化の遺産て仰いますが、ヒッピーってなんなんですか?

まずこの質問があった。なので、ぐぐるためのキーワードをかきこした。
質問者はヒッピーを知らないのだろうが、
カウンター・カルチャーやドラッグ・ムーブメントくらいは知らないと
なぜアメリカで「チベットの死者の書」が取り上げられるようになったのかがわからない。
キーマンは前掲のリアリー、アルパートの両名。

> 死者の書の成立年代にも大きく関連した分化なんでしょうか。
> そんな固定的概念化を避けるのが、仏教的無常観でしょうよ。

成立年代とは別の話。
キリスト教文化圏であるアメリカで、東洋思想ブームの一端を担った。
一端というよりも、支柱とさえいっていい。
固定的概念化などではなく、歴史的経緯の話。

また、ドラッグを全否定してしまうと、
LSDの普及に貢献した化学者ニューランド、
オルダス・ハクスレーをはじめとするアメリカの作家、
エサリン研究所等の一連のアメリカ・ニューエイジへつながる流れが見えてこない。
個人の信条を述べているのではない。
ま、スレ違いなので、この話題はおしまい。

917 :名無しさん@3周年:03/03/31 19:22
>>915
禁忌などというものは何かに書かれているから禁忌なのではなく、習俗・慣習の類いです。
あなたの地方のしきたりに従っていればよく、反発するならそれもまたよしです。責任は持ちませんが。

918 :名無しさん@3周年:03/03/31 22:14
法華経で妙法蓮華経方便品第二の「十如是以降」の
読み方がのっている(ルビがふってある)書物について
御存知の方はいらっしゃいますか?

919 :名無しさん@3周年:03/04/02 23:35
教えて下さい。
障害者って何故生まれてくるのですか?
現世で苦しんだ分、来世では幸せになれるのですか?

920 :名無しさん@3周年:03/04/03 01:38
>>919
仏教ではないが、PHP文庫「生きがいの創造」を読め。
大学の助教授がデータに基づいて論理的に語っている。

921 :名無しさん@3周年:03/04/03 04:24
>>918
検索エンジンで沢山出てきました

922 :by髑髏:03/04/03 09:41
机龍之介 ◆T3kw04asSo

わたすのあたらすいコテハンをよろすく。

923 :名無しさん@3周年:03/04/03 16:20
>>919
そんな事は、他人に教わったからって、納得のいくもんじゃないとおもうよ。
そもそも全ての生きものが、生まれは死に、生まれは死にを繰り返している。
幸、不幸を分けるのは身体的要素以上に、精神的要素の方が決定的だと思う。

まあ、仮に現世で苦しんだ結果としての、来世の幸せだとしたら…
来世の来世は再び苦しい環境に舞い戻ってしまうんじゃないかな。


924 :名無しさん@3周年:03/04/03 18:13
>>922
名前を変えてもバカはバカのまま。
いつまでも2chなんかやってねーで
まともな本でも書いてみろって。
きちんと世間の論壇で物言いしてみろよ。

925 :名無しさん@3周年:03/04/03 22:54
>>924

本は出してるんじゃなかったのですか

926 :机龍之介 ◆T3kw04asSo :03/04/03 23:01
>>924
922レスは、私には関係ない。
騙されてんだよ。

927 :名無しさん@3周年:03/04/04 01:27
外出だとおもいますが、浄土真宗って、なんで髪の毛をのばすんですか?
あと、どうして僧侶がケコーンするんですか?
尼僧でもそのような人たちはいるのでしょうか?

928 :920:03/04/04 01:47
>>923
私は宗教、哲学、思想に於いても根拠が必要だと思います。
根拠の伴わないものは単なる感情論に過ぎないと思います。

「生きがいの創造」3部作は実例を基にした論理展開で障害者であることの
意味が書かれていました。

929 :名無しさん@3周年:03/04/04 04:11
>>927
自然に生えてくる髪の毛を剃ってしまうのは不自然だとは思いませんか?
僧侶だって尼僧だって、お父様、お母様が毛コーンしたから生まれました。
毛コーンして生まれてきたものが。毛コーンしてはいけないのですか?


930 :名無しさん@3周年:03/04/04 06:56
>>921
出てきません・・・。
十如是までだったらウンザリするほど出てきますが・・・。
それ以降の部分の読み方は見つかりません。

931 :名無しさん@3周年:03/04/04 09:54
>>926
どうでもいいんだよ変態

いちいち言い訳に出てくるところまで真似したのか(W

932 :名無しさん@3周年:03/04/04 10:21
生臭を食わないとは、僧侶らしい格好や立ち居振る舞い(外見的な)をするといったことではありません。

933 :俗世間:03/04/04 13:37
929デ、オワカリノトーリ
そこは、仏教じゃなくキリスト教と思うほうが、ええんでないかい。。。

934 :名無しさん@3周年:03/04/04 18:59
>>927
浄土真宗は何だって許されるの。
もちろんそりたい人はそればいいし。
結婚したくない人はしなけりゃいい。
浄土真宗は修行もしなくてもいいがしてもいい。
みんな阿弥陀さまが救ってくださる。

935 :名無しさん@3周年:03/04/05 07:24
>>928
私は輪廻を否定したりしないけど、ただ輪廻転生の根拠って、客観的なものになる
のは難しいと思います。かの著作は私も読みました。

936 :名無しさん@3周年:03/04/06 11:17
よく、世間では機能しなくなる状態を指して「御釈迦になる」
と言いますが、どうして御釈迦になることが、まるで「ダメ」
になったというような風潮になったのだろう。

937 :クラマピカ:03/04/07 16:16
よく人間の脳は30%位しか使いきれてないっていいません?
そんな科学的に見ても頼りない人間が
自分に理解できる根拠を全てのことに求めるのって、むつかしくないですか?


938 :机龍之介 ◆T3kw04asSo :03/04/07 17:12
>>937
>自分に理解できる根拠を全てのことに求めるのって、むつかしくないですか?

仏道は、理解するとか理解しないとゆう問題には属さないですよね。
これでしたらかえって道にそれます。

939 :名無しさん@3周年:03/04/07 18:08
>>938
口先だけの明鏡止水
自分は常に分別しながら、人には無分別智を説教する
人を道化で笑わしても、己自身を決して笑わすことの出来ない
世界一憐れな仮面の男
極めつけは、脳内生死一如、脳内生死大海を渡る
当人はそれは直感知で得た悟りの境涯と豪語していること


940 :名無しさん@3周年:03/04/07 20:23
>>938
コテ変えただけの、ただの糞爺

941 :名無しさん@3周年:03/04/07 22:32
>>938
あの手この手を使って、ひたすらにレスを待つ孤独な老人
変人時代からなんにも変わらん
放置されるのが最大の恐怖!!

あまりにも不憫だから、レスしてあげた。
これが最後だ
仮面の男よ
死ぬときくらいは仮面を外せよ

942 ::03/04/07 22:34
お!
ここのスレは私の安住の地となり得るか?

943 :名無しさん@3周年:03/04/07 22:38
>>942
求道者に安住の地なんてあると思うなかれ

944 :机龍之介 ◆T3kw04asSo :03/04/08 09:11
私に反論があれば、具体的にレスしてくらさい。
誠実をもってこたえます。

今から、新年の会合がありますもんで出かけます。

945 :名無しさん@3周年:03/04/08 09:25
>>944
勘違い野郎
おまえに質問をするスレではない

946 :机龍之介 ◆T3kw04asSo :03/04/08 09:45
>>945
心おだやかに。
そのようであればよろし。

今から出かけます。
あいにくの雨にて候。
これもまた楽しいからずや。

947 :名無しさん@3周年:03/04/08 10:28
>>946
ロリや小学生の話題には心おだやかになれないようで(W

948 :名無しさん@3周年:03/04/08 10:59
>>944
会合・・・創価だったんですか?

949 :机龍之介:03/04/08 11:18
>>948
いや、変態パーティーです。
池田駄作には興味なし。


257 : 髑髏仮面 ◆1PfzdK1. 投稿日: 02/07/03 09:55
週末には大抵パーティーがあります。
露出する人、しない人いろいろです。
それは全く自由です。
是非お越し下さい。食材・席料は花代で棒引きです。
いわゆるスペシャル・ゲスト。善男善女がお待ちしております。


950 :机龍之介:03/04/08 12:20
ボクちゃんのチソポ、しゃぶってよー

951 :名無しさん@3周年:03/04/08 13:48
>>946
ロリや小学生の話題には心おだやかになれないようで?


明鏡止水にて調いなされ

さすれば痛いところも昇華されよう

思いきりみっともなくていいんですよ

あなたが特別の存在でないということに気づけばいいんです

気づき気づき気づき気づき気づき気づき気づき気づききづき

気づきとはそういうものです。早く気づき召され




952 :名無しさん@3周年:03/04/08 14:22
>>946
こころおだやかにカルトにも対処されたし
つまらぬ経緯は忘れること
貴殿のレスを読んだ限りは、伝わるものなにもござらん
単なる個人的怨恨を、偽善的ヒューマニズムに置き換えてるだけ

会合会合だって・
オール2chのおまえにしては、奇妙なことを言い出すなあ
嘘はよくない
明鏡止水にて調いなされ

953 :布施印:03/04/08 15:07
最近漏れはこいつにハマってしまった。
こいつの正体が知りたい。こいつは何宗なんだ?
http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1048793027/l50

954 :名無しさん@3周年:03/04/08 15:10
>>953
あなたはデムパ以下のうんこデムパです…

955 :机龍之介:03/04/08 17:53
>>951
明鏡止水にて調ったら、2chなんか出入りせんと思うがナー(w

956 :名無しさん@3周年:03/04/08 21:19
>>929
漏れも全く同じ疑問を持ってた。
そしたら、松原泰道さんという方の本にそれに対する答えが載ってたので
意訳ですが以下紹介しまつ。(漏れの主観が混入してないか激しく恐れる・・・)

我々は、犬や猫ではなく、人間として生まれてきました。その事自体が
科学的、確率論的に極めて稀であることを思うとき、せっかく人間として
生まれた以上、やはり人間たる風格を身につけたい、人格の完成に
至りたい、と思わずにはおれません。

しかし、人格の完成に至っていない我々は、髪の毛があると
どんな髪型にしようかなどと思い煩い、ますます人格の完成から
遠ざかってしまいます。だから、人格の完成を目指す妨げにならぬよう、
髪の毛を剃っているのです・・・

最初に読んだときは、なんかハッとさせられるものがありました。

957 :机龍之介:03/04/08 21:41
601 名前:名無しさん@3周年 投稿日:03/04/06 20:55
>>598
髑髏はコテを変えたようだけど、脳ミソは変わっておらんようで。
ヴァカのまま。進歩なし。予定調和の自画自賛。

958 :名無しさん@3周年:03/04/08 21:42
>>956
松原は、いつハゲになるのか恐怖心を抱いていた、ということでよろしこ?

959 :名無しさん@3周年:03/04/08 23:53
824 名前:名無しさん@3周年 投稿日:03/03/25 17:30
>アナル髑髏ちゃん
自分が死して後、バルドーにいることに気づいたら、どう対処するんだろーね?
自分の書き連ねてきたことが嘘、間違い、誤解だったとわかったらどーするよ?
それでも一如ウンタラかんたらを唱えつづけるんか?
ま、せいぜい脳内で遊んでいなさいってこった。w

960 :名無しさん@3周年:03/04/09 00:12
参考スレッド

「仏  典  捏  造 」
 http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1030588268/l50

「十二因縁」
 http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1031648775/l50

961 :956:03/04/09 00:22
>>958
そういうことだと思います。なまじ髪の毛があるから「禿ちゃったらカコワルイ・・・」
とか恐れるのであって、それなら剃ってしまって忘れてしまったほうが
人格の完成をめざす妨げにならない、ということかと思います。
って言うか、



    こ れ っ て 煽 り に 勘 違 い マ ジ レ ス で す か ?



962 :机龍之介 ◆T3kw04asSo :03/04/09 06:02
>>952
>会合会合だって・
>オール2chのおまえにしては、奇妙なことを言い出すなあ
>嘘はよくない

新年度の会合というたら、これは総会のことだね。一般的常識だろうよ。
普通はだいたいピンとくるもんだよ(w
前年度の事業ならびに決算報告。新年度の事業計画案の承認を求める会議のことだね。

963 :名無しさん@3周年:03/04/09 06:25
>>962
で、過去にかきこしたことは、なかったことにしてくれ、と。

964 :机龍之介:03/04/09 07:16
>>963
さりげない自慢の前フリだよ。
誰もきいてくれなかったらどうしようかと思っていたがよかった。
わたすのことがまだわかってないようだね
思わせぶり知ったか髑髏と言ったら2チャンじゃあチョイト有名だよ。

965 :名無しさん@3周年:03/04/09 13:35
>>964
このスレじゃなくて、もっと前の話さ。
門人を手ごめにしたり、アナルやったり等々。
それを突かれると、突いた人間を「執着している」という。
そういうアナタの素性はどうなのよ?

966 :名無しさん@3周年:03/04/11 08:17
私の知り合いに、生まれつき耳が聞こえなく、しかも
父と母が早く死んでいるという家庭的にも苦労している
人がいます。障害を持った上にこんな苦労まで強いられる
なんて、不公平だなあと思いましたが、こういう人ほど
死後は幸せになれるものでしょうかね?

967 :名無しさん@3周年:03/04/12 01:36
糞髑髏のせいでスレが止まっちまったじゃん(ゲラ

968 :名無しさん@3周年:03/04/13 16:24
だれか新スレ立てろ






と言ったら「おまえが立てろ」と言われそうだったから立てておいた。
ほらよ。
☆ 卍 仏教 @ 質問箱 卍 ☆ パート6
http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1050218446/l50

969 :堕天使:03/04/18 09:21
http://life.fam.cx/



970 :名無しさん@3周年:03/04/18 11:36
焼香の意味を教えてください。
何かキリスト教的には偶像礼拝にあたるそうで。

971 :名無しさん@3周年:03/04/18 11:53
>>966
死後幸せになるかどうかなんて知りません。
はた目に不幸に見えても当人が不幸だと思っていなければその人は不幸ではありません。しかし、当人が不幸だと思っているなら、その人は不幸な人生を歩みます。
客観的に不幸な状況はあっても、それが不幸かどうかは当人が決めることです。
困難のうちに光を見ている人もいることでしょう。

972 :名無しさん@3周年:03/04/18 15:44
丹霞て何で仏像を焼いたんですか?

973 :名無しさん@3周年:03/04/18 20:00
>>972
寒かったから

974 :山崎渉:03/04/19 22:55
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

975 :名無しさん@3周年:03/04/23 17:27
age

976 :&lro;:03/05/16 18:24
 

977 :山崎渉:03/05/28 09:30
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

978 :名無しさん@3周年:03/06/13 23:02
978get

288 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)