5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

☆ 卍 仏教 @ 質問箱 卍 ☆ パート6

1 :名無しさん@3周年:03/04/13 16:20
ここは仏教についての初心者の質問や、簡単な返答ですみそうな質問に対して、一般的な答えを返すスレッドです。
仏教のことなら、初心者さんでも、どなたでも質問してください。
ボランティア解答者さんは、その場で答えるか、または、どこのスレッドに行ったら詳しく話し合えるか教えあげてね。
また、新スレッドを立てても大丈夫かどうかも答えてあげてね。

独自の見解などを述べたい方、議論をしたい方は、別スレで行うか、専門のスレッドを立てることをおすすめします。

書き込む前に、板のトップの注意事項と>>2-3に目を通しておくことも忘れずに。

2 :名無しさん@3周年:03/04/13 16:21
【前スレ】
☆ 卍 仏教 @ 質問箱 卍 ☆ パート5
  http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1036925661/
☆ 卍 仏教 @ 質問箱 卍 ☆ パート4
  http://life.2ch.net/psy/kako/1024/10246/1024639879.html
☆ 卍 仏教 @ 質問箱 卍 ☆ パート3
  http://life.2ch.net/psy/kako/1021/10217/1021726200.html
☆ 卍 仏教 @ 質問箱 卍 ☆ パート2
  http://life.2ch.net/psy/kako/1017/10173/1017343179.html
☆ 卍 仏教 @ 質問箱 卍 ☆
  http://life.2ch.net/psy/kako/1011/10118/1011866969.html
☆ 神道・仏教 @ 質問箱 ☆
  http://life.2ch.net/psy/kako/988/988650860.html

3 :名無しさん@3周年:03/04/13 16:21
荒らしはもちろん厳禁ですが、もしも荒らしを見つけたら、その場は無視して速やかに削除依頼を出しましょう。

■ 削除依頼の入口
  http://qb.2ch.net/saku/
■ 削除ガイドライン
  http://www.2ch.net/guide/adv.html#saku_guide
■ 削除依頼の注意
  http://www.2ch.net/guide/adv.html#saku_request


ここが、初心者向けの質問や、単発質問のためにあるスレッドであることを忘れないようにしてください。
 ―――荒らしに反応したあなたも荒らしです。―――

4 :名無しさん@3周年:03/04/13 16:27
>>2の前スレ
☆ 卍 仏教 @ 質問箱 卍 ☆ パート5
のリンクが無効だったのでやり直し。
http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1036925661/l50

5 :名無しさん@3周年:03/04/13 16:43
254 :机龍之介 ◆T3kw04asSo :03/04/11 21:51
具てい和尚は、この公案の意味?は最後まで言わんかたし、死ぬ間際にポツンと235レスみたいな事を言うただけ。
これがどういう意味なんかとは、アフォばっかの2ちゃんで言うべきもんではないかと思います。
祖師を侮辱する結果にもなりかねんからね。

禅スレであっても、ここは禅に興味のある者は僅か少々だからね。
うっかりした事は言えん。
法を落とす結果にもなりかねん。


6 :名無しさん@3周年:03/04/13 16:45
>>5
無い袖は触れないかわりに逃げ口上が達者になりますた。
わたすの口が自然選択によって便利な袖になったと思ってくだされ。
立派な禅オタクを悟りと勘違いしたまま歳を重ね、中味はなかった。
これを取り繕う術の習得に2チャンネルは欠かせないのでつ。
わたすを宗教板のかませ犬として利用してくだされ

7 :名無しさん@3周年:03/04/13 16:48
わたすにとって、祖師方の功績つうのは抽象論という逃げ道を与えてくれたことだね。
味噌も糞もいっしょにできる便利な道具・・・これがわたすの信仰だよ。
信仰で救われているのではない、2チャンネルが救い。
                       ・・・これにて調ふべし。

                          by 机龍之介 ◆T3kw04asSo




8 :名無しさん@3周年:03/04/13 16:54
>>848
おまえの小学生強姦犯罪を避けないで、いいかげんに釈明せんと
もう償いを済ませた今、書き込んでも問題ないだろう



9 :名無しさん@3周年:03/04/13 17:00
>>5
>アフォばっかの2ちゃんで言うべきもんではないかと思います。
>祖師を侮辱する結果にもなりかねんからね。

>うっかりした事は言えん。
>法を落とす結果にもなりかねん。

いやいや机殿、沈黙こそ返って法を落とすことにもなりかねん。
寺男に学びなされ
我見を離れて調いなされ for >>8


10 :名無しさん@3周年:03/04/18 18:21
sage

11 :名無しさん@3周年:03/04/19 16:40
助けて下さい

アイワイバンク銀行 フリージア支店 0034-102-0108898
イシカワ タアカキ

12 :石川高明:03/04/19 17:55
誰か助けて欲しい。

13 :石川高明:03/04/19 17:55
月曜日までにネット料金を支払わないと回線が止まるのです。

14 :名無しさん@3周年:03/04/19 18:08
働け、死ぬまで。

15 :石川高明:03/04/19 18:26
真面目に働いているでしょう。

16 :名無しさん@3周年:03/04/19 19:33
おまえんちの回線が止まっても、誰も困らない。

17 :山崎渉:03/04/19 22:40
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

18 :質問:03/04/22 12:33
僧侶になるには 仏教系の大学に通うしか方法がないのでしょうか?また、仏教全般ついて学ぶにはどこの大学がお薦めですか?
宜しくお願い致します。

19 :名無しさん@3周年:03/04/22 12:40
>>18
やばい、髑髏が好きな質問だ

20 :名無しさん@3周年:03/04/22 15:38
>>18
なんでわざわざ2chなんかで
なにを期待してるん

バカタレメが!!

21 :名無しさん@3周年:03/04/28 10:40
仏教は、中卒で十分です。
葬式のごちそうで、でっぷりした僧侶を見るにつけ、ああなりたくねーなと思う今日この頃。

22 :名無しさん@3周年:03/05/02 11:34
>>18
あなたには、どなたか尊敬するお坊さんがいますか?
もしいれば、その方にお願いして師匠になっていただき、
出家得度をすれば、あなたも僧侶です。
生別も学歴も年令も関係ありません。
(あまり幼すぎると受け付けられない場合もあるようですが
あなたの場合はこれにあてはまらないと思います。)

ですから、どんな道を通ってきても、お坊さんになれます。
あなたの誠意が伝われば、弟子入りを許して下さるか、
そうでなくても、あなたが僧侶になるために具体的なアドバイス
をして下さるでしょう。
お願いにあたっては一度断られたぐらいではあきらめずに。

23 :名無しさん@3周年:03/05/02 17:18
sinunoga kowai desu
sinunoga kowai desuka?
sinunoga kowaku nai desu
sinunoga kowaku nai desuka?
sinitai desu
sinitai desuka?
sinitaku nai desu
sinitaku nai desuka?
sinimasu
sinimasu ka?
sinimasen
sinimasen ka?
sinemasu
sinemasu ka?
sinemasen
sinemasen ka?

24 :名無しさん@3周年:03/05/06 05:09
龍華会て何ですか?

25 :名無しさん@3周年:03/05/06 21:39
>>23
sassatokutabare!!

26 :名無しさん@3周年:03/05/07 02:40
こないだおばさんに死後の世界ってあるんですか?と
聞かれちょい困った。
個人的には本当は自然に帰るというか無になる(空)?と思っている
んですが。
うっかりしたことは言えないしなあ・・・。
どなたか良いアドバイス下さい。

27 :名無しさん@3周年:03/05/07 16:06
panawave

28 :仏教初心者:03/05/08 11:49
仏像て何で拝むのですか?僧侶にとって大事なのは釈迦の教え
であって仏像ではないにじゃないんですか?

29 :?:03/05/08 15:01
愚かな生命体はその魂を浄化するまで現世に降臨されるのか?
そして浄化された魂は、ついに宇宙と一体になることができるのか?
それとも全ては循環しているのだろうか。この地球の生態系の様に・・
魂とはなんなのか、心とは一体なんなのか・・・
宇宙ができる前は、全ては一つの点だった。
それが、爆発して分散したのが、宇宙、地球、個々の魂、善悪、
そして全ての相対的存在が誕生したという説がある、それゆえに
人類は、互いに衝突し、争いあう愚かな存在にもなれるし、
その逆にもなれる。
だが、一体何の為に・・・
もし、全ての現象が繰り返されるのならば、またこの宇宙は、
どこかで一つになるのだろうか・・
魂の旅はいつ終わりを迎えるのだろうか・・・


そもそも空間とはなんなのか・・
宇宙空間は真空な訳だが、空間はある・・
その存在するが存在しないという理論は
仏教の空(くう)、または般若心経の教えならしい。
それと、禅を組んで「無」の境地に至る事とは、
はたして関係があるのだろうか・・


30 :名無しさん@3周年:03/05/08 15:13
そう思うのなら、あなただけでも拝まないようにすればいいのです。
他人のやり方にまで異議申し立てをしなくてもいいのです。
どちらの方法でも法律には違反しません。
解かりましたね。

31 :名無しさん@3周年:03/05/08 15:15
>>26
おばあさんには般若心経をお勧めしましょう。


32 :名無しさん@3周年:03/05/08 15:19
panawave

33 :名無しさん@3周年:03/05/08 15:58
人に奉仕することは良いと教えられてると思うのですが
奉仕するとはどのようなことなのでしょうか?

そのような教えの言葉はありましたでしょうか?

34 :名無しさん@3周年:03/05/08 17:12
>>29
坐禅を組んだら無になれると思うのはヴァカ

35 :名無しさん@3周年:03/05/08 18:15
仏像そのものじゃなくて今も教えと一緒に生き生きとかの仏が
自分を導いてるのをリアルに感じるからじゃないか?>>28

36 :名無しさん@3周年:03/05/08 21:52
>>28さんは病的な偶像崇拝罪悪感に取り憑かれているみたいですね。
なんにせよ、逝きすぎたこだわりは仏教の中道に反します。
シンプル&スナオこそ、登竜門と心得たし。

37 :名無しさん@3周年:03/05/08 21:53
質問箱はドコも罵り合いだなー
まあ因果応報だが

38 :名無しさん@3周年:03/05/08 22:06
仏教も究極的にはオナニーだよね。

39 :しゅう:03/05/08 23:19
仏法は一乗にして二乗なく、各種宗派のあるべき理なし。
http://www.vector.co.jp/soft/data/edu/se281756.html

40 :名無しさん@3周年:03/05/09 00:59
>>34
じゃあ無ってなんなの?
それだけ言うんだからもちろん答えられるよね?w

41 :名無しさん@3周年:03/05/09 01:10
すいません。ひとつおききしたいことがありまして…
「紫」ってサンスクリット語ではどう言うんですか?

42 :名無しさん@3周年:03/05/09 02:50
>>40
人にものを尋ねるには、それなりの尋ね方がある。
まぁ、玄関先で三日三晩正座して待っておれ。話はそれからだ。プ

43 :名無しさん@3周年:03/05/09 04:16
>>42

知らない癖に・・・プ

44 :名無しさん@3周年:03/05/09 07:10
私は仏の道を修行しようと、心に決めました

質問なのですが、仏修行には休日はありますか?
祝祭日はお休みですか?

45 :名無しさん@3周年:03/05/09 08:50
大乗非仏説がある現在に、念仏や題目を唱えてる馬鹿が集まるのはここですか

46 :名無しさん@3周年:03/05/09 09:04
>>44
完全週休2日制です

47 :名無しさん@3周年:03/05/09 09:13
大乗仏教はインチキ宗教

48 :名無しさん@3周年:03/05/09 09:38
>>43
言葉でわかろうとするヴァカ ( ´∀`)アハハ

49 :名無しさん@3周年:03/05/09 09:53
>>43
もろに分からないという台詞は使わないことになっております
特に禅宗系に顕著な言いまわしです
能ある鷹でなくても心得ているんでしょうね

50 :名無しさん@3周年:03/05/09 09:57
>>48
ネットという言語空間で言葉を否定するヴァカ ( ´∀`)アハハ

51 :名無しさん@3周年:03/05/09 11:35
>>50
修行したいんなら、ネットじゃなく、専門道場でして鯉! ( ・∀・) ニヤニヤ

52 :名無しさん@3周年:03/05/09 13:14
>>51
君がここにいる理由がわからん・・・w

53 :名無しさん@3周年:03/05/09 13:19
>>49
要は、ごまかすって奴ですか・・・

54 :名無しさん@3周年:03/05/09 13:29
修行=世間から逃亡して、ひきこもりに成る事

55 :名無しさん@3周年:03/05/09 18:21
仏教嘘ばっかし。徳を積んだ人格者が来世でよりよい立場に生まれるとか言ってっけど、
北朝鮮のあいつとか合衆国のあいつとかが前世で徳を積んだようには見えんけどね。


56 :名無しさん@3周年:03/05/09 19:11
>>55
上戸彩は可愛いよね。
なら可愛ければ上戸彩か。
俺の彼女は上戸彩じゃないが、同じぐらい可愛いぞ。

57 :名無しさん@3周年:03/05/09 20:36
>>53
「不立文字」「教外別伝」「直指人心」「無分別智」

↑を禅宗における『不条理の駆け込み寺』四ヶ条の極意といいます。
 

58 :名無しさん@3周年:03/05/09 21:23
不立文字て、道元自身が著作をたくさん残してるじゃねえかよ
長い年月をかけて
生きていく為の言い訳を作ってきただけみたいな気がw

59 :名無しさん@3周年:03/05/10 00:41
>>55
宿命通もないだろうに、
貧弱な価値観だけで仏教を非難するとはなんと愚かな。

60 :名無しさん@3周年:03/05/10 00:43
修行 = 六波羅蜜

61 :名無しさん@3周年:03/05/10 00:51
>>33
布施、無財の七施

62 :名無しさん@3周年:03/05/10 01:12
>>59
じゃあヒトラーやネロは前世で徳を積んだスバラシー人たちなのか?
大量虐殺するような人間がなんでトップに君臨できるのか説明しろよ。

63 :59:03/05/10 07:04
まだ、修行中ですので私には正確にお答え出来ないと思います、答えが誤っていたらすみません。

詐欺を働いて利益を得られれば、それが前世で徳を持っていたとは言えないと思います
もちろん、人を多く従わせる権力欲が必要なのかどうかも問題だと思います。

悪さを続けていれば結果、どのような事になるか。
人気も悪さも自分の行いの結果だと思います、最後の結果は自業自得という事だと思います。

64 :名無しさん@3周年:03/05/10 09:15
>>62
わからんあんちゃんだな〜(ねえちゃんだったら、ごめんね)。
誰かが56に書いてくれてるじゃないか。
1.この世で良い事をする(これをAとしよう)。
2.良い状態に生まれ変わる(これをBとしよう)。
3.「AならばB」これは正しい。
4.だからと言って「BならばA」とは言えない。

では、どのような人がヒトラーのような人に生まれ変わったのか。
知りませんねそんなこと。ただ疑問なのはあんちゃんがヒトラーを幸せだと
考えてそうなことだね。


65 :名無しさん@3周年:03/05/10 09:55
このままでは、62の来世は、あまり期待できないことは確実なようです。
悔い改め、善行を積んでください。

66 :名無しさん@3周年:03/05/10 15:31
>>62 が自分みずから地獄に堕ちてみると、わかるんじゃねーか?

67 :名無しさん@3周年:03/05/10 15:44
GLAからの分派で、仏教化して座禅を取り入れていた園頭氏の国際正法
協会はどうなったのでしょうか?

68 :62:03/05/10 17:17
権力を得て好き放題生きてる人間にはどうすればなれるのか?

69 :名無しさん@3周年:03/05/10 18:11
>>68
ここは 仏教 @ 質問箱 ですので他を当たってみてください。 

それではお元気で。幸運をお祈りします。    合掌

70 :名無しさん@3周年:03/05/10 18:38
仏教徒も『まんこ』という言葉には弱いのだろうか?

71 :名無しさん@3周年:03/05/10 19:51
>>70
うんこ、という言葉にも弱い。

72 :名無しさん@3周年:03/05/10 19:54
社会生活に適応できない弱輩が宗教に逃げ込む罠。

73 :名無しさん@3周年:03/05/10 20:46
>>72
宗教には2つの意味があると思う。
一つ目、そのような人達を救うためにある。

もう一つは社会生活が出来るだけでなく、より人としてと言うより、
それ以上の高みに上がりたいと思う人達のためにある。

74 :名無しさん@3周年:03/05/10 23:36
私はムッツリスケベエです、そのムッツリさといやらしさは度を越えてしまいました。
どうすればエロいことを考えずにいられるでしょうか?

お師匠様どうか教えては頂けないでしょうか、お願いいたします。

75 :名無しさん@3周年:03/05/10 23:52
>>74
親鸞に聞け

76 :名無しさん@3周年:03/05/10 23:55
生玉葱を1日1個スライスして、2週間食べ続けてみてください。

77 :74:03/05/11 00:01
>>75,76さま
どうもありがとうございます。

親鸞さんという方に今度相談してみようと思います。
生玉葱さっそく試してみます。

78 :名無しさん@3周年:03/05/11 01:55
お前ら救われがたいアホだな

79 :名無しさん@3周年:03/05/11 01:58
お前ら即身仏にでもなって逝け。

80 :一尺八寸 尽:03/05/12 03:11
ブッダって実物はどんな人だったんですか?
力士でもあったらしいけど
体格は?性格は?容貌は?髪型は?家族は?経歴は?
美男子?醜男?身長は高かったのか低かったのか?
教えて下さい

81 :名無しさん@3周年:03/05/12 03:22
>>80
やめとけ。
結婚相手には向かないよ。
相手は王族だし。

82 :一尺八寸 尽:03/05/12 03:34
生身はどんな人物だったのか激しく知りたい

83 :名無しさん@3周年:03/05/12 06:26
>>80 転送汁!

84 :名無しさん@3周年:03/05/12 07:48
>>80
なんでそんなこと知りたいの?
インド北東部辺境の民、釈迦族の王子様が力士ってことはないと思うけど・・
カーストではクシャトリアだっけ。
コーカソイドとモンゴロイドの二説あり。
ニグロイドという説も密かにあったりする。

85 :一尺八寸 尽:03/05/12 16:30
いや、単純な好奇心ですよ
大抵我々がイメージしてる偉人像と実際の偉人はかけ離れてる(容貌も性格も体格も)
だからブッダも我々がイメージしてるよな人物と実際がかけ離れてたら面白いじゃないですか

ブッダはインド相撲による「争婚」で奥さんを貰ったらしい
>ニグロイドという説も密かにあったりする
これ本当ですか?
だとしたら凄いですね
シャカ族自体が人種的に謎の人達なんですよね

86 :名無しさん@3周年:03/05/13 01:00
>>85
仏陀がインド相撲とは・・
武道ヲタってのは達磨大師を拳法の創始者にしちまうくらいだからな。
ソースもってこいとは言わないが(どうせ無理だろ?)こんなとこまで来て武板の恥(rya

87 :名無しさん@3周年:03/05/13 02:00
僕の上司が立正佼成会だと最近しりました。
どんな団体なんでしょう? 創価学会みたいなものでしょうか?
よろしくお願いします。

88 :一尺八寸 尽:03/05/13 03:19
>>86
ソース出せるよ。本だけどね

89 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

90 :名無しさん@3周年:03/05/13 09:03
王族なんだか戦の準備ぐらい習ってるでしょう

91 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

92 :名無しさん@3周年:03/05/13 18:46
お前ら本当はマンコ大好きなんだろ?

93 :名無しさん@3周年:03/05/13 18:52
好きこそ者の上手なれ

94 :名無しさん@3周年:03/05/13 19:40
お釈迦さまは、どうしてみんなの苦を無くそうとなされたんでしょうか?
お釈迦様が始めに修行したというのは、なぜなのでしょうか?

95 :名無しさん@3周年:03/05/13 19:56
有名になりたかったから。
世界征服の野望を抱いていたから。

96 :名無しさん@3周年:03/05/13 20:01
>>95さん、ありがとうございます
なるほどー、そうだったのか、まったく知りませんでした。
お釈迦様ってそのような人だったんですね。

いやー、お釈迦様には、まったくかなわないな(^^@

97 :名無しさん@3周年:03/05/13 21:31
>>96

   ( ´,_ゝ`)プッ


98 :名無しさん@3周年:03/05/13 22:01
お釈迦様は誰よりも繊細で優しかったんだよきっと。

99 :名無しさん@3周年:03/05/14 01:06
>>88
あの嘘つきおじさんの本じゃだめよ。

100 :名無しさん@3周年:03/05/14 22:31
ああ〜

101 :名無しさん@3周年:03/05/15 16:46
神仏習合についてお尋ねします。

1)明治の神仏分離で強制的に分離された神仏習合の宗教が再び神仏習合に戻ったところはありますか?
もしあるようでしたら、その経緯について

2)神仏習合に戻っていない宗派はどのような理由で戻そうとしないのでしょうか?

3)神仏分離されずにそのまま残っている宗派や
一旦分離されながら再び神仏習合に戻ってそのまま現代いきている宗派はありますでしょうか?

以上について参考になるサイトや文献などもありましたらご教示下さい。
宜しくお願いいたします。

102 :机龍之介 ◆6T0K39W8N2 :03/05/15 18:33
ロムしちょりまふ
よろしうに・・

103 :名無しさん@3周年:03/05/15 21:07
>>101
せっかくですが、神社仏閣板か民俗神話板のほうがいいかも

104 :名無しさん@3周年:03/05/16 01:56
>>103
アドバイス有り難うございます m(_ _)m
神社仏閣板ではレスがなかったもので・・こちらに書き込みしました。
民俗神話板に逝ってみます。

105 :名無しさん@3周年:03/05/19 11:38
仏教なんて最低だ!
因果の道理とかは無理難題過ぎる。


106 :名無しさん@3周年:03/05/19 13:21

ん?
まるで【仏教】を理解したようなカキコだな

教えてくれや
仏教の因果律を

107 :名無しさん@3周年:03/05/19 18:44
>>102は偽者、トリップに注目!!

108 :名無しさん@3周年:03/05/19 18:49
>>105は最低だ!
因果の道理は普遍的真理だから道理と呼ばれる、
ということを知らない

109 :チンコ イン ザ スカイ:03/05/19 18:51
お坊さんも<オナニー>するんでしゅか?

110 :ポッキー:03/05/19 23:11
ボッキ100回に1回____という割合で〜しゅ。

111 :名無しさん@3周年:03/05/20 00:14
密教の秘技:求聞持法は効果があるんですか?

112 :名無しさん@3周年:03/05/20 00:32
求聞持法とは「ノウボウあきゃしゃぎゃらばや おんありきゃまりぼりそわか」を100万回唱える事、
そして、記憶力が抜群によくなる!
      東大も眼じゃない!みんなも早速始めよう!やらなきゃ損!
これで日本の学力は、上がった。安望だ。

113 :名無しさん@3周年:03/05/20 00:46
ここにいる迷える羊さん達、上記のことを2chの全スレに布教してください
理論より行動をあなたの未来のために祈りを込めてナムアミダブツ

114 :赤木雄二:03/05/20 01:04
宗教なんて消えろ!

115 :キョーサントー:03/05/20 03:11
消えろ、じゃなくって消すんだよ   消すんだよ   消すんだよ   

116 :名無しさん@3周年:03/05/20 09:05
>>114
>>115
消せるもんなら消してみろボケ!!

117 :求聞持教団:03/05/20 14:45
求聞持ですくわれよ

118 :名無しさん@3周年:03/05/20 20:30
チチンプイプイ〜〜〜

119 :名無しさん@3周年:03/05/20 23:12
PANNA PARAMITA

120 :名無しさん@3周年:03/05/20 23:17
ナムカラタン ナモカラタンと一休さんが・・・・・

121 :名無しさん@3周年:03/05/21 11:28
一切皆無常と説かれていますので・・・・申し上げるまでもなく、然りです。これを法滅と申しますが、法性の都は、無始無終の常住でしょう。>>114〜116の方々へ(笑)

122 :名無しさん@3周年:03/05/21 15:52
最近の坊主ってヤリまくりなんだろ?風俗に行く坊主もいるらしいな。生臭坊主どもが

123 :名無しさん@3周年:03/05/21 16:33
仰る通りです。だって人間ですから(笑)。ごく自然なことかと?反省を込めて・・・・>>122さんへ(笑)

124 :名無しさん@3周年:03/05/21 16:49
10年彼女のいない私はどうすれば・・・・非僧非俗より

125 :名無しさん@3周年:03/05/21 23:20
>>124
即身仏にでもなって氏んでください。

126 :チーン:03/05/21 23:38
>>最近の坊主ってヤリまくり・・・
今に始まったことでは、ありません。カツラを装着して、今宵もいざ、出陣。。。

127 :名無しさん@3周年:03/05/22 00:25
選択仏教なんてよくやってられるなー

128 :名無しさん@3周年:03/05/22 03:27
仏教自体まったくの素人なんだが、質問してもいいですか?
仏教には、様々な宗派があるんだよね?きっと
何処の宗派がお勧めですか?ここを間違えるのが怖いんです
色んな事を見渡せる目がほしい、今は目がない。
とても真面目な気持ちなんだ。哲学、キリスト教より、自分と向き合い自己の中から真実を探す
イメージが仏教にあるんだ。修行すら考えてます
どうか知識人の方お答えお願いします


129 :128:03/05/22 03:29
どんな宗派でもかまいません。小さくても大きくても、密教でもいいです
お願いします

130 :名無しさん@3周年:03/05/22 08:23
>>128>>129
ちょっと落ち着け。
「質問してもいいですか?」に、まだ誰も「いいですよ」とは答えていないよ。

まず、人に頼る前に自分でよく調べて、自分で考えてみようね。

131 :128&129:03/05/22 08:56
>>130

ボケ、カス、死ね!!

132 :名無しさん@3周年:03/05/22 09:11
本願を信じ念仏申さば仏になる。そのほかなにの学問かは往生の要なるべきや。
『歎異抄』より・・・笑・笑・
                    南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏(笑)

133 :名無しさん@3周年:03/05/22 12:00
般若心経の意味を教えてください。

134 :名無しさん@3周年:03/05/22 12:10
別に意味なんかないよ

135 :名無しさん@3周年:03/05/22 12:36
あるやろ?

136 :名無しさん@3周年:03/05/22 16:42
一切は、皆、有なりと説く。此れ無常なり、着せば、有見と言う。
一切は、空なりと観ず。此れ常住と雖も着せば、無見なり。
この義如何。
すなわち有をして空を悟るをば、色即是空と説く。
また空にして有(一切諸法平等)言はば、空即是色と説く。
                       知るべし
ナンチャッテ(笑)     

137 :名無しさん@3周年:03/05/22 16:57
>>128さんへ。
私は、知識人ではありませんが、機が熟したならば、必ず、自ずと道は、
開かれてくると思っています。
ご縁を大切に・・・・(笑)

138 :名無しさん@3周年:03/05/22 20:03
ぎゃていぎゃていはらぎゃていはらそうぎゃていぼうじそわか。
日本語は古代サンスクリット語に次ぐ神聖な言語なんだってさ。

139 :名無しさん@3周年:03/05/22 21:01
え?誰が言ったの?

140 :名無しさん@3周年:03/05/22 21:41
そう言えば、チャイニーズ・ゴーストストリー1の物語の中で、イン道士が
パンニャパラミ・パンニャパラミと言っていたのを思い出しました。
好きですこの映画。(笑)ちなみに一瞬サンスクリット梵本の経典が出てきます。
ご参考までに・・・(笑)

141 :名無しさん@3周年:03/05/23 00:28
創価と議論したい方は
創価が7割、アンチが1割のこっちの掲示板でどうぞ。
http://jbbs.shitaraba.com/study/168/


142 :130:03/05/23 14:53
137さん
ありがとう、そのとうりですね

念のため131は僕ではありません

143 :NB ◆0buMLZ/Vxc :03/05/23 17:44
>>132
見ぃーーーっけた(w

真宗スレでもご活躍くださいな。
ちょっと前まで仏身論にかするような話題で盛り上がってたみたいですよ。
超ーご専門でしょ。えへへ。

144 :名無しさん@3周年:03/05/25 15:25
マルチ商法で稼ぐのは悪なんですか?
マルチに関する知識のある方にお聞きしたいです

145 :名無しさん@3周年:03/05/26 20:34
>133
「悟れ」

146 :名無しさん@3周年:03/05/26 21:56
仏教では現世の行いの良し悪しが来世に影響しますか?
あるいは前世の行いの良し悪しが現世に影響しますか?

147 :名無しさん@3周年:03/05/26 22:23
菩薩は弥勒菩薩だけが実在したそうです。弥勒菩薩とは、どのような人だった
のでしょうか?
未来仏となったのはなぜでしょうか?


148 :仏教初心者:03/05/27 22:19
「三学」について説明してもらえますか。


149 :名無しさん@3周年:03/05/27 23:01
内観と身しらべについて教えてください

150 :名無しさん@3周年:03/05/28 04:39
三学につきまして、辞書的意味で申し上げます。
三学とは、仏道を修行する上で最も基本的な修行の分類だそうです。
1,戒学、2,定学、3,慧学
1は、悪ととどめ、善を修しゅすること。2は、身心を静かにして精神統一
を行い、思いが乱れないようにすること。3は、その静かになった心で
正しく真実を見極めること
おおざっぱに言えば、戒学は戒律の修学。定学は禅定の実践。慧学は、智慧を
意味します。ちなみに智慧について、智はさとりを導くもので、慧とは、さとり
によってあらわれるものです。
さらに大乗の菩薩は、この智慧により、六波羅蜜を行ずるといいます。これは
菩薩の基本的修行です。六度万行ともいいます。ご参考になれば・・・



151 :名無しさん@3周年:03/05/28 05:18
ご参考までに、仏教では、
無学・・学び尽くしてもう学ぶべきものがないということ。
有学・・まだまだ学ぶことが数多くあること。
解学・・学問し、研究、考究すること。
行学・・実践すること
*ちなみに善導大師は、解学を智慧を学ぶことと説いている。また余談ですが
『瑜伽師地論』には、「教授」ということも説かれています。現代では、大学の
先生のことですが・・・
以上「学」についての豆知識でした。

152 :山崎渉:03/05/28 08:46
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

153 :名無しさん@3周年:03/05/29 12:21
ヒンズー教とは仏教の一宗派ですか?それともまったく別もの?
インドでは日本でいう仏教的なものは忘れ去られているんですか?

154 :名無しさん@3周年:03/05/29 13:53
ヒンズー教の一部として、たまに話題になることがあります。
でもメジャーではありません。

155 :名無しさん@3周年:03/05/29 14:03
無知ですみません、ということは日本で言う仏教が一番浸透しているのは
日本ということですか?
ヒンズー教は阿弥陀仏や釈迦を頂点とするものでは全然ないんですか?

156 :名無しさん@3周年:03/05/31 07:51
釈迦は、死後の世界とか霊とか神とかそういった架空の話は
あまりしていなかったが、今の宗教はなぜ
すぐに、神や死後の世界を連想させるようになったんだろう。



157 :名無しさん@3周年:03/05/31 09:19
輪廻は釈迦が採用した考えではなかったろうか?
今の宗教とは具体的には何を指すのだろうか?

158 :名無しさん@3周年:03/05/31 12:34
十四無記ですね。
輪廻思想は、元来、バラモン教にいう、永遠不滅のアートマンという我(霊魂)
が実体として言われていたようです。その我が、永遠に輪廻を繰り返す
と理解されていたものを、釈尊は、我を否定し、無我を説かれたといいます。
これが仏教の基本的な立場でしょう。すなわち一切は縁起の理法により
成り立つという。また、我は、実体が無いと言う点で、空でもあります。
よって仏教では、空・無我を説くのでしょう。
ただ、仏典等には、上記にいう我ではなく、我(われ)として如来を説く
場合もあるようです。この我とは、空、無我という基本原理をわきまえた
無執着の我(われ)であることは言うまでもないことでしょう。
例えば天親菩薩の「世尊我一心」『浄土論』に説く等。
また。宗教とは、レリジョンという場合もありますが、仏教でいう宗とは、
「むね」とする。普遍な真理を宗(むね)とする教えということが
言えるでしょう。

159 :名無しさん@3周年:03/05/31 12:59
ちなみに上に記したように、古代インドの輪廻という考え方
(あくまでも無我の立場で)を仏教が取り入れた
ということは言うまでもありません。
仏教で宗教という場合には、重複しますが、真理を拠り所とする教え
であり、本来、漢訳の諸経・論等に見られる「宗」、「教」のどちらも
古くは仏教で説かれていたものであり、本来は仏の教えを宗(むね)
とすると解することが自然でしょう。
それも後代、日本の漢字の意味は、様々な宗教を意味するようになりました。
しかもレリジョンという訳語自体が、すぐさま仏教であるとは言えない
一面もあり、仏教で宗、教、という場合には、中国仏教で説かれた漢字
(中国本来の言語)の意味を
拠り所として考えなければならないでしょう。
日本の漢字の意味と中国本来の漢字の意味として・・・・


160 :名無しさん@3周年:03/06/01 01:21
さらに仏教において説かれる「我」について、
「が」と言うよりも「われ」が本来の意味
のようです。ここでいう「われ」とは、自己
のことであり、仏教が否定したのは、自己に
とらわれる・・・我執としての我であり、
普通、「常・一・主・宰」といわれるもので、
永遠不滅なる輪廻の主体としての我(アートマン)でしょう。
また、逆に仏教では「我・・われ」は、独立存在者として、
仏、如来、仏性を指すこともあります。
天上天下唯我独尊(てんじょうてんげゆいがどくそん)
等は、その良い例だと言えるでしょう。
ちなみに上記の天親菩薩の「世尊我一心」の我とは、
曇鸞の『論註』の解釈によりますと、我は三種あり、
「邪見語」、「自大語・・自分が他より勝れて思う慢心をいう」
「流布語」のことです。すなわち天親の「我」とは、自指の言葉で
ここでは、我々と使ったりする日常用いる言葉であるようです。
これを流布語といいます。

161 :名無しさん@3周年:03/06/01 01:58
以上は小乗仏教のみを信じている人ですね。
とても不自由します。

162 :名無しさん@3周年:03/06/01 05:56
不愉快に思われたらお許し下さい。
私なりに上記の疑問に学問的に答えた
だけです。
学問上(仏教学等)では、大乗は、勝れた
教え、その大乗から見て小乗は、劣った
教えと差別(しゃべつ)したようです。
わたしは、別に・・・これ以上申し上げる
ことはありませんが、日本の仏教は、みな
大乗仏教であり、タイ、ビルマ辺りでは、
小乗の教えを伝承しているようです。
すいません(笑)

163 :名無しさん@3周年:03/06/01 06:19
小乗の者です(笑)・・・・
20代の学生のころは、仏教学ぶのが大嫌い
でした。難解な仏教の言葉には、閉口したものです。
しかしこの年になり、私の恩師の尊いお言葉がようやく
私の心の支えと感じれるようになりました。
本当に今は、先生に感謝しています。すぐに理解
できるようなら仏教は大した教えではないでしょう。
私は・・・一生かかってでもという思いです。
でも、大宇宙を観ると感動します。如来様のようで・・・・
忘れてはいけない尊い心かと・・・・・
小乗すなわち自利だけでは・・・自分だけが・・・
と仰りたいことよくわかります。やっぱり大宇宙ですね・・・
すべてをあるがままに受け止めますから(笑)
                         合掌

164 :名無しさん@3周年:03/06/01 06:36
やっぱり小乗の私は独覚(独学)ですよね・・・・笑、笑、笑

165 :名無しさん@3周年:03/06/01 23:39
大乗と名乗って、堕落しているお坊さんをこうも見せられ続けていると
仏教ってイメージ悪〜い。

166 :5ch:03/06/02 00:17
突然ですがお聞きします。
人は死ぬとどうなるのでしょうか?
教えて下さい。

167 :名無しさん@3周年:03/06/02 00:48
>>165
>やっぱり小乗の私は独覚(独学)ですよね・・・・笑、笑、笑

あなたの化石化した思考には愕然と致します。
昔ならともかく、今は小乗という大乗側が名づけた貶称は用いません。

アビダルマという立派な呼び名がございます。

アビダルマ仏教と言ってください 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ア ビ ダ ル マ です
↑ ↑ ↑ ↑ ↑



168 :机龍之介 ◆T3kw04asSo :03/06/02 09:37
>>166
>人は死ぬとどうなるのでしょうか?

これは誰にも分かりません。

仏教は、何故こうゆうふうに人間は余計?なこと考えてしまうのか?
つまりは仏教は、自分への限りない洞察です。

何故、答えを求めようとして迷うのか?
迷いとは何だろうか?
こういったアプローチこそが仏教の本義なりや。


169 :名無しさん@3周年:03/06/02 11:02
自利無くして利他なし。利他なくしていよいよ自利なし・・・・・
将来は、阿毘達磨、論蔵も学んでみたいと思います。
ご指摘有り難うございました。
阿毘曇者。名別有四。一名優婆提舎。二名阿毘曇。三名摩徳勒伽。亦伝
摩多羅迦。此正一名。伝之音異。四名摩夷。優婆提舎。此正名論。論諸法故。・・・・
『大乗義章』卷第一より

170 :名無しさん@3周年:03/06/02 11:14
まさに知るべし、謗りをなすもまたこれ結縁なり。われもし道を得ば、
願はくはかれを引摂せん。かれもし道を得ば、願はくはわれを引摂せよ。
すなわち菩提に至るまで、たがひに師弟とならん。
『往生要集』卷下より

171 :名無しさん@3周年:03/06/02 11:54
深く如来の矜哀を知りて、まことに師教の恩厚を仰ぐ。慶喜いよいよ至り、
至考いよいよ重し。これによりて、真宗の詮を鈔し、浄土の要をひろふ。
ただ仏恩の深きことを念うて、人倫の嘲りを恥じず。もしこの書を見聞
せんもの、信順を因とし、疑謗を縁として、信楽を願力に彰し、妙果を安
養に顕さんと。
『安楽集』にいはく真言を採り集めて、往益を助修せしむ。いかんとなれば、
前に生れんものは後を導き、後に生れんひとは前を訪へ、連続無窮にして
願わくは休止せざらしめんと欲す。無辺の生死海を尽くさんがためのゆへなりと
『顕浄土真実教行証文類』より

172 :名無しさん@3周年:03/06/02 13:28
ぶっきょーって他の宗教についてなにかいってる?

173 :名無しさん@3周年:03/06/02 16:37
大乗とは、梵語では、マハーヤーナと言われ、また音訳して摩訶衍といいます。
すなわち大乗とは、摩訶衍であると言われています。
この乗とは、乗り物、運載の義があると言われ、簡単に言えば、凡夫が仏に
至るという教えを乗り物にたとえたものです。すなわちさとりに至る方法
手段です。
また、『勝鬘経』には、声聞縁覚乗皆入大乗。大乗者即是仏乗。是故三乗
即是一乗。得一乗者。得阿耨多羅三藐三菩提。阿耨多羅三藐三菩提者。即
是涅槃界。涅槃界者即是如来法身・・・・・
と説かれているように実は、声聞乗のもの、縁覚乗のものも最終的には、
一乗という、仏乗、あるいは一仏乗に至るという主旨が説かれています。
この小乗といういいかた(差別シャベツ)と称するのは、法門の優劣を
言い、現代で言われる差別(サベツ)とは、根本的に全く異なります。
したがって大乗、小乗と称するのはあくまでも大乗の側から言われた
ことであり、小乗は、本来、部派仏教と言われるようにある種,
学派(School)をいいます。釈尊滅後に第二結集が行われますが、
このあたりに部派の原点となるものが見られ、それは、根本分裂
上座部、大衆部に二分され最終的には、枝末分裂して二十の部派
になったと言われます。この大衆部に、大乗仏教興起の暗示が見
られるようです。
この部派仏教を今現在も伝統と戒律を守り実践なさっている国
がセイロン、タイ、ビルマ等の国々です。
私よりよっぽど素晴らしく思われますが・・・・
                           合掌

174 :R,M:03/06/02 18:19
現在は逆に、日本などの現状では大乗側が、かつて小乗と見下していた上座仏教に遅れ
をとっている部分があるんじゃないかな。私自身、日本の大乗仏教には偏見があって門
を叩く気にられず、南方仏教の門を叩いた身の上です。
仏教には以前から関心はあったものの、仏様が救ってくれる教えという大乗の教えに対
しての疑問もありました。取っ掛かりは、図書館で松原泰道さんの法句経の解説本でし
たね。平易な詩句にも含蓄に富んだお経で、これこそ釈迦の教えだろうと、感動したも
のです。それまでお経と言えば、法華経とか、般若経のような難しい漢文のお経しか知
りませんでしたからね。
まあ、このあたりが平均的日本人の仏教感なのではないでしょうか。。。

175 :名無しさん@3周年:03/06/02 19:12
仰る通りですね(笑)一切が目覚めたるものに成る仏の教えですから・・・・
                               合掌

176 :名無しさん@3周年:03/06/02 19:49
不可怨以怨 終以得休息 行忍得息怨 此名如来法。

177 :名無しさん@3周年:03/06/02 19:50
仏教の入門書は何を読んだらいいでしょうか?
できれば仏教徒じゃない学者の解説書が読みたいのですが。

178 :名無しさん@3周年:03/06/02 20:06
インド学系統では、中村 元博士の書かれたものがお勧めです。
後は、各宗派による高僧方の教義中心にそれぞれの専門分野で
研究されています。仏教専門の書店にいけば手に入るでしょう。
私も中村博士の辞典は、よく使わせて頂いています。
ちなみに各宗派というのは中国仏教で展開した・・・
代表的な天台宗、華厳宗、法相宗等です。ちなみに
浄土教関係は、中国において、宗としては成立してません。
仏教の書店に行かれますと入門書から専門書まで必ず手に
はいることだと思います。お店の人に尋ねてみられるのも
いいかもしれませんね(笑)合掌(笑)

179 :名無しさん@3周年:03/06/02 20:33
平川 彰著『インド仏教史』上・下卷(ちゅっと専門的ですが読みやすいでしょう)
中村 元選集『ゴータマ・ブッダ』第11巻
水野弘元著『仏教の基礎知識』、『仏教要語の基礎知識』
龍谷仏教学会編『仏教要論』(学術入門書・・・ちゅっと難しいのですが)
以上、ランダムに列挙してみました。どれも学術論文等を書く場合の
参考文献にもなります。
この中で『仏教要論』は、インド、中国、日本と伝来した仏教教理
の集約書みたいなもので、一番のお勧めなのですが、各宗の専門要語
がかなり出てきますので、これは私にとっての必読書みたいなものです(笑)
値段はお手頃なのですが・・・(笑)私には、ちゅっと難しいところも・・・
以上はすべて学術書と呼ばれるものです。
ご参考まで・・・・

180 :名無しさん@3周年:03/06/03 00:19
人は、この世に生まれ出た以上どうなるでしょうか?
人は生まれて成長してどのような変化をするでしょうか?

181 :チーン:03/06/03 00:21

一職業の坊主も、読めーーーーーー    勉強せえーーーーーーーー

182 :机龍之介 ◆T3kw04asSo :03/06/03 07:40
>>180
案ずることかなわず。
仏性のまま生きてそうらえ。

183 :名無しさん@3周年:03/06/03 12:50
>>39
キリ→メンディ→サンチェスのゴールはカッコ良かった。
あれってハンドじゃないよね?

184 :NB ◆0buMLZ/Vxc :03/06/04 14:30
>>179
『論註』の手に入りやすくって、親切な解説書って、今なにがお勧めですか?
なにか良書がありましたら、ご教示ください。




#ところで、、、「ちゅっと専門的」「ちゅっと難しい」って何?(ww

なんまんだぶつ(w

185 :名無しさん@3周年:03/06/04 16:46
坊主に脅迫されはじめてます。
どうするのが効果的でしょうか?全国のお寺に話つけて
ウチの一族は墓に入れないようにされてしまうそうです。
戒名代渋るとどこでもこうなるものなのでしょうか?


186 :名無しさん@3周年:03/06/04 16:58
>>185
トンデモない、ゴロツキ坊主だと腹を立てることも出来ましょうが、
この板の罰当たりな雰囲気を真に受けて、そのまま実社会で行動に
移すと痛い目に会うということかも知れません。どうでしょう?

187 :名無しさん@3周年:03/06/04 17:06
『往生論註講読』相馬一意著
『浄土論註講義』香月院深励著
『往生論註講義』勝山善譲著
『往生論註』是山恵覚著
『往生論註解説』神子上恵龍著
『往生論註の研究』福原亮厳著
等。他にもあるでしょうけど、確か論註研究会?か何処かしら
出版されています。以上知り得る範囲内で列挙してみました。
いまだにちょっと、オ、デキタ
                       合掌(笑)

188 :名無しさん@3周年:03/06/04 17:08
いやぁ、でもゴロツキ坊主のおかげで良いお坊さんにも出会えたので
それはそれで良かったと思ってます。でも他に被害者がいる話を聞くと
どうしたものかと。

189 :名無しさん@3周年:03/06/04 17:26
それは良かったですね。そう、その強欲坊主のベンツの腹に
十円玉で(略

190 :NB ◆0buMLZ/Vxc :03/06/04 17:48
>>187
お忙しいとこ、ありがとうございます。
しかしまあ、さすがですね(w すぐにこれだけ挙がるなんて。

重ねてありがとうございました。
                   合掌。なむなむ。

191 :NB ◆0buMLZ/Vxc :03/06/04 17:50
あ、「ちょっと」でおめでとうございます。のsage。

いいよね。〇〇って(w

192 :名無しさん@3周年:03/06/04 18:49
ありがとうございます。本当になむなむ・なむなむ・・てっいいすね(笑)
やさしいもんね(ニコニコ)
デモ、ヤットデキンデスヨ・・・ちょっとが・・・・


193 :名無しさん@3周年:03/06/04 18:57
質問です。「看護の発展と仏教との関係について」まとめる課題が出ました。時代背景 仏教精神 活躍した人を入れてです。良い答えアドバイスをください。

194 :名無しさん@3周年:03/06/04 19:58
あのーまちがっていたら、他の方にお聞きください。(笑)
ビハーラとかはどうでしょうか?
くわしいことは、よく知りませんが・・・・(笑)

195 :名無しさん@3周年:03/06/04 20:07
NBさん、たまにはオアシスにも遊びに来てください。

196 :NB ◆0buMLZ/Vxc :03/06/04 20:41
>>193
「悲田院」にあなたご自身の問題とされるところを検索語にして
ぐぐってみてはいかがでしょうか。

ちなみに、「悲田院」は戦国末期・近世初めには社会的な性格が変わってしまっていた
ようで、ちゅっと(w 切ない歴史を感じますね。(被差別関係で。もし興味がおありならば
番太・番人でぐぐってみると何かわかるかもしれません)

つうか。レポート書くのに1から10まで2ちゃんを使わないこと。これ最良のアドバイス(w


>>195

はああ、どこのどなたかは存じませんが、ご厚意深謝感激、雨ふらし、でありまっす。

んじゃあ。もうちっと、酒をかっくらってからお邪魔してみます。
いや、酔いつぶれて寝ちゃうかもしれませんが(w

今日はヒマ、つか、現実逃避に2ちゃんに入り浸りのNBでございました。よろしくです。

197 :名無しさん@3周年:03/06/04 21:01
なもなも・・・・ガンバッテらっしゃいますね(笑〜またね・・・)

198 :名無しさん@3周年:03/06/04 22:36
「涅槃経」の「一切衆生悉有仏性」は、仏教の平等思想を説くと評価されていま
すが、「一闡提(いっせんだい、 icchantika)を除く」という語が付加され
ています。
わたしが思うに、この一闡提というのは、他でもない我々2チャネラーのこと
だと考えています。
美奈様のご意見は如何でしょうか



199 :名無しさん@3周年:03/06/05 00:33
それならいよいよ阿弥陀仏の正客なのかな?
美奈、御名・・・・・様々
あんまり書くと怒られそう
                 合掌

200 :名無しさん@3周年:03/06/05 00:56
おやすみなされ

     合掌

201 :机龍之介 ◆T3kw04asSo :03/06/05 07:34
一切衆生悉有仏性、なれば、既にそこに仏性あらざる。非心非仏。

<ROM記念>

202 :名無しさん@3周年:03/06/05 12:09
>>199
>それならいよいよ阿弥陀仏の正客なのかな?

さようにぞんずる

かの龍樹菩薩も、空を考察しながら阿弥陀様に敬礼なされた

阿弥陀様こそ、如来の中の如来にごわす

203 :名無しさん@3周年:03/06/06 00:16
本師龍樹摩訶薩、形を像始に誕じて頽綱を理へ、
邪扇を関閉して正轍を開く。これ閻浮提の一切の眼なり。
伏して承るに尊(龍樹)、歓喜地を悟りて、阿弥陀に帰
して安楽に生ぜり。
たとえば龍動けば雲かなら随ふがごとし。閻浮提に百卉
を放ち舒ぶ。
南無慈悲龍樹尊、心を至し帰命し頭面をもつて礼したて
まつる。

安楽の無量の摩訶薩は、みなまさに一生にして仏処を補うべし。
その本願の大弘誓をもつて、あまねくもろもろの衆生を度脱せ
んと欲するを除く。
これらの宝林功徳聚を、一心に合掌し頭面をもつて礼したてまつる。

もし仏の神力をもつて須(もと)むればすなはち見(あらわ)る。
不可思議尊を稽首したてまつる。
『讃阿弥陀仏偈』より。

>202爾り(笑)
                      南無不可思議尊

                                                      


204 :机龍之介 ◆T3kw04asSo :03/06/06 06:18
勝義諦⇔世俗諦の、二諦。

<ROM記念>



205 :名無しさん@3周年:03/06/11 15:01
お釈迦様の言葉に

他人を拠り所とせず、自分を拠り所とし、法を拠り所として住せよ

とかいう言葉があったと思うんですが
この中の「法」って何ですか?

206 :名無しさん@3周年:03/06/11 15:11
酒井「法」子

207 :名無しさん@3周年:03/06/11 18:50
仏教でいう法には幅広い概念がありますが、

この場合はスィンプルにお釈迦様の教えでよろしいかと思うんですよ。

↑ >>205

208 :名無しさん@3周年:03/06/11 19:38
最近知り合った人の宗教が何かわかりません。
直接聞いたら良いのでしょうが、そうすると勧誘されそうで、それはちょっと
困るなと……

会話の端々から得たヒントは

@「日蓮」と言っていた
A朝晩にお経を唱えている
B初詣は京都の伏見の方には行く(神社かどうかは不明)
Bクリスマスを家庭内行事にしていない…?
C「ソウカガッカイとはちがいます」と言っていた

です。
日蓮宗かな?と思うのですが、色々な派があるので特定できず。
また、それ以外にも、上記の条件を備えた宗教があるのか分かりません。

209 :名無しさん@3周年:03/06/11 21:00
だから何だ?
何派か教えてくれって言われても、それじゃ
ソーカガカーイ以外の日蓮系だったらみんな可能性あるじゃないの。ええ?

210 :205:03/06/12 12:52
>>207
>お釈迦様の教えでよろしいかと思うんですよ。

こういう意味じゃないかなとは思っていたんですが。
ありがとうございます。



211 :名無しさん@3周年:03/06/12 12:59
みなさん、シャカってますか?

212 :名無しさん@3周年:03/06/12 14:15
少しずつシャカっていきます

213 :brown:03/06/13 01:59
>205
「法(ダルマ)」とは,心の本性のことです。あるいは存在の本性のこと
です。つまり,無為のことです。計らいが静まり,完全なる自覚のただ
中にある澄み切った心の自然な性質のことを言います。
つまり悟りのことです。

214 :机龍之介 ◆6T0K39W8N2 :03/06/13 10:10
ロムしちょりまつ。

215 :机龍之介 ◆T3kw04asSo :03/06/13 13:23
┌───────────────────
│あ、どうもスイマセン、>>214がお騒がせしました・・・
└───v───────────────
     /⌒\ っ   /\
    /'⌒'ヽ \ っ/\  |
    (●.●) )/   |: | すぐ連れて逝きますんで・・・
     >冊/  ./     |: /
   /⌒   ミミ \   〆
   /   / |::|λ|    | おいおい、トリップが違うだろうよ(w
   |√7ミ   |::|  ト、   |
   |:/    V_ハ   | わたすがモノホンの机です、よろすこ
  /| i         | ∧|∧
   и .i      N /⌒ ヽ) >>214
    λヘ、| i .NV  |   | |
      V\W   ( 、 ∪
              || |
              ∪∪

216 :名無しさん@3周年:03/06/13 17:15
>>213
ブラウンさん、話をややこしくしないで下さい。
あなたは、無為なる本性としてのダルマがあると仰るのですか?
言わんとしていることは解かりますが、誤解を招きやすい表現です。

縁起や法空論の立場を意図的に無視するような煽りを、なに故にわざわざ?


217 :名無しさん@3周年:03/06/13 17:25
法と言われれば宇宙を支配している自然法則のことと思うのだが。


218 :brown:03/06/14 01:01
>216
ごめんなさい。では忘れてください。悪意はありません。ただ私は私の
知っていることを示すだけだから。
>217
I think you are right.

219 :机龍之介 ◆T3kw04asSo :03/06/14 11:09
廓然無聖

<ROM記念>


220 :名無しさん@3周年:03/06/14 11:11
http://www.soutokuhu.com/bbs/test/read.cgi?bbs=psy&key=1009131209&ls=50
しりとりするべえ


221 :名無しさん@3周年:03/06/14 11:17
中村元はぜんぜんダメだね。
物質的な側面しか見れてない。
もっとも宗教家ではないわけだから、糞外道とでも呼ぼうか。

222 :名無しさん@3周年:03/06/14 12:00
仏教学とか比較宗教学においては、純粋にアカデミックな研究も不可欠です。
学者は学者のパーソナリティの部分で、きちんと役割を果たしているのです。
仏教的表現を借りれば、声聞や縁覚に当たるのではないでしょうか。

中村 元先生の著作は、岩波文庫に数多く収録されています。
サンスクリット語やパーリ語からの日本語への翻訳作業は、数多くの幅広い読者を
原始仏教に近づけさせてくれました。
善智識を求める者は、書物の上辺だけの字面を追うのではなく、その中に秘められた
真意とか仏意を汲み取るものです。 

223 :名無しさん@3周年:03/06/14 15:08
観無量寿経は、法華経を説いていたお釈迦さまが中断して説いた教え、
というのはいつ頃から、なぜ言われるようになったのでしょうか?
蓮如上人が御文章で、
むかし釈尊、霊鷲山にましまして、一乗法華の妙典を説かれしとき、提婆・阿
闍世の逆害をおこし、釈迦、韋提をして安養をねがはしめたまひしによりて、
かたじけなくも霊山法華の会座を没して王宮に降臨して、韋提希夫人のために
浄土の教をひろめましまししによりて、弥陀の本願このときにあたりてさかん
なり。このゆゑに法華と念仏と同時の教といへることは、このいはれなり。こ
れすなはち末代の五逆・女人に安養の往生をねがはしめんがための方便に、釈
迦、韋提・調達(提婆達多)・闍世の五逆をつくりて、かかる機なれども、不
思議の本願に帰すれば、かならず安養の往生をとぐるものなりとしらせたまへ
りとしるべし。
と書かれています。
善導上人あたりからでしょうか。

224 :名無しさん@3周年:03/06/16 01:29
ただいま、花園大学の国際禅学科勉強中です。
まだ、一回生なんですが、これは読んどけというような
本を紹介してください。
お願いします。

225 :名無しさん@3周年:03/06/16 03:25
すいません。髑髏仮面が高橋先生にムチで打たれながら攻められている
AAをもう一度みたいのですが。

226 :名無しさん@3周年:03/06/18 02:11
age

227 :名無しさん@3周年:03/06/18 20:31
お釈迦さんは説法の50年のうち最後の8年間説いたと
ある本には書いてあります。しかし、違う方から
法華経は最後に説かれたというのは間違っている。
今はこちらの意見の方が常識だと言われました。

本当に常識なんでしょうか?
くだらない質問かもしれませんが、知っている方教えてください。


228 :名無しさん@3周年:03/06/20 02:23
昔から疑問なのですが、全ての生き物は、その業(カルマ)によって、
六道を生まれ変わり続けるんですよね。
それで、悟りを得て、輪廻の輪から開放されるのが目的。
じゃあ、全ての生物が悟りを得て、輪廻から外れたら、もはや何も
生まれて来なくなるって事?
仏教の理想は、突き詰めると、地球の生物層の絶滅!?

229 :名無しさん@3周年:03/06/20 07:11
>>227
それは、どちらも推測で言っているにすぎないのですが、いつ説かれたかが問題では
ないと思います。要するに釈迦そのものが一人の人間以上のものではないのか、
それとも後代まで仏教徒を守護している意識体なのか(後の人間に作用し、記録させる)
そういった違いはあります。いずれにしても我々は釈迦という存在にいついて大部分を
想像に頼って、その姿を追っていくしかないのです。
しかし、いつ生きていたか、どこの誰であったか、実在したかということが問題ではなく、
どうであれ絶対の自由を得た人の精神性そのものを探るという方法を採らなくては、
すべてを見誤ってしまうことになりかねません。要するに本質は時期的な問題ではない
わけで、質的に推し量ることが不可欠です。
経が真実かどうかということは、いずれの経をも調べてみて自ら判断を下すべきことです。
その理解する力もないのに経を偽物だ本物だと言ってみたり経の価値を論じたりするのは
無意味なことであるし、そういう人がどのお経を信じてたとしても大して変わりないです。
その点については過去の傑出した人物が突き当たって指摘しているこれらの諸問題に
の判断を踏えまえ、自ら判断していけばよいのです。自分の波長に合ったものしか受け
入れることはできませんから、これは個人的に判断すべきことです。
また釈迦という人が存在したということは、そういう優れた人がいつの時代に居てもおかしく
ないということです。唯一釈迦だけが正しいなどと考えるのは愚かなことです。そういった
場合も「絶対」などというものは無いです。釈迦が言ったことが正しいかどうかを判断する
のも自分です。こうである、と決めつけることなく平等に見廻し、絶えず自分で現実を
観察し、考察・行動し、自分の存在している世界の法則を知って自分の認識を修正して
いく必要があります。何かに捉われてしまえばそこで終わりです。

230 :ピカチュワ ◆GPDV33Riho :03/06/21 00:35
私はある宗教団体にいた頃、
「天国へ行く人と地獄へ行く人の数について、釈尊は牛の角二本と毛の本数に例えられた。
つまり、ほとんどの人が地獄へ行く。」
という話を繰り返し聞きましたが、
釈迦は本当にそんな話をしたことがあるのでしょうか?
経典の根拠はあるのでしょうか?
詳しい人教えてください。
私は、信者の不安を煽って教団に依存させるために教団が作った話ではないかと思っていますが。

231 :机龍之介 ◆T3kw04asSo :03/06/21 06:00
>>230
釈尊は、形而上学的問いかけには「無記」と逝っておりまふ。
つまり「ある」とか「ない」とかの断定はしておらんのです。
断見でもなし。常見でもなし。
そもそもが仏教とは一如の法門です。
それゆえ「無の哲学」という言い方すらできます。

ゆうなれば、二項対立により人は迷う。
苦集滅道。→四諦
これにても、つまりは無に帰すことになるかと・・・。
無苦集滅道。



232 :名無しさん@3周年:03/06/21 09:18
>>231
無記にして考えるなと言ったとしても、不思議なことが「無い」と言ったわけではない。
あるかどうかを「考えてしまう」か、自分が「直にそれを感じる」か、それは
「考えても判るものではない」…という「事実」を示したのではないか?

233 :名無しさん@3周年:03/06/21 11:11
>>232
>無記にして考えるなと言ったとしても、不思議なことが「無い」と言ったわけではない。
>あるかどうかを「考えてしまう」か、自分が「直にそれを感じる」か、それは
>「考えても判るものではない」…という「事実」を示したのではないか?

感性のない者にそれを言っても無理です
言葉は二元的だなんて口癖に連発する人間に限って、言葉の表層しか読むことは
出来ません。
書物からの受け売りだけが取り柄となります。






234 :230ピカチュワ ◆GPDV33Riho :03/06/21 13:52
レスありがとうございます。
聞きたかったのは、その「牛の角二本と毛の本数のたとえ話」を釈迦がしたことがあるのか、
何かの経典に書いてあるのか、ということです。
誰か知っていませんか。経典に詳しい人はいませんか。
また、どうすれば経典を調べられますか。

235 :名無しさん@3周年:03/06/22 12:15
座禅について、お聞きしたいのですが。
普通、座禅するのに値段はお寺さんでは
出していないものなのですか?
おいくらくらいのお布施するものなんでしょう。
お寺さんへ問い合わせする前にあまりに
無知なので、ちょっと確認したいと思って。


236 :名無しさん@3周年:03/06/23 17:58
どなたか、瑞聖観音様についてご存知の方・・・?
どんな観音様ですか??
また、お寺ってあるんですか?


237 :机龍之介 ◆T3kw04asSo :03/06/24 11:18
>>232
>無記にして考えるなと言ったとしても、不思議なことが「無い」と言ったわけではない。

不思議なことは、なにもない。

>「考えても判るものではない」…という「事実」を示したのではないか?

事実も真実もない。

だから「無」なんでしょうね。
「無」は「無」で、そこに属性するものはない。
虚無ではないです。
これとは全く違う「無」。
無門関。


238 :名無しさん@3周年:03/06/24 12:18
有がなければ、無もわからない。
有があって初めて無がある。
「無」、「無」と言って、そこに有無を同時に発生していることを知らず
有無を断絶させる見方を深めていることは愚かに違いない。
有も無もひっくるめて同じように取り扱うべきなのに、
言葉の上だけで無、無と言って満足していることによって
真実に気づいていくことを放棄し、見えなくさせている。
所詮、そのようなことの論理的考証には限度がある。
解ったようなことを言う奴ほど罠にはまり易い。

239 :机龍之介 ◆T3kw04asSo :03/06/24 20:39
>真実に気づいていくことを放棄し、見えなくさせている。

得ようとせば、ダルマは離れる。

        <ROM記念>

240 :名無しさん@3周年:03/06/24 21:55
叔父が亡くなったのですが
喪主? がエホバの証人の信者らしいのです。(叔父は信者ではなかったと思います)
エホバは香典を受け取らないと聞きましたが、
叔父にはお世話になったので香典を郵送したいのです。
どのような送り方なら受け取ってもらえるのでしょうか?

宜しく御願いします。

241 :240:03/06/24 21:58
すいません、スレ違いでした。

242 :名無しさん@3周年:03/06/24 23:48
>>228
その通りです。全ての生き物がいない世界、それが
仏教の理想です。
実はそれが実現した世界があります。「火星」です。
かつてはそこにも多くの生き物がいましたが、長年のうちに
悟りの境地に達し、輪廻から開放されました。
今見る火星が、一見何もいない死の世界にみえるのは、そういう
理由です。また、今の火星の様子こそが、未来の地球の理想像なのです。

243 :名無しさん@3周年:03/06/24 23:51
マジデスカネタデスカ

244 :えなりかずき:03/06/24 23:59
>>242
わたすが、その「火星人」ですた。褒めてください!

245 :名無しさん@3周年:03/06/25 00:40
>>242
すばらしい。とても明快です。

246 :名無しさん@3周年:03/06/25 00:50


はよ、核兵器  十発、二十発    撃て!

247 :机龍之介 ◆T3kw04asSo :03/06/25 08:10
明鏡止水      <ROM記念>

248 :名無しさん@3周年:03/06/25 08:25
>>247
机龍之介さん、あなたはブッダの教えにたいそうお詳しい方ですが、
ついでに葬式仏教を批判して頂けないでしょうか。今、葬式坊主たちが
「葬式仏教のどこが悪い」と開き直って、屁理屈をこねているのです。
        ↓
http://6128.teacup.com/futoshi/bbs


249 :名無しさん@3周年:03/06/25 08:34
冠婚葬祭は人生の花道だからねw 葬式の時以外には、
人生には全く関わりなしってのは問題だが、葬式を上
げて貰うってことは、真面目に考えたらそれだけで重
い意味があるわけで。

250 :名無しさん@3周年:03/06/25 10:38
>>248

荷が重過ぎる事を頼むものではありません
反面教師としてなら、最適ではありますが。







251 :机龍之介 ◆T3kw04asSo :03/06/25 15:00
>>248
>ついでに葬式仏教を批判して頂けないでしょうか。今、葬式坊主たちが
>「葬式仏教のどこが悪い」と開き直って、屁理屈をこねているのです。

大徳寺でも昔は印可証を乱発してたんだし。
そもそもが、堺の商人が金を貢ぐのが悪い。

市井の人間がそうゆう坊主を作ってきた歴史がある。
金が簡単に入っちまえば、人間は豊満になる。

僧堂がブロイラーを作りだし、やがて山を降りたブロイラーは・・・・
美味い酒とご馳走と金で肥え太るようになっちょる!

そうゆうふうに、市井の人間が後押しして・・・
今さら・・
今さら・・

あーーーっはっはっはっは
あーーーっはっはっはっは
あーーーっはっはっはっは

追記
そのうち、そのURLに参集つかまつるm(__)m
ご免。



252 :名無しさん@3周年:03/06/25 15:53
>>248
髑髏が仏教に詳しい???

一体どうしたらそんな意見が出るのだ。
彼は騙っているだけ。

253 :名無しさん@3周年:03/06/25 15:53
>>251 そのうち、そのURLに参集つかまつるm(__)m ご免。

いやいや、決してご無理は申しませぬ(笑)。葬式坊主の開き直りに対して、
多少辛口のご意見など拝聴できれば、と所望した次第。

254 :名無しさん@3周年:03/06/25 15:58
>>252
ん?
あるいは、くだんの人物「机龍之介」はニセ仏教通?

255 :名無しさん@3周年:03/06/25 16:05
僧堂を知らない椰子が僧堂を語るのはナンセンス!!

本人もそのことは充分に心得ている

心得ながらの2ch病と大目にみてあげればよい

間違っても、僧堂で修行したかなんて聞いてはいけない



256 : :03/06/25 16:39
>>255
>間違っても、僧堂で修行したかなんて聞いてはいけない

でも↓のリアルな言説は、本人がしかと己が眼で確認したとしか思えないのですが

●僧堂がブロイラーを作りだし、やがて山を降りたブロイラーは・・・・


257 :名無しさん@3周年:03/06/25 22:19
>>256
>でも↓のリアルな言説は、本人がしかと己が眼で確認したとしか思えないのですが

>●僧堂がブロイラーを作りだし、やがて山を降りたブロイラーは・・・・

リアルどころか、ブロイラーからして強烈な憶測、イマージュです
それはきっと、心の原風景に焼きつけられた飢餓の産物なのでしょうか
飢餓にとって、確かにブロイラーは魅惑的なリアルそのものでありましょうが…


258 :机龍之介 ◆T3kw04asSo :03/06/26 09:09
>>●僧堂がブロイラーを作りだし、やがて山を降りたブロイラーは・・・・


カリキュラムに添ってやってるだけだよ。
つまり、現代教育と同じ。
その負の部分を逝ってるに過ぎず。

「現代教育が、全て正しいんだ」。
と・・・・・
逝ってる方が、むしろ滑稽である。

        <机龍之介>押印。

259 :名無しさん@3周年:03/06/26 09:30
髑髏が出てくるといつもこのパターンだよ。

見たこともないことを、憶測で物を言う。→違うんじゃないと、訂正される。

違う喩例を持ってきて、話をすり替える。→違うんじゃないと、訂正される。

空だの何だの言って、一方的な話になる。→誰も話が出来なくなる。

          →それを見て、話が見えない人は、髑髏が偉人に見える。

彼は茶道をやるから、大徳寺か何かに出入りしていて、僧堂がちらほら目に見える距離に
いたので、妄想をたくましくするのだろう(実際の僧堂は安居者以外は入れない、見れ
ない)。

260 :机龍之介 ◆T3kw04asSo :03/06/26 10:59
>違う喩例を持ってきて、話をすり替える

話のすり替えは、坊主の方が私より上手かと思うよ。

布施や供物は「先祖の供養」。
名目は「供養」なんだけど、金品は坊主が自由にできる。
供物の果物だって、あれは全部食べられるもんじゃないから、メロンだけ食べてあとは捨てるんだろうし。
そういえば、麻原はメロンが好きだったなぁ・・・。

医者と弁護士、坊主は相手の弱みを握る立場にある。
なんでも自由に出来るかもしれないが・・・・
そこは倫理的自粛がなければ・・・・

合掌。


261 :萬屋錦之介:03/06/26 12:36
だったら、こんなところで
あぶら売ってねえで
坊主どもをたたき切ってくれ!

262 :名無しさん@3周年:03/06/26 13:21
>>258
>「現代教育が、全て正しいんだ」。
>と・・・・・
>逝ってる方が、むしろ滑稽である。

と、いつものワンパターンの枠へと一切を妄分別してしまう、非仏教的頭
の中身は、更に滑稽である。しかも自分でそのように断定しながら。

空とか無門関を、ワンパターンで理論武装のように口にする人間は、
空や無門跡という言葉の魔力やイメージに囚われているにすぎない
目の前に持って来いと言われても、掴むことも取り出すことも出来
ないものを、あると信じて疑わない。
本来、人間は無縛無碍、無一物なのに、わざわざ余計な自己観念を
植えつけて、不自由な牢獄をつくってしまう。不自由な牢獄の中で、
恰も覚ったような気分で、無だとか空を口にしているだけである。
下根の者は、それで大満足したりもする。空や無門関を語るのが偉い
のだ!!凄いのだ!!と。
一生を大自然の山に魅入られ囚われた人間が、俺は世界一高いエベレスト
を征服したと思い違いして満足し喜んでいるようなものだ。


263 :名無しさん@3周年:03/06/26 13:27
>>260
具体例挙げてみれば。
どこにそんな和尚がいるというのだろう。
(明らかに犯罪を犯している場合は別。その人は僧侶でも在家でもなく、ただの犯罪者。)

>医者と弁護士、坊主は相手の弱みを握る立場にある。
弱みがあるなら握られないようにすればいいだけのはなしだろう。
人生相談にしろ、医療行為にしろ、受益者=被害者なんて論法は成り立たないだろう。
福祉国家の弊害で、こんな自分勝手な発想が生まれる。

>供物の果物だって、あれは全部食べられるもんじゃないから、
>メロンだけ食べてあとは捨てるんだろうし。
髑髏は、果物はメロン以外食べられないものと思っているらしい。
よほど贅沢に慣れているんだろうな。

茶道の名取とか何とか言って、法外な値段を請求している様子が目に浮かぶ。

264 :名無しさん@3周年:03/06/26 13:30
>→それを見て、話が見えない人は、髑髏が偉人に見える。

→それを聞いて、中身が解かり、髑髏が似非に見える。

265 :名無しさん@3周年:03/06/26 15:12
髑髏の茶道は2chだけのバーチャルである

虚飾のために禅を語り、虚飾のために茶道を語る

自称Xが通用するバーチャルリアリティ

266 :名無しさん@3周年:03/06/26 15:20
僧堂のカリキュラムは、ラーメンの味

当事者だけが味わうことが出来る


267 :名無しさん@3周年:03/06/26 20:49
そうだね。知識をばらばらに記憶して、並べ立てれば、
偉人に見えるよね。
難しすぎて自分には解らないんだと思うからね。


268 :机龍之介 ◆T3kw04asSo :03/06/26 21:29
>>262
>目の前に持って来いと言われても、掴むことも取り出すことも出来
>ないものを、あると信じて疑わない。

なにもないよ。
理論武装することもない。
つまり・・・・
ない。つうことは、信じる【対象】もない、つうことだよ。

これは一貫して言うておるよ。
掴み出すことも、取り出すことも、なくていいんだよ。
「ない」つうのは、つまりは【対象化出来ない】つうことだよ。




269 :名無しさん@3周年:03/06/26 21:34
難しいねえ。


270 :名無しさん@3周年:03/06/26 21:36
何か比喩でもって説明出来ないかねえ。


271 :名無しさん@3周年:03/06/27 09:16
>ラーメンの味
でた、常套句のラーメン。冷暖自知は仏教内部でも否定する
ものが多いのに。。。

>つまり・・・・
>ない。つうことは、信じる【対象】もない、つうことだよ。
相変わらずだな。なぜ信心論に持っていくか???

>掴み出すことも、取り出すことも、なくていいんだよ。
>「ない」つうのは、つまりは【対象化出来ない】つうことだよ。
あなたの話は結局、そういう結末になるんだから、だったら最
初から何もとりあげんでいい。話をするなよ。

272 :名無しさん@3周年:03/06/27 10:51
どうも「空」の意味が違うようだね。


273 :名無しさん@3周年:03/06/27 11:10
>「ない」つうのは、つまりは【対象化出来ない】つうことだよ。

「ない」といいながら、過去散々に印籠代わりに使ってきた無門関、空、無
虎の威を借る狐そのものである。いまだにそれは変わらない。
虚飾に虚飾を重ね着した狐が、大化けして夏日の炎天下を彷徨っている

思考や観念は常に対象化に向かうということを知らない
だから疑いもなく、>「ない」つうのは、つまりは【対象化出来ない】つうことだよ。
なんて、臆面もなく思考して何も感じない
狐も背伸びしなければ、それはそれでよいのだが…




274 :名無しさん@3周年:03/06/27 11:15
「空」とは「無い」ということかな?
テレビに映る映像のようなものか・・・・・。
スイッチ切れば消えるもんね・・・。


275 :名無しさん@3周年:03/06/27 12:10
>>270
>何か比喩でもって説明出来ないかねえ。

龍之介にそれを望むことは、神業や奇跡を求めることを意味する!!(^_-)

過去スレでの、印籠代わりの空や無門関頼みをみれば、おのずと察知出来よう


276 :机龍之介 ◆T3kw04asSo :03/06/27 12:13
>>274
>「空」とは「無い」ということかな?

空とは、一言で言うたら理(ことわり)みたいなもんだよ。
一言で・・・・・
だけどね。

無つうのはね、
つまり、山川草木悉有仏性。こう言った場合。
じゃあ仏性とは何ぞや?
つうたら、そこで「仏性」の意味がなくなる。
森羅万象、仏性ならずんば、そこにもはや仏性はござらん。
つまりこうゆうことじゃよ。
無とは・・・
こうゆうことなんじゃよ。
対象化できない。
ならば無なんじゃ。

277 : :03/06/27 12:14
>>273
髑髏とレスを交わして、建設的な話が出来ると思ってはいけない
最善なのは、throughすることだけ


278 : :03/06/27 12:23
>>276
化石化した言葉の羅列で、馬鹿は性懲りもなく武装する(ぷっ





279 :名無しさん@3周年:03/06/27 12:30
>>276

さっぱり解りませんわ。誰か解った人しる?
本人は解っているのかな?


280 :机龍之介 ◆T3kw04asSo :03/06/27 12:33
私は、トンでもを言うてる訳ではないよ。
ずばり一如の法門をいうておる。

無限なる宇宙。と言うた場合・・・
果たしてそこで「宇宙」の意味がありや?なきや?

明鏡止水にて鑑みなされば、それは既にあきらか。

南岳と場祖の公案を考えてみなされ。
間違ったことを言うてる訳ではない。
非心非仏。

281 : :03/06/27 12:39
>無とは・・・
>こうゆうことなんじゃよ。
>対象化できない。
>ならば無なんじゃ。

という、「無」という言葉に【対】する龍之介の珍説でありました。

******************************

to ryunosuke

お前の考えで
この世の真実を明らかにしようとするな
この世のすべてのものは真実である
ただお前が付与えした意味の世界のみが
虚像であることを知れ

282 :  :03/06/27 12:53
>>280
一如の法門も
南岳と場祖の公案も
無なんじゃよ
信じるつうこともないんじゃよ

信じるつうこともないものを、
おまえはあいも変わらず印籠代わりに用いてるだけなんじゃよ
背伸びするなよ
ありのままの狐は美しいものだ


283 :名無しさん@3周年:03/06/27 12:54
>>280
>>無限なる宇宙。と言うた場合・・・
>>果たしてそこで「宇宙」の意味がありや?なきや?

宇宙はあるでしょう。その意味もね。
地球も宇宙の一部であるからして。


284 :名無しさん@3周年:03/06/27 13:10
一如の法門を語るなら、一如の法門を説明できてこその一如の法門である
南岳と場祖の公案を持ち出すなら、その公案を理解し説明出来てこその公案である
それが出来ないで禅を語るから、2chでひんしゅくをかうのである。
龍之介が最大限に神経を使うのは、唯一、如何にすればおのれを偉大に見せられるか、
の一点に尽きる。


285 ::03/06/27 13:20

>如何にすればおのれを偉大に見せられるか、
>の一点に尽きる。

痛い人間とは思っても、偉大とは思わんでしょう
本人だけが錯覚してるんじゃない


286 :名無しさん@3周年:03/06/27 13:27
>>279
>さっぱり解りませんわ

本人はそれが目的なんじゃよ
自分にも解らないから、相手にも解らない
椰子のスレは、そゆう撹乱傾向がある




287 :名無しさん@3周年:03/06/27 13:32
本人が解らんなら聞いてる相手は解らんわな。
それで何が面白いのかな?


288 :名無しさん@3周年:03/06/27 14:00
>机
分かりやすい言葉を使ってください
現代の言葉を駆使してください
質問箱ですよ
どの道言葉には限界があるし
今のやり方では面白みもいまいち
あなたが普通の言葉で間違いを気にせず
キレまくっていくほうが絶対面白い

289 :机龍之介 ◆T3kw04asSo :03/06/27 14:45
>分かりやすい言葉を使ってください

難しい禅語は避け、分かりやすく言うておるよ。
森羅万象、是仏性なり。つうたら、仏性は何処にある?
何処そこに「ある」もんじゃなかろうが・・・
「ある」。つうのは対象化した概念だよ。
対象化できんもんを「ある」という概念で捉えられんよ。

森羅万象、これ無なり。
つまり、「ある」⇔「ない」の概念ではない。
これをどう表現すべきか?
言語がないんだから「無」という以外にない。

全て仏性なれば、もはやそこに仏性なきや。


290 :机龍之介 ◆T3kw04asSo :03/06/27 14:55
私が坊主を叩いても、極一部の坊主は私の言うてることが分かってるらすい。

トンでもを言うている訳ではない。

             <龍之介>

291 :名無しさん@3周年:03/06/27 15:14
>>290
>>私が坊主を叩いても、極一部の坊主は私の言うてることが分かってるらすい。

そーかなー。極一部の坊主は解らんと思われるのがやだから、解ったふり
してるんじゃないの。


292 :名無しさん@3周年:03/06/27 15:18
「ある」⇔「ない」この両方とも「ない」?
こんなこと、お釈迦様がいうかねー。


293 :名無しさん@3周年:03/06/27 15:44
物質は波動。
実体は無いけれども、エネルギーとして存在する。
「ある」と言っても固定した存在はない。
ある・ないは受信する側による。

294 :名無しさん@3周年:03/06/27 15:59
>難しい禅語は避け、分かりやすく言うておるよ。

本当の禅語は分からんからねえ

>言語がないんだから「無」という以外にない。

「無」も「仏性」も言語化されたものである。

>全て仏性なれば、もはやそこに仏性なきや。

これを正真正銘の言語化表記という

仏性に執着して、最後まで仏性のあるないに拘っているのだ
「ある」⇔「ない」の概念ではない。と自分で言いながら、
仏性 な・き・や、と襤褸を出してる。
半端に背伸びして、半端に論理破綻するから、説得性もゼロになる
頭隠して、尻隠さず。2chのかませ狐、髑髏龍之介


295 :名無しさん@3周年:03/06/27 16:11
>そーかなー。極一部の坊主は解らんと思われるのがやだから、解ったふり
>してるんじゃないの。

ごく一部の坊主は、大慈、大非 の一環として、くだらない話にも不快感を
示さないのでは


296 :机龍之介 ◆T3kw04asSo :03/06/27 16:52
>>294
>半端に論理破綻するから、説得性もゼロになる

キタ━━━━━(゜∀゜)━━━━━!!!!!

論理破綻

キタ━━━━━(゜∀゜)━━━━━!!!!!

論理破綻

論理破綻して宜しい。

297 :机龍之介 ◆T3kw04asSo :03/06/27 16:54
論理に拘ってるようじゃぁ〜〜〜〜〜〜後は略。

298 :名無しさん@3周年:03/06/27 17:01
ごく一部の坊主は、あきれ果てて会話を拒否しているのでは?

299 :机龍之介 ◆T3kw04asSo :03/06/27 17:02
>>292
>「ある」⇔「ない」この両方とも「ない」?
>こんなこと、お釈迦様がいうかねー。

仏教は、基本的に一如の法門だよ。


300 :名無しさん@3周年:03/06/27 19:14
>>297
>論理に拘ってるようじゃぁ〜〜〜〜〜〜後は略。

論理破綻は論理を理解できてこその論理破綻だということをしらない
最初からショートしているのが、野狐龍之介である。
ドーパミンを最大限に出しながら、底の浅い野狐仏教を語り続ける
僧堂を知らないのに、僧堂を批判する
狂ったように、コンプレックスをエネルギーに変換しながら、
痛々しい姿をわれわれに披瀝するのは、反面教師としての学びの素材?
虚飾の大海に溺れる、お前はなくてはならない2chのかませ犬だ!!
退屈しのぎには、兆度よい。
それくらいの値打ちは与えても、罰は当たるまいてな





301 :名無しさん@3周年:03/06/27 19:20
一如の法門を理解出来ないのに、それをいうのが野狐龍之介である。

実際は、憶えたての言葉を自慢したくてたまらないだけである

椰子が使う仏教用語は、大方そのように考えれば間違いない

302 :名無しさん@3周年:03/06/27 19:26
ほら、ネットにまで聞こえてくるだろ

久々にカキコできた、喜びの鳴き声が―――こ〜〜〜〜〜〜ん!!

303 :机龍之介 ◆T3kw04asSo :03/06/27 20:00
羯諦 羯諦。波羅羯諦。波羅僧羯諦。

つまり、捨て切らねば・・・
これがないと・・・

生死大海を渡る。byナーガールジュナ。


304 : :03/06/27 20:03
聞こえた聞こえた
歓喜のあまり、むせび泣くような声が確かに聞こえたぞ
思う存分カキコできたのが、余程感激だったとみえる



305 : :03/06/27 20:08
>つまり、捨て切らねば・・・

そうだな
2chも捨てきらねばな
出きるかな?
出きるかな?
狐の脱皮を見せてくれや!!!???


306 :名無しさん@3周年:03/06/27 20:37
>>303
>>生死大海を渡る。byナーガールジュナ。

解って言ってるの?
生死の輪廻から解脱するってことだよ。


307 :机龍之介 ◆T3kw04asSo :03/06/27 20:40
>>306
涅槃寂静。

鑑みなされ。娑婆即寂光浄土なんじゃよ。

解脱などと・・・・・・後は略。


308 :名無しさん@3周年:03/06/27 20:52
>>307
>>鑑みなされ。娑婆即寂光浄土なんじゃよ。

えー?
この世が浄土だって?


309 :机龍之介 ◆T3kw04asSo :03/06/27 20:55
>>308
さよう。

そおなんじゃよ!

310 :名無しさん@3周年:03/06/27 21:01
西方極楽浄土はここ?


311 : :03/06/27 21:09
>>307
>鑑みなされ。娑婆即寂光浄土なんじゃよ。

鑑みるもの、何もあらず
対象化するもの、あらず
つまり、捨て切らねば・・・    だろう、こ〜〜〜〜〜〜ん

野狐はやっぱり一連の意味が解ってないのだ
やっぱり自慢したいだけなんだ(ぷっ


312 : :03/06/27 21:16
野狐どの、
大海に溺れ死ぬ前に、一如の法門を恥を忍んできちんと説明するのが義務ですぞ

313 :名無しさん@3周年:03/06/27 21:20
>場祖

馬祖もしらないらしい。。。

314 :名無しさん@3周年     :03/06/27 21:49
>場祖

ミスプリントをそのまま使っているらしい

315 :机龍之介 ◆T3kw04asSo :03/06/28 08:14
>>310
>西方極楽浄土はここ?

浄土門は西方浄土なんだろう。

つまり勝義諦⇔世俗諦の違いなんだろう。
無き心も「ある」→世俗諦。

二諦にて調えばよろしかろうに。

316 :名無しさん@3周年:03/06/28 21:15
>つまり勝義諦⇔世俗諦の違いなんだろう。
>無き心も「ある」→世俗諦。

てんで幼稚。意味不明。
二諦は、勝義はそれのみで独立せず、常に言語的概念がつきまとうことを表
したもの。

自分のハチャメチャ理論の逃げ口に使いなさんな。

317 :名無しさん@3周年:03/06/29 00:34
>机
わるいがやっぱり分かりにくいここは質問箱
初心者向けです
まにあにしかうけません

318 :ロム記念:03/06/29 00:35
>てんで幼稚。意味不明

そこを突かれれば、今度は>論理に拘ってるようじゃぁ〜〜〜〜〜〜後は略。
正面きって向き合おうとしないのは、狐のこそこそと隠れまわる習性の為。
もとより、まともな説明を期待するのは。到底無理だと誰しも分かってはいる



319 :名無しさん@3周年:03/06/29 00:40
>まにあにしかうけません

まにあは即座に見抜くのでは

もち、初心者にも相手にされません


320 :名無しさん@3周年:03/06/29 03:34
>>319
そのてのまにやでしW

321 :机龍之介 ◆T3kw04asSo :03/06/29 08:28
>>317
>まにあにしかうけません

そーではありませんね。
いわゆる私は、三法印・四法印をいうておるのですからね。
仏教における根幹ですぞ!

も一度問う!
仏性ありや?なきや?
対象化できんもんを「あり」とは言わんだろう???
難しいことを言うている訳ではない。

難しく考える方が問題ありや?

322 :名無しさん@3周年:03/06/29 11:08
質問です。ご回答よろしくお願いします。

当家は、先祖代々真宗のお寺にお世話になっておりましたが、
今後、法事やお葬式を他宗派にして貰わなければならなくなりました。

同じ仏教であれば、何処の宗派でもお願い出来ますでしょうか?



323 :_:03/06/29 11:10
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

324 :我王:03/06/29 11:14
手塚治って予言者だったんですかね、それとも書いたことを操作して現実にしてるのか。
火の鳥の鳳凰編を買って読みました。
話の中の我王とおいたちが同じなんですけど、左腕が無かったり片目だったり
おおげさに書かれているんですけど。
クラッカーで目を怪我したり、左腕を骨折したり、物語内では姉の名前に丸をつけた名前の男
と関係が深いんですよね。姉は人間から神に精神的に生まれ変わるみたいな事が書かれている
ようですね。手塚治の負の部分が感じ取れます、仏像が出て来るから仏教徒なんですね。


325 :我王:03/06/29 11:46
姉は火つまり煙草で燃やされて負の部分をおいだしてアリのような虫の性格
として生きていくしかない、という事が書かれているみたいですね。
あの漫画に出て来る大仏様は丸々と太っていますね。

326 :我王:03/06/29 12:00
政治と戦って、殺されたと書いてあるんですけど、あの石が斎藤君に
あったたのは
やっぱり超能力で操られていたのか、それとも未来を見られていたのか
そんなことができるのですか?
手塚治は所々に毒をしこんでいる駄天使ですかね。

327 :我王:03/06/29 12:10
石を上に一回投げたら、下に飛ぶなんて事があるのだろうか?
彼に当たってしまったという事は、操られているとしか思えない。
手塚治氏は毒を含ませている、戦争が大好きなんだ彼は
恐ろしい。

328 :我王:03/06/29 12:27
それとも未来は変えられないという事なのか。

329 :我王:03/06/29 12:39
マトリックスリローテッドも見たんですけどあれも暴力的ですね。
ネガティブサルという比喩が出ていましたね、見えない壁のような物
があってなかなか思うように、行動できない部分が強く見られる人の事を
指しているようですね。
キリスト教の新約聖書の福音書を読んで実行すれば永遠の命がもらえる
らしいですね、実行してください。私も見えない壁がかなりなくなりました。

330 :名無しさん@3周年:03/06/29 15:16
>>322
神仏板の質問スレの方が回答もらいやすい
http://travel.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1045235497/l50


331 :名無しさん@3周年:03/06/29 15:50
>>321
しかし仏性という言葉を使う

332 :名無しさん@3周年:03/06/29 16:02
三法印は上座部(小乗仏教)の旗印です。


333 :322:03/06/29 16:21
>>330
分かりました。そちらで聞いてみます。ありがとう。

334 :机龍之介 ◆T3kw04asSo :03/06/29 18:17
>仏性ありや?なきや?

これは、深く考えたら益々解らんようになる。
よってこれで終わりますが・・・。
ようするに、私はdでもを言うているのではないよ。

では、では・・・

335 :名無しさん@3周年:03/06/29 18:33
奇異なるかな、奇異なるかな、一切衆生如来の智慧徳相を具有す。(釈尊)

336 :机龍之介 ◆T3kw04asSo :03/06/29 19:08
>>335
具有してても、してなくても・・・
つまりは・・・

真っ赤なキャンバスに、真っ赤な絵の具を垂らすようなもんだよ。

キャンバスと絵の具は同質、同質なれば比較はできん。

簡単な説明でけど・・・・のぅ。

337 :名無しさん@3周年:03/06/29 20:55
>>320
>そのてのまにやでしW

そういうまにやでしたら、ごもっともです。
しかし探すのは至難の業かと思う!!(^_^;)
唯ひとりを除いては


338 :我王:03/06/29 23:17
煙草を吸って筋肉トレーニングすると霊能力が上がるみたいですね。
煙草を吸って自分の文章を読むと自分の文章が荒く見えますね。
この漫画では、死=自分の性格が変わるということで、実際に記憶が無くなって
死んで生まれ変わるという事ではないみたいですね。

339 :我王:03/06/29 23:28
キリスト教の新約聖書の福音書の嘘、盗み、殺し、姦淫、淫行、嫉妬、不潔
をしてはいけない、隣人と仲良くしなくてはいけない、父母を敬わなくてはいけない
というのを頭のなかでも考えないようにするには。
仏教の一生、苦行をしないとできないないので、
一際が苦であると解かれているのですね。

340 :名無しさん@3周年:03/06/30 01:42
インド仏教って何でしか?

341 :橘用明:03/06/30 05:13
修験真言宗 橘用明 ズバリ般若心経を語る
http://www11.ocn.ne.jp/~vam/

342 :机龍之介 ◆T3kw04asSo :03/06/30 07:08
赤いキャンパスに、白い絵の具を垂らすのが「ある」って表現になる。

いわゆる仏教とは・・・

赤いのは、赤いまま。

つまり無の哲学と逝っていい。

またそこのとこは、をいをいと・・・・。

343 :机龍之介 ◆T3kw04asSo :03/06/30 07:11
つまり「空」だね。

また「無」でもある。

            <机龍之介>押印

344 :名無しさん@3周年:03/06/30 08:26
>>339
>>キリスト教の新約聖書の福音書の嘘、盗み、殺し、姦淫、淫行、嫉妬、不潔
>>をしてはいけない、隣人と仲良くしなくてはいけない、父母を敬わなくては
>>いけない

仏教でも同じようなこといってますね。
殺してはいけない・盗んではいけない・邪淫してはいけない・嘘をいっては
いけない・悪口をいってはいけない・人によって違うことをいってはいけない・
余計なことをいってはいけない・欲張ってはいけない・怒ってはいけない・
無知ではいけない。「「十不善行」ですね。


345 :名無しさん@3周年:03/06/30 08:29
>>343
>>つまり「空」だね。

いつも訳のわからんこといってるね。
「空=幻」だよ。ただそれだけ。
般若心経の「空」を「幻」と置き換えてごらんよ。
誰でも意味が解るようになるよ。


346 :机龍之介 ◆T3kw04asSo :03/06/30 09:21
>>345
>「空=幻」だよ。ただそれだけ。

どこかの御坊ですか?

そんなこと逝ってた坊がいたが・・・・

それは間違いかと思うよ。

347 :人生が我王ににている:03/06/30 15:21
やっぱり煙草は体に悪いのかな、霊能力もあがらないかもしれない。
仏教的には煙草はどうなんですか?
手塚治に未来を予言されているのか、それとも操られているのか
どっちにしてもこんなに大げさに書かれたら迷惑だ。

348 :名無しさん@3周年:03/06/30 17:47
>>345
【空】を【幻】に置き換えてみました。

観自在菩薩 行深般若波羅蜜多時 照見五蘊皆幻 度一切苦厄
舎利子 色不異幻 幻不異色 色即是幻 幻即是色 受想行識
亦復如是 舎利子 是諸法幻相 不生不滅 不垢不浄 不増不減
是故幻中無識 無受想行識 無眼耳鼻舌身意 無色声香味触法
無限界 乃至無意識界 無無明 亦無無明尽 乃至無老死 
亦無老死尽 無苦集滅道 無智亦無徳 以無所得故 菩提薩[垂] 
依般若波羅蜜多故 心無[罫]礙無[罫]礙故 無有恐怖 
遠離一切 顛倒夢想 究竟涅槃 三世諸仏依般若波羅蜜多故
得阿耨多羅三藐三菩提 故智般若波羅蜜多 是大神呪 
是大明呪 是無上呪 是無等等呪 能除一切苦 真実不虚 
故説般若波羅蜜多呪 即説呪曰 
羯諦羯諦 波羅羯諦 波羅僧羯諦 菩提薩婆訶


349 :名無しさん@3周年:03/06/30 17:53
観自在菩薩 行深般若波羅蜜多時 照見五蘊皆幻 度一切苦厄
舎利子 色不異幻 幻不異色 色即是幻 幻即是色 受想行識
亦復如是

観自在菩薩が深く般若波羅蜜多を行ずる時、五蘊は皆幻と照らして見て、
一切の苦厄を度したまう。
舎利子よ。色は幻に異ならず。幻は色に異ならず。色は即ち是れ幻。
幻は即ち是れ色。受想行識も亦復た是の如し。



350 :名無しさん@3周年:03/06/30 21:35
>>346
対象化できない...といいつつ「それは間違い」という。

対象化し、なおかつ分別している証拠ジャン、自分で。

351 :麻原 ◆/PCwJX1C9M :03/06/30 22:43
>もとより、まともな説明を期待するのは。到底無理だと誰しも分かってはいる

わけのわからん言葉の羅列は、本人にしてみれば禅語のつもり。
実際はボキャ貧をカモフラージュする為の逃げ口上
語れば語るほど襤褸がでてくる


352 :名無しさん@3周年:03/07/01 21:49
[ 宗教板No.1のDQN ] に髑髏の名が上がっていないな。。。

髑髏以上のDQNが多くなったって事か。

353 :名無しさん@3周年:03/07/01 22:23
>352
いや、たんに仏教系、禅系の住人が少ないからじゃないのか

354 :名無しさん@3周年:03/07/02 11:15
いや、たんにDQNの容量を超えちゃってるだけじゃないか
いや、たんにDQNの容量を超えちゃってるだけじゃないか
いや、たんにDQNの容量を超えちゃってるだけじゃないか
いや、たんにDQNの容量を超えちゃってるだけじゃないか
いや、たんにDQNの容量を超えちゃってるだけじゃないか
いや、たんにDQNの容量を超えちゃってるだけじゃないか
いや、たんにDQNの容量を超えちゃってるだけじゃないか
いや、たんにDQNの容量を超えちゃってるだけじゃないか
いや、たんにDQNの容量を超えちゃってるだけじゃないか
いや、たんにDQNの容量を超えちゃってるだけじゃないか
いや、たんにDQNの容量を超えちゃってるだけじゃないか

355 :名無しさん@3周年:03/07/02 13:11
真言宗の流れを汲んでいると言う、ある新興宗教について調べたいと思っています。
なにせ宗教そのものについてまったく無知ですので、
仏教全体のことと、その中での真言宗の教えを学んでから、
その新興宗教のことを見極めようと考えています。
まずは>>179でご紹介いただいている書物を読んでみますが、
専門書店でお薦めのところがあればお知らせいただけると幸いです。
宜しくお願いいたします。

356 :名無しさん@3周年:03/07/02 14:45
仏教書は専門書店でというのは、初々しいのか
単に、専門書店でしか購入できないと思ってるだけなのか

357 :名無しさん@3周年:03/07/02 14:47
ポルノは専門書店で

358 :机龍之介 ◆T3kw04asSo :03/07/02 16:04
>>352
>[ 宗教板No.1のDQN ] に髑髏の名が上がっていないな。。。

をいをい・・・(ニガワラ
私は、あたりまえのことを「あたりまえ」と言うてるに過ぎないよ。
なんも難しく考えることはない。

横眼鼻直。

            <ROM記念>

359 :名無しさん@3周年:03/07/02 16:47
ほらほら、さっそく2chの狐が鳴いた

>横眼鼻直。

ミスプリントをそのまま憶えたらしい
なんも考えることもないから

@本当に、話せば話すだけ襤褸が出るとゆうのは、本当だったんだな

                          <狐発見伝>



360 :名無しさん@3周年:03/07/02 19:56
>>358
ほんと、こういうのやめて欲しいよな。。。

361 :机龍之介 ◆T3kw04asSo :03/07/02 21:16
>ほんと、こういうのやめて欲しいよな。。。

ワロタ

362 :名無しさん@3周年:03/07/03 09:30
>>361
何が、おかしいんだか意味不明。

363 :龍之介の継母:03/07/03 13:15
尻尾の手入れも大切だが、

→お・つ・む←の方も精進されたし
 



364 :名無しさん@3周年:03/07/03 22:23
この板には、親鸞会のスレはないんでしょうか。
検索したけどヒットしなかった。

365 :名無しさん@3周年:03/07/03 23:17
>>364
ヴォケと言いたい。スレッドタイトルだけでも↓

21世紀 親鸞会の崩壊とM春の時代?〜Vol.22
http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1055480001/

呆戦・・・仁義なき親鸞会法論 Vol.4
http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1040128599/

【嘘つき親鸞会】ダミーサークルの正体.@3発目
http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1056279146/

後は、これを足掛かりに探せ。

366 :名無しさん@3周年:03/07/04 17:13
>>365
すんません。ありがとうです。

367 :名無しさん@3周年:03/07/06 10:52
「花まつり」と「精霊会」の目的と、
はじまった経緯について教えてください。

368 :名無しさん@3周年:03/07/06 11:37
ブッダの思想、そしてそれが現代にどのように影響しているか教えてください。

369 :名無しさん@3周年:03/07/09 01:17
影響はないでしょ

370 :山崎 渉:03/07/12 10:10

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

371 :人生が我王に似ている:03/07/12 22:13
煙草は体にすごく悪いような気がする。
手塚治って仏教徒ですか?
手塚治って人をよごそうよごそうとしているような。
手塚治に目をつけられたら。
ここでこんなこと言ったら物凄い悪人になっちゃうてゆうような
所でよごれる発言を漫画の中でしている。
そんなこと思ってないのに。
手塚治って凄いんだけど物凄い悪人じゃないですか。
それとも予言を実行している人がいるのか?

372 :人生が我王に似ている:03/07/12 22:35
手塚治は凄けど人を殺そう殺そうとしているような気がする。
長生きしたいのに。
手塚治が親に似ているような気がするんですけど
それ自体が罠なんですかね?

373 :名無しさん@3周年:03/07/14 08:53
いったい いくつくらいの宗派があるんですか?

374 :名無しさん@3周年:03/07/14 11:25
文部大臣所轄956法人
都道府県所轄18万2,661法人
(包括宗教法人415、単位宗教法人18万3,202)

[単位宗教法人]
神道系8万5,536(46.7%)
仏教系7万7,758(42.4%)
キリスト教系3,962(2.2%)
諸教1万5,946(8.7%)

[信者数]
神道系が49.2%
仏教系が44.7%
キリスト教系が0.8%
諸教が5.3%
合計2億1,000万人
(平成9年12月31日現在)

375 :山崎 渉:03/07/15 13:55

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

376 :かまた:03/07/16 23:43
ブッダになる具体的な方法てあるの?
シャカ以外にブッダになった人は何人いるのですか


377 :人生が我王に似ている:03/07/17 16:28
やっぱり煙草は体に悪いみたいですね。
吸ったほうがいいのか、吸わないほうがいいのかわからないです。

378 :名無しさん@3周年:03/07/17 16:45
手塚治に限らず、戦争中世代の漫画家は日本の敗戦経験を
背負ってるから、皆、多少、精神的に屈折してるよ。
仮面ライダーの原作者の石森正太郎もそうだし。彼のヒー
ローものの漫画は、主役が敵の手で作られた裏切り者だっ
たりして。最近の仮面ライダーにはそういう屈折した精神
は、なさそうだけどねw

379 :アバドソ:03/07/17 16:52
裏切っり者のぉ名を受ぅけてぇ、全てを捨ててぇ戦うオトコォォォ〜♪

380 :名無しさん@3周年:03/07/17 20:31
>>376
「ブッダ」って言うのは元々、「ブッディに目覚めた者」って意味。
「ブッディ」ってのは、大雑把に言えば精神の最も深いところにあ
る叡智とでも言えば良いかな?
「ブッダ」になるのは難しい。誰がブッダであり、誰がブッダでは
ないのかを見定めるのも。

381 :人生が我王に似ている:03/07/17 23:13
>>378 精神的に屈折してるんですか、怖いですね、凄い迷惑な話だ。
煙草って凄く体に悪いみたいですね。
煙草吸って筋力トレーニングしたほうがいいというのは恐ろしいこと
書き込んでしまったようですね。脳の血管がぷちっと切れたような感覚があった
うわ、凄い失敗を犯してしまったようだ。
実践した人がいませんように。

382 :人生が我王に似ている:03/07/18 00:18
キリスト教の新約聖書の福音書の嘘、盗み、殺し、姦淫、淫行、嫉妬、不潔
をしてはいけない、隣人と仲良くしなくてはいけない、父母を敬わなくてはいけない
実行して間違いを頭のなかでも考えないようにするには。
仏教の一生、苦行をしないとできないないので、
一際が苦であると解かれているのですね。

うわ339で書いたことが書き直されてる
こう書き込んだはずなのに

383 :名無しさん@3周年:03/07/18 00:28
>>381
人の世に生きている限り、誰でも多かれ少なかれ、歴史の影を
背負ってるものさ。迷惑だなんて言ったらイカンよ。宗教する
にしても、社会生活を完全に放棄するのは、なかなか難しい。

・・・と、カネがなくてシケモクをふかしながら忠告するw


384 :名無しさん@3周年:03/07/21 21:58
>>382
>仏教の一生、苦行をしないとできないないので、
>一際が苦であると解かれているのですね。

仏教は、苦行を否定している。
八正道の実践は苦行を必要としない。
ちょっとマジに釣られてみた。

385 :名無しさん@3周年:03/07/21 22:03
>>381
>煙草って凄く体に悪いみたいですね。

タバコを吸っても地獄に落ちることはないんでしょ。

386 :なーがるーじゅな:03/07/22 01:53
地獄なんてねーよ。あるとすれば、この世にあるが。
輪廻転生もねーよ。シャカはそんなこと一言もいってねーんだよ。
日本の「仏教」はやっぱへんだ。

慈悲の精神をもったヤシは、煙草は吸わないだろーな。
漏れ煙草吸ってるけど、ケムリで周りに、迷惑かけてるよ、すまんのー。
かといって、>>385のように「自分だけが大切、神経質な健康ヲタもなー。」

387 :ケムマキ:03/07/22 01:59
大借金国です。タバコ一本に1,000円の
税金をかけさせてくらはい。

388 :名無しさん@3周年:03/07/22 19:42
最近仏教に興味を持ち始めました。
各宗派の教義について知りたいのですが
詳しく説明してあるサイトかスレッドってないでしょうか?

389 :名無しさん@3周年:03/07/22 21:00
>>388
ttp://www.kosaiji.org/link/syuha.htm
このへんで、どうや?
ttp://www.h-ceremony.jp/knowledge/
それとも、ここか?

390 :かまた:03/07/22 22:10
八正道の正見って、具体的にどういう見方をすればよいのですか?


391 :名無しさん@3周年:03/07/22 22:11
ロリコン・同性愛者 抹消 隔離 宣言!!アンチロリコンらよ!! 総括せよ!!
 
生体ケミカルバランスを崩した異常者を野放しにしてなにが日本国家か!! 団結せよ!! 団塊せよ!!

異常性欲者を 野放しににしてなにが管理社会か!! 何が管理教育か!!大覚せよ!!(この文章は・・・">
http://plaza.rakuten.co.jp/ko0za/020015

なお 本当に 市民活動団体成立をしたい方は

「新興宗教の 洗脳のノウハウとその 方法論」


を 書いておきます

全アンチロリコン・同性愛隔離する考えを持つ方々!!

この 方法を使い 団体を設立し 万国より 

ロリコン 同性愛 害虫らを駆除する 為に がんばってください!! 
dsfaaaaaaaaa

http://plaza.rakuten.co.jp/ko0za/020017


614 :名無しさん@3周年 :03/07/22 10:23
中国国外退去処分、わいせつ邦人教授 社民の対中「相談役」
aaaaaaaaaaaaaaaaaa

392 :名無しさん@3周年:03/07/22 23:53
学校の倫理の課題で
「キリスト教・イスラム教・仏教のうちいずれかを選び、
その思想についての本を一冊読み要約と考察を書け」
という課題が出ました。
授業で習った限りでは仏教思想に一番興味を持ったので、
リアル工房にもわかりやすい(できれば面白く、文庫か新書)
仏教思想の本があったら紹介してください。ヨロシクお願します。

393 :名無しさん@3周年:03/07/23 00:29
>>389
ありがとうございます。

394 :名無しさん@3周年:03/07/23 00:39
お数珠を買いに行きたいんですがお寺ってどちらでもいいんでしょうか?
お寺の格や歴史って関係ありますか?

395 :名無しさん@3周年:03/07/23 01:17
浄土宗と浄土真宗の違いってなんですか?

396 :名無しさん@3周年:03/07/23 02:18
スレの皆様はじめまして。
他に聞けるようなスレがなかったので、
こちらで質問させて頂きますが
先日、主人の友人が日蓮系の宗教の勧誘に来ました。
団体名は聞いたのですが、長い名前だったので覚えられませんでした。

「毎日“あるやり方”でお経を唱えると、少しずつ幸せになる」

というような事を言っていました。
その儀式?をするのは誰でもできるし、お金もいらない。
その代わり一度その宗教団体のご本尊を見に行って、細かな説明を
聞かねばならないとも言っていました。

結局その場所には行かずに済みましたが、どのような団体だったのか
とても気になっています。どなたかご存知の方いらっしゃいますでしょうか。

長々と失礼いたしました。

397 :名無しさん@3周年:03/07/23 02:42
日連系で長い名前… けんしょう会(冨士大石寺顕正会)では?

398 ::03/07/23 02:46
・「幸せになれる」と勧誘する宗教はやめておきなさい

・商売じゃあるまいし

・生きる事は辛く

・信仰を貫く事も また辛い

・当たり前の話です

399 :名無しさん@3周年:03/07/23 04:35
幸せになれない宗教ってどんなの?

400 :396:03/07/23 05:12
色々とご回答くださりありがとうございます。
こんなに早く返事がいただけるとは思いませんでした。

>>397
その顕正会のサイトを見てきましたが、
大阪の支部は明記されていませんでした。
その時連れて行かれる場所は
上新庄でした。他にも大阪には野田にあるそうです。

>>398
信仰を貫く事もまた辛い…全くその通りだと思います。
元々その話を持ってきた時点で私はあやしいと思っておりましたので、
どうその場から逃げるかだけ考えておりました。

>>399
話を持ってきた方と、そのお連れの方が言うには
「生活する上で小さな幸せが訪れる。
人には10の引出しがあり、その10個目に“運”というものがある。
この教義を信仰すれば、その運がたまりやすくなる」
と言ってました。
市営住宅が当たるだとか、4回も車を買わずに人から貰えただとかいう
それは教義をしたからそうなったとは思えないような
話を持ち出しておりました。
3億円宝くじが当たるようなパワーはないようです。

401 :名無しさん@3周年:03/07/23 08:57
rkk板荒れすぎなんで削除して下さい。


402 :名無しさん@3周年:03/07/23 08:59
http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1044033215/
ここ荒れすぎです。特定ハンドル攻撃凄い。AAも削除希望。

403 :名無しさん@3周年:03/07/23 09:01
http://qb.2ch.net/saku2ch/index2.html

404 :名無しさん@3周年:03/07/23 10:33
仏教は日常の幸福を求めるものではなく、至上の幸福(こよなき幸せ;ニルバーナ)をもとめるものです。

405 ::03/07/23 16:00
@仏教は=信仰とは ですよね? >404

A「至上の幸福」を得る事は「日常の幸福」を得る事よりも ずっと険しい道のりなのですよね?

B仏教とキリスト教で 内容にどれ程の違いがあるのですか?

406 :_:03/07/23 16:00
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

407 :brown  ◇http://www.at.wakwak.com/~brown/:03/07/23 21:58
>404,405
>仏教は日常の幸福を求めるものではなく、至上の幸福(こよなき幸せ;ニルバーナ)をもとめるものです。
>@仏教は=信仰とは ですよね?
正解。
A「至上の幸福」を得る事は「日常の幸福」を得る事よりもずっと険しい道のりなのですよね?
そんなことはありません。幸福が至上なのであって,道の険しさが至上なのではないからです。
B仏教とキリスト教で 内容にどれ程の違いがあるのですか?
文法は違えど,ニルバーナ=天上の神とすれば本質的に差異はないですよね。

408 ::03/07/23 22:20
・人間は 欲望に誘惑されます

・欲望が適えば 幸福を感じ 適わなければ 苦悩します

・欲望を断つ事は ある程度の修行で一時的には適うでしょう

・しかし「至上の幸福」とは まだ そのずっとずっと先にあるのではないですか?

・凡人にとっては「日常の幸福」の方が 

・ずっとずっと簡単に手に入れる事が出来るのではないですか?

409 :brown  ◇http://www.at.wakwak.com/~brown/:03/07/23 23:16
>408
ブッダの教えはそうではない。
「日常の幸福は手に入れ難い」というのがブッダの教えです。
「至上の幸福を手に入れることはできる」というのがブッダの教えです。
凡人・変人の区別なく,全ての人が,「日常の幸福」より「至上の幸福」
を実際に手に入れることが,ブッダの修行によりできるのです。

410 :名無しさん@3周年:03/07/23 23:30
>>405
>@仏教は=信仰とは ですよね? 
違います。
仏教は信仰そのものを否定します。
信じるものは救われる的な態度は正しい判断や思考を奪い取り、正しい智慧の発露を妨げるからです。

>A「至上の幸福」を得る事は「日常の幸福」を得る事よりも ずっと険しい道のりなのですよね?
そのとおりです。
ニルバーナに至るにはいくつかの約束事を守ることが近道だと説かれています。
制約の少ない日常の幸福と比べれば達し難いことは言うまでもありません。

>B仏教とキリスト教で 内容にどれ程の違いがあるのですか?
全く違います。
キリスト教的世界観では、全ては神の被造物となります。
その中で人は神の息吹により魂を得た特殊な存在です。
人は天国に逝けますが、神になることはできません。
一方仏教的世界観のなかでは全てが(人を含め)無常とされます。
創造主を認めず、創造主とニルバーナも全く異なる概念です。
正しい努力によって世界の無常を認識するとき、人は物事の生起から離れてニルバーナに到達できるとされます。

411 :名無しさん@3周年:03/07/24 00:09
はいはい。他スレを真似て正しく認識し直してみました。
仏教は天国に行けますが、
神になることは可能とは言いませんし、不可能とも言いません。
創造主を認めていませんし、否定していません。

412 ::03/07/24 00:14
>>411
田すれってどこやねん

413 ::03/07/24 01:02
>409
>「日常の幸福は手に入れ難い」というのがブッダの教え

・何故「手に入れ難い」のでしょうか?

>410
>仏教は信仰そのものを否定します。

・どういう意味でしょうか?


414 :名無しさん@3周年:03/07/24 01:12
>>413
>>仏教は信仰そのものを否定します。
>・どういう意味でしょうか?
釈尊の当時の、バラモンの行う無意味な信仰を否定して新しく興った思想活動が仏教でした。
今の仏教信仰のありかたは本来の思想からズレまくっているのです。

415 ::03/07/24 01:22
・説明有難うございました

416 :名無しさん@3周年:03/07/24 02:13
>>411
根本仏典のブッダの言葉というスレ

417 :ななしさん@3周年じゃないよ:03/07/24 19:12
観音経についてですが世尊の部分から読むのと最初から
読むのとでは、功徳とか何かに違いがありますか?

418 :brown  ◇http://www.at.wakwak.com/~brown/:03/07/24 22:47
>413
>>「日常の幸福は手に入れ難い」というのがブッダの教え
>・何故「手に入れ難い」のでしょうか?

煩悩が邪魔するからです。
もし,煩悩の干渉を受けずに日常の幸福を手に入れることができるのであれば,
煩悩の本性を知ることも,それを乗り越えることも,つまり,「至上の幸福」
を追求することも意味がなくなってしまう。
しかし,煩悩の干渉を受けずに日常の幸福を手に入れることはできないから
「苦」が認識され,それを乗り越える動機が生まれる。
つまり,ブッダが目覚めたところによると,「日常の幸福」は原理的に
獲得不可能だということ。これに対し,「至上の幸福」は実際に誰でも
獲得できると知ったのです。だからこそ,ブッダの発見とその教説に意味が
あるわけです。それはニルバーナと「呼ばれて」も,神と「呼ばれて」も
よいのですが,あなた方が普通知っている「日常の幸福・人間の幸福」では
ないところに「至上の幸福・神の幸福」があるのだよ,と覚者方はみな
おっしゃいます。なぜなら,「日常の幸福」でない「至上の幸福」を
目の当たりに知ったからです。

419 :f:03/07/24 22:54
・日常の幸福=煩悩を満たす事 と私は解釈していました

・あなたの言う「日常の幸福」を具体的に説明して戴けますか?

420 :brown  ◇http://www.at.wakwak.com/~brown/:03/07/24 23:29
>419
>・日常の幸福=煩悩を満たす事 と私は解釈していました
あなたは正しい。
しかし,煩悩を満たすことはできない。

例えば,あなたの思いが仕事の成功だったとしてもそれを思い通りに成し遂げる
ことはできない。例えば,目標が3000万円だったとして,それが達成できれば
4000万円,5000万円,・・・と膨れ上がり,終に達成することはない。
あなたの想いがきれいな彼女を作ることだったとしてもそれを想い通りに
成し遂げることはできない。例えば,京子を俺のものにしたかったが,京子が
俺のものになってしまうと,実は祥子の方により強い魅力を感じてしまう。
終には恋愛が成就することはない。
あなたの願いが能力の向上や修行の上達だったとして,日々努力するが,
想い通りに成し遂げられることはない。なぜなら向上や比較には際限が
なく次々に心が掻き立てられ,急き立てられるから。終に安心することはない。
具体的に説明すると例えばこういうことです。
つまり常に心がかき乱され,散漫になり,何かを求めており,安心せず,
とらわれている。それを煩悩といいます。

421 :f:03/07/25 00:08
・煩悩を満たす とは 空腹を満たす 事に似てますね

・いずれ 腹は減る訳ですから

・好物とはいえ 毎日食べ続けると 飽きますし 

・日によって 甘い物が欲しかったり 辛い物が欲しくなったり

・ただ 腑に落ちない点も あるのです

・3000万お金を稼ぐ とか 女性を手に入れる とか 

・ゴールの見えている目標は 達成したら 次第に 色褪せてしまいますね

・しかし この世には 一生掛けても 達成し難いジャンルも ありますよね

・例えば 歴史に名を残す画家になろう という目標を持つとします

・その道は長く険しく 向上心さえ失わなければ 道が途絶える事はありません

・これは 至上の幸福 を求める道程と 似ていませんか?

422 :名無しさん@3周年:03/07/25 00:46
>>421
至上の幸福は道程の中にあると考えます
目標は方便に過ぎません

423 :f:03/07/25 01:10
・私は 至上の幸福=信仰・修行の末に得られる のだと勘違いしていましたが

・つまり 弛まぬ向上心 と 弛まぬ努力 により 

・至上の幸福は手に入る訳ですね?どんなジャンルであろうと

424 :名無しさん@3周年:03/07/25 01:29
>>423
422は私の意見です。鵜呑みにされても知りません。

>・私は 至上の幸福=信仰・修行の末に得られる のだと勘違いしていましたが
努力の末に得られるという点で、勘違いでもなんでもないと思います。

>・つまり 弛まぬ向上心 と 弛まぬ努力 により 
>・至上の幸福は手に入る訳ですね?どんなジャンルであろうと
努力には方向性が重要になってくると考えます
節制しよく自己を整え、集中する方向に努力するとよろしいらしい。
ジャンルも社会的正義から逸脱していないことは集中のために必要だとおもいます

425 ::03/07/25 01:33
そうですね。有難うございました。

426 :名無しさん@3周年:03/07/25 10:01
この板を読んでやり取りが面白いので少しでも理解しようと、古本屋に行き「法華経」の本を

買って読みました。

其の本は法華経の解説と仏教の歴史などが載っており、すごくわかりやすく読みました。

そこで疑問なのですが其の本には日蓮の名前が一度しか書かれていませんでした。(たぶん)

「平安時代を過ぎ、鎌倉仏教が登場した時代に当たるが、この時親鸞、道元、日蓮の

三大師があらわれ、日本の仏教もそれまでの貴族仏教から民間仏教へと変質している。」

ここだけなんです。日蓮の名前がでてくるのは。

ということは日蓮というフィルターをとうさなくても法華経を信心することができるのですか?

または、日蓮の教えは別なのですか?

427 :名無しさん@3周年:03/07/25 15:35
最近仏教に興味を持ち始めた本当の初心者なんですが
「諸行無常」の仏教上での意味と一般的な意味との違いが
はっきりわからないんですが簡単に教えてもらえないでしょうか

428 :名無しさん@3周年:03/07/25 18:56
ところで最近、髑髏を見ないが逝ったのか?

429 :ななしさん@3周年:03/07/25 19:04
426さんへ
よく真言宗や禅宗などで一般的に宗派を超えて読まれてる
ものに観音経があります。このお経正式には
「妙法蓮華経観世音菩薩普門品第二十五」であります。そう、これは
全部で二十八の経が集まった法華経の中の25番目のお経なんです。
また、禅宗、天台宗などの葬儀の時に読まれるものとして
「妙法蓮華経如来寿量品第十六」があります。ここは法華経のなかで一番
の核となる部分です。なぜ、宗派の違うお経が?と思うかもしれませんが、
もともと日蓮、栄西、道元、親鸞、など鎌倉仏教をおこした僧侶は天台宗
の延暦寺で学んでいました。ここは朝念仏、夕題目といわれるように仏教の
総合大学でした。
また天台の根本経典は法華経であります。
 ただ、日蓮上人はその中でも法華経のみで十分である、と考えて強調しました。
だから、法華経とゆうと過激であるとか、創価を思い浮かぶかもしれませんが、
宗派を超えて読まれるすばらしいお経なのです。
 なぜなら、法華経は釈尊の遺言と呼ばれるように、入滅する前のお経でもあるからで
り、真理があるといわれます。


430 :426:03/07/25 19:27
>>429さん
ご丁寧にありがとうございます。

ということは「日蓮=法華経」とは限らないわけですね。

宗派を超えてあるわけで日蓮宗や日蓮正宗、創価学会、他にもいろいろありますが

日蓮以外でも法華経は信心してもいいわけですね。

これから勉強していきたいと思います。

ありがとうございます。合掌

431 :名無しさん@3周年:03/07/25 21:38
数珠ってどこで買ったらいいですか?

432 :名無しさん@3周年:03/07/25 21:40
寺の前のみやげもん屋

433 :名無しさん@3周年:03/07/25 22:10
>>432
ちゃんとしたものが欲しいんです。
浄土宗なので二連のものを・・。
普通に仏具屋で買っていいんでしょうか?

434 :名無しさん@3周年:03/07/25 23:59
>>429
>なぜなら、法華経は釈尊の遺言と呼ばれるように、入滅する前のお経でもあるからで

この部分は間違っていますね。
釈尊入滅前に書かれた経は無いそうですよ。

435 :名無しさん@3周年:03/07/26 00:01
>>427
仏教でも一般?でも、全ては移り行く儚いものだって意味でしょ。

436 :brown  ◇http://www.at.wakwak.com/~brown/:03/07/26 02:07
>421
>しかし この世には 一生掛けても 達成し難いジャンルも ありますよね
>例えば 歴史に名を残す画家になろう という目標を持つとします

「日常の幸福」の目標は達成できるかできないかですが,達成できる場合,
おっしゃるように諸行無常で色あせてしまいます。達成できない場合,
いつまでも達成できずに苦しむばかりです。
「至上の幸福」を得るには,あるいは「至上の幸福」が至上の幸福である
ためには,達成でき,かつ色あせない必要があるのです。
この世で価値があるものは何ですか?大金ですか?夢の実現ですか?権力
の掌握ですか?どれも難しいですね。要するに,達成できない目標を設定
することによってしか世間人(心)は幸せになれないようになっています。
だから,「日常の幸福」は達成できないと言ったのです。
静かで,落ち着いており,軽やかな柔軟性をもち,つねに心と体が心地よい
その平安を,ブッダはニルバーナ(至上の幸福)と名付けたのであり,
それは,「日常の幸福」よりも,得ることがずっと容易なのです。
なぜなら,ブッダは難しい(偉い)ことを誇りとしているのではなく,人々の
利益になることをこそ誇りとしているからです。

437 :名無しさん@3周年:03/07/26 03:11
ttp://www7.plala.or.jp/mujou/mujoutop/index.html

「連載物一覧」を読んでよ

438 :f:03/07/26 03:19
>達成できない場合,
>いつまでも達成できずに苦しむばかりです。

・本当に そうでしょうか?

・これは あなたの 体験からの 意見ですか?

439 :名無しさん@3周年:03/07/26 03:28
437「連載物一覧」←<悲劇の人生>を読んで

440 :名無しさん@3周年:03/07/26 09:52
>>433
いいよ。
でもここより神社仏閣板できいた方がレスもらいやすいよ、たぶん。

441 :名無しさん@3周年:03/07/26 21:16
age

442 :ななしさん@:03/07/26 21:40
434<<
>書かれた
ということを言ってるのでなく、
>入滅する前の
は、遺言的な要素ってことで捉えてください。

443 :brown  ◇http://www.at.wakwak.com/~brown/:03/07/27 12:57
>438
>これは あなたの 体験からの 意見ですか?
体験かどうかというのは,どういう意味の質問でしょうか?
体験なのか,思索なのか?という意味でしょうか?
であれば質問の設定が間違っています。
なぜなら,体験と思索を分け隔てることはできないからです。
体験に基づいて考え,考えに基づいて行動し,体験するわけですから。
同様に,誰かの質問に対する誰かの答えも,体験と思索の上に成り立っています。

444 :brown  ◇http://www.at.wakwak.com/~brown/:03/07/27 13:06
>438
>(歴史に名を残す画家になろうという目標が,達成できない場合,
> いつまでも達成できずに苦しむばかりなのは)本当にそうでしょうか?
達成しがたい偉大な目標というものは,本質的に,希少価値を求めています。
自分だけがこうなりたい,自分だけがこうなるから幸せだ,というわけです。
これらの目標をみな共に達成することはあり得ません。人類60億人いるとき
に,60億人の歴史に名の残そうという人の願いが成就するでしょうか?
このような「想い・願いの過ち」によって,人は苦しむのです。この過ちを正す
ことによって,覆われた目は見開くのだと,目覚めた人は説きます。

445 ::03/07/27 13:11
>体験なのか,思索なのか?という意味でしょうか?

・そうです 体験なのか?想像なのか? という意図で質問しました

>体験と思索を分け隔てることはできないからです

・そうでしょうか?

・よろしかったら 以前(あるいは現在) 

・あなたが掲げた目標(あるいは体験談)を 教えていただけないでしょうか

・その方が 話が解り易くなる と思うのです

446 ::03/07/27 13:17
>歴史に名の残そうという人の願いが成就するでしょうか?

・必ずしも 成就する必要は ないのです

・一歩一歩 目標に近づく快感を あなたも 体験した事が あるでしょう?

447 :brown  ◇http://www.at.wakwak.com/~brown/:03/07/27 15:19
fさんはどんな目標持ったの?長く険しい道をたどったのか?今たどっている
のか。そしてそれは「至上の幸福」なのか。そうであれば,何もいうこと
はないと思いますよ。ご立派だと思います。個人的な観点では。

「一歩一歩目標に近づく快感」であれば,体験しない人はないでしょうね。
もちろん私もときにその快感に浸りますが,それが「日常の幸福」だと
いうのであれば,「至上の幸福」の方が全く得がたいものだといえます。

ただ,私が説明しようとしたことは,「日常の幸福」が求める目標のいきつく
先は希少で,だれもが到達できないところであり,それに向かっていくという
ことは原理的に自分本位な目標だということです。つまり,目標設定が正しく
ないということ。仏教ならずとも宗教が説く「至上の幸福」は(本来)希少
ではなく,誰もみな共に幸福に至れる理想をいっているんですよ。
つまり,実際に目標に到達するかどうかの問題ではなく,目標設定の問題
です。目標は到達するために設定するのですから,その到達点が問題に
なるのですよ。

人は人生の目標に迷うと宗教(自己や神)を探求します。
今までいろいろなことを執着して求めてきたが,それら全てが一体全体
どういうことにつながるのだ?と疑問をもったときに仏門をたたく。
俺に本当の人の生きる道を教えてくれと。 

448 :名無しさん@3周年:03/07/27 15:22
http://www.soutokuhu.com/bbs/test/read.cgi?bbs=psy&key=1007286452&ls=50
だれか、しりとりしてください。

449 :名無しさん@3周年:03/07/28 11:32
age

450 :名無しさん@3周年:03/07/28 23:09
age

451 :名無しさん@3周年:03/07/29 02:33
超age

452 :名無しさん@3周年:03/07/29 23:50
age

453 :名無しさん@3周年:03/07/30 03:31
nyage

454 :名無しさん@3周年:03/07/30 21:03
super top

455 :名無しさん@3周年:03/08/01 01:06
一般の人がお坊さんになる時、名前はどう変わるのですか?

何かで「訓読み→音読みにする」というのを聞いたことがあるのですが、
例えば「太郎(たろう)」みたいに元から音読みの名の人や、
「一太郎」とか「渉」みたいに、名前が二文字でない人はどうなるのですか。
好きな名前を付けていいのですか?

既出だったらスミマセン。

456 :名無しさん@3周年:03/08/01 02:36
http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1052374635/692
↑へのレス

 鈴木大拙の受け売りなんですが、昔から、臨済宗と曹洞宗は互いに相手
を「死体みたいに動かずに座ってるだけ」「よけいなことばかりベラベラ
と喋るだけ」という風に、悪口を言い合う伝統があるらしいですね。
 どっちも一長一短がある。臨済宗は活動的ですので、応用が広い。曹洞
宗は逆に落ち着いているから、臨済宗が戦時中に積極的に戦争に荷担した
ようなことはしなかった。こうやって言うと、ある意味、曹洞宗は退屈に
見えるかも知れませんが、しかし、道元の『正法眼蔵』を実際に読んで見
るとなかなかそれだけじゃない、と。実践面に置いて派手さはないかも知
れませんが、奥は深い。それはそれで良いんじゃないでしょうかね?

457 :age:03/08/01 03:16
age

458 :名無しさん@3周年:03/08/01 06:24


459 :名無しさん@3周年:03/08/01 17:07
>>455
そういう厳しいルールはないと思いますが。音読みを訓読みに、あるいはその
逆をするというのは、戒名に限らず、昔の日本社会では割と良く行われてたこ
とです。

460 :455:03/08/01 20:29
>>459
お答えありがとうございます。

すると、戒名をつける際には
特に決まったルールがあるわけではないということでしょうか。
だとすると、結構柔軟なのですね。

私は戒名の、あの音読みの「響き」が好きなんです。
「瀬戸内寂聴」さんのような名前を聞くと、
流麗な音の響きだけでうっとりしてしまいます。(w
素敵ですよね。

461 :名無しさん@3周年:03/08/01 23:30
「寂聴」とは「無音を聴く」ということですかな。「観音」とは、
読んで字の如く「音を観る」ということですが、それに似てます
ね。

462 :名無しさん@3周年:03/08/05 16:11
いきなりageて申し訳ないですが、素人の質問に答えてください。

「生まれ変わる」っていうのは死後どのくらい経ってからなのでしょうか?
例えば、死後10年経って生まれ変わり、再びこの世に生を受けた場合、
前世の家族は生きているどころか、一生懸命に仏に拝んでます。
よく「罰が当たる」といいますが、そのあたえるほうが生まれ変わっては
あたえようもない気がします。

その辺どうなっているのでしょうか?


463 :名無しさん@3周年:03/08/05 17:12
悟りを開きたいというのも煩悩のひとつではないのでしょうか?

464 :名無しさん@3周年:03/08/05 17:39
煩悩の定義って難しいですね・・・。


465 :名無しさん@3周年:03/08/05 17:49
あの世に霊がいるなら、仏壇やお墓に拝む必要はないのでは・・・?
というか、盆に帰ってくるらしいけどどこから帰ってくるの?
仏壇には帰ってきたときだけでいいんじゃない?


466 :462:03/08/05 17:57
生まれ変わる対象は地球の生命体だけなのでしょうか?
どちらにしても、生命体の個体数には限界が出来てしまうような気がします。


467 :名無しさん@3周年:03/08/05 18:01
>>463
悟りというものは、それが真に開かれる時は、開きたい開きたいと
悪戦苦闘していた時に考えていたようなものとは、丸で異なってい
ることに気付いて驚愕するのが常である。

468 :名無しさん@3周年:03/08/05 18:23
>「生まれ変わる」のは死後どのくらい?
・長い人もいれば短い人もいるらしい
>あの世に霊がいるなら、仏壇やお墓に拝む必要はないの?
・象徴です 坊さんも商売だから
>盆に帰ってくるらしいけど、どこから帰ってくるの?
・それは迷信 
>生まれ変わる対象は地球の生命体だけなの?
・違うらしい
>どちらにしても、生命体の個体数には限界が出来てしまう
・理屈っぽく考えるな

469 :名無しさん@3周年:03/08/06 01:14
>>466
アメーバみたいな原始的な生物は、個体と群体の区別は曖昧だね。
比較的高等な生物でも胚の状態だと、そうらしい。生命は謎だ。

470 :名無しさん@3周年:03/08/06 02:05
>「生まれ変わる」のは死後どのくらい?
49日。成仏すると生まれ変わらない。じゃ、なんで49日するのだろう??

>あの世に霊がいるなら、仏壇やお墓に拝む必要はないの?
お墓には魄が眠っているの(お骨ね)。
焼香して魂(精神ね)を呼び魄と邂逅することによって一時的に実体が再構成するの。
これが先祖供養の原理。

>盆に帰ってくるらしいけど、どこから帰ってくるの?
あの世。
彼岸。
西方浄土。
宗派によって違う。たぶん。。。

亡くなってお経をあげて供養された霊は成仏するので輪廻しない。
そんで、みんなあの世で楽しくやっているのだな、きっと。


471 :462:03/08/06 08:23
>>470
> 49日。成仏すると生まれ変わらない。じゃ、なんで49日するのだろう??
どうも、7人の仏さんに7日ずつ講義を受けるらしいですよ。
弥勒菩薩とかそういう有名どころに。

> 亡くなってお経をあげて供養された霊は成仏するので輪廻しない。
> そんで、みんなあの世で楽しくやっているのだな、きっと。
つっこまれそうですけど、それでは生命体の個体数が減っていくのでは・・・?
でも、人間以外は死後に供養されないから、そうそう減ったと実感できるものでもないと思いますが。



472 :名無しさん@3周年:03/08/06 10:15
初めまして、こんにちは。武道板からまいりました。
ある空手の流派の開祖さんが『九天風火院三田都元帥』という
武神を信仰してたと聞きました。しかし、初めて聞く名前だし
そもそも仏教の知識が乏しい私には、この神様がどういった
存在なのか分りません。そこで、皆様の力をお借りに参りました。

九天風火院三田都元帥 に関して何かご存じの方がおりましたら、
どんな些細な事でもかまいません。お教えして頂けると幸いです。
よろしく、お願いします。

473 :ぼるじょあ ◆yEbBEcuFOU :03/08/06 17:27
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□□□□□□□□■■■■■■■■■■■■■□□□□□□□□□□□
□□□□□□□■■■■■■■■■■■■■■■□□□□□□□□□□
□□□□□■■■■■■■■■■■■■■■■■■□□□□□□□□□
□□□□□■■■■■■■■■■■■■■■■■■■□□□□□□□□
□□□□□■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■□□□□□□□
□□□□■■■■■□□□□□□□□□□□■■■■■■□□□□□□
□□□□■■■■□■■■□□□■■■■□□■■■■■□□□□□□
□□□■■■■□□□□□□□□□□□□□□□■■■■■□□□□□
□□□■■■■□□■■■□□□■■■□□□□■■■■■■□□□□
□□□■■■□□■□□□□□□□□□■□□□□■■■■■□□□□
□□□■■■□■□□■■■■□□□□□■□□□■■■■■□□□□
□□■■■■□□□□■□□□□□□□□□□□□□■■■■■□□□
□■■■■□□□□□■■■■□□□□□□□□□□■■■■■□□□
□■■■■□□□□□□■■■■■■□□□□□□□■■■■■■□□
□■■■□□□□□■■■□□□□■■□□□□□□■■■■■■□□
□■■■□□□□□■□■■■■■□■■□□□□□■■■■■■□□
□■■■■□□□■■□■□□□□□□■■□□□□□■■■■■□□
□■■■■□□■■□□■■■□□□□■■□□□□■■■■■■□□
□■■■■■■■■□□■□□□□□□□■■□■■■■■■■■□□
□■■■■■■■■□□■■■■■□□□■■■■■■■■■■■□□
□■■■■■■■■□□□□□□□□□■■■■■■■■■■■■□□
□□■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■□□□
□□■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■□□□□
□□□■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■□□□□
□□□■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■□□□□□□
□□□□□■■■■■■■■■■■■■■■■■■■□□□□□□□□
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

474 :名無しさん@3周年:03/08/06 19:48
>472

「九天風火院三田都元帥」は、中国(主に南方)で芸能や武芸の守護神とされる神様です。
唐の玄宗皇帝のころの雷海青という人だと言われていますが、いわゆる正史等に載っておらず、
実在した人物かどうかは不明とされています。
何でも、死後玄宗皇帝の前で三度霊験を顕し、その際空中に「田都」の字が浮かんだということで
そういう名前が付いているのだそうな。
台湾のいわゆる「カンフー」の道場で神棚みたいなのに祀られているのを見たことがありますから、
その空手の先生も多分そういう辺りと繋がっている方なんでしょう。

475 :472:03/08/06 20:45
>>474
大感謝! ありがとうございます。全文コピペして保存させて頂きました。

476 :名無しさん@3周年:03/08/07 17:49
あることに大変執着してしまっていると自覚をしていて、
それが苦しみの元であるということも知っていて、
だけども、そこから解き放たれることなく、
ずっと大きな苦しみの中にいるという人に対しては、
仏教ではどのように教えるのでしょうか。
その人は、解き放たれたいと本当に切に願っているのですが、
苦しみの元になっている感情を、どうすることも出来ないでいます。
それは大きな苦しみで、生きることにくじけてしまいそうになっています。
仏教は、その人の助けになりますでしょうか。

477 :名無しさん@3周年:03/08/07 22:00
禅宗なら、平手打ち一発で眼を覚まさせるかも知れませんな。

478 :476:03/08/07 22:21
レス‥でしょうか? ありがとうございます。

>>477
何から眼を覚まさせるのでしょうか?

479 :ダイジェスト版:03/08/07 23:06
>>476さん
書店や図書館に、いっぱーいある「般若心経」のご本を
読まれるよう勧められたらいかがでしょうか。

480 :476:03/08/07 23:49
ありがとうございます。

>>479
ある程度は仏教に興味があって、
少しだとは思いますが知識がないわけでもない人なので‥。
般若心経は、その人はそらで唱えられるのです。

何かに執着する心が苦しみの元だとして、それを捨てる‥‥というか、
捨てるという方法でなくとも、とにかく苦を消し去るには、
どうしたらよいと、仏教では教えているのでしょうか。

たとえば、愛する者を心に持っているとして、
そのこと自体は悪いことではないと思うのですが、
ただ、苦しみがある。
その時の苦しみというものが、「愛する者を持っているから苦しいのだ」
と理解をしたことだけでは消えず、
かといって、愛する心を消すことも出来ず、忘れていることも出来ない。
そういう人を救う、助けを与える教え、
何かヒントを与えることのできる教えというのが、
仏教にあるでしょうか。

悟りを開けばいいだろうという返答は、本当に正しいような気がしますが、
今日明日の間に、悟りの境地に行ける可能性は、
まあ無くはないでしょうが、高い確率で無いのではないかと考えます。
苦しみの度合いが、深さが、たいしたものではないのならば、
まあのんびりやりましょうよ、とでも言ってあげたいですが、
大変に苦しそうなので‥。


「簡単な返答ですみそうな質問」ではないようでした。ごめんなさい。

481 :ダイジェスト版:03/08/08 00:42
先程、一番お手軽で手っ取り早いかなぁと思って「般若心経は」
と申した者です。もう唱えられるほどの・・・・とのことですが、
少々、キツイ言い方で申し訳ございませんが(スイマセン)
本当に内容、理解されていらっしゃるんでしょうか? 今一度、吟味
なされるよう進言申し上げます。お気に障られたら、ゴメンナサイ・・・・


482 :名無しさん@3周年:03/08/08 07:56
『般若心経』の話題からは離れますが、あるHPに「くだらん。ニセ坊主らは
正直に言わないが、『仏説盂蘭盆経』はニセのお経」と書かれていました。
http://www.geocities.co.jp/MusicHall-Horn/7710/index.html#ラベル(日記)
『仏説盂蘭盆経』は、本当にニセのお経なんですか。

483 :名無しさん@3周年:03/08/08 09:35
中国の土着信仰と仏教思想を織り交ぜて作られたとか、ユダヤ教の
影響があるという話はありますね。仏教典というのは、ブッダの本
来の教えの口承をまとめた原始仏典から、かなり後代になって抽象
的な哲学思考を織り交ぜて対話形式で仕立て上げられた大乗仏典、
その他、いろいろなものがありまして、仮に原始仏典だけを本物と
断定するなら、仏典というものは大半が偽物ということになってし
まうでしょう。我々にとって馴染み深い般若心経もそうです。仏教
思想というものは、その内容にも地域によって大きな差があり、例
えばチベット仏教や日本の浄土宗や密教など、多岐に渡っています。
『仏説盂蘭盆経』というものは、このように多彩な変化に飛んだ仏
教典のバリエーションの中の一つである、ということですね。

484 :Miss判断基準:03/08/08 10:16
>>483
検索エンジンで調べると、多くのサイトで偽経と説明されています。
どんな判断基準で偽経と判定されるのですか。

485 :名無しさん@3周年:03/08/08 10:21
>>483
漏れにでもお経が作れるってわけでつか。夏休みの自由研究に制作してみっか。w

486 :名無しさん@3周年:03/08/08 10:34
>>484
はっきりした基準はないでしょうね。龍樹の大乗仏典すら丸ごと
偽典扱いする主張もあるのですし。単独的に風変わりだから、そ
う呼ばれるのかも知れないですが、その教典を全面否定すると、
我々はお盆に、懐かしい方々をしのぶ機会を無くしてしまいます
ぞ。

>>485
それが、広く読まれるかどうかは別の問題でしょう。

487 :名無しさん@3周年:03/08/08 10:35
何故お経は日本語であげないんでしょうか?

488 :名無しさん@3周年:03/08/08 11:16
>>486 それが、広く読まれるかどうかは別の問題でしょう。

広く読まれれば本物のお経と認定されるんですか?(これ、ちょっと
的外れな質問かも…)


489 :名無しさん@3周年:03/08/08 11:20
>>486
あんた、龍樹のは論書でしょう。論と経は違うよ。知らない人たちが
質問してるんだから、正しく教えてやんなきゃ。

490 :名無しさん@3周年:03/08/08 11:22
ええい、ギキョウってのはインドの外で創られたお経ってゆーのがその定義でしょうが。
盂蘭盆は中国文化なの。生粋の。

お経の和訳は本屋さんにイパイあります。
お寺ではお経は内容以外の効果も組み込まれてしまっているので今更日本語にするのは難しいでしょうな。
でも檀家さんに日本語の勉強会みたいのをやってるお寺もあるみたいね。

491 :名無しさん@3周年:03/08/08 12:02
486に代わって、あなたが回答者になって下さい。
不勉強な486は逝って下さい。

492 :名無しさん@3周年:03/08/08 12:38
>>490
屁理屈をこねるご無礼、ごみんちゃい♪仮定の話ですが、
もし『般若心経』が中国で成立していたら、やっぱ偽経ですか。

493 :名無しさん@3周年:03/08/08 13:06
>>490
内容以外の効果って、具体的に何ですか?

494 :名無しさん@3周年:03/08/08 13:39
ギキョウなのか本物なのか、今なお
意見が別れているような経典もあるんですか。

495 :486:03/08/08 15:48
>>489
お経を読む時は、龍樹の作は読んでならぬのですか

496 :486:03/08/08 15:57
>>488
書いた物が古の仏説の形式を取って、仏教の再興に一大貢献を為すことに
でもなれば、1000年くらいまてばひょっとしたら仏教典に入るかも知
れないですな。

497 :名無しさん@3周年:03/08/08 18:02
>>495
龍樹は経典を制作していません。彼が作ったのは論書です、論書。

498 :名無しさん@3周年:03/08/08 18:05
>>496
どうもあなたは専門に学んだ人ではないようですね。

499 :名無しさん@3周年:03/08/08 19:39
>>495
この人は経と論の別が
ぜんぜん解っていない。

500 :正論:03/08/08 21:12


>>321
顕正会はある意味道徳教育です。
それは以前誰かが述べたのですが、現在の法律では罪に対する罰の基準が曖昧で、なぜこの容疑者
は死刑なのかとかはほとんど過去の例を参考に決めています。
しかし、仏法は罪に対しそれ相応の罰が当たります。罪に対する重さが明確に理解できるのです。
では聞きますが顕正会を学校教育に取り入れられない理由はなんでしょうか?
宗教、宗教と言いますが問題はその内容だと思います。
顕正会は厳密に言うと宗教ではありません。生活法です。いや宗教を超越したものです。
しかし現在ではそれに該当するものがないので宗教法人の枠に収まっているのです。

501 :486 ◆.EDMOUBKE2 :03/08/08 21:26
>>497-498
般若経は龍樹の作ではありませんでしたか?

502 : ◆.EDMOUBKE2 :03/08/08 22:03
あ、いけない。般若経は龍樹の著作ではないんですね。大乗仏典は龍樹の
影響が大きいのは別として。
盂蘭盆経というのは、日本のお盆の風習の元になっている経典だから、単
純に偽典と切って捨ててしまうのもどうかと思ったんですがね・・・。

503 :名無しさん@3周年:03/08/08 22:26
>>501
般若経が龍樹の作、だってさ。(大爆笑)

504 :名無しさん@3周年:03/08/08 22:34
>>491
偉そーに場を仕切ってはいけないんぢゃ?いぢめか?

>>492
中国で成立したらもちろん「偽の経典」ですが、
偽経が仏教の真理を伝えていないとは言えません。

>>493
荘厳な雰囲気を彩る不可欠な装置です。
雰囲気は三昧へ至る重要な要素であり、
三昧は般若へ至るステップとされています。

>>494
ありそうなもんだけど、わたしゃ知りません。
サンスクリットなど古代インド語のネタ経典が発見されることが
偽経でない証拠とされます。



505 :名無しさん@3周年:03/08/08 23:56
>>504
雰囲気と三昧は無関係です。
三昧は、禅定が深まった時に体験される境地です。

506 : ◆.EDMOUBKE2 :03/08/09 00:09
>>503
何だよ、廃れてたの誘導してやったのに(プンプン

507 :名無しさん@3周年:03/08/09 00:44
>>505
正しい禅定には多くの条件を必要とします。
雰囲気を度外視して三昧を得ることは理想的でしょうが、
効率の良い方法とはいえません。
凡人は理想に近づくためのあらゆる努力を惜しむべきではないと
思います。

508 : ◆.EDMOUBKE2 :03/08/09 12:57
正典/偽典って区別は概ねキリスト教の影響ね、ちなみに。

509 :133:03/08/09 15:57
仏教は宇宙がどういう形をしてその果てはどうなっているのかまで
説明している、と創価学会のプロパガンダ本に書いてました。
創価学会のことはともかく、
ある世界があったとします。その世界も、誰かに意識されなければ
あって無いに等しい。色即是空、空是即色。
価値判断ができる動物は人間だけですが、人間がいない世界は
つまり誰にも価値判断がされない故に無価値なのでしょうか。
私はこの世に人間が存在しなくとも、人間を創造する可能性がある、その一点において、
「この世」には存在価値があると思うのですが、仏教徒の皆さんはどうお考えでしょうか。
色=空。「空」は価値もゼロという意味なのでしょうか?

510 :転生上手:03/08/09 18:10
ヒトも動物も何回転生するのかしら?
転生途中で自然にタマシイが消えちゃった時もあるのかな?
宇宙が消滅するときまでは、数百億年ぐらい後になりそうだけど
いま現在のヒトたちはとりあえず解脱して、ホトケになってるのかな?


511 :名無しさん@3周年:03/08/09 21:03
>>509>>510
無記です。

512 :462:03/08/10 00:47
突然で申し訳ないのですが、戒名をつけるのにお金を払うのは何故でしょうか?
しかも、位によって金額が変わるのは詐欺に近い気がします。

そもそも、なんで金額に差がでるのかがよく分かりません。
お金は結局のところ坊主の懐に入るだけですよね?

納得ができません。


513 :名無しさん@3周年:03/08/10 01:52
>>512
詐欺に近い?坊主の懐に入るだけ?
>>482で紹介されているサイトをのぞけば、答えが分かります。
不明な点は、そこの管理人に尋ねて下さい。

514 :476、480:03/08/10 10:44
>>481
理解はね、していますよ。おそらくは、あなたと同じくらいだと思います。
なんにしても、ありがとうございます。


件のその人を目前において、釈迦ならば、どのように話したのだろうか、
ということを、ぼんやり思っております。
出家をしていない不勉強で凡夫のわたしやその人にも、
救いになるような、助けになるような、そういう言葉を、仏教に期待をするのですが‥。
狂おしいほどに誰かを好きで愛していて、苦しみがともなう時、それをどうしたらよいのか。
大真面目に日々を生き抜く人たちの、日々の助けにならないのなら、
実戦のレベルで力になれないのなら、
僧だって、なんの知識だって、必要ないなぁなんて、思いつつも‥。
わたしは仏教は好きなので、おそらくはつきあっていくのだと思います。
件のその人は、聡明な人で、理屈ではいろいろとわかっているわけなんですが、
だけどもどうしようもない、尽きることがないんだ‥ということらしく‥。
どうしたらいいんだろ〜なぁ。

どうも、失礼しました。

515 :名無しさん@3周年:03/08/10 11:53
「止観」を

「観を止める」と読んでしまった大川隆法。


516 :名無しさん@3周年:03/08/10 12:06
>>515
まじっすか(w

517 :生老病死:03/08/10 12:29
>>514
「生きること自体が、苦しむこと」
ただただ、お釈迦さんの言葉・エッセンスを汲み取って、
心のやすらぎを得られんことを!  としか言いようがないのう・・・・

518 :514:03/08/10 18:50
>>517
そういうこと‥なんでしょうねぇ‥。
どうもありがとう。


519 :名無しさん@3周年:03/08/11 15:43
不真面目なことを
マジに質問します。

アメリカのポルノ映画で
男女ともセクースシーンで「オーマイガッ!」などと奇声を上げますが、
たとえば、アメリカの敬虔な仏教徒の場合
「オーマイブッダ!」と叫ぶんでしょうか?

520 :名無しさん@3周年:03/08/12 10:41
ヴッキョウを一言で表現するとどうなりますか?

521 :名無しさん@3周年:03/08/12 10:46
>>519

当然!

522 :名無しさん@3周年:03/08/12 10:48
>>519

法華経系は

オーマイシャクソーン!


当然のことだが

層化は

オーマイダイサクセンセー!

523 :名無しさん@3周年:03/08/12 10:51
>>522
神道に帰依したガイコクジンは?

524 :名無しさん@3周年:03/08/12 10:54
>>523

神道のことはわからんが

オーマイアマテラスオオミノカミー!

とでも叫ぶんじゃねーか?

525 :名無しさん@3周年:03/08/12 11:47
>>524
長いな

526 :名無しさん@3周年:03/08/12 20:11
ここのHP、変!!! ぁゃιぃ
パスワードが無いと、檀家のページに逝けません。
一般の檀家のじっちゃんやばっちゃんは、パスワードやID等分からないのではないでしょうか?
最近は、入り口でブロックされます。
      ぁゃιぃ

浄土宗
宗教法人 祐天寺
http://www.yutenji.or.jp/


527 :名無しさん@3周年:03/08/12 20:54
ここは仏教質問箱です。正しく質問してください。

528 :名無しさん@3周年:03/08/14 13:53

宗派とか詳しいことはよく分からないんですが、
根本的な仏教の教えを知りたいんです。

得度をするにしても必ず宗派などの
しがらみのようなものがあると思うのですが、
根本的な仏教を知る方法や修行の仕方ってあるんですか?

529 :名無しさん@3周年:03/08/14 14:00
『菩提樹下』

「ぼだいじゅか」と読んでしまった大川隆法。

他にも、漏尽通→ろうじんつう 等多数あり

530 :M:03/08/14 14:10

宗派とか詳しいことはよく分からないんですが、
根本的な仏教の教えを知りたいんです。

得度をするにしても必ず宗派などの
しがらみのようなものがあると思うのですが、
根本的な仏教を知る方法や修行の仕方ってあるんですか?

531 :名無しさん@3周年:03/08/14 14:11
すいません。間違えて二重に書き込んでしまいました。

532 :名無しさん@3周年:03/08/14 15:27
>>530
得度は形式です。その形式を経て、次に何をしたいのですか。
葬式仏教屋として銭儲けに励みたいのですか。釈尊の悟りを
追体験したいのですか。

533 :名無しさん@3周年:03/08/14 16:39
>>530 根本的な仏教の教えを知りたいんです。

「根本仏教」又は「原始仏教」で検索してごらん。どっさり
出てくると思うよ。




534 :山崎 渉:03/08/15 08:30
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

535 :名無しさん@3周年:03/08/15 08:52
>>529
なんて読むの?

536 :名無しさん@3周年:03/08/16 14:09
質問があります
お盆の期間中は、ご先祖様がかえってきているのですよね
だったらお墓参りは必要ないのですか
母が行こうというのですが
こちらも母もこういう事にとんと疎いものですから
よろしくおねがいします

537 :名無しさん@3周年:03/08/16 20:10
>>536
そもそもお盆だのお墓参りだのは、お釈迦様の教えとは無関係です。『仏説
盂蘭盆経』に基づいているのですが偽経です。(>>482以下を参照)

私自身は墓参りなんかしません。

538 :名無しさん@3周年:03/08/16 21:27
>>537
まあ、仏教的にはなんだが、儒教的には立派な伝統行事だろう。
日本人が漠然と持っている祖霊信仰を理屈だけですっぱり切り離すと社会的な軋轢を生む。
死体を川に流してしまうインドなら、魂は輪廻するということで墓参りの必要はないが、
遺骨を後生大事に取っておく文化の日本では事態はもうすこし複雑だ。
私は墓参りに行く。
祖先等を思い起こす絶好の機会を理屈で潰してしまうのは勿体無いと思う。
周りには、本当にご先祖が帰ってきてたらまずいから、と言っている(笑

>>536
470のレスを参考のこと。
儒教的伝統に従えばお墓参りは必要だということになります。
もちろん伝統仏教宗派でもお墓参りは必要です。
あとは気持ちの問題か。

539 :名無しさん@3周年:03/08/16 22:08
>>536
ご先祖様がかえってきている?冗談で言ってるの?
釈尊にそんな教えはありませんよ。

540 :名無しさん@3周年:03/08/16 23:25

禅僧になりたいです。真剣に考えています。
すぐにでも入門を許してくれるような所を、ご存知の方いらっしゃいますか?
お願いです、教えてください。頼みます!!!!!


541 :名無しさん@3周年:03/08/16 23:29
>>539
原始仏教にはある。
その当時の人々に自然と浸透していた原始仏教的な考えを、
釈尊は否定してはいない。


542 :名無しさん@3周年:03/08/16 23:33
http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1035597491/l50
禅宗の僧となって生活したいのです     

ここを見る

543 :名無しさん@3周年:03/08/16 23:35
>>541
肯定もしていない。
よって原始仏教の教義にご先祖信仰があるということはできない。

544 :名無しさん@3周年:03/08/16 23:51
>>541
先祖がかえってくるなどという発想は、
印度にはなかっただろう。輪廻の思想と
相容れないからだ。

545 :名無しさん@3周年:03/08/16 23:56
>>543
好ましくないものだったらば、否定していたはず。
人々に自然と浸透していた考えを土台として、
釈尊の教えは築かれてゆくのだから。
ね、そうでしょ? そうじゃないの?


546 :名無しさん@3周年:03/08/17 00:02
なにが質問箱だ!
屁理屈ばかりこねくりやがって
つつましく美しい、先祖供養という日本の文化を
貶しているだけじゃねーか!
てめーら盆休みなど取るなよ!
田舎にも帰るな!
「非論理的!」とスポックのように喚きながら働け!


547 :名無しさん@3周年:03/08/17 00:15
>>545
好ましいものだったら肯定したはず。
無記の対象になるのだろうから、彼岸へ向かうために重要ではないということだろ。
ま、どうでもいいってこったな。

それより祖霊信仰そのものが544のいうとおりインドには無い。
あるのは輪廻と転生。
祖霊信仰は中国産だと思うぞ。

548 :名無しさん@3周年:03/08/17 00:23
>>545
仏教学を学んだことがないんだろう。仏教が
分かったものの言葉とは思えない。

549 :釈尊:03/08/17 00:28
>>547
>>548
うせろ!


550 :名無しさん@3周年:03/08/17 00:38
 いわゆる「お盆」で「ご先祖様」が帰ってくるとか、墓参りをするだとかいう
習慣は日本独自のものです。
 だから、そういう意味での祖霊信仰も日本産です。
 中国の「お盆」ではご先祖様は帰ってきたりしません。
 墓参りも清明節の時に行くのが一般的です。

551 :名無しさん@3周年:03/08/17 00:43
>それより祖霊信仰そのものが544のいうとおりインドには無い

大爆笑www
五火二道説って知ってる?
あははははwww
祖霊信仰は、ヒンドゥー一般民衆にとっては、
古代より当たり前の信仰だよ。

インド思想においては、教養レベルの常識の範疇です。

知ったかぶりは、ちょっとは調べてからしなw

552 : 釈 尊:03/08/17 00:47


知ったか野郎は、うせろっ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 カァーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーッ!!!!!!



553 :名無しさん@3周年:03/08/17 00:48

    プッ



554 :名無しさん@3周年:03/08/17 00:51
>>548
仏教学を学んだことがないんだろう。仏教が
分かったものの言葉とは思えない。




555 :名無しさん@3周年:03/08/17 00:53
>>548
>仏教学を学んだことがないんだろう。仏教が
>分かったものの言葉とは思えない。


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
お、お、オマエモナーw
ひさびさにこのお約束のセリフがビシッとはまる、香ばしいヤツが登場だ!


556 :名無しさん@3周年:03/08/17 00:55
>>548
今日いちばんのホームランをカッ飛ばしたな、お前!

557 :名無しさん@3周年:03/08/17 00:56
超、恥

558 :名無しさん@3周年:03/08/17 01:02
インドでの祖霊崇拝は、今でも日本以上に盛ん。
サンサーラ、モークシャの思想は、あくまでも「上」の思想。

一般人は、祖霊を崇拝しています。
そもそも本来、輪廻というのは、血の生まれ変わりのことで、
古代においては男子に限定されたものでした。
つまり、父→息子という「家督権の相承」が、その血族の永遠の命の連続を保証するものとして、
一種の「生まれ変わり」信仰となっていたのです。
一つの魂が、家督権というものを通じて、
男子のなかで輪廻してゆく、というのが、サンサーラ思想の原型。
だからインドでは、男子の誕生を渇仰し、女子の誕生は忌み嫌われていたのです。
今でも田舎では、そういう感覚は根強いですね。

で、死んだ「前家長」はどうなったのか?
祖霊となって、家族を守るのです。
家長が家において祭火を絶やさないのは、
祖霊に供物を捧げるためであって、対象は神ではありません。
(神に捧げる時は、バラモンが家に来てそれをします)

解脱しちゃえば、祖霊にはなりません。当然ながら。
現在の輪廻思想と祖霊信仰は実は矛盾があるのですが、一般人はんなこと気にしてません。

559 :550:03/08/17 01:03
>>551
インドの祖霊信仰と、ここで問題になっている「お盆」で行われる
ような日本の祖霊信仰とでは、かなり様相が違うと思いますよ。
それと、ここは質問箱ですから、荒らしに反応して焚き付ける様な
発言は控えて欲しいです。

560 :名無しさん@3周年:03/08/17 01:06
インドに祖霊信仰がないなどという妄言は糺しておく必要があると思うけどな。
何も知らない奴が見たら、信じちゃうだろ。
大体、炊きつけにはならん。
勝負になってないよ。

因みに、日本の祖霊信仰とインドの祖霊信仰、結構、似てるぞw

561 :名無しさん@3周年:03/08/17 01:17
>>550
韓国では日本と類似した先祖供養をすると聞いた事があります。
儒教ベースなのでは?
現在の中国に儒教の伝統を求めてよいものか。
台湾だったらわかるけど。

562 :550:03/08/17 01:20
>>560
なるほど、確かにインドに祖霊信仰がないと考えられる方がいたらマズいですね。
日本とインドで類似点が多いことはもちろん承知しておりますが、問題は、

解脱しちゃえば、祖霊にはなりません。当然ながら。

という、まさにその点にあるのだと思います。
輪廻思想と矛盾を来していることは同じですけれど、インドでは日本のお盆の様に
露骨な乖離は無く、「原始仏教」信奉者が向きになって「お盆」を排撃するような
要素は持ち得ないのではないかと思っています。
何と言っても、日本のお盆の場合、土着信仰が仏教の皮を被っているという点が
特徴的なのでしょうから。

563 :名無しさん@3周年:03/08/17 01:20
>>550
魂と魄の違い、わかってる?

564 :550:03/08/17 01:22
魂と魄、というのも日本の「お盆」行事に対する後付けの理由に過ぎません。

565 :名無しさん@3周年:03/08/17 01:23
>>558
>解脱しちゃえば、祖霊にはなりません。当然ながら。
解脱ったら輪廻からの脱却でしょ?
祖霊では輪廻していることにならんでしょうが。
ムチャクチャでないの。


566 :名無しさん@3周年:03/08/17 01:27
釈尊は祖霊崇拝を否定されてませんからね。
むしろ、常識として認めていたと思われます。
ただどうして、積極的にそれを云々しなかったかと言うと、
僧侶は今生で解脱を目指すのだから、祖霊とは縁がなくなる、ということからなのでしょう。
つまり、そんなもん考えたって、実際問題、僧侶にとっては無意味じゃん、みたいな。

一般向けには、祖霊信仰や転生思想を活用して、
よりよく生きることを教えられていたとは思いますけれどね。

原始仏教といえども、祖霊信仰を否定する理論的根拠はないんですよ。
あくまでも、僧侶にとっては、あんまり関係ない、ということで。

だから、そんなことには無記、ということです。


567 :550:03/08/17 01:27
>>565
いや、だから、それこそ祖霊では輪廻していることにならない訳です。

568 :名無しさん@3周年:03/08/17 01:28
>>565
だから、矛盾してんだよ、理論的には。
でも、そんなの気にしてる一般ヒンドゥーなんかいないっての。

569 :名無しさん@3周年:03/08/17 01:29

548イコール550


570 :名無しさん@3周年:03/08/17 01:29
儒教研究の第一人者である加地伸行氏によれば、魂魄(こんぱく)の「魂」という漢字は、「云」という偏(へん)と「鬼」という旁(つくり)に分解できる。
「云」という字は、雲の下の部分と同じであり、「ふわふわと浮かんげいるもの」の形象を現す。「鬼」という字は、「オニ」ではなく、死(身)を現す
「キ」と読む。死ぬことを「鬼籍に入る」という時の「鬼」である。したがって、死んだ後でも、魂は、そこら辺にふわふわと浮いているものである。
「魄」の偏の「白」は白骨の白で、骨を現す。つまり、死ぬということは、魂と魄がバラバラになるということである。したがって、これらを元のひとつに
合体させることができれば、死者を蘇らせることができる。それを行おうとしたのが「宗教としての儒教」である。と論じているが、
そのような魂=モノ=アニマの存在を信じる世界観こそが、東北アジア(満州・朝鮮・日本等)に共通するアニミズム的な世界なのである。


571 :名無しさん@3周年:03/08/17 01:31
>>550
みっともねえよ

572 :名無しさん@3周年:03/08/17 01:32
もういいや、飽きた。
寝る。

久々に祖霊崇拝について語ったよ。
覚えてるもんだね、結構。

573 :名無しさん@3周年:03/08/17 01:32
>>569
日本語よめんのか?タコ

574 :名無しさん@3周年:03/08/17 01:33
みっともねえよ


575 :名無しさん@3周年:03/08/17 01:34
アニミズムってどこにでもあるんだね。

576 :名無しさん@3周年:03/08/17 01:35

仏教を知ったかぶりしながら、他人をタコと罵る・・・
ああ、>>550 恐るべし・・・


577 :名無しさん@3周年:03/08/17 01:36
>>572
加護ちゃんです☆ですか?

578 :名無しさん@3周年:03/08/17 01:36
>>572さま
おつかれさまでした! お休みなさい! パチパチパチ…

579 :名無しさん@3周年:03/08/17 01:37
すまねえな、550(w
ま、2ちゃんだからこんなもんだ



580 :名無しさん@3周年:03/08/17 01:38
祖霊崇拝を語っていた奴は、どうも加護ちゃんです☆臭い。
だとしたら、お久しぶりね☆

581 :550:03/08/17 01:40
 残念でした、わたしは548ではありません。
 
 いや、それで、魂魄の意味は重々承知なんですけど、
「死ぬということは、魂と魄がバラバラになるということ」という様な発想は、
本来日本にはなかったはずです。
 祖霊信仰が仏教の皮を被って「お盆」行事をやっていくことで出てきた、
知識人から見れば「不合理」なことがらを、漢籍の知識を援用してうまく
説明するために持ち出した議論であるはずです。
 東アジアにおけるアミニズム一般に対して、発生論的に当てはめていく
ことは無理だというのがわたしの考えです。
 ちなみにわたしは加地先生の、限られた文献の中で自説を広げていく
やり方の議論は少々問題有りだと思っています。あの方、満州や日本の
シャマニズムなんかも、ちゃんと勉強して言っているとはとても見えません。


582 :名無しさん@3周年:03/08/17 01:41
お盆は中国思想だ!

http://member.nifty.ne.jp/vita/ore/97/bon.html
盂蘭盆
祖霊を死後の苦悩世界より救済する<盂蘭盆会>の仏事を生み、
中国から日本に伝来して広く庶民に親しまれている。仏教の僧自恣
(インドでの雨期の三ヶ月間、修行者たちが一カ所に定住し、
その最終日に自発的に罪を懺悔すること)と布施の思想、
及び中国の中元と孝の思想がからみあい、先祖供養に欠かせない仏事となっている。
(中略)なお、日本での盂蘭盆会盛行は、この前後を正月に対応する祖霊来訪の時期
とした民俗信仰との習合によるものともされている。


583 :名無しさん@3周年:03/08/17 01:43
>>550
自演みっともねえよ


584 :名無しさん@3周年:03/08/17 01:44
どれとどれが?

585 :名無しさん@3周年:03/08/17 01:44
>>550
すり替えみっともねえよ


586 :名無しさん@3周年:03/08/17 01:48
ただいまからこのスレは、

 《しったかぶり野郎、おおいに仏教を語る!》

にタイトルを変更いたします。みなさま今後ともよろしくお願いします。


587 :名無しさん@3周年:03/08/17 01:51
どっちなのだ?

http://www6.plala.or.jp/hiro-ida/bomai.html

仏教はもともと出家者のための宗教であり、インドや中国の仏教では、基本的に故人の供養とは関係ありませんでした。
仏教が故人の供養と関係するようになったのは、日本独特の祖霊信仰が仏教と結びついたからです。




ところであの、煽りしか出来ないひと、逝ってください

588 :名無しさん@3周年:03/08/17 01:52

さあ、みなさん!
自演、すり替え、知ったかぶり、この最強タッグが
これから仏教を語りまくろうとしています。
楽しみですねーーーー★


589 :名無しさん@3周年:03/08/17 01:55
>>587
わかった、でていく
でも、550みたいの甘やかしてちゃ、ダメよ


590 :名無しさん@3周年:03/08/17 01:57
>>588
お前のおかげですっかり白けた。
まあ夜中だからいいだろ。
特別許してやる。

591 :名無しさん@3周年:03/08/17 02:07
550はまともな知識を持っている貴重なお人だ。
548とは別人なのは明らか。
まったくお祭り好きの厨房はこれだから困る。

592 :おながいします:03/08/17 02:32
どーして、印度では
仏教が廃れたんだーーーーーーーーーーーーーー

593 :名無しさん@3周年:03/08/17 02:34
>>592
諸行無常だから

594 :536:03/08/17 03:11
<<537、539、550 その他の皆様
レスありがとうございます
結局雨の中いって参りました。
他のお墓も真新しい花やお供えが置いて在りました

今まで何も考えていなかったけれど確かに
輪廻転生と先祖供養ってちょっと相容れないものですよね
まぁ家のお墓があるお寺の住職もご先祖そのものよりも
供養をすることによって自分が安心するその気持ちのほうが
重要だなんて言ってました

たまたま空いていたお墓(の敷地)にお墓を立てるために
檀家になったにわか檀家なものですから
ここの方々からはしかられることばかりかも知れませんので
このへんで失礼


595 :名無しさん@3周年:03/08/17 03:47
>>591
550 が 548と別人なのはわかるけれど、
550 だってお盆のこと知ったかぶりしてみごとに訂正されてたじゃん。
まともな知識を持っている貴重なお人って言われてもねぇ。
適当な事ばっかいう人じゃ困るよ。まぁいいけど。


596 :名無しさん@3周年:03/08/17 03:52
>>591
なんでも荒らしのせいにして、
かっこつけてんじゃねーよ。バーーーーカ


597 :再度、おながいします:03/08/17 12:28
592です。
非常に非常にマイナーになっている
ということをお聞きしたかったんですが・・・・。

598 :名無しさん@3周年:03/08/17 13:23
>>597
次第に独自性が薄れてきてたんです。衰退していたところへ、
イスラムにドッと攻められたわけです。

599 :名無しさん@3周年:03/08/17 20:40
キリスト教も誕生の地には既に残っていないな。
やっぱイスラムに攻められたからだ。
イスラムって・・

600 :名無しさん@3周年:03/08/17 20:43
イスラムの真理が強烈だからさ

601 :名無しさん@3周年:03/08/17 22:40
イスラーム改宗は容易だからじゃん?
貧しい人々には、明解な救いの論理と、ウンマによる相互扶助の制度が魅力的だろうし。
イスラームには人種差別が基本的にないから、中東ではそれまで虐げられていた人々、
つまり黒人系や非アラブにとっては救いの宗教だったんだろーね。
それに、基本的には商業活動を通じて、個々人の人間関係で布教がゆるやかに進んでいったから、反発も少なかった、と。
キリスト教とはそこが違う。

因みにインドでは、不可触民やシュードラの下層が、集団で改宗したりして広がった。
これも商業活動と、デリー・スルタン王朝の影響が大きいね。

知ったかスマソ


602 :名無しさん@3周年:03/08/17 22:44
いやヒンズー教はイスラムでも倒せなかった
だから、別に国をつくった、それがパキスタン。

603 :名無しさん@3周年:03/08/17 23:45
>>602
ああ。インドとパキスタン、あのいがみ合いも
根っ子にヒンドゥーとイスラムの対立。

604 :チッタゴン:03/08/18 00:39
ミヤンマーまで来たら、やっとこさ仏教国か。

605 :名無しさん@3周年:03/08/18 01:09
スリランカのほうが近いような感じがしたりしなかったり。

606 :チッタゴン2号:03/08/18 02:57
あ、ゴメンゴメン。
天竺から日本に向いてってことです。。。

607 :名無しさん@3周年:03/08/19 01:09
「仏陀の悟りを得た後も、女の尻を追いかけていた。」と
著書のなかで告白する大川某法。

608 :名無しさん@3周年:03/08/19 02:22
悟りを得た者には、女の尻≠ネぞという通俗的な分別や差別はない
仏陀と女の尻に特別の違和感は抱かずともよい

609 :アサハラお焼香:03/08/19 03:28
ウンOが、食えるようになるには
まだまだのようだな(ニヤッ

610 :NB ◆0buMLZ/Vxc :03/08/19 05:51
『報恩報盆経』ってお経もありますね。>お盆。

『盂蘭盆経』をとりたてて偽経として切り捨てる必要もないような…。
「倒懸」なんて訳語まで作り出してきた必死な(w 歴史もあるんですから。
お経の中には生母救済のモチーフって、結構多いような印象があります。

個人的には追善回向を捨てて三宝に帰依することを説いたお経として
『盂蘭盆経』を味わっています。仏の「歓喜会(かんぎえ)」ですからね。

まあ、六道のうち、餓鬼だけが追善によって救済することが
できるんだそうで、それって、五火二道説等の古来の輪廻説が
六道輪廻説に取り込まれるにあたって餓鬼界が考えられたってこと
の名残を示すものでもあるんですってね。

611 :名無しさん@3周年:03/08/19 08:10
>>610
誰に答えてるんだか。
忙しさが一段落しておかしくなったのかな。

612 :名無しさん@3周年:03/08/19 12:45
>>608
あなたすっごく偉そうですねー。悟りを得た者について語れるほどの人だから、
きっと立派な人なんでしょうねぇ・・・

>>611
スレ読んでないの?

613 :名無しさん@3周年:03/08/19 12:51
明らかに間違った知識を振り回している人と、
尊大な人と、
侮蔑的な態度の人は、
この板にふさわしくない。
釈尊と仏法に対して申し訳ないよ!
荒らしのほうがまだマシ。

614 :名無しさん@3周年:03/08/19 12:52
>>611
和尚様の有り難きお説教じゃ。黙って聞けッ。

615 :名無しさん@3周年:03/08/19 12:54
>>613
ここは2ちゃん(ネタ優先社会)だよ

616 :名無しさん@3周年:03/08/19 12:57
>>615
関係ないよっ
ここが地獄であったとしても、
釈尊と仏法は尊ばれてしかるべきだ!
そんな考えが通ってたまるかっ!

617 :名無しさん@3周年:03/08/19 13:24
>>616
2ちゃんねるではこういう発言ですらネタとして扱われる。
悲しいこっちゃ。

南無妙法蓮華経

618 :名無しさん@3周年:03/08/19 13:33
釈迦の何が尊いのですか?
「くだらない」
ってみんな言ってますよ。

619 :名無しさん@3周年:03/08/19 20:58
>>617>>618
キリスト教を信じてください。罪が赦されるので、幸せになれます。

620 :名無しさん@3周年:03/08/19 21:18
釈迦のくだらなさと
イエスキリストのくだらなさを比較すれば
ちょっと釈迦がマシじゃない?

どっちもDQNだけどさ。

621 :名無しさん@3周年:03/08/19 22:44
「人間」の意味を教えてください。
お願いします。

622 :名無しさん@3周年:03/08/19 22:46
人間だからすばらしい
みつを


623 :名無しさん@3周年:03/08/19 22:48
けつめどからウンコ

624 :名無しさん@3周年:03/08/19 22:58
仏教用語としての人間があるとは聞いたけど・・
自分にはわからない

625 :名無しさん@3周年:03/08/19 23:28
『人経』というのがあります。
人間とは何か、説いている経典です。
なかなか面白いですよ。

626 :名無しさん@3周年:03/08/20 00:00
>>625
嘘っぽいけど、面白そう。詳しく教えてえ。

627 :名無しさん@3周年:03/08/20 00:22
嘘じゃねぇよ。
どっかに講義の資料があった筈なんだけど・・・。
インドの人間観がよくわかる経典だったと思う。
うーん・・・

探しといてやるわ。
大正蔵には入ってるはずだぞ。

628 :名無しさん@3周年:03/08/20 10:59
>>627
待ってるよ〜ん♪

629 :一職業:03/08/20 11:51
>>616
尊ばれない僧侶が、あまりにも幅をきかせてる
国だからねぇ。

630 :名無しさん@3周年:03/08/20 12:29
仏教伝道協会と仏教聖典って信じていいんですか?

631 :名無しさん@3周年:03/08/20 13:19
>>628
あかん、資料がないわ。
自分で調べな。
五蘊や識の構造について述べた経典だった。
>>630
いいんじゃないの?
まあ、素人向けではあるけれども・・・。

632 :ふじわらふひと:03/08/20 13:37
>>629
 この国民ありてこの僧侶か
 この僧侶ありてこの国民か
 微妙

633 :名無しさん@3周年:03/08/20 20:07
苦厭上人ってなんて読むか分かりますか?教えてください。

634 :名無しさん@3周年:03/08/20 20:27
すいません、仏教について3つほど質問があるのですが教えてください。

仏教には、密教と顕教の2つに大別されるって聞いたんですが、この2つは
簡単に言うとどう違うのですか?

禅宗は密教と顕教のどちらにはいるのですか?

修験道は仏教ですか?

635 :名無しさん@3周年:03/08/20 20:33
自分の家は、代々浄土真宗の西本願寺派らしいんですが、私だけ
真言宗に改宗したら何か不都合が生じるのでしょうか?

636 :名無しさん@3周年:03/08/20 21:04
>>635
現実的なことを言うと、親戚づきあいに不都合が生じる。
あんたの親戚も同じ菩提寺だったりするだろう。
葬式や年忌法事の時に親戚から変に思われる。
そういうつきあいもしないつもりなら不都合はないよ。

637 :名無しさん@3周年:03/08/20 21:12
>>634
その1
簡単に言えたら苦労しない。

その2
とりあえず顕教

その3
電波男にきけ

638 :名無しさん@3周年:03/08/20 21:51
>>637
>簡単に言えたら苦労しない。

仏教者たるものその程度の苦労を厭うて、何とする。

639 :名無しさん@3周年:03/08/20 23:17
>>634
顕教というのは、密教側からの言い方です。(これじゃ答えに
なっていない?だったら、電波男に聞いて下さい。)

修験道は、日本古来の山岳信仰が仏教などの要素を
取り入れてものです。詳しくは電波男に聞いて下さい。

640 :名無しさん@3周年:03/08/20 23:19
>>635
信教の自由は憲法が保障しています。何の
不都合もありません。詳しくは電波男に
尋ねて下さい。

641 :名無しさん@3周年:03/08/20 23:47
>>632
政治屋と有権者の関係と一緒かぁ?   尊敬されない僧侶の収入を
断ち切れば、ソーシキ仏教も根絶やしになるって寸法で。
ま、詳しくは電波男氏が当選7回、内閣総理大臣になった暁に。

642 :名無しさん@3周年:03/08/21 00:59
>>641
ソーシキ仏教撲滅は、電波男が成し遂げてくれます。

643 :名無しさん@3周年:03/08/21 03:55
>>639-642
すいません。
ここに出てくる電波男さんとはどなたですか?
どこのスレに行けば、お話が聞けるのでしょうか?

644 :名無しさん@3周年:03/08/21 04:21
いや、電波男は念仏宗の坊主を兼任している。葬式仏教の立場だ。
撲滅は新興宗教専門。

645 :名無しさん@3周年:03/08/21 04:49
>>643
電波男さんHP
http://itoarc.hp.infoseek.co.jp/
ここに行ってみてください。

646 :名無しさん@3周年:03/08/21 10:40
>>643
原始佛教 その4
http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1056128400/


647 :名無しさん@3周年:03/08/21 11:28
>>644
電波男は山伏です。

648 :名無しさん@3周年:03/08/21 13:29
座禅はミッキョウだよな?

649 :名無しさん@3周年:03/08/21 13:29
アダルトDVD1枚500円〜!

http://www.net-de-dvd.com/


650 :名無しさん@3周年:03/08/21 17:02
>>648
顕密どっちもやってますよ。真言なら
月輪観とかね。まア詳しくは
電波男さんに聞いて下さい。

651 :名無しさん@3周年:03/08/21 19:32
電波男さんって、この板の名物男みたいですが、どんな人ですか?

652 :パナウェーブ研究員:03/08/21 19:33
知ったか野郎です。


653 :NB ◆0buMLZ/Vxc :03/08/22 00:12
いまさらでちょっと、アレなんですけど…

>>610の『報恩報盆経』は、『報恩奉盆経』が正しいです。。。


654 :名無しさん@3周年:03/08/22 00:12
>>627 大正蔵には入ってるはずだぞ。

今日、図書館で調べたけど見つからなかったよ、そんなお経。


655 :名無しさん@3周年:03/08/22 00:20
電波男さんの仏教観にも変化があるようなので、そのうち一つの結論を
出してくれることを少々期待しています。
彼はもともと学会員だったそうです。
今は小乗仏教徒のようですね。

656 :名無しさん@3周年:03/08/22 03:23
増上寺のお坊様にひとめぼれしてしまいました・・・
罪になるのでしょうか・・?

657 :名無しさん@3周年:03/08/22 05:31
>>655
すくなくとも層化ではないな。仏教学会員?

658 :名無しさん@3周年:03/08/22 12:40
非627ですが、その名の経典、聞いたことはあります。
人経というのは確か、略称ではなかったでしょうか?
人法経か何とか言ったように思うのですが。
どうだったかなぁ?

659 :名無しさん@3周年:03/08/22 12:45
>>656
仏教のテーマは現実の苦、或いは無明の止滅です。お尋ねの「罪」に
ついては、むしろキリスト教の領域でしょう。

660 :名無しさん@3周年:03/08/22 12:45
>>657
山伏です。

661 :名無しさん@3周年:03/08/23 00:00
やはり、電波男はインテリ糞坊主だったか(W)。

662 :名無しさん@3周年:03/08/23 03:52
ヤソの板は荒れてるけど、ヤッパ、仏の板はマタリしてて、いいなあ。
仏の慈悲やね。

663 :名無しさん@3周年:03/08/23 09:25
>660
正体は羽田守快か?

664 :名無しさん@3周年:03/08/23 14:12
クリは街頭布教をよくしてるけれど、
仏教の僧侶って寺から外に出てこないよね?
どして?
布教理論としては、街頭布教というのはありだと思うんだが。

トラクト(パンフレット)配ったり、辻説法したりしないの?
もしやってる人がいたら、その方法論や効果について教えてください。
やんない人はどうしてやんないのか、その理由を教えて!

665 :名無しさん@3周年:03/08/23 14:51
電波男は学会退転者なんだって。
学会と日顕宗を掛け持ちしてたとき坊主に殴られて
正宗系がイヤになったみたい。

666 :666:03/08/23 16:21
666げっとん

667 :名無しさん@3周年:03/08/23 18:00
>>664
葬式だけで十分食うていけるさかいにな、
面倒なことはしまへんのや。

668 :名無しさん@3周年:03/08/23 18:09
>>665
そりゃ、ないでしょう。彼は学者です。(以下、コピペ)

114 名前: tib.(w/gKmmqA) 投稿日: 2002/05/11(土) 18:12

>>109
肝心なことに答えてませんでした(^^ゞ
南伝小部経典は、小誦(クッダカパータ)・法句経(ダンマパダ)・感興偈
(ウダーナ)・如是語(イティヴッタカ)・経集(スッタニパータ)・天宮事
(ヴィマーナヴァッツ)・餓鬼事(ペータヴァッツ)・長老偈(テーラガーター)
・長老尼偈(テーリーガーター)・ジャータカ・義釈(ニッデーサ)・無礙解道
(パティサンビダーマッガ)・譬喩(アパダーナ)・仏種姓(ブッダヴァンサ)
・所行蔵(チャリヤーピタカ)の都合15経からなるものです。
大般涅槃経は長部経典(長阿含)に収められる経典の一つ、サンユッタニカーヤ
というのは相応部と訳されてパーリでは2875の経典の集成です(漢訳では雑阿含が
相当します)。


115 名前: conparage(MmUMR/wM) 投稿日: 2002/05/11(土) 19:34

ありがとうございます。勉強になりましたm(__)m


116 名前: ベロ(od7XM/js) 投稿日: 2002/05/12(日) 04:34

ね、2chでヴァカの相手してるより、電波男先生にお聞きした方が
よほど勉強になるでしょ?経典成立史については誤解が多すぎると思います。
パーリ仏典が一番古く権威があり、釈尊の真意に最も近いという誤解が。

669 :名無しさん@3周年:03/08/23 23:39
>>668
別に、本読めば書いてる程度のことやん。
学者でなくても、この程度は誰でも書けるやろw

670 :名無しさん@3周年:03/08/23 23:47
スレの流れを切って申し訳ありません。
ものすごく低レベルかもしれませんが、質問させていただきたいのです。
私の家は離婚しておりまして、父方が法華経、母方が禅宗です。
現在は母と暮らしております。
こういった場合、どちらを信仰すればよろしいのでしょうか?
申し訳ありませんが、どなたかお詳しい方、お答えをいただければ幸いです。

671 :名無しさん@3周年:03/08/24 00:40
>>670
別に決まりはありません。お好きなほうを
お選びになればいいのです。

672 :名無しさん@3周年:03/08/24 23:50
>>670
宗教とは「家」のものではなく、「あなた」のものです。
死ぬのも生きるのも、家ではなくて、あなた自身ですから。
そこんとこ、よくお考えになり、
仏教の入門書をお読みになって考えれば宜しいかと。
ひろさちやの本はお薦め「しません」。

禅宗関係なら、松原泰道老師(臨済宗)の本。
あるいは、岩波文庫の『臨在録』など。
日蓮法華宗なら、日蓮聖人のご遺文に直接当たるか、
東方出版の『日蓮百話』『法華百話』がお薦めです。
ご遺文で、安価でまとまったコンパクトなものはなかなかないですが、
統一団で出している『聖語録』は良いです(顕本法華宗系)。

673 :名無しさん@3周年:03/08/25 03:10
>>670
無宗教

674 :名無しさん@3周年:03/08/25 13:58
座禅会に参加したく色々探してみると沢山あって、どこが良いのやら迷っています。
評判の師家、良師、善智識の指導されている道場を教えてください。


675 :名無しさん@3周年:03/08/25 15:36
>>674
下記サイトで探してみては?
http://www.otera.net/yomi-search/yomi.cgi

676 :名無しさん@3周年:03/08/25 17:51
>>675
実体験に基づく情報求む、ということなんでしょう。

677 :名無しさん@3周年:03/08/25 18:04

永平寺ぐらい行かないと意味ないと思いまふ

678 :670です。:03/08/25 19:09
皆様、ご丁寧なご意見に感謝申し上げます。
ほとんど身内がおりませんし、まだ結婚もしておりませんので
自分なりに教えていただいた書物などで勉強し
じっくり考えてみたいと思います。
どうもありがとうございました。

679 :名無しさん@3周年:03/08/25 21:40
>>674どこどぇもいいのどぇす。

680 :名無しさん@3周年:03/08/25 22:09
>>677
なんでさ

681 :名無しさん@3周年:03/08/26 00:15
>>672
>ひろさちやの本はお薦め「しません」。

禿同

>禅宗関係なら、松原泰道老師(臨済宗)の本。
>あるいは、岩波文庫の『臨在録』など。

個人的には松原泰道よりは秋月龍岷の方が良いと思いますが、如何でしょうか?
松原泰道は文章は上手いけど、学者としてはどうかとも思うし、その点秋月龍岷は
禅問答の構造解明でちゃんとした仕事をした上で一般向けの入門書を書いているので…

それと、臨在録じゃなくて、臨済録ですが…あら探しスマソ

>日蓮法華宗なら、日蓮聖人のご遺文に直接当たるか、
>東方出版の『日蓮百話』『法華百話』がお薦めです。
>ご遺文で、安価でまとまったコンパクトなものはなかなかないですが、
>統一団で出している『聖語録』は良いです(顕本法華宗系)。

日蓮遺文は宗派臭があまり無い岩波文庫『日蓮文集』の方が良くないですか?
宗門の方など、その辺りの評価はどうなんでしょう。

682 :674です:03/08/26 22:57
675さんありがとうございます。
いいサイトですね。これから勉強してみます。
ほかの皆様もありがとございます。ありがとうございます。 (' - ' *)ゞ

683 :名無しさん@3周年:03/08/27 16:47
>>681
秋月龍岷老師もいいですね。
松原老師のほうが入手し易いし、初心者にはいいかと思ったので、
紹介してみました。

学問として考えるなら、宗派色は考えものですが、
まあ、学者として知りたいわけでもないみたいですし。
それに、岩波の日蓮文集は絶版でしょう?
『聖語録』は法華経と御遺文を整理して書くだけで、
無駄な解説はありませんから、宗派問わず有益だと思いますよ。
原版が古いので、読みにくいけれどね。

因みに、『日蓮百話』『法華百話』を書いているのは、
日蓮本宗のお上人様ですから、
一応は富士門流系の方であることは留意しとくべきでしょうね。
正宗とは全然、違うとは思うけれど。


684 :名無しさん@3周年:03/08/27 17:35
すみませんが、質問させてください。宗教的な儀式というか秘儀というか
何か作法で右回りとか左回りという言葉を聞いた方、説明の出来る方、おられますか?

685 :名無しさん@3周年:03/08/27 21:04
どなたか684の質問の意味がわかる方おられますか?

686 :名無しさん@3周年:03/08/27 23:20
そんな作法はいくらでもありますよ。

687 :名無しさん@3周年:03/08/28 00:37
質問の意図はよくわかんないが、四国遍路も時計回り。
どうしてかというと、インドにおいては左手は不浄であり、
仏塔を巡るときや結婚の儀式のときの火を回る儀礼においても、
常に正常な右手を中央の仏舎利や聖火に向けるようにしたんだわ。
そーなると、自然に時計回りになる罠。

日本においても、その習慣は入ってきてる。
どうして坊さんの袈裟が左掛けか、というのも同様の理由。

688 :名無しさん@3周年:03/08/28 02:16
「日蓮宗」
http://www.elnolte.ne.jp/aoikou/index_001.htm

689 :681:03/08/28 02:32
>>683
>学問として考えるなら、宗派色は考えものですが、
>まあ、学者として知りたいわけでもないみたいですし。

うん、でもひろさちやが何で変かっていうと、結局はこの人、
学者としては駄目だったっていう所が効いてるんだと思うし、
そうすると、松原氏にも同じ様な傾向を感じるのね。

>それに、岩波の日蓮文集は絶版でしょう?

や、そうでしたか。それは失礼しました。

>『聖語録』は法華経と御遺文を整理して書くだけで、
>無駄な解説はありませんから、宗派問わず有益だと思いますよ。
>原版が古いので、読みにくいけれどね。

うん、ただ、日蓮遺文は、古文にそれなりに慣れていても辞書でも
引かないとよく解らない表現とか、そもそもどうして佐渡に流され
たのかとか、その辺が見えないと解りづらいんじゃないかと思いま
す。そういう意味で、割と淡々とした注釈&解説に終始する岩波版
はいいんじゃないかなあ、と。

色眼鏡無しで遺文読んだ場合、どういう感想を持つかはまた別の問
題ですけどね。…ちなみに私はむかし拒否反応を起こし、今に至る
のですが(^_^;)

690 :名無しさん@3周年:03/08/28 12:07
>>689
ひろさちやが嫌いなのは、あくまでも個人的なことですw
松原老師はまぁまぁ好き。
浄土宗在家の気象大学校教授で厳密さの足りない学者崩れと、
臨済宗妙心寺派師家で、元管長の差、とでも言いますか・・・

悪口言い過ぎかな、増原さんw

注釈は要るかなぁ?
日蓮大聖人のご遺文は比較的容易な古文だと思うので、
ご生涯の事跡をある程度知っていれば、問題ないかと。
伝記と概説書を2、3冊読めば、ノープロブレム・・・だと思うのですけれど。


691 :地獄についての質問:03/08/28 12:53
1.仏教の教えに、地獄絵図などがあり、悪い事をして死んだら地獄へ
行くというのを耳に致しますが。本当に地獄と言うのはあるのでしょうか。
2.仏教を解く、ほとんどの宗派が、このような地獄のある世界を説いて
いるのでしょうか。
3.釈迦生前から、他の宗教で地獄と言うものを説いている宗教団体や人がいて、
釈迦の生きている間に、地獄というものを仏教に取り込んでいたのか。
4.私の考えからすると、「悪い事をすると地獄。」これは、何か身辺に
悪い事が続くと、水子の祟りだとか、前世の因縁が良くないからだと、
脅しをかけて、勧誘や引き止め工作につかっている今でもある手法と
なんら変わらないように思えるのですが。地獄を絵図まで書いて説明していた
頃の仏教とは信者離れが著しい時代に説かれたものなのでしょうか。



692 :名無しさん@3周年:03/08/28 14:13
>>669
いやいや。やっぱり凄い人に思えるけど…。
http://bbs12.otd.co.jp/1285943/bbs_plain?base=24&range=1

693 :地獄についての質問:03/08/28 15:13
http://bbs12.otd.co.jp/1285943/bbs_plain?base=24&range=1
を見てまいりました。本当に、葬式だけやっていて良いのか。
仏教そのものが、絶滅危惧種ないのではと、
「世界」「宗教」「分布」で検索。2001年の国勢統計資料と
いうこと、他も見てきましたが、大体、6パーセント
くらいしか、世界に仏教が信者がいらっしゃらないという。
1.キリスト教33%
2.イスラム教20%
3.ヒンドゥ−教13.4%
4.儒教・道教・中国民間宗教6.4%
5.仏教6%
世界の対立構造に似ていて恐ろしい。
インドで流行っていた時は、世界人口に占める、仏教徒の割合は、
もっと、多かったと思うのですが・・・。
どこまでを、キリスト教、イスラム教、ヒンドゥ−教等と宗教を
色分けしているのか分らないので、多分、分析の仕方は、
正しくないかも知れないが、仏教は、世界的に見てパワー不足な
気が致します。

694 :名無しさん@3周年:03/08/28 16:25
687さん回答ありがとうございます。
説明を追加しますと、例えば霊的に(霊域)が悪い、不浄の家とか土地などに
入るとか行くという場合に、不浄を受けないように、作法とか秘儀に右周りとか
左回りとかがあるのでしょうか?という事です。3回右回りしてから何かをするとか
そういうような事なんですが?

695 :名無しさん@3周年:03/08/28 18:52
質問です。
「志摩」って仏教の言葉って聞いたのですが、どういった意味があるのでしょうか?

696 :名無しさん@3周年:03/08/28 22:37
志摩→紫磨?
「紫磨黄金」と言うたなれば、紫色の妙光を放つ上々無比の純金。
仏法の比喩とてもよく使われますが、違ってたら御免。

697 :地獄についての質問:03/08/29 01:08
志摩は、今や仏教用語を通り越して、20年くらい前の、その当時、ポルノと
言われる、女優につけられました。その当時は、それくらいの意味を知って
いて、そういう名前を裸にした女性に、つける撮影者が居ました。
AV時代以前のお話しです。

698 :名無しさん@3周年:03/08/29 01:49
釈尊は護摩も占いも禁止している。
先祖供養も否定している。
悪因縁や霊障など説いていない。

699 :名無しさん@3周年:03/08/29 02:16
>691
もう少し文章をなおして再度質問してください。

700 :名無しさん@3周年:03/08/29 02:56
松原さんって老師じゃないだろ!?

701 :地獄についての質問:03/08/29 11:53
地獄という、教えというと適切では無いかも知れませんが、地獄の教えと言うのは、日本の仏教宗派では、
日本の仏教界においては、いつ頃、誰(僧?)が言い始めたのでしょうか?

702 :地獄についての質問:03/08/29 12:21
護摩も占いも禁止している、先祖供養も否定している、
悪因縁や霊障など説いていないとすると、護摩を焚いている
真言宗系の宗派は、お経を読んではいるものの、あれは、
仏教では無いのでしょうか。密教なら密教で良いのですが、
教えに反していることをしているなら、仏教というカテゴリー
から出て行けば良いのに、お経をあげたりしている。
どうも、不可解・・・。
余談ですが)
古い、前のレスに偶像崇拝の書き込みがあったので、ちょっと
この目で見てきた事で話しますと、なんか、ブッダ遺跡展みたいなのを
見たことがあるのですが、そこでは、時系列に、ブッダのことを彫った
石版や、石像などが展示されておりました。
ブッダの死後そんなに時代が経ていない頃に、ブッダが説法している
ところを石版に彫ったものを見たのですが、ブッダの周りに集まる人々は、
人間の形で彫られているのですが、ブッダを彫るのがいけないのか、
畏敬の気持ちからか、ブッダの居るところには、イスラエルの旗の真中の
印みたいなものが、彫られていました。
その後、時代を経るに従い、ブッダの姿が彫られるようになってきている
ようでした。



703 :名無しさん@3周年:03/08/29 21:32
>>701
日本ということなら、やっぱり源信でしょうね。
http://www.gem.hi-ho.ne.jp/sogenji/hitokuti40-0.htm

704 :名無しさん@3周年:03/08/29 22:36
髑髏仮面は死んだのでしょうか

705 :名無しさん@3周年:03/08/29 23:56
当スレの著名人、電波男氏はすごい毒舌家。
http://bbs12.otd.co.jp/1285943/bbs_plain?base=32&range=1

706 :地獄についての質問:03/08/30 01:20
すごい毒舌家とは思えないです。
仏教は、世界人口の6%ですよ、6%。
無宗教者は、30%、葬式以外に新しい宗教哲学を
編み出してこない無能な、ゴマブックスあたりから、
(古くて、ごめんなさい。)本を出していた、
松原みたいなゲス野郎が多いからです・・・。
読みが浅いからこういうことになるというか、
そういう人材しか、仏教の枠の中で、この程度の
人材しか集められなかったのでしょう。
ゴマブックス、こんなの、末期には相当ひでー本しか
出しておりません。
電波男氏は、負けずに、眠りすぎの坊主を叩き起こした
方がいいでしょう。名無しさん@3周年さん釣っちゃって
すみません。源信くらいなら分って、質問しました。
その背景も知っております。



707 :地獄についての質問:03/08/30 01:40
釈尊は護摩も占いも禁止している。と、言う事なので、
真言宗派について聞きたいのですが、高野山には、伊那という
ふざけた、職に着くバカ坊主がいるらしいのですが、こいつらを
どうしたいですか。名無しさん@3周年には、後、10年くらい
頑張って欲しいと思います。

708 :名無しさん@3周年:03/08/30 01:51
おいおい
そんな事言ったら
「念仏唱えなさい」とも「題目唱えなさい」とも言ってないでしょ。

そんなに原始仏教?にコダワルなら2chなんかせずに「八聖(正)道」に励め!!

709 :地獄についての質問:03/08/30 02:13
八聖(正)道なんて言う原始宗教に似たもの、(ものだねこれは。)
なんかに戻る気は、全くありません。真言宗派の僧侶に、伊那
とう職業について聞いてみたいのです。いいかげんに、弘法大師を
殺して上げれば良いと思っているだけです。
そろそろ、遅い夏休みが終わるので、ブッダの言うところの
修行に戻ります。それでは。

710 :地獄についての質問:03/08/30 02:25
ちなみに、弘法大師のゆかりの湧き水に小便すること、
109回、つくづくつまらないことをして後、数十回、
これで、ようやく、弘法大師を自分のなかでは、殺して
やりました。私のようなふざけた修行を経験した僧侶はいるのでしょうか?

711 :名無しさん@3周年:03/08/30 06:35
>>710
不垢不浄

712 :名無しさん@3周年:03/08/30 07:54
>>710
高野山専修学院の学生かい?

713 :名無しさん@3周年:03/08/30 07:56
>>706 電波男氏は、負けずに、眠りすぎの坊主を叩き起こした方がいいでしょう。

日本中の坊主よ、よく聞け。おまいらは眠りすぎだ。

714 :名無しさん@3周年:03/08/30 08:46
ていうか、おまえら、おかしいんじゃねーの?
極端すぎる
基地買い一歩手前、電波とはよく自分を理解したネームだ。

715 :名無しさん@3周年:03/08/30 08:56
                              __ヽ
                            `ヽ!
            l   ,イ             、._,ラ
          ,イノヽ、 ( `ー、ト、  ,イ 人      ヽ
        , イナ=、-、`'ーゝ   )ノ l/_,.へ    ト、 }
        人{、y==ヽ`ニニイノ ,´ ,,リニ∠  ) ,  },レ'
      く       (cト} ’ ;'    /´(r゚)`'∠ノ ノ   煽ったね!!
  ,.-‐、   ノ   ..`ー‐─‐' "    ( ー- '゙ ! ,r‐('
  i ,ゝ(. (  :::::::             丶.    .! ,)    親父にも
  ! { ( {  )´::::::::            _,.ノ     |'
  ヽヽ )ヽ(_        , -─‐- 、`"´     l    煽られたことないのにっ!!
   ヽ、__,ノ        /ー──-- `ゝ     ,'
      (_,.        { , -─-、 /    /__
       ノ        `'ー----`'    / /`─--;
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|ニニ¬   -一   /  /    /


716 :名無しさん@3周年:03/08/30 08:58
       ,. -一'´      `ヽ、_
      /             `\
     r'´                 ヽ
     ノ  ,.ヘ、   ,. ‐'^ヽ、         l
    (.  /   /'l,ィi ´      ゝ      |
   ノ ,'   |l |l \、     ヽ     ヽ
   (  |    l' ヽ、 `'ー   _(      }
   ヽ. |´`==。、  ー=='。、  } ,r‐、  ノ
      )|.    }        { {,r‐.| 〈   それが甘ったれなんだっ!!
.    ヽ|    ノ         } } ;,リ  ノ
.       |   !._        ル'_ノ <´   煽られもせず一人前になった
      l.  `__         |_,r'´
       l   ヽニニ二)     |       2ちゃんねらーが
         ヽ   ー    /   |
        ヽ.     _, ‐'´  _|、     何処にいるものかっ!!
         「l`T 「 ̄ ̄ ̄    |
         |.|| ̄|       │   

717 :名無しさん@3周年:03/08/30 09:34
そんなに釈迦の原始仏教やりたけりゃ
大学の研究室でやれ!
ハッキリいって原始仏教に現代人を救う力はねえよ!

718 :名無しさん@3周年:03/08/30 11:21
>>717
釈尊の教えは、自力主義だったと聞いてますが。

719 :名無しさん@3周年:03/08/30 12:27
>ちなみに、弘法大師のゆかりの湧き水に小便すること、
>109回、つくづくつまらないことをして後、数十回、
>これで、ようやく、弘法大師を自分のなかでは、殺して
>やりました。私のようなふざけた修行を経験した僧侶はいるのでしょうか?

弘法大師への畏敬の念が、大変歪んだ形での行為となったんでしょう。
いずれにしても、単にあなたが、タマス優位の臆病者にすぎないだけです。
弘法大師は弘法大師で結構ではありませんか。なにをそんなに剥きになるのですか?


720 :名無しさん@3周年:03/08/30 19:11
>>718
だったら他力主義は、誰がでっちあげたんでつか。

721 :名無しさん@3周年:03/08/30 23:07
自力主義も他力主義も間違いだよ。

仏教は中道。
そんなん常識。

自力主義も他力主義も、切り文で都合のいい解釈した結果。

722 :名無しさん@3周年:03/08/31 01:23
>>721
切り分て何?

723 :ちょっと長いが:03/08/31 02:22
切り文とは、例えば、

「釈尊こそ娑婆世界の主であるとする法華経の教えは、
大日如来こそ教主であるとの密教の考えと相違している。
そしてここは娑婆世界であり、
法華経の正当性は、本尊論からも明らかである。
しかし一方、大日如来とは法を具現化した仏であり、
それを教主とすることにも理論上の破綻はないが、
道理と経文の比較研究から見て、それを採用するのは違うだろう」

この文章では、理屈としては大日本尊も可能性として認めつつ、
しかし、真意としては法華最勝を唱えている。
この文章を、たとえば「省略して」引用し、
「この論者は、大日優位と言っている。
その証拠に、
『大日如来とは法を具現化した仏であり、
それを教主とすることにも理論上の破綻はない』
と、明確に述べているではないか」
と、モノを知らない善人をたぶらかすために、
都合のいい部分だけを取り上げる。
これを切り文という。

ひどいのになると「中抜き」して、
「釈尊こそ娑婆世界の主であるとする法華経の教え・・・・(中略)
道理と経文の比較研究から見て、それを採用するのは違うだろう」
と来る。
さすがにここまで露骨にはやらんが、
本文を知らないやつだと、下手すると騙されるわな。
「引用」してるのは事実だから。

ま、新興宗教の常套手段。

724 :名無しさん@3周年:03/08/31 02:37
すいません、しばしば名の挙がっている電波男さんについてなんですが、
646と705の掲示板読み比べてみて、原始仏教について理性的な議論をしている前者と、
頭がおかしいとしか思えない後者が、とても同一人物とは思えないのですが、
博学なあたりは他人のなりきりという感じでもないようですし…
電波男さんって、そういう感じの人なんでしょうか?

725 :名無しさん@3周年:03/08/31 02:47
>>724
そうだよ

726 :名無しさん@3周年:03/08/31 02:50
知識はそれなり。
人格破綻。

727 :名無しさん@3周年:03/08/31 03:03

帰国子女だそうだ。

728 :名無しさん@3周年:03/08/31 09:11
だから、自分でも自覚しているから「電波男」と
名乗っているんだよ、きっと。


729 :名無しさん@3周年:03/08/31 10:57
電波男は、東大のインド哲学仏教学科出身。
現在は大学講師。年に二、三本のペースで論文を執筆し、評価は高い。
大学院時代から切れ者として評判だったが、人格的な問題で研究者間では
相当嫌われている。
ぱっと見明らかに躁鬱病だが、この世界では普通のことなので気に
されない。
…以上、中哲の友人から聞いた話。

730 :名無しさん@3周年:03/08/31 11:21
>>729
がせだろ。
建築業界にいるってよ。
そっち系のスレでも痛いレス繰り返してたぞ。

731 :電波男Ψ(´д`)Ψ ◆Lrv4sH3gkA :03/08/31 11:38
>>729
出身大学が違うよ。それと以前は大学で教えていたけど今は建築設計事務所を主宰している。
(一本だけ非常勤を持ってるけど)
家業(建築関係)を継ぐために親の会社に戻ったけど、経営理念が全く違うため独立した。

中国哲学スレッドで発言しているとき、東大の人たちからメールを頂いた事がある。「東京学派に違いない」という
勘違いがあったけど。。。

私の発言スタイルについて話題が有るようだけど、色んな人格を使い分けてるよ。ネットならではだけどね。

732 :名無しさん@3周年:03/08/31 11:58
自分のことをぼくちゃんと呼んでいる。

733 :名無しさん@3周年:03/08/31 12:15
>>731
人格使い分けるのは良いが、騙りはやめておいた方が世間受けはよくなる。


734 :名無しさん@3周年:03/08/31 12:45
電波男さんは中国語圏の人なんでしょう?
台湾大かソウル大出身でしょうか。
プライドが高すぎるところは日本的じゃないですね。「メンツ」にこだわりすぎです。


735 :名無しさん@3周年:03/08/31 16:03
>>723 ま、新興宗教の常套手段。

なーるほど。文章のツギハギで我田引水か。ずるいなあ。

736 :名無しさん@3周年:03/08/31 17:59
>>735
意図的なのは論外だけど、
解釈の難しい部分については、
まともな学者や僧侶・宗教家ですら
気づかずにやっちゃうこともあるんだよな。
むしろそっちが問題。

737 :名無しさん@3周年:03/08/31 20:14

シャカムニ!
シャカムニ!


738 ::03/08/31 20:23
勤行を進める人がしつこいよ!

739 :名無しさん@3周年:03/08/31 23:46
>>738
学会への文句?
ここは質問スレですが・・・

740 :名無しさん@3周年:03/09/01 00:00
因みに、

進める→勧める

741 :電車男ヽ(`ヘ´)ノ ◆ju2Tv6F00s :03/09/01 15:13
ぼくちゃんは電車男だじょ。
わからないことはどんどん質問してくれたまい。

742 :名無しさん@3周年:03/09/01 19:27
電車男さんも「ハクチ」と罵倒しますか?

743 :名無しさん@3周年:03/09/01 19:44
僧侶のなり方教えて下さい。
とくに師僧(めんどくさくない人)の見つけ方について…

744 :電車男ヽ(`ヘ´)ノ ◆ju2Tv6F00s :03/09/01 20:02
>>742
ぼくちゃんは紳士だから罵倒しないじょ。

>>743
目やにとか耳あかがなくって、元気にエサを食べ
鼻の頭が湿っているのが良い師僧です。
良い師僧に出会ったら、たっぷり遊んであげましょう。

745 :名無しさん@3周年:03/09/01 21:34
電車男さんお久しぶりです。

746 :名無しさん@3周年:03/09/01 23:31
>>743
わが国では僧侶に2種類あります。

1.葬式坊主
2.非・葬式坊主

ご希望はどっちかしら?因みに釈尊は後者でしたが。

747 :名無しさん@3周年:03/09/02 04:56
>>746
嫁さんが養えるだけの収入と
その方面の研究活動に費やせるだけの時間が得られれば良いです。
収入を得るために葬儀が必要なら当然やります。小理屈は要りません。


748 :【ロム記念】:03/09/02 07:19
われ、宇宙の当体なりや。柏樹子。

749 :名無しさん@3周年:03/09/02 10:50
>>747
普通に仕事のできんヤツが僧侶になれるかっちゅーの。
それも、在家出身で後ろ盾もないわけだし。
行に耐えられるとは思えない。
信のないヤツは、いずれ僧侶をやめるか、
檀家にバカにされてやめさせられるか。

そんなに甘くはないよ。

750 :電波男Ψ(´д`)Ψ ◆Lrv4sH3gkA :03/09/02 12:11
>>749
ばかたれ。坊主ほど世間知らずで楽な商売はない。
行に耐えれない?そんなもの企業でもまれる方がよほど過酷だよ。

世間は坊主が思っているほど甘くないよ。

751 :名無しさん@3周年:03/09/02 13:44
墓もち法事商売僧侶は、そりゃあ甘い商売だけどさ。
妻子もち出家じゃあ、
信念のある僧侶にならんことには、無理やね。
信念があると、僧侶はかなりキツイ仕事。
信者さんの人生を、カウンセラー以上に背負うことになるからね。

752 :名無しさん@3周年:03/09/02 13:48
因みに俺は某大企業の営業やってた。
仕事としては、営業のほうが辛いよ、そりゃ。
だけど、精神面を含めた辛さでは、僧侶のほうが大変だね。

テキトーにこなす分には、僧侶は楽だけど、
それも檀家と墓があっての話さ。
俺なんかの在家出身者は、信仰と信念なくして僧侶にはなれないね。
苦労するだけだよ。
代々檀家はいざ知らず、信者はそんなにバカじゃないよ。
アホ僧侶にはついてこない。

753 :電車男ヽ(`ヘ´)ノ ◆ju2Tv6F00s :03/09/02 14:08
>>745
あ、お久しぶりでつ。


>>746
その分類は、旧世代のものでつ。
最近の研究者の間では以下の分類が主流でつ。

1,檀家からお呼びがかかる葬式坊主
2,葬儀屋からお呼びがかかる葬式坊主
3,自分から注文を取りに行く葬式坊主

754 :電波男Ψ(´д`)Ψ ◆Lrv4sH3gkA :03/09/02 14:16
>>752
あんたの言う出家僧侶とはどういう意味?

ぼくちゃんも出家の理想に燃え、人のため、三界万霊のため生涯を尽くそうと出家したが、その道は完全に閉ざされた。
結婚なんか勿論考えていなかったのに、学歴修行修了つきの婿養子としての種馬扱いだ。それが伝統佛教の実状だよ。
それも良心的だと彼らは感じている。

檀家や信者との付き合いは恐らくあんたより馴れていると思うね。

755 :名無しさん@3周年:03/09/02 14:49
>>751 妻子もち出家じゃあ、信念のある僧侶にならんことには、無理やね。

妻子との絆を断ち切ることが出家です。出家の意味を
お間違えになっていませんか。


756 :ふじわらふひと:03/09/02 15:17
>>755
>妻子との絆を断ち切ることが出家です。
 出家の本当の意味が分かってるかどうかが肝心なわけで
 形式を主張し、それを出家と呼ぶのは、詐欺師です。
 社会の敵です。

757 :ふじわらふひと:03/09/02 15:25
 神父さんは最初っから 妻子がいないはずだし
 坊さんは妻帯禁止されてないし
 今の出家は 妻子との絆を断ち切る! なんて、

 拉致監禁の口実にされかねない。

 これ、社会の敵と書いた根拠ね..

758 :名無しさん@3周年:03/09/02 16:33
>>755
机上の空論はいい。
現状のなかで、どうするのか、が大切。
理想は理想として、それだけでは現実は渡れない。

理屈ばっか言ってるのは、
2ちゃんねらーと、学者と、厨房だけ。

759 :名無しさん@3周年:03/09/02 16:36
他人の道心や徳やらを、旧態依然とした価値観で断罪し
自己肯定(言い訳)のためのツールとする。
そういう腐った坊主が多すぎる。

そんな理屈を振りまわし、自己満足に耽るなら
不受不施を一生涯実行していただきたいものですね。

760 :名無しさん@3周年:03/09/02 16:42
>>749>>755
すみませんが、私よりも先に進んでいる方であるならば
現実的なもっと役に立つ情報をください。

申し訳ありませんが、あなた方の文章からは
自己満足者が多い非常に生温い世界であるとの
イメージしか抱くことができません。

761 :名無しさん@3周年:03/09/02 17:05
イエズス会の宣教師が「日本には一向宗があるからキリスト教
はなかなか広まらない」とか嘆いたという話を聞いたことがあるが。

長崎にはやたら真宗の人が多いんだけど、これってマリア崇拝する
キリシタンからの転向組が多いのかな、隠れ念仏?
マリア像を刻んだ踏みを絵踏んだのか?

キリスト教はやめたほうがいい、65億円の和解金提示 性的虐待
で米大司教区【ニューヨーク8日共同】米カトリック教会の聖職者
による未成年者性的虐待問題で、震源地となったボストン大司教区
(オマリー大司教)は8日、500件以上に上る虐待事件の被害申
告者らに計5500万ドル(約65億円)の和解金支払いを提示した。

(参 照)のこと
木越 康・武田 武麿(共著)『キリシタンが見た真宗』
1998.4 東本願寺出版部


762 :歯周病主婦:03/09/02 17:52
>>753 檀家からお呼びがかかる葬式坊主、葬儀屋からお呼びがかかる葬式坊主、自分から注文を取りに行く葬式坊主。

葬式ばっか。修行する椰子はおらんのかッ。

763 :名無しさん@3周年:03/09/02 17:53
お布施の勘定するのも修行のうち。

764 :名無しさん@3周年:03/09/02 18:04
誰か師僧になっとくれ。
7万円あげるよ♪

765 :名無しさん@3周年:03/09/02 19:33
全国のお寺様へ。修行の一環として、
正しく所得税を払ってください。

766 :名無しさん@3周年:03/09/02 19:39
>>765
無茶言わないで下さい、それは苦行です。
お釈迦さまは苦行を否定されました。

767 :名無しさん@3周年:03/09/02 20:11
>>760
修行抜きで坊主に化けたいのなら、浄土系がいい。但し、浄土宗は多少の
修行が要る。まったく修行しなくていいのは浄土真宗だから、東西両本願寺の
HPで調べてごらん。住職資格を取る為の速習コースがあるはずだよ。

768 :名無しさん@3周年:03/09/02 21:25
>>767
ありがとうございます。
速習コースというのははじめて聞きました。
早速調べてみたいと思います。

正直なところ、修行のしんどさなどより
それによる時間的拘束が現在の仕事を妨げてしまうことろに
問題が生じてしまいます(そういう人が存外多いと思います)。

769 :名無しさん@3周年:03/09/02 22:57
偉そうな講釈たれていようとも
学位を持っていて偉そうにしていても
やっぱり、糞坊主は糞坊主!

770 :名無しさん@3周年:03/09/02 22:59
仏教とは何ぞ?

無我の境地とは何ぞ?

悟りとは何ぞ?


771 :名無しさん@3周年:03/09/03 09:24
以前ここに煙草を吸って悪い心を追い出すなどと書き込みましたが、煙草は
体に悪いようです、間違えましたごめんなさい。

772 :名無しさん@3周年:03/09/03 11:30
師僧さえ見つかれば、真宗は比較的容易に資格を取れるみたいですね。
ただ、その師僧になってくれる人を探すのが難しいのですが
あてずっぽうに電話かけまくっても仕方ないですし・・・

773 :767:03/09/03 12:19
ソーシキ仏教国を苦々しく思っていながら、たとえ親切心からとはいえ
葬式坊主志願者の手引きをしてしまって胸中複雑。

774 :名無しさん@3周年:03/09/03 13:37
>>773
葬儀は収入の手段、当然目的は別。
ただ、座ったり、お経唱えたりのマジナイめいたことには興味は覚えません。
葬儀屋になりたいのなら、面倒臭いことせずに
葬儀屋の面接受けますよw

775 :名無しさん@3周年:03/09/03 16:44
葬式なぁ。

こっちゃ、墓ないから、ほとんどそういうことしない。
頼まれたらやるけれど、経費とお布施だけで、
そんなに高額にはならんよ。
お布施ったって、別にウン万円以上、とか言わんし・・・
戒名なんて、ここだけの話、位牌の費用は頂くが、
戒名料なるものは頂かんしね(自発的なお布施はもちろん預かります)。

それでもなんとか食べられる。
それでいいと、俺は思ってる。
坊さんの仕事は、法を説くこと、気づかせること。
自分自身を高め、勉強すること。
仏と衆生への奉仕。

きちんとやってれば、生活は何とでもなるよ。

葬儀屋したいなら、葬儀屋に就職すればいい。
その意味で>>774は正しい。


・・・・・・と、知り合いの僧侶は言っておりました。

776 :名無しさん@3周年:03/09/03 16:55
>>775
良いこと言ってくれますね♪

私はしばらく出張でここに来れませんが
またスレに書きこんで下さい。

777 :名無しさん@3周年:03/09/03 23:05
お布施が少ないと、お経を読み飛ばすって本当ですか?

778 :名無しさん@3周年:03/09/04 00:36
>>777
本当です。また、お留守のおうちでも
飛ばし読みします。

779 :名無しさん@3周年:03/09/04 01:26
>>777
僧侶による。
真言宗あたりは飛ばすだろうな。


780 :名無しさん@3周年:03/09/04 10:24
ちょっと聞いてください
俺が高校生のとき祖父が死んだ。
うちは曹洞宗ですが、葬式のときお坊さんが説教でこんなことを教えてくれた。

以下うろおぼえの要約

人は何でできてるのか...炭素と水素と窒素と酸素が主な成分ですね
これからおじいちゃんは荼毘に付されますが煙になり灰になり自然に
戻られます。やがてそれは養分となって草木を育ていつか私たちにめぐってきます。
昔の人はそれを知ってて輪廻ということを思ったのかもしれません。
そして、それともうひとつおじいちゃんは私たちに生前いろんなことを教えて
くださいました。その仏の心を私たちも大切にして一日一日を大切に生きてゆきましょう。

てな感じだったよ。俺はそのとき目からうろこがおちますた。
当たり前のことを言ってるに過ぎないけどとにかく感動したよ。

宗教っていうのは科学と相反するものだと考えてたから。
おれはそれ以来仏に帰依したと思ってます。今は普通の生活してますが
年老いてすることがなくなって、機会があったら出家したいと本気で
思ってます。いつか誰かにこんな言葉を言ってあげたいと思うのです。

思いつきの頭悪い文で申し訳なかったですが、皆さんに聞いてみたいです。
このお坊さんの言ったことって仏教としては当たりですか?
私の考え方っておかしいですか?日々漠然と思っていることに対して
人の意見を聞いてみたかったので。


781 :名無しさん@3周年:03/09/04 14:16
>>780
仏教の教義学から見たら、
そりゃー、素朴な法話ってやつだけどね。
おかしくはないよ。

仏教は科学とは相反していません。
科学を包括していますから、科学よりも上位概念です。
このあたりは、専門的に勉強してみないと・・・・

心に響く素朴な法話であっても、
裏づけとなるしっかりとした「教学」と「修行」あってこそ。
あと、出家は若いときにするもんです。
年寄りの出家は、ほぽ道楽。
修行に耐えられないからね。
修行なしの出家で、満足いくものになれるかどうか。


782 :名無しさん@3周年:03/09/04 23:52
>781
そりゃ、外見からみりゃそのとおりで、あたりまえのことを
言っているだけでしょう。
こんなん、坊主じゃなくても、ただの厨房でも法話できるわ!
ぜんぜん心に響きません!
あしからず。

783 :名無しさん@3周年:03/09/05 01:41
>>782
いかにも2チャンらしいレスで好感がもてるな。

784 :名無しさん@3周年:03/09/05 11:43
>>782
心に響く法話とやらをキボンヌ。

785 :名無しさん@3周年:03/09/05 20:57
>>782
心に響くレスだ。もっと言え。

786 :名無しさん@3周年:03/09/05 23:54
本物のお坊さんは葬式しません。

787 :名無しさん@3周年:03/09/06 00:12
>786
じゃあ何するんだよ!

788 :名無しさん@3周年:03/09/06 00:54
>>787
フトシ御大に尋ねてみな。ワラ

789 :名無しさん@3周年:03/09/06 01:51
>お布施が少ないと、お経を読み飛ばすって本当ですか?

死者を救えないお経なら、それで良いではないか
お経の効力をまるで信じているみたいな口ぶりだな



790 :名無しさん@3周年:03/09/06 02:23
まぁ無理もない

791 :名無しさん@3周年:03/09/06 09:23
>>789
バカヤロー、お経は死者の為じゃなくって、遺族へなぐさめ
なんだよ(結果的には)、ふざけた仕事して、それで良いとは
なにごとか!一般人がお経知らないのをいいことにして
医者だったら手術を途中でやめて帰ってしまうようなもんだ!

792 :名無しさん@3周年:03/09/06 10:16
>>791 お経は死者の為じゃなくって、遺族へなぐさめなんだよ(結果的には)

違うよ。坊主の商売だよ。詳しいことはフトシに聞け。

793 :名無しさん@3周年:03/09/06 10:41
あげ

794 :名無しさん@3周年:03/09/06 11:58
商売かぁ
まぁ需要があるなら仕方ないな

795 :名無しさん@3周年:03/09/06 16:52
大乗仏教には回向があるんですけど。

796 :名無しさん@3周年:03/09/06 16:59
>>795
それは何というお経に出てくるんですか。

797 :電車男ヽ(`ヘ´)ノ ◆ju2Tv6F00s :03/09/06 17:56
>795
葬式仏教には回向料があります。

798 :名無しさん@3周年:03/09/06 19:02
>>797
回向の原価はいくらでつか。

799 :名無しさん@3周年:03/09/06 22:01
墓の前で読むお経って何がいいのですか?

800 :名無しさん@3周年:03/09/06 22:27
>>799
フトシに聞け。

801 :名無しさん@3周年:03/09/06 23:53
商売なら、なおさら料金を設定して、正直な商売しろよ!
坊主、税金も払え!

802 :へっへっへっへっ:03/09/07 00:16
ハクをつけときゃ、向こうさんが勝手に値を吊り上げてくんだ(よだれ

803 :名無しさん@3周年:03/09/07 01:02
>>801
宗教法人を営利法人に変更しろ。株式会社と
同率の法人税を払え!

804 :名無しさん@3周年:03/09/07 01:03
>>802
電波男に殴られて下さい。

805 :名無しさん@3周年:03/09/07 01:05
新興宗教でもお布施に領収証を出すそうだが、
坊主はちゃんと出してるか?


806 :テルちゃん:03/09/07 06:42
原始仏教の悟りと救いについて、教えてください。

807 :名無しさん@3周年:03/09/07 07:35
ちゃんと?

808 :名無しさん@3周年:03/09/07 10:01
>>806
電波男に聞け。

809 :名無しさん@3周年:03/09/07 14:04
仏閣板に骨上げしない火葬場のスレが立っているはず
遺言でそのように出来るらしいね
私の場合、家族が逝けば世間への義理で葬式は出すだろうけど、
自分が死んだときには、是非とも骨を灰にするだけにして、墓も
必要とはしないと遺言を書き残すつもりだ
本当は猛禽類に屍を供養したいところなのだが、日本ではそういう
訳にもいくまい


810 :名無しさん@3周年:03/09/07 14:19
>>799
釈尊は何もお説きになっていません。ですから、
バイブル読み上げるなりコーラン読み上げるなり、
あなたの好きにして可。

811 :名無しさん@3周年:03/09/07 16:33
>>799
板違い
神社仏閣板

812 :名無しさん@3周年:03/09/07 19:16
>>808
電波男も金にはひれ伏すんだよ。

813 :名無しさん@3周年:03/09/07 19:27
>>796
例えば『華厳経』『般若経』『法華経』『涅槃経』『ユイマ経』
『大日経』『金剛頂経』と大乗経典なら大抵説かれています。

814 :名無しさん@3周年:03/09/07 20:23
は問題点は、大乗経典に説かれている回向が、果たして効力あるものか、
ないものかということだと思う。
お気の毒に、回向を受けなければならないほどに、死者は酷い迷いの
世界に逝ったという意味なんだろうか
それとよくお墓の前で皆一様に手を合わすけれども、死者がそこに住み着いて
いるということなのかな?本当は、いつまでもそこには留まらずに、ちゃんと逝く
べきところへ逝ってもらったほうが、それが成仏ということになるのだろうけどなあ…
お墓というのは、逆に死者をこの世に無理やりに引き止めてしまうような気がする

815 :名無しさん@3周年:03/09/07 22:13
http://www.shinrankai.or.jp/sinsyuu/index.htm

816 :名無しさん@3周年:03/09/07 22:14
http://www.shinrankai.or.jp/qa/index.htm

817 :名無しさん@3周年:03/09/07 22:18
>>813
回向の意味を易しく説明して下さい。それは他力本願と
関係あるものですか。

818 :名無しさん@3周年:03/09/07 22:24
回向とは、自分が積んだ功徳を
他の人に回し向けるという意味です。さて、回向料とは
なんじゃらほい。

819 :名無しさん@3周年:03/09/07 23:41
家がお寺で長男なのでしかたなく坊主になったが、本当は
キリスト教を信じていて、陰で教会に行くっていう坊さんいますか?

820 :名無しさん@3周年:03/09/08 01:55
>>819
それは知らんが、
大正大学首席卒業で、韓国・東国大学に留学までした天台宗青年僧侶のホープが、
今じゃカルトな福音派の牧師をやってる、というのなら知ってる。
M岡という牧師。
どこだっけな? 聖契だったか同盟だったか。

821 :名無しさん@3周年:03/09/08 16:16
>>819
本当にキリスト教を信じているのだったら、
坊主稼業のほうは勤まらんだろう。

822 :名無しさん@3周年:03/09/08 21:50
誰か師僧を紹介してくだちゃい!

823 :名無しさん@3周年:03/09/08 23:17
>>822
織田無道に弟子がいたそうですけど、逮捕されてから
どうなったのでしょうか?

824 :名無しさん@3周年:03/09/09 17:36
質問:
十界の説明を読むとつくづく古代の心理学に見えてきた。
ゴータマはただの心理学者ですか?

825 :名無しさん@3周年:03/09/09 18:55
>>824
ゴータマは十界なんて説いとらんよ。詳しくは
電波男に聞け。

826 :名無しさん@3周年:03/09/09 19:32
心理学といえば、唯識でしょ?

>>825
薄っぺらの原理主義者。

827 :名無しさん@3周年:03/09/09 20:00
般若心経と法華経は、仏教ならどの宗派でも(重要度は別として)必要なものなんでしょ?

828 :名無しさん@3周年:03/09/09 20:09
浄土真宗とテーラヴァーダ系ははっきり否定してます。



829 :名無しさん@3周年:03/09/09 21:01
>>828
浄土真宗は知っていますが、テーラヴァーダ系というのは
何ですか。

830 :名無しさん@3周年:03/09/09 21:03
原始仏教と浄土真宗には、何か繋がりがあるんですか。

831 :名無しさん@3周年:03/09/09 22:14
>>827
日蓮宗でも、心経はあまり・・・・

テーラヴァーダっちゅーのは、パーリ聖典至上主義の南方系仏教。
パーリ訳仏典も、編纂年代を考えたら、そんなに古いものではないけれどね。
むしろ漢訳のほうが古かったりする。
大乗否定の急先鋒だね。
ある意味では文章主義者で、文底を読むことはあまり出来ない派。



832 :名無しさん@3周年:03/09/09 23:10
無い無いづくしを説く般若心経を認めちゃったら
長老さんがた居場所が・・・・

833 :名無しさん@3周年:03/09/09 23:21
>>831 大乗否定の急先鋒だね。

積極的に否定してるんですか。単に無視してるだけ?


834 :名無しさん@3周年:03/09/10 00:05
>>833

両方。
中には融和的な人もいるけれど、
テーラワーダ仏教協会のスマナサーラ長老なんかは
喧嘩売ってるようにも見える。


835 :NB ◆0buMLZ/Vxc :03/09/10 00:12
>>828
般若=仏智=お念仏。
法華=一乗=お念仏。

正確に言えば、否定はしてません。それらの「経」を所依とは用いないだけです。
(テーラヴァーダ系がどうかは知りませんが…。)

念仏は般若そのものであり一乗そのものであることを聞きわけ深く敬うところ、
般若や一乗に着する凡夫のはからいの心を仏の方より捨しめられるばかりで。

涅槃界より一切衆生に方便回向したまえる般若や大慈悲等のはたらきかけを
ただ、摂取不捨の南無阿弥陀仏よ。といただくばかりです。

836 :名無しさん@3周年:03/09/10 00:51
>>835 念仏は般若そのものであり…

そりゃ違うでしょうが。
般若は悟りの智慧。念仏とは無関係です。

837 :NB ◆0buMLZ/Vxc :03/09/10 00:56
>>836
真宗教義を勉強する必要があるようですね。

838 :名無しさん@3周年:03/09/10 00:59
>>835
真宗にもいろんな見解があるんでしょうが、
たしか昔、諸宗派が統一して般若心経を読もうということに、
強固に反対してませんでした?

839 :名無しさん@3周年:03/09/10 00:59
真宗はいいよ、仏教ちゃうし。

840 :NB ◆0buMLZ/Vxc :03/09/10 01:04
>>838
教義的に正統な見解といっていいです。

>諸宗派が統一して

ええと、何だっけ?諸宗なんとか同盟のことですね。
うん。たしかにそんないきさつあったようです。
そのへんは面倒なのでスルーしますが、(スマソ)本願寺二十三代大谷光端師は
般若心経を講ずるべしと主張なさったとか…。

841 :NB ◆0buMLZ/Vxc :03/09/10 01:33
あああ、大谷光瑞師の間違いです(恥っ。

近代仏教学の冒険者の一人。

842 :名無しさん@3周年:03/09/10 01:46
真宗近代仏教学と日本チベット学の大施主ですね。

843 :NB ◆0buMLZ/Vxc :03/09/10 01:59
>>842
うまいことおっしゃいますね。

そろそろ寝ます。酔いもまわったし(w

844 :名無しさん@3周年:03/09/10 16:34
>>839 真宗はいいよ、仏教ちゃうし。

そやそや。修行せえへん仏教なんか
聞いたことないわ。あんなもん、ニセ仏教やで。

845 :名無しさん@3周年:03/09/10 23:14
ほんなことより誰か師僧を紹介して

846 :名無しさん@3周年:03/09/10 23:16
>>399
ここで探しなさい。↓
http://www.otera.net/yomi-search/yomi.cgi

847 :名無しさん@3周年:03/09/10 23:18
ごめん。↑投稿番号間違えた。>>845へのレスです。

848 :名無しさん@3周年:03/09/11 19:15
>844のいう修行って何?荒行?

849 :名無しさん@3周年:03/09/11 19:20
>>846>>847
残念ながら載ってませんでした。。。

850 :名無しさん@3周年:03/09/11 20:55
>>849
じゃ、独習してくれ。仏道は犀の角のように、
独りで突き進むもんだ。

851 :名無しさん@3周年:03/09/11 21:01
>>848
仏教の修行に決まってるがな。
『スッタニパータ』に出てくる行のことや。それ以外にあるか?

852 :名無しさん@3周年:03/09/12 01:05
>>850
おまえバカか?
そう思ってるなら、自分だけを頼りにして二度と書き込まないでください。

853 :名無しさん@3周年:03/09/12 10:37
ん?

854 :名無しさん@3周年:03/09/12 11:06
国語関係の板で聞いた方がよかったのかもしれませんが、
仏教用語ということで、こちらで質問させてください。

「得度をつむ(積む?)」の意味を教えてください。
仏教に関わる人に関して言えば
得度=
・悟って、彼岸へ渡ること
・仏門に入り僧になること。出家すること。
ということは分ったのですが、
仏教から離れて、一般の人に当てはめた場合(・・・があるのかどうかも分からなかったのですが)
・(生前)良い行いをして、死後良い方(極楽浄土?)へ行けるようにすること
で、合ってますか?
人に教えられたのですが、検索してもなかなか見つけられなくて・・・
一般的な用途なのでしょうか。

855 :名無しさん@3周年:03/09/12 11:51
>>854
得度をつむ、という表現を私は聞いたことがありません。徳を
積む、でしたらよく耳にしますけど。

856 :854:03/09/12 12:24
あー・・・なるほど・・・。<徳を積む

元々「得度」を大まかに説明するための言い回しを模索中に出てきたやり取りで、
当初
・悟って彼岸(あの世)へわたること。またはお坊さんになること
・・・にしたのですが、これだと一般の子ども(小学生くらい)には分かり難いと、>>854の後者を挙げられました。
うーん、これ以上噛み砕くのも難しそうですが、何か良い表現方法はあるでしょうか?
というか、それ以前に「彼岸=あの世」で合っているのかもちょっと不安ですが(汗
仏教に関して素人同士の会話のため、妙な質問になっててスミマセン。


857 :名無しさん@3周年:03/09/12 13:48
得度は、得度する、と使われます。政府に僧と認めてもらうことが、原義で、
今は僧になる儀式の一つです。

功徳を積む、ではないでしょうか。意味は同じですが。

悟って彼岸へわたること、この場合の彼岸は涅槃ですね。
彼岸はもちろんあの世の意味でも使いますが、

858 :名無しさん@3周年:03/09/12 16:22
>>856
徳、功徳に関係した問答、>>817 >>818
参考になさって下さい。

859 :名無しさん@3周年:03/09/12 16:58
施餓鬼供養というのは、三悪趣の餓鬼界に落ちた
御先祖様を供養することでしょうか

860 :名無しさん@3周年:03/09/12 17:01
供養は三宝。施餓鬼とは別。先祖ではない。

861 :名無しさん@3周年:03/09/12 17:13
>>859
そもそも釈尊に御先祖供養の教えにはありません。

862 :名無しさん@3周年:03/09/12 17:29
>そもそも釈尊に御先祖供養の教えにはありません。

盂蘭盆経が中国で書かれた偽経だという位の知識でしたら、私も知ってます。
釈尊の教えにはないといっても、現に日本では行われていますでしょう。

>>860
せ‐がき【施餓鬼】

せがき(「施餓鬼会(せがきえ)」の略)仏語。餓鬼道におちて飢餓に苦しむ亡者(餓鬼)に飲食物を施す意で、
無縁の亡者のために催す読経や供養。真宗以外で広く行われる。本来、時節を限らないが、今日では七日一日より
一五日にわたって行われる。施餓鬼祭。《季・秋》

Kokugo Dai Jiten Dictionary. Shinsou-ban (Revised edition) ゥ Shogakukan 1988.国語大辞典(新装版)ゥ小学館 1988.

↑亡者のために催す読経や供養と記されているのですが。

863 :名無しさん@3周年:03/09/12 18:41
>>862は御先祖様=亡者(餓鬼)と証明したいわけか。

864 :名無しさん@3周年:03/09/12 19:03
施餓鬼はお盆にやるんじゃなかったかな


865 :名無しさん@3周年:03/09/12 20:54
>>859
三悪趣の餓鬼界に落ちた有情に施すためにやります。

それが日本で祖霊信仰に結びつき、respect して供養ということになったんでしょう。


866 :名無しさん@3周年:03/09/12 21:32
祖霊信仰というのは、中国仏教が道教の影響下に発展したこととも
関係あるのだと思います。
最も、身近な故人をいつまでも懐かしむということは、全世界共通
の人類の普遍的カルチャーでもあるでしょう。
お釈迦様は、そういう人間界の情的部分を、執着は苦であると説かれたのでしょう

867 :名無しさん@3周年:03/09/12 21:44
で、供養すべきは三宝というわけでつね。

868 :名無しさん@3周年:03/09/12 22:58
>>867
ご先祖など供養しなくてよろしい。

869 :名無しさん@3周年:03/09/12 23:38
「得度をつむ」は初耳だな
「徳をつむ」じゃないの?

870 :名無しさん@3周年:03/09/13 15:11
>>858
> 徳、功徳に関係した問答、>>817 >>818
> 参考になさって下さい。
徳、功徳ではなく、回向について書かれているように思うのですが...
徳、功徳って何なんでしょうか?

871 :名無しさん@3周年:03/09/13 22:11
施ガキかぁー
ここで重要な点は「(布)施」でしょうな。
先祖の供養とゴッチャにしてはダメですよ。別物です。
まぁー先祖供養は否定はしないけどね。

872 :名無しさん@3周年:03/09/13 23:11
施餓鬼、先祖供養、結局わからん...

873 :名無しさん@3周年:03/09/13 23:48
スッタニパータを味わえば、
すっきりと理解できます。施餓鬼、
先祖供養は、無視しましょう。

874 :名無しさん@3周年:03/09/14 00:29
スッタニパータよんで仏教理解できたのか?
何が理解できましたか?
何か救われましたか?

875 :名無しさん@3周年:03/09/14 05:22
>>873
なぜ中国で偽経が作られなければならなかったのか、
それを考える必要があるようです。

>施餓鬼、先祖供養は、無視しましょう。

こんな宗教が先祖崇拝の儒教の国、中国で受け入れられるわけがない。
盂蘭盆経のような偽経を嘘といって否定してはいけない。
このような偽経がなければ中国仏教は存在せず、日本にも仏教は伝わらず、
大乗仏教は発展していなかったことは間違いないであろうから。
それと禅だって(道教+仏教)の思想であって中国化された仏教だ。
それと、浄土教が仏教でないと主張する方々は勉強不足の一言に尽きるとおもう。

>>873
あなたが出家者で本当に修行されているならばなにもいうことはない。
修行もしていない、在家の人間にスッタニパータを味わうことなんぞ
できないのだよ。


876 :名無しさん@3周年:03/09/14 07:17
873 ではないがスッタニパータはいろんなレヴェルで味わうことのできる
お経だと思いますが。そこがまたすごいところ。

また施餓鬼も、供養も、回向もインドで成立していたものであることをお忘れ無く。
仏教はいろいろな道、方便が説かれているので、自分にあったことを地道にやればいいじゃないですか。
これしかないみたいな言い方はしないはずです。

877 :名無しさん@3周年:03/09/14 07:25
なにも、日本に伝わったのが北方経由の大乗仏教でなければならんという訳でも
ないだろうし、修行?もしていない、一般の人間にスッタ二パータを味わう事が
出来ないというのも疑問だよ。
まあ、経典の語源の意味を言語学的に厳密に分析して「この理解だけが正解だ」
なんて決められても、一般の人間には分からないと思うが…

経典なんか必要としなかった釈迦も、その弟子達も、十分に一般の在家の人間に
その言葉の意味を味あわせていたんだろう。

878 :名無しさん@3周年:03/09/14 10:15
言葉が足りなかったね。
1)仏教の目的は苦悩の解決=「さとり」=解脱。オッケー?
スッタ二パータを味わってあなたは解脱できますか?
スッタ二パータを如実修行できますか?そこを問いたいですね。
ちなみにスッタ二パータで説かれている教理が素晴らしいということを否定しているのではない。

2)仏教はまず自身の解脱が先決ですから、先祖崇拝を否定する教えであることは確かでしょう。
ただ、知識階級は別として一般の中国人が仏教を受容する為には偽経が成立することは避けられ
なかったと思いますね。たとえば仏説父母恩重経などもその例ですね。

3)スッタニパータその他原始経典は仏典結集によって、迦葉尊者などの出家者が編纂した
経典といわれています。これらにしても釈尊の金口の説法であったという証拠はどこにも
ありませんね。そして、これらの原始経典は仏陀釈尊が在家に説かれた教えではないですね。

879 :名無しさん@3周年:03/09/14 10:21
>>877
いいレスするねえ。キリスト教質問箱のほうはよく荒れる上に、
トゲトゲしいよ。仏教質問箱はほんと穏やか。

880 :カミミタ ◆wQho5LLYeo :03/09/14 10:34
かれは思慮深く、瞑想に専念し、林のほとりで楽しみ、樹の根もとで瞑想し、
大いにみずから満足すべきである。

私は完全なる悟りの境地(ニルヴァーナ)を知っている。妄執によってその
境地を失ったが、その者を安息の境地ニルヴァーナを見た者とブッダは言って
いる。
この世でニルヴァーナに近い場所と言えば、森や林の中だな。そこにいて少し
でも安らぎを得れば永遠の命の境地のすぐ近くにいる。

881 :カミミタ ◆wQho5LLYeo :03/09/14 10:54
スッタ二パータ(慈しみ)がこの上なき最上の喜びの境地を現している。

永遠の命の境地には、自分を思う気持ちも、悩みも、こだわりも何もない。
勿論、この世の物を追い求める気持ちはない。

全ては水の泡か陽炎のごとく、虚妄であると感じ、上に下にまた横に、障害
なく怨みなく敵意なき無量の慈しみの心のあること、これがこの世では崇高
な境地。

この上なき最上の喜びの境地は、慈しみ愛する心に近いのである。

はっきり言って、自分からくるこだわりや欲念をなくせ、この世の物を
愛し喜ぶ心を捨てよ、慈愛の心を保てということである。

882 :名無しさん@3周年:03/09/14 12:10
>>880 >>881
それこそが、釈尊の教えのすべて。

883 :カミミタ ◆wQho5LLYeo :03/09/14 13:02
安息の境地ニルヴァーナを見る者は、死なない境地を知るのです。そして、この世
にはない至上の喜びと安らぎを知り、この世のこと全ては水の泡か陽炎のごとく一切
は虚妄であると感じられるでしょう。そして、自分の悩みやこだわりはほんの僅かな
ことと感じられるでしょう。死なないと感じられた時、無上の勇気がわきどのような
こともできるという自信がわいてくるのです。その境地は最上のものです。

しかし、この世のことを望む心があったため、残念なことに野望の妄執に敗れてその
境地を失い現在の通常の境地に戻ったのです。

肉体を失った時もそのようなことが起こるのか?生存の輪廻に戻る妄執に敗れて生ま
れるとブッダは説いています。

太陽に照らされた森の緑や、そのようなものを楽しむ心で生き物を慈しみ愛する時、
永遠の命の境地を完全でなくても知ることができるのです。


884 :名無しさん@3周年:03/09/14 15:57
ダライラマ来日 11月1(土)2(日)両国国技館 www.tibethouse.jp 初日の無料講演 応募~9/22


885 :名無しさん@3周年:03/09/15 23:15
少し趣旨と違うかもだけど寺関係者に質問。
お寺の出身同士で結婚って多いらしいけど、一般の家庭から嫁さんもらうと離婚する人多いってほんと?なんで?

886 :名無しさん@3周年:03/09/16 18:25
>>885 一般家庭の娘さんだと、朝四時起きで寺中塵一つ無く磨き上げなさい、という
だけのことを「ひどい仕打ちだ」と取ったりするからね。ご実家だって「あたりまえの
ことです、文句言わずにやれ」って言わないし。

観音様が世界を救われる仕組みをまとめましたので、見てみてくださいな。
http://www.geocities.co.jp/Stylish-Modern/3654/index.html


887 :名無しさん@3周年:03/09/16 20:30
>>883
>太陽に照らされた森の緑や、そのようなものを楽しむ心で生き物を慈しみ愛する時、
>永遠の命の境地を完全でなくても知ることができるのです。

周りが肉牛を飼ったり、海の生き物を獲って生計を立てている環境で、
そのようなことを理解して貰うのは至難の業かも知れない
おそらくは一生涯に渡って、不殺生戒なんて考えてもみないであろう、
そのような人たちに対して、深い憐れみを抱かずにはいられない
経典には、八万四千の法門があるというけれど、それぞれの機根に応じた
教えという訳か


888 :名無しさん@3周年:03/09/16 21:26
>>887
その「八万四千の法門」という表現は、
原始仏典に出てくるんですか?

889 :名無しさん@3周年:03/09/16 22:36
「八万四千の法門」

膨大な量の経典に対して言われているのだと思う
お釈迦様は対機説法をなさった方だから、至極妥当な表現だと思う


890 :名無しさん@3周年:03/09/17 17:27
凡夫の心の動き、つまりは五欲煩悩の総数が八万四千あり、
そのいちいちに対してご法門があり、ゆえに八万四千の法門となるらしい。
出典はどこだろう??

891 :885:03/09/17 23:36
>>886
そうなんだ、普通の家庭の女の子だと寺でいう常識が常識として通用しないわけだね。
それじゃぁやっぱり離婚する率も高くなるわけだ。
愛だけじゃ結婚生活は続かない、か。

892 :名無しさん@3周年:03/09/18 15:52
禅の「窓の前を通った牛の尻尾が見えなかったのはなぜか」という問いに答えられた
人は誰かいるんですか?

893 :名無しさん@3周年:03/09/18 16:48
只管打座

894 :名無しさん@3周年:03/09/19 10:14
>>892は見えなかったのか?

895 :892:03/09/19 15:31
僕にも見えませんでした。

896 :名無しさん@3周年:03/09/19 20:26
スッタニパータと、キリスト教でいうアガペーは
同じ物なのでしょうか?

897 :名無しさん@3周年:03/09/19 22:00
スッタ二パータは仏教だし、アガペーがキリスト教だから違うな。

898 :名無しさん@3周年:03/09/19 22:08
>>892
尻尾が見えなかったのではなく、心が尻尾を見なかったからだよ

899 :名無しさん@3周年:03/09/19 23:19
>>898
それだ!

900 :名無しさん@3周年:03/09/19 23:42
900ゲット

901 :りゃん:03/09/20 11:53
宗教ってなんなのでしょうか。
仏教も、キリスト教も、イスラム教も、人間を幸せにするためにつくったものですよね?


902 :名無しさん@3周年:03/09/20 13:13
>心が尻尾を見なかったからだよ

真相は、尻尾だけが窓枠を通過したんだよ

903 :名無しさん@3周年:03/09/20 13:44
十界と心理学について再度お聞かせ下さい。
十界は心理学なのですか?

904 :名無しさん@3周年:03/09/20 13:44
>>901
たとえ今幸せでも、何かを失うとどん底に陥る。
友人同士、お互いの幸せを喜びあっても、片方の旦那がリストラされ、ローンを
組んだ家を失っても、もう一方の家庭が順調で高級車や海外旅行に行っても、基本
となる土台の幸福というものが、この世の喜びだけではないならば、幸せを失うこと
がない。とか、宗教ってそんなもんでしょ。

905 :名無しさん@3周年:03/09/20 14:40
>>904
永遠の命を知ることです。

906 :名無しさん@3周年:03/09/20 15:46
>>901
キリスト教イスラム教等のセム系宗教は神が命令したものです。
その結果、人間が幸せになるかどうかは別、とにかくそうしなさいって感じじゃないですか。

仏教等、インド系の法は人間だけでなくすべての生き物が苦しみから逃れる手段を
示しただけ、従うかどうかはその人の自由。ちなみにインド系では解脱以外は一切皆苦です。
世俗的幸せは、苦しみの一種と考えます。

なぜなら、例えば良いものを、気持ちいいものを獲得した時は、よいが、
その後、ものが無くならないように、また快感の追求等に苦しまなければならないから。

907 :名無しさん@3周年:03/09/20 17:36
神経生理学の研究により、"聖痕現象"等の解明完了を踏まえて。
宗教の歴史を俯瞰すると、心に病を持った虫けらどもが右往左往徘徊しているように見える。

生物学よ有難う。神経科学もがんばって。

908 :地球人:03/09/20 23:01
人間は欲に支配されやすいんだよな。幸せになりたいとかっていうのもある意味欲だよ。幸せになりたいと拝む暇があったら酸素を作ってくれている自然に感謝して環境問題を考えているほうが地球人に求められていることなのでは?だって酸素なきゃ生きていけないっしょ。

909 :名無しさん@3周年:03/09/20 23:14
仏教的には環境問題を考えることも煩悩ともいえます。

910 :名無しさん@3周年:03/09/21 00:24
仏教的には、蝿や蚊を殺す事はもちろん、抗生物質でウィルスとか癌細胞を
撃退することも殺生罪になります。基本的に、身は不浄なりですから、病気
になるのも、なるに相応しい不浄な部分を本人が持っているという訳です。
現代医学の発達の影には、無力な動物の犠牲がありますし、よしんば医学の
力で治癒させ、僅かばかりの寿命を延ばしたとしても、別にあり難がらなく
てもいいのです。方便の智慧としては、薬師如来様がおりますから、薬師如
来様のマントラを唱えながら、一生懸命におすがりするのがよいでしょう。

911 :名無しさん@3周年:03/09/21 00:26
>>910
何言ってんだか

912 :名無しさん@3周年:03/09/21 00:49
薬師如来様のあり難いご真言

オン・コロコロ・センダリ・マトウギ・ソワカ

913 :名無しさん@3周年:03/09/21 08:41
>>910
ネタですか?
刈るとちっくですな

914 :りゃん:03/09/21 09:17
910さんへ
たしかに殺生かな、とは思います。
でも、やっぱり自分の大切な人が生きてくれていたら幸せと思います。
それが犠牲になった動物への供養になるのかもしれないですし。
どうなんでしょう・・
宗教は、心のよりどころじゃだめなんですかね。
信仰することで心が安定するが、頼りすぎてもいけないもの。
...かなって思ったりします。


915 :地球人:03/09/21 11:45
何かを殺めれば自分の命が延びる。この世に生があるほうが苦悩なんでは?まぁだから面白ろいんだけど。

916 :名無しさん@3周年:03/09/21 22:18
ブッダのことばより
「この世でほしいままに生き物を殺し、他人のものを奪って、かえってかれらを害し
ようと努め、たちが悪く、残酷で、粗暴で無礼な人々、これら生けるものどもに対して
貪り求め、敵対して殺し、常に害をなすことにつとめる人々は、死んでからは暗黒に入
り、頭を逆さまにして地獄に落ちる―これがなまぐさである。肉食をすることがなまぐ
さいのではない。」

生き物に対しては、よっぽどひどいことをしないと地獄に落ちない。仏界は人のこころ
にあるもの。憎しみ、敵対、殺すことへの快楽、たちの悪いこころを持つ人が地獄へ堕ち
るのです。殺人は別として。

917 :名無しさん@3周年:03/09/25 16:07
>別にあり難がらなくてもいいのです

有り難がるようにソーシャルセラピーをします

*ソーシャルセラピーとは社会に適応できるように治療すること。
*身体的,心療的.
*心療の方は脱洗脳や思想の矯正です。
*この時代にあってよからぬ事を考えている奴もいるものだから。

918 :名無しさん@3周年:03/09/25 19:28
宗教で金儲けたくらむな!

919 :名無しさん@3周年:03/09/25 22:21
>>918
葬式での坊主の雑談。
http://bbs12.otd.co.jp/1285943/bbs_plain?base=84&range=1
坊主は商売人だよ。

920 :名無しさん@3周年:03/09/26 01:05
>919

あそこの管理人って、自分は釈迦の悟りの追体験をしているなんていってた奴だからなぁ

921 :名無しさん@3周年:03/09/26 11:46
>>920
その人、狂人かも。凡夫にできないから、
親鸞聖人の教えがあるんでしょう。

922 :名無しさん@3周年:03/09/26 23:20
>凡夫にできないから、親鸞聖人の教えがあるんでしょう。

 なるほど、腑に落ちた。


923 :名無しさん@3周年:03/09/26 23:28
追体験?
目指してるってこと?  それじゃ、別にいいんじゃ?  ワカンナイ、ワカンナイ

924 :11:03/09/27 01:28
今、求聞持法をやっているのですが、途中でやらない日が
あってもいいんですか?

925 :名無しさん@3周年:03/09/27 19:28
>>924
求聞持は釈尊の禅定が密教化されたものです。骨折り損に
終わるから、止めておきなさい。

926 :名無しさん@3周年:03/09/27 19:59
まあまあ、マターリしる

927 :名無しさん@3周年:03/09/27 20:37
>>921
質問です。
親鸞上人のところを、日蓮聖人に書き換えてもいいですかね?
いや、ウチ一応日蓮宗なもので。。。

928 :名無しさん@3周年:03/09/28 01:08
>923

目指しているのではなく、現に体験しているという風に言っていた
一般の仏教で言うところの釈迦の悟りとは当然内容が違っているのだろうけど

929 :名無しさん@3周年:03/09/28 10:05
>>927
似て非なるもの。親鸞と日蓮ではフィロソフィーが違います。

>>928
釈尊の禅定に励んでいるのなら、
それはそれでいいんじゃないですか。

930 :名無しさん@3周年:03/09/28 10:21
何で、日蓮の教えが悟りに結びつくんやねん。
日蓮修行僧は永久に悟れん。日蓮を捨て去る
ことこそ悟りに近づく第一歩。これは、あたり
まえのことやで。

931 :名無しさん@3周年:03/09/28 10:26
>>929
日蓮と親鸞は足してはじめて1になるような気がしますが・・・

932 :名無しさん@3周年:03/09/28 11:27
〜この世またはかの世におけるいかなるかたちでも、空中に現れる光輝きや
彩色でも、これらはすべて悪魔ナムチの褒め称えるところである。魚を殺す
ために餌が投げ込まれたのである〜

日蓮も親鸞も、人を釣るためだけの信仰。


933 :名無しさん@3周年:03/09/28 13:04
>>930
そや、そや。今どき智の教相判釈なんか
持ち出されてもな。

アホちゃうか。

934 :名無しさん@3周年:03/09/28 13:58
>>933

935 :名無しさん@3周年:03/09/29 18:37
>>932
日蓮は今でも釣れているけれど、親鸞のほうは釣れていないだろう。
念仏往生なんて、現代人にはさっぱり魅力がない。

936 :名無しさん@3周年:03/09/29 18:44

年よりはナンマンダブでも何でもやらせときゃいいが、
若者がそんなことじゃあいけないよ。
生きてる意味がない。

937 :名無しさん@3周年:03/09/29 19:00
ホント、南無阿弥陀仏も南無妙法蓮華経も情けねーよな。
若者は、健康的にスポーツでもしなさい。これが一番。

938 :名無しさん@3周年:03/09/29 20:59
>今、求聞持法をやっているのですが、途中でやらない日が
>あってもいいんですか

一生かけておやりになったらよろしいでしょう
慌てる乞食は、悟りが少ないと申します

939 :名無しさん@3周年:03/09/29 22:47
>>933 そや、そや。今どき智の教相判釈なんか持ち出されてもな。アホちゃうか。

教相判釈のどこが悪いんですか。

940 :名無しさん@3周年:03/09/30 21:19
>>939
そもそも教相判釈って
何でつか。

941 :名無しさん@3周年:03/09/30 23:30
何で日蓮信者の言動ってチョンの言いがかりにそっくりなの?
この板見てると根拠薄弱そうな捏造?で人の悪口ばっかり。
はっきり言ってキモい。折伏ウザい。

942 :名無しさん@3周年:03/10/01 00:43
神:「念仏・禅・真言・律宗には世界一素晴らしい教えと、
世界一素晴らしい生き方と、世界一素晴らしい救いを作り、
そこに世界一勤勉で礼儀正しい人間を住まわせよう。」
大天使:「父よ。それでは念仏・禅・真言・律宗だけが恵まれすぎています。」
神:「我が子よ、案ずるな。隣に題目を作っておいた。」

943 :名無しさん@3周年:03/10/01 00:50
>941
そんなことないよ。

944 :名無しさん@3周年:03/10/01 01:27
>>943
それじゃ、他の宗教っていうか人生の考え方の良いところを認める発言できる?

945 :名無しさん@3周年:03/10/01 20:08
関東各地の寺掃除をアルバイトでやってたのですが、
都会(自分田舎モン)の寺はどこも金のかかったつくりをしていますね。
住んでる家もでかかったです。
やっぱり寺って見栄えが重要なんでしょうか?

946 :名無しさん@3周年:03/10/01 23:24
>>945
都会の寺院は、普通のビル建築みたいなのが
増えてるよ。

947 :名無しさん@3周年:03/10/01 23:36
>941
それは日蓮宗ではなくて、日蓮正宗関係のいろんな
団体のことだと思われますが?
日蓮宗は東京の下町のイメージがありますね、私には
「寅さん」で有名な柴又の帝釈天も日蓮宗でしょ。

948 :945:03/10/01 23:51
>>946
そういうのって寺院なんでしょうか?
昔の木造の寺が自分の中では「寺」っていうイメージが強くて…。
むしろ質素で素朴な感じとか、が感じられないところに疑問が。
やはり時代のニーズに応えているということなんでしょうか、耐久面とかも。
だんだんデジタルっぽい世の中になってきて、それこそ形式儀礼のような形で寺もそんざいするようになったなら、
思想も信仰も、何を根拠に信じればいいんだろう?


949 :名無しさん@3周年:03/10/02 00:49
>>947
それじゃ、日蓮正宗とか顕正会とか創価信者=金ブタレベルでFA?

っていうか、日蓮信者ってすぐ悪いのはあいつらで、自分は正しいって人のせいにしてばっかり。
専用のスレにいって普通に迷惑だったことを書いても、すぐ敵対勢力の信者扱いするし。
あなたも>>944にはスルーだし。
正宗系=総連
日蓮宗=民団
じゃないの?すぐファビョーーーーーン!ってなるし。折伏のためには何やったっていいと思ってるみたいだし。
他宗教の悪口だけで体制維持してるところなんてそっくり。やっぱりすっごいキモい。

950 :名無しさん@3周年:03/10/02 02:02
強姦して手なずけることを折伏っていうんだよね?日蓮信者なんてみんなレイプされてみればいいのに。
拉致被害者だって北朝鮮みたいな痴情の楽園で生活してると日本の悪口言っちゃうんだよね。

951 :名無しさん@3周年:03/10/02 04:00
クリスチャン必死藁

952 :名無しさん@3周年:03/10/03 00:35
>>951
何でクリスチャンが出てくる?ここは
仏教質問箱ですが。

953 :名無しさん@3周年:03/10/03 09:47
釈迦以前に衆生を救った仏っているんですか?
あと、魂の尊さは同じなのに畜生を人間より下等に考えるのはなぜ?

954 :名無しさん@3周年:03/10/03 15:10

おいおいおいおーーい
マジか?
ちょっと興味シンシン
どの経典に乗ってんの?
動物と人が同じ尊さって、そんな「お経」あったかな?

本気でそう思ってるか?

955 :名無しさん@3周年:03/10/03 16:10
上座仏教

956 :名無しさん@3周年:03/10/03 16:18
>やっぱり寺って見栄えが重要なんでしょうか?

わかりきった質問はするなかれ


957 :名無しさん@3周年:03/10/03 16:22
>動物と人が同じ尊さって、そんな「お経」あったかな?

六道は、高い順に地獄→餓鬼→動物〜〜〜と以下続く

958 :名無しさん@3周年:03/10/03 16:31
修行道地経

959 :名無しさん@3周年:03/10/03 16:50
>>958
そのお経の要旨を教えてえ。

960 :名無しさん@3周年:03/10/03 19:00
お経みたいな唱えても、ダメだよ。文字で書かれている
ものは、学び理解するもの。

961 :名無しさん@3周年:03/10/03 21:21
天台宗と真言宗は、座禅とは言わないで
別の言い方をするんですか?

962 :名無しさん@3周年:03/10/03 23:58
そうだよ

963 :名無しさん@3周年:03/10/04 00:02
>>962
何て言うんですか。止観?観想?

964 :名無しさん@3周年:03/10/04 00:03
止観というんだろ。

965 :半裸厨:03/10/04 00:04
早く全裸になりたい。
お前らだってそう思っているはず。

966 :名無しさん@3周年:03/10/05 18:29
>>964
『摩訶止観』という本がありましたね、そういえば。

967 :NB ◆0buMLZ/Vxc :03/10/05 21:35
まあ、元々は戒定慧の三学のうちの「定・慧」を「止・観」っていうんだよね。
実は浄土教でも止観の概念はありますよ。天台以前から。ははは。

968 :名無しさん@3周年:03/10/05 21:45
>>967
>実は浄土教でも止観の概念はありますよ。
そりゃおもしろい!
止観ってのはサマタ・ビパッサナーの漢訳だそうだが、浄土教でも瞑想はするのか??

969 :名無しさん@3周年:03/10/05 21:48
質問です。
阿弥陀仏とは何ですか?

970 :NB ◆0buMLZ/Vxc :03/10/05 22:17
>>968
シャマタ・ビバシャナが「瞑想」の翻訳なんすか?チトワロタよ(w


>>969
 自然法爾の事
 「自然」といふは、「自」はおのづからといふ、行者のはからひにあらず、
「然」といふは、しからしむといふことばなり。しからしむといふは、行者の
はからひにあらず、如来のちかひにてあるがゆゑに法爾といふ。「法爾」とい
ふは、この如来の御ちかひなるがゆゑに、しからしむるを法爾といふなり。法
爾はこの御ちかひなりけるゆゑに、およそ行者のはからひのなきをもつて、こ
の法の徳のゆゑにしからしむといふなり。すべて、ひとのはじめてはからはざ
るなり。このゆゑに、義なきを義とすとしるべしとなり。
 「自然」といふは、もとよりしからしむるといふことばなり。弥陀仏の御ちかひの、
もとより行者のはからひにあらずして、南無阿弥陀仏とたのませたまひて迎へんと、
はからはせたまひたるによりて、行者のよからんとも、あしからんともおもはぬを、
自然とは申すぞとききて候ふ。
 ちかひのやうは、無上仏にならしめんと誓ひたまへるなり。無上仏と申す
は、かたちもなくまします。かたちもましまさぬゆゑに、自然とは申すなり。
かたちましますとしめすときには、無上涅槃とは申さず。かたちもましまさぬ
やうをしらせんとて、はじめて弥陀仏と申すとぞ、ききならひて候ふ。
 弥陀仏は自然のやうをしらせん料なり。この道理をこころえつるのちには、
この自然のことはつねに沙汰すべきにはあらざるなり。つねに自然を沙汰せ
ば、義なきを義とすといふことは、なほ義のあるになるべし。これは仏智の不
思議にてあるなるべし。


971 :名無しさん@3周年:03/10/05 22:34
>>970
もっと分かりやすくお願いします。

また、真宗で念仏する時、下記のように発音する人はたくさんいますが、正しいのでしょうか?
「なまんだぶ」「なもあみだぶ」「なんまんだぶ」「なまんだぶつ」

972 :NB ◆0buMLZ/Vxc :03/10/05 22:42
>>971
おおお、すいません。じゃ。

 弥陀仏は自然の様をしらせん料なり。この道理をこころえつるのちには、
この自然のことはつねに沙汰すべきにはあらざるなり。つねに自然を沙汰せ
ば、義なきを義とすといふことは、なほ義のあるになるべし。これは仏智の不
思議にてあるなるべし。

ここのところだけでいいです。ちなみに親鸞聖人のお手紙から抜粋。

で、少なくとも真宗では、「南無阿弥陀仏」の発音なんて、何でもいいです。なんまんだ。

973 :名無しさん@3周年:03/10/05 23:19
>で、少なくとも真宗では、「南無阿弥陀仏」の発音なんて、何でもいいです。なんまんだ。

「なんみょうほーれんげきょう」でもいいでつか?

974 :名無しさん@3周年:03/10/05 23:23
>>973
ああ。構わんよ。どうせどっちも
インチキだもんな。ワラ

975 :名無しさん@3周年:03/10/05 23:24
>>970
>シャマタ・ビバシャナが「瞑想」の翻訳なんすか?チトワロタよ(w

仏教の瞑想には大きく分けてサマタの瞑想とヴィパッサナーの瞑想があると言われます。
大乗仏教では瞑想を意味する止観という言葉を使いますが、
これはsamatha vipassanaサマタ・ヴィパッサナー
(サンスクリット語はシャマタ・ヴィパッシャナー)の漢訳です。
http://www.asahi-net.or.jp/~CN6K-INB/01/what.html

もっと勉強すれ

976 :NB ◆0buMLZ/Vxc :03/10/05 23:27
>>973
うわあ。

ちと、そういうレスが返ってくるような気もしつつのカキコだったんですけど、、

あなたが「南無阿弥陀仏」のいわれを聞いて発せられる言葉がどうであろうと
知ったこっちゃないです。  あなた自身の問題じゃないですか?なぜ、人に聞く?

と、レスしときます。

977 :NB ◆0buMLZ/Vxc :03/10/05 23:35
>>975
「サマタの瞑想とヴィパッサナーの瞑想が」って、、。

ネタにマジレスはしませんので。あしからず。

978 :名無しさん@3周年:03/10/05 23:50
>>977
すごく一般的ですよ。


979 :NB ◆0buMLZ/Vxc :03/10/06 00:03
>>978

えと、もう寝ますわ。おやすみなさい。

一応>>977について

「詭弁にマジレスはしませんので。あしからず。」

と、言い換えしときますね。

980 :電車男ヽ(`ヘ´)ノ ◆ju2Tv6F00s :03/10/06 19:46
止観はたしかにシャマタ・ビバシャナの訳ですが、
中国仏教でいう止観とは、いわゆるシャマタ瞑想と
ビバシャナ瞑想の二つの合成ではありません。
心を静かに保つ「止」と正しい智慧の「観」、
つまり互いに深く関わる「定」と「慧」のことです。


>NBさん
もともとは天台で坐禅をどう言うかっていうような話なのに
ひとこと言ったのはNBさんなんだから
最後までつきあってあげてください。

981 :名無しさん@3周年:03/10/06 20:27
おまいら、次のスレ立てください。
980にもなったので次を立てようとしたんだが
おれはホストで蹴られて立てられなかった。

今のスレッドの1-3をそのまま使って立てればいいと思う。
いちおう次の2によかったら使ってください↓
*****************************
【前スレ】
☆ 卍 仏教 @ 質問箱 卍 ☆ パート6
  http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1050218446/l20
☆ 卍 仏教 @ 質問箱 卍 ☆ パート5(スレ立ての時点では通常のブラウザで読む事は出来ません)
  http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1036925661/
☆ 卍 仏教 @ 質問箱 卍 ☆ パート4
  http://life.2ch.net/psy/kako/1024/10246/1024639879.html
☆ 卍 仏教 @ 質問箱 卍 ☆ パート3
  http://life.2ch.net/psy/kako/1021/10217/1021726200.html
☆ 卍 仏教 @ 質問箱 卍 ☆ パート2
  http://life.2ch.net/psy/kako/1017/10173/1017343179.html
☆ 卍 仏教 @ 質問箱 卍 ☆
  http://life.2ch.net/psy/kako/1011/10118/1011866969.html
☆ 神道・仏教 @ 質問箱 ☆
  http://life.2ch.net/psy/kako/988/988650860.html

982 :電波男Ψ(´д`)Ψ ◆Lrv4sH3gkA :03/10/06 21:39
はぁ、、、瞑想がサマタ・ヴィパッサナーだけだと考えるのがテーラワーダ仏教協会に脳髄をおかされた
人の症状ですね。それだけサマタを愚視して対立的に見るので、その二つの枠から出れないでいる。

アビダルマでは特異な位置付けがなされている『清浄道論』にさえ多くの瞑想を説いています。

983 :名無しさん@3周年:03/10/06 22:45
>>980
パクリにしては良くできたキャラだな
けっこうイカス(w

984 :名無しさん@3周年:03/10/06 22:59
>>982
>はぁ、、、瞑想がサマタ・ヴィパッサナーだけだと考えるのがテーラワーダ仏教協会に脳髄をおかされた
人の症状ですね。

はあ?だれのこと。
リンクぐらい張りなさいよ。
もしかして知ったかぶりしたかっただけか?

985 :電波男Ψ(´д`)Ψ ◆Lrv4sH3gkA :03/10/06 23:16
>>984
意味不明馬鹿。

986 :名無しさん@3周年:03/10/06 23:59
>>985
こどもかよ(w

987 :名無しさん@3周年:03/10/07 00:38
…………
はぁ、、、

988 :真言宗佛國寺派管長:03/10/07 07:05
(;゚Д゚) オン カリカリ マララ ウンタッタ!
みなた〜ん、11月1日は大聖歓喜天の化身・小倉優子ももか姫さまのご降誕祭でちゅよ〜
つきまちては、そろそろ股、ホワイト・クリスマス佛國スレを勃てたいと思いまちゅー
みなた〜ん、しこしこよろしくね〜ハァハァじゅるじゅる、ドドドピュッピュッ!

989 :名無しさん@3周年:03/10/07 19:51
>988
歓喜天は小倉優子を見たときのオマイの股間だろ?

990 :NB ◆0buMLZ/Vxc :03/10/07 23:19
>>980
あははは。いや、ほんとイカす人ですねえ(w
あいにく禅も天台も門外漢なもので、最後まで付き合えるような力はありませんが、

ぼくの知り合いに、キーボードの上でホームポジションを保つようなことは
全然してないのになぜかEnterキーだけは小指で押す。って人がいましてね。
しかもパーの手で。親指が天井指してるし…。

禅宗の「座禅」は天台での「止観」にあたるものである。という言い方自体には
特別な異論はないですが、それは、「禅宗の「座禅」は浄土教での「念仏」
にあたるものである。」という言い方と同程度の意味合いであろうとは思います。

その上で、座禅と止観について「車のハンドルのことを飛行機では操縦悍と呼ぶ」
みたいな話をするのであれば、まあ、豆知識的なネタとしては面白いと思いますよ。

ちなみに、禅宗ってのは釈迦仏教の継承というよりも、中国人の仏教理解の極致みたいな
ところがあるんじゃないでしょうか?(まあ、その意味で釈迦仏教の復古運動とも言える
んでしょうけど)まあしかし、安易に「瞑想」なんて得体の知れない言葉を当てはめるべき
じゃないと思いますね。

天台宗の「宗」と禅宗の「宗」を同じカテゴリーで見ちゃうのは、あまりにも日本人的すぎる。
ってことも言えるだろうし。

991 :名無しさん@3周年:03/10/08 00:19
>>990
何を喋っているのやら、イマイチ解らん。…

992 :NB ◆0buMLZ/Vxc :03/10/08 00:41
>>991
アッチゃー。すいません。

まあ、2ちゃんだろうがMXだろうがnyだろうが、フリーな情報は「無料」なわけじゃなくって
「自己責任」ってことで。よろしゅう(はぁと。

993 :名無しさん@3周年:03/10/08 07:49
>>992
つまり、NBが垂れ流すカキコは、嘘っぱちであるということか?
それを信じたお馬鹿が、どこかで恥をかいても自己責任だと(w

994 :名無しさん@3周年:03/10/08 11:39
もうすぐスレ終わりそうですけど、こちらでいいですか?

「弘誓」を説明する文章を考えています。
・小学校高学年程度で分かりそうな表現
・60文字以内
文字数は多少オーバーしても構いませんが
こんな条件で説明したいです。

因みに大辞林での説明は
「菩薩が自ら悟りをひらき、あらゆる衆生を救って彼岸に渡そうとする広大な誓願」
だったのですが、
もう少し分かりやすい言葉に置き換えられるのならば、
この程度のボリュームでも構いません。
えーと、例えば「請願=誓い、約束(?)」とするなら
誰に対して約束したとか、そういう補足が付くだけでも助かります。
注文が多くてスミマセン・・・

995 :名無しさん@3周年:03/10/08 14:44
新スレです。

☆ 卍 仏教 @ 質問箱 卍 ☆ パート7
http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1065591663/l20

265 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)