5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

生長の家について語り合いましょう10

1 ::03/07/30 13:24
アクエリアンさんごめんね。新スレ立ってないようなので
立てちゃいました。もし似たようなスレがあったらごめんなさい。
皆さんの参加お待ちしています。

2 :名無しさん@3周年:03/07/30 13:26
今だ!セクースしながら2ゲットォ!!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  
        ∧∧
       (゚Д゚ )           (´´
アアン !  ∧∧⊂  ヽ/       (´⌒(´
   ⊂(>o<*⌒ `つ つ≡≡≡(´⌒;;;≡≡≡
      し' ̄ ̄   (´⌒(´⌒;;
            ズザーーーーーッ


  ドッコイショ・・・・・・・・・
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄     (´´;;
     ∧∧∧∧        (´;;
  〃 (>_<*)Д-)
 〃 ⊂(。(。 つと| グィッ
   〃  > y ) /〜))
      .し'し' U


何見てんだゴルァ!!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄
  パ  ∧∧ ∧∧  パ
  ン (n。n*)゚Д゚)  ン
     (.ノ(し⊂ニノ ))
ミナイデェ > y ) /≡〜
     .し'し' U


3 ::03/07/30 16:41
前スレはなかなか良スレでした。
アドレスを誰か入れてもらえませんか。お願いします。

4 :名無しさん@3周年:03/07/30 17:37
雅宣はやめてくれ。つまらない。

5 :名無しさん@3周年:03/07/30 20:53
神も信じられない奴が、「新しい教え」なんか説けるか。
いいかげんにせんか。あほが。

6 :名無しさん@3周年:03/07/31 09:11
あ、できたの?
生長の家について語り合いましょう(9)の続きなんだよね、これ?

7 :名無しさん@3周年:03/07/31 09:31
生長の家について語り合いましょう(9)
http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1031595114/l50
の921で、また、誤解してたので、気になって。
>要するに、現象は空、実相は荘厳極まりない極楽みたいです。
>私は、最近まで実相を空だと誤解していたので、これを読んだとき、なるほど!!と思いました。
失礼・・・、なるほど、じゃねーよ・・・。
現象は→假、実相→空(五感では見えない極楽)
でした。また、誤解してるかも知れんけど、とりあえず気が済んだ。

8 ::03/07/31 10:35
>7さん、ありがとうございました。

9 :名無しさん@3周年:03/07/31 10:51
>>923
>極端な性善説であり楽観論
>下手をすると虚無思想
理論立てて説明できないのですが、そのように感じるところはあると思います。
私もそう感じて引っ掛かったこともあります。
大切なのはその奥に行って体感できるかどうかなのですが、旨く言葉で説明できません。
力不足をお許しください。
わたしも>912さんのおっしゃるとおりだと思います。
タダ言える事は「宝の山は確かに有る」ということだけです。
うまく道案内できないジレンマで悔しいですが、私は見たのです。
見ていない人が「わからなかった」というのはかまいませんが、
「ない」とは、言わないでいただきたいです。
後に続く人たちの為に、私のつたない体験ですが参考にしていただけたら
と思っています。

10 :名無しさん@3周年:03/07/31 11:01
生長の家について語り合いましょう(9)は上にのアドレスありますが、
スレッド検索はここ→http://ruitomo.com/~gulab/
ここで探した限りでは他に生長の家関係のスレッド新しく作られてない模様です。

生長の家について語り合いましょう(9)では、かなりいろいろお世話になりました。
生長の家を知って十五年位になるが、天皇の事なんて気にした事無かったので、そうなんだー、中心帰一の事?
とか思っていました。が、唯物論の人とかには、たぶん理解できないでしょう。傲慢にしか見えん。谷口雅春氏の
言っている事は、実相を観てきた人でないと、完全には把握できないと思います。(私は観てないけど)
最近また、「法華経解釈」(谷口雅春・佐藤勝身共著)を読み出したが、このスレッドのお陰で、だいぶ深く理解で
きるようになった。共著になっているが、殆ど佐藤勝身氏が書いている。佐藤勝身氏は、生長の家をべた褒めしてい
る・・・。初めて、この本を読んだ時この本が眩しくて読めなかった。おかしな話だけれど、どう言っていいのか。
で、その時、殆ど、理解できなかった。今は、皆さんのいろんな意見のお陰で、少しずつ分かるようになってきた。
理解できない人から見ると、たぶん、洗脳された、とか、バカだとか思われると思うが、私も、そう思う(笑)。
バカになっても、幸せならいいかな〜。

11 :10の続き:03/07/31 11:02
とりあえず、今のとこ、生長の家の会員ではないし。何故か創価学会の友達 いるし。
というか、その創価学会の人のお陰で「法華経解釈」(谷口雅春・佐藤勝身共著)を読む事に決めた。その
友達の親がアル中・大病で亡くなった、と聞いて、何となく引っかかった。私は、友達に、生長の家の事は、
殆ど話さなかったけど、その人が、「生長の家は、宗教は皆同じって言うところがイヤ。ウチ(創価学会)は、ウチ
だけがいいって言うところがイイ。南無妙法蓮華経って唱えるだけでいいから」と言ったので、ふーん、と思って、
しかも何故か、選挙のときは、知らん人に投票した事もある(笑)。その時はなんも考えてなかったから。そう言う
訳で、私は子供の頃から、生長の家に触れていたが、まったく活用せず、今日にいたる・・・。私は、押し付けは、
嫌いなので、生長の家の教えを知っていても創価学会の友達を、救う事は不可能かもしれない。その人が幸せなら、
創価学会だろうが、無心論者だろうが、構わないと思ったりする。が、その人は、凄い創価学会に熱心で、妙法蓮華
経に書いてあることと反対のをして、悪業積んでかわいそうだし、お金もないし、大変そうだ。私が出来る事と言え
ば、その人に内緒で、その人の家の先祖供養をする事ぐらいかな。先祖が真理を知れば、子孫を守ってくれるらしい
から。とりあえず、うちと、友達のとこの先祖供養をまとまてするか・・・。真理を知ったら、つぎは愛行をしない
と・・・。


12 :名無しさん@3周年:03/07/31 11:06
921さんは、現象はナイという言葉を<空>と言っちゃたんでしょう。
本来ナイんだから気にするな・・・。在るのは<空>のみ。
またこんがらがるカナ?

感覚的にわからないひとは<空>と言う言葉にとらわれないほうがいい。
虚無思想になっちゃうよ。
まずは、見えるものから感謝していくっていうのでいいんじゃないかな。
せっかく今はこの世界に生を受けているんだから。

13 :名無しさん@3周年:03/07/31 11:22
>10−11さん、あなたの気持ちすごくよくわかる。
私にも、15年来の創価の友人がいて、すごく世のため人の為にがんばっている。
私たちは目指すものは一緒だから、きっといつか本物に気が付いてくれると
信じています。
「創価を信じないと不幸になる。というけれど、私を見てほしい。」
私を見て、創価以外のものにも目を向けてほしいと思っています。


14 :名無しさん@3周年:03/07/31 13:09
>>12さん
バッチリです。最近まで私は虚無思想におちいっていたわけです。
しかし、読んでるようで、ちゃんと読めてない「生命の実相」。
で、最近は、周りのものに感謝しているとこですわ!!
よかった・・・気付いて・・・。
生長の家について語り合いましょうスレに感謝!!
>>13さん
分かっていただけてうれしいです。
さっきまで、エホバの証人さんともお話してたけど、やっぱ、物質否定は難しい・・・。
しかも聖書もらっちゃたしな(笑)。でも、そのエホバの証人さんは、宗教いろいろ渡り歩いて
来てる人だから、名前だけ生長の家の事も知ってるんだけどね。
生長の家は、本当に分かったら、自分が神様になるから、本当に凄いと思うよ。
わかりたい・・・。悟れるなら狂人と言われてもいい・・・(笑)。

15 :名無しさん@3周年:03/07/31 16:25
エホバの証人さんとも話をしたことがあるけど、エライヨネ。生活の全てを教えに懸けて。
終末思想を絶対的に信じたら居てもたってもいられないのだろうけれど。
子供の頃からその教えに触れた人は、恐怖心から逃れられなくなるんだって。
神を身近に感じることによる幸福感は、聖書を学ぶことで確かに得られるみたいですね。

「私は、神の御名は知らないけれど神の思いに生き、神の祝福を常に感じて生きて
います。終末を恐れる必要はないですよね。」と聞いたら、そのとうりだと
いっていただきました。
ただ、エホバと違うのは千年王国を待たずとも幸せはここにあると感じながら
毎日を生きていけるということかな。
この世のものは<悪魔のもの>というものね。この世のものも<神のもの>と理解しちゃ
いけないでしょうか。
論議がわかれちゃいますかね。

16 :_:03/07/31 16:25
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/hankaku08.html

17 :生長の家逝ってよし!! :03/07/31 17:14
生○の家はうんこ。
いやクソそのものです。
この鬱宗教めが。

18 :名無しさん@3周年:03/07/31 17:18
15さん でもエホバは輸血を否定し、輸血で助かる子供を殺しているんです。
医者にとっちゃ 鬼門ですわな。

19 :名無しさん@3周年:03/07/31 17:20
創価学会は、最近アウシュビッツを取り上げて、パネル展示をやっています。
どこまでが本気かしらんけど、見上げた行いです。

20 :名無しさん@3周年:03/07/31 19:22
生命の実相を読んだ人の多くが最後には発狂するのは何故でしょうか?



21 :名無しさん@3周年:03/07/31 20:25
>20
その多くとやらをわたしは見た事ありませんが。
まあ、発狂する前にぜひご相談ください。

22 :12:03/07/31 20:44
14さん、そうそう感謝ですよ。
あなたも、法華経から学んだ事、どんどん教えてくださいね。

初心者の皆さん、<感謝の言葉>がオマジナイになってしまってばかばかしいと
思いませんか。わたしもそう思っていました。
ある時の講師のお話なんですが、「うれしい事があったとき、ありがたいとは誰でもいえます。
そうではない時も言えるのが、この教えを知ってる私達です。」
(なぜ、言える様になるのか?現象の奥にあるものが観えるようになるからです。
今は半信半疑でも、きっとその時が来ますよ。)

23 :名無しさん@3周年:03/08/01 03:16
昨日、日本教文社に「到彼岸の神示」「秘められたる神示」「聖光録」を注文したら今日来た・・・。
早すぎ。侮り難し、日本教文社。
で、「到彼岸の神示」「秘められたる神示」を読んだ。
天皇の事も書いてあったよ。だいたい掴めてきた。右翼思想とか何とか言われる所以はわかった。
「秘められたる神示」を読む限り戦争で日本が必勝すると言っていたのは、事実。それは何故かは「秘められたる神示」を
読みゃ分かるが、たぶん、わかんない人には、どう見ても右翼思想だな。
私は昭和天皇の事は好きだったよ。植物を愛する人が戦争するなんて考えられないね。勝手な想像だけど。
右翼思想とか何とか、誤解はしてほしくないが、生長の家を理解できない人たちの気持ちが分からんでもない。
私は、私に憑いた霊に甘露の法雨を読んで供養したら、成仏しちゃったのを体験してるから生長の家を信じる。神示を信じ
る事が出来る。他にもいろいろ体験した。しょうがない。体験しないと分からないし、私も、あれは夢?とか思う。
しかし、パナウェーブさんには感謝だな。あの白装束をテレビで見て私の宗教魂が復活したのだから。じゃなかったら、
私は今ごろ、離婚してたかも。今のしあわせはなかったよ。

あ、法華経はまだ全然読み進んでないです・・・(笑)



24 :名無しさん@3周年:03/08/01 03:27
いいレスだ。


25 :名無しさん@3周年:03/08/01 09:22
23さん、すごい体験されているんですね。

26 :23:03/08/01 13:22
25さん
いやいや、お恥ずかしい。ただの神経衰弱です(笑)。
聖経がなかったら、私は、金縛りで夜寝られなかった。恐がりだったので。
今は、もう、大丈夫です。

27 :名無しさん@3周年:03/08/01 13:23
もうちょっと具体的に生長の家を把握してみよう・・・。
例えば。
絵を描いて、自分の思うように描けず涙し幾度も描き直し、ようやく完成してもなお、自分のイメージ通りではない。
その完成した絵を見る側の人は、そこに描かれた絵を見ることをを通して作者のイメージしているものを見、
この絵は良く描けている、ここをこうしたらもっといい、と思ったりする。
作者のイメージは、神の完全な世界で、描いた絵は現象界の事です。
絵を描いていると、ひらりと、アイデアが降ってくるのを感じる事がある。
大芸術家でなくても、一般の人でもそれはありうる。神の世界に心を合わす事によって、それは成し得る。
芸術家は、絵を描くとき、構想を練るとき、神想観(神の創られたるままの完全なるすがたを観る)をしているのと同じ事
をしていると、言えるのではないか?それは、無意識にそうしている訳だが。
一枚の絵から無限の美しさとそこに込められた想いを感じ取る事が出来る。
しかし、見る側においても、それを見るだけの眼力が必要になる。
見る者が芸術の心を持っていなければ、そこに描かれている奥の無限の世界を見る事は不可能だろう。
現象の奥にある完全な世界に心を合わせ、
心を肉眼の目に映る現象世界(絵の具によって描かれた不完全な絵)から、完全なる実相世界(作者のイメージ)へ。
で、より、完全なる実相世界(明確な作者のイメージ)を観る事が出来るも者が、
現象界においても、完全なる実相世界に近い生活(大芸術作品)が出来る。
というのが、生長の家かしら。

28 :名無しさん@3周年:03/08/01 14:45
生長の家のシンパ メイ牛山が第三文明社の本に乗っていました。
創価学会のシンパに、生長の家はなったんですかね。
それと、法華経なんてつまらない仏法です。
霊誘拐 構成会 成長の家 想か学会 すべて誤字ですが、なんでこんなに
有り難がるのか?分かりません。感謝が大切なんて一ページも必要ありません。
長々と書いたお経になんの功徳があるのでしょうか?
法華経解釈が、佐藤某のものとか 谷口さんのものとか
 つまらん議論です。日本の宗教は、その程度のものなのでしょう。
仏教に未来はありません。大仏開眼752年以後 ろくな事はありませんでした。
先人が賢ければ インドのように 仏教は滅びたと思います。
まあ、日本人はインド人より 頭が悪いと言うことです。
神国日本なんて 笑わせる台詞です。神国観なんて なんでしょうか?
恥ずかしい限りです。

29 :_:03/08/01 14:52
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/hankaku09.html

30 :名無しさん@3周年:03/08/01 15:06
28
メイ牛山さんの記事、興味ありますね。
そうですか。わかりませんか。正直でよろしいですね。
あなたのわかっていることってなんなんでしょうか。


31 :名無しさん@3周年:03/08/01 15:28
30さん 神を信じるひとは、神とともに生きる喜びがあります。
仏法によって、それを信じて生きるには、ただほうそくに従うだけですから、
生きることが孤独になります。また生命の実相などをよんで、人生が分かったつも
りになった、鼻持ち成らない人間になります。
私は、神とともに生き人生から、色んなものを学びたいと、思っています。
つまり、あまり分かっていません 私の臨終のときに、私の人生がなにだったか
知ればいいと思っています。
すくなくとも 真理を分かったと勘違いしたウルトラマンみたいな人間だけには、
成りたくないと思っています。 人間神の子がわかって なにか特別なことが
あるのでしょうか? 人間の存在が神の愛された物である。ということで、
それは人生の始まりに過ぎないことです。そこからどう、自分の人生をつくるか?
個々の問題であります。 わかって自慢することはわたしには、ありません。

32 :名無しさん@3周年:03/08/01 15:37
仏法で、人生を理解して生きる。わかっていきる。
なにか、安心した気持ちになります。でも人生 わかって生きているでしょうか?
無理ですね。あす自分が死ぬであろう地震がくることが、分かれば怖くて
生きていけません。 神様はやさしい存在ですから、決して知る状態
には、なりません。有り難いことです。それを仏法とやらで、分かるふりして
金儲けする宗教団体があります。生長の家は、昔はそうではなかった。
今は、他と同じになったんですか? 献金せんと 救われんのですか?

33 :33:03/08/01 15:52
「秘められたる神示」谷口雅春著昭和36年11月22日初版
P52
「世界に中心が二つあり、米ソが対立し、東西両陣営が対立しているのでは、いつまで
たっても世界平和は得られないので、唯一つの中心を求める願いは、世界連邦・世界政府
などの理想でじょじょに形をあらわしつつあるのであります。ところがここに注目すべき
は、この神示の最後のところの、「本当の愛は甘えかす愛ではない。戦いの愛である」と
いう一句でありまして、これはそういう世界政府に統一された世界連邦のような理想世界
が実現する前に、釈尊が『法滅尽経』において預言したような、キリストが『マタイ伝』
第二十四章等において預言したような世界終末の大破壊が来る――換言すれば、これら
の預言は、近い将来に一大天変地変や原水爆戦が来ることを暗示しているのかもしれません。」
P93
「全世界の大多数の人々が、日本皇位の神聖性を本当に認識して、やがて出来るであろう
世界連邦の連邦政府の神聖主権の象徴として、日本皇位を推戴するよりほかにはどこ
にも神聖なものはないと気づくようになるには、聖書の『マタイ伝』第二十四章や
『弥勒菩薩下生経』の説くような幾度の抹法末世的な悲惨事を経たのちでないと、
とても現状のままではそのようなことはあり得ないのであります。」


34 :33:03/08/01 15:52
P160
「いくら原水爆禁止運動や軍縮の提案がありましても、主権国家が沢山あり、そのそれ
ぞれが軍備をもっていて、既得権を主張する限りにおいては、永久平和の世界・常楽
の浄土などは地上に実現することは望み薄であります。どうしても、世界の「数多く
の国家」(これを大国主命をもって『古事記』は象徴しています)がその主権の一部
を放棄して大国主命の“国譲り”のように、「一つの連邦国家」(世界連邦)に対して、
主権の一部を譲り渡して、その世界連邦の中央政府のみが統一主権をもっていて、
その主権行使の保障のため警察軍をもっていて、他の国は全然軍備をもたぬようにし、
各国はそれぞれ主権をもちながら、世界連邦政府の統一主権を尊重し、中心帰一の
世界が実現するまではどうも永久平和の世界は出来上がる見込は薄いのであります。」

上記のように生長の家でいうところの神の国(生長の家風にいえば実相の顕現)とは
「世界連邦の中央政府」つまり政治体制のことを指している。しかし聖書で預言され
ている神の国は地上の政治的な世界政府とは違う。この本でキリストの再臨と破壊的
事象について触れているが生長の家は聖書をねじ曲げている。
立教当初から敗戦まで谷口雅春の説くことは日本の武力による国境抹消運動、世界征服
を実相の顕現(神の国の実現)だとしていた。そのことは戦時中に発行された
「谷口雅春選集」などを読めばわかる。
そもそも初めから生長の家の大神は神界にいるのに未来を見通せないし。


35 :名無しさん@3周年:03/08/01 17:06
33さんの説明は、神がでてきますね。
でも、仏法で説明すると、神は出てこない。法律を守って生きれば幸せに
なれるわけです。これは無神論であります。
生長の家は、法華経で真理を説けば神はいらない。一方で生長の家の大神が出てくる
わけです。 つまり読者は生長の家は無神論か有神論か、基本的なところで
分からなくなります。33の内容を法華経ではどう説明するのでしょう。
つまり宗教を融合する事自体 かなり無理をしているんですね。
また、世界連邦と言っていますが、それは連邦ではありません。
どうして、天皇や日本のかみのもとに一つになれるのか?それはもはや議論でなく
空想であります。空想社会主義と共産党を、批判しましたが、生長の家自体
が空想右翼主義に陥っていると思っています。

36 :名無しさん@3周年:03/08/01 17:09
戦争中の良いわけを昭和36年にするとは、後出しも甚だしい。笑うべし。

37 :名無しさん@3周年:03/08/01 17:22
連邦の意味を理解していない。
連邦下の国は自由権をもっていますので、連邦政府に中心帰一する事はありません。
政治体制に、帰一と言う言葉自体 おかしい使い方です。
政治学は、さっぱりの知識と思われます。

38 :33:03/08/01 17:25
「秘められたる神示」に限らず戦後の本は後づけの屁理屈でガチガチに
塗り固められている。いちいち指摘していたらきりがないくらい。
戦後の本だけ読んでいたらだまされる。大昔に出た生長の家に対する
批判書も古本のホームページで探して購入するのがよい。

39 :コピー:03/08/01 20:18
しっかりしてくれよ、副総裁先生。
もしあんたが生長の家を引っ張っていくだけの情熱がなくて、
腹の底では本当は生長の家の御教えなんか全く信じてなどいないけれども、
仕方なしにいやいや副総裁を続けているというのであれば、
いっそ副総裁なんか、辞めちゃえよ。
あんたの冷めたしらけきった言動で、真面目な信徒職員全員が
迷惑してるんだよ!

40 :名無しさん@3周年:03/08/01 20:58
31−32さん、28の説明と思ってよろしいですか?
>人間の存在が神に愛されたものであるとしてそれは人生の始まりに過ぎない・・・
>なにか安心した気持ちになります・・・
同意します。ただその始まりにまだ気付いていない、劣等感でマイナスの地点
に居る方たちにメッセージを送ることが出来ればと思っています。
あなたの書き込みから、あなたは既にそのことに気付いておられるようす。
あなたにも、ご協力いただけませんか。

>わかるふりして金儲けする・・・献金せんと救われん・・・
献金しても、わからなかったら救われませんよ(実はもう既に救われているのだが。)。
生長の家のことしか知りませんがココではそうです。

41 :名無しさん@3周年:03/08/01 21:00
昔 生長の家は高級宗教で創価学会は貧乏人相手の、レベルの低い宗教
なんて言っていました。
でも今は違う。創価は、エイズにたいしても、教団が本を書いて 態度を鮮明にしている。
医師団をつくり、医学にどう信仰を生かすかを考えている。
池田の個人崇拝は考え物だが、
あとは、生長の家より、きっちりやっていると思う。宗教的誠実さが、違うんだなあ。

42 :名無しさん@3周年:03/08/01 21:18
40さん 協力は惜しみません。
ただ信仰のことを初代のせいだけにしてはいけない。
2代3代と信仰を発展 完成していかねばなりません。なだいなだの神この人間的
なものに、教祖を神格化することにより、その宗教が衰退する例が書かれています。
教祖がそう言っていた それを守れと言うのは、信者の責任をないがしろにする
無責任宗教に陥るのです。創価学会は3代目の池田で花開きます。
考え方はともかく、初代の考えを時代に合った物にしたわけです。
生長の家は初代があまりに多く書きすぎた。 その枝葉末節にとらわれて、教義
の発展は、何かあったでしょうか? 政治に関わりすぎたのか?
宗教的ぎろんは深められず、甘露の法雨をよんで神想観すれば、救われるような
薄っぺらい宗教に成り果てた観があります。目下わたしは、創価学会を研究
しています。信仰の対象ではありませんが、結構いいところがあります。
ただこの宗教も仏法 つまりきまりを守れば救われるわけですから、神が私たちに
働きかけてくれる暖かい宗教が好きな私には、信仰の対象にはなりません。
ただ、内容を見ると 生長の家も後において行かれたような、感があるのは、
創価の神学の発展が、著しかった 活気があったと思います。すぐしゃくふくがどう?
といいますが、現在はあまりこのやり方は行われていないと思います。
それでは、早く生長の家の矛盾をあらためてください。

43 :名無しさん@3周年:03/08/01 21:36
35さん、
>仏法だと無神論・・・
参考になるかわかりませんがこういう考えがあります。
「わたしはキリスト教の教えのもとに育ってきました。キリスト教では救済と
悟りに自分の思考と行動を関連させていません。キリスト教においては、
もし過ちをおかしても反省すれば罪を逃れることができます。・・・・・・・
だから、人々は良く振舞ったり、ふるまおうとするのです。そのことに
私は違和感を覚えています。というのは、ちょっと安易過ぎるし、信じにくい
からです。
一方、日本では、仏教や武道を通して、自分の行動とその背景にある動機が
求められます。つまり、日本人は自分の行動について考え、行動に移す前に
自分の行動がどんな影響を与えるかを考えます。・・・・」国際交流員

方法論は違いますが、西洋も東洋も行き着く正しい行いにそう変わりはない
ことを感じていただけるでしょうか。
これは私の私見ですが、普遍なる創造主が東洋人にふさわしい道の探し方を
与えてくださった。とはいえないでしょうか。
罪や罰を他から与えられると言う方法もありますが、自己責任を重視するという道です。
どちらのほうが判りやすいかは個人差があると思いますが。
また別の言い方をすれば、もともと人類に”光に向かう遺伝子”が埋め込まれて
いるのかもしれない。

        

44 :名無しさん@3周年:03/08/01 21:48
41さん、そうですね。確かに宗教的誠実さがすごいです。
42さん、創価の神学の発展が著しいですね。
自分に厳しい彼らには頭が下がります。

45 :名無しさん@3周年:03/08/02 01:03
>>39
コピー さん
そんな事言ってたら、マジでそうなるぞ。言葉の力で。
基本は、相手の実相を拝む事だろ。朝夕の神想観の時に、副総裁の実相を拝め。
「副総裁は、神の子さんです。神の無限の愛、副総裁に流れ入り給いて
神の子人間の教えを全ての人々に分かりやすく面白く話し、全ての人々は、神の愛
と平和と秩序と中心帰一によって満たされているのである」とか何とか。
私も暇があったらやるようにするので、一緒に神想観の時についでにしてみ。
神と一緒に神想観するから、三人で。三人いれば文殊の知恵って言うし。たしか・・・。

46 :コピー2:03/08/02 01:14
谷口雅春先生は『生命の実相』頭注版第14巻60頁から65頁にかけて
以下のように述べていらっしゃる。

『「誤れる見解」をわれわれは「虚説」と申しますが、虚説とはよく名づけた
ものであります。「誤れる見解」は実相の世界にはない。
それは「虚説」すなわち「無い説」でありますからわれわれは虚説と
和解することは絶対にできないのであります。
虚説に和解したら自分の完全なる実相がくらまされ、
完全なる実相がくらまされたならば、
その投影として不完全なる現象すなわち不幸、病気、災厄等が
あらわれてくるのであります』(60頁)
『われわれは天地一切の実在(もの)と和解しなければなりませんけれども、
虚説に対して和解してはならないのであります。』(61頁)
『異端邪説に和解して耳を傾けたら、自分の実相がくらまされ不幸が
あらわれるのであります。
「なんじの敵を愛せよ」といったイエス・キリストさえも、
「サタン」に対しては和解していないのであります。……・(中略)
この場合、サタンとは異端、邪説、妄説、妄想、雑念のことであります』(62頁)
『虚説を許さないことをもって、和解と寛容の徳がないように思うのは
まちがいであります。
また虚説を容れることをもって寛容と和解の徳があるように思うのも
まちがいであります。
虚説を排撃することいよいよ明瞭であればあるほど、真説は明らかに照り、
それに照らされて救われる人間もまた多いのであります。
……・どうかみなさんも虚説に対しては和解することなく、
どこまでも「サタンよ去れ」の態度で進んでいただきたく…・(以下、略)。
要は、「天地一切のものと和解せよ」との「生長の家」の第一最大の
誡命(いましめ)は「天地一切のものの実相と和解せよ」ということであって、
仮相や虚説に対しては「サタンよ去れ」と排撃すべきなのであります。
釈迦もキリストも同じような態度で虚説を駁撃せられたのであります。』(63−65頁)


47 :名無しさん@3周年:03/08/02 01:23
雅春もいい加減だからなぁ。



48 :名無しさん@3周年:03/08/02 01:31
>仮相や虚説に対しては「サタンよ去れ」と排撃すべきなのであります

こんなこと言い出したら実際キリがないと思うのですが。
生長では一切の現象を仮相といってますよね。
目に見えるもの全てを排撃しなければならなくなるのではないでしょうか?



49 :名無しさん@3周年:03/08/02 01:49
適当にでっち上げられた神示など、虚説とは、谷口雅春の説のことだろ。

50 :名無しさん@3周年:03/08/02 01:57
なかなか、たのしいスレになってきたみたい。
いろんな人たちがいる事によって、私の真理がより深まっちゃうわけです。
真理を人が話すときは、どうしても対人説法になるので、言葉の奥の意味を解さねば何事も分からないのです。
真理の書を読むとき、また、あらゆる人の解釈を聞く場合は、その人が、何を求めてその言葉を使っているのか、
把握する事が必要です。例えば。
人が冗談を言うとき、その人は、相手を笑わせたい、和やかな雰囲気にしたい、と少なからず思っているわけです。
しかし、その冗談を笑いの種と解さず、セクハラと解したり、頭悪い事を言っていると思ったり、ただ冗談として笑
ったりと、取りようによっては、あらゆる角度で解することが出来る。どれが真実でどれが真実でないのか、
それは、冗談を言った本人しか分からない事です。
普通の人は、たいていの場合、善意で自分は動いている、と思っているのではないかと思います。
それを、あいつは、私のことにいちいち口出ししてきて嫌なやつだ、と思う。また別の人は、親切な助言をしてくれ
ていい人だ、と思う。だから、私が、こうして書いている事も、取りようによっては傲慢に映り、また、ただの
お節介でもあり、暇つぶしでもある(笑)。
私の傲慢は、神以外のものが存在するという、神への不信。
神は、それを知りながら、私に空気を与え給い、言論の自由を与え給い、太陽の光と穏やかな日々を与え給う。
私は、神に無限に許され、生かされている。有難うございます。

51 :名無しさん@3周年:03/08/02 09:49
50サンの、最後のところの文章 素敵です。
それほど、神は人間を愛し 自由を与えられたということでしょう。
48さんの提言 短いけど深いです。
ある意味目に見えるものを否定することは、精神医学的には認知障害を引き起こします。
これを直すために 認知療法という分野があるくらいです。
鬱 統合失調症などにも認知障害は認められます。
ですから、目に見える物をすべて否定することは、危ないことであります。
ですから、五感を否定して、実相覚なんていってもそれはそんなものを確認
する方法はないのです。五感はちゃんと認識できますから、これを否定すること
なく、第六感のあるひとはそれも利用すればいいと思います。
何でも否定して 実相がのこると言うことにはならないと思います。
否定した仲にも実相があれば、どうするのでしょう。
議論以前に 実相と現象という二分法自体に問題があるということです。
二分法 いいかえれば二進法とおなじ、○罰式なんです。ある意味もっとも非宗教的
な考え方です。初等教育の安物教育です。そこに分類されない物ににんげんのすばらしさ
が、潜んでいるわけです。それを発掘することも信仰の目的の一つだと思っています。

52 :名無しさん@3周年:03/08/02 09:52
自己責任をたたえるスレがありました。
自己責任で解決するのであれば、信仰は要らないと思う。


53 :名無しさん@3周年:03/08/02 10:09
たとえば 障害者になったとします。
その人は自己責任で生けれますか? 周りの人のサポートと信仰が必要と思います。
ケースによれば、生活保護をうけなければいけないと思います。
自己責任がこうじて生活保護を受けるのを恥じとして、餓死をしたり自殺する人がいます。
自己責任を追及すると 人間として生きていけなくなるのです。
こうゆう苦境の仲ども生きていく力を、神にあたえられることが、正しい宗教であり
信仰だと思います。それが人権をまもると言うことでもあります。
人権を守ることが国家の義務であるのに、生長の家は、人権でなく天皇を守ろうとした。
愚かなことであります。いま若い信者がそのことを批判している。
少しは生長の家にも、希望があります。これをもっと広げて欲しい。
日本の宗教で人権意識があるのは、創価ぐらいでしょう。

54 :名無しさん@3周年:03/08/02 10:11
キリスト教は人権を一番大切にしています。一応外国の宗教に分類しましたので
誤解のないように。

55 :名無しさん@3周年:03/08/02 10:13
52
>自己責任で解決するのであれば、信仰は要らないと思う。
言ってることがよくわからない。無神論であれ唯物論であれ、
その人にとってひとつの信仰だろ。なにを仰ぎ信じているかが違うだけで。

56 :名無しさん@3周年:03/08/02 10:28
53さん、あなたのおっしゃっていることもよくわかるのですが
たとえば 周りの人のサポートと信仰がなかったとします。
もっと<自己責任>を自分を鼓舞するためとプラスに解していただけませんか。
ちゃんと、どちらのほうが判りやすいかは個人差がある。と書いているでしょう。


57 :名無しさん@3周年:03/08/02 10:59
51
>48さんの提言、短いけど深いです。
<無>の思想にいたるのでしょうけど、<仮相の排撃>って難しいですよね。
やはり私たちは5感の目を持っているし、結構幸せだし、愛着もあるし。

釈迦の言葉を読むと、やはりその当時<どうにも逃れられない苦しみの世>
というのを前提に語っておられたのではないでしょうか。
「”これは苦しみである。これは苦しみの原因である”というのが、第一の
観察法である。”これは苦しみの消滅である。これは苦しみの消滅に至る道
である”というのが、第二の観察法である。・・・・・
しかるに、苦しみを知り、また苦しみの生起する元を知り、また苦しみの
すべて残りなく滅びるところを知り、また苦しみの消滅に達する道を知った
人々、かれらは、心の解脱を具現し、また智恵の解脱を具現する。
かれらは(輪廻を)終滅させることができる。かれらは生と老いとを
受けることがない。」スッタニパータ


58 :アクエリアン:03/08/02 11:11
1さん、

>アクエリアンさんごめんね。新スレ立ってないようなので
>立てちゃいました。もし似たようなスレがあったらごめんなさい。
>皆さんの参加お待ちしています。

ありがとうございます。
いろんな人の意見が読めて、面白いですね。
いろいろと啓発されるご意見が読めて参考になります。

創価学会のことが出てきていますが、
私も以前は、かなり否定的に見ていましたが、
現在はそうでもありません。
いいところは、いいところとして認めていこうという
考えに変わってきました。
そうしないと、どうも、狭い人間になってしまうような気がして。





59 :アクエリアン:03/08/02 11:12
>>39
コピーさん、

>しっかりしてくれよ、副総裁先生。
>もしあんたが生長の家を引っ張っていくだけの情熱がなくて、
>腹の底では本当は生長の家の御教えなんか全く信じてなどいないけれども、
>仕方なしにいやいや副総裁を続けているというのであれば、
>いっそ副総裁なんか、辞めちゃえよ。

というご批判というか、焦燥感は、分かる気がします。
谷口雅春先生は、本当に偉大な宗教家であられた方ですからね。

>>51さん

>議論以前に 実相と現象という二分法自体に問題があるということです。

谷口先生みずからいましめられている二元論に往々にして陥りやすいという
ことだと思います、熱心な信徒ほど。
実相が完全だからという思いが高まりすぎると、往々にして、肉体を軽視しがち
になりやすいということはおうおうにして起こりがちになるのでは。
生長の家の元本部講師で、国際正法協会を設立した園頭という人は、このことを
指摘しておられましたね。



60 :名無しさん@3周年:03/08/02 11:18
よく知らないんですが、生長の家って自然農法とかもやってるんでしたっけ?
福岡正信氏の自然農法とは違うのかな? 勘違いだったら済みません。


61 :45:03/08/02 12:47
>>46
コピー2 さん
そうか、私が悪かった。そんなにも生長の家の未来を心配しているとは、私には、わからんかったよ。
とりあえず実相観るのはやめとくか。私は、生長の家の会員じゃないしな。
しかし、本人に言わんと意味ないべ。このスレに谷口雅宣が来ることはないんじゃないか。
私は、副総裁の話も聞いた事ないし、本も読んだ事ないので、副総裁が、やる気あるのか
ないのか判断できん。ちょっと、副総裁の本を買って読んでみるよ。
副総裁の本で、おすすめは?どれを読んだらいいだろう。
で、読んでみて、こりゃダメだ、生長の家もおしまいだね、と思う文章だったら、
副総裁に「やる気あんのかよ、このやろう!!」と、聞いてみるよ。

でも、もうすぐ、人類滅亡するんじゃないか?したら、別に、副総裁がやる気あろうがなかろうが、
関係ないしな。けど、生長の家やってる人は、肉体も地球も本物の自分じゃない事分かってるから、
地球が滅亡しようと関係なく、「あ、これは、ケミカライゼーションだから」とのほほんと、霊界に
旅立つ準備しとけばいいわけだ。霊界に行ったら、とりあえず、谷口雅春のとこに行って、直接指導
してもらうか。けど、谷口雅春に会うには、相当頑張って今のうちに真理の勉強しとかんと、
谷口雅春は霊界の階層の高いとこにいるから、自分が低いまんまじゃ、会えんね。降りて来てくれるか
も知れんけど。で、私は、霊界に行ったら、完成したサクラダファミリアを見に行くよ。後、
もっと、修行して、高級霊になって、地球みたいな所に、釈迦とかキリストとか谷口雅春みたいな人が
生まれたら、一緒の時期に生まれて、その人と一緒に伝道するよ。
どうかな??やっぱアクエリアンさんの言うとおり肉体を軽視しがちかな・・・。



62 :名無しさん@3周年:03/08/02 13:42
57さんの無の思想の著者の ○○武蔵と言う人も第三文明社から、著書
を出しています。日本教文社からは出していません。
無の思想も、生長の家より、創価学会のほうが深く理解しているんじゃないの?

63 :名無しさん@3周年:03/08/02 13:50
自己責任でかいけつしない大きな罪に対して たとえば殺人を犯したひとを
生長の家は見捨てるのでしょうか?
殺人レベルの罪にたいし どう自己責任で贖罪できるのでしょうか?
その罪の許しは、神様しか本質的にできません。
自己責任ですむことって人生においては、小さな範囲でしかありません。
また自己責任を口にするひとの大半は、たにんの責任追及が激しいのが特長です。
生長の家の信者に多くいます。それはお前の心も影だ、心を治したら病気が消える。
創価学会の罰があたったんじゃ。と言うことと本質的に変わりません。
弱っているひとを攻めているんですから。
どちらの宗教も、愛がない 慈悲がないんです。

64 :名無しさん@3周年:03/08/02 17:32
>62
立川武蔵さんの<空の思想史>は講談社学術文庫ですが同じものですか?
ちなみにこれは生長の家関連として紹介したわけではありません。
理解は多角的にしたほうがいいと思いまして。

65 :名無しさん@3周年:03/08/02 17:56
63
>自己責任を口にする人の大半は、たにんの責任追及が激しいのが特徴です。
同意します。生長の家にかかわらず、そのような人を何人も見たことがあります。
けれど「あなたは優しくない」と指摘したからといって、何かが変わるでしょうか。
あなたのように、気付いてもらえるまで言い続けるというのもひとつの方法ですが。

自分の身に降りかかるまで気付かないという人が多いと思いませんか。
あなたも実際傷つけられた事が少なくないんだと思います。わたしはいつか
この人たちも気付く時があるのだろうと思っています。
気付かないからといって責めてはいけないと思っています。
今、この人たちはこの人たちなりに、彼らに出来ることを精一杯やってくれているのだろう
と思っているからです。しっかり働いて税金を払っていただくのもそうですし、
健康な体を使って、仕事そのものをしていただいているのもそうです。
・・・それらが自分の力だと思って傲慢になってはいけないのですが
気付べき時には気付くのだと思いますよ。


66 :名無しさん@3周年:03/08/02 17:58
やっぱり、このスレにはアクエリアンさんに来ていただかないとさみしいですよ。

67 :名無しさん@3周年:03/08/02 19:45
64さん 空の思想 学術文庫とは同じ本ではありません。
立川武蔵さんの著書が出ていると言うことです。
創価も、有名な人かならずしも創価学会の信者でなくとも、いい本を出している
訳です。教文社がフロイドやユングを出していたように。日蓮宗から手を切った後
から、創価もなかなかなことをやっています。
それと、税金のことを書かれていますが、人間は税金を払うために生きているのでは
ないことは確かです。社会主義は労働価値観をもっていますので、税を払うのは大切
でしょう。私は自由主義なので、その時の社会的立場に見合うだけはらいます。
でも、受ける立場になっても、卑屈に成らず 社会的扶助はいただきます。
与えても 与えられても よしと思っています。

68 :コピーマン:03/08/02 20:24
>>59さんへ

谷口雅春先生のすごいのは、「人間神の子」の縦の真理と「三界は唯心の所現」と
いう横の真理の二本立てにしていることです。
縦の真理は、因果を超越した唯神の教えですが、横の真理は、因果を前提とした
努力と精進の教えです。
「寸時も前進せよ」とか「久遠の今を生きる」という厳しい言葉が残されている
ように、決して、実相のみを見て現象をおろそかにする教えではないです。
そこが、一般の光明思想と違う「巧妙な思想」である所以です。
実相直視の教えを説きながら、併せて、全力で現象世界を生き抜く法も
ちゃんと説かれているのです。
これに気が付かないと、「肉体なし」と言って、肉体を粗末にするなどの
間違いがでてくることになります。





69 :名無しさん@3周年:03/08/02 21:03
67
>受ける立場になっても、卑屈にならず社会的扶助はいただきます。
たまたま今の立場にいるだけで、いつ自分がお世話になる立場になるかわかりません。
人間は一人で生きているのではありません。生かし生かされです。
”情けは人の為ならず”ですね。出処は知りませんが大切にしたい考えですね。

70 :名無しさん@3周年:03/08/02 21:13
コピーマンさん、ありがとうございます。

71 :コピーマン:03/08/02 22:17
>>70
はて?この人はどなたでっしゃろ?

72 :名無しさん@3周年:03/08/03 01:02
谷口雅春先生の存命時の人間性について誰か教えていただけないでしょうか?
生長の家関係のスレを見ると、ペテン師等の書き込みがあり、信仰が揺らいで
います。


73 :名無しさん@3周年:03/08/03 06:29
>>59
アクエリアン さん
この世界というのは、形をとどめず常に変化している現象と、その奥にある現象を動かしている根源の変わらない
不生不滅不増不減の実在がある。どちらも事実ですが、その一方だけに捉われては、正しく事物を観る事は出来な
いのです。我々は、千差万別の世界に五感の生活を営んでいる。その生活信念の上に一切空、不変不動の世界を取
り入れて、変化の中に不変を捉え、不変の中に変化を見、この二観を一緒に生活する、それが実相真如、諸法の実
相というものである。と、言う事が、法華経解釈に書いてありました。
例えば、生命の実相のどこかに、トイレの話が書いてありましたよね?えーと、うんこが便器からはみ出て付いて
トイレが汚れているの見た人が「実相は汚れてないんだから、これはこのままでいいんだよ、これを汚いと見るの
は君が汚れていると思うからだ」「いや、実相は奇麗かも知れんけど、ここにこうして汚れているじゃないか」と
話していて、誰も掃除が出来ずにいた。それで、この場合は・・・、何でしたっけ・・・(笑)。
うんこは、便器に収まって流されるのがいいわけで、うんこが座敷やなんかにあったら、ところを得ない。
うんこが便器にひっかかっていたら掃除をすればいい。
実相ばかりに捉われてしまっても、現象ばかりに捉われてしまってもいけない。ってことですね。
あんまり、うまく説明できてないですけど・・・。
私たちが世界平和の祈りなんかをして、実相を拝んだら自然と、現象をところを得た形に戻す為に行動にでる。
それが、伝道であったり、ボランティアであったり、便所掃除であったりするわけですね。

74 :コピーマン:03/08/03 06:41
>>72

その程度で揺らぐ信仰ならやめなさい。

75 :法華経と聖書1:03/08/03 10:30
一切は、自分の責任である、生長の家ではそう説いています。それは、自分が神であり、全てのつくりの主であるからです。
この世界は法則で成り立っています。因果の法則、仏教でいう三界唯心です。このことをふまえて、例を挙げて具体的に話した
いと思います。(自己確認の為。)
拉致被害被害者のことが、テレビでやっていますね。今見ていてふと思ったのです。
被害者の方の親さんと言うのは、大事な子供を北朝鮮に奪われたわけです。そして、今、帰ってきた子供のそのまた子供を、今
返してほしいと言っていいるところです。
それを因果の法則に当てはめると、
因→自分に大事なものを奪う心がある。
結果→大事な子供を北朝鮮に奪われた。
そのことにより、自分の中にある、奪う心に気付き反省し、気付かせてくれた北朝鮮に感謝すると、心が整えられ、
因→自分に大事なものを奪う心がなくなる。
という感じで、それにともなった行動をおこし、
結果→大事な子供を北朝鮮が返してくれる。
というふうに変わってきます。これだけを読むと厳しい言い方かもしれません。被害者の皆さんにとっては、この解釈はあまり
にも過酷すぎるでしょう。しかし、この現象界は、自分の心の鏡です。本当に反省してみると、わかります。因果の法則、仏教でいう三界唯心は、厳しいと思うかもしれませんが、自分の心に気付き反省を促がす愛の法則でもあります。
因→他の人に幸せを与える。
結果→自分に幸せが与えられる。
だから、生長の家では愛行を勧めている、感謝を勧めているわけです。そして、全ての結果である現象に自分の心の因を確認、
反省、感謝し、心を整え、それにともなう行動を起こし、幸せが自ずとやってくるわけです。

76 :法華経と聖書2:03/08/03 10:33
でも因果の法則だけだと、不完全なのです。因果の法則と言うのは、假(有限差別観)だけですので、空(無限平等観)によっ
ても観ないといけない。つまり中(假・空の総合観)によって観る事が正しい物事の観かたです。(假・空は、生長の家でいう、
縦の真理、横の真理です。)因果の法則によって、自分の心を整えて行く事も必要ですが、いちいち結果である現象を見て
反省していたのでは限がありません。(ここまでは、仏教でいう小乗の悟りの当たります。)
そこで、根本的な救いが必要となってきます。それが、つまり、人間は神の子である、悟っていても悟っていなくてもそのまま
仏である、という空(無限平等観)です。ちょっと、ここを説明するのは難しい。何故、初めから神の子である私たちが、迷っ
たり苦しんだり、心に悪を思ったり罪を犯すのでしょうか?何故、善だけでなく悪が存在するのか?ということです。
聖書にあるように、善である神と、悪魔サタンの戦いが何故あるのか?という難解な問題です。神が何故善成る存在であると、
断言できるのでしょうか?神は、全ての創り主です。ならば、神が悪を創ったのでしょうか?
ここで、私たちは、神に対して神の他に神の力を脅かす存在がある、と神を疑うのです。
結果から言えば、神の前に、善も悪もありません。絶対善のみがあるのです。悪があって善がある、善があって悪があるという
対立したものとして見るから分からなくなっていたのです。真実の前に不真実はないのです。しかし、私たちは真実と不真実が
どちらが真実であるか、見極められないため、不真実があるように思えるのです。真実はひとつでありその他は虚です。善のみ
が存在し、悪は虚なのです。難しい・・・。これは、非常に説明が難しいです。
で、悪が虚であり、絶対善の神のみが存在する実相を観じることにより、自分が罪深きものであるとゆう誤解が解ける。そうす
ると自然と、この世の中は善のみである、と認識される。すると、心が整えられ、因が、神そのもの、絶対善に変化し、それに
伴う行動を生じ、結果である現象も整うのです。(これが仏教でいう大乗の悟りです)ちょっと分かりづらいですか?
私の説明でおかしな点があれば指摘して頂ければ幸いです。説明するのが上手ではないので意味不明瞭かもしれませんが・・。

77 :n☆:03/08/03 10:53
↑あの…
理屈にとらわれて 思想に片寄りがあることに気付きませんか?
突き詰めたら負ける事もありますよ。
みんなちっぽけな 人間なんです。
思想にも余裕(遊び)を持ちましょう。

78 :名無しさん@3周年:03/08/03 11:56
↑言葉で説明しようとすると仕方ないのでは?
なかなか頑張ってくださって、わたしには参考になりますよ。

79 :名無しさん@3周年:03/08/03 12:08
76さんの考えは浅はかです。神は不完全に人を作り 罰するのなおかしい。
この意見は谷口さんの受け売りですね。自分の頭でかんがえていない証拠です。
人間は、願いの祈りによって、神をなつかしく思うのです。神はわざわざこの世
を不足の世界に作りました。神は人の祈りを、うるさいと思わない。神は、希望以上
のものをくださる。また違う物もくださる。不足にたいし、祈ることで神に振り返る
ことが、できるのです。ですからある意味不足も神に振り返る恩寵なのです。
不足は不完全で悪であると決めつける。心の狭い愚かな考え方ではありませんか?
原罪を生長の家では悪と決めつけ、無いと断定します。原罪は、人間が不完全と言うこと
で、やり方によれば、恩恵になるのです。この人間に不足したものを、愛で補いあう
世界が、愛のせかいであって、完全な人間であれば、何処に愛を現せるのでしょうか?
罪びとは、日本語の不完全のため、guiltyと混同されます。
この罪はsinであり、犯罪を起こしたのではないのです。ですから罪悪感も
自然なはんいで良いのです。反省しすぎも良くないことなんです。
神が人間に不足分をこしらえたのこそ、愛の表現なんです。人間を不完全につくって
文句を言うのはけしからんとは、いやはや唯物論者の言うことと同じであります。

80 :名無しさん@3周年:03/08/03 12:10
付け足すと 不足分は人間を謙虚にする働きもあります。
知恵は人を謙虚にするが、知識は人を傲慢にする。

81 :名無しさん@3周年:03/08/03 12:16
自分に都合の悪いことが起きると 現象だ仮想だと逃げる説明は、もう止めた
ほうがいいいよ。
現象とすべて否定したら、人生から学ぶものは何もなくなる。
法華経を主体とする、宗教団体に傲慢な奴が多いのも、76の説明でよくわかる。
創価は、犯罪率がおおいとデマかなにかしらんけど、法華経の現世利益を
とく、宗教は、危ないんじゃないか? 浄土真宗浄土宗なんかわ、温厚なひと
が多い。これ体験的真実です。

82 :75-76:03/08/03 13:38
皆さんのおっしゃるとおりです。
私は、浄土真宗のお西の信者です。生長の家の信者ではありません。
私はただ、生長の家の本を読んで、
生活に生かし、家庭を幸福にしたいと思っている、ただの主婦です。
皆さんの意見を参考に致します。有難うございました。
南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏。

83 :名無しさん@3周年:03/08/03 15:17
82さん あさはかとは、言い過ぎました。すみません。
どうぞ阿弥陀の本願で救われてください。聖書は参考になります。しかし親鸞
を一番誹謗したのが、日蓮です。法華経はどうも現世利益でこの世だけで、つじつま
を合わそうとします。ここが土台無理な話です。本当に絶望したときに、絶対
他力の阿弥陀様が、南無阿弥陀仏ととなえれば、救われるのです。おそらく日本
の宗教で、一番宗教的考えを持っていると言えます。
禅宗なんかは、はっきり言って無神論ですから、信じてもくそ役にも立ちません。
ですから宗教が萬教帰一なんてことは、嘘ですし、色んな宗教への冒涜であります。
宗教は個性をもって、良いのです。そして自分に合った物を、と思います。
生長の家を、浅く理解して実践する事は、良いことです。宗教というより修養団、
サラリーマン研修のノリです。 深く考えると 矛盾が見えますので、ちゃんとした
宗教を宗教を、お勧めします。生長の家でも 正しいところをつなげばそれで良いの
ですが、色々なことを言い過ぎで矛盾を起こします。絶版になったと思いますが、
人相について、差別的な本もありました。膝が痛いのは 目下のものとの接触に
摩擦があるから、直しなさい。とか迷信ぶぶんが多いのです。
選んで読む力があれば、生長の家でも良いかとも思います。でもキリスト教のほうが
理解が簡単かもしれません。

84 :名無しさん@3周年:03/08/03 15:26
本当に 苦しい時 錬成会に行く余裕があるでしょうか?
苦しいときの神頼みとは、うまく言ったもんで、神様助けてください。
もしくは、オー マイ ゴッド となると思います。それが祈りなんですね。
何をするかより、神様に全面降伏して委ねることが大切です。
その時に委ねる 神様が何か?と言うのが本当に大切な問題になります。
各信者さんが、本当の神にであうこと、これがある意味人生の目的かもしれません。

85 :名無しさん@3周年:03/08/03 17:22
83-84さん、深いですねー。これからどう進めていきましょうか。
下手なことを言っても突っ込まれるだけですかね。
いえいえ、理解を深めるためにもっといろいろ教えていただきましょう。
よろしくお願いします。

86 :名無しさん@3周年:03/08/03 17:40
79
>不足は不完全で悪である・・・
どこをどう読むとそう解することができるのでしょうか。
わたしは神想観をしても、甘露の方雨と読んでもそんな感じ方をしたことはありませんが。
「一般的に悪と言われるものに対して、悪と見えるけれども悪ではない。」と説明している
のだと読み取れますが。


87 :名無しさん@3周年:03/08/03 21:05
いい突っ込みですね。86さん。
神想観で、そう念ずる内に、無意識に実相はよくて現象は、無い 無いものは、実
は自分にとって 不都合なものを、現象に分類しているんです。
また、実際五官に観ずるものを、無いと言うことくらい、不自然な物はないのです。
ですから、私は認知障害と言ったわけです。正しい認知がたいせつなことは、
川村則行さんの著書に詳しく書かれています。川村さんは光の泉にも、紹介された
国立精神神経センターの心身症研究室長です。
悪とみえると言う時に、無意識に悪と見なしているのです。それを無いと意志力で
否定するわけです。心のそこではやはり悪と認識していると思います。普通の人間
であれば、私が神想観をしていて、矛盾を感じました。まぜ素直に認識通りに感じた
らいけないのか? 素直な心 幼子の心でないと、天国には行けないと言いながら
認識の通り素直に祈れない。なんたる矛盾でしょうか?
神想観で癒されるひとは、それで良いのです。私の場合違った。精神医学を読めば
むしろ私みたいな人間がメジャーな存在だと、おもいました。
行雲流水とは、認知の通り 自然に生きることでは、無いでしょうか?

88 :名無しさん@3周年:03/08/03 21:18
現象なし。悪はなし。無い物と無い物は等しい。よって現象は、悪である。
という3段論法が成り立つ言うことだな。
よく 分かった。

89 :名無しさん@3周年:03/08/03 21:28
よくあるレトリックです。
病が治るというのは、ちがう病が消えるんだとかね。
ただの言い換えにすぎない。実質同じ事です。生長の家は言い換えが得意です。
悪のように見えても悪でない。 よく分からないな。
いっそ 悪とみとめて、悪しきをはらいたまえ天理の尊でいいんじゃないの。
認めることは、作ることなんて時代遅れの西田哲学の戯れ言をいうのかな?
認めたら、作るんであれば、病気が治ると認めたら、病気がなくなる。
それなら、国民の医療費問題もすっかり解決。創価学会の厚生大臣に、教えたレよ。

90 :名無しさん@3周年:03/08/03 21:30
ですから、生長の家は軽く信じる事です。
これが、ポイントです。

91 :n☆:03/08/03 23:20
私は、今は人間だけど『死んだらまた別のどこか
(それは地球じゃないかもしれないし、
3次元じゃ無いかも知れないけど)へ行くだろう』
と幼少の頃から当たり前に感じてるから
とりあえず人間時代は“人間の自分”の良心や野心にのっとって
後悔しない様にまっとうしようと思うだけ。

教祖・神 は、みんなの中にあると思っている。
名前がもともと付いてるような
○○先生やら、○○教などを人に教えてもらって
それを教祖や神だとは思わない。思えない。
でも思想の中には良い物もあるから、
参考にしたり しなかったりはする。
一つにしがみ付いたりしたくはない。
神なんて、絶対居るし、存在しないとも思っている。
『いつでも半分は迷え。悟ろうとするな。それが悟りだ。
 正しいのか間違っているのか。完全な答えなんかこの世に無い。
 それを受け入れて、たとえ失敗しても不幸が有っても
 苦しみを無駄にしない。憎しみを力に変える。
 そして出来る限り何かを傷つけたりせずに、より今よりも
 良くなるように、ポジティブに精進しろ。
 それが幸せに生きる事だし、幸せに死ぬ事だ。』
…と、私の中の神は言っている様に思っている。
ちゃんと半分だけ。(笑)
          By.n★

『どうせ 僕らは死ぬんだ
 どうせ 世界は終わるんだ
 だから 今ここで歌うたうょ 
 君と 笑いながら』
       By.CUNE「青空」

92 :名無しさん@3周年:03/08/04 09:26
でも 哲学だけでは、死ねないよ。
ベルグソンを見れば、よく分かる。

93 :ワダサン:03/08/04 10:36
生長の家にいくとどんな風になるんですか?

94 :名無しさん@3周年:03/08/04 11:40
87さん、やっぱり釈迦が悟ったところの根本的な部分と、目の前のに見えている
部分をごっちゃにして語っていませんか。
精神医学でいうところの事実を<認識すること>素直に認識道理に感じること
は大切です。それは科学的な対処療法といえます。もちろん、肉体的な病気で
病院にいくことも大切なことです。そのことを生長の家は否定していませんが
病院ではありませんので、それとは違った方法を教えてくれます。
つまり、宗教的な哲学的な、肉体の奥霊体の奥の話です。

まだろくに社会も知らないものがいきなり全てナイナイナイなどといっていたら
大切なものを学び損ねるかもしれませんね。
わたしも普通の人間ですから、生き詰まるまでは、ほどほどにプラス思考でほどほどに
幸せに生きていました。生長の家の知識はあったけれど、行を試してみようかというほどの
気持ちになったことがなかったのです。
だから皆さんがわからない気持ちもわかるし、今必要のない方には必要がないとも
思っています。
だけど、これだけは言わせてください。「今、あなたがこの問題をなんとかしたいと
思っていらっしゃるならば、微力かもしれませんが、わたしはお力になれます。」

せっかく素晴らしい教えなのにやっぱり交通整理が必要ですよ。
87さんは、素晴らしい理解力がおありだから、87さんのようなかたのお力が
必要だと痛感します。


95 :神の姿:03/08/04 11:59
たとえば、この宇宙のどこかにA.B.Cという3人の神がいて、誰が人類を
一番従わせることができるかを争っている。という図を想像できますか。
私の想像はそうではありません。聞いていただけますか。

いるのはAという神だけで、ある人はその神を中国語で説明し、ある人は
その神を英語で説明し、ある人はその神を日本語で説明している。
彼らはその神を(人間と似た姿かどうかはわかりません。モーセの場合も
炎の中に神の声を聞いたわけですし)100%観たのかもしれないけれど
100%言葉で表現出来たかどうかはわかりません。仮に80%表現出来たと
しておきましょう。それぞれ20%ほどの違いがあるのかもしれませんが
合わせてみたら100%の全体像がみえてこないでしょうか。

96 :神の姿:03/08/04 12:27
私の持つ神の想像図がありますが、私はタダの凡人ですので全体像は知る由もありません。
仮に本能的に直感的に20%ほど神について知っているとしましょう。
生長の家の教義を知り、私の思う神とイメージが合致していることを知りました。しかし、
前に説明した80%の狭義の中、私が理解しているのは20%です。60%については
正直解らないと答えるしかないのですが、次第に見えてくるのかも知れません。

79さんの言う神についても、わたしは20%ほどは理解できます。生長の家の言う神と
違う神だとは思えません。
79さんは100%キリスト教について理解されているのかもしれません。
しかしそれは神の全体像の80%に過ぎないのではないかとかんがえるのです。
キリスト教の教義に含まれない部分はついつい味会わずに棄ててしまっている
ということはありませんか。けっこう研究されていることはわかります。
あくまで、ついついです。気を悪くさせてしまいましたらすみません。
私のほうが勉強不足な事は、自覚しております。

97 :名無しさん@3周年:03/08/04 12:49
91さん、わたしも個人的にはそう考えていますよ。
けっこう誰に教わる物でなくとも人間はそういう遺伝子を神に与えられて
いるのだと思います。
タダ問題に直面したときそのことを忘れてパニックになったりすること、
その時人と助けあったりが必要になる場面もあるわけです。

そんなこんなで教団運営や指導のことを考えると、共通認識が必要になったり
書物にすれば理屈っぽいということになるわけです。
もちろん、一番いいのはあなたの笑顔であなたの周りの人たちに神の存在を
表現することではないでしょうか。
わたしも理屈っぽいのは苦手ですから。

98 :名無しさん@3周年:03/08/04 13:12
<現象は悪>ではなくってスクリーンに過ぎないのではなかったっけ。
スクリーンになにを映すかは自分しだい。
今が満足な結果ならばそれでいいのです。失って気付く前に喜びましょう。
感謝しましょう。何に?目に見えない世界にその答えはあるのでしょうけど
知らないままで済む人は、またそれでよし。

99 :ゴーマン君:03/08/04 13:28
生長の家の信者を、他の宗教の人が傲慢で真理の知ったかぶりだと見る気持が私には良く分かるよ。
真理を知って、それが良い教えだと思ったら、どうどうと伝道すりゃいいのに。
どっかのキリスト教みたいに、選挙カーみたいので、「人間は神の子です!罪はない」とか言って。
で隣の車からは「人間は罪びとです。!キリストのみが神です」とか言って。そこで生長の家曰く「罪がある、
人間が罪びとならば、泥棒は泥棒のままで、罪のまま不完全のままでいい事になり傲慢に陥ります。
どうして罪びとのままではいけないのでしょうか?なぜなら、本来人間は神の創られたままの完全なる神の子
だから、反省し悔い改める事が出来るのです」とか何とか。そして、キリスト教曰く「神は人を不完全に創ら
れた、しかし神の愛の力によって救われるのです」とか言って。結局、両者とも人を救う事が目的で、方法が
違うだけだから、自分にあった方を選べばいいんじゃないの?
私は、生長の家が気に入ってるけど、生長の家では傲慢になりやすいのは確かだよ。キリスト教も分かりやす
くて、いいけど、私が傲慢なのは神によって許されてそのまま傲慢でよいと解釈できるので成長が止まっちゃ
うし、傲慢のままではいかんだろ(笑)。しかし、生長の家だと、人間は神の子だ、だからこのままでいい、
と傲慢になるかもしれない。それは、真理を生活に生かしてないから傲慢になるんだと思う。頭で理解しただ
け、理屈だけではただの、宗教研究家だろ。宗教のために人間がいるわけじゃなくて、人間が幸福になるため
の宗教なんだから、知ってても生かさなければ、それはただの傲慢だ。どんないい教えでも屁理屈で終わって
しまうよ。それが、90さんが生長の家は浅く、と言われた理由じゃないかな。でも、生長の家の信者の人で、
真理を生かしてるよ、とか言いつつ宗教のための自分になってしまっている人もいる。
選挙カーでもっと生長の家を宣伝して、テレビのCMでもやってポスター貼りまくればいいじゃん。
で、平和な世界に住みたい。それは、どんな宗教の人も同じじゃないのか?え?違うのかな・・・。
そして、私は未だに傲慢だけど・・・。真理を生かすのって難しいね。


100 :名無しさん@3周年:03/08/04 13:53
>>99
>知ってても生かさなければ、それはただの傲慢だ。どんないい教えでも屁理屈で
>終わってしまうよ。
同意します。これからどうなっていくのでしょう。私たちしだいですよ。
傲慢の頭でっかちで終わらないようにしたいですね。

88のような誤解を生長の家だと思ったまま生長の家を嫌いになった人がいる現実は
かなしいですよ。

101 :名無しさん@3周年:03/08/04 14:02
96さん 人がいくら頑張ってみても 神様は無限ですからとてもとても
80パーセントも分かりません。ですからカトリックでは信仰の神秘と言って
分からないところは、神秘であっって、それ以上神については、説明できないのです。
生長の家の真理で神がもし100パーセント説明できるのであれば、その信仰
はインチキです。 有限な人間が、神をすべて把握できるはずは、ありません。
その神秘な部分も含めて 信じる事を、信仰というのです。100パーセント
神を語れる宗教はそれをもって、みずからインチキ宗教を証明しているわけです。
生長の家は、そんなことは無いとおもいますが。まさか人間を無限と定義している
のでしょうか? また実相は無限で 現象は有限という2言論で説明するのでしょうか?

102 :名無しさん@3周年:03/08/04 14:06
94さん。釈迦わ目に見えること、目に見えないことと分類して説明していますか?
生長の家がどうか知りませんが、岩波の中村元さんのほんで、実相現象で
説明しているのですか? 釈迦についても一般的考え方で説明してくれないと
生長の家式の説明では、釈迦の言っていることと異なるところがあると思い
ますよ。

103 :名無しさん@3周年:03/08/04 14:19
983スクリーンに映ったのが現象とします。
それでは、実相はどう認識するのですか?
スクリーンにも映らない実相はどこにあるのでしょうか?
説明してください。 実相覚とかありもしないもので説明しますか?
谷口さんの、実相と現象では永続する滅びない物を実相としています。
これはスクリーンに映るものもあると思うのですが。あの本は嘘せすか?
愛は実相にはいると思いますが、表現すれば、スクリーンに映っていますよ。
これは
現象ですか? 実際よく分からない分類だと思いますよ。クリアーに
二分できないんですから。私は誌友ですけど。

104 :名無しさん@3周年:03/08/04 14:41
99よ信者か 本部職員かしらんが 立派なヤクザ右翼だ。
屁理屈といって、言論封鎖する。軍国時代 平和をを唱えと卑怯者
といった青年将校と同じだ。創価の信者でも、おもしろいといって宗教
談義をするよ。昔みたいに罰当たるとか 脅さなくなった。宗教的成熟
がある。君はその点創価に劣る。あなたが生長の家の信者だとイメージ
悪いんじゃないの。右翼でないと教団が言っても、君がいることで、だれも
信じなくなる。宗教って論争で深まるんですよ。ルタの宗教改革で、キリスト教
は、ある意味発展したんです。異端問題でも、教義が深まりました。議論
は恩恵なんです。大宅壮一は生長の家を、パクリと言いました。
でも論争により、見えるという認識を無視して無いと判断する これは立派な
オリジナル 他にはない。正しいかどうかは、分かりません。でもオリジナルです。
これくらいの議論に答えられなければ、教団信者の信仰を、疑われるとは
思いませんか。この頃は創価の人との議論が、深くて楽しい。
だったら、あっちえ行けと言われそうですが。

105 :名無しさん@3周年:03/08/04 14:42
右翼は99ぐらいだ。相手にするな。

106 :名無しさん@3周年:03/08/04 14:47
99罪人がなぜ 傲慢なの?
謙虚のまちがいじゃないのか?
1003誤解じゃなくて神学論争です。
あなた、生長の家を100パーセント信じるの?

107 :_:03/08/04 14:47
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

108 :名無しさん@3周年:03/08/04 14:50
97さん。よく分かりますが、それなら生長の家の教会?が少なすぎますよ。
教化部が各県に一つ、山の仲の信者、相談にも行けませんよ。
講師は、めいめい違うことを言うし。

109 :ワダサン:03/08/04 15:09
小学生くらいの時、俺は犬がめちゃめちゃ欲しかった。だけど親は絶対買ってくれなかった。
そんなある日、一匹の柴犬が家のガレージに迷い込んできた。
おとなしい白っぽい柴犬だった。
なぜかそいつは、親父が何度追い払ってもすぐまた戻ってきた。
親父がガレージの柵を閉めても、そいつは柵の隙間から身体を傷つけながらも無理やり入ってきた。
ケガしたらかわいそうだから、柵は開けておいてあげることにした。

そいつはなにをすることもなく、家のガレージに座っていた。俺に近づくこともなく、吠えることもなく。
エサをあげたらここに居着いてしまうしまうので、あげたらだめだって親父に言われた。
だけどエサをあげなくったってそいつは、次の日も、その次の日もそこに居た。
なんでここに居着くのだろう?捨て犬?迷子の犬かな?俺にはどっちでもよかった。
学校から帰って、こいつがここに居てくれるだけで嬉しかった。

日曜日、親父と二人で犬を見てた。
犬は座ったりガレージをうろうろしたりしてるだけだったが、ふと、庭に入っていこうとしたとき
「コラッ!」って親父に怒鳴られた。
犬は一瞬ビクッとして、申し訳なさそうな顔してた。思わず俺も親父も笑った。

そんなある日、親父が犬の飼い主を見つけてきた。
やっぱり迷い子の犬だったって。
飼い主は親父に謝礼を払うと、犬を連れて帰った。
別れのとき、犬は喜んで飼い主に飛びつき、俺のほうを見向きもしてくれなかった・・・

バカヤロウ、なんでオマエはこんなとこに迷い込んで来たんだよお
お前がここに居着かなかったら悲しくならずに済んだのに
謝礼なんかいらねえよ
なんでオマエはこんなとこにやって来たんだよお
バカヤロウ・

110 :ワダサン:03/08/04 15:11
大地だけが生きつづける。

自分の人生がわからなくなったり
自分がなぜ人に聞き入れられないのか、わからなくなったとき
わたしが話しかけるのはいつも大地だ。
すると大地は答えてくれる、
かつてわたしの先祖たちが悲しみの涙で太陽が見えなくなったとき
彼らに歌ってやったのと同じ歌で。
大地は歌う、歓喜の歌を。
大地は歌う、称賛の歌を。
大地は身を起こして、わたしを嗤う、
春が冬に始まり、死が誕生によって始まることを
わたしがうっかり忘れるたびに。


おまえは後戻りはできない。

わたしたちの道が
「昨日」に架ける橋だと信じているなら
おまえはここで生きることはできない。
「今」は過去のやり方とは違うのだ。
「今」は美しい、

なぜなら、この世で大事なもののすべては/わたしたちに至る道を見つけてしまったからだ。



111 :名無しさん@3周年:03/08/04 15:13
真理は道なき大地です。

112 :ワダサン:03/08/04 15:14
           ,...,_
          /""`'・.,
         ,/'   ..::::\.,__,,,.....,,,__
        ,i'    ...::::::::"""    `''・-、.,_   _,,......,,,_
         i'  ...::::"           ":::`・'"~   :|
        /"                 " ::::  ...::,l
       ./'                     "::::::/
      .i'                       ::"i,
       i'         ●             .::::::|
       .i'                       .:::::::|   
      i;             i、.,    ,.    ●...::::::::|
       '、            |  `"~'/      ::::::::ノ
        \           l,    /     .:::::::/   おかねちょうだい!! 
         `/(          i.,_,/     ...:::::ノ'
      ,.-'"~ ~"ー-.,,__          .....:::::::ノ').,
     ./=ー'"~"`ー-.,_~"\-.,_  ,...,_ "";.-、::/ノ::: 'i,
    / ̄    :::::〜`i.():::\`""| `(^);;;;;|;;/;:::::::: 'i,
  . /         ::::::`i |:::::):;;;;;i、,/人_ノ;;;;'i,::::::::::: i
   |          .:::::::|/::::└ー-,;;;\;i;;;;|/;:::::::::::: i
   i.,_,.人       ..::::::/ :::::::::::::/;;;;;;;'i,'i;;;;|\;:::::::::::: i
      `;      .::...:::::/  :::::::::::`- .,_;;;;i,ノ;|;;;/;:::::::::::: /
      `、.,..:::::::::::::::::/   :::::::::::::::;;;;;;\,i ,/;;;;;:::::::::::|/
        `i"`-.,_,.ノ   ::::::::::::::::;;;;;;;;;;;\|;;;;::::::::::::|
        |       :::::::::::::::::::;;;;;;;();;||;;;::::::::: .ノ


113 :ワダサン:03/08/04 15:16
 ┌────────────────────┐
 │ この時代!                          |
 │ 産業と貿易の発展が.                    |
 │ 人々の思想と生活を変えた時代だッ.!      |
 │ 依然!                           |
 │ 食糧不足や貧富の差が激しいにも関わらず   . | 
 │ 「自分も いつか                       │
 │ 金持ちと同じような暮らしができるッ」       |
 │ 大人も子供も このような幻想を抱いていた     |
 │                                  |
 │ そ れ は 嵐 の よ う な            |
 │ 凄 ま じ い                           |
 │ 渇 き だ っ た                        |
 └―――──――――───────────┘
              ヽ(´ー`)ノ
                (  へ)
                 く


114 :ワダサン:03/08/04 15:18
      __ ┌┐ _
      | |‐┼┼‐|.|
      |/ ̄ ̄\|
     /l^ll^l^ll^l^l:\.____l l
    └┬───┬┘__/ \
      |..目目目..|     │ │
   ───門────────
                    ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
                   < 俺は生長の家が嫌いだッ!恨みはねーがとにかく嫌いだッ >
                   < 生長の家のヤツだったら        >
                   < もっと こっぴどくブチのめしたるッ             >
                    ∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨



                 ∩__
                 (  )


115 :ワダサン:03/08/04 15:19
  逝こーぜ!
 ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∧_∧ ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 (    )(  `∀)< ふん!金玉はてめーの敷地内だけで遊びやがれ!
 (  ○ ) (  ○ ) \_____
 | | | | | |
 (__)_)(__)_)





          ""゛"        ∧∧
  ""゛"               c(;  )っ
  __∧ ∧___          "  / ノ;;./
/ (;゚ー゚) /\           (_,/ヽ_)
| ̄∪∪ ̄|\/
|        |/



116 :ワダサン:03/08/04 15:22
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
   /  / ̄ ̄ ̄ ̄ |
   /  /  ⌒  ⌒ |   ∫
  | /   (・)  (・) | / ̄ ̄ ̄ ̄\
   (6      ⌒)   |\  /  \ |
   |   )  ___  | |  (・)   (・)| ノリスケはナミフェイの菊に特大のティムポを刺しこんだ
   \    \_/ /------◯⌒つ| 「ナミフェイたるものこの暗いではふぇこたれんぞ」
     \____/ l     _||||||||| | しかしナミフェイはこの一時の絶頂を我慢することは
   /⌒        ⌒\ / \__/ /  できなかった
  / 人  人    ノ゙\ \ ___/    「ナミフェイ今日はとことんいぢめちゃうぞ」
  \ \|  l    // /  ⌒ヽ     「あ〜ん、やめてぇ〜ん ノリスケめっ」
   \⊇ ノ     ⊆/    l  |     これこそ男と漢の友情である。
   , (   Y    )ヽ   /|  |     今日もナミフェイの甘い喘ぎ声に
   (⌒)_人__(⌒)ノ_/  |  |〃、  ノリスケのモノが強度を増すのであった!
  (__)     (__)     ヽ_/ この後、さらに思いもよらぬ修羅場が!!



117 :ワダサン:03/08/04 15:23
    ____
   /∵∴∵∴\
   /∵∴∵∴∵∴\
  /∵∴//   \|
 |∵/   (・)  (・) |< 生長の家って禁煙すか?
  (6       つ  |
  |    ___ |
   \   \_/ /    ∬
    \____/  /つ==
    /~   ~\  / /
    / i    |\.\/ /
   / / i    | .\__/
   | .| |   /⌒l
 .(~(=) ̄.   ノ|  |
  \ < ̄ ̄ |  |
    \ ヽ.  (__)
    (_/




118 :ワダサン:03/08/04 15:23
                ζ
             / ̄ ̄ ̄ ̄\
            /         \
           /\   \   /|
           |||||||   (・)  (・)|
           (6-------◯⌒つ|   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           |    _||||||||| |  < チェケラッチョ!!
            \ / \_/ /    \__________
              \____/
             ̄ ̄'┬‐;!宀宀丶,,
           O[く===く l‐‐‐ヽ `''‐-:;,,,,,._______________.,,,,,,,,,,,,,.______________
    ____,,;-------;,=ヽ==ヽl__________,彡_;(】┴‐‐‐┴‐‐‐┴---┴‐‐┴‐┴┘
     .>-/====!ニニ!.|========i========i======='i--ヽ
   ヾ‐‐‐--:;;,,.____|_|_____________|____________|____________|,,,,メ
      "ヽ(@)γ⌒''γ ⌒''γ ⌒''γ ⌒''γ ⌒''γ ⌒'(@丿
  キュラキュラ   ヽ、,,ゞーノゞーノゞーノゞーノゞーノゞーノ/     キュラキュラ
   

119 :ワダサン:03/08/04 15:25

             /ヽ       /ヽ
            / ヽ      / ヽ
  ______ /U \___/  ヽ
  | ____ /   U    :::::::::::U:\
  | |       // ___   \  ::::::::::::::|  何、このスレ?
  | |       |  |   |     U :::::::::::::|  笑いすぎて氏んじゃうだろ。
  | |      .|U |   |      ::::::U::::|  良スレ!!!生長の家マンセー!!!
  | |       | ├―-┤ U.....:::::::::::::::::::/
  | |____ ヽ     .....:::::::::::::::::::::::<
  |___/ ̄ ̄      :::::::::::::::::::::::::|
  |\   |            :::::::::::::::::::::|
  \ \  \___      :::::::::::::::::::::::|



120 :ワダサン:03/08/04 15:26
        
     / ̄ ̄ ̄ ̄ \
    /          \
   /\    ⌒  ⌒  |             ζ
   | |    (・)  (・) |
   (6-------◯⌒つ |   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   |    _|||||||||  |  < 最後の一本抜いてやったわ!!!
    \ / \_/ /    \______________
      \____/
   ______.ノ       (⌒)
  //::::::::|-、 ,-/::::::ノ ~.レ-r┐
/ /:::::::::::|  /:::::ノ__ | .| ト、
| /:::::::::::::::| 〈 ̄   `-Lλ_レ′
レ::::::::::::::::::|/::: ̄`ー‐---‐′


121 :ワダサン:03/08/04 15:27
  ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 (    )< たとえあなたがいなくなっても
 ( O   )  \___________
 │ │ │
 (__ (__)

  ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 (    )< あなたが照らしてくれている道を
 ( O   )  \___________
 │ │ │
 (__ (__)

  ∧_∧
 ( ´∀`)彡 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ( O   )  < 歩き続けるよ
 ││ │   \_________ 
 (__(__) 




122 :ワダサン:03/08/04 15:28
「レオン」より。

           ピンポンピンポン・・ ┏━━━┓
                     ┃    §
                   \..┃    ┃
        おながい開けて!─..┃◎  ..┃
                   /..┃    ┃
                     ┃    §
                     ┗━━━┛



123 :ワダサン:03/08/04 15:30

    |             |
    |         ゴボゴポポポ・・・
    |             |
__ノ              |   (・∀・)ナシ!
| |                    |   \__ヽ
ヽ二二 ヽ -―- 、    ∩   |      ○)
_____/ /" ̄ヽヽ_| |.__|  
   /  / _∧_∧ l / /    \
   |  |/( ;´Д`)/ ヤッパコウナルノネ・・・
   .\ヽ∠____/\゚ 。       \
     .\\::::::::::::::::: \\.    |\   \
       .\\::::::::::::::::: \\ /   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       \\::::::::::::::::: \ | トイレにペーパー無し
         \\_:::::::::::_)\_______
             ヽ-二二-―'



124 :ワダサン:03/08/04 15:31
         ∧_∧   死ね
        _( ´_ゝ`)
      /      )           _     _
     / ,イ 、  ノ/    ∧ ∧―= ̄ `ヽ, _
    / / |   ( 〈 ∵. ・(   〈__ >  ゛ 、_―
   | !  ヽ  ー=- ̄ ̄=_、  (/ , ´ノ
   | |   `iー__=―_ ;, / / /   ←>>1
    !、リ  -=_二__ ̄_=;, / / ,'
        /  /       /  /|  |
       /  /       !、_/ /   〉
     / _/             |_/
     ヽ、_ヽ


125 :ワダサン:03/08/04 15:35
誰も一方通行を逆行できない
異議は唱えちゃみるが矛盾に満ちてる
唄は踊りは法の外さ
あんたの番が来た
で、この島はインポになりかけ

大通り 恥にまみれた覗き穴に見る顔


奴は六法全書に蹴り入れれるけど
むしろ一方通行を逆行できない

大通り 恥にまみれた覗き穴に見る顔


126 :ワダサン:03/08/04 15:35
以上、ワダサンでした。

127 :名無しさん@3周年:03/08/04 17:18
>101
神さまの全体像は完璧にわかるものではないし、表現できるものでもないと
考えています。谷口先生もそのように考えておられるようです。

>103
スクリーンに何が映るのか、この人生楽しみですね。>>27を参照されてみて
ください。この世に生きる私たちは、現象を見て神様を想像することしか
出来ません。そこから想像するに、神様の働きは、素晴らしいと思いますよ。

>104
そんなに99さんのことを言わないでください。別に右翼っぽいことは
言ってないですよ。全体的には同意。

>106
誤解じゃないなら良かったです。そのうちニュアンスだけでも伝えることが
出来たらよいのですが、私では力不足かもしれません。

>108
同意。

>109
下のほうは、素晴らしい画力だと思いますが、あなたとは別人でしょうか。



128 :ワダサン:03/08/04 19:00
                      ∧         ∧
                       / ヽ        ./ .ヽ
                    /   `、     /   ヽ
                   /       ̄ ̄ ̄     \
             ( (    l:::::::::              .l   ) ) _____
                  |::::::::::  -=・=-    -=・=-  |     /
                  .|:::::::::::::::::   \___/    |   < ?
                   ヽ:::::::::::::::::::  \/     ノ      \
                   丶::::::::          ノ         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                ___ノ::          人_  
           , --ー ̄    ::           ::::::::::::::::: ̄ノ ̄ー-- ,,.__
          /::::::::::::::::::::  ー-- .,,      ..::::,, --ー "       :::::\
           /::::::::::::;;;;;;;                            :::::::: :::ヽ
  ⊂二 ̄⌒\                                     /⌒ ̄ニ⊃
       )\   (                                )    /(
     /__   )                             (    __\
    //// /                                 \ \\\ヽ
   / / / //                                    \\ ヽヽヽ
  / / / (/                                           \) ヽヽヽ
 ( / (/                                           \) ヽ)
  ( /                                                 ヽ)


129 :ワダサン:03/08/04 19:01
    ,,,..-‐‐‐-..,,,
   /::::::::::::::::::::::::ヽ        _,..-‐‐-..,,,
  l::;;-‐‐-:;;::::::::::::ヽ//-‐,,__ /:::::::::::::::::::::ヽ
  l:l    ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  ヽ   /   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::;-'^~~^'‐;;:l
   ~ヽ/      ::::::::::::::::::::::::::U::ヽミ   .ll
    / / ̄^ヽ   ::::::::::::::::::::::U:::ヽ  ,.ノ ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
    /  |  ・ .|     :/ ̄^ヽ:::::::l'^~ .<
  ‐/-,, ヽ,_,,ノ      |  ・  |:::::::l  <
   l  ~^''     `‐'   ヽ.,_,,ノ  :l  <  
  '''l^^~~~    / ̄ ̄ヽ    -‐‐‐--l-  <  ● ● ● ● ● ● ● ●
   ヽ、 ,,,,  | |||!|||i||!| |   ~^'‐..,,_/  <  
    / (:::::} | | |ll ll !!.| |    ,,,, イ~'''  <
    l:  ~~  | |!! ||ll| || |   {:::::) ::l    .< 
   l:      | | !   | l    ~~  l   <
   l、     ヽ`ニニ'ノ       ,l>    V V V V V V V V V V V V V V V V VV V V V V
   /^‐-,,____,,,,,,,,..................,,,,,,,__,,,.--ヽ
   ~‐‐'~        

130 :ワダサン:03/08/04 19:02

                   ,ィイリ川川彡!ヽ
                   /ミミl川川川川三ヽ
                  iミ'´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヾミ!
                    iニ!         iミ!
                 ヾ! ,.= 、_  __,,,..、 iリ
                  }ト.{-ェ:ュL_.」,ィェュ}/!:7   「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                  l.| `ー‐'´ `ー‐ ' .! }    生長の家はイカサマ!!
                     l  /L__ 」、   l‐'   _ノ
               __,. -‐ヘ  --''''--.〉 /─- __ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          _ -‐ ''"   / \     /!\    ゙̄ー- 、
         ハ       /   |ヽ ̄ ̄//  ヽ        ハ
         |  ヽ      く     ! .>ーく /     >      / !
           |   |     _>  レ'-、 r‐/   <_      /  !
          .∧   !    ヽ     | 厂L/     /     i  .∧
       / \  |     \   ∨  !    /      | / ハ
       ハ   ヽ |      ヽ    !  |   /      |   /ヽ
      /  \   |      ヽ.  | ./  /       |   // \
     /     \ |       \ ∨  /          | /- '    ヽ
     /, -──‐-ミ」        , ‐''二二⊃、       |/  / ̄ ̄`ヽ!
    レ′   ̄ ̄ ̄`ー─---、_/ ′二ニヽ' \--──┴'' ̄ ̄ ヽ   |



131 :ワダサン:03/08/04 19:04
         ナ ゝ   ナ ゝ /    十_"    ー;=‐         |! |!   
          cト    cト /^、_ノ  | 、.__ つ  (.__    ̄ ̄ ̄ ̄   ・ ・   
                                             
            ,. -─- 、._               ,. -─v─- 、._     _
            ,. ‐'´      `‐、        __, ‐'´           ヽ, ‐''´~   `´ ̄`‐、
       /           ヽ、_/)ノ   ≦         ヽ‐'´            `‐、
      /     / ̄~`'''‐- 、.._   ノ   ≦         ≦               ヽ
      i.    /          ̄l 7    1  イ/l/|ヘ ヽヘ ≦   , ,ヘ 、           i
      ,!ヘ. / ‐- 、._   u    |/      l |/ ! ! | ヾ ヾ ヽ_、l イ/l/|/ヽlヘト、      │
.      |〃、!ミ:   -─ゝ、    __ .l         レ二ヽ、 、__∠´_ |/ | ! |  | ヾ ヾヘト、    l
      !_ヒ;    L(.:)_ `ー'"〈:)_,` /       riヽ_(:)_i  '_(:)_/ ! ‐;-、   、__,._-─‐ヽ. ,.-'、
      /`゙i u       ´    ヽ  !        !{   ,!   `   ( } ' (:)〉  ´(.:)`i    |//ニ !
    _/:::::::!             ,,..ゝ!       ゙!   ヽ '      .゙!  7     ̄    | トy'/
_,,. -‐ヘ::::::::::::::ヽ、    r'´~`''‐、  /        !、  ‐=ニ⊃    /!  `ヽ"    u    ;-‐i´
 !    \::::::::::::::ヽ   `ー─ ' /             ヽ  ‐-   / ヽ  ` ̄二)      /ヽト、
 i、     \:::::::::::::::..、  ~" /             ヽ.___,./  //ヽ、 ー         / ゝ
 .! \     `‐、.    `ー;--'´             //イ;;:::::    //〃 \   __, ‐'  / / \
  ヽ \     \   /               /  /i:::::.   //      ̄ i::::: / /



132 :ワダサン:03/08/04 19:05
        ( ̄ ̄ヽニニ_, )
        冫        |
        / ̄^-―――′ヽ
      / |            ̄\
    /  ヽ______/  /
   く               /
    ー―、___________イl
      /ヽ| く て .| |.ノ-|(
      |ヽ | / ´ヽ-^ L^  く |
  ,――/|( )| |    、__ )  / |\――__
/  /  ヽ | |  ____________  | |  \_ | \   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  /     |.| |∠--i-i--i-ヽ| ゝ   \ く  <  生長の家の人間はタイーホだ!
  |      儿 (  ̄ ̄ニ ̄  く    / /   \_______
ヽ \    ヽ\/        )  /  ヽ
、フ  \    \`ヽ_______へ―′  / |   |
   _____フ    |   /  \  |    ̄|   |
   ヽ       |  |    |  |    /   |




133 :ワダサン:03/08/04 19:09
             ,,,,e*llll''゙゙゙゙""゙゙゙'┻*e,,,,、         
        .,,,lll゙゙″             ゙゙゙W,,,       
      ,,,ll゙°                  ゚゙%,,、     
     .,,ll゙゜            _,,,,_     .゙゙l,,、   
    .,ll゙,wll゙゙゚゚゚゙“′         ̄.゙゙゙゙'*l,, 、  '゙l,,   
   ,l゙.'°                    ゙゙%.   .゙゙l,  
  .,l゙   __、             _,,,,,_          ゙l、 
  .,l゙ ,,,lll'゙ll|||l|゙,,l!        rlll,゙”゙l|||||゙llli,,_    'll、        
  ,l゜ ゙゙゙''*!!!!!!!ll゙°         '゙ !!!!!!llil゙ll・     ゙l 
 .ll          _,,,,,,,,,,_                   ll 
 .l゙,,ill**lli,,,、  .,,lll'゙゙~` ゙゙゙゙゙lll,,、  ,,,llll゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙'Wi,,_ .ll 
..,,l゙°   .゙゙ll,,.,,l゙゜       .゙゙l,, ,,l゙°       . ゚゙ll,.ll 
,l゙         'lil′        ゙il°             ゙ll 
l|     [ ] ll,      [ ]  ll         [ ]  ll 
'l,       ,l゙ll,,           ,,l゙l,、             ,l°
..゙l,,、    .,,l゙ .゙゙ll,,,,、   ,,,,ill゙’ .'゙l,,_           ,,ll゙’ 
  ゙゙Wl,ell*゙゙` ,,,,,,,,,, ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙”     ゙゙Wi,,,,,,,,,,,,,,,,,illllll° 
    ゙゙l,,   ゙l,,. ゙”””゙゚゚゚゚゙''"""''''',lト     ̄` .,,l゙`  
     ゙゙ll,,   .゙゙\,,___,,,,ill゙°      .,,ll゙゜    
      .゙゙%,,,     ̄ ̄ ̄`       ,,,ll゙°    
        ゙゙゙lli,,,_ ゙゚゙゙““″     ,,,,illl゙°      
          ゙゙゙─、,,,,,,,,,,,,,,,eil*ll゙゙゙゜ 



134 :生長の家逝ってよし!! :03/08/04 19:32
_| ̄|○   『69!』
○|_| ̄

135 :n☆:03/08/04 21:14
>>97

>タダ問題に直面したときそのことを忘れてパニックになったりすること、
>その時人と助けあったりが必要になる場面もあるわけです。

ホントそうですよね。たとえば友達は私の命の恩人みたいなもんです。
今私がここに居られるのは、その人達のおかげでもあります。
(でもそれは、宗教などの教えではありませんでした。
単に暖かい励ましと、超〜理解!と、叱咤激励、見守りでした。)
音楽に助けられた事もありました。生きていて良いんだ…と
思わせてもらいました。
でも、立ち直るのは、結局最後は 
自分自身の足でしか出来ませんでしたけどね。
依存したって、活動したって、祈るだけだって
何も解決なんかしないと思っています。

>もちろん、一番いいのはあなたの笑顔であなたの周りの人たちに神の存在を
>表現することではないでしょうか。
>わたしも理屈っぽいのは苦手ですから。

そうなんです。だから私は
曲を作り、詞を書き、演奏して、歌を歌っているのです。
詞だけでは(言葉だけでは)表現しきれない。
メロディーだけでも、足りない。歌うだけでも足りない。

でも、教祖のように教えを説いたりじゃなく、
つまり、誰かの上に立つんじゃなくて
『必要なときは呼んでね。隣で、時に背中も押してあげようか?』
くらいの感じ、それが私の夢です。

136 :名無しさん@3周年:03/08/04 21:18
徳島から電波がまだ来てるようだな。
おまえさんははいつも人をキチガイとか右翼とか言ってるけど
ちゃんと治療は受けてますかね。
よっぽど過去にトラウマになる事件でもあったのかね。
おばあさんが悲しまないように、早く病気を治して下さいね。

137 :”削除”依頼版:03/08/04 21:26
http://www.2ch.net/guide/adv.html

138 :ゴーマン君:03/08/05 01:31
>>100さん
>88のような誤解を生長の家だと思ったまま生長の家を嫌いになった人がいる現実は
>かなしいですよ。
そうですね。いっぱいいそうですけど・・・。でも、生長の家式に考えると半分悲しく
なくなります。えーと・・・、私たちの命は永遠ですから、無限に成長出来るんです。
だから、一回誤解しても何度もその人にチャンスは訪れると思います。きっと分かる時
が来る。それは、宗教と言う、生長の家と言う名前や形では現れないかもしれないけれ
ど、皆神に繋がっていて全然離れられないんですから。ぐるぐる同じ所を行ったり来た
りして何かを得て次に進んでいくのでしょう。と、私は思います。
ま、目の前にある問題、体験、生活、人を残らず自分の中に入れて噛み砕いて消化不良
起こしつつ、少しは消化して生きている様な・・・。なるべく消化不良起こさないよう
に自分の心を鍛える事も必要ですけどね。それで一杯一杯の時とか、普段でも、物事の
消化を助けるのが宗教の活用と言うことでしょうか。ちょっと変な例え方してしまった
・・・。ご勘弁を。ピース。




139 :ゴーマン君:03/08/05 01:57
あ、忘れてた。何か、私を右翼とか言ってるけど(笑)。私は無宗派だけど、別に
右翼じゃないよ。めちゃめちゃ一般人。車の免許も持ってないよ。
何で右翼?選挙カーの事?あ、屁理屈がいかんって言ったからか。
もっと話しなさい。がんがん論争して頂戴。それで真理が深まる!!大歓迎!!

140 :97:03/08/05 11:10
135さん、素敵ですね。あなたの周りの方の温かさ、あなたの温かさ、このレス
からも感じることができます。
曲を作り、詞を書き、演奏して、歌をうたう。素敵ですね。私は音痴ですから人に
喜びを与えることは出来ないけれど、その喜びを沢山いただくことは出来ます。
楽しみです。

141 :100:03/08/05 11:14
ゴーマン君さん、ハゲシク同意です。ありがとうございます。
おかげさまで肩の力が抜けました。

142 :名無しさん@3周年:03/08/05 14:29
139さんすみません。136もキチガイ右翼と勘違いしていました。
生長の家も136を破門しないと、三島由紀夫みたいに、自衛隊になぐり込みを
かけますよ。世界平和の祈りを唱えても、こんなやつがいるようじゃ、
生長の家は偏見の目で見られますよ。昔の創価みたいにね。
創価は時代とともに、良くなってきている。人権思想も立派な門だ。
136がいると、生長の家 右翼ヤクザ 山口組 のイメージが強くなります。
雑誌名が白鳩なんて、だれも信じなくなります。
135さんみたいな、素晴らしい人と、136が同じ物を信仰していると、とても
思えないですね。

143 :名無しさん@3周年:03/08/05 14:31
谷口さんの娘は、三島事件で、解釈した古賀さんと結婚していたんじゃないですか?
やはり右翼は、抜けないんでしょうか?

144 :名無しさん@3周年:03/08/05 14:33
4代目は今、大学生ですか?高校でしょうか?
国士舘在学だと、また恐ろしい右翼生長の家になるのですか?
子供は、普通親の反対に進みますから。

145 :名無しさん@3周年:03/08/05 14:39
127さん 谷口さんは神のすべては、分からないと言っていたと書いています。
わたしは、そんなことをかいた文は、いちども拝見していません。
すべて、神さまの目からみれば、こうだと言い切っていたと思います。
できれば、あなたの意見の根拠になった、本があればおしえて頂たい。


146 :名無しさん@3周年:03/08/05 14:43
古賀さんが、介錯したって、人殺しでしょう。
普通そんな人とは、結婚しないでしょう?

147 :名無しさん@3周年:03/08/05 16:20
また話がガラッと変わりましたね。
どう答えてもあなた方にとって満足のいく答えにはならないのでしょうね。

148 :名無しさん@3周年:03/08/05 19:27
一つひとつ誠意を持って答えれば満足しますよ。
でも、言っていないのに 谷口さんが言っていたとか言われても、満足はしません。
それと、論点のすり替えもいけません。
古賀浩靖さんは、生長の家だったと思います。お母さんは裁判所の調停委員で
お父さんも熱心な生長の家の信者でした。1970年をいま振り返って、
両親は、後悔していたと思います。 右翼とは恐ろしいもので、森田必勝さん、
当時25歳 三重県四日市市に、銅像が建っています。まるで神様扱いです。
人殺しといっても、三島さんの首を三回うっても介錯できなかったそうです。
それで、古賀さんが、やったわけです。 犯罪者が多いと思いませんか?
村上正邦も、裁判所から出てきたときに、合掌していました。罪の意識はないの
でしょうか?本来は罪は無いかもしれませんが、本来で無いことが起こったのですから、
個人的には、信者と思います。本部職員も見ていると思いますので、確認の
メール 宜しくお願いします。村上さんの元秘書は、ゲロッタみたいですね。
信仰が同じでも、千差万別 どうゆうことなのでしょうか?
真実を持って答えれば、こちらも納得します。3代目が右翼とキッパリてを切ったのに
どうして信者に、右翼がいるの。右翼追放令をだしてください。

149 :名無しさん@3周年:03/08/05 19:34
それと3代目は侵略戦争を認めたわけです。
でも生長の家が侵略戦争に荷担したと言うことを認め、謝罪すべきと思いますよ。
キリスト教は、天皇とキリストはどちらが偉い?とか特高のスパイの嫌疑で
嫌がらせを受けながらも、戦争を止めれなかったことや、戦争協力した<積極的では
無いにしても>ことに反省の声明を出しています。 出す気があるのか?
お聞きしたい。

150 :名無しさん@3周年:03/08/05 21:14
現象を現象の目であれこれ詮索しても真理には到達しない。

車をバラバラにして車の真実を求めても無意味なことだ

君は神想観をしたことがないようだ。

神想観をしないから生長の家が理解できないのだよ。

実相世界を感じられないのだよ。こんなところで息巻いていないで

練成会にいらっしゃい。

151 :名無しさん@3周年:03/08/05 22:22
谷口雅春は大げさなんですよ。
無駄に神に頼ったり拝んだり感謝したりと。
これほど大げさなのは一方に不信と焦りがあったからなのです。
もっと普通でいいんですよ。



152 :名無しさん@3周年:03/08/06 08:40
無駄でも大げさでもいいんじゃない。
ほんとにいろんな人が居て面白いね。
講師の先生方だって、幹部の方々だって、おとうさんだって、おかあさんだって
みんなちっぽけな人間だよ。それぞれ自分の人生で勉強中なのさ。
生きて、いろんなものを見て、いろんなことを感じて・・・楽しみだね。

153 :ゴーマン君:03/08/06 11:12
右翼と間違えられて、自分の説明の仕方に配慮が欠けていたのかな?と反省いたしました。
私は、めんどくさがりなので、説明を端折ってしまって、意味不明になることがしばしばあります。でも、全部説明してたら、生命
の実相全巻書く勢いでカキコしないといけなくなってしまうんですよ・・・。そこんとこが私としては非常に思いやられる。
けっして、論争・・うーむ、これは響きが悪いので、意見交流としておきましょう。私は、けっして意見交流を止めろ、とは言って
いません。そこで得た真理を実生活に生かさないのは、どうなの?ホントに生長の家やってるの?と言っているのです。この説明だ
と、大雑把で、分かりにくいので、具体的に説明します。
あるご婦人が知り合いにいて、その人は凄く生長の家に熱心な方なのです。それで、日々伝道。日々真理の交流。あっちへ白鳩を配
り、こっちの座談会へ出かけ・・・、という具合です。で、その人の旦那さんは、あまり家に奥さんがいなくて寂しいので、そのご
夫婦はよく喧嘩をしています。あれ、ちょっと待て。家族を蔑ろにするのは生長の家の教えに反するぞ。と、私は思った。奥さんは
自分が生長の家を知って、嬉しくて、あっちへ白鳩を配り、こっちの座談会へ出かけ、と自分だけが生長の家、人様も生長の家、だ
けど自分の家族を生長の家にするのが不熱心でした。で、私は、この人が本当の生長の家になるには、すこし家庭を返り見なければ
いけない、真理の探究だけでは、活用せねば意味無いんじゃ・・・、と思ったのです。でも、伝道して、多くの人に真理を知らせた
いという思いやり、それに私は打たれ、もう少し楽にしてあげたいな、と思って、選挙カーとかテレビとかいろいろ使って伝道して
くれれば、この人もちょっと余裕が出来て、家族を生長の家に出来るのに・・・と思いましたので、ああゆう文章になったわけです。
141さん、フォローして頂いて有難うございます。あなたの思いやりには、いつも感激しています。それから、104さんは、生長の家
が好きなんですね。生長の家に対する熱意が感じ取れます。肉体なし。信じましょうよ(笑)。信じたからって今肉体が消えるわけ
じゃないし。

154 :ゴーマン君:03/08/06 11:12

>>106 さん
>99罪人がなぜ 傲慢なの?
>謙虚のまちがいじゃないのか?
なかなかいい質問しますね。これはなかなか深いです。と言うのは、これが分かったら、ちょっと生長の家の事が理解できます。
はっきり言って、善と悪、罪、神、などの言葉の解釈はひとそれぞれでいちいち説明するのがめんどくさい位です。
しかし、こんな事言ってると右翼と間違われるし(笑)。
それでは私の考え――と言うか生長の家の解釈――を聞いていただけますか?
罪人が、自分の罪を認めず気付かず、これでよし、と思っている事を傲慢と言ったのであって、
罪人でも、自分の罪を認め、これは本来の私じゃなかった、神の子にあるまじき事をした、と深く反省すれば、それは傲慢とは言い
ません。謙虚です。それで私は、人間本来罪人ならばそのままで、これでよし、と神が創ったままででいい訳だから、反省しなくて
もいい事になる。で、それが傲慢だと言ったのです。これでよし、と神が創った人間は、完全であって、どこにも不完全なところは
ない。罪は無い。そういう事。分かっていただけた??これ以上の説明は、私の今の文章力では無理です。どうぞご勘弁を。
私は、この世の中で、神が一番謙虚な存在だと思います。神――全ての創造主、全ての全て。

155 :127:03/08/06 11:59
ゴーマン君さん、おつかれさま。ありがとうございます。

145さん、ずっと以前に読んだことがあるんですけれども、手元に<生命の実相>
もなく、確認することができません。もしかしたら、月刊誌に抜粋されていたもの
だったかもしれません。
お役に立てなくてすみません。私より詳しい方がいらっしゃったら、お教え願います。

156 :名無しさん@3周年:03/08/06 13:50
148さん、???論点のすり替えとは何のことですか。三島事件について
答えなかったことですか。
4代目の学校のことですか。謝罪の話ですか。すみません、私にはわかりません。
すり替えたつもりはありませんよ。

157 :名無しさん@3周年:03/08/06 15:52
1513よく分かりますよ。
感謝 有り難うございます。これは、確かに間違っていないし、古今東西のまともな宗教
も、感謝を大切にしています。
でも感謝感謝と売出しみたいにせず、じわーとくる心の底からくる感謝の喜び
を味わいたいし、そんな状態が来るまで、じっくりと味わいたい そんな気がします。
肝心なことに、返事がほしいです。

158 :名無しさん@3周年:03/08/06 16:08
154さん。じっさい精神科学の本を読んでみますと、自分のいやな不完全
なところを偽物として切り捨てられないのです。それでいければ苦労しません。
その不完全な部分も自分であると受け入れなければいけないのです。
それがエリクソンのいう自我同一性獲得であります。
思春期青年前期に入ると、現実検討能力がたかまり、自分の限界を知っていく
これが正常な発達です。そして不完全菜部分も自分だと築きます。
その不完全である自分、平凡な自分であってもかけがえのない存在であり
自分成りの人生を生きることに意味を見いだすのです。
不完全な部分を本来のじぶんでないと、切り捨て手、本当に切り捨てられる
とは思いません。好きな部分の自分だけを愛することは本当に
自分を愛していることでしょうか?そうでは無いと思いますよ。
考え方の違いですが、医学的には、不完全な自分を受け入れるほうが、
幸せな結果になると思っています。不完全な自分を受け入れたとき、自分が、
大きく生長したことに気づくはずです。

159 :名無しさん@3周年:03/08/06 16:20
献金、参篭費が高い

160 :献金、参篭費が高い :03/08/06 16:20
献金、参篭費が高い




161 :名無しさん@3周年:03/08/06 16:26
参考文献は 標準精神医学<医学書院>第三章
ニュウ精神医学<南江堂>思春期青年期
です。精神医学の本の中で心の発達に書かれている、基本的なことです。
つまりこれは、ある意味世界の常識です。
どうして、これを生長の家が採用していないのか、分かりません。
科学を否定しているように思いますが、雅宣しの解説は科学的と評判ですよね。
ここらあたり、検討していただきたいものです。

162 :ぼるじょあ ◆yEbBEcuFOU :03/08/06 17:18
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□□□□□□□□■■■■■■■■■■■■■□□□□□□□□□□□
□□□□□□□■■■■■■■■■■■■■■■□□□□□□□□□□
□□□□□■■■■■■■■■■■■■■■■■■□□□□□□□□□
□□□□□■■■■■■■■■■■■■■■■■■■□□□□□□□□
□□□□□■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■□□□□□□□
□□□□■■■■■□□□□□□□□□□□■■■■■■□□□□□□
□□□□■■■■□■■■□□□■■■■□□■■■■■□□□□□□
□□□■■■■□□□□□□□□□□□□□□□■■■■■□□□□□
□□□■■■■□□■■■□□□■■■□□□□■■■■■■□□□□
□□□■■■□□■□□□□□□□□□■□□□□■■■■■□□□□
□□□■■■□■□□■■■■□□□□□■□□□■■■■■□□□□
□□■■■■□□□□■□□□□□□□□□□□□□■■■■■□□□
□■■■■□□□□□■■■■□□□□□□□□□□■■■■■□□□
□■■■■□□□□□□■■■■■■□□□□□□□■■■■■■□□
□■■■□□□□□■■■□□□□■■□□□□□□■■■■■■□□
□■■■□□□□□■□■■■■■□■■□□□□□■■■■■■□□
□■■■■□□□■■□■□□□□□□■■□□□□□■■■■■□□
□■■■■□□■■□□■■■□□□□■■□□□□■■■■■■□□
□■■■■■■■■□□■□□□□□□□■■□■■■■■■■■□□
□■■■■■■■■□□■■■■■□□□■■■■■■■■■■■□□
□■■■■■■■■□□□□□□□□□■■■■■■■■■■■■□□
□□■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■□□□
□□■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■□□□□
□□□■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■□□□□
□□□■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■□□□□□□
□□□□□■■■■■■■■■■■■■■■■■■■□□□□□□□□
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

163 :名無しさん@3周年:03/08/06 21:03
154,158
神が創った理想的な人間と、現実の自分を比べるということですね。
理想を持って前進もしたいし、今の自分を認めることも大切だし。
どちらが正しくてどちらが間違っていると言う話ではありませんね。

164 :名無しさん@3周年:03/08/06 21:07
157さん、大げさなのは、潜在意識への働きかけの為だと思われます。

165 :名無しさん@3周年:03/08/07 00:43
雅宣よ。
何が法燈継承だ!
法燈破壊者のくせに。
思い上がるのもいいかげんにせい!

166 :名無しさん@3周年:03/08/07 01:28
>>164
潜在意識に何を働きかけるのでしょうか?

雅春さんは神想観は自己暗示のような陳腐なものでは無いと言っていますが。
かと言っても、我神なりの自覚を潜在意識に叩き込めとも言っていますが...
結局、雅春さんはあらゆることについて相反する両極のことを言ってるのです。
生長の家は何でもありなんです。




167 :名無しさん@3周年:03/08/07 01:50
なんだかみんな…不幸そうね。

168 :ゴーマン君:03/08/07 02:49
>>158さん
なるほどー、よく分かります。因果の法則、唯心所現です。
>>163さんに同意です。右足(実相)と左足(現象)で前に進むわけです。
>>167さん、何か不幸な事でもあったの?

169 :_:03/08/07 02:51
http://homepage.mac.com/hiroyuki45

170 :名無しさん@3周年:03/08/07 10:09
166さん、どっちも大事と言うことでしょう。
どちらかひとつでいいですから、理屈だけでなく自分のものにしましょうよ。


171 :名無しさん@3周年:03/08/07 10:28
一つ一つ納得しながら少しづつ進んでいき、そこから得るものもあります。
<潜在意識>に働きかけるということは、<淨心行>で説明されるように
まず”コップの水をひっくり返す”と言うことが必要になります。つまり
祈りの継続ですね。これが難しい。
少しずつ水を足して少しずつ水を入れ替えると言う方法もありですが時間が
かかります。
コップの水が入れ替わるようにバーっと一気に祈ると言うこと。”1万回感謝
する”とか”100日間祈る”とか。まあ、ひとつの方法として記憶に留めて
おいてください。

実は私15年間離婚を考えていて、最後の手段でやってみたんです。これで
何も変わらなかったら別れようって。

172 :名無しさん@3周年:03/08/07 14:20
163さんそれはちがいます。
いやな十分を認めない 否定して切り捨てる。
いやな自分を受け入れる。 どこがおなじでしょうか?
詭弁で不真面目な態度です。

173 :名無しさん@3周年:03/08/07 14:23
>>171 さん
え?それでどうなったんですか?上手くいってますか?
結婚はいいですよね。利己的な奪う愛から相手を思いやる与える愛の喜びを
教えてくれます。イヤー私は結婚してから業突く張りの利己主義から、随分
変わった気がします。相手が海のように広い心の持ち主だったせいもありま
すが(のろけちゃった)。そうでないと結婚生活は長続きしませんからね。

174 :名無しさん@3周年:03/08/07 14:36
生長の家のひとはごまかし 不真面目なひとが多い 失望
創価学会は、意見が違っても 違いを誤魔化さず真摯な態度です。
私の二人の友人を比較すると。
創価の宗教的はってんを調べました。平成3年の日蓮正宗との決別です。
信者のかずでなく、教学の発展についてですが。
創価の説明は、仏教ではこう説明しているが、創価はこう解釈すると、はっきり
書いています。生長の家の仏教解釈は自分の解釈が、仏教の解釈の代表として書いて
います。傲慢であり嘘です。
実相についても、谷口さんのはよく分からない。
創価では、実相は真実のすがたを意味しています。一年三千論
すなわち、われわれ迷いの衆生を含む諸法<現象世界すべてのもの>が3000の世界
から構成されていて、それがとりもなおさず実相の内的構造を体系的に示した物であり
円融の世界観を示し、それを観察する事が、成仏のための修行とされた。
こう説明しています。キリスト者なので間違っていれば、学会のかた 教えて
ください。 つまり実相といっても仏教の宗派でまったく違うのです。
教理の整備も学会はちゃんとしてます。





175 :ゴーマン君:03/08/07 14:44
>>172さん
理想の自分から見て、いやな自分を確認、反省、直す=否定して切り捨てる。
いやな自分を確認=いやな自分を受け入れる、とも言う。
言葉が違うけど、やってる事は一緒です。
163さんが言いたいのはそういう事だと思う。

176 :名無しさん@3周年:03/08/07 14:49
教理に関しても、東洋哲学研究所があり、川田洋一 中野毅 宮田幸一
そのた、ばりばりのエリートが一杯です。
知的レベルでも 生長さんは負けています。 矛盾して教理をほったらかした
結果です。
仏教は待機説法です。状況論理だそうです。状況は、変わるのでそれの応じた
論理を、作るため教理の勉強をおろそかにしていない。
組織は民主的 右翼は当然いません。 もう日本の宗教では学会がダントツ
なわけを、知りました。生長の家の信者さん もlっと勉強しないとね。
ついでに、学会は信仰が科学と矛盾しないことをあげていました。
組織としては、100ねん遅れています。学会はまともな信者であれば、罰
があたると、脅迫もしない。それが日蓮召集とてを切ったあとの学会です。
私はキリスト者ですから、学会員と考え方は、違います。でもその姿勢には感動
しました。すべての信者とはいいませんが、トップは凄いです。レベルが違います

177 :ゴーマン君:03/08/07 15:54
>>174さん
>生長の家のひとはごまかし 不真面目なひとが多い 失望
そうですか・・・。理屈で話すと、たぶんめちゃ難しくて、
体験しないと分かんないから。そうなるのかな。
アインシュタインの相対性理論みたいなもんだから。
どうか許してやってください。
>つまり実相といっても仏教の宗派でまったく違うのです。
宗派によって仏典の解釈が違うために実相の解釈も違ってきます。
仏典の解釈が違うために宗派が存在するのですから。
仏典に新しい解釈を見出したら新しい宗教が出来るわけです。
だから、今いろいろ宗派が分かれていますが、あれは当時は仏典の
新しい解釈による新興宗教だったわけです。
>創価の宗教的はってんを調べました。平成3年の日蓮正宗との決別です。
あ、そうなんですか。それはよかった。じゃ、たぶん、将来的には、生長の家
と同じ解釈に行き着くと思います。
>創価の説明は、仏教ではこう説明しているが、創価はこう解釈すると、はっきり
>書いています。生長の家の仏教解釈は自分の解釈が、仏教の解釈の代表として書いて
>います。傲慢であり嘘です。
傲慢ですか・・・。釈尊が法華経でなにを説かれようとしたのか、それを明確に探って
いけば傲慢でない事が分かるはずです。しかし、私は、諸々の解釈を否定するつもりは
ありません。釈尊は、法華経如来寿量品にあるように、速いこと皆を仏身を成就させる
目的で、説かれている。皆それぞれの常識や世界観などの相違があるので、いろいろと
その人に合う様に説かれるため、数多くの新興宗教が存在する。それによって、より、
それぞれの人が救われやすい説き方が見つかる。という具合で、生長の家は、萬教帰一
を説いている。すなわち、皆、いろいろなやり方があるけど、行き着くところは同じだ
よ、と言っているのです。山を登るのでも、歩きで登ったり、自動車で登ったり、ロー
プウェイで登ったり。でも、山に登る、という事は一緒な訳です。
説明が苦手なので参考になるかわかりませんが・・・。
創価学会の友達にヨロシク。私も創価学会の友達がいます。いい人ですよ。


178 :名無しさん@3周年:03/08/07 15:54
175さんにたいな、非論理的なひとは創価にはいませんでした。
信者レベルも 創価が上ですね。
それでは実相も創価と生長の家で、同じなのですか?

179 :名無しさん@3周年:03/08/07 16:02
川村則行<光の泉に紹介された精神科医>の強そうで弱い人
飛鳥新社のほんには、自分の弱さを認められず、精神障害になったケース
レポートがあり、うけいれることで、回復した話が載っています。
同じはずがありません。事実を見せられても、否定する 生長の家の信者
の特質です。創価がつき合いやすいです。宗教界の孤児になってください。


180 :名無しさん@3周年:03/08/07 16:19
177さん相対性理論ですか?
速度が高速に近づくと しの系では、 質量はどうかわるの? 時間はどう変化する
説明してくれる。知ったかぶり 創価のひとは、分からないものは分からない
という、素直さ 謙虚さがあったよ。生長の家は知りもしない、単語をつかって
だますのですか?
学会の人の、感想が聞きたいよ。学会の一生成仏の、修行をしている人の、爪の垢
でも飲めばいいですよ。友達が創価にいるのだったら、教えてもらい。
生長の家の解釈は、インチキですよ。状況論の仏教を。絶対の真理と説くこと自体
仏教に対する無知ですよ。その友人 よく笑わなかったですね。生長の家と
ちがって、謙虚だわ。天皇も否定していることもご存じですね。
仏教では、天皇をときません。でも無門観の忠の前文は、どうなんですか?
仏教を知らないのが、生長の家であります。仏教は、相対論であって、生長の家
のいうような、絶対論では、決してないのです。これは常識です。
創価の友人に 聞かなかったの?初歩の初歩ですよ。

181 :名無しさん@3周年:03/08/07 16:24
ついでに、仏教思想に、中心帰一の思想はありません。
中央集権を、嫌っているのが、創価であり、仏教の精神です。
神国観はどうされたのでしょう。こっそりやめたのですか?
こんぱらげの花を見て 釈迦は天皇に帰一せよと言ったのですか?
どこに、仏教の神髄を生長の家で説いているのか? 教えれる物であれば
おしえて戴きたい。それでも仏教と言うのなら、明らかな異端です。


182 :名無しさん@3周年:03/08/07 16:30
仏教は徹底した、平和主義です。創価の信者さん 間違い無いですね。
それでは、生長の家の歴史を振り返って いったいどこが平和主義ですか?
ひどい信者は核武装せよ。と言っていました。
仏教の神髄の、どこを実践されたのか? 教えてください。
創価にはSGIがありますよ。平和主義を一歩すすめて、地球主義とっています。
あなたのところは、何をしていますか?
私は学会員でないけれど、日本の宗教にしては、なかなかヤルジャンと思います。


183 :名無しさん@3周年:03/08/07 16:32
相対性理論で、高速に系が近づくとき、質量はどう変化しますか?

184 :名無しさん@3周年:03/08/07 16:43
清超先生の墨子に光りを当てるで、軍備の必要性を書いていました。
明らかに、仏教思想とちがいます。戦争中 戸田さんは刑務所から生きて
でたが、牧口さんは、獄死しました。命がけで戦争反対しました。
日蓮正宗が伊勢神宮の大麻を、受け入れたときも、牧口は反対し日蓮宗と
手を切りました。それほどの平和主義なんです。そのとき 谷口氏は、何をされたか?
考え方の違いと言えば簡単です。しかし、仏教の神髄を表したということではない。
自分の宗教をおこし、自分の考えを言う。これは良いですよ。
でもそれが、仏教の神髄ではなく、自分の考えだと言えばいいのです。
素人がみて仏法と違うのですから。ですから、わけの分からない事は言わないこと。
教科書を考える会の、宗教欄には、仏教 キリスト教 神道 みな同じ
です。という馬鹿な結論になりますよ。それぞれの宗教に、失礼だと
思いませんか?

185 :名無しさん@3周年:03/08/07 16:46
神髄が同じなんて、ほんと失礼な話だね。
それぞれ、好きな宗教で道を、極めればいいのに。
個性を認めない 全体主義と同じことです。

186 :名無しさん@3周年:03/08/07 16:57
宗教の行き先が、同じなのも 困りますねえ。

187 :ゴーマン君:03/08/07 18:03
>>178さん
非論理的・・・。それは失礼致しました。私は芸術家ですので、元来論理的なことは苦手です。感性というか、感覚で物事を
把握する方が得意ですので、私の説明だと分かりづらいでしょうね・・・。理論的見解は、芸術批評家に任せているので。
私は、あーだこーだ言わずに芸術をそのまま感じ取りたい。しかし、そういう人ばかりではない。良いものは良い。理由は?
あの人に恋をした。理由は?この絵はすばらしい。理由は?という具合です。すばらしい芸術作品というのは、作者が死んで
随分たってから理解される事がしばしばあります。それは、新しい芸術は、その時の私たちの芸術という固定観念から抜きん
出ているため、私たちの理解を超えてしまっているからです。そして、何年もたち、私たちの心がその新しい芸術作品を、理
解出来うる心境まで高まったとき、はじめて、その芸術作品は理解されるのです。ですから、私は、生長の家はすばらしい!
と思ってもらえないにしても、しょうがない事だと分かっています。そして、時が解決するのです。ただ、待っているだけで
はなく、あらゆる手を尽くして時か来るのを待つ。私は、そう思います。

創価学会の友達は生長の家が嫌いです。だから、私は、別に押し付けるつもりはないので、宗教の話は致しません。その人が
幸せなら、特に問題はないのですから。考え方が人それぞれ違うのを自分が正しいお前は間違ってるなんて言い出したら限が
ないし、友達全然出来ないと思います。
相対性理論はたとえ話です。私は頭悪いのでそういう例えになったわけです。
別にだまそうとかそうゆうつもりはないよ。誤解させてごめんなさい。
うーむ。私は生長の家の信者ではないし・・・・。
ってゆうか、創価学会の話がしたいなら、そっちのスレに行けばいいんじゃないの??
いろんな考え方に触れられて楽しいけど。

188 :名無しさん@3周年:03/08/07 20:13
178さん、創価が素晴らしいことはわかりました。でも177さんも誠意をもって
答えておられます。
どちらが上だとか、実相の姿がどちらの解釈が正しいと競って何になるのですか。
確かに知識量とか、文章力とか、説得力とか、あなたには劣るかもしれません。
でも、私たちがしているのはそういう話ですか。実相の世界があるとしたらどういう
世界なのだろうと模索しているのではないですか。そこのところを創価の方が明確に
示して下さったのなら素晴らしいことではないですか。大いに学ばせてもらいたい
というのが、生長の家の考え方です。ただし、組織ぐるみでどう取り組まれているかは
知りません。万教帰一の教えを前提に行動している結果、私の行動はこうなります。

理解してもらえませんか。真実は何なのか探しているのです。他と争うつもりがないのは
そういう理由からです。キリスト教と仏教をとりあげて説明しているのは、それらが代表的な
大きな思想だからです。いろんな優れた思想は大いに参考にさせていただきたいのでこれからも
いろいろ教えてください。

189 :名無しさん@3周年:03/08/07 20:18
ゴーマン君さん、「スッタニパータ・ブッタのことば」読んでみましたか。
すごいですよ。叫びたくなるほど感動しますよ。

190 :163:03/08/07 20:56
178さんに、回答です。
175さんにお答えいただいたのですが、「やってることは一緒」と言うのは違います。
私は>>163で、「同じ」とはいっていません。「どちらが正しくどちらが間違っているとは
いえない」といいました。結論を急ぐ必要はないとおもいますよ。

191 :171:03/08/08 09:25
>173
のろけられちゃった☆・・・今はラブラブですよ。

相手に対してどうこうしてほしいと言う祈りではなくって、自分の中にある
”病気が引き起こす相手にかけてしまう迷惑に対する恐怖心”や”自信喪失による
不信感や不安感”それらにより相手に対して正直に向き合うことが出来ない。
そこに問題があることに気付いたわけです。そしてそのドロドロしたものを
何とかしたいと・・・・。

192 :名無しさん@3周年:03/08/08 09:43
188さん それは誤解で、争っていません。
生長の家さんが実相の解釈をじぶんだけが正しいと思っている、スレがあったので
かいただけで、独善性をいったまでです。
そんな、カキコ あったでしょう。文章中でも参考文献をだして、生長の家ではこう
解釈するが、仏教いっぱんの解釈は、こうだと注をつければいいのです。
じぶんの傲慢は分からない。生命の実相にも傲慢の治療が、困難なことが載っていました
よね。

193 :名無しさん@3周年:03/08/08 09:44
萬教帰一を言うくらいなら、それくらいに気の使い方してもいいよね。

194 :名無しさん@3周年:03/08/08 09:49
実相の宗教論 争うことにより深まるよ。
生長の家の信仰が浅いのはこの点かな?
しゃく伏することにより、日蓮の信仰は深まったよ。
それに加え 、公衆の面前でやることにより、深い信仰をアピールしたかったんだな。
まあ 行き過ぎはいけないけど。

195 :名無しさん@3周年:03/08/08 10:20
仏教徒って自分の宗派以外の、仏教を知らないんです。自分の考えの仏教
を、仏教と信じています。ですから日本で仏教宗派の対話は、ほとんどありません。
キリスト教 とくに神父さんは、仏教を含め 日本のことをよく知っています。
カトリックが創価学会と、対話するときに選んだ理由のひとつに、他宗の仏教
についても詳しいこと。組織が中央集権でなく、民主的であること キリスト教と
対話したことを宣伝に利用しないということでした。かなり創価の認識は高いですよ。

196 :名無しさん@3周年:03/08/08 10:33
信者は無理としても、その宗教にたずさわる職員 講師 聖職者レベル
が知らないと、知ることにより対話がはじまり 口だけの萬教帰一でなく
宗教の、本当の融和がはかれる訳です。
教祖は、思想の骨格をつくり それを発展させるのは信者の仕事です。
少しこの教団は組織的にも、教学てきにも怠慢じゃないですか?
188さんみたいなレベルでは、宗教融和は、無理でしょう。
生長の家は、排他主義なんでしょうか?在日朝鮮韓国の選挙権についても
排他的でなかったですか?

197 :名無しさん@3周年:03/08/08 13:06
>>191さん
そうですかー!!ホントによかったですね!!私もあなたみたいにラブラブ目指して
がんばります。私は些細な事ででも自分を見失ってしまったりするんですよ。
もうちょっと、自分を鍛えていきたいです。

198 :ゴーマン君:03/08/08 13:18
>>190さん
横やり入れちゃってどうも申し訳ない。

>>189さん
「スッタニパータ・ブッタのことば」ですか??初めて知りました。
必ず読みます(笑)。たのしみです。


199 :名無しさん@3周年:03/08/08 13:20
谷口雅宣さんの本「今こそ自然から学ぼう」を買いました。2,3ページ読んだんですが、コピーマンさんがどうしてそういうのか
分かりました。彼の文章は、彼が書いているように、宗教っぽくない。真理を求めている人には不満足。人間神の子の根本の真理は
あまりと説かず、真理に裏打ちされた具体的な生活を書かれているので、真理を求める人には、何だか、えーって感じになるのだと
思う。でも、私たちは、もう、真理を知っているじゃありませんか。そして、これからは、それをどう生かすか。そして、宗教を受
け入れない人も、それに参加する事も出来るし、まだ真理を知らない人にとっては入りやすいかもしれない。
外(行動、生活様式、など)からと中(実相、人間神の子)から、の方法があるので、雅宣さんの場合は、表面的には外よりかもし
れない。しかし、巴の模様の様に核には実相を内在している生活ができる。私たちは、自分が救われたいために真理を学ぶのではな
く宗教を拒否する人にもそれを受け入れてもらう、くらいの知識も必要でしょう。あらゆる宗教がありますが、それを受け入れた人
はもう、ほとんど救われかけ。神様に気付いたんだから。でも、まだ、全く受け入れず、知らず、困っている人がいるかもしれない。
谷口雅宣さんは、もうちょっと広い視野で世界を見てみよう。と言っている気がします。ま、はっきり言って、今の私には結構むず
かしいけど・・・・(笑)。

200 :名無しさん@3周年:03/08/08 14:42
信仰ってのは実感の問題だと思う。
学者が研究して見つけていくものと信仰のそれとは違うと思うよ。
谷口さんは誤解を与えやすい形で生命の実相を執筆してしまったと思う。
40巻すべて読んでみたけれど、私は、納得いったね。
納得いくように読んでいった結果だけど。
確かに、批判しようと思えば、いくらでも批判できる内容でもあった。
しかし、学問ではないのだから、大意が重要かと私は判断した。


201 :名無しさん@3周年:03/08/08 14:45
話の腰を折るようで悪いんだけど、ちょっと教えてください。
日本教文社って生長の家ですよね?フロイト著作集とか出しててモダンだと思うんですが、
なんで生長の家は天皇マンセーで国粋主義的なのですか?

202 :アクエリアン:03/08/08 14:58
>仏教徒って自分の宗派以外の、仏教を知らないんです。自分の考えの仏教
>を、仏教と信じています。ですから日本で仏教宗派の対話は、ほとんどありません。
>キリスト教 とくに神父さんは、仏教を含め 日本のことをよく知っています。

仏教徒とは、仏教学者津田真一氏によると、

「仏教信者とはブッダの教えを聞き、それを真理として信受し、それに従って
自らの生を実践的に規整してブッダが教示する宗教理想に帰入しようとする人
のことである」

と定義していますが、では、そもそも仏教の開祖ブッダの教えとは、どの経典に
示されているのだろうか。

「ブッダの教えそのものは、現在伝えられている「阿含経」を、広義のインド学・
仏教学に基ずいて、充分に検討し、研究して、はじめて知られ得る。」
(「バウッダー仏教ー」(小学館ライブラリー)より)

ということは、この本に述べられているように、

「(ブッダの本来の教えは)とくに大乗経典からは、まったく知ることができない。
・・・・・日本人一般に漠然と、わが国に伝来して継承されてきた仏教がそのまま
ゴータマ・ブッダの教えであり・・・・と信じられてきており、現にまた信じられ
ているからである。この根本的に誤り歪められた日本人の仏教観・・・・」

日本人の従来の仏教観は間違っていたということでしょう。
仏教の開祖ブッダ本来の教えを知るために日本仏教徒は何をしなければならないのか、
もし、本当の仏教徒たらんと願っているのならば。
バウッダに書かれているように、まずは、従来の規制観念を捨て去って、阿含経を
読むことでしょう。で、ここに推薦されている、阿含経の一部でもあるスッタニパータ・ブッタ
のことばを読むのもいいでしょうね。

203 :アクエリアン:03/08/08 15:12
>話の腰を折るようで悪いんだけど、ちょっと教えてください。
>日本教文社って生長の家ですよね?フロイト著作集とか出しててモダンだと思うんですが、
>なんで生長の家は天皇マンセーで国粋主義的なのですか?

201さん、それは過去の話です(笑)。
教祖の谷口雅春先生が、熱烈なる愛国者だったものですから、そして、当時の
国際環境からして、いたしかたがなかった面もあると私は考えています。
現在の雅宣氏は、そういう国粋主義とは完全に縁を切っています。
大体、天皇信仰などは、国際的に教義を布教していくには、障害になるでしょう。
まあ、素朴な愛国心なら問題ないんじゃありませんか。
これはどこの国でも教えていることですし。
問題は、天皇信仰が、教義面に介入してくることでしょう。




204 :名無しさん@3周年:03/08/08 16:39
生長の家に入信していた者です。
生長の家は本来神仏を信仰するのであって、生長の家を信仰する者ではなっかたのです。しかし「生長の家」を設立してから信仰の対象が生長の家になってしまったのです。
「神仏」を信仰するから万教帰一なのです。
「生長の家」は「神仏」を信仰する単なる「団体」です。
生長の家が正しいの間違っているのと論ずることと「神仏」や「実相」や「現象」を論じることとは本来意を異にするのです。

205 :ブッダのことば:03/08/08 20:33
阿含経とスッタニパータの関係は良く知らないのですが、H15年7月19日付け
朝日新聞特集記事より情報をお届けします。

「古代インドで使われたパーリ語の仏教経典「スッタニパータ」は、「生き物に
暴力を加えるな」「欲望を捨てよ」と諭した文章の末尾に「犀の角のようにただ
独り歩め」ということばがくり返し現れる。・・・・
ブッダ時代の話し言葉に近いパーリ語と現代ベンガリー語は似ている。ベンガル
出身の詩人タゴールが作詞した「エコラ・チャロ(独り歩め)」という歌がインドの
独立記念日などによく歌われる。「他人がどうであれ、断固として独り歩め」
という意味の歌詞だ。「エコラ・チャロ」が5回以上も反復される。・・・・

206 :正論:03/08/08 20:34

>>321          
顕正会はある意味道徳教育です。
それは以前誰かが述べたのですが、現在の法律では罪に対する罰の基準が曖昧で、なぜこの容疑者
は死刑なのかとかはほとんど過去の例を参考に決めています。
しかし、仏法は罪に対しそれ相応の罰が当たります。罪に対する重さが明確に理解できるのです。
では聞きますが顕正会を学校教育に取り入れられない理由はなんでしょうか?
宗教、宗教と言いますが問題はその内容だと思います。
顕正会は厳密に言うと宗教ではありません。生活法です。いや宗教を超越したものです。
しかし現在ではそれに該当するものがないので宗教法人の枠に収まっているのです。

207 :ブッダのことば:03/08/08 21:20
「ガンジス川。・・・仏教初期のような厳格な修行を守っているジャイナ教徒もいる。
現代の「犀の角」たちである。」

「急ソ連の侵攻で始まったアフガン戦争が89年2月に終わる前後、アフガン東部
ジャララバード郊外のハッダ仏教遺跡(2〜7世紀)からつぼに入った経文29巻
が出土し、ブローカーの手で93年までにパキスタン・ペシャワールの古美術商に
流出した。94年、ロンドンの大英図書館が入手、鑑定した結果、経文はシラカバの
樹皮に古代カローシュティー文字で書かれ、「犀の角」の章句を含むガンダーラ語の
「スッタニパータ」と判明した。
榎本文雄・大阪大教授は、「アフガンでは無量寿経、般若経など大乗経典がバーミヤン
遺跡で出土しているが、この小乗経典はアフガンで大乗、小乗が混在していたことを
裏付けるものだ。」といっており、仏教史上も貴重な文化財と強調する。

仏教は、修行者が単独で托鉢する形態から、集団で定住する方向に向かい、在家信者が
食物を寄進するようになった。現実は、ブッダが「犀の角のように」と説いたこととかけ離れ、
その経文は教団に都合の悪いものになったのだ。
山田明爾龍谷大教授は、「ブッダの説いた教えだから教団は無視は出来ず、大切に
温存したが、あまり目立つ場所には置かなかった。教団組織が大きくなると、初期の
教えとの矛盾も出てきた」と解説する。」

208 :名無しさん@3周年:03/08/08 21:21
ひろみに会いたい人、ひろみが欲しい人、手ぇあげてっ!
はーい、その指をマウスにもってってぇ・・・
ここをclick! ☆ъ( ゜ー^)> http://www.gals-cafe.tv
1週間毎日10分、がんばってサービスしますっ!来てください♪
・・・えっ?誰も手ぇあげてなかったってハナシ?
そんなんナシだよぉ〜〜〜。・°°・(>_<)・°°・。
会いたいよぉ。きてくださぁい( ・O・)∞∞OOO○○○☆(〃。。〃)

209 :名無しさん@3周年:03/08/08 21:24
>204さん、わたしもそう思っています。

210 :名無しさん@3周年:03/08/08 21:32
>>201
国粋主義的なのは、初代が大本時代に起こった弾圧を
目の当たりにして権力にひよったのです。

でも今は国粋主義的な活動は影をひそめています。
せいぜい、大勢で皇居一般参賀にいって日の丸を振りながら
天皇陛下バンザーイって言ったりしているだけです。
但し、相愛会は今でも右よりの活動に熱心です。


211 :名無しさん@3周年:03/08/08 22:55
まだ洗脳がとけない人がいる大きな理由の一つとして奇跡の体験談を
聞いてその教義を正しいと思い込んでしまっているところにある。
A 練成受けたり谷口の本を読んでガンや脊椎カリエス他難病が治った。
B 視力が治った。
C 切り落とした指が生えてきた。
D 永久歯が抜けたあとにまた歯が生えてきた。
E 大拝殿の下の階で夜寝ていたら誰もいない大拝殿から大人数で甘露の法雨を読む声が聞こえた。

A ガンや脊椎カリエス他生長の家で治る難病は他の新宗教団体でも治っている。医療や自然
  に治った場合でもその宗教のおかげということにしてしまう。しかしエイズは治らない。
  他の新宗教で治らないエイズや難病が生長の家でどんどん治るなら奇跡なのかも。
B 視力が治ったという人もその後その人にあってみたらまだコンタクトレンズをつけていた。
C 指が生えるというのも何センチぐらい生えたのかは不明。少し盛り上がっただけなら生えた
  とは言わない。他の新宗教教団でも指が生えたという話がある。
D 親知らずみたいなものかもしれない。
E 甘露の法雨を大人数で読むカセットを聞いてそれが頭の中で思い出されているだけだろう。
  妄想にすぎない。
谷口雅春は日本理財協会というモリス金融式のインチキ金もうけ団体を組織して幹部の多くが
検挙された。それと同じく金もうけの詐欺目的で作ったのが生長の家。
既成宗教では治らない病気が新宗教なら治ると聞いて病気治したいものだからころっと騙される。

212 :名無しさん@3周年:03/08/08 22:56
「ブッダのことば」中村元訳 岩波文庫

213 :名無しさん@3周年:03/08/08 23:09
>>211
だから、生長の家のみが素晴らしいとは言ってないって。
そういうと、議論から逃げているから情けないって言うんでしょ。

「真のバラモンは、他人に導かれるということがない。また諸々のことがらについて
断定して固執することもない。それ故に、諸々の論争を超越している。」
ブッダのことばを胸に、自分の行動を振り返ってみよう。
本物はどこにあるんだろうね。思い込みを捨てて探してみよう。

214 :188:03/08/09 00:41
192さん、そうでしたか。私の説明は解りやすかったでしょうか。
まだまだ勉強中で説得力を持ちませんが、また気付いたことがありましたら
教えてください。

215 :名無しさん@3周年:03/08/09 07:54
従来私たちが知っている宗教は、中国体陸を経て渡ってきたもので、これらも先人たちが
人々に解り易く数々のたとえ話、後世の偉人話等織り込み、守り育てて来てくれたものです。
(宗派が分かれてばらばらになってしまいましたが、それぞに人の思い、かいまみえる神の意思
があるものと生長の家では解釈するので、どれも素晴らしいというのが、生長の家の解釈と
いえます。確かに法華経が一番真髄を言いえているとは言っています。)

そしてまた新しく、時空を超えてまた再びブッダのことばに触れることが出来た私たち日本人は
本当に幸せです。
人々の為の仏教、習慣化してしまってその意味を知らずして仏に手を合わせていた私たちにとって
その幸せを確信させてくれるものとなります。

216 :名無しさん@3周年:03/08/09 09:33
>谷口雅春は日本理財協会というモリス金融式のインチキ金もうけ団体を組織して幹部の多くが
>検挙された。それと同じく金もうけの詐欺目的で作ったのが生長の家。
こんなでたらめのでっち上げを
だれからあなたは洗脳されたのですか。気の毒な人だ。
あなたのような嘘をつく人の発言は説得力なしだね。


217 :名無しさん@3周年:03/08/09 13:42
多分 大本教がデマを流しているんでしょう。
こいつだけの知恵とは、考えられない。

218 :名無しさん@3周年:03/08/09 13:43
生長の家だけが素晴らしいと言っていない。
とありましたが、こんなに批判されても、生長の家って素晴らしいのですか?

219 :名無しさん@3周年:03/08/09 13:45
法華経に神髄があると書いています。
法華経の解釈は、正当なのでしょうか?

220 :生長の家逝ってよし!! :03/08/09 15:02
生○の家はクソ!!!!!!!!!!!!!!!!

221 :名無しさん@3周年:03/08/09 16:04
雅宣は首にしろ!!!!!!

222 :コピーマン:03/08/09 21:48
小林よしのりが「戦争論3」を出した。大抵の書店には平積みされている。
これを読むと、雅宣が言った先の日米戦争が「帝国主義と民主主義の戦いであった」
という見解が、アメリカの宣伝と洗脳を丸飲みした、幼稚でお粗末で浅薄な見解
であることがよく分かる。
彼の所説など、真理ではなく、所詮、「ガキのたわごと」であることが良く分かる。
一人でも多くの信徒に「戦争論3」を読んでもらい、雅宣の邪説を打破しよう!

223 :コピーマン:03/08/09 23:46
いずれ雅宣の時代が来ると思うと、愛行なんかする気がしないです。
つまらない教えを人に伝えて、人を不幸せにしたくないです。

講習会も、とても、とても、とても、つまらないのですが、
教化部長の面子を守るためには、涙を飲んで(「つまらないけどごめんね」と
謝りながら、「もう、この人は一生生長の家に見向きもしないな」と思いながら)
人に勧めることはあるけど。
本当に、心から、早く辞めて欲しいです。
雅宣君は、素晴らしい唯神実相の教えの破壊工作をするのは止めて、
自分の方がさっさと辞めてください。

224 :名無しさん@3周年:03/08/10 01:23
既出?雅宣くんに信仰を求めること自体が間違いです。
なんせ「おじいちゃんは右翼だらか。」「私は生長の家に就職しただけです。」
と数限りない迷言を残し、大学時代ふられた女性が、民族系だったから、天皇
はいらない。と、ありがたいお言葉をのべられておられます。
いまとなっては、生長の家なんてどうでもいいけど。

225 :ゴーマン君:03/08/10 06:05
私が、天皇絶対論について思った事。
仮に、生長の家で説いている、天皇絶対論――つまり右翼と赤の良いとこ取りの、天皇を中心として国が成り立ち、天皇によって、
皆に平等に給料が支払われ、軍事力は最低限、つまり戦争はせず、泥棒が来た時のみ動くような形式的な警察のような形でいる――
といった、すばらしい平和な国の構造に、今、私たちが「せーの」で成ったとしても、人々の人間としての個人レベルが上がらない
限り、例えば、最低限の働きをすれば、給料は程ほどに天皇によって支払われる訳だから、怠ける人が大勢出てきて、結局、しばら
しい国の体制が、人々の利己的な考え方によって成り立たなくなる。個人の心が、「人の幸せが自分の幸せである、無我で、自分の
苦労をいとわず国のために働き、給料の多少に関わらず仕事の労働の多少に関わらず、するべきことをする」といった高い志になる
事が要求される。戦争は絶対しない、兵器を持たない、と言って、全ての国の人が一致団結し「せーの」でそうしたとしても、誰か
が、自分の利益のために他を奪う事があれば、自国民を守るために、戦争など起こしたくないけれども、戦わねば成らない。つまり
「せーの」で、国々の体制を平和的にすると同時に、(利己的な利益追求型でなく)公的な無我の奉仕の精神の人々の心で支えられ
る時、国は成り立つ。これは、本当に成り立てば、すばらしい事なのだけれど、今の私たちの状態では、不可能に思える。
かと言って、不可能に感じられるからと言って、止めてしまえば、永遠に問題は解決しないだろう。この、あまりにもすばらしい国
は、私たちの心の向上と共に成り立ちつつある――と思いたい。今はゴチャゴチャになった部屋の片付けをしているため、前よりも
ゴチャゴチャに見えるが、段々と整頓されつつある過程である、と思いたい。
理想の大きさに怯む事無く一歩一歩前進して行きたい。

226 :名無しさん@3周年:03/08/10 16:54
225のゴーマン君は、自称芸術科の傲慢君ですか?
そんな、思想で芸術活動は、無理ですよ。
自由の中に 美が生まれるのに、全体主義ではだめですよ。
瀬顔の先進国が帝国主義を止めた後、ひつこく帝国主義で戦争したというのが、正しい
戦争観だと思います。立憲君主制も、ちゃんと守られていれば、日本も民主制だった
のに、シナ事変 満州事変 が戦争であるのに天皇の勅語もなく、軍隊を動かした
明治憲法違反の戦争は、戦争の実相です。確か 満州事変は、天皇に3ヶ月も
かからないと陸軍は奏上していますよ。天皇を擁護する気はないが、昭和天皇が
気の毒であります。生長の家は、ときに軍部の主張をとりあげ、天皇を否定するのに
合うところでは、天皇様は素晴らしいと来る。歴史をもっと勉強しないと、恥を
書きますぞ。日本教文社の歴史の本は絶版になったのかな?
雅宣さんに、期待しましょう。

227 :名無しさん@3周年:03/08/10 17:00
侵略戦争を隠して国民に
大東亜解放と、騙して始めた戦争ですよ。
一番迷惑したのが、国民です。
225みたいに、エーカッコしたいのなら、すべての財産を国に寄付してから、
言いなさい。国民のために、国があるのです。エゴは大切です。ラテン語で
自己 自我をさすのだから。他人の人権を侵害シナイ限り、保証される
これ、国家としての、常識ですよ。

228 :アストロ:03/08/10 22:16
生長の家には縦の真理と横の真理があります。「人間神の子」「三界は唯心の所現」。
 横の真理、現象世界だけでの話だけではきりがないと思う。自分自身の自覚を深めなければいけないのかな?

229 :名無しさん@3周年:03/08/11 01:35
成長の家の信者は
この世がどのような思念によって出来上がっているか
もっと知ることだね。
>>225を読んで正直驚きました。


230 :ゴーマン君:03/08/11 02:02
>>226さん
こんにちは、自称芸術家のゴーマン君です(笑)。
あなたのおっしゃりたい事は何となく分かります。(私があなたの真意を正しく汲み取れているか分かりませんが)その事は、天皇絶
対論について・・・の中に含まれています。が、大雑把に書いているので矛盾している、と思われるかも知れません。
そうですね、私は知識も、さほど無いですし、説明するのが困難です。かと言ってあまり勉強する気にもなりませんが・・・。
例え話で説明します。確か、生長の家の本のどれかに書いてあったはずですが。
例えば、国を体全体とします。そして、天皇は脳みそ、人は臓器。で、天皇が、国を統率し、人々がそれぞれの働きをして、国を支え
ている。人々は他人を害する事無く――例えで言うと、腎臓は、肝臓に勝とうと思って腎臓を邪魔をするわけでもなく、不平も無く働
いている。胃袋は肛門に範囲を広げたいとは思わず、胃袋としてはたらいている。それぞれがそれぞれの個性を自由に発揮して、国が
成り立っている。科学者は科学者としての役割を自由に全うし、芸能人は芸能人の個性で、労働者は労働者でそれぞれの分野で活躍し、
いろいろな人がいろいろといて個性があって成り立っているわけです。分かりづらいですか??自由でありながら秩序が整然と整って
いる。天皇(脳)によって統率されている。人に何かを説明するのは難しいですね。もうちょっと弁が立つ人間だったら良かったかも
知れませんが、それを含めて私の個性です。バカで良かった、と思うときもあるし・・。ま、それは、人それぞれの感じ方の違いです。
あ、そうそう、どういう思想なら、芸術活動は可能なんでしょう?
金とコネと並の才能、以外の答えをお願いします。
歴史・・・。これまた私の苦手なやつですね。そういうのは得意な人に任せて、弁論大会には出ないようにします(笑)。
えーと、誤解を恐れず言うのなら、私は戦争は今後も起こると思います。無くなりはしないでしょう。この現象界を実在と見る限りに
おいて。もちろん、戦争は反対です。

231 :ゴーマン君:03/08/11 02:03

>>227さん
ちょっと、カッコつけちゃいました(笑)。
「エゴは大切です。」なかなか良い言葉ですね。よし、今週の祈りは「エゴは大切。有難うございます」に決定。
>>229さん
何に驚いたのか、不明・・・。教えて下さい。

・・・あ、私は生長の家の信者ではないから、信者さんに迷惑掛けてるかな?どうですか、信者の方。

232 :204:03/08/11 10:40
アストロさん、「三界は心の唯心の所現」現象世界だけの話ではきりがないという。
自分を深めなければと思っている。
この掲示板見ていると実にいろいろな人が居ます。
色々な人が居て色のある現象が有るのであってそれでいいのです。
ただ言えることは「教えて」と叫べば誰かがおしえてくれます。「助けて」と叫べば誰かが助けてくれます。
ただあなたが「思った」こと「願ったこと」は、必ず実現するのです。
これは「真理」であって、宗教とか生長の家とか仏法とか信仰している、信仰していない、と言うこととは何の関わりもないのです。


233 :名無しさん@3周年:03/08/11 11:21
ゴーマンさん。たとえ話 おもしろく読まして戴きました。
このたとえは、聖書にありまして、パウロの書簡ですが、この世の中
、または教会でも良いでしょう。これをキリストの体にたとえています。
目が口に ものが見えないからだめな存在といっても、ダメだし口は目に
物が食えないからダメといっても、それは馬鹿なことであると、各部分の役割
はあるが、上下関係はないと言うことを言っています。教会の場合
脳は、ローマ法王でしょうか。私は足であるかもしれない。でも大切なことは
私とローマ法王には、上下関係はないのです。分かるでしょうか?
あなた様のたとえでは、脳の天皇と、国民に上下関係があるか?と言うことです。
上下関係があれば、それは違うと私ははっきりと断言します。
昭和天皇自体 みんなと同じ人間である。と言っていました。
谷口さんはここらを、無門観の序文で、特別扱いしてませんでした?
ここを、雅宣さんが、修正しようとしていると思いますよ。当たり前の
事ですが。生長の家をとうして、キリストに出会えたことに、私は、感謝しています。
こんな人 多いと思います。

234 :_:03/08/11 11:22
http://homepage.mac.com/hiroyuki45/hankaku05.html

235 :名無しさん@3周年:03/08/11 15:29
イ 戦場でピストルの弾丸が甘露の法雨に当たって助かった。
ロ 生まれつき肛門のなかった赤ちゃんに肛門ができた。
ハ ペットに「ふえ太」と名前をつけみんなで「ふえ太、ふえ太」と呼んでいたら営業成績が「増えた。」

イは「生長の火をかざして」という本に写真が載っている。ロとハは二代目の本の中に出てくる話。

イ 一人や二人(何件あったのか具体的な数は公表されていない)助かっただけで甘露の法雨を
  持っていった他の何百人死んだら奇跡とは言えない。
  公職追放解除するためのでっち上げだったかもしれない。
ロ 自然に治ったのだろう。病気治癒の奇跡は医療によって治ってもそのことを体験談で
  報告しているか疑わしい。
ハ ヤオハンは倒産したし信徒数も年々減っている。

236 :204:03/08/11 15:31
209さん同意してくれて有り難う。
私も生長の家を知ってから随分と年月がたちます。
組織の中にはいると組織の色に染まってしまいます。
神仏がどこかへ追いやられ「生長の家」だけが前面にでて生長の家の為だけの組織になってしまいます。
それはけして生長の家だけに限った問題ではないのでしょうが。
「ありがとうございます」が挨拶であって「感謝」が何処かへ追いやられてしまっています。
どう思います?

237 :名無しさん@3周年:03/08/11 15:49
>>216


『大宅壮一全集』第四巻(蒼洋社)
新興宗教の自壊作用
新興宗教の最新型であり最珍型である「生長の家」は、物質もなければ肉体もない、従って病気もないと、
ないないづくしを説いた書物を売るための出版会社だが、それが資本金二十五万円でさえ多すぎるのにさ
らに百万円も増資し、しかも年二割の配当をしているということを知ったとき、わたしはあすこの専務に
会っていろいろききただした後、いまにきっとモリス金融式のインチキが暴露して、出資者はあわを食う
だろうと警告しておいたが、幸か不幸かこの予言は的中して、すでに幹部の多くが検挙された。彼らは
この出版会社のほかに、日本理財協会というモリス式の金もうけ団体を組織し、月に二、三割も配当する
という誇大広告によって一般から十五万円集めたが、検挙されたとき現金は七万円しかなかったという。
(昭和十一年八月)

ねずみ講(無限連鎖講)
ttp://www.bekkoame.ne.jp/i/onoyu/aku/iroiro/mrensa.html
『まず、ねずみ講という言葉の意味から考えてみましょう。
ねずみというのは、繁殖力が非常に高く、すぐ増える動物の代表です。講というのは「民間の金融組織」
という意味です。つまり、「ねずみの様に増殖していく、民間の金銭配当組織」、それがねずみ講の意味です。
地球上の人口には限りがあります。また、すべての人がこのシステムに参加するわけではありません。
ですから、無限に加入者が増えていき、参加した人がみんな儲かるなどという事はありえません。
このように、「終局的には破綻するべき性質」のものであるので、法律で禁止されているわけです。』
ねずみ講は、会員が無限に増えなければ成り立たないため、必然的に行き詰まり、大多数の人は必ず損
をすることになります。


238 :204:03/08/11 16:07
235さんの疑問にお答えします。
私は元生長の家です。生長の家を擁護するつもりはありません。
物事を正しくとらえたいのです。
批判は自分を批判していることになるから正しくとらえましょう。
あなたがもし家庭教師だったらその教え子が学校の成績が上がったり、希望している学校に合格したりすると本人は無論のこと家庭教師であるあなたもうれしいじゃありませんか。
それと同じで雅春先生の教えを頂いた人が先生のおかげです。
こんな奇跡が現れました。と報告されれば先生は他の人に聞かせたくなりますよね。
奇跡か奇跡でないかはわかりません。奇跡と思って甘露の法雨を身につけている人もたくさんいます。
ここが信仰です。どんな宗教も、宗派も、政治も、経済も、学問だって何かしら信じることから始まるのです。
信仰は人間のレベルによって対象が違ってきます。あなたもきっと確固たる信念があるからおかしいよと疑問を投げかけているのでしょう。


239 :名無しさん@3周年:03/08/11 16:44
「甘露の法雨」は「真理は汝を自由ならしめん」「汝の罪許されたり」
「神の国は汝らの内にあり」等聖書のごく一部のつまみ食いで歪めているからだめだ。


240 :名無しさん@3周年:03/08/11 17:00
>ただあなたが「思った」こと「願ったこと」は、必ず実現するのです。

「俺はキリストやブッダのような聖者になりたい、なりたい、なれるぞ、なれるぞ、すでになった!なった!」
などと思い、願い続けていても、決して聖者にはなれないと思います。
全国大会のある前日には、信徒が集まって「当日晴天大盛況」と何度も繰り返して祈っているのを私はその場にいて見ましたが、
その年の全国大会当日は見事に雨天でした。
心の法則が真理で、絶対なら、生長の家の人は、「生長の家が全世界に広まりますように。全ての人類がこれを真理として受け入れますように。そして生長の家が世界最高の宗教であるということが自他ともに認めるところとなりますように。」
とでも唱えたり祈ったりし続けてみればよろしい。
いうまでもなく、願望を反復しているだけでは、非常識なことの成就することはありません。
成就し得るのは、常識的なことの方が多く、別に祈らなくても叶ったかもしれないところを、「祈りの効果だ、ありがとうございます!」
などと自画自賛してますます陥穽にはまってゆく。

繰り返しますが、生長の家の説く心の法則というのは、真理などではありません。効果ゼロとまでは言いませんがね。
ところが、それを「真理」だなどと公言して憚らず、そんな思想に関係もなく全然幸せに生きていける人たちにまでわざわざ普及しようと企んでいる信徒の人たちは、
何か勘違いしてるんじゃないですか?
おかしいんじゃないですか?

241 :204:03/08/11 17:31
240さんへ
思いは叶うのです。
「俺はキリストやブッダのような聖者になりたい、なりたい、なれるぞ、なれるぞ、すでになった!なった!」
などと思い、願い続けていても、決して聖者にはなれないと思います。」
あなたはなれないと言っているし思っていますからなれません。
ところがそれにはあなたが目の当たりにした現実があります。
お金持ちになりたいと言って「宝くじに当たりますように」と言って生長の家式に祈り思い願ったら叶うのでしょうか?と問いかけているの同じですよね。
ここには「神の御心」生長の家流の「実相」がでてくるのです。
まるで禅問答になってません。


242 :名無しさん@3周年:03/08/12 05:52
>ここには「神の御心」生長の家流の「実相」がでてくるのです。

それではどういうかたちで生長の家流の「実相」が出てくるのですか?
それと、204さんは

>これは「真理」であって、宗教とか生長の家とか仏法とか信仰している、信仰していない、と言うこととは何の関わりもないのです。

と言っているのに、なぜここで生長の家流の「実相」が出てくるのですか?「神の御心」って何ですか?思った通りにならなかった代わりに何か別なものが与えられるのですか?

>まるで禅問答になってません。

別に禅問答をしようとしていたわけではないのですが。

243 :名無しさん@3周年:03/08/12 05:56
なぜ、「思いは叶う」というのを真理として立てなければならないのかがわかりません。
思いが叶わなくてもへこたれずに別な活路を見出して生きていくのもまた人生ではないですか?
何でも思ったとおりになったら、逆に生きているのが苦しくなったり、つまらなくなったりしませんか?
余談ですが、藤子・F・不二雄のSFマンガに、何でも思い通りになる力を与えられた主人公が結局は幸せになれない話が描かれていましたね。

244 :ゴーマン君:03/08/12 07:44
>>233 さん
同感です。確かに、無門関では、「天皇への帰一の道すなわち・・・云々」から始まって天皇について随分長々と語っています。
しかし、生長の家は、自他一体を説いていますよね。だから、上も下も、見るところ自体が無いでしょう。私とあなた、という
対立はなく、天皇と国民という対立も無く、拝み合いが、あるのみです。

私は、思います。
生長の家は、極めて楽行である。その教えを素直に受け、行ずる者は、幸せである。
生長の家は、極めて苦行である。その教えを疑い、信じず、行じず、言葉に翻弄される。
生長の家は、実相から言葉を発する。祈りは、事既に成れり。悟るも悟らぬも、始めから既に仏である。
迷いから言葉を発すれば、事常に完成無きなり。問題多くして、解決の糸口を未だ見出せず。
「如何なるかこれ仏?」問えば、今ここに生きている、この事が既に仏の命であるのに、そんな事も分からんのか、このばかもん
と、バシッと叩かれる。しかし、叩かれた意味を解さず、未だ叩かれ続く。
生長の家は、当たり前の事を当たり前にする生活である。「親孝行せいよ」「世話になったら御礼をせいよ」「ご飯を食べたら自
分の茶碗は自分で洗いなさい」「うんこは便器の中にして、流しなさい」「今生きているそのことに感謝しましょう」・・・。
私は間違っているだろうか。親には反抗し、恩を仇で返し、命を粗末にして平気でいる事が当たり前なのだろうか・・・。
否、やはり、あるのは拝み合いのみである。
有難うございます。


245 :名無しさん@3周年:03/08/12 12:27
自他一体が何を意味するか? よく分かりません。244さん。
自は、自己 自我をさすのであれば、一つになると言うことは、接着剤でひっつける
か、境界を残して 包み込まれるものを指すしかありません。
なぜなら、自己は保存されるからです。解けて一つになることは有りません。
この境界が無くなると 精神病になります。統合失調症 ある人格障害
つまり自己<アイデンティティ>の障害がおこります。
境界がなくなる一体を、生長の家が言うのであれば、病気をつくることになります。
ここを、ハッキリさせないと、正確な議論はできません。
ある意味 自他一体は危うい思想であります。素人の信者は、関わらないのが、無難でしょう。
ついでに、他に施す業 生長の家であれば、愛業というのでしょうか?
これは、日本の宗教に一般にみられます。


246 :名無しさん@3周年:03/08/12 12:38
この愛業という、美しいなの強制が、信者個人を疲弊させる現象が出てきて
いるのです。実相からくる力では、そうならないと嘘の説明を、よくするんですね。
愛業を積む。ということで信者の自発性が損なわれ、非宗教的なきょうせいが行われている。
ですから、自然に親に感謝するのは、結構ですが、孝行せよ 以下の事は
とらわれなくてもいいもです。拝みあいの世界 理想ですが、自然になれば、
素晴らしいことです。でも業としてやると、失敗しますよ。
実相円満を2万回となえる。 雑誌に載っていました。 こう言う事は、真似しなくても
良いと、思っています。実相がなにをさすか?知りませんが 実相が完全と
仮定すれば、唱えることでその性質が、変わることは無い。唱えなくても
同じでしょう。南無阿弥陀仏は一回で良かったんですよ。親鸞の話では。

247 :名無しさん@3周年:03/08/12 14:48
救って下さることに感謝します、の意味で唱えるなら何度唱えても良いが、唱えたから救われると考えて
唱えるのはおやめなさい、弥陀の本願を信じるようになったのも弥陀の働き、唱えようと唱えまいと救われる、
と、親鸞は言いました。

248 :名無しさん@3周年:03/08/12 15:28
http://search.msn.co.jp/spresults.aspx?q=%e7%94%9f%e9%95%b7&FORM=IE6
公式hpも盛り上げませんか

249 :204:03/08/12 15:50
242さんの質問にお答えします。
貴方の身の回りに起きてくる現実世界は貴方の「心」の現れであります。
キャンパスに絵を描くように、「心」に絵を描かないと現象には何も現れません。
「心」に思わないことは実現しません。
この「心」正直で、悪しき心は悪しき現象が神仏の心は神仏の現象が現れてくることになっているのです。
「心」は正直です。ごまかしが利きません。
うそをついたら、嘘が現象世界に現れてくるのです。
したがって、私達は出来ることなら悪しき事柄よりも良い事が身の回りに起きてくれた方がいいんですね。
ですから、神仏の心を自分たちの「心」に持たなければなりません。
「心」のそこから「ありがとう」ならありがとうの世界が現れて、「いい加減な心」の「ありがとう」は、いい加減なありがとうの世界が現れるのです。



250 :名無しさん@3周年:03/08/12 18:51
http://hpmboard3.nifty.com/cgi-bin/bbs_by_date.cgi?user_id=AEK02261

251 :名無しさん@3周年:03/08/12 19:42
心に描いたものが、そのままこの世に出てくるのであれば、この世の様は、凄いこと
に成っていますよ。
それが成立すれば、病院なんてなくなり、むろん病人もいなくなりますよ。
病気になりたい心があるから、病気になると書いていた文章を、昔読みました。
でもそれは日本の病人を愚弄する言葉ですし、愛もありません。
本当にこんな事を、考えるのは、心の病と思いますよ。
金欲しいと、思ってみても かねは、入ってこないよ。

252 :ゴーマン君:03/08/13 02:23
「生命の実相」全巻読みました??
生長の家を知るにはこれを読むのが一番手っ取り早い。
だいたい、十回くらいは読破して、それでも納得いかんかったら、聖経甘露の法雨をご先祖供養
として最低一ヶ月毎日読んで、それでも納得できなかったら、練成に一ヶ月行き、
それでも納得できんなら、もう、生長の家の事は忘れて、自分の思うように生きていけば。
真剣に真理を知る気が無いなら、やめとけ。頭にくるだけだ。
坊主の寝言の宗教に現世利益なんかを求めるのがそもそもの間違いじゃ。
もう、生長の家の事は忘れて、自分の思うように生きていけ。

ついでに言っておくが、天皇絶対論のいう「日本」とは、「宇宙」を指す。
日本という固有名詞ではない。

253 :名無しさん@3周年:03/08/13 02:38
思い込んだら、そのとおり実現するという暗示は、まあ
安心を得る役に立つかもしれないが、そのとおりに実現
するわけではない。生長の家の言っているのは、単なる
精神的な暗示を、宗教的な言葉で粉飾しているだけのこと。

ある高所恐怖症の人が飛行機に恐くて乗れないので
空を飛んでいるのではなくて、自分は大地の上にいる
と思い込んだら、恐怖が消えて安心して飛行機に乗れ
たそうだ。
 暗示をかけて大地の上にいると思い込めば、飛行機に
乗っている時に高所恐怖症が消えても、大地に上にいる
という実相が出て来るわけではない。

254 :名無しさん@3周年:03/08/13 11:46
252さん おかしいよ。
日本という国名、倭でもいいが、その時には、宇宙観なんてなかったよ。
嘘も休み休み言え。

255 :名無しさん@3周年:03/08/13 11:48
253さん その通りで、暗示療法は絶対じゃありません。
効かない人も、いますよね。
それにしても、うまく言うねえ。座布団10枚。

256 :ゴーマン君:03/08/13 13:03
この世は全て方便。有限の現象界に捉われて、この肉体を自分などと勘違いしているから、
愛国主義とか、日本の独在などという意味でしか、天皇絶対論を解し得ないのだ。
無限世界、神の国日本は、そんなちっぽけな有限世界の事ではない。名称に捉われるな。
国土を争そい、ここまでが自分の国などというものが、神の国にあるのか??
神の国は、無限世界だ。大和の国の神示を読んでみよ。

257 :コピーマン:03/08/13 13:14
雅宣の文章はつまらなくて、読めない。従って、さほど読んだことない。
しかし、ネットで公開していた駄文その他を少し読んで感じるのは、
「彼は神を信じてはいない。」ということである。
それどころか、彼は「あの世の存在も信じてはいない。」
神を信じている宗教者であれば、目に映る物すべてに神を感じるであろう。
そして、それが読者の心の奥底に響いてくるのだ。
彼の文章からは、心に響くものがまったくない。
「文は人なり」とはよく言ったものだ。
彼の文章から流れ出てくるものは、ただ「唯物論者」の波動である。
魂を見ずに、物質のみを見る立場から言えば、人間も動物も自然の一部
ということになるのであろう。
「環境」を問題にするのは、神を信じられない自分を誤魔化すためため
であると同時に、そもそも彼の「唯物論的視点」からくるものであると思う。

そんな人間に「唯神実相」の教えが理解できるはずはない!
即自主リストラしなさい!
それが、彼の唯一の使命であることを断言する。

258 :名無しさん@3周年:03/08/13 13:15
う・・・
この世のことはすべて自ら作り出していることなんです。
立ち向かう人の姿は我が身なり我が姿を映しているのです。
貴方が病人を目の前にしてこの人は病人だと思うことは貴方が病気を容認していることになるのです。
ですから病気と友達になっては行けません。
病気を認めないと言ってもこれがなかなか難しい。
ですから、病人を見て自分が健康であることに「ありがとう」これが第一歩でしょうね。


259 :名無しさん@3周年:03/08/13 13:21
コピーマン
じゃ、自分が総裁になれば。
がんばれ!!応援するよ

260 :ゴーマン君:03/08/13 13:49
コピーマンさん
谷口雅春著「神 真理を告げ給う」読みました?
凄い。神が私に語りかける感じがする・・・。

261 :名無しさん@3周年:03/08/13 14:50
俺の親父が言ったね、親は子の鏡と言うから「おまえの姿は親の俺か」と
子は親が思うほど子供じゃないよね。
親のエゴ、考えなくちゃ。

262 :コピーマン:03/08/13 17:05
雅宣が書き散らしている駄文は、宗教的には「小学生の作文」程度のものです。
「無価値」としか言いようがありません。
読む気もしないし、「読んでも時間の無駄」という気しかしません。
まして、論評とか検証などする気は全くしません。
彼の言っていることが、如何に、唯神実相の教えから外れたトンチンカンなもの
であるかは、甘露の法雨を読むだけで分かることです。

263 :ゴーマン君:03/08/13 19:01
コピーマン さん
私は、谷口雅宣氏の本を読んだ事がある。特に、おかしな事は書いて無かったと思う。
生長の家は、病気の人に薬を飲むなとは言っていない。それと同じで、環境の悪循環に対して、
薬の様に整えていくのも、間違いではない。肝心なのは、その心が、現象に向いているか、
実相に向いているか、である。
戦後生まれた人たちの大半には、人間神の子、物質なし、の教えは受け入れづらい。
仏教でいう二乗三乗の教えですら、困難かもしれない。
理由は「神 真理を告げ給う」に書いてある。
だから、人間神の子、物質なし、の教えからすると小学生レベルの教えかもしれないが、
必要としている人がいるのだ。
生長の家の本部は現象界にはない。実相世界にあるのだ。
宗教と言うのは、現象界において見る限り、衰退していくものだ。
何故なら、花は咲いたら枯れる。それが、この現象界だからだ。
どんなにいい教えであっても――キリスト教を見よ、仏教を見よ――最後は唯物論に成り下がって
いるではないか。
現象に現われた状態を見て、嘆いては、せっかくの教えが水の泡だ。何故なら、実相世界においては
キリスト教も、仏教も、生長の家も、永遠に咲き続ける花なのだから。
現象界の仮の姿に一喜一憂する事無く、実相世界を見よ。
もし、不安ならば、夜寝る前に「谷口雅春先生、どうか私を導きたまえ」
と祈って眠りなさい。運がよければ、夢で谷口雅春氏が直接指導してくれる。
私は、夢の中で谷口雅春氏から教わった。
嘘のようだが、信じろとは言わないが、事実である。



264 :名無しさん@3周年:03/08/13 22:10
263 病気か?
誇大妄想 何が言いたいのかな?実相って、そんな危ないオカルトごっこしないと
認識できないのですか?
まともな人は、近づかないほうが良いですよ。
人間も。ここまで来れば 立派な凶器です。
生長の家の、ある面<怖い神懸かり>を見させて戴きました。
仏教もキリスト教も唯物論 学者が聞くと 笑うわな。
これも、芸術科のゴウマン君ですか?

265 :名無しさん@3周年:03/08/13 22:21
>どんなにいい教えであっても――キリスト教を見よ、仏教を見よ――最後は唯物論に成り下がって
いるではないか。

上の発言の根拠を述べよ。
場合によっては、キリスト教、仏教に対する誹謗中傷です。あなたはそれでも生長の家の真の擁護者と言えるのですか?

>無限世界、神の国日本は、そんなちっぽけな有限世界の事ではない。名称に捉われるな。

名称がどうでもいいなら、別に神の国が「日本」でなくてアメリカでも中国でもいいわけでしょ。
でも、生長の家の人たちは、「神の国」といえば「日本」というよね。「アメリカとか中国とかはこの地上に存在する特定の国のことを称しているのではなく、神の国の実相のことを象徴しているのである」なんていわないでしょう。
なんだかんだ言って、「日本」が他の国よりも優れているという印象や確信を信徒の間に植え付けるためのレトリックと化している。
さあ、以上の件について弁明してみんさい。

266 :名無しさん@3周年:03/08/13 22:37
ゴーマン君は谷口雅春のラッパだな。


267 :ゴーマン君:03/08/14 13:41
生長の家の擁護者ではないよ。というか、宗教全般の擁護をするつもりなど、さらさらない。
坊主の寝言のようにくどくどくどくど説教するつもりはない。
幽霊も見たことないし、病気でもない。
答えは、自分で探した方が面白いよ。他人から言われた薄っぺらな回答なんてほしくないっしょ。
ところで、私は、デザイナーに転職した(笑)。


268 :名無しさん@3周年:03/08/14 13:52
おいおいみんな
ゴーマン君は日本を憂いている、私が彼の言葉を読んでいる限り間違ってはいないですよ。
ただ実相と現象の関わりがよくわっかていないだけだ。
ここがわかると100点だ。
生長の家の信者にも貴方ほど詳しい人は少ないよ。
皆さん教えて下さい。
実相にある日本と現象にある日本どうちがうんだ。

269 :名無しさん@3周年:03/08/14 22:34
>ついでに言っておくが、天皇絶対論のいう「日本」とは、「宇宙」を指す。
>日本という固有名詞ではない。
↑ここにトリックがあるんだ。
なぜ、宇宙のことを指す非固有名詞が「日本」でなければならないんだ?
アフリカだってハンガリーだって何だっていいじゃないか。でも生長の家の人はやっぱり、
宇宙のことを指す非固有名詞として「日本」という言葉を使うことを諦めることはできないだろう。
形而上学的二元論でいかに話をはぐらかしても、生長の家が天皇絶対的日本主義の右翼であることに変わりはない。
「右翼左翼を超えた運動が人類光明化運動じゃ」とか谷口雅春が言っていたそうだが、
その程度のことなら過激派左翼でも言ってるよ。「右翼左翼を超えた反戦平和運動」ってね。
自分が国粋主義の論理を継承した右翼であることを素直に認めよ、生長の家よ!

270 :名無しさん@3周年:03/08/15 00:13
新しい素粒子が見つかったんだって?


271 :ゴーマン君:03/08/15 01:15
>>268さん
よかった。わかってくれる人が来てくれて。安心しました(笑)。
>ただ実相と現象の関わりがよくわっかていないだけだ。
どうよく分かっていないのか、詳しく教えてくれませんか?
私は、とにかく、知りたくてしょうがない(笑)。
>実相にある日本と現象にある日本どうちがうんだ。
え?違わないって事??
・・・うーん、やっぱりわからん。限界(笑)




272 :名無しさん@3周年:03/08/15 09:46
>自分が国粋主義の論理を継承した右翼であることを素直に認めよ、生長の家よ!
お前何様だよ(大笑い)

ところで国粋主義の論理ってなんだよ(笑)


273 :名無しさん@3周年:03/08/15 10:51
「国粋主義の論理」と言っても「国粋主義の思想」と言っても同じです。

274 :191:03/08/15 21:11
197さん、1週間ぶりのご無沙汰ですが、お元気でしたか?レスありがとうござい
ました。
自分を鍛えるとおっしゃってましたが、ちょっと違います。
”自分を好きになること””自分のいいところを自分の為に探してあげること”です。
それができるようになると、相手や環境の素晴らしいところがどんどん見えてきます。

275 :名無しさん@3周年:03/08/15 21:26
204さん、236のご意見にも再び合意です。しかし196さんのご意見が
私の心に引っ掛かっているのですよ。とても温かいご指摘だと思うのです。
私もそうなんですが、とても多くのものをこの真理からいただいているのに傍観者
であるだけで、なんの恩返しも出来ない自分を小さく感じています。

ゴーマン君もコピーマンさんも本当に素晴らしいですね。とても参考になります。
雅宣先生に対する思いも、自分や後に続く人たちの為にプラスに生かせるといいですね。

276 :つんく:03/08/15 22:08
http://elife.fam.cx/a011/



277 :名無しさん@3周年:03/08/15 22:23
↑275は209で〜す。

参考になるかわかりませんが、私の見解をお聞きください。
243>なぜ「思いは叶う」というのを真理として立てなければならないのかが
   >わかりません。
真理として立てるのを是とするか否とするかは置いとくとして、法則なんだから
しかたない。というところかな。
その法則を利用するかどうかは、まったく個人の自由ではないかしら。ただその
法則を知ったものとしては、コノおいしい話を自分の周りの人に伝えずにはいられない
というのが単純な心の動きだと思う。その心の動きを行動にすることはとても難しい。
いろいろ考える。これも経験。

245>自他一体が何を意味するか?・・・<アイデンティティ>の障害がおこります。
245>愛行という名の強制・・・
246>自然になれば素晴らしいことです。行としてやると失敗しますよ。
247>唱えたから救われると考えて唱えるのはやめなさい。
なにをいわんとしているのかよくわかります。迷った結果ここにたどりついたあなたは
後に続く人たちに的確なアドバイスが出来るのではないでしょうか。
本当の愛行、その時感じる本当の喜びに気付いてもらえるようにお手伝いが出来る
のではないでしょうか。
247についてすこし補足すると、<実相円満を2万回唱える>というのは
唱えたから救われると考えて唱えているのではないのです。まあ、最初の動機
はそうなのでしょうけど・・・。回数はどうだっていいのです。唱えているうちに
無心になっていくことに効果があるのです。(あと、耳からはいるコトダマにも
なんらかの働きがあるらしいけど)だから、「あ、回数どうだったっけ??」
ばっかり考えてたら効果ないと思うよ。
まあ、このあたりは心理学的にあなたのほうが詳しいかもしれませんね。


278 :名無しさん@3周年:03/08/16 11:15
だから
信じすぎるのよくない

279 :アクエリアン:03/08/16 13:16
>>257 :コピーマン :03/08/13 13:14
>雅宣の文章はつまらなくて、読めない。従って、さほど読んだことない。
>しかし、ネットで公開していた駄文その他を少し読んで感じるのは、
>「彼は神を信じてはいない。」ということである。
>それどころか、彼は「あの世の存在も信じてはいない。」

コピーマンさんの雅宣氏に対する基本的スタンスは、以前の書き込みでも
拝見しましたが、これは、ちょっと、うーん、と首をひねらざるを得ません。
もしかすると、コピーマンさんは、雅宣氏の近くにおられて、頃から親しく接
しておられて、本音の部分を知っておられるのかもしれません。だから、この
断定に対して、絶対的に間違いだとは言いませんが、やはりこれはおかしいと
私は思っています。


280 :アクエリアン:03/08/16 13:18
むしろゴーマン君さんの次のご意見の方に共感します。

>>263 :ゴーマン君 :03/08/13 19:01
>コピーマン さん
>私は、谷口雅宣氏の本を読んだ事がある。特に、おかしな事は書いて無かったと思う。
>生長の家は、病気の人に薬を飲むなとは言っていない。それと同じで、環境の悪循環に
>対して、薬の様に整えていくのも、間違いではない。肝心なのは、その心が、現象に向>いているか、実相に向いているか、である。
>戦後生まれた人たちの大半には、人間神の子、物質なし、の教えは受け入れづらい。
>仏教でいう二乗三乗の教えですら、困難かもしれない。
>理由は「神 真理を告げ給う」に書いてある。
>だから、人間神の子、物質なし、の教えからすると小学生レベルの教えかもしれない
>が、必要としている人がいるのだ。

雅宣氏の文章を雅春先生の文章と比較して、指導者の資格云々と言うこと自体おかしい
と思っています。雅春先生の時代と雅宣氏の時代では、ゴーマン君さんも指摘しておら
れるように、そもそも人間の資質が違っているのだから、生長の家の教えを説くにして
も、その時代の人の感性に合うように説く必要があると思うのです。そういう点で、
私は雅宣氏の一見、評論家風の、最新の科学的データを駆使しての文章は、今という
時代の感性にマッチしていると思うのです。コピーマンさんには物足りなく感じられ
ても、そういう雅宣氏の文章を通じて、雅春先生の文章に反発を感じても、真理の門
へと導かれ、真理への縁を得られる人たちも存在することも又確かなことではないで
しょうか。

281 :ゴーマン君:03/08/16 13:42
>>275さん
そうなんですよね。めちゃ、恩返しがしたい。じゃあ、会員になれよって感じですけど・・・。
信者じゃなくても匿名で奉納金とか払えるのかしら??
いろいろ、恩返しの計画練り中です。

実相と現象の違いについていろいろ考えを巡らしてみました。
そして、360度回転っていう言葉を思い出した。これかな・・・。   

  0度      180度      360度
迷い即現象→否定→無即現象→否定→実相即現象

ということ??
確か、一回一瞬だけ、実相即現象を体感した事がある。
ある日の事、私はご飯を炊こうと思って、米を研いでいた。米を研ぎながら、「この米は、私に
食べられてしまう、今迄、一所懸命生きて実ったのに、仕舞いには人間に食べられてしまう・・・。
悲しいなー」と思った。すると、米が、「そんなことないよ、私たちは、あなた方に食べられるのが
嬉しい。私の命はあなたに捧げるためにここにあるのです。あなたに食べられなければ、私は、
何のためにここまで育ってきたのでしょう。あなたに食べられなければ、
ただ腐って土に返ってしまうよ」と言っているように感じた。「ああ、そうか、私は、自分が
他を犯して生きていると思っていたが、生かされているんだ。私が米を食べると米は喜び、私も
米が食べられて嬉しい。生かし生かされの世界だ!!ここに、神の愛に生かされている!!」
と思った。そして、大笑いしてしまった。
でも、そんなことはすっかり忘れていた(笑)。
あの時の私は、物質、物質にあらず、これを物質と言う、という言葉を米を通して体感した。
あ、そうすると、
ちょっと、環境問題についての見解も、少し変わってくる。
実相即現象で、考えると、そのまま自然に、環境を整える、ということになる。
乱れているから直す、ではなく、自然に自然に直す働きが現われる。


282 :コピーマン:03/08/16 14:16
>>280さんへ

もし、雅宣氏が、神を信じ、「唯神実相」の教えを完全に理解し、
なおかつ、それを、現代風にアレンジしようとしているのであれば
それはそれでよろしいかと思います。
しかし、彼の場合は、「時代にあった新しい教え」と言いながら、
その実、自分が理解できない部分をすべて切り捨てて、
全く別なものにすり替えようとしているのです。

喩えて言えば、植木屋さんが、「季節が変わったから少し植木を
剪定しましょう。」と言って、樹齢数百年の名木そのものを切って
しまい、みすぼらしいプラスチックのまがい物の植木を代わりに
植えるようなものなのです。
彼は、理解出来ないものを切り捨て、小さな自分の頭で理解できる
範囲の教えを造り出さなければ、今後自ら法を説くことはできない
と思っているのでしょう。
それは、単に、「資質」とか「能力」の問題ではありません。
根本教義を理解できないものが、法燈を継ぐなどということは
絶対にあり得ないことなのです。
彼が、神を信じていないこと、従って全く唯神の根本教義を理解
していないことは、彼の文章を一瞥すれば分かります。
彼の新しい教えなるものが、如何に唯物的なもので唯神実相の教えに
反したものであるは、聖経を一読しただけで分かると思います。
私は、ただ、神を信じられないのなら、信じられる者に職を譲って、
自ら潔く職を辞しなさいと言っているのです。

283 ::03/08/16 17:01
ゴーマン君さん、
きっと、わたしだからできること、あなただからできることがありますよね。

コピーマンさん、あなたの憂いもわかります。
信じましょう。きっと、一番良い方法が実現されます。雅宣先生も最善の方法を
選択してくださるでしょう。何を持って最善とするのかは神のみぞ知るかな?

ここで、精一杯雅春先生の御遺志を継いで発言するのも無駄ではないと思います。
結構雅宣先生にも影響があるかも。そのためには、ちゃんと雅宣先生のご苦労も
認めたうえでないと。雅宣先生のお立場も想像すると・・・一緒に研鑽していきましょう。

わたしも聖経大好きです。少しずつ内容の深みを実感できるようになってきたようです。

284 :アクエリアン:03/08/16 21:06
>>282 :コピーマン :03/08/16 14:16

>しかし、彼の場合は、「時代にあった新しい教え」と言いながら、
>その実、自分が理解できない部分をすべて切り捨てて、
>全く別なものにすり替えようとしているのです。

私は、雅宣氏の「心でつくる世界」を読んだときに、ああ、新しいタイプ
の指導者が生長の家にも登場してきたんだな、と喜ばしく思ったものです。
それで、コピーマンさんのこのご見解には、私は同意できません。なぜなら
ば、この本を読んだときに、生長の家の考え方、世界観が、雅宣氏の科学的、
論理的な記述スタイルによって、すっきりと整理された形で私の頭の中に、
入ってきたからです(笑)。とても、すり替えようとされているとは思えま
せんね。むしろ新鮮な刺激を与えられた思いがしたものです。
この本のはしがきにも書かれているように、氏は、この本は、論理的な思考
を好む人たちにとって入門書の役割を果たすだろうと述べており、この本を
読んで興味を覚えたら、生命の実相や他の生長の家の書を読むようにと薦め
ており、決して別なものに変えようとは考えておられることはない、と私は
断言します(笑)。

>彼は、理解出来ないものを切り捨て、小さな自分の頭で理解できる
>範囲の教えを造り出さなければ、今後自ら法を説くことはできない
>と思っているのでしょう。

どうも私はこの部分がよく理解できないのです。
私には、このご意見はコピーマンさんの独断的なもののように思えますし、
偏見に満ち満ちているように思えるのです(笑)。



285 :アクエリアン:03/08/16 21:06
>それは、単に、「資質」とか「能力」の問題ではありません。
>根本教義を理解できないものが、法燈を継ぐなどということは
>絶対にあり得ないことなのです。

もし雅宣氏が根本教義を理解していないのだとしたら、確かに問題だとは
思いますが、氏の「心でつくる世界」を読んだときに感じたことは、氏は
根本教義を間違いなく理解しておられるな、ということです。が、ここで
コピーマンさんが問題にしていることは、その氏の理解のレベルが、雅春
先生の悟りの境地を本当に心身全体で、魂の底から体験された程のものだ
ろうか、ただの知識だけのレベルではないのか、底の浅いものではないの
か、ということではないかと思うのですが(そうだとすれば「理解出来な
いものを切り捨て、小さな自分の頭で理解できる範囲の教えを造り出さな
ければ」というコピーマンさんの杞憂につながっていくのでしょうか)、
私は、雅宣氏の「今日のようにように、伝統的には宗教や哲学の領域に属し
ていた「心」や「神」や「宇宙の成り立ち」を説明する際、科学的知見が
どんどん取り入れられるようになると、宗教の側も、科学に無関心ではいる
わけにはいかなくなる。宗教が科学とどのように向き合うかの問題は、信仰者
にとっても避けて通れないものとなりつつある。本書は、その問題への一つ
の回答とも言えるだろう。」という言葉に氏の信仰者としての生き方が示さ
れていると思います。そういう宗教の教義を科学的に検証していこうとする
スタンスが、コピーマンさんには法を説く器にはあらず、という判断を下す
要因の一つとなったのでしょうが、私は、むしろ、氏のように共に真理を
謙虚に探求していこういうスタンスのほうが、断定型の説法口調よりも、現代
には受け入れられるのではないか、と思うのです。そこが私は雅宣氏を評価す
る理由の一つです。まあ、ここらたり、コピーマンさんとの根本的な考え方
の相違があるのかも知れません。



286 :286:03/08/16 23:45
『生長する青年』昭和二十七年十月号「霊の選士としての青年の使命」
谷口雅春著
『日本は大東亜民族の解放の旗幟(きし)をかかげて戦ったのである。そして日本は侵略国と
して色々の汚辱を蒙ったけれども、それは恰もキリストが十字架に釘(はりつけ)けられた
のと同じことである。「人を救いてみずからを救い得ざる者よ」と当時のユダヤ人は十字架
上のキリストを嘲笑したけれども、この汚辱ある刑罰の中に彼は全人類を解放したのである。
それと同じく、日本は「侵略国」と云う汚名の下に侮辱され、戦争犯罪人と称して裁判にか
けられ、上衣を奪われて十字架上にのぼったキリストのように領土の十分の四を奪われたけ
れども、その犠牲によって、東洋民族は自己の内部に、西欧民族と同様に尊ぶべき人権が、
尊ぶべき「神性」が宿っていることを自覚することを得たのである。それまでは多くの東洋
民族はみずからの無自覚によって自縄自縛していたために白色民族の支配下に土地はその植
民地となり、人間は奴隷の如き生活を送っていたのである。日本の蹶起(けっき)のために
多くの東洋民族は目覚めた。西洋民族と同じように彼らも神が平等に造った神の子であり、
「何でも出来るぞ」という自覚を得たのだ。かくて東洋民族は続々として白色民族の桎梏か
ら解放されて独立したのである。』

終戦後の神示 昭和二十年十一月二十七日未明神示
『キリストはわれの別名であるから、キリストを押し込めたのがいかぬのである。陸前の塩釜
神社でも香取鹿島の神を正面にして、塩釜の神をかたわらに押し込めてある。軍国主義の神
を正座に置いて、平和の神を別座に一段下におとしてあるのが今までの日本の姿であったの
である。このような状態では日本が負けたのも仕方がない。』

287 :286:03/08/16 23:46
谷口雅春著『新版 生活読本』90-91頁
日本が戦争に負けた理由には色々ありますが其のなかには工場の職工が月給が少ないと云って
ブツブツ心に不平を思いながら製品をつくったことです。そういう不平な心でつくった飛行機
は、たいてい、現地まで行くとガタガタになっていました。また、せっかく空中高く上がった
かと思うと空中分解(そらのうえでくだける)して乗っている兵たいもろとも海中につっこん
だりしました。
谷口雅春著『新版 生活読本』18頁
東京裁判でわかったところによりますと山本五十六元元帥でさえも「負ける」と思い「負ける」
とコトバで言っていたそうです。そして、日本人全体は「海行かば水づく屍、山ゆかば草むす
かばね」(海へ往ったら日本軍は負けて土左衛門になる、山で戦争したら死んで屍には草が生
える)と云っていました。そして、そのコトバを音楽と共に合唱して感情の底深く思っていた
のです。何と云うこれまでの日本人は愚かなことだったでしょう。コトバは万物をつくる。
国を潰すのも国を起すのも皆、人間の「思い」と「コトバ」の力です。今まで、国をつぶして
来た日本人は早く目を覚まして国を平和におこし、国民を生かす「思い」と「言葉」をつかわ
ねばなりません。


日本の敗戦がキリストの十字架に釘(はりつけ)けられたことと同じであるなら日本が十字架
にはりつけられた後で「日本が負けたのも仕方がない(本当は勝つはずだったのに…)」などと
日本勝利(日本が十字架にはりつけられないこと)に未練たらしいことを言ったりしないはず。

288 :名無しさん@3周年:03/08/17 00:05
日本に占領された当時の中国人の多くは今となっては日本人に感謝している
ってニュースでやってたよ。
でも、中国の若い人の多くは反日感情を持ってるんだって。


289 :age:03/08/17 00:36
>?お前何様だよ(大笑い)

俺は俺様です。以上。

287で紹介されているような谷口雅春の短絡的な唯心主義には本当に付き合いきれません。
ああいう小学生並の思想を信じ込んでいる人が何十万人もいるということ自体が驚きに値します。

それにアジア解放の大義名分があったとしても、それを戦争という手段で解決しようとした日本はやはり間違っていたのであり、
キリストの磔刑などに比べられるほどの次元の高い政策だったとは到底思われません。
今でいうテロでしょう、真珠湾攻撃というのは。
アジアの植民地化政策を進めるアメリカに対する抵抗として、
真珠湾攻撃や9/11攻撃のようなテロの方法を選択することは、
結局アメリカを逆ギレさせてアジアの一般市民の生命が奪われるだけ。
何が「霊の選士」ですか。イスラム過激派が自爆テロを「聖戦」と称するのと同じじゃありませんか?
谷口雅春は侵略戦争肯定論者にして唯心主義的オカルティスト。
本書きすぎ。
谷口雅春から利益を受けた人もたくさんいるだろうけど、だからといって、
彼を大聖師などに祀り上げるのではなく、ダメなところはダメとはっきり指摘していくことが、
僕らに課せられた使命だと思う。
雅宣さん、もっと立花隆的路線で激しく行ってくださいな。僕はあなたの客観主義的なところにはちょっとは期待してますよ。
生長の家が思想に破綻をきたして内部崩壊して行くのを気長に待っている者の一人として。


290 :ゴーマン君:03/08/17 02:48
コピーマンさん、よかったね。副総裁は、私たちの先の先に行っているので、私たちにはあんまし理解できなかったみたいだ。
生長の家は安泰だね。安心しました。必死になって「世界平和の祈り」を思念し続けた甲斐があったよ(笑)。
生命の実相にも菜食主義の事が書いてあったし、副総裁は、それをもっとグローバルに考えているんだと思う。
副総裁は生まれたときから生長の家の教育で育ってるから、私たちが、分からない事がどうして分からないのか、それが分から
ない事があるかもしれない。それで、講義も、分かりづらいんじゃないかな、と私は想像する。
だいたい、生長の家一色で育ってきて、唯神実相が分かってなかったら私たちには到底、唯神実相が理解出来ないと思う。
副総裁には、わからない人たちの気持をもっと分かってもらって、どんどん話方を勉強してほしいね。
わかる人に話すのは簡単だけど、分からない人に分かるように話すのは本当に難しい。でも、それが大切だ。

私が思うに、昨日悟った、と思ったことを、今日には捨て、明日には新しい悟りに至るものだと思う。
実相においては、私たちは、悟るも悟らぬもそのまま仏だけど、時間空間現象界にそれを見るとき
無限に悟る事になる。つまり、これを握れば一点となり、これを開けば無窮となる。
現象界は開かれた世界、無限に進歩し続ける。だから、自分の今の考えにだけに捉えられていたら苦しくなるよ。
日々是新生だ。悟った、と思ったら後30年は悟れぬ、と生長の家の本に書いてあったけど・・無限に悟れぬ(笑)。
というより、無限に新しく生まれ変わり続ける。だから、私は、もっともっと知りたい、真理を知り尽くしたい。
昨日より今日、今日より明日・・。無限に、尽きる事無く知る・・・。それが楽しい。

花は、枯れていると見える時、たくさんの種をつける。それは、もっとたくさんの花を咲かすため。
私たちが、種を枯らさず土に埋めて、毎日お水をやって、日光と風に当たれば、また、もっと
多くの花が咲くかもしれない。そんな風に生長の家もいっぱい咲くといいね。

291 :コピーマン:03/08/17 07:52

>>284 さんへ

>宗教の教義を科学的に検証していこうとするスタンス

これは、はっきり言って、雅宣一流の「ごまかし」というものです。
人は、バラの花を見て美しいと思うでしょう。これは、人の心の中にバラの
美しさがあるからである、と生命の実相のどこかに書いてありました。
このバラを美しいと感じるのは「感性」と言うものです。
では、先天的に感性が欠如した人間に、「バラについて語れ」と言えば、
彼はどうするでしょうか。
彼は、バラの美しさというものを語れないために、バラの花を科学的に分析した
結果とか、あるいは、バラを上手く育てるための環境問題とか、そういうことを
語って誤魔化して、時間をつぶさなければならないのです。

292 :コピーマン:03/08/17 07:55
人間の本質が神そのものであることを感じる心、これを「悟性」と言います。
悟性が欠如した人間に、「宗教について語れ」と言えば、彼は、そもそも、
神というもの自体が理解できないし、感じることもできないから、
環境問題とか平和とか国際問題とか、そういうことを語って、誤魔化さなければならないのです。
これが、「国際平和信仰運動」なるものの実相です。
そういう問題については、文献も沢山ありますから、適当に引用していれば、
たとえ神を全く理解できない人間でも、「講話」ができるからなのです。
相愛会誌8,9月号に載っている「無駄なものは一つもない」というのは、
その典型例です。こんなものを聞かされる人はたまらないでしょう。
冒頭に引用した彼の言葉は、まさに、そのための「ごまかしの言葉」なのです。

バラの美しさを科学的に証明できないように、人間神の子の真理も学的に証明
することは絶対にできません。
心で感じるしかないのです。聖経とか聖典というのは、そのためにあるのです。
彼は、そんな初歩的な事さえも分からないほどの「先天的な悟性欠如者」なのです。
そんな人間に宗教が語れるわけはありません。
そんな人間に法燈継承などできるわけがありません。
すべての信徒、職員は、雅宣の語る語ることを無視しなさい。
彼の語るものは、「真理」ではありません。
清超先生は、命あるうちに、もっと悟性の豊かな者を後継に指名してください。
うまくいったもので、奥さんの純子さんの方が、豊かな悟性に恵まれているように
見えます。
天皇でも女帝が議論されるくらいですから、総裁も女性でいいのではないでしょうか?
あるいは、弟子の中で、特に、悟性の優れた人物がいれば、それでもいいでしょう。
とにかく、雅宣だけは、絶対に不適格であることは断言できます。

293 :コピーマン:03/08/17 08:19
でも、ゴーマンさんって、いい人ですね。
宇治あたりで、ばったり会うと気が合いそうです。

294 :名無しさん@3周年:03/08/17 08:54
神と通じた右翼オカルティストよりも、神をエポケーする論理実証主義者の方が個人的には俺は好きだぜ。
というか、雅春があんまり電波系だったから、雅宣みたいな常識家に恵まれて、むしろ生長の家的にはバランスが取れて良かったんじゃないの?
右翼オカルト派と論理実証派に生長の家が分派して、内ゲバみたいなことになったら俺としては見てて面白いが、
生長の家シンパの皆さんはそんなことになって欲しくないでしょう?
だったら、292に負けずにもっと雅宣の肩を持ちましょうよ。

295 :>>2ちゃんねらーの皆さん:03/08/17 08:54
( ´Д`)/< 先生!!こんなのを見つけました。
http://www.hokekyoji.com/
http://www.yakuyoke.or.jp/
http://members.tripod.co.jp/hossyoji/index/
http://www.maap.com/tanjoh-ji/
http://www.honmonji.or.jp/
http://www.maap.com/tanjoh-ji/
http://www.kuonji.jp/
http://www.butsuzou.com/jiten/sanmen.html
http://www.butsuzou.com/list1/sanmen2.html
http://www.butsuzou.com/list1/sanmen3.html
http://www.butsuzou.com/keitai/sanmen-kz.html

296 :名無しさん@3周年:03/08/17 10:41
294さんの、ご意見は言いえて妙。だと思います。わたしもどちらかというと
論理的ではなく、「考えるのはめんどくさいからとりあえずやってみよう派」
なので実感は語りますが、旨く説明は出来ません。
雅春先生の著書を読んでそのまま理解できる人はそれはそれで確かに素晴らしい。
しかし、世の中にはコピーマンさんが言うところの「感性がない人」「悟性がない人」
もいますので、その視点から物事を説明して生活に生かすという方法もあり、だと思う。

雅宣先生本人に「感性」「悟性」が無いと言い切るのは早計で在りますから待ってみましょう。
祈りによって適材適所は実現されます。組織を守り、真理を継承していただくのも
いろんなかたのご尽力のおかげ。そのおかげで私達は行きたい時に練成会に行くことが出来、
読みたいときに聖典にふれることができるのです。
これからどうなっていくのか解りませんが、微力ながら応援していきたいと思っています。


297 :アクエリアン:03/08/17 13:25
雅宣氏に対するいろいろな方のご意見を読むことが出来て、非常に参考になります。
ここを読んでおられる方で、ご意見がある方、どしどし書き込んでいただければと
思います。

>>292
>バラの美しさを科学的に証明できないように、人間神の子の真理も学的に証明
>することは絶対にできません。
>心で感じるしかないのです。聖経とか聖典というのは、そのためにあるのです。
>彼は、そんな初歩的な事さえも分からないほどの「先天的な悟性欠如者」なのです。
>そんな人間に宗教が語れるわけはありません。
>そんな人間に法燈継承などできるわけがありません。

コピーマンさん、貴方のご意見はよくわかりましたが、
では、どうして、そういうコピーマンさんのいう法燈継承「不適格者」が、
副総裁という地位にいるのでしょうか。
これは、宗教団体の組織を運営していく上で、考えなければならない重要な
問題であると思いますが、生長の家が、総裁という地位(法脈)を、血脈で
決定するという方針をとっている以上、信徒の中には、コピーマンさんのような
、教団の最高指導者の選定に不満をもつ人も出てきて当然だとは思います。
が、これは、そういう血脈で教団の法燈継承者を選定するという教団の体質上、
仕方のないことではないですか。信徒の人たちの大部分が、納得できる総裁を選ぶ
というのは、ではどのようにすればいいのでしょうか。これはなかなかむずかしい
ように思います。認めるしかないのではないですか、教団という組織の中にいる
以上は。
現在、雅宣氏以上にふさわしい人がいるのか、私には分かりませんが、
雅宣氏のご著書を検討してみると、これからのグローバル化の趨勢の中で、
将来の生長の家にとって、適任の人という気がしますが・・・。

298 :名無しさん@3周年:03/08/17 14:00
ゴーマン君さんへ
実相の日本、現象の日本とそんなに日本があるわけがないんだ。
結論から言うと実相の日本も現象の日本も結局は同じなんだ。
じゃ、なぜ雅春先生は現象はない実相があると、現象と実相を区別したかだ。
別に区別したわけではなくて雅春先生は現象世界で起こる様々な事柄を現象はない、実相ががあると悟ったのです。
人に個性があると同じで、悟りも様々です。
私は、悟ったひとをたくさん知りません。
黒住宗忠さんも結論は同じです。
言葉の違いや、時代の違い、知識の違いによって悟りの言葉は色々です。
結局同じ日本をある人によっては、今現れている日本は実相の姿ではないのだから実相を顕現するためには生長の家の教えを広め
天皇を中心とする国家にしなければならない。
と言って運動している人もいます。
日本を何処から観ようが日本は今ここ我々が住んでいる地に存在しています。
その日本を良くするも、悪くするも、国民一人一人の行いにかかっているだけです。
ですから、物事を正しく観る力を国民一人一人が身につけて行かなければなりません。
「命」は、もっとも大切なものです。
私達は生かされているのです。
それは「命」の犠牲の上に活かされています。
何も食べ物ばかりではないのです。この日本だって先人の犠牲の上に今の我々が活かされています。
だから「ありがとう」以外言葉はないのです。


299 :コピーマン:03/08/17 14:20
「先天的な悟性欠如者」という言葉は、何か障害者のような表現であり、
あまり適当な表現ではないと思います。

人間の本質が神そのものであるという事実は、万人共通です。
従って、悟性のない人間は存在しません。
ただ、この世は、色んな人間が集まってバランスが取れるようになっており、
感性が非常に発達した人もいれば、知性が発達した人もおり、悟性が発達した
人もおり、体力や意志力が発達した人もいます。
「欠如」というのは、悟性が全くないということではなく、程度の問題です。
医者があまり感性が発達していても冷静な判断ができないかも知れませんし、
芸術家があまり知性が発達しても、自由な発想ができなくなるかも知れません。
警察官に体力や意志力がなくて、悟性ばかりあっても仕事にならないかも知れません。

そう言う意味では、雅春先生は、天才的な悟性をお持ちだったと思います。
私は、雅宣が何を言おうが、興味ないし、どうでも良いのです。
しかし、最近の彼の言動を側聞すると、彼は、雅春先生の教えを破壊し、
「新しい教え」なるものに全面的に造り変えようとしているように思われます。
だから、次の通り言ったのです。
>喩えて言えば、植木屋さんが、「季節が変わったから少し植木を
>剪定しましょう。」と言って、樹齢数百年の名木を根元から切って
>しまい、みすぼらしいプラスチックのまがい物の植木を代わりに
>植えるようなものなのです。
皆さんは、そのように感じられないですか?


300 :コピーマン:03/08/17 14:36
もっとはっきり本音を言えば、雅春先生の教えと全く異なる唯物的な教えを
説きたいなら、雅宣は、独立しなさいと言う事です。
誰も行かないと思いますが。
法燈を継承したと自称するなら、雅春先生の教えを破壊するな!ということです。


301 :名無しさん@3周年:03/08/17 14:41
コピーマンさんへ
貴方の言いたいことは良くわかります。
貴方ほど生長の家を愛しておられる方を私は多くを知りません。
貴方は生長の家を愛しているが為、憂い悲しんでおられます。
しかし、生長の家は組織です。
組織を維持して行くために慣例やら、前例やらが必要なのでしよう。
いわゆる官僚組織と同じですね。
生長の家の幹部の人たちに間違いがあるのでしょう。
生命の実相の真理を理解できないからです。


302 :コピーマン:03/08/17 14:49
生長の家には、「中心帰一」という根本的な教えがあります。
星々が太陽の回りを回っているように、基本的にトップの意向が
すべてなのです。
天皇制のように、「統合の象徴」になって、実権がなくなると
良いのですが、今の所、実権付きです。
だから、清超先生がお亡くなりになると、全くどうしようもなくなると
思います。
と思って、今の内に言っているのですが。

303 :名無しさん@3周年:03/08/17 16:15
ここの思想キモイね(^∀^)ゲラゲラ

304 :アクエリアン:03/08/17 19:10
雅宣氏の歴史認識について、かつて理想世界誌上で、古くからの誌友の方と論争されて
いたことがありました。

>彼は、理解出来ないものを切り捨て、小さな自分の頭で理解できる
>範囲の教えを造り出さなければ、今後自ら法を説くことはできない
>と思っているのでしょう。

というコピーマンさんのご意見を読んで、雅宣氏の歴史認識のことを思い浮かべまし
た。生長の家の特徴の一つとして、その愛国思想があったと思いますが、現在、
雅春先生の愛国図書が、かなり多く、絶版状態になっているとのことです。このことも、
雅宣氏批判派の怒りの原因の一つとなっているのでしょう。
このスレッドでは、生長の家の天皇信仰についての疑問、違和感が、かなりの多くの
方から寄せられていましたが、雅宣氏の歴史認識も、生長の家を民族主義的な団体
というイメージを消してしまいたい、という願いの上に、打ち立てられているように
思います(このことは今後の生長の家の世界への布教活動を考えれば賢明な選択だと
思っています)。私は、大東亜戦争は侵略戦争であったという雅宣氏の認識には違和感
を覚える人間ですが(それで理想世界誌上での論争を知ったときおやおや生長の家も変
わったなと思ったものです)、右翼的なイメージを払拭したいという雅宣氏のお考えも
分かる気がします。より多くの人に生長の家の人間神の子という教義を知って、学んで
もらうためにも、右翼的なイメージがあるため入り口で拒否されるということを避ける
ために、「方便」として、雅春先生の愛国図書の絶版という措置を採っておられるので
はとも思いますが(あまりにも、好意的に雅宣氏のお考えをとらえていると批判される
でしょうが)。




305 :コピーマン:03/08/17 19:23
最近、小林よしのりの「戦争論1〜3」を読んだら、
雅春先生とほとんど同じ考えなので驚きました。
やっぱり、雅春先生はすごいなと思いました。
雅宣氏は、まだアメリカの洗脳が解けてないようですね。
アメリカが「正義」の如く考えておられましたから。
やっぱり、雅宣は氏底が浅いなと思います。
最近は、アジアアフリカの独立のきっかけとなったとも
言い始めたみたいですが。
最近は、国旗とか君が代も歌わなくなったのではないですか。
あまり「日本」ということを言うな、という通達が出たとか聞きましたが。
雅宣氏は、本質的に唯物論で、反生長の家的思想のように思われます。

306 :名無しさん@3周年:03/08/17 20:21
305さん 何を持って唯物論と言っているの。
危ない軍国少年じゃないの。
小林もキチガイだけど、あんたも 危ないよ。

307 :アクエリアン:03/08/17 21:32
>雅宣氏は、まだアメリカの洗脳が解けてないようですね。
>アメリカが「正義」の如く考えておられましたから。

アメリカの洗脳と言えば、雅宣氏はコロンビア大学の大学院で国際関係論を
学ばれたのですね。私は、このときの留学体験が、生長の家の愛国思想と
一線を画すようになった契機になったように思うのですが、いかがでしょう
か。このときに、はじめて、世界基準で、日本の歴史を考えるようになった
のではないでしょうか。このときに、はじめて、自分の頭で、歴史というもの
を考えるようになったのではないだろうか。その思索の過程の結論の正否は
さておいて、私は、世界の人たちとの交流を通じて、ご自身の思想、考え方
というものを確立されたものと思う。

ところで、アメリカの洗脳といえば、かつて、三島由紀夫は、日本は緑色の
蛇の呪いにかかっている。この呪いから逃れる道はない、と謎の予言をして
いたそうですが(ヘンリー・ストークス著「三島由紀夫、死と真実」、諸君!
2003年2月号などに載っている)、この緑色の蛇の呪いを、ドル紙幣のこと
だと見ている人もいるが、アメリカの洗脳のことだと考えればどうでしょうか。
あるいは、東京裁判史観のマインドコントロールと考えることもできるし、
アメリカ製の占領憲法と考えることもできる。三島由紀夫は、日本の歴史伝統
文化を破壊した日本国憲法にからだをぶつけて死ぬ奴はいないかと檄を飛ばして
自決した。雅宣氏は三島由紀夫のいう緑色の蛇の呪いにかかっているのだろうか(笑)。


308 :コピーマン:03/08/17 21:59
雅宣の「世界は一つ」であり、「あまり、自分の国のことを考えずに、
世界の平和を考えろ」というのは、戦後民主主義教育で広く教えられてきた
考え方で、アメリカ留学とは関係ないのではないでしょうか。
多くの若い人の考え方であるという点で「常識」と言えば言えるかも
知れませんが。
でも、アメリカを含め、実際にそんなことを考えている国は、世界中どこにも
ないと思います。
戦後民主主義教育というのは、アメリカが、日本を恐れて、
国民から国家意識をなくしようとした洗脳政策の一環と聞いてますが。

309 :コピーマン:03/08/18 00:53
桜の花は、ただ、桜の花として、自分の事だけを考えて、
精一杯咲き誇れば良いのです。
精一杯美しく咲き誇ることが、ひいては、花園全体の利益となります。
梅も、チューリップも、蓮の花も、カーネーションも同じです。
自らの事のみを一生懸命生ききることが、自らの修業となり、また
、ひいては全体の利益となるのです。
桜の花に対して、自分のことばかり考えないで、花園全体の事を考えなさいと
言えば、かえって、美しい花を咲かせることができず、花園全体がダメになるでしょう。

確かに、あの世に帰れば、国家というものはありません。
しかし、この世にある限りは、生まれ出でた国家を愛して生きるのが、その国の国民の
使命であり、また、修業でもあると思います。


310 :コピーマン:03/08/18 00:55
明治維新の時に、多くの方が日本を思い、日本のために死んでいきました。
それは、それでよろしいのではないでしょうか。
なぜ、その時に、世界のことを考えなければならないのでしょうか。
国家という仕組みが変わっていない以上、それは、現代でも変わらないと思います。
国を愛する中で、平和ということも考えていけば良いのです。
日本だけが、自国の事を考えなくても、世界が平和になどなるはずがありません。



311 :コピーマン:03/08/18 00:56
「地域社会」も、「会社や団体」も、「家庭」も同じです。
自ら所属するものを愛し、一生懸命に尽くすべきものではないのですか。
雅宣氏は、自分の「家庭」のことばかり考えないで、日本全体の「家庭」の事を
考えろというのでしょうか。
また、生長の家の職員は、「生長の家」のことばかり考えないで、宗教団体全体のことを
考えろと言うのでしょうか。

雅宣氏の考えは、戦後の民主主義教育を、そのまま受け入れた考え方だと思いますが、
それは、日本を恐れ、日本人の国家意識を弱めようとして、アメリカが画策した
洗脳政策の一環だと思います。
そんな洗脳が、いまだに解けない人が組織の中心にいるということに驚きます。

彼は、「世界は一つ」という考えが、普遍的な現代の思想のように言っておりますが、
世界中を探して、そのような教育をして、そのように考えている国家が
どこかにあるでしょうか。
彼が、民主主義の国で善だと思っているアメリカだって、中国だって、ロシアだって
ヨーロッパ諸国だって、自国の利益しか考えていないはずです。
しかし、それはそれで良いのです。
国を思い、国のために全知をつくして貢献することが、その国の民の
今世の修業なのですから。

最近、「あまり、日本のことを言うな」という通達を出したと聞いております。
馬鹿げた話です。
本当〜〜に、心の底から、つまらない人だと思います。

312 :名無しさん@3周年:03/08/18 00:56
漢字の小テスト間違えた・・・・・
○ 成長 と書くべきところ
× 生長


313 :名無しさん@3周年:03/08/18 03:18
>最近、小林よしのりの「戦争論1〜3」を読んだら、
>雅春先生とほとんど同じ考えなので驚きました。

↑の事実は、いかに雅春が漫画チックな思想家であり、
小林が右翼的な漫画家であるかを証明していると捉えるのが正気の人間のする判断じゃないの?

おおい、皆、もっと雅宣を擁護しようぜ!
腐敗した生長の家を正常化しようとしてくれている良心の内部告発者、知識人雅宣さんだぜ。
誰か援護射撃してくれ!俺は煽るだけのことしかできない。
いっそのこと生長の家も雅春主義の原理派と雅宣主義の改革派に分派しちまえばいいんだよ。

314 :名無しさん@3周年:03/08/18 08:24
patriotism を『愛国心』と訳しているが、本来の意味は『郷土愛』。
郷土を国家とすりかえたところに日本の愛国心の問題がある。

315 :名無しさん@3周年:03/08/18 12:32
314さん その通り良いこというねえ。
付け加えれば、日本の愛国心て、愛政府心、もしくは、愛権力心なんだよ。
故郷を愛する気持ちを、自分たち政府を擁護するための、刷り込みなんだよ。
ごまかしのために、血族の象徴である、天皇を利用している訳だ。
天皇さんも大変だ。もう一度 日本政府の犠牲になるのかな?

316 :197:03/08/18 14:03
>>274さん
こちらこそ、ありがとうございました。
>”自分を好きになること””自分のいいところを自分の為に探してあげること”です。
なるほど!!そうですよね。
私は凄い泣き虫で、初対面の人に自分から喋れなくて、プライドが高いのかなー??
どうして人と上手く付き合えないんだろう・・・。とその事ばかり考えていました。
考えてみたら、友達もいるし、趣味もあるし、いろいろといい所が見つかるかもしれない。
今の私には、ちょっと難しいですけど、やってみます!!
有難うございました。

317 :ゴーマン君:03/08/18 15:00
コピーマンさん
皆さん、すッげー頑張ってますねー。ビックリしました。
私は、生長の家が分裂するなんて正直嫌です・・・。はじめ、私は谷口雅春氏の本しか読んだ事なかったんですが、コピーマンさ
んの意見を聞いて、雅宣氏はどうなの?!と思って雅宣氏の本を読んでみたのです。コピーマンさんの意見を受けて読むとそんな
気もするし、私としては、うーむ、>>283さんの言うとおり、神のみぞ知る・・・といった感じです。何が正しいか、今の時代に何が
必要なのか、それは結果からしか判断できません。私は、いろんな意見の人がいて、それはそれでいいと思います。コピーマンさ
んはコピーマンさんの考えでそのまま生かされるし、雅宣氏は雅宣氏の考えそのままで生かされる。人それぞれ役割があるのでし
ょう。見た目は、分かれている様に見えても、生長の家は「家」なんですから。家族が皆家事ばかりやっていても成り立たないし、
外で働いてばかりいても成り立たない。家事をする人、仕事をしてお金を稼ぐ人、それぞれがいて、家族団欒が出来る。どちらが
正しくて間違ってると言うんでなく、生かしあっているんだと思います。
あ、たしか、本部講師の人とかでも雅春氏の後を継ぐ気持でやってくれ、みたいな事が生命の実相に書いてなかったっけ??
じゃ、別に適任の人が継げばいいんじゃないかな。でもそれを決めるのは神様だからなー(笑)。
やっぱ、神のみぞ知る・・・。私は、ただ、神様を信じて生きていこう、と思います。
宇治練成は、子供の頃に、よく連れていってもらいました。懐かしいです。
私は講義にはあまり出ず林でボーっと鯉を見ていましたが(笑)。
もっとしっかり受けとけばよかった・・・。

>>298さん
うーむ(笑)。同意。

318 :名無しさん@3周年:03/08/18 18:24
ゴーマン君さんもコピーマンさんも名無しさん@3周年さんたちもみんな生長の家が好きなんだ。
だから俺はこう思うよ、私はこう思うよと、意見やら持論やら、現象やら、実相やらと
言葉が飛び交うんだね。
本当のところこれらの意見や発表を生長の家の幹部の方々はどう捉えるのでしょうね。
これらのスレッドを単に生長の家の批判と捉えてしまっては、生長の家の発展どころか信者の数は
さらに減り続けて行くことでしょう。
よほど心して行かねばなりません。
祝詞にありますよね、恐ろしい恐ろしいと書いて「かしこみかしこみまうす」。

319 :コピーマン:03/08/18 19:05
「畏れ」だから、少しニュアンスが違うんでねぇ〜か?

ちなみに私が、「コピーマン」と名乗ったのは、最初に、
次の掲示板での発言をコピーしたので、思い付きで、
そう名乗っただけです。

「しゃべり場@21世紀生長の家研究会」
http://www.tram-stopper.com/friend/bbs.cgi?masaharu

他人の投稿も少しコピーしました。
管理人さんのは、少し電波風なので、コピーしてませんが。(ハハハ)
でも、自由に発言できる場があるということは、有難いことです。

320 :アクエリアン:03/08/18 20:57
>ちなみに私が、「コピーマン」と名乗ったのは、最初に、
>次の掲示板での発言をコピーしたので、思い付きで、
>そう名乗っただけです。

>「しゃべり場@21世紀生長の家研究会」
>http://www.tram-stopper.com/friend/bbs.cgi?masaharu

コピーマンさん(一信徒さん)、素晴らしい掲示板ですね。
いやー、勉強になりますし、刺激を受けますね(笑)。
こんなに面白い、生長の家関連の掲示板があったとは!!
日頃から、これだけインターネットが普及した時代にあっては、
生長の家の布教活動も、もっともっとネットの重要性、影響力の強さを
認識して、やっていかなければならないのではないかと、生長の家の
窮屈な、まじめすぎるネット活動を不満に思っていただけに、こういう
自由に物を言える掲示板があることにショックを受けました(笑)。
本当に、こういう自由な雰囲気のところで、生長の家について、自由に、
思い切った、本音のやりとりを、いろんな人にやってもらいたいです。
そうすれば、もっともっと生長の家の活動も活性化されてくるのではないか
なと思っています。


321 :コピーマン:03/08/18 23:40
ははは。(^O^)
面白いと言えば、本当に面白い掲示板です。
自由に、しかも、長文が書けるのが良いです。
ただし、管理人が気に入らないと削除されるみたいですが。(^O^)
ネット時代は、一人一人が、情報を発信できますから、宗教家は、非常に
やりにくくなるでしょう。
「悪事千里を走る」ということわざがありますが、本当に、一瞬の内に、
情報が全世界を走り回りますから。
ネットは、今後、世の中の仕組みを根本から変えてしまうような気がします。

322 :名無しさん@3周年:03/08/19 12:46
国を愛するとか、もちろん郷土でもいいのですがそれらを愛するというとひとくくりに
右翼と言われてしまう。言うことそのものがタブーとなっている状況はたしかにあります。
そこで、雅宣先生の考え方が現代では常識的と言われる訳ですが。
かえって、コピーマンさんの直球が、新鮮にも感じられます。
もちろん戦前の政治的に利用された思想に再び陥らないように、配慮を怠らず良いものは
良いものとしてきちんと認識する為に、国を愛する話題もあっていいと思う。

義務を置き去りにして権利を主張する。
個人主義個人主義で、隣の人の顔も知らない。
これが現代の当たり前だけれど、実はたくさんのもっといいものを知らずに
育っているんだよね。
隣のおばあちゃんにちょっと声をかけたら済むところを、税金を払って行政
まかせ。もちろん行政の助けも必要だけど、声をかけたり、笑顔を向けたり
・・・ウザイだけかな。その温かさ、知らずに育っているんだよね。

323 :名無しさん@3周年:03/08/19 12:50
197さん、楽しみだね。世界にひとつだけの花のようにどんな花が
咲くのか。

324 :ゴーマン君:03/08/19 13:16
「しゃべり場@21世紀生長の家研究会」
http://www.tram-stopper.com/friend/bbs.cgi?masaharu
なかなかいいですね!!

>>189さん
岩波文庫の「ブッダのことば――スッタニパータ――」中村元訳を少し読みました。
え?これ聖書?と思ってしまったのは私だけだろうか・・・。
はじめ、第五章の彼岸に至る道の章を読んでみたんですけど、キリスト?とか思って。
私は仏教もキリスト教も同じという事が事実として分かったので、萬教帰一を説く生長の家は
間違っていないな、と納得。
しかし、どこをどうなって違いが出来ちゃったんだろう・・・。不思議です。

325 :名無しさん@3周年:03/08/19 14:22
サンスクリットが読めて 漢訳が理解出来る学者は、日本には
中村元ぐらいかいないわけです。
ですから、サンスクリットを似た言語構造をもつ、ヨーロッパの学者には、どうしても
かなわないわけです。仏教も白人のほうが、理解が深いわけです。
で、ヨーロッパの学者は、虚無思想と定義したわけで、聖書とは、違います。
しっかり読むことですな。わたしも中村の500円の本を読みましたが、聖書
と、とても同じではありません。個人差ってあるんですね。

326 :名無しさん@3周年:03/08/19 14:27
前のスレッドでキュウブラロスが、あの世を否定したという、嘘読み
がありました。それは全くのデタラメです。
母が死ぬとき、いちど否認して死を受け入れれなかったわけです。
その後、母が愛を与えるだけでなく、愛を受け入れるレッスンをしている
ことに気づき、死も死後の世界を受け入れるのです。
ロスが、あの世を否定したと言うデマスレッド、悪意であります。

327 :名無しさん@3周年:03/08/19 14:47
>愛を受け入れるレッスン・・・
わかります!キュウブラロスについては無知でしてお許しください。
その当事者になってみてはじめてその意味を解るのかもしれませんが
本当に、貴重な体験をさせてもらいました。
身を引き裂くような思いをして、その事実を受け入れられるようになったとき
本当の感謝を知ることができました。この15年は無駄ではなかった。

328 :名無しさん@3周年:03/08/19 16:20
ゴーマン君さん
>どこをどうなって違いが出来ちゃったんだろう・・・
よろしかったら参考意見として頭の片隅にどうぞ。

「・・・これらの仏像は、4世紀ごろのグプタ王朝期になると質量ともに
最高潮に達したが、その後インドではイスラーム教徒の侵入による宗教弾圧
によって13世紀以降急速に衰えるようになった。
ところが、仏教はそのころすでにインドから、一方では南下してセイロン
(スリランカ)やビルマに、他方では北上してアフガニスタンを経て中国
西域地方へ伝わっていった。南下した仏教は上座部仏教といわれ、釈迦の
教えを改変することなく忠実に守ろうとする人々によって伝えられ、比丘
(黄衣をまとった僧)を中心としたその教団は今日に至るまで、釈迦を唯一
の先師としてあがめ、仏像いえば釈迦像のみをまつっている。
他方、北上した仏教は大乗仏教といい、かたちにとらわれることなく教えを
自由に解釈しようとする人々によって伝えられ、僧俗一体で行く先々の風習に
適応しながらその教団を拡大発展させていった。もちろんそうしたありかたに
対しては、正当性を主張する伝統的な教団からは異端視されたが、黄衣1枚
まとっただけの戒律生活が事実上不可能な北方の寒冷地にあっては、伝統的な
形式にとらわれるよりも、釈迦のいわんとする教えに直参し、その心を心とする
生き方をとらざるをえなかったといえよう。・・・・」
            「日本の仏様を知る事典」松なみ弘道・日本文芸社

329 :名無しさん@3周年:03/08/19 18:42
仏教とキリスト教、どこをどうなって違いが出来ちゃったんだろうって言ったって、
もともと成立年代も発展地域も根本命題も思想史も全然違うんだから、
どうして仏教とキリスト教が同じと考えられるのか、そっちの方を聞きたいよ。
同じところはそりゃ探せばあるでしょ。敵みたいな奴でも怨むな愛せとか。
宗教なんだから思いやりの大切さや病苦の克服を説く点では同じようなことを言ってるのがたくさんあるのは当然。
だからといって仏教とキリスト教は同じだなんていう主張は成り立たないよ。
頭を万教帰一思想に洗脳された状態で、仏典やバイブルを読んでも、
万教帰一の考え方に都合のいいように、同じようなものとしか受け取れないんじゃないの。
そういう状態では、もうどんな宗教書を読んでも、あなたはそれらを結局は生長の家としか受け取る事ができない。
つまり、生長の家というマトリックスから逃れられずに現実の殻を突き破れないでしょう。
現実はあなたの考えているようなものではないですよ。
マトリックスの中の方が幸せだから、というならお好きなようにしててください。

330 :訂正:03/08/19 18:51
>マトリックスから逃れられずに現実の殻を突き破れないでしょう。
→マトリックスから逃れられずに非現実の殻を突き破れないでしょう。

それとね、世界の大宗教は、どれも思想史的には分裂の過程がとても重要です。
生物だって細胞分裂で成長していくんですから、分裂しないままでは単細胞なままなわけ。
だから生長の家が今後雅春原理主義と雅宣改革派に分裂するのは、生長の家史上特筆すべき大事件なのではないですか。
利害関係にない第三者から見れば、教団が分裂することは必ずしも後退のしるしとは限らないから、多くの人が宗教学的関心を寄せるでしょう。
ちなみに僕は生長の家が大嫌いだから、ささやかな抵抗として2ちゃんねるに書き込んでます。

331 :名無しさん@3周年:03/08/19 20:15
>>322 本来的な緊密なコミュニティがあるところでは、新興宗教に入ることは犯してはならないタブー。
共同体崩壊こそに新興宗教の勢力拡大のきっかけがあったのだから、コミュニティを肯定すれば
新興宗教自体が崩壊するのですよ。

332 :アクエリアン:03/08/19 21:17
>>329 :名無しさん@3周年
>仏教とキリスト教、どこをどうなって違いが出来ちゃったんだろうって言ったって、
>もともと成立年代も発展地域も根本命題も思想史も全然違うんだから、
>どうして仏教とキリスト教が同じと考えられるのか、そっちの方を聞きたいよ。
>同じところはそりゃ探せばあるでしょ。敵みたいな奴でも怨むな愛せとか。
>宗教なんだから思いやりの大切さや病苦の克服を説く点では同じようなことを言ってる
>のがたくさんあるのは当然。
>だからといって仏教とキリスト教は同じだなんていう主張は成り立たないよ。

キリスト教と仏教との対話の本などを読むと、こういう問題を考えるのに参考に
なると思いますので、ご紹介させてもらいます。
チベット仏教の指導者ダライラマ法王とクライスト・ザ・キング修道院の修道士
ローレンス・フリーマン神父が、ロンドンのジョン・メイン・セミナーで、それぞれ
自分の宗教や相手の宗教について語り合った内容の本です。
「ダライラマ、イエスを語る」(角川書店)という本です。
この本を読むと、キリスト教の教えと仏教の教えには似ているものが多くあるなと
いうことが分かりますが、世界観についての根本的な相違点も分かってきます。
まあ、こういう宗教についての基本的な知識を持っておくことも、生長の家の万教帰一
の教えをより深く理解していくために、有益なことではないかなと思います。
ご興味のある方はぜひご一読を。


333 :素人:03/08/19 22:39
万教帰一って、各宗教の良いところをこだわりなく受け入れようってこと
なのかなあ。

334 :名無しさん@3周年:03/08/20 01:10
>>333
違います。
正解は人間は皆神の子であると言うことです。


335 :名無しさん@3周年:03/08/20 02:06
>>334
じゃあ万教帰一は絶対普遍の真理でないことはますます明らかだってことだな。
人間は神の子であるということを究極の真理として立てない宗教もあるからな。
宇宙の創造主を認めない宗教もある。例えば仏教。
仏教には、「人間神の子」とか「創造主のつくりたまいし完全なる世界」なんていう思想は当てはまらないよ。
仏教を生長の家的に解釈されても、迷惑になりこそすれ、仏教を超えたなんてことにはならないよ。
仏教は仏教よ。
アクエリアンさんの挙げた本でも読んで、万教帰一の教えの無効性を自分の目で確かめてみるのが一番だね。

336 :名無しさん@3周年:03/08/20 02:13
「人間はみな神の子である」という思想でもって、
全ての宗教を割り切ろうとすること自体が、
そもそも無理なんだよ。
割り切る方は気持ちがいいかもしれないが、
割り切られる方は迷惑なんだよ。
違いを理解してこそ、相手を理解し、和解し合う可能性もそこに生まれる。
考えてごらん。
自分と相手の違いを無視して
「君と僕は本来一体同士なんだ、だから友達だ、兄弟なんだ」なんていきなり迫られてきたら、
その方が気持ち悪いし、かえって相手から突き放されるよ。
だから万教帰一思想ってのは、同性愛と同じようにマイナーで、
ストーカーと同じように犯罪的なんだ。
そのことにそろそろ気付くべきだね。

337 :名無しさん@3周年:03/08/20 02:16
神の子と肉体人間を一緒にしちゃいかんよ。


338 :ゴーマン君:03/08/20 02:38
マトリックス・・・。そう言われてみれば、そうかもしれませんね。映画マトリックスは聖書を文字って作られてますから。けど
神が人になってます。「はじめに人ありき・・・」(アニマトリックス)。そして、何故か、神はキリストではなく仏の姿です。
真理を勉強しながら映画を見ると、凄く面白いですよね。最近は「ザ ソプラノズ」が面白かった。あ、これは、ドラマだけど。
私、マトリックスの中にいるのかしら??じゃ、目覚めそうになったら、記憶消されるのかな・・・(笑)。頭に穴空けられる
し・・・。萬教帰一がマトリックスなのか、そうでないのがマトリックスなのか、神のみぞ知る所です。

339 :名無しさん@3周年:03/08/20 04:52
「肉体人間」ってなんか変な言葉だと思わない?
人間に肉体があるのは当然じゃないか。
肉体のない人間はすでに人間ではないじゃないか。
「肉体人間」って言い方は、まるで「機械人間」とか、「妖怪人間」とか、
特殊な人間を指して言うかのようなものいいだな。
人間は肉体を備えていて当然でしょう。人間なんだから。
人間に肉体があることが罪だとでもいうのですか?
だとしたら、差別的な表現だな、「肉体人間」というのは。
これは、考え直した方がいい。

340 :名無しさん@3周年:03/08/20 09:22
「日本は大東亜民族の解放の旗幟(きし)をかかげて戦ったのである。そして
日本は侵略国として色々の汚辱を蒙ったけれども、それは恰もキリストが十字
架に釘(はりつけ)けられたのと同じことである。「人を救いてみずからを救
い得ざる者よ」と当時のユダヤ人は十字架上のキリストを嘲笑したけれども、
この汚辱ある刑罰の中に彼は全人類を解放したのである。それと同じく、日本
は「侵略国」と云う汚名の下に侮辱され、戦争犯罪人と称して裁判にかけられ
、上衣を奪われて十字架上にのぼったキリストのように領土の十分の四を奪わ
れたけれども、その犠牲によって、東洋民族は自己の内部に、西欧民族と同様
に尊ぶべき人権が、尊ぶべき「神性」が宿っていることを自覚することを得た
のである。それまでは多くの東洋民族はみずからの無自覚によって自縄自縛し
ていたために白色民族の支配下に土地はその植民地となり、人間は奴隷の如き
生活を送っていたのである。日本の蹶起(けっき)のために多くの東洋民族は
目覚めた。西洋民族と同じように彼らも神が平等に造った神の子であり、「何
でも出来るぞ」という自覚を得たのだ。かくて東洋民族は続々として白色民族
の桎梏から解放されて独立したのである。 」


???


341 :名無しさん@3周年:03/08/20 09:48
独立運動するならガンジーみたいに非暴力主義でやれよな。
パールハーバーや9/11みたいなことをしているかぎり、
アメリカを逆ギレさせて、罪のない市民を巻き添えにするだけだ。

342 :ゴーマン君:03/08/20 11:30
私は、今まで生命の実相やら、その他諸々の生長の家の本を読んできたが、それは単に、「人間神の子」ならばこうなるだろう、「煩悩
無し」「肉体なし」「現象なし」ならばこういう結論が出る、という具合に、頭の中だけで真理を推理して来たに過ぎない。例えるなら
ば、科学者が「水素2と酸素1の割合で化合させると水になる」「物質が酸素と化合する時、熱・光を伴い燃焼する」などと、頭の中で
法則を推理していたに過ぎない。今度はそれを実験する段階に移ったわけである。つまり生活に応用する。
私はまず、「煩悩の否定」をしてみる事にした。
何かに対して欲を感じる時、「欲なし」と思ってみた。しかし、全く効果なし、と言うより逆に欲に取り付かれてしまった。
そこで次に、何かに対して欲を感じる時、「欲あるままでよし」とおもってみた。しかし、これでは、欲のまま、何の変化も無く、欲に
苦しめらる状態から抜け出す事は出来ない。これも、効果なしである。
次に、何かに対して欲を感じる時、「欲ありながら、欲なし」と思ってみた。すると、欲ありのまま、私の心は平らになり、欲ありなが
らにして、欲に捉われず、そのまま平和な面持ちでいられることになった。
つまり、この実験から結論を導き出すと、こうなるのではないか。
何かに対して自分にとって不都合な欲を感じる時に、欲を消そうと思い、否定してみる。しかし、この場合、欲と欲に捉われたくない心
が対立しどちらも存在し続ける事になる。そこで、次に、何かに対して欲を感じる時に、欲を消そうと思い、欲を肯定し受け入れてみる
。が、受け入れただけでは、全く欲は消える事無く、しかも、欲を消したい心と衝突する。

343 :ゴーマン君:03/08/20 11:31
最後に、何かに対して欲を感じる時、
まず欲を肯定し、受け入れ、そして、欲なしと知る。つまり、欲を消そうとする心の働きと、欲が対立せず、中間を見ることになる。肯定と否
定その中間において、欲ありながら、欲を消そうという気持が無くなり、欲あるそのままで欲から心が離れる。そして、心は欲に捉われ
ず、平らになる。「欲ありながら、欲なしを知る」。
聖経続々「甘露の法雨」において、・・・
若し汝の心にて恐怖を滅せんと努力して、而も恐怖を滅することを得ざるときには、恐怖を捨てんとする努力をさえ止め、唯そのままで
であれ、ただ実相(そのまま)であれ。如何なる恐怖も「生命」の実相(そのまま)の中には存在せざるなり。無き恐怖を滅せんとする
必要も亦あらざるなり。汝は汝の「生命」の実相(そのまま)で宜しきなり。恐怖しながら、そのまま恐怖本来無きなり。そのままに真
に委(まか)せ切るとき、実相なる神は一切の恐怖を拭い去り給わん。・・・
と、あるのが、それである。どうやら、この「そのまま」というのは、いろいろ応用がききそうだ。
「迷いありながらにして、迷いなしと知る」「悩みありながらにして、悩みなしを知る」「病気ありながらにして、病気無しを知る」
「病念にとらわれながら、病念にとらわれる心なしと知る」「煩悩に捉われながら、煩悩なしを知る」・・・。
ここで、重要なのは、実際、心の迷いを消そうと努力せず、ただ、ありながら無し、と思う事である。心の力みをとりさり、心が平らに
なる事を目的としているため、実際には問題は解決する事は無いかもしれない。しかし、大切なのは、心の平和である。
心が平和でなければ、正しい判断する事は出来ないだろう。「そのまま」になった時、よいアイデアがひとりでに浮かんでくるだろうと
思うのである。たぶん(笑)。

344 ::03/08/20 12:34
↑ 森田療法に似ている? おおいに参考になったよ。

345 :268:03/08/20 13:29
ゴーマン君さんへ
貴方はどういう人なのか一度お会いして、その思いをじっくり聞きたいものだ。
と思います。
>ありながらなしを知る
これは一つの悟りですね。
本来ないのだけれども、自分自身が造り出している訳ですからそこにある状態になっているわけです。
じゃ、なぜないモノが造り出されるか。
無から有を生み出す物理学的理論は存在しませんが、有の極限値は無です。
ですから無からすべて生み出されてきています。
これは理論ではなく事実なのです。
この世の模様、出来事、すべてが心の思惑によって出来ているのです。
本来ないのだけれども造られている。訳ですよ。
「ない」というとあるものにとらわれて「ない」が悟れません。
「ある」ものは「ない」もあるものにとらわれて悟れません。
逆転の発想ですね。
これは「智慧」ですよ。「智慧」なかずんば「智慧」語る事なかれ、とはよく言ったものです。
ここが解らないモノですから、生長の家の人たちは、罪はないと言いながら人の悪口を言っているのです。
肉体はない言いながらコレステロールの多い食事をしています。
ゴーマン君さんの様に「欲がありながら、欲なしを知る」をしらねばなりません。
実に奥深いですよ。

346 :名無しさん@3周年:03/08/20 15:57
わたしも難しい話になるとついていけなくなっちゃうけど、まず入り口は
>>331の考えからでいいんじゃないかな。
食わず嫌いや思い込みっていうものを知らず知らずもっているからね。
まず、自分の口で味わってみるというのも大切。
ゴーマン君さんの実験や実感の意味は大きいと思います。
わたしはまだまだだけど、わたしの歩幅で歩いていきたいと思います。

347 :名無しさん@3周年:03/08/20 16:52
336さん 良いコメントです。
でも後半の同性愛のたとえは、良くないよ。
カトリックでも教義では否定している。でも同性愛を勧めないと言うことであって、
同性愛のひとにも愛を持って、接するべきなんです。
神様のいたずらか? 医学的にもどうして同姓を好きになるか、解析されはじめた。
どうも、個人の責任というより、趣味の問題でしょう。精神かのほんでも、同性愛
は、病気から外されていますよ。
336さんの、言いたいことには賛成です。

348 :名無しさん@3周年:03/08/20 16:56
344さん 森田とは、全然ちがうよ。
森田は事実唯真と言っていました。事実だけが正しい。
性欲が有るのに無いは事実を無視しています。もう少し勉強してください。

349 :中央線DX快速:03/08/20 17:00
宗教被害は、後をたたないようですね。信ずる物は救われる。
嘘なのか、分からなくなります。

350 :名無しさん@3周年:03/08/20 18:13
実相顕現した人っているんですか。
実相顕現した人っているんですか。
実相顕現した人っているんですか。
実相顕現した人っているんですか。

351 :名無しさん@3周年:03/08/20 19:50
>>350
意味がわかりません。


352 :名無しさん@3周年:03/08/20 20:24
神想観で実相顕現という証が出た人はいるのですか、という意味でしょう。

353 :名無しさん@3周年:03/08/20 20:38
350さん、352さん、実相を感じた。という答えでもいいでしょうか。

354 :名無しさん@3周年:03/08/20 21:34
顕現するとは、形に現れた姿ですね。
つまり、これが実相かどうかの判定が必要となります。
でも形に、現れたものは、すでに現象となっています。
現象は無いとなれば、判断のしようがない。ここに教義の矛盾があります。
つまり、なにが実相かのはんていも出来ない宗教になっています。
神想観すれ分かると詭弁をつかいますが、本当のところ、誰も分からないと思い
ますよ。

355 :名無しさん@3周年:03/08/20 21:36
実相顕現自体 判定不能と言うことですね。

356 :名無しさん@3周年:03/08/20 21:45
今月の白鳩にマザーテレサの特集があり、訳者がマーザーよりお守りをもらったと
写真つきで説明しています。嘘もええかげんにしなさい。
あきらかに写真は、ロザリオを指しています。あれは、お守りじゃありません。
教文社の編集者は、チェックしているのか?非常識にも程がある。
そんな、馬鹿知識で萬教帰一なんて、よく言うよ。宗教的無知を改めてください。

357 :名無しさん@3周年:03/08/20 21:52
實相は見る物ではなく観るものなり
感じる物ではなく観ずるものなり
これを間違えるもの多し。
五感の世界で見える物は実在にあらず影なり
実相顕現とは証す物にあらず進み行く道なり無限生長の道なり
五感から一歩も出ること出来ぬものあわれなり。

358 :名無しさん@3周年:03/08/20 21:54
>>じゃ、なぜないモノが造り出されるか。
無から有を生み出す物理学的理論は存在しませんが、有の極限値は無です。
ですから無からすべて生み出されてきています。
これは理論ではなく事実なのです。

↑の考え方は生長の家とも違うし、仏教の考えとも違うんじゃないの?
無から有が生じるって考え方は生長の家でも仏教でも、
どちらかといえば否定的なんじゃないかな。

というか俺もうこのスレ飽きた。
さいなら。


359 :名無しさん@3周年:03/08/20 22:00
教えられたとおりの知識から人を裁くもの哀れなり
受けたる者のこころしだいで、針で縫いたる布も守りになれり
ましてや祈りの籠りたるロザリオ、うけたるものの守りとなれり。

360 :名無しさん@3周年:03/08/21 10:56
359おまえ 病気ちがうか?
見てもらえ。

361 :名無しさん@3周年:03/08/21 11:01
358さんみたいな、まともな人が去る。
惜しいですが、唯事実であれば、証明しなくては、いけません。
これは、事実でなく、リアリティですね。
日本語自体 正確性の無い言語ですから、ある程度はしかたないとしても、
正確に使って欲しい。359の馬鹿には、屁理屈に聞こえるでしょうが、
馬鹿の集まりが、○の家なんでしょうかね。

362 :名無しさん@3周年:03/08/21 11:03
心ある人は、去っていくんだね。

363 :名無しさん@3周年:03/08/21 11:08
○の家って、間違い指摘されても、誤魔化す。
素直なこころを説くわりには、自分にええかげんじゃない。
神の子って、そんな大切なことですか?
創価学会でも、人は仏子といっています。悉く仏性ありとね。
創価と○の家って同じ宗教なの?

364 :名無しさん@3周年:03/08/21 11:10
日本の宗教は、だいたい性善説だから、どこも言っていますよ。
生長の家の神の子は、何処がちがうの?

365 :名無しさん@3周年:03/08/21 11:20
>實相は見る物ではなく観るものなり
感じる物ではなく観ずるものなり

神想観をしたら現象が改善されなければおかしいですよね、実相そのままに
ならないとしても。

改善された人はいるんですか。


366 :名無しさん@3周年:03/08/21 15:37
329さん、336さん、
多少頭がいいとか悪いとか、その時代背景とかの違いはあるかもしれないけれど、
人間が考えること感じることはそうは違わないと思う。
嬉しかったら笑うし、悲しかったら泣くし。
そう思って、自分をキリストや釈迦に重ねてみて考える。まるっきり同じ人間では
ないから、同じ境地には至れないのは事実だけど、多少その感覚を想像してみる事は
できる。
身近な人に対してもそうだよ。相手が何を考えているか、完全に知ることは出来ないけれど
相手を自分に重ねて考えてみて、相手の喜ぶことを想像してみたり・・・・
一体であるのか、異質なものであるのかは、そんな模索から始まっていいんだよ。
心が通じ合ったり、響きあったりというのは、理屈で説明しなくても感じるものでしょ。

367 :322:03/08/21 15:52
331さん、そうですね。
誰に教わるものでなく、皆が自然にそういう気持ちを持てたなら宗教はいりませんね。
宗教に縁がなくてもそういう気持ちを大切にして生きている人はたくさんいます。
そういう気持ちが大切なんです。>>364さん、生長の家の性善説も結局は同じですよ。
スーパーマン養成所ではありません。本質を大切にして、自然と結果が現れる。
それだけのことです。
○○教の○○さんに教わる知識よりも、人類がもともと持っているそういう遺伝子に
注目してみる、自分の目で探してみるというのも大切ですね。

368 :名無しさん@3周年:03/08/21 15:59
http://www.takamin.com/oekakichat/user/oekakichat3dev.php?userid=mitaka2


ハゲの人たちが集まり、討論するハゲお絵かきチャット。
皆さんでハゲについて勉強しませんか?

369 :322:03/08/21 16:18
365さん、私の親が生長の家をかじっていて、よく子供の頃に言われました。
「神の子のくせに、コノくらいのことも出来ないのか。」
「神の子なのにどうして病気になるんだ。」

私を見て、生長の家の全てを判断されるのは無茶じゃないかい???
私自身も、自分の未熟な姿を見て<これが私の変えようのない現実>とは
思いたくありません。
実相が現れるというのが具体的にどういうものなのかは解らなくても、ナイ
と決め付けるのと、アルかもと思うのではちょっと違ってくるでしょ。

そして10年生き、20年生きていくうちに、少しずつでも宝物を発見していく。
その喜びを実相の姿、神の祝福と言ってはいけないだろうか。
生長の家を知っている人だけの特権と言っているのではありません。
人間は、宗教を知ろうが知るまいが同じ本質をもっているのです。どの人も
同じように愛されているのです。
違いは、善なる可能性を信じたか信じないかによっているのだと思う。
信じないことによって自分の可能性に自分で蓋をしているのだと思う。


370 :名無しさん@3周年:03/08/21 16:59
323。私とよく似た体験をされましたね。
良い面にでるとよいのですが。。。
神の子なのに、なぜ勉強できないの?
神の子なんだから、もっと完全にやりなさい。
こんな生き方 辛くありませんか?

371 :名無しさん@3周年:03/08/21 17:44
>そして10年生き、20年生きていくうちに、少しずつでも宝物を発見していく。
その喜びを実相の姿、神の祝福と言ってはいけないだろうか。

神想観に現実的な即効性はないということでよろしいか。
健康にしろ経済問題にしろ普通に努力したほうがはるかにいい結果がでる
と考えたほうがまともかな。



372 :名無しさん@3周年:03/08/21 20:25
生命の実相を読み始めて約10年。
最初は何の疑いもなく神想観などを実践していたのですがその頃は
本当に奇跡のようなことが色々と起こっていたのですが、ある時期
から不幸のどん底に落ちてしまいました。


373 :名無しさん@3周年:03/08/21 20:30
 ↑ 詳しく。

374 :名無しさん@3周年:03/08/21 22:10
不幸のどん底に落ちてからは、どのような善行でも
見返りを求めて行えば悪くなる、ということを悟りました。



375 :名無しさん@3周年:03/08/21 23:48
生長の家の本山(宇治、彼杵)では神社祭式での
神事が行われているんですね。
東京ではやってないのですか?

376 :ゴーマン君:03/08/22 00:34
>>318さん
生長の家の幹部の方々がもしこれを見ていたら、こう思うんじゃなかろうか。
「有難うございます。あなた方は観世音菩薩様です。厳しい意見、やさしい意見、諸々の意見、
ともに、私を人間神の子の真理に、より深く導き給う。私は、この方々の意見をありがたく受け止め、
この方々の実相を礼拝いたします。そして、また、神の導きにより、人間神の子の真理を全ての人々に
満たし給うのである。有難うございます」とかなんとか(笑)。そして、その人それぞれの感性でもっ
て意見してくれるんではなかろうか、と私は想像する。
この場合の観世音菩薩とは,分かりやすく言うならば、お釈迦様が言うところの仙人、つまり、お釈迦様の
従兄弟の提婆というお釈迦様をいつも攻撃していた人に当たるわけです。提婆の導きにより、釈迦は悟った
わけです。
で、私の場合で言えば、歴史を勉強し、いろいろな本を読み、もっと知識を身に付けて、真理を分かり
やすく話す事が、課題となるわけです。勉強・・・キビシー!(笑)

>>358さん
違わないと思うけど・・・ってもう来ないか(笑)。
「無」というのは相対的な有に対する無と、絶対無があってそれの認識の違いで
誤解されていると思います。たぶん。しかし、絶対無を知るのは難しいし、私の、勉強不足で
説明不可能です。ごめんなさい。

377 :ゴーマン君:03/08/22 00:35
>>345さん
>貴方はどういう人なのか一度お会いして、その思いをじっくり聞きたいものだ。
うーむ。普通の、そこらにいる人と変わらないと思います。
ただ、暇なときには世界平和の祈りをしています。
「人間神の子、罪本来無し」という言葉を読んでいるけれど、なぜか素通りしてしまう。
うーむ。理解とかそういう次元じゃないですからねー、時間がかかるんでしょう。とにかく切羽詰らないと
人の心は動かない。戦争のとき真理を体得した人は、死に物狂いだった。だから、藁にもすがる気持で
普段なら、バカも休み休み言え、と思う様な事を信じられた。後は、その人の業によるところでしょうが、
これは、その人が、真理を求めるきっかけをつくったり、真理を遮るものであったり、
段階的なものでしょう。しょうがないと言ったらそれまでですが、私としては、祈るしかない(笑)。
仏は人々を救えない。眠る人々に「目を覚ませー」と声を掛ける事が出来ても目を覚ますのは
その人の意思による。だから、例えば方便で「お菓子が(現世利益)あるから目を覚ましなさい」
と呼びかけて人が目を覚ます。しかしそこではっきり目覚める人と、お菓子だけ食べて、また眠る人が
いる訳ですね。お菓子が目的ではなく目覚める事が目的であり、お菓子を食べ続けられる事になる訳ですが。
要するに、私たちは人を救えない。きっかけを、呼び掛けをするのみ。で、その人が救われるのはその人の
意思による。という様な事が、「ブッダのことば」に書いてあったはず・・。気長に呼びかけていきましょう。
映画と同じですね。ハッピーエンドって分かってるけど、いろいろあって面白い訳です。ま、エンドレス
なわけですが(笑)

378 :引き続き、ゴーマン君:03/08/22 12:44
「ブッダのことば」を読んで、思った事。
宗教とは・・・人を「幸せ」に導くものである。キリスト教も、仏教も、生長の家も、また然り。
それでは、「幸せ」とは何だろう?・・・「真の幸せ」に気付かぬ人が多いのである。
人はそれを、自由であると思う。自由に美味しい物が食べたい。自由にお金を使いたい。自由に遊びたい。自由に生きたい。
しかし、人間の命は限りあるものであり、やがて老いて死する。死というものが待ち構えながら、私たちは、明日も生きている
と信じ、あくせくしているわけである。
では、どのようにして、人々を幸せに導こう。真の幸せはどのようなものだろう。
全ての人々の苦しみ、悩み、悲しみ、恐怖、・・・それは、執着によって起こる。
死ぬ事が分っていながら、生きたいと、生に執着する。美味しい物が食べたいと、身体を害するほど食に執着する。お金持ちになり
たい、しかし、仕事が思うように行かない。ずっと遊んで暮らしたい、しかしそんな余裕はない。自分の考えを認めてほしい。愛さ
れたい。よりよく暮らしたい。健康になりたい。・・・

全ての執着を取り去る事、それが真の幸せを得る道である。

キリスト教では、例をあげれば、食べ物や衣服について思い煩うな、それらは、神によって与えられる、と説いているし、
生長の家では、物質なし、肉体なし、と説いている。つまり、これは、何を意味するか。

379 :しつこく、ゴーマン君:03/08/22 12:44
これらは、目に映る物、その他の全ての物から執着を無くすための言葉である。
神によって与えられる――つまり、自分のものではないから、どうしよう、こうしよう、と煩わされない。執着しない。
物質なし、肉体なし――無いものには執着できない。
「ブッダのことば」では、煩悩という言葉がよく出てくるが、これはいろいろな現象界の物事に対しての執着から起こるので
執着を滅する事により、煩悩がなくなり、安らぎとなる。
悩み、苦しみ、恐怖などが心に生じた場合、それは何かに執着しているのである。
愛にも執せず、心にも執せず、神にも執せず。
仏に会えば仏を殺し、祖に会っては祖を殺し、それで自分を祖師とするなら自分も殺し、である。
そして、一切の物事人は先生であり、生かしあいである。ただただ有難いばかりである。
釈尊の言う、有情非情同時成道、山川草木国土悉皆成仏になるわけである。
人間神の子、本来罪なし。罪なしに執したら、罪なしもなしと切る。

執して執さず。本来執するものなきが故に、執さずもなし。

全ての執着を取り去る事、それが真の幸せを得る。
宗教は、いろいろの言葉で人々の執着を滅する手助けをしているわけである。
執着が一つ、また一つと滅する事によって、人々は、真に幸せを得る。

380 :名無しさん@3周年:03/08/22 13:50
379さん 本当に悲惨な不幸に会ってください。
あなたの言っている事が、机上の空論で、いかに空しいものか よく分かります。
あなたは、言葉に酔っているだけで、何の力もない信仰ですよ。

381 :名無しさん@3周年:03/08/22 13:51
あなたの書いてることは、すべて孫引きにすぎない。
空しいなあ。あなたの考えはあるのか?
それとも、ロボット?

382 :名無しさん@3周年:03/08/22 13:52
生長キティ必死すぎ(^∀^)ゲラゲラ

383 :名無しさん@3周年:03/08/22 14:25
380さん、机上の空論ではないあなたの得たものを教えてくれませんか。
379さんも379さんなりに、自分の人生を生きておられます。
何の力もない信仰かどうか、なぜあなたに測れるのですか。

384 :322:03/08/22 14:51
370さん、わたしは完璧主義者ではありません。
だけど宝探しは楽しい。>>374さんのように、試行錯誤しながら宝を探すのが目的。
生長の家の正当性を証明するために、宝を探しているのではありません。

371さん、
>健康にしろ、経済問題にしろ、普通に努力したほうがはるかにいい結果がでると
>考えたほうがまともかな。
それはそれでいいと思います。いわば371さん教のやり方でいいと思いますよ。
私の場合、神様を身近に感じることがプラスになっていたから。(神様頼みで
自分では何もしないという意味ではありませんよ。)

374さん、その経験は貴重ですね。机上の空論を脱したね。

385 :名無しさん@3周年:03/08/22 21:50
383さん 簡単なことですよ。
ターミナルケアーについての医学文献を読めば分かります。
自力で拝み倒す信仰では、残りの決められた人生を有意義に過ごすことは、できません。
キューブらロスでも良いですよ。真面目に読んでください。
残された時間 大多数の人は何を望んでいきるか? データが出ています。
ここで私は、あえて答えを言いません。勉強してください。柏木哲さんでもいい。
山崎章夫でも、アルフォンソ デーケンでもいいですよ。
神の子だけで、満足した人生は無理ですね。それは、あくまでも基本に過ぎない
のです。

386 :名無しさん@3周年:03/08/22 21:53
私の得た物は、あなたには言いません。私の人生に対しての神様の
プレゼントだからです。あなたに普遍化できるとは思っていません。
それこそ、私の宝です。

387 :名無しさん@3周年:03/08/22 21:53
--------●○●別れさせ屋●復讐代行業務●○●----------

●騙された・裏切られた・弄ばれた・逃げられた・捨てられた・
相手に誠意が無い・異性問題・家庭内暴力・不倫疑惑解明・人間関係・金銭トラブル★
●  http://www.blacklist.jp/i 【ファイルにコピーして開いて下さい】
別離工作・情報収集・トラブル対策・ボディガ―ド・等々!
●真剣にお悩みの方、安心してご相談下さい。解決へ導きます★
□■各種データ・電話番号調査・住民票・戸籍謄本など調査■□
ジャンプしない場合にはファイルにURLをコピーして開いて下さい★☆★
●  http://www.blacklist.jp/i  ●別れさせ屋・特殊工作・調査全般
●  http://www.blacklist.jp/   ●復讐代行・人生相談・駆け込み寺
--------------------------
リンク⇒ http://okudaira.co.jp 殺人事件簿!!!●●●
●リンク広告主大募集・詳しくは復讐屋まで!!!


388 :名無しさん@3周年:03/08/22 21:58
それと、言葉の力の過信に気をつけてください。
言葉のちからを強調しすぎると、言葉尻をつかまえて批判しがちになります。
実体のない、言葉を言っても仕方がありません。


389 :名無しさん@3周年:03/08/22 22:07
それと、良いとこばかり見る宗教の欠点は、自分に都合の悪い物を、
見ようとしない欠点があります。
カエサルも、人間はみたい物しか見えない と人間の欠点を見抜いていました。
生長の家は、終末医療にたいして何もやっていないです。一部の仏教
と、キリスト教です。ホスピスは、赤字になります。
偉そうなことは言わずに、ホスピスを作るとか 具体的な人助けを、してください。
愛業と言って、機関誌を配るだけが、脳じゃありません。
社会奉仕に対して、本当に無関心でないでしょうか?
立正佼成会 なんかは、熱心ですよ。

390 :名無しさん@3周年:03/08/22 22:08
お巡りさん 有り難う運動は、お粗末だったよ。

391 :名無しさん@3周年:03/08/23 05:02
>>390
その運動って相当昔の話では?
後の参院議長の村上正邦がいた頃の話でしょ。

392 :名無しさん@3周年:03/08/23 10:52
へ〜〜、そういう運動があったんですか。
生長の家の話じゃないけど、アイ・ラブ・ニューヨーク運動なるものには
結構効果が在ったらしい。(コトバノチカラつながり)

393 :383:03/08/23 11:20
385
>自力で拝み倒す信仰は、残りの決められた人生を有意義に過ごすことは
>できません。
>神の子だけで満足した人生は無理ですね。それはあくまでも基本に過ぎない
>のです。
そのとうりだと思います。最初は単純にそういう世界があったら嬉しいという
思いから始まって、徐々に具体的な問題にとりくんでいく。試行錯誤しながら
新しい発見をしていくのだと思います。

386
あなたの得たものを私に言う必要はありませんが、他の方の人生に対しての
神様のプレゼントについて、否定的かなと>>380のレスで感じたものですから。

388,389
どういします。個人の裁量任せで、組織としてはやっていませんね。
もっとチカラを集結させてできることが何かあると思うのですが・・・
しかし組織として活発に動き、身近なところがおろそかになってる団体も
あることを思うと、制約の少ないココは、自分の判断で自分の出来る範囲の
ことからやっていけるので私としてはいいと思っているのですが。

394 :ゴーマン君:03/08/23 11:29
私が言いたい事は、簡単に言えば、煩悩に支配されるな、支配者となれ、と言う事です。
煩悩が、もし、消滅してしまったら、どうでしょう。
極端な話しをすると、
もし全ての人々の食欲が無くなったら、死んでしまうでしょう。かと言って、食欲ばかりだったら体が壊れてしまう。
もしくは食物を作る人がいないので食べるものがなくなる。
もし全ての人々の性欲が無くなったら、子供が生まれないので、人類は絶滅するでしょう。かと言って、性欲ばかりだ
ったら、子供を育てる人がいない。
もし全ての人々の睡眠欲が無くなったら、眠れず、身体は衰弱し、死んでしまうでしょう。かと言って、睡眠欲ばかり
だったら、この世の中はまわって行かない。
煩悩がなければ、愛という感情もわかないし、人を殺したくなるほど憎む事もない。
もし、煩悩を包丁に例えるならば、それを使って、おいしい料理を作ることも出来るが、殺人も出来る、
と言う事です。
煩悩ありながらにして、煩悩に捉われず、と言うのは、おいしい料理を作ることです。
煩悩に振り回されず、煩悩の支配者となる。

395 :名無しさん@3周年:03/08/23 12:57
結局、神想観の功徳ってなんですか。

396 :383:03/08/23 13:04
理論的でないわたしのレスに対して、ゴーマン君さんのレスは解りやすくて
私の言いたいことを言葉にしてくださってありがたいです。

397 :383:03/08/23 13:18
395さん、どういう答えをお望みですか。
わたしのレスで私の感じた功徳は説明しているつもりですが、あなたが何を感じるかは、
あなたが実践し、あなたの人生を生きるうえで、あなたが感じるしかありません。
「わたしはこんなに幸せです。」と言葉で言ってもあなたが私の幸せを感じることが
できるでしょうか。
私がここで語っても、本を愛行したとしても、それはきっかけとなることしかできないのです。
私の運命で出会う人に精一杯のことはしたいと思います。
けれど、その人の運命を変えてしまうことは私にはできないのです。

398 :名無しさん@3周年:03/08/23 13:28
せいちゃうのいへ

399 :名無しさん@3周年:03/08/23 13:36
383  
幸せを感じるにあたって、なんらかの環境変化はなかったのですか、現象的にも。
一般的に生長の家の人は神想観でどうなっているのですか。

400 :名無しさん@3周年:03/08/23 13:59
神想観実習10年。 先程、遂に極意を修得しました。 これで人生薔薇色です。やりました。

401 :名無しさん@3周年:03/08/23 14:45
ほんまかいな

402 :名無しさん@3周年:03/08/23 19:59
生長の家で宿命転換します。

403 :名無しさん@3周年:03/08/23 20:15
q

404 :名無しさん@3周年:03/08/23 21:11
アサヒビールと関係あり?>生長の家

405 :名無しさん@3周年:03/08/23 21:48
無いでしょう。
アサヒの樋口さんは、熱心なカトリックです。

406 :名無しさん@3周年:03/08/23 22:19
アサヒビールの中條の事だが。

407 :名無しさん@3周年:03/08/24 02:26
メイ牛山が創価学会の雑誌に出ていたのにはビックリ栗々

408 :コピーマン:03/08/24 09:19
大変不幸な事ですが、雅宣氏は生長の家ではありません。信仰者でもなく実践者
でもない評論と私的な文章をテキストと称して半強制的に買わせて生きてる講師
の辞令すら与えられていない(つまり正式には認められていない)ものです。
本人も自分は生長の家の職員ではないとかつて公言していました
(しかし、本部から誰よりも多くの月給をもらっているようですが摩訶不思議)
・・・(以下略)


409 :名無しさん@3周年:03/08/24 09:24
↑何が言いたいの

410 :名無しさん@3周年:03/08/24 09:42
>>408
お金のことまで言ってますから相当根に持っているのでしょうね。
あなたは生長の家の中でどのような立場にあるのですか。
匿名での批判は卑怯ですよ。

411 :名無しさん@3周年:03/08/24 10:57
街宣右翼は何故、日教組の糾弾に躍起となるか?落ちこぼれであった彼らが日教組の教師たちに相手にされなかったトラウマからである。
このように日教組が産み出したのは左翼ではなくて、右翼、統一教会、生長の家といった日本国を崩壊させるシロアリのごとき外道どもである。

412 :383:03/08/24 11:04
399さん、わたしのつたない体験ですがよろしかったら聞いてください。
一般的にと言えるかはわかりませんが、わたしにとって神想観は<宇宙の中の
自分を自覚する精神統一の時間>といえると思います。その宇宙の大生命を
人格化して神様と呼ぶ人もあると思いますが、わたしはいつも「神様ありがとうございます。」
と呼びかけています。今ではそれが当然のこととなり神想観の時間を設けなくても
神様をいつも身近に感じ、感謝の思いで満たされています。

・・・ホントかよ〜〜、と突っ込まれそうなので具体的な心の動きを説明しますね。
例えばムッとすることとか、ズーンと落ち込むようなことがあったりしますよね。
そういうことがわたしにとっては比較的少ないような気がします。でもそれは
奇跡ではなく当然のことなのです。不安感や恐怖心が根本にないため、目の前の
出来事に対して、あの人の言葉は悪意ではないのだから反発するのではなく受けいれよう。
コノ出来事の解決策はどこかにあるはず。と、落ち着いて考えられるのです。

こう思えるようになるには、一朝一夕ではありませんでした。ひとつの物事を解決しようと
するとき、いろいろな選択肢があります。どの方法を選ぶか、いろいろ考えます。
戦うか、譲るか、諦めるか・・・私の正直な望みはどれなのか、この方法はあまりに
お人よし過ぎないか。そう試行錯誤しながら今の自分があること、神様に「がんばったね。」
と褒めてもらえることに感謝なのです。

413 :383:03/08/24 11:18
<宇宙の中の自分を自覚する精神統一の時間>
形や、時間や、方法、言葉にこだわる必要はありません。各宗派のやり方
でいいと何かにも書いてあったよね。
わたしは15年間病気をしていたので、わたしにとって神想観の時間は
湯船の中、布団の中でした。ありがたいことにほとんど布団の中で過ごして
いたので、たっぷり神想観をさせてもらいました。

身を引き裂くような思いもしましたが、沢山のものを得ることができました。

414 :名無しさん@3周年:03/08/24 12:18
ここに生長の家の信者さんは居られますか?

長崎や宇治以外で、神社祭式による神事を
行っているところってありますか?
たとえば東京などで。。

415 :コピーマン:03/08/24 14:16
>>410

コピー元は、「しゃべり場@21世紀生長の家研究会」という掲示板です。
http://www.tram-stopper.com/friend/bbs.cgi?masaharu

良い内容だったので、感心してコピーしました。
「生長の家の恥部」という表現が特に良いです。

416 :名無しさん@3周年:03/08/24 14:28
各県にある「教化部」というところでやっています。
東京では、調布市の飛田給と言うところに、大きな練成道場がありますが。
でも、なぜ、そのようなことをお聞きになるのでしょうか?

417 :名無しさん@3周年:03/08/24 18:02
407さんも、見たでしょう。
私も、以前に指摘していました。ひとつには、神の子と、仏性ありの教義が
似ているのだと思います。2つ目には、創価学会が、日蓮正宗と別れたことで、
他宗を誹謗排斥しなくなったことにあると思います。

418 :名無しさん@3周年:03/08/24 18:05
383さんと、ゴーマン君が同じ意見とは、思われませんが?

419 :414:03/08/24 18:05
>>416
単純に興味本位です。教化部には神社みたいなのは
なかったようですが・・・

420 :名無しさん@3周年:03/08/24 18:50
>>419

確かに、教化部には「神社」はないです。飛田給道場にもないです。
でも、色んな行事は、大体神式で行われています。
先祖供養祭だけ、すこし仏式が混じっているようですが。(お焼香等)

421 :414:03/08/24 19:05
>>420
有難う御座いました。

422 :名無しさん@3周年:03/08/25 00:36
>>415

自分とこの副総裁を「教団の恥部」とは、またひで〜〜話。
聞いたことないな、そういうのは。
「もうだめポ」というやつですな。


423 :ゴーマン君1:03/08/25 07:53
いろいろなご意見、有難うございます。今後の参考とさせて頂きます。人それぞれ表現方法や受け取り方が違いますからなかなかニュア
ンスが伝わりにくいですが、簡単に言うと私は、世界の平和を思っているだけです。
今までは、生命の実相に書かれているような誰でも知りうる事ばかり書いて来たので、今回は、自分の人生の中から、ゲロが出るほど笑
える体験をピックアップして、書いてみようと思います。あまり詳しく書くと弱カルトテイスト三流ポルノ小説風自叙伝になってしまう
ので、かいつまんで書きたいと思います。例えば癌になった事がない人には癌になった人の気持は完全に理解しうる事が出来ない様に、
私個人の体験ですので私の気持は完全には伝わらないと思いますが、私になったつもりで読んで頂ければ幸いです。・・・なりたくない
かっ(笑)。
私は、十二歳の頃から十六歳になるまで、親に性的虐待を受けていました。虐待の事はその間誰にも言えず、自分の中で、「私を苦しめ
る親を殺したい。いや、あの人は自分の親だ。しかし、自分の親なのに、親と思えない事を私にする。アレは親ではない。しかし、私は
人を殺すなんて出来ない。まして、自分の親なのだ。そうだ、自分が死ねばいいのだ。死のう」と思いました。けれど、私は、痛いのは
嫌いです(笑)。だから、どうしようと思って、完全自殺マニュアルと言う本を買いました。けど、読んでいるうちに何かバカバカしく
なって来て、十五歳の時「後十年生きてみてそれで何も変わらなかったら死のう」と決めました。親を殺そうと何度も包丁を手に握り締
めました。どうして、こんなに苦しいのに私は生きているんだろう。何で、人間はこんなに苦しいのに生きているんだろう、と私は、悩
みました。そして、(いろいろありましたが、書き出すと長編巨大自伝になるので省きます)七年が過ぎ、私はある人と出会いました。
その人を見た瞬間私は、「この人と結婚しよう。私は幸せになる」と感じました。そして、今まで培ってきた口説きのテクで(笑)その

424 :ゴーマン君2:03/08/25 07:54
人を口説き落とし、それまで付き合っていた人たちに「真剣に好きな子が出来たから、ごめん」と電話しまくり、別れて、その人と結婚
しました。それまでの私は、性欲=愛だったため、数々の人を愛してきました。でも、結婚相手は、性欲が非常に薄い人だったのです。
性的な関係を持たなくても全然平気な人なのでした。なので、私は始め、こう思いました。「この人は、本当に私のことを愛しているの
だろうか?ただ、性欲がほとんどないだけなのだろうか?それとも私に性的魅力がないのだろうか?」どっちにしても私は、欲求不満で
す(笑)。笑い事じゃないですよ!!マジで毎晩眠れなかった。私は、隣で静かに寝息を立てているのを見ると無理やりするなんて事は、
出来ません。本当に相手の事が好きでしたので、自分の性欲と戦い続けました。「やっぱりこの人は私を愛していないんだ。どうして結
婚してしまったんだろう。でも、私は、心からこの人を愛している。ああ、もうどうしたらいいのか分らない。自分の性欲が消えればい
いのに。もう死にたい」と、泣けてきました(笑)。しかも、この頃から、子供の頃の性的虐待のリアルな夢にうなされる様になったの
です。夢にうなされ、叫んで目が覚める事もしばしばありました。そして、私は、辛くて、死にたくて、「神様、どうしてですか?」と
私は、性欲に耐えながら(笑)思いました。そんなある日の事、私は胸の置くから、「生命の実相を読め」という声を聞いたのです。そ
れは、最初は小さく聞こえました。しかし、日に日に大きくなっていきました。私は、宗教はジジババのやるものだ。若者がやって何に
なる。カッコ悪!と思っていて、生長の家の事は知っていましたがあまり立ち入って理解しようとは思っていませんでした。だから、そ
の声に向かって、「そんなもんは読まん!!買う金ないわ!!」と言ってやったのです。そうしたら、私に、金をくれる人が現われたの
です。私は、ハッとして、でも、偶然だろうと思って、生命の実相は買わずに、ひねくれて生長の家の生命の実相以外の本を何冊か買っ
てみました。夜は、性欲に耐えているため眠れないので、暇つぶしに読んだのです。本を読んでいる間は、私は性欲の事を考えなくても
済むので、寝る前には本を読む事が習慣になりました。全部読み終わってしまって、「もう少しいろんな本を読みたいな。でも金ないし、

425 :ゴーマン君3:03/08/25 07:55
ま、いっか」と思っていると、また、私に金をくれる人が今度は二人現われました。私は、むむっと思い、また生命の実相以外の本を何
冊か買いました。その中の「真理第5巻」を読んでいたら、今の私にぴったりな話が載っていたのです。私は、やっと、「三界唯心」に
たどり着きました。性的虐待を受けたという事は私が性的虐待する心を持っているからだ!!そうなのか!!今、まさに、性的虐待を食
い止めようと必死こいているじゃないか。夫婦間の性的虐待が存在するか否かについては微妙だが、私は、今まで、「性欲=愛、愛され
たい、愛がほしい。愛を奪い取りたい」と思っていて、それは当然の事だと思っていた!私は、それに気付き、反省と言うより、むしろ
喜び踊り跳ねました(笑)。で、その日はぐっすり眠れました。そして、その日から、子供の頃の夢は見なくなりましたし、殺したいほ
ど憎んでいた親への気持があっさりと消えていました。私は、今まで、散々親を困らせてきたので、その事を謝る事も出来ました。とこ
ろが、確かに三界唯心は分ったものの、私の性欲は未だ衰えず、私を苦しめるのです。で、私は、この際だから、生長の家の本をもっと
読んでしあわせになってやろうじゃないかと思ったのです。それに、結婚相手に、私のせいで不幸になってほしくないし。凄くいい人な
んですよ。私が、その人に出逢った頃、私はその人の事を「神様みたいだ。天使みたいだ」とよく言っていたものです。本当に、私にと
ってはもったいないくらいの善い人でしたので、私のせいで不幸になってしまったら・・・、と私は必死で、生長の家の本を読みました。
「性欲ごときで!!不幸になってたまるか!!」と私は思いました。それ以外は、ホントに夫婦円満でしたから。で、今にいたる。私は、
性欲を消す方法を見つけ出し、今では包丁片手に愛する人においしい料理を作って超ハピスーパーハピノリノリです。めでたしめでたし。

426 :383:03/08/25 09:59
418さん、同じ人間じゃないんだから、表現方法も感じ方もいろいろあって
当たり前。あなたの場合は?

427 :383:03/08/25 10:33
谷口雅春先生は、実相哲学人間は神の子という真理を伝えられた。
しかし、それを信じなくてはならないという強制力はない。
それを信じるか信じないか、どう受け止めるかは受け手の私たちに
あるわけで
「私は誰だろう。なぜここにいるのだろう。神の子であるとはどういう
ことだろう。」というところから始まって、自分の体や思いをよく観察して
「・・・ああ、わたしは神の子なんだ有り難い。」と気付くまで私は30年
を要しました。
人生長いのです。あせることはありません。一生をかけて生まれてきた意味の
何たるかが解ればそれでいいではありませんか。
でもまだまだ勉強中です。わかったつもりになって聞く耳を持たなくなるのは
モッタイナイ、モッタイナイ。

428 :名無しさん@3周年:03/08/25 10:57
425
>わたしにとってはもったいないくらいの、善い人でしたので、私のせいで不幸
>になってしまったら・・・
自分の不満を相手のせいにせず、自分で解決法をみつけられて・・・よかったですね。
わたしの夫も似たような人(愛情表現をアッチ方面でできないシャイな人)で、
心が通い合っている実感を得ることがなかなか出来なかったんですが、わたしが
素直になることで(これが結構難しい)、今ではわたしもハピハピです。

429 :ゴーマン君:03/08/25 11:20
マジっすか?!めちゃ共感します。素直・・・。そう言えば、
私は結構ひねくれてるからなー(笑)。素直なると言うのは、
結構大変です。自分自身にでさえ、自己弁護しちゃったり、見栄を
張ったりしてしまいます。私も素直になれるように、もっとガンバロー!!

430 :268:03/08/25 13:38
そうだなーいずれにしても
何かを(たとえば神想観)一途にやり遂げると必ず結果が現れますよね。
383さんは30年かかったと書いてありますよね。
私は35年かかりましたよ。
年数ではないんだけれども信じて行う以外に道はないんですよ。
そうするときっと解るときがくるのです。
でも何も変わることはないのです。が
すべてがありがたく、まさしく「ありがとう」、「ありがとう」になるのです。


431 :383:03/08/25 17:01
268さん、おひさしぶりです。
目的(本物を探すこと)さえ持っていれば生長の家にこだわることはないんです。
そこここに神の愛は満ちているし、回り道に思えても、無駄な体験など人生に
おいてナイのだと思っているから。
本当に、あしたは何に出会えるかまた楽しみです。

432 :生長の家逝ってよし!! :03/08/25 17:07
>>430ヲエッ。

433 :名無しさん@3周年:03/08/25 17:25
↑まさしくありがとうありがとうになるのがわかれば、その吐き気も
消えますよ。何事も経験です。

434 :428:03/08/25 18:00
ゴーマン君さん、
こんな状態がこれからもずーっと続くかと思ったらもう限界だ!!
というところまできてしまったのです。
素直になれないのは自分の劣等感のせいだとわかっていてもその劣等感が
徐々にデモなくなっていけばいいのですが、もう待ちきれないと。

そこでわたしはやってみました。劣等感がなくなるのを待つのではなく、
劣等感を捨てることを。素直になることを行動であらわしたのです。
(心はまだついてきてはいませんでした。ただこっぱずかしいだけでした。)
百日だけは何があっても続けてみようと決めてやってみました。それまでの
わたしはすぐにくじけて、祈りも行動もまともにやったことはなかったのです。

そして百日が過ぎたとき、本当のお互いの気持ちがわかったら、どんな結果でも
受け入れようと決心していました。結果は・・・ハピハピよ。

どんな行動をしてみたかというと・・・どんなにむかついたことがあった日でも
必ず手をつないで寝ること。手をつなぐくらい惜しまないでよといって。
そんなこと?といわれるかもしれないけど実際難しいんですよ。もう近づく
のも嫌なほどになっていたし、15年もセックスレスだったし。

結果、私が劣等感をもつほど自分に魅力がないわけではなかったこと、
彼にとっては、わたしが壁を作ってしまい、きっかけを作れなかった
ということだったのです。

435 :名無しさん@3周年:03/08/25 21:45
ほかになんかないの?

436 :b:03/08/25 21:55
人生にとって無駄な体験はない、か・・・。
素直に受け取るよ。

437 :ゴーマン君:03/08/26 14:08
>>434さん
なるほどー。同じく。
私も、手をつないで寝ていますよ。
たまに、こっそりお腹を枕にしてねてみたり(笑)。かってに腕枕にして寝
てみたり、スキンシップを多めにしています。その時に、感謝の言葉とか
褒めてみたりとか、「あなたと結婚して幸せだよ」とかそういう事を言って
います。昔から、人を口説くのが好きだったので(笑)あまり抵抗はないですが、
言われている本人は恥ずかしいらしい・・・。が、満更でもない様子(笑)。
お風呂も一緒に入って、風呂上りには相手の髪の毛をドライヤーで乾かして
みたり、とにかく、お節介を焼いてます。そうすると、相手も、気軽に私の
フォローが出来るので、何も言わなくてもツーカーで生活が出来ます。
もう、ほとんど悩みがない状態です。日常雑多の仕事とか遊び以外では、人
の幸せを祈るくらいしか、やる事ないです(笑)。



438 :名無しさん@3周年:03/08/26 14:48
人を口説くのが好きだった・・・というのも才能ですね。
ありがたいですね。

439 :名無しさん@3周年:03/08/26 20:40
保守的とされてきた生長の家も過去の日のこととなるかもしれない。
副総裁は某国党員を職員に迎え、愛国的な教本の出版を阻止しているという。
生長の家が層化になる日も近い・・・。

440 :名無しさん@3周年:03/08/26 23:06


441 :名無しさん@3周年:03/08/27 16:30
a

442 :名無しさん@3周年:03/08/28 00:11
生長の家の「恥部」と言われる雅宣君。
日本の「恥部」に昇格まじかか。

443 :名無しさん@3周年:03/08/28 00:26
キリストの奇跡をでっち上げだと言うだけで、カルト認定間違いなし。
世界の「恥部」も、もうそこまでですね。

444 :名無しさん@3周年:03/08/28 09:52
388
>言葉の過信に気をつけてください。
もちろん誤った使われ方は反省しないといけませんが、ジョセフ・マーフィーの
数々の実験や、ナチュラル・キラー細胞の実験などを見るとコノ真理(言葉の力)
に意味があることは事実のようです。
・・・神想観に生かしてみましょうね。

445 :ゴーマン君:03/08/28 12:59
>>438さん
才能(笑)。なるほど。有難うございます。

中村元訳の「ブッダのことば」がなかなか良かったので、引き続き彼が訳した書籍を読んでみる事にしました。
「ブッダ 悪魔との対話 サンユッタ・ニカーヤU」
悪魔とは、煩悩の擬人化された表現である、と私は解します。
ブッダのように解脱された人でありながら、煩悩が生じるという事は、私たちなんかはしょっちゅう煩悩が生
じていると言う事です。で、ブッダは煩悩が生じた場合「汝は非存在である」という事を、臨機応変に説いて
いるわけです。およそ、この世で悟った人というのは、煩悩を非存在である、と煩悩に捉われず瞬時に消し去
る事が出来る人であると思います。また、煩悩が煩悩であると判る、ということも大切です。何故なら、悪魔
は神のように振舞う事があるからです。煩悩をこれは正しい考えである、と煩悩に従ってしまう。
例えば、私は病気である。因果の法則によって出来ているから病気になっているのだ、と思ったら、これは悪
魔に捉えられている、ということです。病気である自分と病気になるのはしょうがないと思う自分、それらは
すべて非存在です。病気になったらブッダのように一喝「汝は非存在である!」つまり、「肉体なし、現象な
し、罪なし」と気付きましょう。病気でなくても、腹が立ったり、焦っていたり、悲しかったり、悩んだり、
それらは、ない現象を、あると誤解した事から生じているわけです。ない自分の利益を求めていなかったか、
神の他に存在するものがあると誤解してはいなかったか、静かに実相を観じてみましょう。
腹が立ったり、焦っていたり、悲しかったり、悩んだり、それは神を疑っている事になります。神は、私たち
に全ての善き物を与えています。ただ、のほほんと神を信じましょう。こんな、のほほんと神を信じているだ
けでいいのだろうか・・などと神を無能者のように思ってはいけません。神に全て任せておけば、自然と私た
ちの行動は神の御心のままになるはずです。
あ、話は変わりますが、皆さんの助言を受けて最近世界史の本を読んでいます。・・・うーむ、眠くなる(笑)。

446 :名無しさん@3周年:03/08/28 16:58
生長の家の「恥部」谷口雅宣は、辞めてくらはい!

447 :名無しさん@3周年:03/08/28 19:59
俺は貴族なんだ。正確には伯爵だ。

448 :名無しさん@3周年:03/08/28 21:07
ゴーマン君さん、<ブッダのことば>を読んでいますが、ブッダと同じ境地に
到ることは難しい。つくずく自分が凡夫であることを思いしらされています。
釈迦の言葉全てを今の自分が理解することは出来ないけれど、釈迦を含め道の人
や人々が同じようなことで悩み苦しむとしても、それを消滅させることが出来る
という方法がある。
全てを消滅させることが出来る私ではないとしても、少しずつでも、以前の私よりは
<安らか>とは何であるのか、解るような気がします。

449 :名無しさん@3周年:03/08/28 22:43
谷口正治の言動もどうかと思うぞ。だいたい雅春なんて、名前まで偽って。

450 :名無しさん@3周年:03/08/29 10:07
大本時代を知ってる人にはどう思われているのか。

451 :ゴーマン君:03/08/29 11:59
>>448さん
うむむ。そうですね。日々精進です(笑)
谷口雅春著「神 真理を告げ給う」から・・・
あなたは仏教の「煩悩即菩提」という語(ことば)をたびたび聴いたこともあるし、読んだこと
もあるであろう。“迷い”がそのまま“菩提(さとり)”の道程であるということである。“迷い”
という「菩提(さとり)とは別なもの」があるのではないのである。“迷い”と見えているものが、
実は“悟り”が動き出し、現象化しつつある道程であるから、“迷い”本来無しといい得るのである。
あなた達が“迷い”だと思っているものは、実は“わたし”が“神の国”を地上に顕現するための土台
又は地盤になるための精神的基礎工事を行うために授けたところのものなのである。・・・
(“わたし”というのは神様です。谷口雅春氏を通して神が告げた事を書かれているわけなので)
この本が、私は一番好きです。ブッダは主に出家道を説いているので、私たちにはちょっと無理な
ところがあります。やはり、在家道の「生長の家」が、今の私たちにはピッタリくるし、やり易いと
思います。あ、坊さんになりたいなら別ですが・・・(笑)。

452 :名無しさん@3周年:03/08/29 12:39
>>449さん
あなたは、かなりマニアですね。それとも、皆知っていることでマニアでもなんでも
ないことなのかな?名前が違うのは、神示を受ける以前と以後の区別するためのなんじゃないか、
と私は思うよ。

453 :名無しさん@3周年:03/08/29 14:33
450、452さん、
大本時代の文章は私も読んだことがあります。谷口先生も迷いの多い人生を
歩まれたようですね。そのことについて、私は親しみを持ちました。
だって、欲にまみれて何の問題もなかったら宗教になんて走らないでしょう。

先生の運命がガラガラと変わっていく時期に、近所に同姓同名の人がいて、
名前を変えなくてはならない事情が生じたそうです。
そして落ち着いたときに新しい名前をみてみたら、画数的にとても素晴らしいことが
わかったそうです。
結論。運を良くしたいとあれこれするよりも、運がよく変わっていくときに
自然とそのように周りもととのっていくものだそうです。

454 :名無しさん@3周年:03/08/29 20:29
正治が本名だって、みんな知ってたの?

455 :名無しさん@3周年:03/08/29 20:44
>画数的にとても素晴らしいことが・・・

唯神実相を提唱するものが、画数にこだわってどうする。

456 :名無しさん@3周年:03/08/29 21:52
↑あら、こだわってるんではないでしょ。結果的に関連しているのかなぁ?
ってことでしょ。

457 :名無しさん@3周年:03/08/29 21:58
てか、生命の実相に、半生が赤裸々につづられているじゃん

458 :名無しさん@3周年:03/08/29 22:21
>結果的に関連しているのかなぁ?


と思ってどうするの。


459 :452:03/08/30 00:26
>>453さん
>生の運命がガラガラと変わっていく時期に、近所に同姓同名の人がいて、
>名前を変えなくてはならない事情が生じたそうです。
おお!そうなんですか。「生命の実相」ちゃんと読も…。
飛ばし読みしてました。
心が整って現象の画数まで整っちゃたのか…。凄い。
さすが、生長の家。

460 :名無しさん@3周年:03/08/30 01:11
生長の家の「恥部」といわれる雅宣は、早く引退してください。

461 :名無しさん@3周年:03/08/30 09:16
雅宣も本名は正信だったっけ。

462 :名無しさん@3周年:03/08/30 09:48
霊界通信者Aというのは右翼ですか。

463 :名無しさん@3周年:03/08/30 10:01
生長の家の間違いを指摘したいんだけど。
関連知識を仕入れるためのサイトどこか知りませんか?


464 :名無しさん@3周年:03/08/30 12:18
せいちゃふのひへ

465 :名無しさん@3周年:03/08/30 15:07
458さん、否定はしておりません。でもとらわれて惑わされないほうがいいですよ。
ってことでしょう。

466 :名無しさん@3周年:03/08/30 17:22
>>463

おすすめサイトです。

「しゃべり場@21世紀生長の家研究会」
http://www.tram-stopper.com/friend/bbs.cgi?masaharu

467 :アクエリアン:03/08/30 19:55
>>460さん

>生長の家の「恥部」といわれる雅宣は、早く引退してください。

風という方が、「本音の時代」という掲示板で、生長の家の法燈継承について
ご見解を披瀝されています。1023の記事に詳しく述べられています。
その一部をちょっと引用させてもらいますが、こういう言葉が書かれています。
http://www8.plala.or.jp/cgi-bin/light/light.cgi/HONNE/light

「ご自分の時でさえ法灯継承について云々する輩のいることを察せられたからこその、
法灯継承記念出版の形をとっての、法灯連綿の宣言なり。ましてや次世代以降に於い
てをや、何をか云わん。その清超先生の認可になる雅宣先生の否定は「生長の家の法
灯」の否定なり。」

なかなか格調の高い文章です。
確かに、このご意見は、生長の家という宗教教団の法燈の継承という最も重要な
教団としての決断の正当性を示しているとは思います。
が、なぜに、雅宣氏批判の声が、方々でかまびすしく寄せられているのだろうか、
という疑問も、私には起こってくることも又、事実なんですね(笑)。
なかなかむずかしいもんですね。


468 :名無しさん@3周年:03/08/30 20:40
雅宣のどこが問題なのですか。

469 :謹告:03/08/31 00:13
谷口雅宣氏が説くところの教えは、谷口雅春先生が説かれた法とは、
全く別なものであり、無関係なものであります。
生長の家の教えに関心を持たれた方は、雅春先生のご著書を
お読みくださいますよう、謹んでお願い申し上げます。

470 :名無しさん@3周年:03/08/31 00:16
今日もまた 「恥部」が 講習会をせり

471 :名無しさん@3周年:03/08/31 00:35
法燈に 水をかけてる 三代目

472 :もののあはれ:03/08/31 00:38
雅春も雅宣も時流に迎合するということでは一緒。雅宣が雅春の右翼的な主張を
引っ込めたのは今時、天皇信仰など持ち出しても宗教商売に差し障りがあると
いうだけのことでしょう。雅春が天皇信仰をいってたのもそのほうが軍国主義の
時代には宗教商売がやりやすかったというだけのことでしょう。
この宗教は神様を信じてるのではなくて、その時代の時流や権力者に媚びている
だけ。
雅春の時代に洗脳された人間が雅宣についていけないのはあわれとしかいいようが
無い。反憲学連といっしょで教団から見捨てられるのだよ。



473 :名無しさん@3周年:03/08/31 05:45
もしこのまま雅宣さんが総裁になったら生長の家は中心帰一から逸脱して生長の家の信徒さん自体が
真理に反する事をして平気でいる事になるでしょう。と、言うか、もう既に、なってるかな。
雅宣さん、この重荷に耐えて頑張ってください!!
雅宣さんは素晴らしい人です。私にはわかります。生長の家の信徒なのにわかったつもりで
ちゃんと真理が分かっていない人もいるけど、そういう人たちばかりではないでしょう。
結局はみんな、生長の家を愛しています。執着しちゃっています。つぶれたら困ります。
現象の生長の家に捉われています。真理を広める事が第一であるのに、継承者とか、
訳わかんないことで躓いていると世界は平和になりませんよ!!
信徒さんは上の人にもっと敬意をはらうべきじゃないの。これじゃ忘恩甚だしいです。
全然、汝ら一切のものに感謝せよ、どころじゃないですよ。

474 :名無しさん@3周年:03/08/31 07:39
雅宣さんを総裁になる人としてふさわしくないと言うのは自由だと思いますが、傍から見ていて、みっともないです。
しかも、三界は唯心の所現、和顔・愛語・賛嘆、全てに感謝という真理に反しています。
三界は唯心の所現…自分から見て雅宣さんは自分の鏡であるのに、雅宣さんを悪く言って自己の心に誤りが無いか反省しない。
和顔・愛語・賛嘆…これによって人を伸ばすのが基本である。ま、あくまで基本。
全てに感謝…雅宣さんに感謝してますか??
したがって、雅宣さんを誹謗中傷している方は、例え生長の家の信徒であったとしても、もはや信徒ではない。
信徒の振りをして、生長の家を潰そうとしているのと変わりは無い。雅宣さんを誹謗中傷している方は、
自分は正しいと思い、真理から外れた事をしている事を気付いていないか、もしくは、もともと、生長の家を潰そうと思って、
その様に吹聴しているか、そのどちらかである。
傍から見ていると、悪魔の策略にまんまとはまってしまっている様にしか見えないが。生長の家を潰したい人にとっては
願っても無い事である。
人が全てに感謝し、和顔・愛語・賛嘆が出来れば、例え、その宗教に入っていなくても、その人は生長の家の真理そのものになる。
逆もまた然り。
正しい判断に見える悪魔のささやきに乗せられないように気をつけましょう。

475 :名無しさん@3周年:03/08/31 10:56
霊界通信者は悪魔の策略にまんまとはまってしまっている。
信徒の振りをして、生長の家を潰そうとしているのと変わりは無い。

霊界通信者は悪魔の策略にまんまとはまってしまっている。
信徒の振りをして、生長の家を潰そうとしているのと変わりは無い。

霊界通信者は悪魔の策略にまんまとはまってしまっている。
信徒の振りをして、生長の家を潰そうとしているのと変わりは無い。

476 :名無しさん@3周年:03/08/31 11:03
霊界通信者は誰なんですか。何歳ですか。

477 :コピーマン:03/08/31 12:23
>>467

雅宣は、自分の正当性を言うために「法燈を継承した」と言っているらしい。
しかし、物事には、すべて「形式」と「実質」があるのだ。
「法燈を継承した」というのは、この世における「形式」に過ぎないのだ。

例えば、正式に法燈を継承した、カトリックの法王が「イエスには何人も
愛人がいて、実は、とてもだらしない人だったのだ」と言えば、たとえ、
正式な手続きを経て就任した法王といえども、とても実質的な「法王」とは
言えないはずである。
イエスを、心から信じるカトリック信者であれば、そのような法王に対しては
退陣を要求するのが義務であろう。

生長の家の本部の入口には「神理への道はただひとつ、人間は神の子だと
いうことである」という掲示がなされている。
これが生長の家の「真理」というものである。
もし、法燈継承者と自称するものが、「人間は神の子ではない。」と言えば、
たとえ、正式な手続きを経て選任された者であっても、彼は真の法燈継承者では
あり得ない。(大体、雅宣は、正式にはまだ継承予定者に過ぎないはずだが)

「法燈継承」というのはこの世の出来事である。
「人間神の子」の真理は実在界の真理である。
「真理は法燈に優先する」ということを明確に認識する必要がある。
そして、真理を伝えない自称法燈継承者には、退陣を要求するのが、
真理を奉ずる者の義務であると思う。

478 :名無しさん@3周年:03/08/31 14:34
>霊界通信者は悪魔の策略にまんまとはまってしまっている。
信徒の振りをして、生長の家を潰そうとしているのと変わりは無い


ほとんど名誉毀損の可能性がありますよね、霊界通信者さんは。
生長の家は組織としては法的措置をとる気はないのでしょうか。

479 :名無しさん@3周年:03/08/31 14:56
ごねて金でも要求しているのでは。

480 :名無しさん@3周年:03/08/31 15:47
コピーマンさん、の何とかならないかという思いは判るんだけど、
>>474さんのご意見も信徒ならばもっともだ。

481 ::03/08/31 16:08
いいね、今まで反雅宣氏の攻撃が目立っていたけど、そうなると判官びいきで
反反雅宣側の書き込みが待ち遠しかった。出て来ましたね。

482 :名無しさん@3周年:03/08/31 17:33
谷口雅宣は悪魔の策略にまんまとはまってしまっている。
副総裁の振りをして、生長の家を潰そうとしているのと変わりは無い。


483 :名無しさん@3周年:03/08/31 19:22
↑つまらん模倣だ

484 :名無しさん@3周年:03/08/31 19:23
昔、原宿が右翼に襲撃されてましたね。
あれは関係あるのでしょうか、今回の雅宣攻撃と。

485 :生長の家人:03/08/31 21:44
霊界通信者Aに批判されたくらいで潰れる生長の家ならとっとと潰れたほうがよい。霊界通信者Aに批判されたくらいで潰れる生長の家ならとっとと潰れたほうがよい。
霊界通信者Aに批判されたくらいで潰れる生長の家ならとっとと潰れたほうがよい。
霊界通信者Aに批判されたくらいで潰れる生長の家ならとっとと潰れたほうがよい。
霊界通信者Aに批判されたくらいで潰れる生長の家ならとっとと潰れたほうがよい。
霊界通信者Aに批判されたくらいで潰れる生長の家ならとっとと潰れたほうがよい。



486 :名無しさん@3周年:03/08/31 22:05
霊界通信者Aが批判しなくても、雅宣が総裁になれば、すぐ潰れる。

487 :名無しさん@3周年:03/08/31 22:23
今の生長の家が気に入らないのなら、とっとと自分たちで団体をつくればいい。

488 :アクエリアン:03/08/31 22:23
>生長の家の本部の入口には「神理への道はただひとつ、人間は神の子だと
>いうことである」という掲示がなされている。
>これが生長の家の「真理」というものである。
>もし、法燈継承者と自称するものが、「人間は神の子ではない。」と言えば、
>たとえ、正式な手続きを経て選任された者であっても、彼は真の法燈継承者では
>あり得ない。

コピーマンさん、雅宣氏は、人間は神の子ではない、なんて言ってませんよ。
大体、生長の家の根本の教義を信じない者が、現在の地位にいると思いますか。
本当に生長の家はインチキだと本心から思っているなら、潔く辞退するはずです。
ただ、雅宣氏の真理の把握はどの程度の境地なのだろうか、どういうステージ
なのだろうか、果たして、法燈継承者の資格はあるのだろうか、という疑問が
起こるのも、完璧ならぬ人間なんだから仕方ないとは思いますが、
雅宣氏も、ご自身の境地を高めるべく、日々、頑張っておられるのだろうと
私は考えています。生長の家の宗教活動も、原則は守りながらも、新しい時代の
潮流に対応すべく、以前の愛国運動を清算しながら、新しい形態の
運動を模索しているのだと思いますし、そういう模索の結果として、国際平和
信仰運動を展開しておられるのでしょう。

489 :名無しさん@3周年:03/08/31 22:24
霊界通信者Aなんかどうでもいいよ。
やりたいようにやらせておけ。

490 :アクエリアン:03/08/31 23:20
◆超越的自己を自覚するために

わたし達は、”本当の自分”ではないところの単なる仮装の存在である肉体にばかり
気をとられ、肉体が生活している”物質と見えている環境”の有様にのみ心を集中して
生活している時には、この内在の”本当の自分”−−Soul(魂)なる自分には気が
つかないのである。しかし、ある瞬間ーーそれは座禅や鎮魂や神想観や瞑想ーーともか
く、外界に心を振り向けずに自分の内的生命にのみひたすら心を振り向けた機会に、
自己の内的生命の自覚が顕在になってくる。そのとき、イエスが「われはアブラハムの
生まれぬ前(さき)より在るものなり」と自覚された時のような、肉体の年齢や時間を
超越して実在するところの自分を自覚するのであるーー諸君もそれを自覚するときが
来るのだーーそのためには毎日怠らずに神想観を実修するがよい。

(谷口雅春先生の「輪読のための青年法語」より)

491 :名無しさん@3周年:03/09/01 08:11
>霊界通信者Aさんとの話の進展は望めませんので、終わりにします。
今後、霊界通信者Aさん(HNは違っても、管理人が霊界通信者Aさんと
同一人と判断した人を含めて)の投稿は内容を問わず、すべて削除いたします。

あっちこっちで顰蹙をかってるよ。
このスレにもHNを変えてでているんだろうな。


492 :名無しさん@3周年:03/09/01 08:19
霊界通信者Aは自作自演がお好きなようで。彼の掲示板もそうでしょう。
このスレでも>>463>>466は怪しい。
こういう幼稚な手法で自分の掲示板へ誘導するんだよ。

名前を公表してもいいと思いますがね。

493 :コピーマン:03/09/01 09:58
>>490さんへ
素晴らしいご文章を引用して頂き、ありがとうございました。
ところで、下記の文章の前半は、まさに雅宣氏の主張そのものではないのでしょうか?
物質としての肉体のみを見つめ、「環境」のみを見つめているのは彼ではないのですか?
いくら、彼でも宗教家を自称している以上、「人間は神の子ではない」などと言う
はずはありません。
しかし、彼の言っている内容は、実質的にそういうことであり、雅春先生がおっしゃて
いたこととは、正反対のことだと思います。
このことは、職員等、ある程度教義を真剣に学ばれた方なら、皆感じていることだと
思います。
私は、彼が個人的にどのようなことを言おうが関心はありません。
しかし、より積極的に、雅春先生の語られた素晴らしい教義を改竄しょうとしているから、
辞めて欲しいと言っているのです。

>”本当の自分”ではないところの単なる仮装の存在である肉体にばかり
>気をとられ、肉体が生活している”物質と見えている環境”の有様にのみ
>心を集中して生活している時には、この内在の”本当の自分”
>−−Soul(魂)なる自分には気がつかないのである。

494 :コピーマン:03/09/01 11:12
若干、補足すれば、「イエスは神の子ではない。」と言わなくても、
「イエスはタダの人間で、飲んだくれで、すけべで、動物と同じだ。」と言えば、
同じことになるでしょう。
雅宣も、「人間は神の子ではない。」などとは、職業的立場から言うはずが
ありませんが、しかし、彼の言ってることを総合的に見れば、全く同じ事を
言っているのです。
直接言っていないから、「言っていない。」というのは、あまりに表面的な
物の見方であると思います。

495 :名無しさん@3周年:03/09/01 11:38
おまいは霊界通信者Aだな。

496 :名無しさん@3周年:03/09/01 11:41
霊界通信者Aは自分は正しいと思い、真理から外れた事をしている事を気付いていない
霊界通信者Aは自分は正しいと思い、真理から外れた事をしている事を気付いていない
霊界通信者Aは自分は正しいと思い、真理から外れた事をしている事を気付いていない
霊界通信者Aは自分は正しいと思い、真理から外れた事をしている事を気付いていない
霊界通信者Aは自分は正しいと思い、真理から外れた事をしている事を気付いていない

497 :名無しさん@3周年:03/09/01 11:50

コピーマンさんとの話の進展は望めませんので、終わりにします。
今後、コピーマンさん(HNは違っても、管理人がコピーマンさんと
同一人と判断した人を含めて)の投稿は内容を問わず、すべて削除いたします。

498 :ゴーマン君:03/09/01 13:11
あらら、可哀相なコピーマンさん。早く真実に目を向けられるようにお祈りいたしております。
何をどう言えば通じるのか分かりませんが・・・。
教団がどうこう他人がどうこうと言うより、個人レベルで自分自身は真理に則して生きているか、
否か、と一人一人が日々努力する事が大切なんではなかろうか。
それが、教団全体の為になると思います。宗教嫌いの私が言うのもなんですが。
副総裁は大変です。めちゃめちゃ大変。考えてもみてくださいよ。もし、自分が副総裁だったら、
そして、信徒さんに「お前は全然副総裁に向いていない、真理を全然分かっていない」
なんて言われたら、やってられますか?私なら「やってられるか!」って感じです(笑)。
でも、そこは副総裁、そういう方々がいてもその人の幸せを願い、許してくれている事でしょう。
しかも、その人の為にますます頑張らねば、と高い志で、日々祈っておられると私は思います。
そういった、副総裁の実相が観じられませんか?本当、普通の人だったら参ってしまいますよ。
よくやってられるなーと尊敬します。
個人的には私は、総裁は誰がなろうとよいのではないか、と思います。
自分はどうなろうと真理をすべての人に伝えるという揺るぎない信念を持っていれば。
私は雅宣氏にあった事がないので彼がどんな人であるか分かりませんので、何ともいえませんが、
本を読む限り、素晴らしい人だと思えます。
宗教という組織の中にいると、組織であるが為の問題も多々あると思います。
私は蚊帳の外の人間なので分かりませんが、私は、「もっと他に世界に向けて訴えていく
べき事がたくさんあるんではなかろうか」と思います。ま、思ってるだけで、私としては
何もしてない訳ですから、人のことをとやかく言う筋合いもクソも無いですが・・・。

アクエリアンさん
「本音の時代」見ました。凄いですね。皆さん博学で。まるで業界用語で話しているようです。
私には難しくてさっぱり意味がわかりません。自分はちっちゃい人間だなーとつくづく思いました。

499 :会話の最中ですみません・・・:03/09/01 13:14
1 :名無しさん@非公式ガイド :03/08/31 22:18 ID:???
父さん、コナミが倒産です
http://game2.2ch.net/test/read.cgi/gameover/1062335927/

おまいら、このスレの1が風説の流布で逮捕されるぞ!!

ちなみに、1の罪状は
◆ 偽計業務妨害罪 ◆
虚偽の風説を流したり、偽計(他人をあざむくはかりごと)を用いて、業務を妨害する罪(刑法233条)。

(他の板やスレッドにもコピペ汁!)

500 :名無しさん@3周年:03/09/01 16:09
2ちゃんねるは、現在、全てのIPアドレスまたはホスト情報を記録しています。
一歩間違えれば、明日にも皆さんの職場や学校、自宅などに警察が現れ、同僚や同級生、
家族の見てる前で、その両手に手錠をかけんばかりの勢いです。(経験者の手記をネット
で読んだ事があります。検索してみて下さい。)
掲示板開設時や書き込み時のリモートホスト名は、表示していなくとも、記録保存されてお
ります。関係当局より要請が有れば、新法により、開示せざるを得ません。
「インターネットは匿名性が高い」と言われますが、警察が動いた場合、全ての書き込みは、
その一つ一つの発信元となったパソコン一台一台を特定する事が可能です。匿名プロクシを
使用した場合も同様。くれぐれも、節度ある言動をお願い申し上げます。

501 :名無しさん@3周年:03/09/01 20:56
↑そういうことは霊界通信者Aに言ってやってくれ。

502 :名無しさん@3周年:03/09/02 01:35
せひちゃふのひへ

503 :名無しさん@3周年:03/09/02 07:20
霊界通信者A=総会屋

目的は何だ。金か?カレーか?

504 :名無しさん@3周年:03/09/02 07:38
>生長の家は、人間の悪意を虚妄とするので、現実の世界で教団にふりかかってくる
人間の悪意にどう対処するべきかというマニュアルがありません。
「不倫撲滅委員会」と名乗る(A氏の)書き込みが始まると、どうせ「あなたの実相
が現われることを祈ります」とかいった美しい言葉で迎えられたのだろうと思います。
生長の家の人たちは、頭をこずこうが腹を突こうが、ニコニコと笑って、「こんな
ことをするのは、あなたが悲しい経験をしたからですね、ああ、かわいそうに」と
言ってくれます。ここでなら、言いたい放題だとA氏は思ったに違いありません。


以上、総本山の掲示板を荒らしていたのは(コピーマン)でした。

505 :名無しさん@3周年:03/09/02 10:37
>そこは副総裁、そういう方々がいてもその人の幸せを願い、許してくれている事でしょう。

であるならば・・・こんなに内部の人たちから非難されないだろうよ。

人を許しなさいって誰か忠告したらいいのではないかね。

彼は人を裁きまくっているらしいじゃないですか。

506 :アクエリアン:03/09/02 10:54
>>493
>しかし、彼の言っている内容は、実質的にそういうことであり、雅春先生がおっしゃ
>ていたこととは、正反対のことだと思います。
>このことは、職員等、ある程度教義を真剣に学ばれた方なら、皆感じていることだと
>思います。
>私は、彼が個人的にどのようなことを言おうが関心はありません。
>しかし、より積極的に、雅春先生の語られた素晴らしい教義を改竄しょうとしている
>から、辞めて欲しいと言っているのです。

うーん、これは見解の相違としか言いようがないですね。
前にも書きましたが、雅宣氏は、生長の家の教義の深化を必ずしも目指すのではなく
(結果的にそういう事態になることもあるかもしれないが)、より多くの人に知っても
らおうという意図があるのではないかと思っています。つまり、それだけ教義の確信
を持っておられるのだということですね。もし興味を持ってもらえて、谷口哲学の門
に入れば、必ずやその人にとって、何らかの利益をもたらすであろう、という確かな
思いがあるのだろうと思います。そのためには、一般の人の思考レベルまで降りてきて、
そのレベルで、生長の家の教義を考えていこうというスタンスを取っておられるの
だと思います。そういう姿勢が、コピーマンさんなどの人には、物足りなさや、不満を
感じられるのでしょうけれども、私などには、なかなか上手な戦略を採っておられるな
と、肯定的に感じられますが。高飛車な物言いではなく、共に真理を考えていこうという
姿勢。私には好感が持てますね。



507 :ゴーマン君:03/09/02 13:17
なかなか、難しい問題です。
コピーマンさんから見ると雅宣氏の言っている事は、仏教でいう
二乗三乗の教えだから、生長の家の大乗の教えに反する、と言いたいのでしょう。
でも、生長の家も二乗三乗を通して人間神の子に行き着くわけですから。
例えば、神想観なんかは、二乗です。
人間神の子だったら、別に神想観しなくったって、そのまま人間神の子です。
けれど、現象界では、やはり、物質の存在を否定するのは、普通困難です。
そう言った訳で、いろいろな人が世の中にはいますので、いろいろな方便がある訳です。
行き着く先は同じ真理であるけれども、真理とは離れているように見える。
雅宣氏も、そこんとこちゃんと説明してあげてほしいなー(笑)。

508 :名無しさん@3周年:03/09/02 15:55

霊界通信者A「もっとうまいカレーを食わせろ!」

おまえ、とうとう谷口雅春先生をカレー屋のオヤジにしちまいやがったな。
この罰当たりメ! 天誅!!!!!

いいかげんにせい! 許さんぞ! 必ず見つけ出してボコボコにしたるわ。

509 :ゴーマン君:03/09/02 23:24
谷口雅宣氏の素晴らしさについて。
私は、生長の家では、和顔・愛語・賛嘆だからと言って、何でも無暗やたらに素晴らしいと言っている訳では
ないのです。そう言う訳で、谷口雅宣氏の素晴らしさを、詳しく解説したいと思います。
谷口雅宣氏と言えば、「環境問題」。
第一、前にも述べたように、すべての人に真理を伝えるための方便としての環境問題の提示。環境問題という、今の時代に
合った話題において、あらゆる人を真理に導くわけです。これは、アクエリアンさんと同じ見解。
第二、神の国の顕現としての、「環境問題」における取り組み。
私たちが、何故、この現象界に存在するのかと言えば、それは、キリスト的に言うならば「神の御国のごとく、地に在らし
め給え」、すなわち、神の国・実相世界を地上という有限の世界に顕現するためです。例えて言うならば、芸術家が心に浮
かんだ素晴らしい世界(実相世界)をキャンバス(現象界)に描く事。それが、私たちの使命です。
谷口雅春氏が、まず、実相世界をあらゆる方便で説かれた。そして、今度はそれを現象界に顕現していく段階になるのです。
実相を観じれば、自然と環境は整えられるから、「環境問題」について講義するのはおかしいと思われるかもしれません。
では、例え話で説明しましょう。今の地球環境を散らかった一つの部屋とします。そして、私たちは、そこに住んでいます。
ある日、現象なし、実相において私たちは、完全円満なる清潔で奇麗な部屋に住んでいるんだよ、と教えられる。
そうか、実相において私たちは、完全円満なる清潔で奇麗な部屋に住んでいるんだ、と現象を否定する。
そして、部屋を観る。そこは現象的に見れば依然として散らかった一つの部屋です。が、実相を観じた私たちは自然と整頓
し、実相を現します。自然と、と言うのは、散らかった物が勝手に動いて整頓されるわけではありません。私たちの手や足
を動かして、実相を顕現するのです。それが、神が地上に私たちを現している理由です。
そう言う訳で、「環境問題」について講義されていると、私は解釈致しました。
この様に谷口雅宣氏の「環境問題」は、一石二鳥です。
どうでしょうか?納得?まだまだ?

510 :アクエリアン:03/09/03 01:54
ゴーマン君さん、雅宣氏擁護論、参考になります。
なるほど、地上への実相顕現のための環境問題への意識的な、積極的な取り組みですか。
鋭いご指摘だと思います。
宇宙的な視野に立った宇宙船地球号を護るための運動は、アクエリアス(水瓶座)の
時代に適った聖なる宗教活動であり、人類光明化運動の根幹となるものだと思います。

アポロ7号の宇宙飛行士ウォーリー・シラー曰く、

「この地球の自然なしには人間は生きていけない。というより人間も地球の自然の
一部なのだ。地球を離れては、人間は呼吸することすらできない。」

この、「人間も地球の自然の一部なのだ」、という認識を雅宣氏も強調されていますね。
環境問題を考えるとき、この謙虚な姿勢が大切なのだと思います。そういう謙虚さ
が失われると、田中忠雄氏が述べられているような根本的な理由により、環境破壊が
起こってくるのでしょう。

「私は今日の公害は十六世紀のヨーロッパに胚胎すると考える。いうまでもなく、それ
は人間中心主義、すなわちヒューマニズムの出現した時代で、これが「近代」と呼ばれ
るものの一貫した基調をなしているのである。」(「こころの原点」)

「人間も地球の自然の一部なのだ」という古来から伝えられてきた東洋の自然との共存
という考え方の延長線上に、霊界通信者A氏の掲示板で批判されている「動物と本質的に
異ならない」という言い方が出てきたのではないかと私は考えています。これはどこ
に視点を置くかという見方の相違にしかすぎないものだと私は思います。田中忠雄氏が
断罪する人間中心主義を廃し、万物との一体性を強調すれば、当然、こういう誤解を招く
ような表現法になるのは仕方ないでしょう。そこはやはり、雅宣氏の真意を汲み取って
あげなければならないのではないでしょうか。

511 :名無しさん@3周年:03/09/03 11:40
朝起きたら、

太陽の光と、おまえの命と、おまえの力とに、

感謝することだ。

どうして感謝するのか、その理由がわからないとしたら、

それは、おまえ自身の中に、罪がとづろを巻いている証拠だ。

      ショーニー族の首長、テクムセの言葉(1768−1813)
      「インディアンの言葉」ミィシェル・ピクマル編中沢新一訳
                         紀伊国屋書店より

感謝が我がうちから溢れてくるようになると、自然と周りのものにも
優しくなれますね。

512 :柏元:03/09/03 23:57
地上への実相顕現のための環境問題への意識的な、積極的な取り組みのために、
なんで神の子が「動物」にならにゃあ、ならんのよ
雅宣って、なに考えてんの?

513 :ゴーマン君:03/09/04 01:54
まだまだ。谷口雅宣氏の素晴らしさについて。
一応、家には聖書もあるけど、頭注版「生命の実相」第11巻、萬教帰一篇上から、
創世記の一部を抜粋。

神いい給いけるは、我等に象りて、我等の像のごとくに我等人を造り、之に海の魚と、
空の鳥と、家畜と全地と地に匍う処の諸ての昆虫を治めしめんと。
神その像の如くに人を創造り給えり。即ち神の如くに之を造り、之を男と女に造りたまえり。
神、彼等を祝し、神、彼等に言い給いけるは生めよ殖えよ、地に満てよ、之に従わせよ。
又海の魚と空の鳥と地に動く所の諸ての生き物を治めよ、神いい給いけるは視よ、
我全地に面にある種のなる諸ての草と、核ある果実の生るすべての樹とを汝等に与う、
これは汝らの糧となるべし。又、地の諸ての獣と天空の諸の鳥および地に匍う諸の物など、
凡そ生命ある者には、我れ、食物として諸の青き草を与うと。即ち斯くなりぬ。
神その造りたる諸の物を視たまいけるに甚だ善かりき、夕べありき朝ありき是れ六日なり。

要するに、人はその他の物を治める役割をするという目的がある。
そういう観点から見ると雅宣氏が云わんとする事が明確に分かると思います。
これは神から与えられた使命であり、その使命を果たす事が、私たちの幸せにつながります。
自然と調和した世界について雅宣氏が本に書かれている訳で、それが、真理に反するとは
思えません。というより真理に則した生活が書かれています。素晴らしい。

514 :ゴーマン君:03/09/04 02:20
アクエリアンさんの様に難しいことはよく分かりませんが、私は、ただ、
世界が平和になってほしい。→そのためには真理をすべての人に伝える事が必要。
→生長の家は真理を一般の人に分かりやすく説いている。→その宗教組織の次の
総裁になるかもしれない人が誤解されている。→なんとかせねば。
という感じです(笑)。他にも宗教じゃないところで真理を示している人もいます。
例えば、古いですが、渡辺大起著の「宇宙からの黙示録」なんかは、生長の家の真理
とピッタリ一致します。
しかし、少々オカルト色が強いので、一般の人には受け入れられなさそう・・・。
生長の家の本で言えば、「生命の謎」の宇宙版って感じですね。
SF小説としては面白いけど、(私はこの本に感動したが)これをそのまま信じ、
しかも行動するには、超能力者で無い限り無理っぽい。霊界とか、宇宙の全貌が私に
実際問題として、把握できないから。
そう言う訳で、生長の家に期待しています!!

515 :名無しさん@3周年:03/09/04 07:07
512
コピーマンさんとの話の進展は望めませんので、終わりにします。
今後、コピーマンさん(HNは違っても、管理人がコピーマンさんと
同一人と判断した人を含めて)の投稿は内容を問わず、すべて削除いたします

516 :名無しさん@3周年:03/09/04 14:23
515さん それは、あまりに独裁的ですよ。
パソコンが、壊れて新しくしました。参加しないうちに、話が、おかしく
なっていました。でも面白いです。
反対意見は、言論でと思います。
投稿を、認めないというのは、軍国てき発想です。
コピーマンが、軍国主義社であることは認めます。でも言論を封鎖したら
いかんでしょ!

517 :名無しさん@3周年:03/09/04 15:01
そう、もう削除されちゃて、コピーマンさん来れないんですかね。
私も話の進展を望んでいたんだけど、同じ書き込みが続いたもんね。会話になってないとゆうか・・・。
でも中には会話になってるのもあったから、だれかに名前を利用されていたというのもあるのかも。


518 :名無しさん@3周年:03/09/04 15:09
コピーマン完全敗北 逃走

519 :名無しさん@3周年:03/09/04 15:45
コピーマン=社会的不適応者    ひきこもりプータロウ

520 :名無しさん@3周年:03/09/04 16:58
このごろのスレって、生長の家の都合のいいことだっけ、言い合って
自己満足しているだけですね。
肉体なしが、病気の人に言って説得力がありますか?
それを信じて100パーセント病気がなおっていますか?
違うでしょう。奇跡の意味からして、100パーセントは直りませんよ。
そのときに、一般の宗教団体は、信仰が足らないと、その人を非難するわけです。
そんな場合、生長の家ではどうされるのか?聞かせて頂きたい。
肉体なしで神想観すると、病気がなくなれば、生長の家に、病人無し
でも、一杯いますよ。 この矛盾どう説明されます。アクエリアンさん、
宜しくね。


521 :名無しさん@3周年:03/09/04 18:04
>そう、もう削除されちゃて、コピーマンさん来れないんですかね。

2chではスレを立てた人が削除できるわけじゃないよ。

522 :アクエリアン:03/09/04 20:46
ゴーマン君さん、
べつにむずかしいことを言っているつもりはないんですけどね(笑)。
禅の大家であり、道元研究家で、生長の家の本部講師、日本教文社編集局長、生政
連会長などを務められた田中忠雄先生の「こころの原点」の内容に大いに感銘を受
けたものですが、その中の「自然帝国主義」の章は、環境問題を考える上で、なか
なか参考になりますね。自然を利用の対象としてしか見ない人間中心主義的な西洋
的な考え方では駄目で、自然と共存、共生を考える東洋の思想を今こそ見直すべき
ではないか、と提言された内容です。なるほどと共感しましたので、ちょっと引用
させてもらいました。

>>512さん、

仏教に如来蔵思想というものがありますね。
「一切衆生、悉有仏性」
すべての衆生(サットヴァというサンスクリット語の漢訳で、有情ともいい、生命
を持つすべての生き物を指す。勿論、動物も含まれる)は、仏性(仏の本質、本性、
如来蔵ともいう)をその本質に持つ、という仏教思想です。
この考え方からすると、人間も動物も、仏性を有するという点では、同じだという
ことになりますね。これは仏教独特の考え方で、その背景には六道輪廻という思想
があります。人間といえども、来世動物に生まれ変わるかもしれず、動物が来世人
間に生まれ変わるかもしれない。

523 :名無しさん@3周年:03/09/04 22:13
520さん、肉体なしについて考えてみましょう。
まず、あなたの前提は、宗教たるもの100%病気が治らねばならないとお考えですか。
もしそういうところがあれば私も教えていただきたいですね。
現世利益だけの宗教をお探しでしたら、がっかりしていろんな宗教を渡り歩くことに
なるでしょう。
はっきり行って<肉体なし>というのは価値観の転換です。
それを基本に考えていかないと、喜んだり、悲しんだりを繰り返すだけということに
なるでしょう。
<ブッダのことば>に書かれていることも、結局はその境地に到る方法であり、それを
実行するかしないかは本人が決めるしかありません。

医者にはどうにもならない病気だとしたら、そのままあきらめるか、騙されたと思って
試してみるかそれだけのことです。
そして信じるものは救われたのかどうか。それを信じるのかどうかも本人しだいです。

私は救われました。その価値観の変換というチャンスをいただいて本当に幸せを感じて
います。その苦しみの渦中にいたとき、その事実を受け入れる強さは信仰のおかげだと
思っています。
治る、死なない、年をとらない。というところにあなたが価値を置いて
いらっしゃるのならば、ご期待に沿うものではないかもしれません。

524 :ゴーマン君:03/09/05 02:24
コピーマンさんは悪い人じゃないんですけどね。いわゆる空病なのです。
物質なし、現象なしで、180度で止まっちゃてるのです。本人は気付いてないけど。
かわいそうに。もう少しで360度回転して悟りに至るというのに・・・。
アクエリアンさん
なるほど。ややこしいですが、何とか理解しました(笑)。
>>523さん
あなたの文章を読んでわたしは心が和みました。

525 :名無しさん@3周年:03/09/05 09:56
532さん 私もぶっだの言葉は読んでいます。
肉体なしなんて、どこにもかいていない。あなたの曲がった解釈です。
仏陀のことばが何故意味があるか?中村さんも書いているように、宗教かってい
いない、むしろ処世術としての価値を言っています。
法華経涅槃経などの宗教的混ざり物がない点で意義があるのです。
彼岸の項目でも驚くほで聖書に似ていると、書いてましたっけ?
全然ちがいます。キリストの死生観は、黙示録をよんで勉強しなおしたほうが
いいですよ。

526 :523:03/09/05 10:20
<価値観の転換>について
物質のみを価値の全てとみなすか、それともそれをきっかけとしてその奥の
精神的なものに価値を見出すのか。

仏陀の言葉は平易な言葉で書かれ、とても読みやすく、親しみやすく中村さんの
ご苦労がしのばれますが、だからといって処世術としての価値しかあなたが
感じられなかったとしたら残念ですね。
そこの部分は、後で引用することにします。

527 :523:03/09/05 10:42
物質のみが全てだと思っているひとは、あーだったらよかったのに、
こーだったらいいのにとなげく。
しかしそれは仮の姿、今世の短い一生を生きていくための乗り物として
その姿が現れているにすぎない。
本当のあなたは完全円満なのである。

物質のあーだこーだにとらわれて嘆いているよりも、じぶんの実相の姿を
観じてみてください。あーだこーだは、これからあなたがますます伸びて
いきための、きっかけでしかないのです。

実相の姿を観じてみてください。嘆く必要はないことがわかる。
心が安らぐにつれて、なぜ自分はココに生まれたのか、これからどう
生きていけばいいのかがわかる。
心を覆っていた恐怖心がなくなり本来の調和が現れてきて、いつのまにか
病が癒されていた。ということもあるのです。

これは、生長の家だけで起こる奇跡だといってるわけではありませんよ。
キリスト教であっても、キリストに問題を委ねること、恐怖心をキリストに
委ねることで、同じ働きは起こるのではないでしょうか。
同じ事を言ってはいけませんか。あなたは以前も違いを認めなくてはいけないと
おっしゃってますが、同じものを同じと認めてはいけませんか。


528 :523:03/09/05 10:56
たとえば、手に付いた汚れが病気だとします。
一生懸命こすっても、その汚れはなかなか落ちません。
ある時、ある人のハンカチが汚れていることに気付き優しい気持ちで
「洗っといてあげようかな。」と思いました。
そしてていねいに洗って干しました。
ふと気が付くと、あれほど気になっていた手の汚れは、いつの間にか
なくなっていたのです。

これを無関係な偶然と観るか
<とらわれ→無心>という心の動きが重要なのだとみるかですが、
心の働きと体の働きが無関係とは言い切れない。と私は思います。

529 :ゴーマン君:03/09/05 13:05
真理に気付き説いた人が亡くなってから、次にそれを引き続き説かれていくというのは、大変な事だと思います。
真理というのは誰か一人の独占する学説や発見ではないのであって久遠無窮に宇宙に満ちているものなのですが、
それを、谷口雅春氏だけのものであるとか、釈迦だけのものであるとか、キリストだけのものであるとか限定さ
れてしまって、争そっているというのは、何とも悲しいことです。真理は方便のちがいによって色付けされてい
ますので、違った形相に思えるのでしょう。今の総裁も大変だったと思いますが、副総裁も、また大変です。
副総裁が説いているのは真理にそった生活の最先端ですから、たぶん、なかなか受け入れられないかもしれません。
それに気付いた人は、副総裁を応援してあげましょう。一人で、神の子として地球の実相、神の国を地上に顕現す
るのでないのですから。

530 :名無しさん@3周年:03/09/05 15:01
532さん 中村元さんが、宗教的なにおいがしないのが
この仏典の長所であると書いています。
サンスクリットも分からないあなたが、中村さんの意見を捻じ曲げるとは。
生長の家は、ホント独善者が多いこと、身の程を知らないとはこの事でしょう。


531 :名無しさん@3周年:03/09/05 15:04
523の意見を聞いているのでなく、仏陀の言葉が何を言いたいのか?
という事です。
意味を捻じ曲げないで、生長の家の説明はいいですよ。
うそを書かないこと、岩波の本の解説に、日本教分社はいりません。

532 :名無しさん@3周年:03/09/05 15:05
523の妄想 誰か止めたれや!

533 :名無しさん@3周年:03/09/05 15:14
生長の家の本は、孫引きだらけ、それはいいにしても、
読んだこと無い本を読んだふりして、引用するから、矛盾するんです。
親鸞の本心なんか、著者自体 親鸞の言いたいことが分からなかった
と私は、思っています。
キュウブラロスの引用も間違い、本当に原著を読んだのかしら?
知ったかぶりが多いのは確かだよね。

534 :名無しさん@3周年:03/09/05 15:19
真理とは、何でしょうか?
それは一つなのでしょうか?
真理は一つ、人間は神の子である。
果たして、上の2行を考えると、三行目は、正しいのでしょうか?
真理が複数であることを認めないと、それこそ、宗教戦争ですな。
創価学会と、カトリックに、この事の重要性が書かれています。
生長の家は、まだキズカナイノカ? 創価を見習いましょう

535 :名無しさん@3周年:03/09/05 21:43
新「しゃべり場@21世紀生長の家研究会」

http://www1.odn.ne.jp/cgi-bin/board.cgi?user=aaj39020&no=1

皆さん応援してください。

536 :名無しさん@3周年:03/09/05 22:09

コピーマンさんとの話の進展は望めませんので、終わりにします。
今後、コピーマンさん(HNは違っても、管理人がコピーマンさんと
同一人と判断した人を含めて)の投稿は内容を問わず、すべて削除いたします

537 :ゴーマン君:03/09/06 02:44
>>523さん
がんばれー!!
いろいろな意見の人がいるお陰で、私達の真理がより深まっていきますね。
有難い事です。私は今日、思いました。苦しい、大変だ、と思う時、これは
私の砥石であり、喜びである。神が真理をより深めるために私に与えたプレゼントですね。
私は、今日、生命の実相の生活篇のはしがきを読んで、自分が頭で真理を理解しただけで
信念となっていない事がわかりました。
信仰とは知→信→行と深まっていくものなのですね。私は、まだまだです。

>>534さん
真理は人間の脳髄細胞から生産されて来るものでもなく、実にそれらの人々に宿っている“神”
がそれを説いているのである。しかし人間には在来からもっていた先入観念や薫習というもの
があって、人間を通して真理を説く場合、どうしても、それによって、“神”の説く真理が歪
められ、色付けされて、“純粋なる真理”そのままであることはむつかしい。併し、それはそ
れでよいのである。“純粋なる真理”は恰も無色透明の空気みたいなものであって、人間の五
感には見えず、聞こえず、捉えることが出来ないのである。高い段階の悟りに入った人でない
限り、“純粋なる真理”よりも多少、色付けされた真理の方が一般の人々には分かりやすいか
らである。しかし、“本当の教祖”というべき“真理の啓示者”は“実相世界”にある“神”
のみなのである。イエス・キリストも「師というべき者は、唯ひとり天の父のみである」とい
っているし、谷口雅春も、“自分は教祖ではない。実相世界に生長の家の本部はある”といっ
ているのである。
えー、要するに、真理は一つだけど、いろいろ説き方が異なっているので、真理がいろいろあ
るように見えると言う事です。人それぞれの悩みが違うから、真理も人それぞれに合わせて、
形を変え私たちを導いているのです。例えると観世音菩薩の三十三身みたいなものです。


538 :名無しさん@3周年:03/09/06 12:16
537さん 本地衰弱説<誤字>を改めて説明しなくても良いです。
要は、詭弁を弄するだけですね。
実相世界に生長の家の本部がある。。。こりゃあぶない。
危ない人には、近寄りません。
さらばです。

539 :ゴーマン君:03/09/06 13:44
私の何処が危ないと言うのでしょう??
こんなか弱い一般庶民だというのに(笑)。
あ、分かった、実相世界が理解できないから恐がっているんですね。
そんな地獄みたいな恐ろしい世界ではないですよ。
いいとこです。どっちかっていうと天国。

540 :名無しさん@3周年:03/09/06 13:45
本地垂迹でいうと、生長の家の大神さまが本地?

541 :名無しさん@3周年:03/09/06 13:51
お前等バカだろ実相ぐらい理解しろよ。

542 :名無しさん@3周年:03/09/06 14:06
>>541
実相を理解した人は、そういう書き込みはしないと思うな

543 :名無しさん@3周年:03/09/06 14:57

おまいら、 生長の家 が 何故 生長の家 なのか

忘れてしまったんか? 初心に返れ。

544 :名無しさん@3周年:03/09/06 15:36
>>317
>宇治練成は、子供の頃に、よく連れていってもらいました。懐かしいです。
私は講義にはあまり出ず林でボーっと鯉を見ていましたが(笑)。
もっとしっかり受けとけばよかった・・・。
ttp://uji.sni.or.jp/renseikai/renseikai.htm
生長の家宇治別格本山一般練成会
時間 行事名 講師名 テキスト
9月10日
午後6時00分 開会式    聖経四部経
午後6時45分 体験談      
午後7時00分 講話「實相と現象」 長田忍 「生命の實相」第1巻
9月11日
1日目
午前5時10分 早朝行事   聖経四部経・真理の吟唱
午前7時30分 神想観練習@「神想観の意義・礼拝の意義」 榎本一子 「詳説神想観」
「神想観はすばらしい」
午前8時30分 輪読座談会@
「朝の時間を生かせ」
「朗らかに笑って生きよ」
阿部秀輝 「生命の實相」第7巻
午前10時20分 体験談    
午前10時35分 講話「認めたものが現れる」
楠本加美野 「あなたは無限能力者 」
午後1時00時 聖経「続々甘露の法雨」読誦   聖経四部経
午後1時30分 自己紹介    
午後3時00分 面接並びに班別親睦会    
午後6時30分 聖経「天使の言葉」読誦   聖経四部経
午後7時00分 体験談    
午後7時20分 講話「感謝の生活」 岡野弘明 「みんな神の子ありがとう」
9月12日
2日目 午前5時10分 早朝行事   聖経四部経・真理の吟唱
午前7時30分 講話「汝自らを知れ」 楠本加美野 「あなたは無限能力者」

545 :名無しさん@3周年:03/09/06 15:56
21世紀生長の家研究会
トップページはこちらです。
http://www1.odn.ne.jp/~aaj39020/www1.odn.ne.jp/~aaj39020%20/


546 :コピーマン:03/09/06 20:57
茨城県の常陸太田市という所に、水戸黄門が隠居生活をしたという「西山荘」
という建物がある。そこには、「心」という形の池が掘ってあるが、丁度、
建物から見ると逆向きになるように作られている。
それは、人の心というものは、後ろから見ないと本心は見えないということを
常に自分に戒めるためだと、ガイドから聞いたことがある。

雅宣氏は、もちろん、生長の家を「生業」とする者であるから、うまく、
「本音」を表に出さず、「建前」を並べて、誤魔化そうとし、また、
生長の家の信徒は、素直な人が多いので、疑問をもちながらも、
無理にそれを信じようとしている人が多いようである。
しかし、そんな裸の王様は、いずれ、誰かが「彼は唯物論者だ」と
真実を告げたときには、化けの皮がはがれるのである。

547 :コピーマン:03/09/06 20:58
雅宣氏は、当然神を信じておられる。(はずである。)
雅宣氏は、当然あの世の存在も信じておられる。(はずである。)
雅宣氏は、当然人間は神の子だと信じておられる。(はずである。)
雅宣氏は、当然唯神実相の教えを信じておられる。(はずである。)
雅宣氏は、唯神実相の教えを広めようとしておられる。(はずである。)
雅宣氏は、雅春先生の教えのうち時代に合わない部分のみを修正して、
現代にあった「新しい教え」を作られようとしている。(はずである。)
雅宣氏は、環境問題を通して、唯神実相の教えを広めようとしておられる。
(はずである。)

ところが、これらは、全くの建前であって、彼の「本音」が異なる所に
あることは、
彼の心を後ろから見れば、一目瞭然で明らかになるのである。
魚は、うろこ1枚調べれば、どういう魚か分かるという。
彼の心も、彼の書いた文章を1行読んで、その心を後ろから見れば、
一目瞭然で
理解できるのである。


548 :コピーマン:03/09/06 21:01
ところが、これらは、全くの建前であって、彼の「本音」が異なる所に
あることは、彼の心を後ろから見れば、一目瞭然で明らかになるのである。
魚は、うろこ1枚調べれば、どういう魚か分かるという。
彼の心も、彼の書いた文章を1行読んで、その心を後ろから見れば、
一目瞭然で
理解できるのである。

雅宣氏は、神の存在を信じてはいない。(立場上、口先では神と言うが)
雅宣氏は、あの世の存在さえも信じてはいない。(はっきりとは言わないが)
雅宣氏は、人間神の子の真理を信じてはいない。(立場上神の子と言うが)
雅宣氏は、雅春先生の説かれた教えを広める気はない。
むしろ、自分の理解が及ぶ範囲の小さな教えに作り変えなければ、
とても、この先やっていけないと思っている。
雅宣氏が、「環境問題」をいうのは、それを縁として若い人を
唯神実相の教えに誘うなどという殊勝な思いからではない。
神を信じられない人間が宗教的な話をしようとすれば、
「環境」とか「平和」とか、そういう話しかできないから、
そういう教えに改ざんしたいだけである。

549 :コピーマン:03/09/06 21:02
神の存在を感じられないような悟性が未発達な人間が、宗教家の跡取として
生まれたということは、本当に不幸な事であった。
美を理解できない感性の人間が由緒ある日本画家の跡取とならなけれれば
ならなかったようなものである。
美を理解できない者が、無理に、日本画家になられければならなかった
とすれば、彼はどうするであろうか?
しょうがないから、彼は、コンピューターグラフィックスかなにかで、
前衛的な模様を作り、それを「新しい時代の日本画」だと主張せざるを
えないのだ。
そのような事をするくらいなら、何もしない方がマシだと言うのに。

雅宣氏に期待されるのは、「何もしない。」ことである。
そもそも、宗教家の器ではないのだから。
教えを説くことは全て講師にまかせ、ただ存在するだけとなることである。
世に害になることをするくらいなら、何もしない方がいいのだ。
それができないのであれば、潔く辞職しなさい。
あなたの道はそれしかないことを明言する。

生長の家の信徒は、雅宣の言う事を聞いてはいけません。無視しなさい。
彼が語るものは、生長の家の教えではありません。
それくらいのことは、ある程度学んだ者ならすぐに分かるはずである

550 :名無しさん@3周年:03/09/06 21:19
534さん、真理は複数あるのですね。
わたしは、同じ真理に対して違う言葉で説明しているだけだと考えています。
法則がひとつでなく複数あるとしたら、病気が治るシステムも説明できません。
人間が努力する意味も説明できません。人種が違ったら価値観も喜びも共有
出来ませんか?人類に共通するところの価値を真理と言ってはいけませんか?
根本真理はひとつですが、それを説明する言葉は複数あります。

551 :名無しさん@3周年:03/09/06 22:43
今日もまた 「恥部」がどこかで 講習会

552 :名無しさん@3周年:03/09/07 01:30

コピーマンさんとの話の進展は望めませんので、終わりにします。
今後、コピーマンさん(HNは違っても、管理人がコピーマンさんと
同一人と判断した人を含めて)の投稿は内容を問わず、すべて削除いたします

553 :アクエリアン:03/09/07 01:43
コピーマンさん、貴方の生長の家に対する切々たる思いが伝わってくる書き込みで
すが、しかし、この雅宣氏批判には、生長の家の大神への絶対の信頼が、欠けている
ように思えるのですが、いかがでしょうか。
生長の家の人類光明化運動推進のために、生長の家の要職を与えられたならば、その
人間の能力以上の能力が、その要職をまっとうするために発揮されると言われています
。これもひとえに、生長の家の大神の御働きに他なりません。その視点が抜け落ちている
ように思えるのですが・・・。

554 :名無しさん@3周年:03/09/07 11:19
生長の家の大神のイメージがかける?
イメージなんてありませんよ。
甘露法雨を読んでも神のイメージは湧きません。
ここが、生長の家の弱いところ 欠点です。
せいぜい本部に立っている白い像しか心に浮かびませんよ。
ただの人間の元の光源にしか過ぎない存在なんだから、屁みたいな、神ですわ。

555 :名無しさん@3周年:03/09/07 11:48
ほな、さいなら。

556 :名無しさん@3周年:03/09/07 15:25
人間の元の光源、結構じゃないですか。
言いえていますよ。まさしく私達はそれを探しているのですから。
へたに固定観念を持ち、ヴィジョンとして顕われるほうがオカルトですよ。

557 :523:03/09/07 16:17
530さん、531さん、そうですね。ブッダが何を言いたかったのかが大切ですね。
私は確かにサンスクリットもわかりません。
しかし、日本の寺の坊さんにしか読めない漢字ばかりのお経よりはいいと思いますよ。
わたしも<ブッダの言葉>を読めてうれしいですが、きっとブッダもその言葉が再び
日の目を見てうれしいでしょう。・・・いやいやきっとブッダにはそんな欲はないでしょうね。

あの<ブッダの言葉>には、宗教色はあまりありません。
それはなぜか、もうご存知でしょうけれど、ブッダはバラモンとして出家してバラモン
としての修行をしてみた結果あの言葉に行き着いているのです。
そしてその言葉を語る相手は、ヴェーダの達人と言われる人たちです。
つまり、<ヴェーダ聖典>に記されている神や思想を前提に語っているのです。
ブッダはとらわれてはいけないとは言っているけれども、宇宙を構成する法そのものを
否定してはいません。

しかし、ヒンズー教がインド国内にとどまり、ブッダの教えが世界に広まったのは、
ヒンズー教を越えた真実があったからではないでしょうか。
なにせヴェーダの達人が、それ以上のものを仏陀の中に見て教えをこいに
やってきたのですから。
結果、彼らは・・・無上の清らかな行いの究極を現世においてみずからさとり、
体得し、具現していた。「(迷いの生存のうちに)生まれることは消滅した。
清らかな行いはすでに完成した。なすべきことをなしおえた。もはや再びこのような
生存を受けることはない」とさとった。そうしてセーラさんとその仲間とは、聖者の
一人一人となった。           第3大いなる章、7

ただの処世術ではないことを理解していただけたでしょうか。
ブッダが、何を言いたかったかが大切ですね。私もまだよくわかりません。
いっしょに学んで行けたらいいですね。

558 :523:03/09/07 16:39
<ぶっちゃけ、悟りって何よ>というスレで
釈迦はバラモン教の堕落を批判したが、教義は引き継いだ・・・
とか否とか、議論(研鑽?)してたよ。
530さん、531さんもあなたの考えを書き込んでみたら?

559 :コピーマン:03/09/07 17:15
>しかし、この雅宣氏批判には、生長の家の大神への絶対の信頼が、
>欠けているように思えるのですが、いかがでしょうか。
大変ごもっともな模範的な疑問であると思います。
率直に言えば、雅宣氏が、生長の家の大神の意向によって、
後継者となるならば、それは、生長の家の大神が、もう、
「店じまい」を考えておられるということだと思います。
雅宣氏は、組織内に埋め込まれた「自爆装置」であり、やがて、
自動的に稼動して、唯神実相の教えを完全に破壊し尽くして
ゆくことでしょう。
私は、一応、生長の家に籍はおいておりますが、どちらかと言えば、
雅春先生個人と彼の説いた唯神の教えのの一ファンに過ぎません。
従って、あんたのような熱心な信徒と異なり、組織的な思いは
ありません。
谷口雅春という巨人が、現代の日本に生まれ、数十年の人生を
おくられたということは、日本が世界に誇るべき「世界遺産」
だと思います。
それゆえ、彼の足跡は、忠実に後世に伝えるべきであると思います。
生命の実相19,20巻に自伝篇というのがあり、女性関係や経済的
困窮や仕事で失敗ばかりする姿が赤裸々に綴られています。
しかし、そのようなものでも、谷口雅春という人間を理解する上で
必要なものだとおもうのです。
確かに、戦時中の彼の見解や、戦後においても「明治憲法の復活」等
の主張は現代には、全く合わないものかも知れません。
しかし、そういうものでも、谷口雅春という巨人とその思想を真に
理解するためには必要なものだと思うのです。
社会に対しては、純粋な唯神の教えを伝えればよいと思いますが。
だから、以前、雅宣氏は、温故資料館の名誉館長であればいい
と言ったのです。彼の器は、その程度のものだと思います。

560 :コピーマン:03/09/07 17:15
雅宣氏が作ろうとしている「新しい教え」なるものは、明らかに
彼の「分」を越えた越権的なものです。
「自分の小さな器を知りなさい。」と言いたいです。
大体、彼の講習会なるものを聞いて、生長の家の教えは素晴らしい
と思って来た人が一人でもいますか?
むしろ、(昔からの熱心な信徒を除いた)すべての人が、
「生長の家はつまらない」と思ったのではないですか?
あなたが言うように、彼の後継が生長の家の大神様の意向であると
すれば、「生長の家の使命は既に終わった」と思われているという
ことなのでしょう。
発起人であり、設立者でもある方がそのように思われているならば、
それも止むを得ないと思いますが。
私たちは、残された彼の思想を学び、後世に伝えてゆくしか
ありません。

561 :名無しさん@3周年:03/09/07 17:22
解散と 英語で書いてる 三代目 

562 :名無しさん@3周年:03/09/07 17:33
嫌ならやめりゃいいだろ

563 :名無しさん@3周年:03/09/07 19:05
今日、マリンメッセ(福岡)で講演があったそうですね。
前後の設営と撤去作業に行ってきますた。

564 :563:03/09/07 19:06
漏れはただのバイトであって信者じゃないよ。
デカデカと看板があったから調べに来ただけ。

565 :名無しさん@3周年:03/09/07 19:34
コピーマンさんとの話の進展は望めませんので、終わりにします。
今後、コピーマンさん(HNは違っても、管理人がコピーマンさんと
同一人と判断した人を含めて)の投稿は内容を問わず、すべて削除いたします

566 :名無しさん@3周年:03/09/07 20:18
523さん 悟りなんて馬鹿なことを考えていません。
私は、なにか人生において大切なものを神様から語ってもらうと言っています。
一瞬に教えてもらうなんて思っていません。人生をとおして、教えていただく。
それゆえ、人生に価値を見出しています。覚った跡に、カクシャは、人生
をどう生きるんでしょうか?禅宗の高僧がすることが無いと、自殺した
気の毒なひとが、いましたよ。禅宗は無神論ですから、こうなるんですね。
神とのコミュニケーションで人生が楽しいくなるわけです。
そして、生かされて生きる事を実感すれば言いと思います。
多分 私の経験上、悟りって、嘘が多いと思っています。
ある意味、無駄な行為であります。

567 :名無しさん@3周年:03/09/07 20:23
言葉だけの感謝で、そしてすべてを感謝でかたずける、浅い
信者がいましたよね。口だけ言葉だけの感謝は、覚ったんじゃなく
宗教的思考停止に陥っています。誰とはいいませんが、
これも、生長の家の欠点でしょう。
本当に感謝できる人は、非常に少ない、という事は、事実と思っています。

568 :名無しさん@3周年:03/09/07 20:24
覚ったと勘違いしているだけでしょう。
簡単に覚れるのなら、世の中 もっと良くなっているよ。

569 :名無しさん@3周年:03/09/07 20:26
コピーマンは、やばい。

570 :アクエリアン:03/09/07 23:18
>率直に言えば、雅宣氏が、生長の家の大神の意向によって、
>後継者となるならば、それは、生長の家の大神が、もう、
>「店じまい」を考えておられるということだと思います。

面白い見解ですね。
でも、逆に、こうも考えられないでしょうか。
つまり、かつて、幸福の科学の大川隆法氏が、
「現代においては、宗教は、やはり変化する環境に対応できるような言葉と思考、行動
様式を伴うべきであると私は思います。すなわち宗教におけるイノベーションが非常に
大事なのです。」
と語ったように、生長の家の大神の意思として、現代の環境に対応すべく、雅宣氏を
選んだのであると。幸福の科学が会員数を大幅に伸ばしたのも、その本の読みやすさだ
と思うんですよ。私は大川氏の本からは何のインスピレーションも受けませんが、ああ
いう読みやすさが、現代人にアピールしたのだと思います。それと同様に、科学的な
マインドを持ち(コピーマンさんが宗教家の器にあらずといわれますが)、コンピュー
タにも明るい雅宣氏こそ、現代にふさわしい指導者であると、生長の家の大神が考えた
のではないかと。ああいう評論家的な説法スタイルこそ、現代人が求めているのだと、
洞察されたのではなかろうかと。とはいうものの、霊界通信者A氏によると、講習会
参加者が、減少の一途を辿っているそうですね。そうだとすると、生長の家の大神の
ご意志ではなかったのかもしれません。


571 :アクエリアン:03/09/07 23:25
>私は、一応、生長の家に籍はおいておりますが、どちらかと言えば、
>雅春先生個人と彼の説いた唯神の教えのの一ファンに過ぎません。
>従って、あんたのような熱心な信徒と異なり、組織的な思いは
>ありません。

これは誤解ですね。
私も、コピーマンさんと同様雅春先生の一ファンにすぎませんし、
信徒ではありませんし、組織的な思いも全くありません。
まあ、過去に大いなる影響を受けた者として、生長の家ウォッチャー
として、こういうスレッドを立てたまでです。


572 :ゴーマン君:03/09/08 05:33
>>544さん
有難うございます。私は、高校の頃宇治練成に三泊三日位、三回程行ってました。あと、地元で小学校、中学校と練成に
何度も何度も行ってましたね。嫌で嫌でしょうがなかった(笑)。今ではいい思い出です。また、機会があれば行きたいです。

アクエリアンさんも雅春先生ファンだったんですか〜!!何かこのスレには信徒さんはあまりみえないのかしら。
あ、熱心な信徒さんは地道に伝道してるか・・・(笑)。

ところで、生長の家は、超前向きな教えじゃなかったけ??
なんでも良い方ばかりを見るという。
例えば、神様〜幸せになりたい!という祈りじゃなくて、神様、幸せでーす。有難う!!神様、私に無限の愛と智慧をお与え
くださいまして有難うございます。というか、神が私を必要としているのだー!!神の無限の幸せと富と繁栄と喜びは、
私を必要としてやって来る。喜びが、私を必要としてやって来る。私は神に使わされた人々、神の子さんにより幸せと喜びを
与えるために、神の御智慧、御愛、御力によりまして、今日も元気に活躍します!!有難うございまーす!!
みたいな。
雅宣さんは、コピーマンさんみたいな人がいても平気なのかな〜。実相観ちゃってる人には敵なし、悪なし、良いこと尽くし
だからな・・・。ふう。私もそうなりたいっス。

573 :名無しさん@3周年:03/09/08 11:40
コピーマン=講習会荒らし屋

目的は何だ。金か?カレーか?

574 :523:03/09/08 12:33
566さん、神とのコミュニケーションですか。いいですね。
私が523で言った事も、526−528で言った事も神様との対話と無縁では
ないことは読み取っていただけたでしょうか。
あなたの言う仏教的な悟りとはちょっと違うのが生長の家の神想観です。

567さん、
>宗教的な思考停止・・・
>本当に感謝できる人は非常に少ない・・・
あなたのおっしゃっていることは判りますよ。私も最初はそう思いました。
これはおまじないなのかなって。
でも、<本当の感謝>というものがだんだんわかってくるのです。
なぜこの出来事に<ありがとう>なのか。
あなたはそれに気付く前にやめちゃったのかな。でもキリストにいって、それに
気付かせていただいたのなら良かったですね。本当にそう思います。

あなたのおかげで、迷っていた信徒の方、聞きたくても聞けなっかた信徒の方、
本当に喜んでおられると思います。
わたしも、語ることの出来る自分の体験があることが、神の導きであったと感じて
います。本当に、あなたのおかげです。

575 :名無しさん@3周年:03/09/08 16:09
生長の家の大神の意思として、現代の環境に対応すべく、雅宣氏を選んだのである

生長の家の大神の意思として、現代の環境に対応すべく、雅宣氏を選んだのである

生長の家の大神の意思として、現代の環境に対応すべく、雅宣氏を選んだのである

576 :名無しさん@3周年:03/09/08 16:16
>>575
何を根拠にそんなことを言っているのだ。
生長の家の大神の神示が雅宣に降りてきたとでも言うのか。
只の信者がかってな理屈を作り上げるんじゃない。

577 :名無しさん@3周年:03/09/08 16:32
この板って宗教団体のあら探しをして叩いたり、
被害者ヅラして苦情を書き込んでいる香具師が多いようだけど、
実はさりげなく自分ところの宗教の教義や内容を宣伝してるってことに
誰も気が付いていないんだよ・・・
批判する香具師がいる一方、何割かの人間がこれを見て入信してる
はずだ(藁
ここにスレ立てている香具師は教団からCM料もらってもいいくらいだ。



578 :名無しさん@3周年:03/09/08 16:33
523さんに、喧嘩を吹きかけても、相手にしてもらえない。
よく考えると、まあどちらも良く似た考えかもしれませんね。
コピーマンの、実相さえみていれば、悪いことが起こらない?
体験的には、そうじゃないと思っています。感謝ばかりで、さて人生の意味
が理解できるのでしょうか? 時に不都合なことも起きるのが、それも人生
なんです。それを私は人生の神秘と思っています。オカルトを神秘と、私は
思っていません。実相を観て、一生自分に都合のいい事がおこる。これ幸せ
そうで、実際は大きな不幸と思っています。
雅宣氏は、まだ実績を表す立場になっていません。これから実績が作れるか
どうかで評価が分かれるはずです。今ガタガタ言っても、清超さん以後の
問題でしょう。

579 :アクエリアン:03/09/08 21:50
>>577さん
>ここにスレ立てている香具師は教団からCM料もらってもいいくらいだ。

CM料ですか。
確かに、考えて見たら、2ちゃんねるは、日本で最大のアクセス数を誇るサイトで
すからね。このスレッドで生長の家を論ずることは、必然的に多くの関係者の目に
とまることになり、それがひいては、関係者、又は、元信徒に改めて、生長の家に
ついて考えさせるきっかけを与えることになり、生長の家という教団を意識化させ
ることにつながり、生長の家が、現在も生きた対象として捉えられることになる、
・・・・・だとすれば、そのきっかけを作ったスレッドの開設者には、教団から
なにがしかのお礼が与えられてもいいのではないか(笑)、一理どころか、二理も
三理もあると思います。



580 :名無しさん@3周年:03/09/08 21:54
>生長の家の大神の神示が雅宣に降りてきたとでも言うのか。

言ってません。


581 :名無しさん@3周年:03/09/08 22:43
578さん、
>感謝ばかりで人生の意味がわかるのでしょうか・・・
神様に愛されているということがわかる。(いつでも光輝いている太陽の存在に
気付くように)ま、おめでたいちゃおめでたいですが。

582 :名無しさん@3周年:03/09/08 22:56
コピーマンさんはただの煽りではありません。
>私達は残された彼の思想を学び後世に伝えていくしかありません・・・
そうですね。生長の家がこれからどのような道を進んでいくのか判りませんが
私達は、私たちに出来ることをやっていくしかありません。
コピーマンさん今のやり方では、彼の思想を生かしているとはいえませんよ。
もうすこし具体的にあなたの人柄や、あなたの信仰の生かし方が見えてくると
いいと思うのですが。

人事を尽くして天命を待つ・・・と言うじゃないですか。
神様を信じて日々私たちに出来ることをがんばってみましょう。

583 :ゴーマン君:03/09/09 00:27
私は、ここにカキコしているのは、ただ、少しでも、生長の家に恩返ししたいからです。
私は、何と言っても、奉納金を払っていない(笑)。信者でもないくせにベラベラとカキコしています。
そして、目にとまった生長の家を知らない人に生長の家ってこうなんだ!と少しでも伝われば良いかな
と思っています。文章力が未熟でイマイチ伝わってないかもしれませんが。
よく、コピーマンさんの事を考えます。コピーマンさんみたいに思う人は、信者さんの中では、いっぱい
いるんじゃないかと思って。
コピーマンさんは、私の中では、「取り越し苦労」な人、です。
人は何故取り越し苦労をするのでしょう?コピーマンさんは生命の実相読んでるからすぐに分かりますよね。
それから。
私は、コピーマンさんの事を真剣に考えてみました。コピーマンさんは、私じゃない。見解の違い。・・・。
・・・否。そうじゃなかった。私の中にコピーマンさんがいる。私の中に、谷口雅宣不信説を唱えるピーマ
ンさんがいる。私の中に、神を信じていない谷口雅宣がいるのだと。と、言う事は、神を信じていないのは
自分なのだと。三界唯心ですね。と言う事は、コピーマンさんの中に、神を信じていない谷口雅宣がいて、
神を信じていないのは、コピーマンさんじゃないんだろうか。嫌々、私の中にコピーマンさんがいるから、
彼は神を信じているんだ。嫌々・・・云々・・・(笑)。
と言う風に、まるで「ソフィーの世界」になってしまった私・・・。
こうなってくると対立的に物事を判断するのが不可能だ。善と悪、知と無知、実と虚。
絶対善の絶対神の中では最早自分と言うものがない。そして、他もない。自分は彼であり、彼は自分である。
コピーマンさん、さては、あなたは私の中の「取り越し苦労」の観世音菩薩さんですね。

584 :名無しさん@3周年:03/09/09 00:47
>生長の家の大神の意思として、現代の環境に対応すべく、雅宣氏を選んだのである

これって教団の正式な見解ですか?なんの根拠も無いことを自分だけの思い込み
で勝手に言ってるだけでしょ。


585 :名無しさん@3周年:03/09/09 01:30
生長の家大神が「人間は動物と本質的に異ならない」(雅宣)なんて口が裂けてもいうかよ
ば〜か!!

586 :名無しさん@3周年:03/09/09 09:01

オナニーマンさんとの話の進展は望めませんので、終わりにします。
今後、オナニーマンさん(HNは違っても、管理人がオナニーマンさんと
同一人と判断した人を含めて)の投稿は内容を問わず、すべて削除いたします

587 :名無しさん@3周年:03/09/09 11:37
584さん、
だから、人事を尽くして天命を待つ。ですよ。
だれにも神の真意は解らないのだから、結果を待ちましょう。
取り越し苦労をしてもドツボにはまるだけで、何も解決しませんよ。

588 :ゴーマン君:03/09/09 13:17
神様が私たちを見捨てて、生長の家を廃業に追い込むなんて事は無い、と私は思いますよ。
どちらかと言うと、私たちが神を捨てて生長の家を廃業に追い込んでいってしまう可能性のほうが
大きい。神は、全ての善きものを創造し、七日目には全てを人間の手に託したのですから。神の与
えたものを私たちが、生かすも殺すも自由です。神は、無我の愛ですから、私たちが何をしようと、
何を選ぼうと、神は、私たちの事を優しく見守ってくれているのです。
私たちには、決定権がある。神の世界をそのまま、地上に現すことも、地獄の世界を現すことも。
では、私たちは、神から与えられた物を生かしていきたいとは思いませんか??地上を神の国に
したいと思いませんか?
その決定権は、神のあるのではなく、私たちに委ねられているのです。

589 :名無しさん@3周年:03/09/09 14:37
↑ゴーマン君、同意!!

590 :名無しさん@3周年:03/09/09 15:02
581の続きです。
ま、わたしは自分がおめでたいことを自覚しているわけですが。

夫との会話。
「あなたの親族はお酒がはいると大きいこと語りだすよね。酔っ払いって面白いね。
うちの親族はお酒がなくても大きいこと語るでしょ。」
「面白いね。」

591 :名無しさん@3周年:03/09/09 15:08
↑宝くじを買ったときも同様。
抽選発表があるまでは、おめでたいおめでたい。・・・(ハァ

592 :ゴーマン君:03/09/09 16:58
もうご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、凄い本に出会ってしまった!!
「神との対話」ニール・ドナルド・ウォルシュ著 吉田利子訳 サンマーク出版
これは、凄いです!!マジで!!
神様と話がしたい人必読!!いやーマジでこれは、面白いし感動だし、言葉では現せられない!!
皆さん、立ち読みでいいので、一度読んでみてください!!

593 :コピーマン:03/09/10 17:15
>>570

>生長の家の大神の意思として、現代の環境に対応すべく、雅宣氏を
選んだのであると。

これが、雅宣氏が信徒に、さりげなくそう思わせようとしている「建前」であり、
彼の「本音」と実際の行動が全く別な所にあることは、前に述べたとおりです。

>>346 >>347 >>348 >>349

594 :コピーマン:03/09/10 17:23
>>571

>私も、コピーマンさんと同様雅春先生の一ファンにすぎませんし、
信徒ではありませんし、組織的な思いも全くありません。

それは失礼しました。
普通「生長の家大神への絶対的な信頼」などという発想は、本を読んだだけの
一フアンには思いつかないものだと思いましたが。
神想観でも相当実修しないと、そういう思いは湧いてこない
と覆いますが?
アクエリアンは、「絶対的信頼」の境地におられるのですか?

私などは、「へぼ将棋 王より飛車を 可愛がり」の方で、
目に見えない大神様よりも、雅春先生の方に愛着があります。
なお、前回の投稿中の「あんた」というのは、「あなた」のタイプミスでした。
お詫びします。

595 :名無しさん@3周年:03/09/10 17:36

これほんと
自分が変わらなければ、何も変わらないと書いてある。
この世の中自分自身に責任があると書いてある。
この本は1度読むべきだ。

596 :名無しさん@3周年:03/09/10 18:30
ttp://www.happy.gr.jp/home/95110800/my.htm

597 :コピーマン:03/09/10 19:48
>>582さんへ

>人事を尽くして天命を待つ・・・と言うじゃないですか。
>神様を信じて日々私たちに出来ることをがんばってみましょう。

ありがとうございます。
私は、まさに、このために書いているつもりです。




598 :コピーマン(訂正):03/09/10 20:16
>>593 の引用を訂正します。
すみませんでした。

>>546 >>547 >>548  >>549

599 :名無しさん@3周年:03/09/10 22:43

オナニーマンさんとの話の進展は望めませんので、終わりにします。
今後、オナニーマンさん(HNは違っても、管理人がオナニーマンさんと
同一人と判断した人を含めて)の投稿は内容を問わず、すべて削除いたします

600 :名無しさん@3周年:03/09/10 22:45
コピーマン=講習会荒らし屋

目的は何だ。金か?カレーか?


601 :ゴーマン君:03/09/10 22:57
私は、数日前に神に向かって「万教帰一なら、何故、神は、キリストとブッダと谷口雅春の姿は
違うのですか?神ならば、何でも出来る神なら、おなじ格好で現われて、人々を信じさせる事が
出来るでしょう?何故そうしなかったのですか?本当に真理の根本は一緒なんですか?
何故、谷口雅宣さんは環境問題を扱っているのですか?現象なしならば、現象に関わるのは何故
ですか?ちゃんと分かるように説明してください。何故、私は、感謝する事は当然のことなのに、
心から、感謝出来ないのですか?感謝できるように、私を説得してください。神様なら出来るで
しょう?何でも知っているし、何でも出来るのが神様なんだから!!」
と、叫んだ。ちょっと怒りながら(笑)。そして、例の如く「神様、お導き頂きまして有難うご
ざいます」と締めくくった。
そんな、祈りをした事もすっかり忘れ、私は、途方に暮れていた。「もう、私には、真理をこれ
以上深く知ることは出来ない」と。しかし、私は、途方に暮れながら、諦めなかった。
そして、ニール・ドナルド・ウォルシュ著「神との対話」という本に出会った。
その本には、全ての疑問の答えが書いてあった。
私は、感動し、涙さえ出た。そして、笑った。
「私は神だ!私は神だ!」と思えるようになった。そして、知識が信念になろうとしている道程
にあると気付く。この喜びを、誰かと分かち合いたい。けれど、すべての人が、私と同じように
感じるという事は無い。だから、押し付けたりする事は出来ないけれど、
もしかしたら、生命の実相を肯定的に読んでいる方で、疑問がある方にとっては手助けになるか
も知れない。と、私は思う。事実、私がそうだったから。

皆さん。
神の世界は、何が正しくて何が悪いと言うことは無いのですよ。
神は、善悪で人を判断したり、結果について思い悩んだりしません。
全ては、神の道へと続いているのです。


602 :名無しさん@3周年:03/09/10 23:02
ほんとかなぁ

603 :名無しさん@3周年:03/09/11 00:55
生長の家大神が「人間は動物と本質的に異ならない」(雅宣)なんて口が裂けてもいうかよ
ば〜か!!生長の家大神が「人間は動物と本質的に異ならない」(雅宣)なんて口が裂けてもいうかよ
ば〜か!!生長の家大神が「人間は動物と本質的に異ならない」(雅宣)なんて口が裂けてもいうかよ
ば〜か!!








604 :名無しさん@3周年:03/09/11 01:46
どっちも知りませんが、成長の家と天理教とはどのように違うんですか

605 :●のテストカキコ中:03/09/11 01:50
http://ula2ch.muvc.net (このカキコは削除しても良いです)


606 :ゴーマン君:03/09/11 04:18
>>602 さん
ニール・ドナルド・ウォルシュ著「神との対話」を読んでみて下さい。
図書館にあるかもしれません。
私は信じています。しかし、あなたの真実になるかは分かりませんが。

607 :名無しさん@3周年:03/09/11 06:45
603
ば〜か!!ば〜か!!ば〜か!!ば〜か!!ば〜か!!
ば〜か!!ば〜か!!ば〜か!!ば〜か!!ば〜か!!
ば〜か!!ば〜か!!ば〜か!!ば〜か!!ば〜か!!




608 :名無しさん@3周年:03/09/11 12:03
>皆さん。
>神の世界は、何が正しくて何が悪いと言うことは無いのですよ。
>神は、善悪で人を判断したり、結果について思い悩んだりしません。
>全ては、神の道へと続いているのです。
その通りです。
皆さん
これぞ神の言葉そのものです。
>この世のことは、こころ程ずつのことなり。
>こころが神になれば、すなわち神なり。
(「道のことわり」の一部を引用)

609 :名無しさん@3周年:03/09/11 12:34
ゴーマンさん
私は確信しています。
人間は「神の子」であり「神」そのものであり
完全円満であります。
「神の姿」を現さないのは「己自身」であって誰のせいでもない。
そこへ至る道は遠く険しい道かもしれません。
でも「己自身」で進まない限り。
そこへ到達することは出来ません。


610 :ゴーマン君:03/09/11 13:36
>>609 さん
おお!厳しいお言葉です。
しかし、その通りです。
>そこへ至る道は遠く険しい道かもしれません。
遠く険しい道程、楽しく朗らかな道ですよ(笑)


611 :名無しさん@3周年:03/09/11 14:48
ゴーマンさん、よかったですね。本当に神の導きはそこここにあるのですね。
コピーマンさん、コピーマンさんのお姿が垣間見えてうれしいです。ココへの
書き込みも無駄になってはいませんよ。そして祈りましょう。生長の家にとって
・・・いえ人類にとって、もっともよき方向に導きくださるように・・・。
599,600の書き込みは右翼たたきを趣味にしている方達みたいだから(スルー

612 :アクエリアン:03/09/11 20:08
>そんな、祈りをした事もすっかり忘れ、私は、途方に暮れていた。「もう、私には、真
>理をこれ以上深く知ることは出来ない」と。しかし、私は、途方に暮れながら、諦めな
>かった。そして、ニール・ドナルド・ウォルシュ著「神との対話」という本に出会っ>>た。その本には、全ての疑問の答えが書いてあった。
>私は、感動し、涙さえ出た。そして、笑った。

この本はいいですねえ。
私は最初、題名からして胡散臭い気がして、敬遠していたんです。
またあの、大川隆法流のハッタリを読まされるのは、もう御免こうむりたいと思っていた
ものですから(笑)。
でもなにか、第三巻をふっとしたきっかで書店で読み出したのですが、これがまた、読ませ
るのですね。それで、現在、第三巻、第二巻と読んで、第一巻を読んでいるところです。これ
は又、再読しなきゃと思っているんです。
この本は、生長の家流に言えば、人類光明化を推進しようという高級霊の運動の一環と言えるか
もしれませんね。

ニール・ドナルド・ウォルシュの最新刊は「神の啓示」と言うんでしたか。ちょっとハッキリ
と思い出さないんですが、書店で少し立ち読みしたんですが、ニューヨークの同時多発テロを
意識してか、メインテーマは宗教間の対立、原理主義に関してのような感じがしました。今度
又、じっくり読んで見ようと思っています。雅宣氏の最新刊と同じテーマのような気がします。
シンクロニシティーかな(笑)。



613 :dynaric ◆fsYyOSenYg :03/09/11 20:16
お久しぶりです。PCが壊れてました。


生長の家がわからんようになってきた。
そもそも『實相』の存在をどう立証するのか?
『神想観すればわかる(極端なはしょり・『詳説 神想観』より)』とあるが、
それは単なる『自己暗示』に過ぎないのではないか?

「聖典を毎日読んでください。必ず幸せになれます」と
誌友会の開催者に言われたが、
物事の捉え方には『主観』が入っているわけで、
『プラス思考』すれば何でも幸せになれる。

でも、どのような考え方にもプラス面とマイナス面があるわけで、
生長の家のプラス思考にもきっとマイナス面がある。
『満足な豚よりも不満足なソクラテスになりたい』と。

ま、人間は遺伝子の乗り物に過ぎないわけで、
自殺・人生の失敗なんかは『失敗作の消去プログラム』だと思ってるし。
自分は、生まれてきたことを呪っております。では。

614 :名無しさん@3周年:03/09/11 22:51
人間神の子が神そのものと同じ
恐ろしい思想ですこと、人間が神なら、ほんとうに生長の家の神は、ツマラナイ
神ですこと。嘲笑。

615 :名無しさん@3周年:03/09/11 22:58
真如苑のページ見てきました。
社会に融和するよう努力するそうです、自分たちを
こういうふうに位置付けてるのなら他人に迷惑をかける
ことはないように思ったのですけど。これはつまり、
自分たち中心じゃなくて社会の一員という位置付けって
ことですよね。

これなら、とにかく入ってもらうことが正義だという
ことにはならんでしょうから、勧誘がアッサリしてるのは
そこらへんが理由かな?


616 :名無しさん@3周年:03/09/11 23:14
613さん、
>自分は、生まれてきたことを呪っております。
どうしたの?何かあったの?心配しています。
生まれてきたことについてひとつずつ考えてみようよ。
わたしでよかったら、話してみて。
自分を見つめてみて。無理して光明思想に自分をあてはめる必要は無いよ。

617 :名無しさん@3周年:03/09/12 00:30
やはり、生長の家の思想に触れいつしか光明思想が強迫観念になる人
は多いみたいですね。


618 :dynaric ◆fsYyOSenYg :03/09/12 01:31
>>616
貴方はカウンセラーですか?
私は患者ですか?

こんな考えは異常ですか?
では………なぜ『異常』だと思うのですか?

『生まれてきたことは正しい』という思考停止こそ、
一番危険だと思っております。

619 :ゴーマン君:03/09/12 02:06
アクエリアンさんへ。
さすが。もう読んでらっしゃる。
私は、「神との対話」と「神とひとつになること」だけで、いっぱい、いっぱいです。
「神との対話」を読んでから、雅宣氏がやろうとしている事がより明確に分かりました。
生長の家の神様は健在です(笑)。さすがだね〜、やっぱりね。
結局、真理が何故、人の元に現われたか、というと、地上を神の国にするためでしょう。
人・・・というか、神の遊び場として。だから平和運動という行動になるのかな。
地上を神の国にするため、というのは、的確じゃないですね。
今、地上は神の国になりつつある道程ですね。というか、もう、神の国やん(笑)。
もし、私たちが、神の子で、物質界から卒業するためだけに真理を、この世界に導いたのなら
別に、物質界を創る意味が無いし。真理なんて、そもそも、物質界には不必要。
あ、前に、全ては、神の道へと続いているのです。と書きましたが、
詳しくは、私たちは、どこをどういう風に通っても神の道なんですよ。
何故なら、私たちは神だから。神が歩けば、そこは既に神の道の何ものでもない。
いや〜、素晴らしすぎて、拒否しそうな真理です。

620 :ゴーマン君:03/09/12 04:07
おはようございます。
そう言えば、昔、子供の頃、生長の家を知らないときに、私は神想観みたいな事をしていた。
夜、地面に寝転んで夜空を見上げながら、私は地球と空に挟まれて「自分は宇宙と一体だ」と感じていた。
それは、私にとって、至福の時だった。私は、私が宇宙の一部である事を、知っていたんだな〜。
大人になったら、そんなことはすっかり忘れてしまっていた。

私の、生長の家の解釈。
信仰と言うものは、真理を知って、それが信念となり、信念が行動となる、という事は、生命の実相に書いてある通り。
簡単に書くと、知→信→行。で、それを、生長の家の歴史に当てはめると、
谷口雅春氏→知の時代、谷口清超氏→信の時代、谷口雅宣氏→行の時代
となるのではないか。
宗教は、未来には確実になくなる。何故ならば、宗教と言うものは、真理を知らない人のためにあるから。
真理が広まり、真理を知らない人がいなくなれば、宗教の存在価値は無くなる。そして、自他一体・生かしあい・人間神
の子の真理を知った人は、信念が行動になるため、真理を知るだけでなく実際に、自他一体・生かしあい・人間神の子の
実践できる組織を求める事になる。しかも、グローバルに。と言うわけで、今、雅宣氏は、環境問題へ取り組み、自他一
体、生かしあいを、グローバルに取り扱っている。生長の家は、世界へ向けて、自他一体・生かしあい・人間神の子の実
践の掛け橋になり、信者は大満足。生長の家はウハウハです。笑が止まらんね、これは。さすが生長の家、先見の明。
私も、生長の家の会員になろうかしら(笑)。

621 :名無しさん@3周年:03/09/12 10:03
>人間は「神の子」である、ゆえに「神」そのものであり完全円満である。

そもそもこれが間違っている。人間は神そのものではない。

人間は神そのものではない。
人間は神そのものではない。
人間は神そのものではない。



622 :ゴーマン君:03/09/12 10:27
>>621さん
何故そう言いきれる?

623 :616:03/09/12 11:58
dynaricさん、わたしは別にカウンセラーではないし、あなたを異常と判断するほど
あなたのことを何も知りません。
ただ、なぜ呪っているのかなと思っただけ。

私の心の中には、小さいときからなぜか<寂しい>という思いがありました。
その心との、折り合いをつけながら生きています。

624 :名無しさん@3周年:03/09/12 18:04
生長の家大神が「人間は動物と本質的に異ならない」(雅宣)なんて口が裂けてもいうかよ
ば〜か!!生長の家大神が「人間は動物と本質的に異ならない」(雅宣)なんて口が裂けてもいうかよ
ば〜か!!生長の家大神が「人間は動物と本質的に異ならない」(雅宣)なんて口が裂けてもいうかよ
ば〜か!!










625 :アクエリアン:03/09/12 19:39
dynaricさん、

>ま、人間は遺伝子の乗り物に過ぎないわけで、
>自殺・人生の失敗なんかは『失敗作の消去プログラム』だと思ってるし。
>自分は、生まれてきたことを呪っております。では。

仏教の開祖も貴方と同じ人生に対する根源的な疑問、悩みから出家し、
修行を開始し、そして最終的に自分の疑問に対する解答を得たわけでしょう。
仏教の修行の最終的な目標は、輪廻転生からの脱出ということであり、つまり、
この地球上の生活に価値を置かない、価値があるとすれば、出家して仏道修行し
て、輪廻を超えることに限り存在するのであり、それ以外は、無視せよ、そん
なものは永遠の価値を持たないのであるということが、ブッダの結論ですね。
だとすれば、貴方の疑問には、ブッダと同じ境地へと至る種子が含まれている
ということだと私は思っています。

>こんな考えは異常ですか?

いえいえ、人生を真剣に考えれば全く当たり前の考えだと思います。
生長の家的な言葉で言えば、もうすでに貴方はこの地球上で何回も輪廻転生を
繰り返してきて、そろそろ卒業の時期にさしかかっているのではないでしょうか。
この疑問に対しては、ご自身が全身で納得するまで、探求を続けられんことを
願っています

626 :名無しさん@3周年:03/09/12 20:17
ttp://serviceline.hp.infoseek.co.jp/

627 :名無しさん@3周年:03/09/13 00:08
人間は神そのものではない。
人間は神そのものではない。
人間は神そのものではない。



628 :ゴーマン君:03/09/13 00:16
人間は神だ、全てはひとつだ、などなど、

生長の家の内容全てに同意する必要はない。それどころか、同意するかしないかはどうでもいい。
同意するなら、それがあなた自身の知恵と合致するからだ。同意できないと思うなら、あなた自身の
知恵はここには見いだせなかったということだ。いずれにしても、あなたは自分自身の知恵へと戻っていく。
だから、生長の家との出会いについては、自分自身に感謝すればいい。すでに大事な事を教えられたはずだ。
「最高の権威は自分自身のなかにある」ということを。
それは、私たち一人一人が直接に聖なる存在とつながっているからだ。
私たちは皆、永遠の知恵にふれる力をもっている。それどころか、神はつねに私たちを永遠の知恵にふれさせ
ようとしている、と私は信じている。

629 :dynaric ◆fsYyOSenYg :03/09/13 05:19
結局のところ、人生(生長の家では『現象世界』の話でしたっけ?)というものは、
食べるために苦しんで、寝るために苦しんで、子供のために苦しんで、
そして病気か事故かで病院のベッドの上で『死ぬほど』苦しんで、死んで、
一握りの灰になる。
その灰は家の名前の彫られた石の中の、暗い部屋の中の壷に入れられ、
残りはどこかわからないところに撒かれる。それだけのことでしょう?

いくら努力しても、いくら思考しても、いくら世の中に尽くしても、
全てが灰になる。それだけのことでしょう?

私の好きな歌に
『エレーン 生きていてもいいですかと誰も問いたい
 エレーン その答えを誰もが知ってるから誰も問えない』 というのがあります。
結局、『誰もが知っている』のです。『生きることは間違っている』と。

>>623 >616さん
体も精神も病気、家族からは憎まれ、楽しみはドラッグか虚構のみ。
将来なんか考えるだけ無駄。
こんな人生、何が楽しいんですか?

>>625 アクエリアンさん
いえ、私の場合はドーキンスの『利己的な遺伝子』と、
自殺学者モルセッリの『自殺は淘汰の一種である』の孫引きに過ぎないかと。
あと、そんな探求などするつもりなんかありません。どうせ無駄ですし。
ただ、安楽に自殺できる方法を探すのみです。

630 :616:03/09/13 11:13
dynaricさん、
全てが灰になる・・・ですか。
誰もが知っているのですか。生きることは間違っていると・・・。

それを受け入れたくない、納得したくない人が別の答えを探してみるのだと
思います。
もう、あなたは結論を見つけてしまったのですか。

631 :名無しさん@3周年:03/09/13 13:48
>627 :名無しさん@3周年 :03/09/13 00:08
>人間は神そのものではない。
>人間は神そのものではない。
>人間は神そのものではない。
じゃなんだ。
答えてみろ。
人間とは?。
神とは?。
君も神そのものじゃないか。
君が「神の子」「神」でなかったら。
何者だ
君は犬か、猫か、熊か。
人間は「神の子」と決まっているんだ。

632 :名無しさん@3周年:03/09/13 15:02
↑ま、結論はおいといて、とりあえず結論を探してみるって事でいいんじゃないですか。
人生はまだまだ長いし、いろんなことがあるんだし、それもまた良しってことで。

633 ::03/09/13 15:13
>>629 おまえの人生、人にくれてやれ。けちけちせずに。

634 :名無しさん@3周年:03/09/13 15:15













          右  翼  宗  教  逝  っ  て  よ  し  










635 :名無しさん@3周年:03/09/13 16:02
>632 :名無しさん@3周年 :03/09/13 15:02
>↑ま、結論はおいといて、とりあえず結論を探してみるって事でいいんじゃないですか。
>人生はまだまだ長いし、いろんなことがあるんだし、それもまた良しってことで。

結論は出ています。
君は「神の子」です。
「神」そのものです。
もし違うというならその説明がないと納得できません。
私は思います。
君は「神」そのものだから、
君の前に平伏しておねがいします。
「私にあなたの愛のかけらをお分け下さい」と。
私はそう思います。

636 :名無しさん@3周年:03/09/13 22:19
↑あの〜、わたしの愛のかけらでいいのかなぁ。

637 :アクエリアン:03/09/14 00:25
dynaricさん
>いくら努力しても、いくら思考しても、いくら世の中に尽くしても、
>全てが灰になる。それだけのことでしょう?
>ただ、安楽に自殺できる方法を探すのみです。

であるならばいいんですがね。
私が余計なおせっかいを焼く必要もないんですが・・・・。
ただ、私は、どうもそうは簡単に問屋が卸さない気がしているんですよ。
死ねば灰になるだけだとは思えないんです。
そうであれば、さっさと死ねばいいだけの話ですが。
でもね、なんだか、違う気がする。
ひょっとして、自分の考えは、自分の思い込みかもしれない、という、自分をより
客観的にみる、もう一段高い視点を持っても損にはならないと思うんですね。
まあ、一種の余裕の精神でしょうか。
この姿勢は、私にも言えることなんですがね。
ちょっと、突き放して、自分を見つめてみる。
こういう訓練は、誰にとっても最後には自分のためになると思っています。



638 :名無しさん@3周年:03/09/14 07:08
人間=神 なら犬も猫も神である。

639 :ゴーマン君:03/09/14 07:48
dynaricさん

>いくら努力しても、いくら思考しても、いくら世の中に尽くしても、
>全てが灰になる。それだけのことでしょう?
あはは、そりゃ言えてる。

人生に意味は無い。

努力も思考もいらないよ。
ただ、人生にに、自分が、どんな意味をつけるのか?
ということだけだよ。
自分が、何を求めているのか?自分は何者になりたいのか?
全てが、自由に選択できる。

わたし達は、何者でもない。
今のところはね。
何者でもないからこそ、何者でもなれるのだよ。
そして、全て、自分で決められる。

ほらね。「最高の権威は自分自身のなかにある」
それは、私たち一人一人が直接に聖なる存在とつながっているからだ。
私たちは皆、永遠の知恵にふれる力をもっている。それどころか、神はつねに私たちを永遠の知恵にふれさせ
ようとしている、と私は信じている。

この言葉は、ニール・ドナルド・ウォルシュ著の本の中から導き出された。
やっぱ、この本は、すばらしいよ。

640 :名無しさん@3周年:03/09/14 11:35
生長の家を子供の頃から知っている人は、神を求める意味よりも神を利用する
方法論ばかり知っている。

ゴーマン君が620で言っていたように、野っぱらにでもねっころがって、まず
自分が生きていることを確認したほうがいい。
それからだよ、どう生きるかなんて。

いざという時がこないと、自分が何を求めているのか、どう生きて行きたいと
思うのかなんて、自分にさえ想像ができない。
わからないから、おもしろいんだよね。

641 :名無しさん@3周年:03/09/14 13:53
<636 :名無しさん@3周年 :03/09/13 22:19
>↑あの〜、わたしの愛のかけらでいいのかなぁ。

そうです。

>638 :名無しさん@3周年 :03/09/14 07:08
>人間=神 なら犬も猫も神である。

その通りです。

だから皆さんの見ている世界もそうでない世界も、
神一元の現れであって神そのものなんですよ。





642 :名無しさん@3周年:03/09/14 16:16
へぇ〜へぇ〜へぇ〜

643 :名無しさん@3周年:03/09/14 17:08
640さんは卓見です。
神を小間使いみたいに、自分の思い通りに操ろうとしています。
神に対する尊敬、感謝より、自分が覚ればいい。
こういう思いが強すぎます。他者に対する、同情もない。
まあ、初代が、憐憫愛はいけないと言ったことが、作用してるのかしら。
あいての同情を素直に受け取る、心の余裕もないですね。
今月号の白鳩、光の泉 読むところ無しです。同じ事ばかり書いている。
マンネリですね。それと思想原理が、全共闘と似ています。
立松和平の光の雨の中の革命戦士と言う言葉を、神の子に変えて読んでみて
ください。生長の家とにた思想になりませんか?口では愛を説きながら
功利主義に毒されていませんか?神そのものなんて、決め付けないで、
私は人間でありたいのです。人間が神ならそんな神は、つまらない。
神と呼ばず、人間と呼べばいい。すると神は、無くなるわけです。
ですから、これがただしいとすれば、生長の家は無神論であります。
これも全共闘の考えと似ています。

644 :名無しさん@3周年:03/09/14 17:09
一元論は危険。悪魔の思想です。
世界は多元であります。観察すれば、小学生でも、理解するよ。

645 :名無しさん@3周年:03/09/14 17:13
生長の家は無神論。
卓見であります。
人間で居たいし、失敗しても笑っていたい。それは現象で、実相
でないと、言い訳もしたくない。自然に生きたいです。
実相で、説明すれば、自ずと、無神論になりますよ。

646 :名無しさん@3周年:03/09/14 17:16
ヨーロッパ、では、仏教は虚無思想、当然無神論
仏陀は人間で、神はまた違った形で登場します。
仏典を読めば、あきらかです。
仏陀を神と間違う人は、直接仏典を読めばわかります。
○○解釈では、分かりませんよ。

647 :ゴーマン君:03/09/14 23:09
>>643さん
>人間が神ならそんな神は、つまらない。
「人間が神だったらつまらない?」
うむむ、そうかもしれない。
「人間が神だったらつまらない」という事について、ちょっと考えてみよう。
神は、もちろん完全だ、と私は、思っている。それとも不完全かな?不完全な神。それでは、神と人間の違いは、ないな。
人間の様に不完全な神はつまらない、と言う事かな?
神は、もちろん完全だ、と私は、思っている。それとも不完全かな?完全な神は、つまらない。
完全と言う事を分かるには、不完全が存在しなければ分からない事だから。物事は相対的にしか判断できない。
自分の素晴らしさ、完全さを分かる事も無いなんて!!つまらない。そして、神は、己の完全さを分かり、体験するために、
不完全な世界を創った。それは、神が神自身の完全さを分かり、体験するための、喜びの場であった、と私は思う。
次の考え。
神さま、と言うとき、私達は人格としての神を思い浮かべる事が多いかもしれない。神様が、こんな肉体の醜い体だなんて、
つまらない。では全ての命の源と呼んだ方がいいかな?神様は、生命の別名にすぎない。完全な無条件の愛の別名にすぎない。
人格的な表現で呼ぶのは私たちがイメージしやすいからだろう。
神とは、全ての創造主のことだ。

648 :引き続きゴーマン君:03/09/14 23:11
もし、仮に、私が映画を作るとしたら、どんな物語が面白いだろう、と考える。私は、どんな物語も創り出すことが出来る。
つまり映画の創造主だ。皆さんは、どんな映画を面白いと思う?つまり、どんな映画なら、つまらなくないだろう。
それはたぶん、主人公が波乱万丈で、苦しい事悲しい事を体験し、それを乗り越えて・・・と言った感じだろうか?それとも、
何事も無く、平和で、淡々と毎日が送られている物語だろうか?私なら、もちろん、凄いスリルとサスペンスと山のような難
問を主人公に背負わせて、セラピーに通いながら、ブツブツ文句をいいながら、それでも、強く生きて、難問に体当たりし
人生の喜びを体と心で感じるような、わくわくするような感動的な物語がいいね。
もし、仮に、神が、この現象という壮大なスケールで映画の様なドラマを創りたい、と思ったなら、どうだろう?私たちの善
と悪は?正しい事間違っている事は?そうだ、その判断はなくなるね。それ自体が、映画を創る必要不可欠なものだ!!すべ
てが!!私達は、神に必要とされている。そして、これは、神の中で起こっているドラマで、私達は、そこから抜け出す事は
ない。つまり、すべては、神の中にある。これは、つまらないことだろうか?
映画を製作している人は、これをつまらないと、言うだろうか?とても刺激的だ!!と、私は思う。

649 :コピーマン:03/09/15 00:56
雅宣氏が、最近「原理主義」ということをしきりと言っている。
なぜ、彼がこのように言うのかということを理解するためには、
彼の心を後ろから見て、彼の「本音」を見ないと分からない。

大体、生長の家の信徒は、「中心帰一」の教えが染み込んでいるし、
おとなしい人が多い。
従って、何もいまさら、「原理主義」と言われるほど過激な主張をする人が
いるとは思われない。
お年寄りがこだわるのはせいぜい「大東亜戦争聖戦論」くらいであろう。
これにしたって、最近は、彼自身が微妙に自説を変更しているみたで、
ことさら「原理主義」と言って反撃しなければならないとも思われない。
これ以外で、ことさら「原理主義」と言わなければならないような過激な
主張はどこに何があるのか?

650 :コピーマン:03/09/15 00:57
それならば、なぜ、彼はしきりと「原理主義」などと口にするのだろうか?
それは、戦争論とかいうものではなく、唯神実相哲学のもっと本質的な部分
を、根本的に、自分が説き得る形に作り替えたいと思っているからに
外ならないのだ。
そうしたときに起こると予想される「抵抗勢力」を、あらかじめ、
「原理主義」というレッテルを貼ることで押さえ込みたいと思っているのだ。
そもそも、雅春先生が戦時中に説かれたものを、そのまま現代でも行えと
主張している者などいるはずがない。
「建前」では、時代が変わっているのだから、雅春先生の説かれたものを
「一字一句は」行えない、と言いながら、彼の本音は、
「一字一句も」行いたくはないと言うことなのである。
要するに、今後、自由に自分が「新しい教え」を説くためのフリーハンドを
確保するために、事前に「原理主義」ということを言っているだけなのである。

雅宣氏は、今はまだ、過渡的段階であるから、「神の子」とか「実相」とか、
妥協的に語ってはいる。しかし、これも彼の本心ではない。
いずれ、全く言わなくなり、全く異なったことを言い始めるであろう。
彼が何を言おうと一向にかまわないが、それは、雅春先生が説かれたものとは
別なものであることは、ハッキリと認識しておく必要がある。

651 :コピーマン:03/09/15 00:57
大体、「不立文字」などというのは、神髄を体得した人間が言うことである。
体得どころか、まったく、神髄を理解できない者が不立文字などと言って
いたら、ハンドルが故障したスポーツカーのように、どこに走ってゆくか
分からないのだ。
何も神髄を理解できないのであれば、ただ、雅春先生の本を朗読するだけで
十分だし、それが最もいいのだ。
彼の場合は、自分が「神髄を理解していない」という自覚が全くない
みたいであるから困るのである。
もし、少しでも真理の神髄を理解している者なら「環境問題」などと
言うはずがないであろう。

652 :名無しさん@3周年:03/09/15 01:00
「生長の家の信徒の広場」

http://www1.odn.ne.jp/~aaj39020/www1.odn.ne.jp/~aaj39020%20/

653 :名無しさん@3周年:03/09/15 08:34

オナニーマンさんとの話の進展は望めませんので、終わりにします。
今後、オナニーマンさん(HNは違っても、管理人がオナニーマンさんと
同一人と判断した人を含めて)の投稿は内容を問わず、すべて削除いたします




654 :640:03/09/15 16:49
dynaricさんにあてて640のレスを送ったつもりでした。
生長の家を知っている、知っていないにかかわらず、人間は最後には神に
行き着くものだと思っています。

神を求める前に神が身近になりすぎて感謝を忘れている。
自分と神と、一対一で向き合ったときに何を感じるか、自分自身で確認して
ほしくてあのレスを書きました。

無神論かそうではないかは、人に与えられる答えよりも、自分自身で探すことに
意味があるということで、dynaricさんに結論付けてほしいところですが、
私は神の存在を感じることができました。
生長の家を知りたい人には、そこのところはご報告しておきます。

655 :神の国寮起訴状:03/09/15 20:23
http://www32.tok2.com/home/gyakutai/rep/kamino/saiban/sojo.html

656 :名無しさん@3周年:03/09/15 22:41
↑かなしい事件ですね。もちろん何も出来なかった職員たちも償わなければ
なりません。
そこで育った子供たちの、心の傷がいえることを祈ることしか出来ませんが
決して、再びこのような不幸が起こらないようきちんと原因をみつめて反省し
神の愛が実現されるよう、問題にたちむかう覚悟と努力が必要です。

自分の身近でも、安易な道を選ぶか問題に立ち向かうか、常に試されています。
一生を左右する、親の愛とは重要です。
施設の職員の皆さん、覚悟を持って身をもって愛を示してください。お願いします。


657 :名無しさん@3周年:03/09/16 08:33
655
刑事事件にはならなかったのですか。

658 :名無しさん@3周年:03/09/16 11:46
万教帰一も、嘘思想です。
雅宣氏は、ユダヤ教は、旧約 それを完成したのが、キリスト教の新約
旧約と新約を統合したのが、マホメット。と書いていました。
馬鹿いっています。無知です。信者も」この程度の知識で、帰一を言っているんでしょう。
ユダヤ教徒は、キリストの完成を認めていない。キリスト教も、イスラムの
旧約と新約を統一を認めない。完成した時点で、統合されているわけです。
西洋の学者の受け売りを、雅宣氏が言うのは、自分の無知をさらけだしただけ。
こんな知識で万教帰一なんて、馬鹿馬鹿しい。嘘言うな!

659 :名無しさん@3周年:03/09/16 11:50
光の泉かシロハトの今月号で、講師の話の引用で雅宣氏の意見
をだしていました。笑っちゃいました。
後のひとは何でもいえる。谷口は、釈迦の生まれ変わりだとか?
池田さんと、変わりません。聖教新聞読んでみてください。
生長の家は、ついに世界の宗教を統合しました。八紘一宇と同じ、
軍国の精神ですね。

660 :ゴーマン君:03/09/16 13:16
コピーマンさんは、生長の家が雅宣氏によって破壊されると思っています。
私が観察するところでは、コピーマンさんは、神様を信じていませんね。
神様を信じられないから、生長の家が雅宣氏によって破壊される、と思っている。
だから、その様に行動する。
生長の家が雅宣氏によって破壊される
と思っていたら、生長の家が雅宣氏によって破壊されると言う現象が起こる。
心の法則です。
実際は、生長の家が雅宣氏によって破壊される
と思っていたら、望みどおり生長の家が雅宣氏によって破壊されると感じる体験をする。
と言う事です。

661 :名無しさん@3周年:03/09/16 13:20
ほんとに、相手と仲良くなりたいと思うなら、相手のことを知るはずです。
知って理解する。そこから仲良くなるのです。生長の家は口先だけ。
相手の宗教は何も知らず。調べもせず。兄弟だなんて、笑わします。
宗教者会議に入らず、入れてくれもせず、宗教界の孤児です。新宗連にはいる
話があったとき、人間神の子をいわない宗教は宗教でない、味噌糞を同じに
されては、かなわない。とのことではいらなかった。機関紙生長の家が、
あったときに、書いていました。そんなわけで、生長の家は、実際偏狭な
宗教であります。古い信者は、何でも知っている。最近の記事は、嘘八百。

662 :名無しさん@3周年:03/09/16 13:22
正春さんは、そんなこと言うてたわ。

663 :名無しさん@3周年:03/09/16 13:26
破壊されると思えば破壊される。
心の法則でもなんでもない。嘘だよ。
東大はいると思えば入れるの?
それなら、東大いっぱいの学生だわ。入れるはずない。
心の法則でもなんでもない、キチガイ妄想の産物ですよ。
いちから受験勉強して、まあ1000にんに一人がいいとこですよ。

664 :名無しさん@3周年:03/09/16 14:15
ま、実際みんな機関紙で判断するからね。揚げ足を取られていたらきりがないよね。
判る人が半分いたら判らない人も半分いる。病気が治った人が半分いたら
治らない人も半分いる。受験に成功した人が半分いたら、失敗する人も半分いる。
皆が同じ条件ではないから、じっくり分析してみてください。

そこから何を導き出すことが出来るかで今後が違ってくるんじゃないかな。
嘘八百や妄想などしか見出すことが出来なかったなんて残念ですね。

665 :名無しさん@3周年:03/09/16 19:04
都合の悪いことは、揚げ足。
都合の良いことは、真理。
勝手な解釈が、生長の家。
機関紙って、そんないい加減なこと、書いていいの?
生長の家の見識を。疑います・

666 :アクエリアン:03/09/16 21:22
◆生長の家の万教帰一とは、どういう考え方なのか?

生長の家の万教帰一思想に疑問が呈せられていましたので、どういう
考え方をしているのか、「生学連」という機関紙のある号に載ったA氏の論文
から、それを説明している箇所を引用してみます。

----------------

■万教帰一と実在宇宙の基本構図

 更にまた生長の家では歴史上の宗教家、哲学者の捉えた真理は全て「一」に帰する
という<万教帰一>を提唱する。すなわち釈迦、プラトン、キリスト、カント、ヘー
ゲル、道元、親鸞等々の偉大な宗教家、哲学者の把握した「真理」は、根源的に、「一」
なる<久遠流るるいのち>に帰し、これら諸々の先哲は自己の内に脈々と流れる久遠の
実在を感じ取り、その声なき声を聞いたのであったと解するのである。従って、生長の
家は単なる一宗一派の宗教でも、一つの「主義」に固執する思想、哲学でもなく、あら
ゆる宗教、思想、哲学に生命を与える<超宗教>なのである。

667 :アクエリアン:03/09/16 22:04
このA氏の文章は的確に生長の家の万教帰一の考えを述べていると思うのですが、
アメリカの思想家ケン・ウィルバーも、同様な考え方をもっていますね。以前、
雅春先生の理想世界誌に載った、超越的自己を把握するために神想観をすべし、と
いう文章を紹介させてもらいましたが、ウィルバーの本にも、この超越的自己につ
いて述べられた文章がありますので、ご参考のために、ちょっとその一部を引用さ
せてもらいます。力強い文章です。

----------------------

・・・・・第一に必要とされているのは----見ることができるものは見る者ではあり
えない、という----ただ一つの理解だけである。自分自身について知っていることは、
すべて自分自身でも、知る者でもない。内なる自己性は知覚することもできず、いか
なる種類の対象にもなりえないものである。(中略)
・・・・一方、絶えず見る者、目撃者、「自己」にとどまることは、限界と問題から
一歩引き下がることであり、ひいては、そこから足を洗うことにつながる。
 これは単純ではあるが、骨のある作業である。だが、その結果は、人生における解放
意外の何ものでもない。超越的自己はあらゆる伝統で聖なる輝きとされているからであ
る。原則的には自分の超越的自己は神(あなたが神をどう認識しようと)と同一の性質
のものである。究極的にはただ神のみが、われわれの眼を通してながめ、耳で聞き、口
で話をするからである。そうでなければ、聖クレメンスが、自分自身を知る者は神を知
る、とは主張しないであろう。
 これこそがユングのメッセージであり、また、アメリカ原住民、タオイスト、ヒンド
ゥー教、イスラム教、仏教、キリスト教の聖者や賢者のメッセージでもある−−−自分
の魂の根底には人類自体の魂がある。それは束縛から解放へ、恍惚からめざめへ、時か
ら永遠へ、死から不死へと導いてくれる聖なる超越的魂である。

(ケン・ウィルバー著「無境界」平河出版社より)

668 :名無しさん@3周年:03/09/16 22:50
このスレもアクエリアンさんだけしか参考にならないですね。


669 :ゴーマン君:03/09/17 00:27
どうもありがとう。殆どの人は、生長の家の真理をちゃんと知っているみたいだ。
知っていると言う事と、知っている事を実生活で活用する事は違う、ということも分かった。
なかなか、いいね、このスレ。
私は、生長の家に出会えた事を、このスレに出会えた事を、そして、真理を少し齧って、
「神との対話」という本に出会えて、しあわせに暮らしている事に感謝します。

670 :名無しさん@3周年:03/09/17 10:52
実相<超越的自己>って奥深いんですね。
ちょっとかじってみて、虚無思想のような気がする・・・というところで立ち止まっていました。
まだまだ、何にも解ってないんですよね。
とりあえず、この世に生を受けた事、体験する様々なことに感謝出来るようになること
それが<束縛から解放>ですね。

671 :名無しさん@3周年:03/09/17 11:22
人格化した神を自分の外において論じている人には理解しにくいのかな。
私にとっては、神は与えられた知識ではなく、生きていく上で感じること
だったからな。

672 :名無しさん@3周年:03/09/17 14:45
感謝の生活

673 :名無しさん@3周年:03/09/17 19:48
667の孫引きは嘘だな。
ユングがそんなことを言っているのなら文献を示せ。
無いと思うよ、ユングの論文には、ユングはフロイドと異なり、
ダイゼスト判は、ないのです。一つ一つ文献にあたるのは、河合さんの様に
一生かかります。ユングだけでもです。平河出版のまがい物で、ユング
を、嘘説明しないでね。日本のいんちき宗教の手です。
キリストも聖書に、超越的自己という言葉は、一つも使われていない嘘
の説明であります。アホな本読んで、他宗を分かったふりしないで、原典
にあたって説明しないと、恥を書きます。聖クレメンス、は何処の聖人でしょうか?
教えていただければ、自分で調べます。架空の人物ですか?
アゴン宗も、オカルトでしたっけ?桐山管長。

674 :名無しさん@3周年:03/09/17 19:50
クレメンスが、カトリックの聖人だとすれば、超越的自己なんて使う
はずがない。
似非心理学者でしょう?

675 :名無しさん@3周年:03/09/17 19:52
生長の家に真理はない。
信者が、今日飲酒運転で、逮捕されていました。
実名挙げても、良いですよ。

676 :名無しさん@3周年:03/09/17 22:30
飲酒運転 宗教以前の問題でしょう。
昼日中から酒飲んで、まあ心の影ですか?
お気の毒です。

677 :アクエリアン:03/09/18 01:00
673さん、まあまあ、そう興奮されないように(笑)。

>ユングがそんなことを言っているのなら文献を示せ。

ユングの自伝の巻末にユングの語彙集が載っていまして、ユングの個性化について
ユング自身が説明している文献が紹介されています。訳者は河合さんですね(笑)。


<個性化>、ユングによると、「私は個性化という用語を、人間が心理的な個体、つまり独立した
分割のできない統合体、あるいは「全体」となる過程を示すために用いる。」
(The Archetypes and the Collective Unconscious, CW 9,i,p.275)

「個性化とは単一の均等な存在となることであり、「個性」がわれわれの最も深層の、最後の、
比較し難い独自性を包含するという限りにおいて、それは自分自身になるということも意味して
いる。従って、個性化を「自己自身になる」とか「自己実現」とかいいかえることもできる。」
(Two Essays on Analytical Psychology, CW 7,p.171)

「しかし、私は何度もくりかえし、個性化の過程が自我の意識化と混同され、その結果、自我が
自己と同一視されるのに気づいている。このことはもちろん絶望的な概念の混同を招く。かくて、
個性化は自我中心で自己愛的なものにすぎなくなる。しかし、自己は単なる自我以上に、無限の
ものを含む。・・・・それは自我はもちろん、自分自身の自己およぎ他人の自己を含むものなのである。」
(The Structure and Dynamics of the Psyche, CW 8, p.226)

ケンウィルバーが超越的自己の例としてユングを挙げているのは、たぶん、このユング
の個性化を指しているのだと思います。

678 :名無しさん@3周年:03/09/18 13:54
タイトル : 雅宣原理主義とはなにか 

http://www1.odn.ne.jp/~aaj39020/www1.odn.ne.jp/~aaj39020%20/



679 :名無しさん@3周年:03/09/18 15:25
>675 :名無しさん@3周年 :03/09/17 19:52
>生長の家に真理はない。
>信者が、今日飲酒運転で、逮捕されていました。
>実名挙げても、良いですよ。

生長の家の信者は行いがなっていない。
と言う意味でしょう。
真理以前の問題です。
肉体の快楽だけで生きているのでしょう。
反省しなければならないでしょう。
生長の家の皆さん厳しく慎むべきです。

680 :名無しさん@3周年:03/09/18 17:16
↑生長の家の信者だから・・・という解釈は間違いでしょう。
それ以前の問題です。神を信じるものも信じないものも交通道徳は守らねば。

681 :名無しさん@3周年:03/09/18 21:06
あくエリアン 万教帰一の説明に、ユングを引用したわけでしょ。
ユングは、万教帰一は言っていない。それで、ユングの個性化を
説明すると、ユングが万教帰一をといたという説明になるのですか?
嘘を言ってはいけない。
河合隼雄もそんな引用に使われても、迷惑 ついでにゆうと、ユングって
前期と後期で矛盾したことを言ったり、してフロイドのように、理論性全
としていないんです。知らないでしょうが。心理学では、大した者とおもいますよ。
でも精神医学になると、眉唾物。とくに分裂病の心理分析なんて、売れてますが、
心理より、ドーパミン セロトニンのニュウロトランスミッターの異常が重要視
されている現在、ユング先生の能力も問題視されています。
ユングは、必ずしも真理にあらずです。一学説だけ読むと、極端にはしる。
右翼宗教の謗りを免れますまい。

682 :名無しさん@3周年:03/09/18 21:10
それより、万教帰一と個性化について、説明してもらえば?
多分 説明できないと思う。
ユングの万教帰一なんて、論文読んだことが無いよ。

683 :名無しさん@3周年:03/09/18 21:55
ユングが万教帰一を言ったとか言わないとかの問題じゃないでしょう。
言ったか言わないかは知らないけれど、そう言う言い方をするなら、キリスト
だって釈迦だって絶対万教帰一は言ってませんよ。
だって万教を見渡して道を説いたわけではありませんから。
万教が帰一するかどうかそれを判断できるのは、まさに、今この時代、情報に
恵まれているこの環境があるからこそです。
結論を急がず、帰一するかどうか探してみてはいかがですか。

今、島田裕巳という方の本を読んでいるのですが、
ルーマニア生まれの宗教学者ミルチア・エリアーデの<世界宗教史>筑摩書房
の解説書の観がありますね。興味はつきません。

684 :ゴーマン君:03/09/19 04:01
私が思うに、生長の家に出会ったからこそ、今の心穏やかな暮らしが実現したんですよ。
感謝感激!!です。
そして、生長の家に出会ったからこそ、ニール・ドナルド・ウォルシュ著の「神との対話」という
よりクリアなフィルターを透した真理にも出会えた。まだまだ、先がありそうですが・・・。
進化は無限ですからねー。このままの現象の自分で良しなんて、タカをくくってあぐらかいてたら、
腐っちゃいますね。折角真理を知ったのに、もったいない。
まだまだ、これからですね。
神様ありがとう!!・・・あ、自分だった(笑)。

685 :名無しさん@3周年:03/09/19 10:00
684
気安く感謝でかたずけるな。
河合隼雄は、著書心の処方箋で、安易な感謝が偽善であることを、指摘してます。
これで何事もカタズける、浅い薄っぺらい宗教になりますよ。
神さま ありがとうですむなら、人生に宗教はいらないんだよ。
こいつ 考え違いしてるわ。

686 :名無しさん@3周年:03/09/19 10:13
ユングは人類の共通意識とともに、個人がsupecificな存在
であることと、同時にユニークな存在ともいっています。
共通意識があるから、宗教は一つだというのは、いかにも暴論です。
宗教の最大公約数をとっても、つまらない宗教です。当たり障りのない
ものです。最近の生長の家も、同じです。ユニークさがない。
環境問題など、だれも反対しない問題にすり替え、生老病死など人生
の根源的問題は、熱心でない、皇国日本を褒め称えるだけの、低俗
宗教になったと思っています。原因はなんやろなあ?

687 :名無しさん@3周年:03/09/19 10:16
詫間被告の問題なんか、宗教的にどうアプローチするんでしょうか?
現象なしで終わりですか?
無責任宗教か、宗教の間に値しないのでわ?
それとも、因縁で誤魔化すのかな?

688 :dynaric ◆fsYyOSenYg :03/09/19 11:53
>>各位
ユングって単なるオカルトに過ぎないのではないかと思ってますが…。
宗教もオカルトだから相性がいいんでしょうかね。

精神病を薬物で治療できる今、精神分析の必要もないでしょうし、
心理学は象牙の塔か崇拝の対象となるだけでしょうね。

ケヴォーキアン博士の『迎死院』が実現するか、医師がイソミタールを
自由に処方できる世の中になれば、どれだけ暮らしやすくなることやら。

>>681
精神分裂病は現在は統合失調症ですが…それはともかく。
分裂病はドーパミンの異常、うつ病はセロトニン・ノルアドレナリンの異常で
治療できてますよね。なら、精神医学においてそんな学説なんか必要なくて、
単に鑑別と薬物の選択ができればいいだけですよね…。

>>685さん
同意です。
なんでも『感謝』で片付けるのは思考放棄ですね。
人間には思考する権利があるのに…。

689 :ゴーマン君:03/09/19 11:59
>>685さん
>これで何事もカタズける、浅い薄っぺらい宗教になりますよ。
>神さま ありがとうですむなら、人生に宗教はいらないんだよ。
>こいつ 考え違いしてるわ。

考え違いですか?この私のしあわせは。
うすっぺらですか?私の人生は。
神さま ありがとうですむなら、人生に宗教はいらないです。
私は信者ではないですから。
宗教を利用してそうなりました。しかも奉納金も払わずに(笑)。
ありがとうで何事もカタズけていたわけではないから、心から有難う
と言えるのであって、何もしずに生きていたわけではないですよ。
かなり必死でした。そこんとこ、考え違いです(笑)。


690 :dynaric ◆fsYyOSenYg :03/09/19 12:01
>>654 >640さん
寝転がる野原など都市にはありません。
そもそも、増えすぎた人口、1つぐらい消えても構わないじゃありませんか。
『わからないことには恐怖を覚える』のです。
毎日を恐怖で過ごせとでも言うのですか?

>>639 ゴーマン君さん
選択の自由というのは、年と共に減少していくものです。
『選択』と言うのは『可能性の消去』なわけで。
後半はオカルトそのものですね。
根拠を示してください。ニールなんとかという人の本からではなく。

>>637 アクエリアンさん
『死後の世界』というものがあるとでも言いたいのでしょうか?
突き放して自分を見つめてみる訓練をして、社会的にどうなりますか?
何も考えずにサルのように働く人間のほうが出世(≒幸福)するし、
パラサイトしてドラッグをしている人間のほうが幸福なのでは?

691 :dynaric ◆fsYyOSenYg :03/09/19 12:04
>>689 ゴーマン君さん
考え違いというか、自己暗示にかかっているだけだと思います(笑
もっとも、幸せ・不幸せというのは主観でしょうから、
貴方がどう感じようと自由ですが、
日本にいるからそう言えるのかも知れませんね(藁

692 :名無しさん@3周年:03/09/19 12:56
ダイナミックさん。面白いひとが出てきました。歓迎。
確かに、ユングは、オアカルトてきですね。
フロイドの対極でしょうか?
かれは、オカルトをことごとく排除してますね。
楽しい意見 お聞かせください。
こんなインテリ、成虫の家<誤字>にもいるんですね。感激!

693 :名無しさん@3周年:03/09/19 16:14
>>687 :名無しさん@3周年 :03/09/19 10:16
>>詫間被告の問題なんか、宗教的にどうアプローチするんでしょうか?
>>現象なしで終わりですか?
>>無責任宗教か、宗教の間に値しないのでわ?
>>それとも、因縁で誤魔化すのかな?

誰か回答してあげて下さい。


694 :名無しさん@3周年:03/09/19 19:42
「みんな神の子ありがとう」

695 :名無しさん@3周年:03/09/19 23:15
dynaricさん、毎日を恐怖で過ごしているのですか。
病院の薬のほうが、そういう症状にはよっぽど効くのですか。
それなら宗教や理屈などはまったく無意味ですね。

詫間被告の問題なんか、心の問題では解決しないのでしょうか。
薬で治るのでしょうか。有効な方法があるのなら宗教にこだわる必要はないと
思います。彼自身、心のコントロールをしかねているのでしょうから、彼がその
辛さから開放される方法があればと望みます。
そしてこのような悲劇が繰り返されないように・・・。

心の中にある、不安感や恐怖心を宗教によって取り除くこと、コントロールを
することは不可能ではないと思います。
神がよりどころになるという感覚ですが、そういう考え方が嫌いな人は嫌いなのかな。

696 :ゴーマン君:03/09/20 00:24
dynaric ◆fsYyOSenYgさん

「死にたきゃ、死ねば?」
と言ったのは、「もう死ぬよ、私は自殺する」と言った私に対する、母の言葉でした。
ま、そんなわけで、今生きているわけですから、私が死ななかった事についての自論です。
「私は自殺したい」と言った時、私の本心は、死にたくない、生きたい!生きたい!と叫ん
でいました。でも、生きるには、辛すぎるし、死んだ方が自分は楽になる、と思っていました。
だから、その本心に気付いたのは、もっと後の事です。この本心のお陰で、私は、死ねなかったし、
本当に死ぬ気なら、誰にも言わずにさっさと死んでいた事でしょう。
私は、あなたに対して自殺をやめろ、とは言わないです。
いくつかの選択の中に、
自殺する事・生きる事・自殺未遂をしてみる事・とりあえず生きてみる事・気が違った振りをしてみる
・・・などがあります。
私は、自殺未遂をしてみる事・とりあえず生きてみる事を試しました。気が違った振りをしてみる、も結構
いけます。
「死にたきゃ、死ねば?」と言われたときは、
ヒドイ事言うなーと思ったものです。私自身、ヒドイ事言うなーと思うくらいなら、
同情期待するなよ、親に対してひどい事言ってたのは私のほうだったな、
と後から気付いたけれど。
で、いざ、首を吊ろうとしたら、親に見つかって止められちゃいました(笑)。
死ねばいいなんて言って、いざ、死ぬ時は止められて、一体どっちなんだ!!って感じです。
で、結局とりあえず、気が違っている人みたいに生きることに決定。
私自身は、オカルトも宗教もヤバイ系は拒否ですが、利用できるものは利用する。
これが、私の人生。本からではなく、私の事実として。

697 :dynaric ◆fsYyOSenYg :03/09/20 00:34
>>695さん(携帯からなんでレス番号違ってたら失礼)
病院には行ってますが、合う薬がないのです。
ま、廃人になる薬なら別でしょうが。死ねる薬が欲しい。
宗教で全てが解決するとは思えない。感謝という感情を持てなかったり、懐疑的である人もいるでしょうし。
そうそう、聖典を毎日読めばいいことが起こるということは、
持続性がないということですよね(笑
「真理」というほどなら、一度悟ったら忘れられないほどのものなんでしょうけど。
早く「百億粒の灰」になりたい、と考えながら、本能が邪魔をする。
誰も殺してくれない。なぜだ。

698 :七資産:03/09/20 00:43
>>697
命を大切にしてね。
あなたがそこに「在る」のは、生命誕生以来、多くの母たちが(何千何百人の)、命のバトンリレーをしてきたから。

あなたがそこに「在る」のは意味のあることなのです。わたしやあなたが気がつかなくとも。


699 :ゴーマン君:03/09/20 01:57
dynaric ◆fsYyOSenYg さん
あ、そうそう、私が思ってたから、そう思うのかもしれないけど、
自殺したいって思うのは、変じゃないし、普通の事だと思う。
自分の人生の出来事やテレビのニュースや新聞や救急車や猛スピードで走り去るパトカー
とかいろいろを見てると、「生きてる意味なんて、何処にある?」
普通に真面目に生きてれば、そう問いたくなるね。
あ、あんまし、真面目ではなかったか、私は。結構好き放題やってきた方だと思う。
で、ノストラダムスの予言が外れて、生きてた時にはショックだったね。
あーもー生きとるやん!!いつ滅亡するの、人類は!!私の計画が水の泡・・・ってね。
一から計画しなおし、私の人生。で、いろいろありました。
一ヶ月以上何も食べずに餓死を試みたり・・・、あ、実際は、金がなくて食べれなかっただけ。
嘘でした。友達に救われて、生き長らえました(笑)。その時は本当に死ぬな、と思いましたよ。
空腹過ぎると、眠くなるんですよ。もう、動けなくて。でもね、なんか、頭がポワーン
として、気持ちよくなります。マジで。
・・・って、餓死を勧めてどうする(笑)。
>、聖典を毎日読めばいいことが起こるということは、
>持続性がないということですよね(笑
嬉しいお知らせです。私は読んでません。
>誰も殺してくれない。なぜだ。
あなたに為に、殺人者にはなりたくはないからでしょう。
自分が大事ですから。自分を大事に出来るには自分だけです。

700 ::03/09/20 06:36
dynaric ◆さん。
自殺のことばかり考えるなら、自殺について研究してみたらどうだい。
精神科領域には自殺研究で業績をあげた人がいるぜいよ。あなたの場合、
医学領域で出世を考える必要はないだろうから、気楽に研究すれば良い
と思うんだがなあ。
ここの人はみんな、君に死んで欲しくないと思ってる空気を感じるよ。
同じアホなら踊らにゃ、ソンソン♪♪


701 :名無しさん@3周年:03/09/20 06:52
命を自分のものだと思っているバカ。

702 :695:03/09/20 11:06
dynaricさん、レスありがとう。宗教で全てを解決できるなんて思う必要はないと
思いますよ。もっと柔軟に考えて自分なりのいき方を探していけばいいのだと思います。
あなたにしか経験できないあなたの人生です。
とりあえず生きてみて、死が訪れたとき振り返ってみて波乱万丈だったな、と思ったり
悲劇だったと嘆くかも・・・それでもいいじゃないですか。いいことも悪いこともある。
そこで泣いたり、笑ったり、少しも無駄なことはないと思いますが。

ゴメンね。それは私の感じ方で、今、苦しんでいるあなたにはそうは思えないのかもね。
先日、私の友人が自殺して、何も出来なかった自分が本当に悔しくて、残念で。
こんな書き込みをしながらも、結局は無力かもという思いと隣り合わせです。

394
>聖典を毎日読めばいいことが起こるということは、持続性がないということ・・・
これは、浸透性の問題じゃないかな。魂に働きかけるというのは頭でわかる、
理屈でわかるというものではないから。

703 :.:03/09/20 15:17
生長の家は学問、学問で救われるなら楽じゃないか

704 :名無しさん@3周年:03/09/20 21:29
703さん こんな矛盾したものは、学問と言わないよ。

705 :ゴーマン君:03/09/21 01:03
↑矛盾を抱えながら、生きることを学ぶ事も大事かもね。今の世の中。
私の人生の場合は、自殺したかった頃は、周りの全てに人が、私を嫌っていて、憎んでいて、
のけ者にされていて、生きてる価値のないやつだ、と言っているようだった。でも、自殺未遂の時、
死ぬな!!といわれて、何故?私は死んだ方がいいんだよ、生きてく価値がない人間だから、何故、
人間扱いしなかった?人間として扱ってもらえなかったのに、何故死ぬななんていうの?
と思った。ま、家では性的虐待されてたし、学校では、いじめられっ子だったから。親に愛されて
いない、嫌われてると思っていて、まさか、愛されているなんて思いもよらなかった。だから、
死ぬな!といわれた時、ビックリした。もしかして、嫌われていないかもしれない、ってね。
「私のこと、嫌いなの?だからひどい事するの?」と聞けばよかったのかもしれないけれど。
嫌われていると思い込んでいたから、たずねることすら、思いつかなかった。
dynaric ◆fsYyOSenYg さんの
>誰も殺してくれない。なぜだ。
あなたに為に、殺人者にはなりたくはないからでしょう。
と言うのもあるけど、(これは、私が人を殺そうとしてたのをやめた時の言い訳)
「愛しているから、死なせたくないんだよ」それがエゴだとしても。たぶん、信じられないかの知れ
ないけど。私が、死ぬな!と言われて、もしかして、嫌われてないのかな、まさか・・・。と思った
くらいだから。もちろん、今は、私は十何年来の自殺願望地獄から抜け出たので、
愛されていた事を知っているし、ただ、私の親は愛の表現が不器用なだけだったと知っている。
まあ、私の場合はこんな感じ。

706 :ゴーマン君:03/09/21 01:03
七資産 さんのを読んで、思い出しました。随分前。
母が、うつ病みたいなので、心配になって、「死にたいって思ったことある?」とたずねたんです。
そしたら「全然。昔は死にたいと思ったこともあったよ」と言ったので、私は「昔?どうして?」
と聞いたら、「そりゃ、生きてりゃいろいろあるよ」と母。それから「実は、あんたがお腹にいた時、
私は、あんたを生まずに田舎に帰ろうと思ったことがあってね」と言い出したので、「え?そうな
の?どうして生んだの?」と聞き返した。「そりゃ、あんたが親になれば分かるよ。あんたを生んだ
から死にたい事があっても、あんたを残して死ぬわけにも行かないからこうして生きてる」おいおい。
「ふーん。じゃ、私はこの世に生まれてなかったかもしれないんだ。生んどいて良かったっしょ」と
言ったら、「うん、良かったよ」と言っていた。やれやれ。
とりあえず、うちの母は“明るいうつ病”らしい、と判明。
・・・じゃなくて、私って、生まれる前から生きるか死ぬかギリギリかよ(笑)。

707 :名無しさん@3周年:03/09/21 08:50
おまえら、何のために宗教やってるんだよ。

エゴばかりじゃねえか。 情けねえな。

708 :名無しさん@3周年:03/09/21 11:03
707 エゴの意味わかる。
自己 自我という意味だ。
自己を否定することが、偽善だよ。
つまり、自我は死に切れないし、死ぬ必要もない。
自我を死にきるべしでなく、自我を生きるべしが正しいわけだ。
707よエゴイズムは、肯定されるべきであるんだよ。
それが、たの人権を侵害するとき、初めて制限されるわけです。
エゴ 個人主義を否定する宗教は、偽物。
禁欲主義も同じ、生長の家も、危ないほうかもよ。


709 :名無しさん@3周年:03/09/21 19:00
エゴを否定しても、否定できないのが人間なんだ!

710 :名無しさん@3周年:03/09/21 19:27
>自我を死にきるべしでなく、自我を生きるべしが正しいわけだ。

だからそんなことで自我が生きているわけないだろ。
お前たちは自意識が過剰なんだよ。

社会的な実力がないだろ。まじめに仕事してんのか。


711 :ゴーマン君:03/09/21 21:29
>>708 さん
>自我を死にきるべしでなく、自我を生きるべしが正しいわけだ。
>707よエゴイズムは、肯定されるべきであるんだよ。
>それが、たの人権を侵害するとき、初めて制限されるわけです。
>エゴ 個人主義を否定する宗教は、偽物。
>禁欲主義も同じ、生長の家も、危ないほうかもよ。

生長の家で、いろいろ否定するのは、欲や現象に振り回されないためです。
自我を死にきるべしでなく、「自我を生かすべし」ですよ。それには
エゴやなんかに振り回されている状態を一度、なし!と否定して、
さっぱりするのが手っ取り早いし、エゴでも欲でも何でも、もともとは何に
もなかったところから神が創ったものなんですから、全てをありがたく生か
させていただくのが生長の家です。

712 :アクエリアン:03/09/22 01:13
ゴーマン君さん、いろいろと貴重なお話を書き込んでいただいて、いつも楽しく、
読ませてもらっています。それにしても、壮絶なる過去がったんですねえ。
こういう掲示板で、ゴーマン君さんのような貴重なお話を読めるとは、本当に
ありがたいことです。理想世界誌とかの生長の家に機関誌に、ゴーマン君さんの
体験談を載せてもらえないかなと思っていますよ(笑)。もし生長の家の本部の
方、機関誌関係の方が見ておられたら、何か、メッセージを書き込んで下さい。

ところで、生長の家の学生運動の出身で、元右翼運動活動家であった鈴木邦男さん
のサイトで、テレビ出演されたときの様子をアップされています。なかなか面白いで
すね。
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Gaien/2207/2003/shuchou0922.html
その鈴木さんは生長の家についてこんなことを語っています。

「一水会をつくって二十年。学生運動を含めると二十五年以上、この民族派の運動
をやってきた。それを支えたのは何もイデオロギーでもないし、三島由紀夫でもな
かった。生長の家で学んだ宗教的、精神的なものだったと思う。」
(「宗教なんてこわくない」エスエル出版会より)

713 :名無しさん@3周年:03/09/22 12:39
ゴーマンさん、711に同意です。
>エゴやなんかに振り回されている状態を一度、なし!と否定して・・・
百聞は一見にしかずです。

714 :名無しさん@3周年:03/09/22 13:12
710
馬鹿は死ね右翼天皇キチ外。

715 :名無しさん@3周年:03/09/22 13:13
711は認知障害 病気にならないように。

716 :名無しさん@3周年:03/09/22 13:19
ダイナミックさん。辛抱強く会う薬を探してください。
病気は心で、起こるものは、少なくなってきました。
心の影ではありません。うつ病ですら、セロトニン ノルアドレナリン
の分泌が少ないだけの病気ととらえています。
アドレナリンが分泌過剰だと、血圧が高い。これと同じなんです。
うつ病も。それのに精神障害に分類されています。
キチガイではありません。まちがわないで。天皇が神これはキチガイです。
ダイナミックさんは病気であって、キチガイではない。間違わないでください。

717 :名無しさん@3周年:03/09/22 13:26
生長の家の古い信者には、キチガイが多い。キチガイ思想をもつひとは
キチガイであります。エゴイズムを否定する多くの人は、エゴイズムなんです。
他人のエゴイズムを許せないひとが多いからです。なのに自分のエゴ
には気がつかない。勝手なやつが多いのです。
エゴを認めるひとは、他人のエゴにも寛容であります。
お互い様の考える人がおおい。付き合いやすいわけです。
コチコチの信者は、ほんと付き合いにくいです。
エゴなんてひていできない。自己否定自殺につながります。
真がも、にせ自我も、実際区別できない。どちらも自分なのですから。
鈴木さん 生長の家が生んだ本当のキチガイです。相手にしてはいけません。

718 :名無しさん@3周年:03/09/22 13:32
ダイナミックさん。統合失調なら、新薬がたくさん出ました。
ただ、いつにつき半年ぐらい使わないと、会うかどうかの判別は、
難しいし、薬の交換は、できれば、入院治療が適当と思います。
SDAは副作用が少なく、ほぼ一種類でいけると思います。
自殺は、欝統合失調症などに見られる症状ですから気長に治療してください。
欝で6ヶ月、統合失調は、一生薬は飲んでください。
社会生活は、十分営めますよ。

719 :名無しさん@3周年:03/09/22 13:39
統合失調症はドーパミンセロトニンの分泌過剰で起こります。
心の問題ではありません。補助的影響はありますが、主因では、無い。
ドーパミンが少ないと、パーキンソン病です。
心と言われたものの多くが物質の異常と言うのが、最近の医学で証明
されています。医学でものは医学で、直してください。
皇帝のものは皇帝に、神のものは神に返せばよいのです。

720 :名無しさん@3周年:03/09/22 13:41
ただどうしても、生長の家で直したければ、イユーで
直して 責任は誰がとるのでしょうか?

721 :名無しさん@3周年:03/09/22 13:42
三島は、キチガイです。

722 :名無しさん@3周年:03/09/22 13:43
古賀も、森田も気印だわ。

723 :名無しさん@3周年:03/09/22 14:23
716−719さん、
具体的なアドバイスありがとうございます。
dynamicさん、あきらめないで。あなたが生きているだけでうれしい。
代わってやれない母はだれよりも辛いんだよ。
代わってやれない、口だけと言われても、励ますことしかできない。

724 :名無しさん@3周年:03/09/22 15:34
公に徹すれば病気は消える。

725 :名無しさん@3周年:03/09/22 19:28
愛されていることに気付き、
微々たる愛でも表現してみる。

726 :アクエリアン:03/09/22 20:44
>心と言われたものの多くが物質の異常と言うのが、最近の医学で証明
>されています。医学でものは医学で、直してください。
>皇帝のものは皇帝に、神のものは神に返せばよいのです。

そうなんですね。
生長の家でも、何もむやみに医学を拒否していないんです。
医学の発達は、神の愛の表れだ、と捉えているんですね。
ここを間違うと、いろんな問題が起こるのではないでしょうか。
だから、医学と宗教は、共に協力し合っていけばいいのです。
最近、アメリカのタイム誌なんか、瞑想の科学という特集をして、
瞑想がいろいろな病気の治癒にどのような効果を及ぼすのか、
医学の側も興味を持つようになってきていることを伝えています。



727 :ゴーマン君:03/09/22 21:11
アクエリアンさん
楽しんで頂いてる様で、私としても嬉しいです。でも、信者さんの方がもっといろいろ体験談あると思います。
あまり目立って言わないだけで。鈴木邦男さんのサイトは私は結構好きです。面白い。

>>713さん
有難うございます。

>>715さん
認知障害ですか。気をつけます。

>>717さん
生長の家は、きちがいさんが多いですか。
自分の人生に自分の常識や世間の常識では対応できない事が起こり、それでも何とか解決し生きていこうと救
いを求めている人が多い、と言う事なのでしょう。あなたの「寛容」で、優しく見守ってあげてください。

728 :アクエリアン:03/09/22 21:34
>鈴木さん 生長の家が生んだ本当のキチガイです。相手にしてはいけません。

それが違うんですね。
最近の鈴木さんの言動を追っているとそれがはっきり分かってきます。
かつては、雅春先生の愛国書に感化を受けて、ガチガチの天皇信仰者であった
ようですが、いろんな書物を読み、様々な人と交流するうちに、考え方に
劇的な変化が起こったようです。
天皇制に反対の人でも、天皇の御心にかなうような愛他的な生活をしている
人もいれば、天皇万歳を唱えている人でも、悪いことばかりしている人がいる。
自分は、前者の人と友達になりたい、そういうことを言っていますね。
現在の自分は多くの日本人と同じような素朴な愛国者の一人にすぎない、と
いっています。多くの左翼の人との交流でも有名ですね。私はそういう鈴木さんに
好感を持っています。


729 :アクエリアン:03/09/23 00:19
683さん、
>今、島田裕巳という方の本を読んでいるのですが、
>ルーマニア生まれの宗教学者ミルチア・エリアーデの<世界宗教史>筑摩書房
>の解説書の観がありますね。興味はつきません。

この本、私も現在読んでいるところです。
仏教とかヒンズー教、ヨーガ、ベーダーンタ哲学、などの興味のあるところから
読んでいますが、なかなか全巻を読むまでには至っていません。
宗教問題、とくに万教は帰一するのか、に関心を持っているものにとっては、この本は
必読書だと思いますね。
島田先生は、このエリアーデの世界宗教史についてこんなことを述べています。

「「世界宗教史」は、現代の情報化社会においてもとめられている「ハイパーテキスト」
の構造を備えている。つまり、ある具体的な関心を持った読者が、その関心にそった内容
を「世界宗教史」のなかから読み取っていけば、関心をもった事柄の宗教史的な意義がおの
ずから明らかになってくる仕組みになっているのである。」

「宇宙的宗教性は、キリスト教だけでなく、イスラームにおいてもみられる。宇宙的
イスラームがたしかに存在している。そうした宇宙的宗教はまた、わたしたち日本人
の宗教とも重なりあっている。日本には宇宙的神道なり宇宙的仏教が存在している。
宇宙的宗教性は、人類全体に普遍的な現象なのである。
 わたしたちは、エリアーデの「世界宗教史」をひもとくことによって、神の問題を
考える上で重要な示唆を得ることができるのではないだろうか。」
(「日本人の神はどこにいるのか」ちくま新書、より)」


730 :名無しさん@3周年:03/09/23 08:50
ポジティブ思考とマイナス思考の特徴・・・・

つまり簡単に言えば、他人や社会に対して、
『何かを、与えること』を、考えてる状態が、ポジティブ思考で、
『何かを、してもらうこと』を考えてる状態が、マイナス思考なんだね。

常に他人に『何かをしてもうらうこと』を、考えている人、
そんな人ってのは、苦しくてしかたないんだよ。

生きてることが、苦痛でしかたがない。
だから、いつも不平不満を口にしてる。




731 :名無しさん@3周年:03/09/23 19:49
島田先生 大丈夫でしょうか?
オウムをたしか肯定していましたよ。

732 :683:03/09/23 20:17
オーム問題の前にエリアーデは亡くなってしまったので、エリアーデなら
どう説明するのだろうと書いてありました。

「・・・なぜ自己の解脱、悟りをもとめるヨーガの修行を行っている人間たちが
サリンという毒ガスを使った無差別殺人を敢行しなければならなかったのか。
エリアーデは、そのことに深く悩み、宗教による惨劇に強い悲しみを抱いた
ことであろう。」    島田裕巳

730さん、同意です。
してもらいたいと望んでもなかなかしてもらえない。
自分の行動なら、自分で管理できる。

733 :アクエリアン:03/09/23 21:16
>島田先生 大丈夫でしょうか?
>オウムをたしか肯定していましたよ。

1991年9月の朝まで生テレビで、幸福の科学とオウム真理教との宗教討論会
があり、そのときのパネリストの一人として島田先生も出席されて、かなりオウム
に対して肯定的な評価をしていました。その後も、週刊誌などで、オウムは、出家
を強調したり、パーリ語の仏典を翻訳したりして、仏教本来の姿にちかづこうと
努力している姿がうかがえるなどと、オウムの宗教活動にたいしてかなりシンパシー
を抱いていたことは確かだと思います。その時の言動が仇となって、後のオウム事件
のときにバッシングを受けて、日本女子大学を辞めざるを得なくなったことはよく
知られていますね。それで、宗教学者としての責任感から、なぜ、オウムの本質を
見誤ったのか、三年の歳月をかけて、全力を傾けて、オウムを分析した本を書かれ
ました。トランスビューから刊行されている「オウムーー宗教はなぜテロを起こしたのか
」という本です。宗教原理主義が問題になっている今日、オウムのみならず、宗教の
テロに対して関心を持っている人にとって、必読の文献だと思います。
本来の


734 :名無しさん@3周年:03/09/23 21:23
医学の進歩は果たして神の愛の現れでしょうか?
神が全知全能ならもっと他に方法があると思うのですが。

735 :名無しさん@3周年:03/09/23 21:29
社会や人に、『何かをしてもらいたい』という依存心の高いマイナス思考は、
常に、心の底で、苦痛を感じている。

満たされない思い、嫉妬心、将来への不安、説明できない恐怖感からは、
心構えを変える以外に、逃れることはできない。

それら心痛の原因は、宇宙を創造し、維持している巨大な意識の流れに
自己意識を逆流させているからに、他ならない。

それに対処するには、『何かをしてもらいたい』から、
『何をしてあげることができるのか』へ思考を常に、逆転させることだ。

そうすれば、君の心から、心痛が嘘のように消えて、なくなるのがわかるだろう・・・

その時、君は、それに代わって至福感が心の中に、流れ込むことに気づくはずだ。



736 :名無しさん@3周年:03/09/23 22:19
>>735
だれの言葉ですか。


737 :名無しさん@3周年:03/09/24 08:29
顕在意識から、無理矢理潜在意識へ自己暗示で
強制したものは、虚偽のポジティブ状態である。

そのような状態にある人々は、表面上の明るさとは裏腹に
常に心の奥底では、不安や恐怖におびえている。

そのため、長年この状態ばかりを続けていると、
アルコール中毒、喫煙やドラッグへの依存
過度の性的快楽を追いかけて、
その恐怖や不安から逃れようとしはじめる。

しかし、そんなことでは、恐怖や不安は消えないため
ますます心や体はボロボロになっていく。

うつ状態、ノイローゼ、イライラ、アルコール中毒
神経性胃炎、脱毛症など様々な病的な症状が、
体や心を蝕んでいく。


738 :名無しさん@3周年:03/09/24 09:16
734さん 愛の表れそのものです。
ただ、全能であることと、病をすべて瞬時に治すのとの関係です。
病を治し人死から救う 大いなる愛です、でもこの愛は人を蘇生させるのでなく
復活させるためにあるのです。答えは言いません。復活と蘇生の意味を考えて
ください。こんな点になると、生長の家では、説明できなくなります。
神秘を説明できない。宗教的浅さがあります。キリスト教に劣るてんです。

739 :名無しさん@3周年:03/09/24 09:19
アクエリアン
右翼と左翼はともにキチガイです。
キチガイ同士 鈴木さんと話はあうでしょう。特に反米でね。
右翼がアメリカ支持から反米に変わったわけ。
ちょうど、戦前の右翼と同じです。自由主義者には、戦争の悪夢の再現です。
思想的バランスをとるのが自由主義者、キチガイには付き合えません。

740 :名無しさん@3周年:03/09/24 09:26
735さん もっと心理学勉強しなさい。
依存することが悪、プラス思考でないとあります。
まったくの出たら目。甘えの構造を読んでくだされ。
河合の著書でも良い。依存のなかで、自立を獲得するわけ。
甘えることによる、心のストレスの開放。
甘えの構造は、甘えてはいけないと書いていない。その反対です。
大半の日本人は読んでいない。それで甘えがいけないと、甘えの構造
に書いているお思っている、馬鹿国民であります。
謙虚に学ぶ姿勢がないのでしょう。生命の実相だけ読んでも、人生
分かりませんよ。

741 :名無しさん@3周年:03/09/24 13:40
テレ朝の12時の番組を見ていました。
連合赤軍の塩見が出ていました。懲役20年のゴクサです。
それと、鈴木が会見しているヴィデオが流れていました。
たしかに、鈴木さん 左翼と会見しています。
オウムの島田 極左の塩見 生長の家 イメージ悪いですよ。
アクエリアンは、生長の家のイメージを、悪くしていません。
右翼の呪詛が、マトワリついていませんか?

742 :名無しさん@3周年:03/09/24 15:09
真のポジティブ状態とは、社会や人々のためにつくそうとする心から、ごく
自然な形で湧きあがり、何事にも負けないほどのエネルギーで満たされた、
全く私心の無い状態を指す。

それは、一切自己暗示などによって強制されたものではなく、人間本来が
持っている本能からくる、心の真の姿だ。

その状態になると、人は一切の恐怖や不安から解放され、心の奥底からかつて
ないほどのエネルギーが湧き出てくる。
どんな障害をも恐れず、疲れを感じることもない
君の中から無限にエネルギーが湧き出てくることに気づくだろう。

そして、その時、かつて経験しなかったような充実感や至福感が君の心を
満たすこととなる・・・

まさに、真の成功者とは、真のポジティブ状態を実現した人のことを
言うのだ。


743 :名無しさん@3周年:03/09/24 15:12
>>738->>741  だれ? 正信?

744 :名無しさん@3周年:03/09/24 18:44
742さん、
>人間本来がもっている本能から来る、心の真の姿だ。
実感としてわかりますよ。

745 :名無しさん@3周年:03/09/24 20:01
742のご意見に基本的に合意です。
しかし「人の役に立てることが嬉しい」その反面
「人の役に立てない、必要とされないことは辛く悲しく情けない」
そういう立場を生きている人もいるのです。

その場合はただ生かされていることに感謝。ですね。
要求ではなくただ感謝です。

・・・病室の窓から青い空をただ眺めている。それだけで涙が出るほど
うれしいのです。
こんな気持ちになれるまでには、なぜなぜと自問自答の毎日。これが欲を
そぎ落とすと言う修行なのか・・・と、いろいろありました。
今、心軽くただ生きていることがうれしいのです。想像もしていなかった心境です。
それまでのわたしは、妥協や諦めの境地しか想像していなかったのですから。


746 :名無しさん@3周年:03/09/24 21:31
社会や他人に奉仕しろというがそんなのする機会が無い。
今まで習慣にしてないので何していいのか、わかんない。
こんな感じの質問が、結構多かった。

たしかにそうなのだ。

無私の心で他人に奉仕するなんていいことだから、さぁはじめようって、始める人。
100人に1人いればいいとこだろう・・・・

もっといるだろうなんて考えるかもしれないが、実際自己ちゅーから、
他人奉仕型に変えるわけなんだから、よほど意識革命起こさないと無理だろう・・・・

偉そうなこと書いても、実践できない綺麗ごといってそのまま放置では、
従来の役に立たない成功法則と同じジャン。

ではどうすればいいのか・・・・・・

そんな悩みを持つ方に『3人のレンガ職人』の話をしてみよう。
話の内容は知ってる方多いんじゃないかな・・・

実は、この話の中にね。どうやって、自己中を、なおしていけばいいのか
秘密が隠されている・・・・

真実は、知っていることの中にいつもある。


747 :名無しさん@3周年:03/09/24 21:32
ある工事現場で、3人のレンガ職人がレンガで家の壁を工事をしていた。
一人目のレンガ職人に『あなたは、何を作ってるのですか?』と質問する。すると・・
『見てのとおりレンガを積み上げてるのさ』 と、面白くなさそうな顔で、答えた。

二人目のレンガ職人に同じ質問をしたところ
『俺は、今おしゃれな家を、建ててるのさ。見たことネェ良い家建てるから完成したら、見に来な』
と、自信に満ち溢れた顔で答えた。

そして最後に3人目のレンガ職人にも同じ質問をした。
すると三人目のレンガ職人は、空を見上げ
まるで、子供が夢を語るような輝いた目で、こう答えた。

『私は、今、素晴らしい街をつくっているんです。この家のようなレンガ造り
の美しい家が、たくさん並び、人々が幸せな暮らし、心のよりどころにするよ
うな場所。そんな素晴らしい町並みのなかに、建ち並ぶ家をつくっていくのが
私の夢なんです・・・』


748 :名無しさん@3周年:03/09/24 21:37
さて、この話、レンガ職人3人とも、実はレンガを積み上げてるだけの
全く同じ仕事をしている。

でも、将来は、多分大きく違ってくるんじゃないかな・・・・

社会や人のためにつくすことが潜在意識の力を引き出す秘訣だと話した。
納得してくれてる人多かった。

共感を持てるボランティア活動参加したり、普段知らない人に対して
奉仕活動するのもいいだろう・・・

でもね。

一ヶ月に1度や2度そんな場所いって、活動しても、普段自己チューで、
不安や恐怖いっぱいの生活してたら意味ないよね

実は、行動は、いつもの仕事でいいのよ。
特別何かやろうなんてね。やれるならいいけど、大変でしょ。

同じことでいいの、同じように会社いって、同じように学校で勉強する
同じ仕事して、同じテスト勉強して、家帰ってテレビ見てネットして寝る。

つまり、同じレンガづくりで、いいってわけね。

ただね、意識を1,2番目の職人から3番目の職人に、変えてみる・・・・

これが実は重要なんだ。






749 :名無しさん@3周年:03/09/24 21:54
>>447
>俺は貴族なんだ。正確には伯爵だ。

こんなこと言ったら生まれつきの貴族でないほとんどの一般大衆は救われなくなるね。
これが生○の家でいう人間神の子の真理とやらですか。すり替え、勘違いもはなはだしい。
高慢な人間を培養するだけ。

750 :名無しさん@3周年:03/09/24 22:13
>>794
生長の家でいう貴族とは精神的貴族です。


751 :名無しさん@3周年:03/09/25 10:23
749さんの言うとおり、大衆との結びつきが無い宗教なんです。
出が天皇賛美ですから、大衆を切り捨てるんでしょう。
鎌倉仏教は、貴族から離れ大衆のアプローチした宗教でありました。
まあじだいに逆行しています。右翼かとおもえば、塩見孝也を賛美する。
赤軍派を肯定してらっしゃる。アクエリアンはすごい。
塩見 宮本顕治 小林多喜二 この3人は、官憲もあきれるほど
口が堅かった。精神的貴族なんてどうせ貧乏人を心の影が悪いから
そんな環境になったと裁くのが落ち。ある意味非宗教の立場に「立っている
のが生長の家であります。創価は貧乏集団ていったのは、玉置和郎さんでしたっけ?

752 :アクエリアン:03/09/25 20:15
>749さんの言うとおり、大衆との結びつきが無い宗教なんです。
>出が天皇賛美ですから、大衆を切り捨てるんでしょう。
>鎌倉仏教は、貴族から離れ大衆のアプローチした宗教でありました。
>まあじだいに逆行しています。右翼かとおもえば、塩見孝也を賛美する。
>赤軍派を肯定してらっしゃる。アクエリアンはすごい。

キリスト者の自由主義者さん、
論理の飛躍がはなはだしいですなあ。
確かに、鈴木さんと塩見さんは親密な交流があるようですが、
だからといって、私は赤軍派を肯定していませんよ。
鈴木さんもテロは認めないと言っていますし。
もともと赤軍派にしても、搾取のない、人民が自由に生きることのできる
理想社会(共産社会?)を目指しているのですし、鈴木さんもその理想主義に
シンパシーを感じているのでしょう。
私はそういう理想主義的な鈴木さんに共感しているだけですよ。
左翼は反米だけでなく、人権の侵害にも敏感でしょう。
鈴木さんの新左翼へのエールも、そういう人権の侵害に対して闘う左翼に
対する共感でもあるのでしょう。


753 :アクエリアン:03/09/25 21:19
霊界通信者A氏の「21世紀生長の家研究会」のサイトに、
http://www1.odn.ne.jp/~aaj39020/www1.odn.ne.jp/~aaj39020%20/
「谷口寿美様に関する最新情報」がアップされていますので、
このスレッドにも、非常に重要な情報だと思いましたので、転載させていただきます。

************
谷口寿美様は現在の生長の家の運動のあり方に根本的な疑問を抱かれ、生長の家創始者
谷口雅春先生の御教えを十全に世界人類に伝え人類を光明化するべくオーストラリアで
生長の家から独立されました。

現在谷口寿美様は「ときみつる會」という団体をオーストラリアにて設立され、同団体
機関紙『こころ』は谷口寿美様ご自身が執筆されているとのことであります。
http://www1.odn.ne.jp/~aaj39020/www1.odn.ne.jp/~aaj39020%20/newpage21.htm

谷口寿美様は、昭和47年の雅春先生の海外ご巡錫にも同行され、雅春先生のみ教えに
直に接しておられた方ですね。そういう人のお考えだけに、私も非常に注目しています。
やっぱり、雅宣氏の行動はどこかおかしいのだろうか?霊界通信者Aさんのサイトには、
幹部の方の発言として、将来生命の実相が聖典からはずされるかもしれない、という言葉
が紹介されていました。火のないところから煙は立たないといわれるが、やっぱり、
何かあるのか・・・・・。



754 :コピーマン:03/09/25 22:18
「谷口雅春先生を学ぶ会」というのがあるみたいです。
絶版書籍の斡旋もされているみたいです。

http://hikarinoshingun.web.infoseek.co.jp/index.htm


755 :名無しさん@3周年:03/09/26 00:08
雅春さんの写真を初めて見たけどなんか唯のお爺ちゃんですね。


756 :ゴーマン君:03/09/26 01:20
アクエリアンさん

私が思うには、雅宣さんか寿美さん、どっちかって決めなくても良いのでは?
どっちもありでしょ。
目的は人類光明化運動らしいし。
>雅宣氏の行動はどこかおかしいのだろうか?霊界通信者Aさんのサイトには、
>幹部の方の発言として、将来生命の実相が聖典からはずされるかもしれない、という言葉
>が紹介されていました。
たぶん、私の想像だと、どっかのキリスト教みたいに、生命の実相を違う解釈して、
キリストみたいに雅春さんが祭り上げられるのを懸念しているのかも。
実際、霊界通信者Aさんのサイトは、どっかのキリスト教か?と私は思う。
宗教に依存して、自分の他に神や真実を求めるのは、初めの取っ掛かりとしては
いいけど、最終的には、自立して、自分の中に、神を見出さなければ、
生長の家の目的は果たせてない気がする。何か、ただの宗教とかわらない。
生長の家の意味無いよ。生命の実相が聖典からはずされるとしても、自分が
真理になる位の勢いでいれば、平気じゃないかなー。と言うか、あんまり売れてない
から外されるだけなのか・・・。しかも、買った人によっては内容無視で、議論先行、
聖典は検証の対象となりつつある。
人間神の子なら、本なくなったくらいじゃ、何ともないっしょ。物質なしだし。
それに、もう、伝道はいいんじゃないの?宗教多すぎ。今更、改めて宗教変わる人なんて
いるのかしら?それよりも、異なる宗教でも共通の目標を探して、協力しあった方が
いい気がする。それが、愛でしょ。教義に同意する、しないを議論するより
幸せになる事を願っているのはみんな同じだから、一緒に出来る事をやっていきたい。
敵を愛せよ。愛は、国境(この場合は異教)を越える。愛は、全てを包む。
私は、伝道してて最近、特にそう思う。

757 :名無しさん@3周年:03/09/26 08:16
754  「谷口雅春先生を学ぶ会」を見てきました。とても???なHPですね。


758 :名無しさん@3周年:03/09/26 10:04
akueriann
おかしいのは貴方の頭。
右翼もキチガイ 左翼もキチガイ 結びつこうと決裂しても
キチガイ同士。生長の家を去ってくれ。右翼団体と相変わらない。
じつは、右翼は、天皇をロボットにして、自分好き勝手に独裁するわけで、
自由主義者で、キリスト者の私には許せない。戦争の反省もなく
右翼カブレの、アクエリアン 東京裁判なら、キル バイ ハンギングだよ。
天皇は、福祉事業に携わることでしか、生き延びられないんです。
今の憲法では。歴史に無知な君が、天皇ごっこして何の得も無い。
新潮文庫の「天皇ごっこ」を読めば賢くなる。この著者も懲役だが、鈴木
さんよりは、賢い。

759 :名無しさん@3周年:03/09/26 10:30
自由主義者で、キリスト者を標榜するものが

キチガイという言葉を連発するとはいかがなものか

この人は、30年前のトラウマからめけ出せないでいるようだ。

実相顕現を祈りたい。

760 :名無しさん@3周年:03/09/26 10:45
左翼のことも右翼のこともよくわからないが、真ん中をいくのはむずかしい。
右からみれば左に見えるし左から見れば右に見える。

・・・詭弁でした。しかしこの論議に具体的な中身を感じられなかったので。

761 :名無しさん@3周年:03/09/26 10:58
>>746-748
ありがとうございました。自分の身に置き換えて考えてみることができます。
このような良レスうれしいです。

どうも、聖典をそのまま引用するだけだと「そんなこともう知ってるよ」という
気分になってしまうんですよね。
じっさいの生活にあてはめてみると「ほんとうにわかってる・・・?」な状態なのですが。
つくづく、知っていると解ってるにはかなりの差がありますね。
まあ、ひとそれぞれ芽吹くのに適当な時期が必要なのでしょうから、あせらずに待つと
しましょう。

762 :名無しさん@3周年:03/09/26 12:02
759
キチガイが使えないならドストエフスキーの悪霊に置き換えればわかる。
どうせ読んだこと無いと思う。
罪と罰 カラマゾフ 死の家の記録ぐらい読んではんろんしたら?

763 :名無しさん@3周年:03/09/26 12:09
30年前 トラウマなし。
挫折しなかったよ。生長の家の愛国運動が、愛国でなく嘘であった。
これが分かっただけでも価値ありだな。
谷口さんは太平洋戦争 日中戦争を100パーセント悪くないと主張した
偽善。許せない!心の法則では、ワルイことした因を、敗戦と言う
結果を招いたと分析しなかった。なぜこのときは心の法則で説明
しないのか?
大東塾という右翼団体と親密であったのか? やばい団体
破防法を適応して、オウムともども禁止したら、と思う。

764 :名無しさん@3周年:03/09/26 12:09
とにかく、生長の家は中国に謝罪すべきだ!

765 :名無しさん@3周年:03/09/26 12:20
無限供給の扉を開くの96p
神に祈って西沢さんが、満州に、ガラス工場を建てる話です。
明らかに、満州侵略です。神に祈ると、満州侵略が、閃いた
のですか? 西沢さん、満州から無事帰ったんですか?
満州の工場は、結果的に失敗ちがいますか?


766 :名無しさん@3周年:03/09/26 12:24
占領憲法かの日本でも、池田首相が、ハッキリいわない。
腹にためるしゃべり方するから、喉頭がんになったとか
かいてましたな。キチガイよりすごい誹謗中傷じゃないですか?
愛をといても、実行しないできない。人間そんなものです。
罪の力です。だれにもあります。罪なしとは、自分を振り返れば
とても言えないと思いますよ。

767 :名無しさん@3周年:03/09/26 12:27
昔の本には、満州 上海の話がおおく載っていました。
今考えると、侵略の意識すら持っていなかった。
宗教者としては、恥ずべきことです。
せめて宗教の世界では、汝 犯すなかれ!と思いますよ。
神社まで作って、ご苦労さん。

768 :名無しさん@3周年:03/09/26 13:10
無限供給の扉を開くの231pのところが、また面白い。
傷痍軍人が居たそうです。傷が恥ずかしく天皇のせいだと恨んでいた。
ここまでは、自然なお話。
講習会がおわり、そのかたは天皇の命と一体化したそうな?
天皇のために傷ついた傷は、見苦しくない。いや美しいのだ!
こんな嘘 へいきで書いています。匿名で調べようが無い。天皇のためなら
傷ついても美しい。軍国調です。これにおまけが付いています。
動かなかった、関節がうごくようになった。ここまで、くるとオカルトを超えて
吉本になります。笑えます。インチキの最たるものですね。
異議ありますか?

769 :名無しさん@3周年:03/09/26 13:16
生長の家って宗教団体名?

「○○の○○」っていう感じの宗教多いけど流行ってるの?
紅のブタ、天空の城、となりのトトロみたいに意図的にそうしてるの?
「の」を入れるとヒットするってよく言うよね・・・

770 :名無しさん@3周年:03/09/26 13:16
天皇を神のごとく信仰すれば、怪我がなおった。
生長の家の大神をやめて、天皇の大神であればよい。
つまり、天皇があれば、生長の家は無くていいことになる。

天皇のためなら、国民は犠牲になって当然、しれで怪我しても、病気
しても元の様になおる。直らないのは信仰がないのだ。
傷痍軍人のままでいるのは、おまえ本人のせいだ。といっている事、
になります。昔のシロハト 生長の家 光の泉 理想世界
こんな記事ばかりでしたよ。明窓浄机なんて、もっときつかった。
書き直しているでしょう、明窓浄机 発禁本ですか?
知っている人は、教えてね。

771 :名無しさん@3周年:03/09/26 13:19
つまり、天皇信仰を根絶やしにしないと、明日の日本は、無いという事
ですか?

772 :名無しさん@3周年:03/09/26 13:21
天皇なんて、日本にはウジャウジャいます。
重症病棟には、10人は天皇はいますよ。
日本全体で1000人はおるんちゃいます。
根絶やしは、無理でしょう。
今朝も、天皇に会いましたよ。

773 :名無しさん@3周年:03/09/26 13:36
深いなあ・・・うん、深いよ!

774 :名無しさん@3周年:03/09/26 14:27
赤軍は理想社会を目指していた。というアクエリアンの反論?
馬鹿ちゃいます。
目標が正しければ、人を何人も殺してよいという発想です。大東亜共栄圏
理想が正しければ、中国人<チャンコロ>は殺していいと、手段の選ばず、
昭和の軍国主義と同じ発想だ。赤軍賛美が生長の家の本質ですか?


775 :名無しさん@3周年:03/09/26 14:29
目標 理想も正しくないよ!
赤軍と右翼 日の丸と赤で、色つながり。
座布団5枚。パチパチ。。。

776 :名無しさん@3周年:03/09/26 19:16
徳島の正信君はとうとう壊れてしまいました。

薬を飲んで落ち着くまで、放置しましょう。



777 :名無しさん@3周年:03/09/26 19:34
776そんなことしか書けんのか?
インチキやろう。内容で反論しなさい。
お前みたいな、低学歴右翼 人生を、一からやり直しなさい。
天皇は知らんが、キリストなら救ってくれます。
ただ懺悔が必要 侵略戦争を美化しているうちは、だめだな。
徳島でゆうなら、○林さん 熱心な信者の家庭で、昼から飲酒で、車に追突
逮捕されたら、あかんでしょ。この人に薬のましたら。
私は、薬は飲んでいません。軍国主義の特攻隊には、軍隊はヒロポンを
使って、突撃させました。天皇のためでなく、覚せい剤を使用したとき
もあります。特攻前日 刀を振り回した暴れたひともあります。
当然だと思いますよ、殺されるんだから。指揮官たちの特攻を読め。
君も日本人なら、その人たちに、詫びなさい。君も徳島なら43連隊の悲劇
印パール作戦を勉強しなさい。天皇賛美のキチガイしそうで、300万人が
死んだ。これには中国人をはじめとして、虐殺された人はカウントされていません。
キチガイしそうを、悔い改めなさい。君も罰があたるよ。心の法則が
正しいのであれば。君に効く薬は日本にはない。馬鹿につける薬は、ないからね。


778 :名無しさん@3周年:03/09/26 19:37
怒るのも無理ないけど776の嫌がらせ右翼
相手にしなくて良いんじゃない。
社会生活でも、鼻つまみ者だよ。
人に迷惑かけても、すまんと言わず。偽者の自分だと、言い張る馬鹿
ですよ。常識無いんだから。

779 :名無しさん@3周年:03/09/26 19:40
776って、怖そうな人。
ありがとうございます。本心で、言ってませんよ。
776って、いつも文章が短いでしょう。
理論に弱い、真情右翼でしょう。
刺されるとコワーイかもよ。

780 :名無しさん@3周年:03/09/26 19:43
正信でなく、雅宣をオオエンしたら、生長の家から右翼は去るよ。
雅宣 バンザーイ!

781 :名無しさん@3周年:03/09/26 19:45
776 去ってよし!


782 :名無しさん@3周年:03/09/26 19:46
http://tekipaki.jp/~gon/park/index.html ←無念の無念のありがとう教サイト
http://tekipaki.jp/~gon/park/inori.htm←ありがとうおじさんの声入りです。怖くてキモイ。

呆れた・・・・・もうここまで来ちゃうと基地外!!本当最悪!!(下のHP)
こんなキモイもん使ってるヤシいるのか??(写真なし)
http://www.kcn.ne.jp/~kappa/hin.html
↑行き過ぎた気持ち悪さです。管理人も頭おかしい。
http://www.bekkoame.ne.jp/i/seika/index.html
http://www.pleaseed.com/ThanksFrames.html
↑ここもそれ関連だろう・・(キモイグッズあり)
http://homepage3.nifty.com/reiki/index.html
http://plaza.rakuten.co.jp/tenci55/
http://www.hado.com/
http://www.h2.dion.ne.jp/~ennohana/index.htm←特にキモイ
http://kao.popkmart.ne.jp/kuni/
http://azbenriya.fc2web.com/
↑その他ありがとう狂関連キモイHP

ここでも「無限の無限の・・・」っていってるよ

http://www.as-bbs.com/usr/fre-01/mkgif/mkgif.cgi?YOSHIOKA

   ↑↑↑↑おまいらはこれらのキモイ宗教のお仲間でつか???↑↑↑↑


783 :名無しさん@3周年:03/09/26 20:23
天皇万歳で死んでいった人、予科練特攻隊>
それを信じて浅沼さした、y少年自殺しました。
早稲田までいって、三島事件に共犯として人を殺したkさん
朝日の記者を殺した右翼
天皇万歳しそうで、幾人しんだか?あなたも人の親なら、無念に思いませんか?
思想かぶれで、行く家族ないているか?本人は良いが、家族のみに。なってほしい
226の遺書 天皇を呪っています。愛国者ではありませんね。
先の戦争で、天皇を不眠症神経症状態に追い込みました。最低4回は退位
を考えさせました。皮肉なことに天皇万歳思想のためです。
象徴天皇にするため、日本人がいかに努力したか。占領軍の押し付けではない。
高橋さんの象徴天皇の誕生をよんでください。
自由主義者の天皇像が、描かれています。忠のなによって、」
天皇を不幸にした、不忠の思想 それがムモン関の忠の解説、誤謬であります。


784 :名無しさん@3周年:03/09/26 20:26
226の遺言は、磯部浅一のことを指します。

785 :名無しさん@3周年:03/09/26 20:31
天皇は神思想を信じて、死んだら その責任 生長の家が
取ってくれるんですか?

786 :名無しさん@3周年:03/09/26 20:32
思想で死ぬって 一番の不幸でしょう。

787 :名無しさん@3周年:03/09/26 21:15
正信って何者?

788 :名無しさん@3周年:03/09/26 21:43
「おまえには流産児がついている」というようなことを他の人々の前
で公然と言うことは完全に名誉毀損罪です。道場に行ったほとんどの
みなさんはこのようなことを言われた経験をお持ちだと思いますが
このような犯罪を犯しておきながら一言すら何の謝罪もせず自分
は正しいものだと思っている下劣な犯罪者は死んだら地獄に落ちる。
水子の永代供養料一体10万円でボロ儲け。人の善意による罪悪感に
つけこんだ悪徳水子詐欺商法の元祖だから気をつけるように。

789 :名無しさん@3周年:03/09/26 21:48
生長の家で神様を嫌いになった人は神様ではなく生長の家に嫌悪すること。
神様まで嫌いになっちゃもったいないよ。



790 :名無しさん@3周年:03/09/27 00:00
この前一般練成会に出席した

帰宅後ウチの祖父がガンになったことを聞いた


やりきれなくなった

791 :アクエリアン:03/09/27 01:05
ゴーマン君さん、」
>私が思うには、雅宣さんか寿美さん、どっちかって決めなくても良いのでは?
>どっちもありでしょ。
>目的は人類光明化運動らしいし。

そうですね、まあ、私も、お二人とも、雅春先生のお孫さんですし、まさか、人類
暗黒化運動を行うはずはないとは思っています(笑)。
ただまあ、雅春先生を敬慕する人たちにとっては、現在の雅宣氏の行動は、生長の家
から、創始者の特色、痕跡を消し去ろうとしているように映っているのでしょうね。
特に、生長の家の根本教義ともいうべき、生命の実相を聖典扱いしないとなると、これ
はもう、狂気の沙汰と受け止められても仕方がないでしょう。そうなると、私も考えて
しまいますね。雅春先生のご講演を直接拝聴した人間としては、生命の実相が生長の
家から消え去るときは、生長の家に対する関心は急速に薄れることは間違いないです。
やはり、生命の実相は残してほしい。それがなくなるときは、生長の家の名前があっ
ても、もやは私にとっては生長の家ではなくなる。そうなると、寿美さんが起こされ
た運動に注目していきますよ(笑)。早く、ホームページを開設してください。そして、
ここにもお知らせしていただきたい。
まあ、創始者亡き後の教団というのは、往々にして、分裂していますよね。
世界救世教とか凄いですよね。高橋信次氏のGLAにしても、信次氏死去の後、分裂
しましたし。生長の家も、分裂の予感がします。



792 :アクエリアン:03/09/27 01:08
>それに、もう、伝道はいいんじゃないの?宗教多すぎ。今更、改めて宗教変わる人な
>んているのかしら?それよりも、異なる宗教でも共通の目標を探して、協力しあった
>方がいい気がする。

基本的に同意します。
宗教学者中沢新一氏もオウム事件後のインタビューで、こんなことを語っています。

「今の社会の中で、本来の意味での宗教を追求していくとしたら、大きい図体を作っちゃ
いけなかったんです。理想の集団形態を考えるとしたら「イエスの方舟」のような構造と
規模で、精神的な指導者と、せいぜい20数人の弟子のマンツーマン関係が基礎に
なって、そういうものがたくさん生まれて、それらがネット状に結ばれていくというのが、
この超資本主義社会の中で、宗教的なものが最も有効に生きていく形態だと思う。
ところが、麻原も大川もそこにハリウッド型の巨大映画館を作ろうとしてきた。」



793 :ゴーマン君:03/09/27 04:08
なんだかね。笑えてくる。
私は何をこんな必死こいているんだろうと。

アクエリアンさん
分かってくれる方がいて、ホッとします。
全て同意じゃなくても、私は、うれしいです。
このサイトなんかどうですか?もう知ってるかもしれませんが。
アクエリアンさんにだけ、こっそり教えます(笑)
http://hpmboard2.nifty.com/cgi-bin/bbs_by_date.cgi?user_id=GBF02010

794 :dynaric ◆fsYyOSenYg :03/09/27 08:14
お久しぶり…でもないか。
ご迷惑をおかけしてすみません、自殺年慮は憑き物が落ちたように無くなりました。
アドバイスしてくださった方、ありがとうございました。
その後、医師の治療を受けているところです。

私にとっての生長の家とは、まず『生命の實相』(神誌『生長の家』の集大成)からです。
詳しくは知りませんが、もし雅宣先生がそれを排除するというのなら、
それは『宗教法人 生長の家』ではあっても、教えとしての生長の家ではありません。
と言う意味では、ゴーマン君さんのスタンスが一番正しいのかも(w

でも40巻は多いと思うし、愛蔵版1万(?)はやりすぎだと思ってます…。
『真髄』みたいなものはどこかにないものか。

795 :名無しさん@3周年:03/09/27 09:40
超資本主義って、なん。断念

796 :名無しさん@3周年:03/09/27 09:44
794さん 医者の治療気長に受けてください。
半年もすれば、良くなりますよ。
すべて、自分の責任だという考え方だけは、止めてくださいね。
病気を悪化させますから。
生命の実相は、取捨選択しないと、医学に反することも書いています。
十分注意してください。

797 :名無しさん@3周年:03/09/27 09:51
一番の欠点は、心心と心偏重主義です。
心によらない、病気もいっぱいありますよ。
貴方の心がわるいから、病気になるわけでは、ありません。
掴むな、執着するなと言いながら、心を掴んでいます。
とくに若いときの著作はそうですよ。
年取ってからの、本がまだましです。
なんでも適当にバランスを取って、信仰することが大切です。
でも、一元論では、過激にならざるをえません。
生学連なんか、核武装が必要と言っていたんです。
今からは考えられないことですが。心のみの一元論は避けてください。

798 :名無しさん@3周年:03/09/27 12:44
誰か教えて下さい。
「ことば・言葉」と「言語」と「文字」。
言われてみれば違うのかな。

真理の言葉を言語や文字に現すと、
一字一句が論争の対象になってしまいます。

「ことば」は「言語」や「文字」と違いがあるのですか。
それとも同じなんですか。

799 :名無しさん@3周年:03/09/27 15:37
dynaricさん、よかった。のんびりいこう。
こだわっちゃうと、自分の本当の声が聞こえなくなっちゃうから。

800 :21世紀生長の家研究会:03/09/27 15:37
★宮澤(旧姓谷口)寿美様に関する最新情報★21世紀生長の家研究会
生長の家から独立された宮澤寿美様に関する最新情報を入手いたしましたのでお知らせいたします。

http://www1.odn.ne.jp/~aaj39020/www1.odn.ne.jp/~aaj39020%20/newpage21.htm
http://www1.odn.ne.jp/~aaj39020/www1.odn.ne.jp/~aaj39020%20/


801 :名無しさん@3周年:03/09/27 22:17
>>797
いいこと言うね。

802 :アクエリアン:03/09/28 00:50
21世紀生長の家研究会様、

宮澤(旧姓谷口)寿美様に関する最新情報のお知らせありがとうございます。
宮澤 潔様の独立宣言を拝読して、感ぜられることは、ご夫妻のご決意の固さであり、
粛然として、襟を正して読まざるを得ませんでした。
現在の生長の家に対する違和感、それは、やはり、ご夫妻とも、谷口雅春先生の元で、
親しく、尊師の教えに接してこられ、その教えの真髄が、魂の底まで、浸透されている
からに他ならないからだと思っています。

今回の独立宣言に接して、かつて、谷口雅春先生のみ教えに初めて触れたときの、感激がよみが
えってきました(笑)。ああ、そうだった、私は、忘れていたのだ、あのときに感じた使命感を!
 やはり、谷口先生は、私の人生の師であり、生長の家は、私の魂の故郷です。今後とも、宮澤 潔
・寿美ご夫妻のご活動には、格別の注目を払っていきたいと思っています。そして、一日も早く、
ホームページを開設していただきたいと念願しております。
http://www1.odn.ne.jp/~aaj39020/www1.odn.ne.jp/~aaj39020%20/newpage21.htm

803 :アクエリアン:03/09/28 01:49
ゴーマン君さん、

>このサイトなんかどうですか?もう知ってるかもしれませんが。
>アクエリアンさんにだけ、こっそり教えます(笑)
http://hpmboard2.nifty.com/cgi-bin/bbs_by_date.cgi?user_id=GBF02010

どうもありがとうございます。
やはり、雅宣氏の掲示板だけに、議論のレベルが高度ですね。
なかなか議論についていくのがしんどいですが、しかし、このくらいのレベルで、
アップアップしていたら駄目ですよね。私も、このbbsの議論から啓発されながら、
生長の家の教義をさらに学んでいきたいと思っています。

この雅宣氏の掲示板を読ませてもらって感じることは、雅宣氏の「クールさ」です。
非常に、沈着冷静な方だと感じます。そして、その「クールさ」が、かつての、生長の家
の天皇信仰に往々にして起こりがちな、ナショナリズムへの熱狂状態に対する警戒感を雅宣氏
に抱かせるのではないか、と推察しています。そういう警戒感が、愛国心を鼓吹するような書物
の絶版という挙に出ているのではないでしょうか。それはそれで一理あると私は思うのですが、
そう思われない人も勿論おられるわけですよね。私は、雅宣氏は、アメリカのニューソート
系の団体との、より親密なる提携を考えられておられるのではないかという気がしています。
これは勿論、雅春先生が積極的にニューソート系の書物を日本に翻訳紹介せられて、
生長の家との親密な交流を築きあげられてこられたからであり、そういう方向を、将来の
生長の家の光明化運動の核としていくという構想を持っておられるのではないかなとも
思っています。


804 :名無しさん@3周年:03/09/28 04:55
>>798さん
それは、どの様な話の流れで、その「ことば・言葉」と「言語」と「文字」が使われているかによります。
真理の言葉を五感で聞くとき、我々は、真理そのものを聞いている訳ではありません。
真理とは、本来聞くものでも文字でもないからです。真理とは五感六感を超越した神の存在に他ならず、
その存在は、我々が想像しうるものではないのです。
聖書の「はじめに言葉あり」の言葉とは五感六感を超越した神の想念のことであり、人間が話す言葉とは別物です。
真理の言葉はこのように、文字では現せず、見ることも聞くことも出来ない五感六感を超越した神を、無理やり
文字や言語にして人々に伝えるわけですから、一字一句が多様な意味を含む事に成ります。
神についても、甘露の法雨では、最初に
創造の神は、五感を超越している、六感も超越している、聖 至上 無限宇宙を貫く心 宇宙を貫く生命
宇宙を貫く法則 真理 光明 知恵 絶対の愛。・・・
とある様に、神は、聖であると同時に至上。至上であると同時に無限宇宙を貫く心。無限宇宙を貫く心
であると同時に宇宙を貫く生命。宇宙を貫く生命であると同時に宇宙を貫く法則。宇宙を貫く法則であると同時に真理。
真理であると同時に光明。光明であると同時に知恵。知恵であると同時に絶対の愛。・・・なのです。

805 :ちょっとかんがえてみよう:03/09/28 10:05
797さん、反論ではないんですけど、ちょっと頭の体操にお付き合い願えませんか。

そもそも人間は心に振り回される存在であるのか、心を支配できる存在であるのか。
悪は光によって消し去ることが出来るのかという話です。
<そもそも>と言う言葉を使い語ることは神の存在、人類の起源を知っていないと
語ることは出来ません。その起源を知っているように思い込んでいるのは、どこかで得た知識、
または自分の信じる神の正当性を説明する為のものであったりします。

そもそもなぜ楽園であるはずのエデンの園に、へびがいたのか・・・というところ
からいろいろな人がいろいろな解釈をしてきたわけですが、そのそもそもの理由を
実のところ知る由もなく・・・我々は何を信じるのかを選択することしかできません。

そもそも善と悪があったのだと言う説。
神が人間の為に悪もお造りになったのだと言う説。
・・・これが2元論と1元論ですね。
<本来>はいったいどちらなんでしょうね。

806 :アクエリアン:03/09/28 10:46
◆ニューソート(光明思想)のページのご紹介
↓のページには、ニューソート関連のリンク集がアップされています。
http://member.nifty.ne.jp/reveal/new_thought/in_j.htm#bks

生長の家も、海外からはニューソート系の団体と見られているようです。
国際ニューソート連盟に加入しているのでは?
ニューソートについて学ぶためには、非常に参考になるページです。
関心のある方は、積極的に利用していただきたいと思っています。

807 :ちょっとかんがえてみよう:03/09/28 10:47
旧約聖書のアブラハムは、神の啓示を受けて行動するところから一連の
ドラマが始まっていくのですが、遊牧民であった頃のヘブライ人たちは、
最初から一神を信じるはっきりとした宗教をもっていたわけではない。
そのころのアニミズム信仰が、善悪の思想にどう影響を与えて、創世記に
出てくる蛇がどのような存在であったのか興味のあるところです。

そのころのアニミズム信仰については資料を持たないのですが、文明が栄え、
周辺の国々や地域に影響を与えたイランの<ゾロアスター教>に善悪の考え方や
個人の善悪の選択の結果に対する判定についても説明されています。
<火を用いて最期の審判を・・・>と言う思想はここからでていると
いえるのかもしれません。

808 :名無しさん@3周年:03/09/28 11:23
(注意事項)次の人たちはダメです。

●眠りながら億万長者になろうと、人生をなめてる方

●若きリタイアして、若き廃人となりたい方

●ツイテルと言ってたら努力などいらないと寝ぼけてる方

   *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  

●厳しい現実を直視し、真の成功を収めたい求道者的な方のみ歓迎



809 ::03/09/28 11:53
大きな事を成し遂げるために、強さを与えて欲しいと願ったのに
謙遜を学ぶために、弱さを授かった。

偉大な事ができるようにと、健康を求めたのに、
よりよき事をするようにと、病気を賜った。

幸せになろうとして、富を求めたのに
賢明であるようにと、貧困を授かった。

世の人々の賞賛を得ようとして、力を求めたのに、
得意にならないようにと、失敗を授かった。

人生を楽しむために、あらゆるものを求めたのに
あらゆるものを慈しむために、人生を賜った。

求めたものは、ひとつとして与えられなかったが
願いはすべて聞き届けられた。


私は、もっとも豊かに祝福されたのだ・・・・

810 ::03/09/28 12:00
もし、潜在意識が物質世界をつくり、
それをうまく活用したものを成功へと導くとするなら
人間の望むものを何でも与えるという、愚かなことをするだろうか。

真の成功とは、意識の進化の結果、得ることのできる
内的意識の至福の状態とも言える。
内的な意識が至福を得るなら、外的な世界も至福の状態に満たされる。
なぜなら、それらは心の世界が 投影されたものにすぎないからだ。

重い負荷を与えて、はじめて筋肉が鍛えられるように
試練や苦難を乗り越えてきたものを『人間が、できてきた』と、人は言う。

意識の進化は、試練や苦難を乗り越えることによって、はじめて起こるものといえる。
そして、その試練や苦難を乗り越える中にこそ 人間が求める真の喜びが、存在する
のではないだろうか。

だとするなら、人間を成功へと導く潜在意識は、君の望むことを何でも与えるよりも、
あえて、試練や苦難を与えることにより、 意識を進化の方向へと導くと考えるほうが、
自然なような気がする・・・・

なぜなら、その中にこそ 我々の求める真の喜びが、隠されているのだから・・・・



811 :名無しさん@3周年:03/09/28 14:18
>真の成功とは、意識の進化の結果、得ることのできる
>内的意識の至福の状態とも言える。

>その中にこそ 我々の求める真の喜びが、隠されているのだから・・・

深いですね。闇の中を進むとき、その闇がいつ晴れるかもわからず心もとなく、
何を恨めばいいのかさえ解らないまま進んでいくしかないと言う状況がありました。
しかし今、それも神に与えられた試練だったと解り感謝しています。
神様神様と呼んでも、神は返事をしてはくれない。その真只中の闇はどれだけ深く、
長く感じたことか。しかし神はいつも身近にいて、わたしの成長を見守っていて
くれたのです。

812 :名無しさん@3周年:03/09/28 14:39
810よ潜在意識が、どうして物質世界をつくるのか?
キチガイ オカルトです。
実験できます。あなたの潜在意識で、バナナができると一生念じてください。
バナナは絶対にできません。
前提が間違っているインチキ信仰です。ああ!馬鹿らし。

813 :名無しさん@3周年:03/09/28 14:44
生命の実相に乗っている、霊の話も同じ状態にして
実験してください。絶対になりません。
実験で証明できるわけですから、信者のほとは試してください。
同じ現象は起こりません。
現象にとらわれないと言いながら、栄える会を作りかね儲けにはしり、
和田和夫みたいに失敗する。嘘信仰です。金持ちになりたい。
素直にそう言うほうが、ずっと素直でかわいらしい。
利真善の創価のほうが、素直かもしれません。

814 :名無しさん@3周年:03/09/28 14:51
それと現象にとらわれないのなら、病気が治った 金儲けが旨くいった。
○○大学に合格したと言う、自慢話を機関紙に書く必要がない。
結局 現世利益で信者をつっとるとしか、考えれない。
信仰の話は、神想観してお経読んだら幸せになった。と言う浅いお話。
昔の、キタナイ紙の機関紙が少しましだった。右翼思想をのぞいて。
ニューソートはアメリカで、メジャー宗教ではありません。誤解のなきよう。

815 :21世紀生長の家研究会:03/09/28 19:02
雅春先生と雅宣副総裁:完全比較対照表
http://www1.odn.ne.jp/~aaj39020/www1.odn.ne.jp/~aaj39020%20/newpage24.htm
http://www1.odn.ne.jp/~aaj39020/www1.odn.ne.jp/~aaj39020%20/




816 :名無しさん@3周年:03/09/28 19:18
強力抗鬱薬プロザック、バイアグラ、超強力漢方バイアグラ蟻力神&威哥王、各種媚薬、低容量ピル、緊急避妊用モーニングアフターピル、人工中絶薬RU486をネット最安価格でご提供中です。
★ネット最大の漢方デパート★ http://www.kanpouya.com/

817 :ゴーマン君:03/09/28 21:36
dynaric ◆fsYyOSenYg さん
素晴らしい!!
>でも40巻は多いと思うし、愛蔵版1万(?)はやりすぎだと思ってます…。
それは言えてますね。しかし、買いたいなーと思っている自分もいたりする(笑)。

>『真髄』みたいなものはどこかにないものか。
私としてはマイペースで、自分の素直な感情に耳を傾けながら、本を読むのが一番だと思います。
嘘ばっかりコノヤロー、とか思いながら、読んでも全然大丈夫。私がそうでしたから。
書いてある事を、そのまま無理に信じるよりは、書いてある事をいろいろ試してみて、それから
自分の真実として生活に活用していく方が納得いきます。スポーツのコツの本を読みつつスポー
ツするみたいなものです、たぶん。

アクエリアンさん
そうですね。分かるんですよ、生長の家の本がいろいろ絶版になるのが悲しい事なのは!!しかし、
今の人たちに、書かれた時代を考慮しつつ本を読み、充分にこの真理が分かるのだろうか?
と疑問が残る。だから、雅宣氏は人々が真理を理解する前に、時代に合わせた方便色の強い真理の書
を読む事によって、人々が真理からはすれた解釈をし、それを信じてしまう可能性を考慮されている
のかもしれませんね、良い方に解釈すれば(笑)。
そういう意味では「甘露の法雨」と、「甘露の法雨解釈」が無難かも。
天皇論はとりあえず、真理を分かってからでいいって感じ。真理が分かれば自然と分かるし。
天皇論、あんな大袈裟に書かなくても(笑)。今は戦争していないわけだし。
大事なのは真理を分かりやすく伝える事であって、過去のものがいくら素晴らしいから言って、
今の時代に不適切なものを人々に伝えていくわけにはいかないですから。
原理主義っぽい人達がどれくらいいるのかは分かりませんが、キリスト教の二の舞にだけはなってほ
しくないです。宗教の掛け橋の生長の家が宗教の壁になっちゃったら、もう、意味無いですからね。
雅春氏に申し訳ない。それこそ、生命の実相在りながらにして絶版です・・・。

818 :ゴーマン君:03/09/28 21:37
>>812 さん
私は、「猫が飼いたい!猫が飼いたい!猫を飼う!」と言ったら、次の日猫をトイレ砂、餌つきで
譲ってくれる人に出会いました。だから、マジックみたいにボン!と何かが現れるわけではないです。
何と言うか、機会を引き寄せる、と言った感じです。猫を譲る人に会っても、気付かなければ、猫を
もらえなかったし、断ることも出来た訳ですから。願う前から全ては既にあるということです。それを
自分はつかむ機会に出会い、自分の物に出来ると気付いた、ということですかね。

819 ::03/09/29 08:40
Q 潜在意識が利用できるようになると、願望が叶って、なんでも思い通りになり
 楽チンで、幸せ一杯の人生が送れるでしょうか。

巨大な潜在意識の力が、利用できるようになればなるほど、
君の周囲には、今まで以上に大きな困難なことが起こるようになる。

なぜなら自然の法則の中では、『大いなる力には、大いなる責任がともなう』からだ。

100キロのバーベルが持ち上げれるものに50キロのオモリをつけたところで、
何の訓練となるのか。

より大いなる意識を動かす力を、与えられるものには、
より大いなる重要な任務(困難)を、任されることとなる。

当然それを乗り越えた時の喜びも大きく、周囲の祝福も大きい
そうなると君は、社会(宇宙)の中での責任が、ますます重大になってくる。

世間の価値観では、そういう状態になった人のことを、
きっと『成功者』と呼ぶに違いない・・・



820 :名無しさん@3周年:03/09/29 11:00
812−814さん、
わたしは、バナナを作り出すことは出来ないけれど、809さんの言うもっと
大きな幸せを手にすることが出来ました。
何度も言うけれど理屈じゃないです。信じて、心をオープンにしてみた結果を
皆さんにお知らせしているだけです。どういうメカニズムが働いているのかは
心理学者にでも説明してもらうべしだけど。わたしはやっぱり理屈より結果を
信じる人ですね。

821 :798:03/09/29 11:13
>>804さん
たいへん参考になりました。
ご回答「ありがとうございます。」

822 :ちょっとかんがえてみよう:03/09/29 11:35
この神話は(大島宏之さんの著作によると開祖ゾロアスターが30歳のとき
・紀元前7c〜6c天啓を享けたそうですがその頃既に何らかの神や儀式は
あった様子)マニ教の思想へと発展していきました。<人間存在は聖なるものの
敗北がもたらしたスティグマ(聖痕)に過ぎない。肉体は生まれながらに悪魔的
なものであるため、厳格な禁欲主義が要求される。>
善と悪の絶対的な2元論は、唯一絶対の神を想定したときどうしても避けて
とおれない問題として浮上してきます。
このマニ教的な善悪2元論がキリスト教に取り入れられたのがグノーシス主義です。

2元論に立ったほうが、この世に存在する悪について説明することはたやすい。
しかしグノーシス主義のような立場をとれば、それは神の全能性を否定することにも
なりかねません。
マニ教の思想に対して、それを徹底的に批判したのがキリスト教の教父アウグスティヌス
でした。(参考著書・島田裕巳日本人の神はどこにいるか)

次回は結論にいけるかな。

823 :ちょっとかんがえてみよう:03/09/29 11:39
>>807の続きです。わかりにくくてすみません。

824 :ちょっとかんがえてみよう:03/09/29 12:34
この2元論に関する論争は、キリストの死と復活、最後の審判のときにおける
終末と再生により、これらの矛盾は解消されるのです。
善と悪とは周期的に繰り返されるものとしてとらえられ、悪を死滅させ、善を
再生する為に、新年の儀礼などの典礼を活用すると言う道がでてくるわけです。

・・・こう書き込みながら自分でツッコミをいれます。
結局自分の心の中でしっくりと来るものと折り合いをつけながら付き合っていくしか
ないってこと?すっきりさっぱり目の前から悪を取っ払う方法なんてないのかもね。
もちろん谷口先生の教えてくださった方法もあるけれど、魔法のようにすっきりさっぱり
とはいかないでしょう。

谷口先生がおっしゃた善1元論が大嘘なのか妄想なのかはおいといて、究極の理想である
とはいえると思います。もしそれが実際に存在する理論であるならばそれをこの現実に
顕すことは可能なのかどうかですよね。あるキリスト教は理想の世界は存在すると信じても
あくまで死後にしかそれは実現しないと考えるのでしょう?
現実にそれを観じたという人に対してはは妄想だとしかみなさないのですよね。

ま、その理想世界がいつ実現するのかと言う話は別として、ある、と言うことを信じて今後を
いきるか、ない、と諦めるか。(どちらが幸せだろうと言う観念的な話で終わりたくないな。)
ま、すぐに結論着けないで、いろいろ試してみて、自分で一から探してみるって言うのもいいんじゃない。
すぐに結論の出る話じゃないからおもしろいんじゃない。(なんの参考にもならない話ですみませんでした。)

「神様みーつけた。」



825 :名無しさん@3周年:03/09/29 14:41
824安物の受け売り やめなさい。
マニ教は2言論ではあるが、悪中心の思想。
アウグスチヌス著作集<教文館>をよんで勉強しなおして。
理解せず 本の丸写しが見え見え。
一元論はカトリックの終末思想を指していると思うが、それも谷口さん
とは違う。黙示録を読み直してください。宗教的にさっぱりわや。
グノーシスは異端で、キリスト教ではありません。
キリスト教的扱いをしないでね。現在どの地方に、グノーシスが残っている
のか教えて。
生長の家の信者は、ほんと知ったかぶりが多いです。
島田は、馬鹿オームですよ。大学も首になった、嘘教授です。

826 :名無しさん@3周年:03/09/29 14:58
本の孫引きは止めて、原典に当たってください。
孫引きは、生命の実相の得意技ですが。。。

827 :ゴーマン君:03/09/29 15:01
ちょっとかんがえてみようさん
なかなか良いお話で、とても参考になります。
ニール・ドナルド・ウォルシュ著の「神との対話」読まれました?
ちょっと今までとは変わった観点から世界を見る事が出来る本です。
真理としては生長の家と同じですが、宗教ではないし、文章がとても
明快で、生長の家の本より生長の家のことが分かる本かもしれない・・・。
死ぬ事・生きる事も、ただの選択またの一つとして捉えられるし、なにより、
幸せと言う抽象的な概念が根本的にひっくり返ります。
あ。また、本の宣伝してしまった・・・。けど、何度も宣伝したくなるくらいに
私の中では、素晴らしい本です。より、深く、生長の家の真理を知る事も出来ます。
信じる信じないは別として、面白い本です。

828 :名無しさん@3周年:03/09/29 15:10
神との対話 低レベルには、向いてるわ。

829 :ゴーマン君:03/09/29 15:56
>>828さん
高レベルのものを紹介してください。
お願いします。

830 :名無しさん@3周年:03/09/29 17:50
神の国 告白録。

831 :名無しさん@3周年:03/09/29 18:06
政治から撤退した時40歳すぎで大量にクビをきられた職員たちは今60歳すぎか。

832 :名無しさん@3周年:03/09/29 19:47
そんなことがあったんですか?
恨む人が多いのですね。
何人ぐらい、首になったんですか?

833 :.:03/09/29 20:42
長老が今の生長を支えている、長老亡き後はたぶん分裂。国際平和信仰運動は白光真宏会がすでに世界規模でやってるから
生長は中途半端な教団マンセー平和活動、愛国思想はもう無理。環境問題取り組むなら政治も必要

834 :.:03/09/29 20:44
雅宣は「宗教法人 生長の家」の代表取締役つまり経営者

835 :.:03/09/29 21:01
環境問題も自然農園とか救世教とか真光が農園を経営して実践してる。生長は理論だけ

836 :.:03/09/29 21:05
右翼傾向の愛国主義は「日本平和神軍」にでも合流したらいい、または中矢伸一の日本弥栄の会も愛国運動団体

837 :アクエリアン:03/09/30 01:03
ちょっとかんがえてみようさん、

>谷口先生がおっしゃた善1元論が大嘘なのか妄想なのかはおいといて、究極の理想であ
>るとはいえると思います。もしそれが実際に存在する理論であるならばそれをこの現
>実に顕すことは可能なのかどうかですよね。

私は善一元がこの宇宙の本来の在りかた、本質なのだ、という理論に、共感し、たぶん
本当なのだろうという気がするのです(笑)。が、それを現実世界に顕すことは、なかなか
むずかしいと思います。まあ、当たり前のことなんですが。そこに人間の生きる
意義というものがあるのではないかという気がします。
でも、こういう形而上的、超越的な哲学上の問題を、とことんまで、納得するまで追及する
姿勢は、共感を覚えますし、私も非常に触発されます。こういう問題を探求していくことの
できるメンタル(精神的)・スタミナを養ってくれたのは、やはり谷口先生です。そういう
意味でも感謝しています。この書き込みに刺激を受けたので、生命の実相第20巻を読み返
しています。
(リリジャスサイエンスのホルムス哲学に触れてご自身の思想形成の上で大きな影響を受けた
箇所は私は非常に触発されるし、こういう問題を考える上で、非常に参考になる部分ですね)

「(ホルムス哲学においては)創造主はただ創造(つく)るエネルギーとされた。その
エネルギーを指導するものは人間自身の念であるのであって、現象界創造の機械工場において
創造主は発動機に動力みたいなものであった。その動力を指導し操縦して旋盤を操り、穿孔機
をあやつりできふできを作るのは人間自身であった。」

ということは、この世の不幸の原因は人間自身にあるということであり、人間の責任に帰される
べきもので、神はなんら責任を負わない。なぜなら、自由に思考できることが最も価値のあること
だから、というのですね。ここらあたりは、ゴーマン君さん一押しの神との対話の考え方と非常に
似ていると思います。このホルムスの思想は生長の家の教えとは完全に同じというわけではないの
ですが、谷口先生の哲学の形成にかなり寄与していると思います。

838 :ちょっとかんがえてみよう:03/09/30 08:38
825さん、わたしの書き込みは谷口先生のものとは違いますので、そこのところは
誤解なきよう。
だから生長の家の信者は、、、でくくるのはやめてくださいね。それでは生命の実相の
丸写ししか出来なくなってしまいますから。それだけでは進歩も面白みもないでしょう。

アウグスティヌスの素晴らしい教え(解釈)は略して書き込みませんでした。あなたが
物足りなさを感じていることはお察しします。よろしかったら補足していただくと、
このスレもすごく役に立つスレになることでしょう。
グノーシスは異端であるとみなされるのでしょうが、人によって同じ聖書にふれながら
そのような解釈になってしまうとは、、、かんたんに1元論2元論と言い切ってしまう
ことは出来ないと言うことですね。

グノーシス主義が神の全能性を否定することになるから、問題が残る考えだとは思って
いますが、結論はここにいる方たちがこれから探して行ってくださればいいと思っています。
そのためにも、孫引きでないあなたの考えもぜひお聞かせください。

ゴーマンさん、アクエリアンさん、ありがとうございました。参考にさせていただきますね。

839 :名無しさん@3周年:03/09/30 11:10
私の考えは嫌と言うほど、書いてるよ。
過去のレスを読みな。
それとグノーシスを、支持することは、神をまったく理解していない。
人間の光源という浅い、理解でしかない。甘露の法雨に書いているような
ちっぽけな存在でない。ようは、三位一体をまったく理解していない。
イグナチオのロヨラの、霊操を、勉強されたら。こんな微妙な問題
は、まとまったセイショを読まないとだめだよ。
こんな、短い掲示板では無理。

840 :名無しさん@3周年:03/09/30 11:12
833が言うように、口だけ達者なのが、生長の家。
勉強していないんだもん。お。そ。ま。つ。

841 :名無しさん@3周年:03/09/30 11:20
リリジャスサイエンスのホルムスなんてインチキ。
これも異端 心の科学を読めばキリストは神でなく人扱いだ。
キリスト教ではないのだ。定義に外れています。
後、聖書はすでに共同訳なのに、下手な文語体で読みにくい。
聖書学の発展で変わっているのに、昔の訳でよめば誤解が生じる。
権威ずけのため、聖書が難しい本だとの誤解 どちらにしても
文語体はやめてほしい。ニューソートは、善一元はといていない。
読めばわかる。

842 :名無しさん@3周年:03/09/30 11:25
谷口さんも、トラインの著書などを評して、まだ善一元までいっていない。
現象に、少し引っかかっている
と書いていましたよ。現象は因果の法則にしたがうと心の科学<3>
では書いています。でもその因果の法則もなく、実相が独在とは
書いていないんですよ。ホルムスさんも。アクエリアン
よく読まないとだめですよ。なぜそう書かないのか。

843 :名無しさん@3周年:03/09/30 11:27
一つは西洋人の合理性。
2つ目は、そこまで否定すると、コム思想になるからです。
どちらにしても、正しい考え方ではありませんが。

844 :名無しさん@3周年:03/09/30 11:36
現象と実相を分けること自体無理なんです。
があえて、分けて考えると、ニューソートと生長の家は現象の捉え方が違う
んです。現象なしと無視するなら、現象から学ぶ姿勢も無くしの意味
も分からなくなるんです。都合の悪いことは現象だと無視した
傲慢な人間ができるわけです。ですからニューソートが少しはましですが、
現世利益がないと、信者が無くなるわけです。現象の中にある宗教的意味
哲学的意味にキズカナイ欠点がある。侵略戦争しても知らん振り。
ニューソートのひとは、生長の家の考えと同じと、嘘を書いています。
ニューソートは、日本の侵略戦争を否定しているでしょうか?
違いますよね。

845 :21世紀生長の家研究会:03/09/30 12:16
平成15年9月30日改訂
雅春先生と雅宣副総裁:完全比較対照表
http://www1.odn.ne.jp/~aaj39020/www1.odn.ne.jp/~aaj39020%20/newpage24.htm

http://www1.odn.ne.jp/~aaj39020/www1.odn.ne.jp/~aaj39020%20/




846 :名無しさん@3周年:03/09/30 12:57
844 >現象と実相を分けること自体無理なんです。

そうですね。詳しい説明をよろしくお願いします。

847 :ゴーマン君:03/09/30 13:12
>>830さん
有難うございます。
アウグスティヌスの本ですね。
たしか彼はアフリカ人。
難解な三位一体。ちょっと勉強してみます。


848 :.:03/09/30 17:46
雅宣の思想から感じることは生長も三代目になると真理もなにもなく一企業だな〜って感じるだけである

849 :名無しさん@3周年:03/09/30 21:09
844さん 実相と現象をよんで実相がわかりますか?
永続するものは実相で、すぐに消えるものは実相でない。
こんな説明で納得できますか?
私が東大を合格した。これは実相でしょうか?現象でですか?
実相でもなく現象でもないとすれば、世の中簡単に実相現象で説明できないでしょう。
天皇 じっそうですか?現象ですか?説明が必要でしょうか?
数学では、トリビアルとして扱う。馬鹿な話です。反例を2つあげれば、
良いんじゃないでしょうか?反例があるということは、命題が正しくない
ということです。

850 :名無しさん@3周年:03/09/30 21:14
848さん 企業はそんな甘くない。
企業と言える宗教は創価学会ぐらいです。
経営者としては、池田さんは抜群です。松下よりすごい。
組織 機構からして生長の家はなっていません。
教理の研究部門もない。理屈は初代だけ、時代に取り残されますよ。
方便は時代とともに、変わるはず、待機説法だから。
涅槃華厳は待機でないと、書いていますが、あんなものは作り物
法華経はやはり待機説法、創価もそう言っています。

851 :名無しさん@3周年:03/09/30 21:30
実相と現象で説明すると、コンガラガル分けです。
神に国であれば、混乱は防げます。それ以前に神とは?
から出発しなければなりません。神の国と実相を同義語と
定義することが、そもそもの間違いです。
皆さんは、不思議に思いませんでした。
世の中のことを、実相と現象で如何説明するのか?

852 :名無しさん@3周年:03/09/30 21:42
共感するかは別にして、創価の学者は、法華経は詳しい。
その道のプロでしょう。
カトリックは、聖書セイデンにめちゃ詳しい。
生長の家は、何がくわしいのか?
よく分からない。仏典ではなく、聖書でもない。
生命に実相でも、大本教の影響かもしれない、オカルト部分は、削除
しないと、宗教として確立しないんじゃないか?
そうしないと、分裂しますよ。オカルトを残すと、私は、谷口雅春さんと
会話したとか、霊示集なんて馬鹿なことやる人が出てきますよ。
もう出たかもしれませんが。カトリックはキリスト<神>が出た後も、
人物が輩出しています。その蓄積があります。この世は神との共同作業
でもあります。教義も発展するわけです。生長の家は、教祖が言った
言わないのレベルの議論しかない。発展しませんよ。このままでは。

853 ::03/09/30 22:20
反作用の法則

理科の授業で習ったね。なんらかの力を加えると
その力に対して、逆に押し返す力だ。

現実世界だけではなく、
実は意識の世界でも、そのような力が働いてる。

これを『意識の力における反作用の法則』と呼んでいる。

つーか意識が物質化したものが現実だとすれば物質世界で起こることは、
意識の世界が原因なんだから同じ法則が働いてるのは
当然といえば、当然とも言うべきことだ。

以前お話した、社会や他人に与えるものには、与えられ
何もせずに社会へ求めようとするものは、逆に奪われる

これも意識の反作用の法則に他ならない。





854 ::03/09/30 22:25
だから自分が幸せになりたいなら他人や社会をどんどん幸せを与えればいいわけだ。

すると反作用の力が必ず働き出す。

この力は、物質の世界と違って時間差をおいて働く。
時には数年たってから、働き出すときもあるので、本人が忘れてることも多い。

何か過去に働かせた反作用の力で、押し返されているっつーことが
わかんねぇ場合が多い。自覚がない。

良いことが起こればその反作用の法則を働かせたのを忘れてるから、
『これは以前俺が○○したおかげだ、ハハハ』なんて思わない。

だから人は、おぼえのないラッキーなことは、『運』とか『ツキ』と呼ぶんだな。

運とかツキって、偶然起こったかあるいは、はじめから決められてて
本人のおかげっていう意味に聞こえないでしょ。

心があることを思って、実際に行動を起こせばその方向に働きだす。
現実化にむけて動き出すわけだ。
ところがなんでもかんでも現実になるわけではない。

それは、この『反作用の法則』が働いて宇宙のバランスをとってるからなんだ。


855 ::03/09/30 22:30
A君は、ある日、

『眠りながら大金持ちになる変な人の法則』という成功哲学の本を2,3冊買ってきた。

読んでいるうちにだんだんその気になってきたA君は、人生の目標に、リストラ
寸前になってる会社を辞めて、新しい八百屋を開店し、独立する目標をたてた。

そして、目標設定ノートもつくって 毎日アファメーションしはじめた。
計画ばっちり30年後まで予定立てて イメトレも、夜寝る前に繰り返した。

四六時中 ツイテルツイテルツイテル ツイテルツイテルツイテル
と言うのを口癖とした。

『世界一の八百屋チェーン店を作ってみせるぞ!』なんて信念も燃え上がらせた。

さぁいくぞと行動に移したものの 周りの親や家族、会社の同僚から、
『そんな変わったことやめろ、うまくいかねぇよ』なんていわれた。
特に家族からは、泣いて止められる始末だ。
それでも、我慢して、『これは俺の試練だ。試練はチャンスなんだ』って
深層自己説得しながら、周囲の声なんて無視してしつこく信念を曲げずにいるのだが、

どんどん新手の邪魔が入り出す・・・・

アファメーションしても イメージトレーニングしても 瞑想しても
ツイテル一日1000回言っても
イメージどおりにいくどころか、反対の邪魔することばかりが起こる、

そして、どんどん状況は、悪化していく・・・・





856 ::03/09/30 22:37
『俺の潜在意識の活用法が、間違っているんだろうか?』

そう思ったA君は、『潜在意識を活用し酒池肉林して豪邸を建てよう』の
発行者、ナポレオン・マーティーさんに尋ねてみた。

するとマーティーさんは、落ち着いた様子で、こうアドバイスしたんだ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

それは、あなたが『八百屋を新しく開店したら、失敗するかもしれない』
という、否定的な想念が現実となったのです。
あなたの中にある、失敗への恐れ、不安、あせりなどの否定的な想念が
現実のものとなって、あなたの目標達成の邪魔をしているのです。
                    
     ーーーー『潜在意識を活用し、酒池肉林して豪邸を建てよう』より

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
はっと、A君はその時思った。
『確かに俺は、失敗して家族に迷惑がかかることを恐れていた』
ナポレオン・マーティーさんのアドバイスに納得したA君は、
もう否定的なことなんて、絶対に思わない。と固く決心し、
八百屋開店の計画を進めていこうとした。

しかし、『否定的なことを思わない』と、思えば思うほど
その恐怖感は、増大していき、新手の邪魔は次から次へと入ってきて、
状況は最悪となっていった・・・・



857 :.:03/09/30 22:47
企業じゃない今やただの宗教サークルだな、うれしいな〜楽しいな〜アハハハハ〜

858 :.:03/09/30 22:52
カルトにもならんへタレの巣窟が今の生長の家教団

859 :アクエリアン:03/10/01 00:43
21世紀生長の家研究会様、お知らせありがとうございます。

>平成15年9月30日改訂
>雅春先生と雅宣副総裁:完全比較対照表
http://www1.odn.ne.jp/~aaj39020/www1.odn.ne.jp/~aaj39020%20/newpage24.htm
http://www1.odn.ne.jp/~aaj39020/www1.odn.ne.jp/~aaj39020%20/

比較対照表はだんだんと充実してきていますね。
なかなか参考になりますし、面白いですね。

「現代の生物学は、人間と他の動物との間に本質的な差をほとんど認めなくなっている。これは、
プラトンの昔から、また聖書の『創世記』にある天地創造の物語の時代から、西洋諸国の文化に根
づいていた「人間は神の似姿をした特別な存在」という考え方が、今や崩壊しつつあることを示し
ている。」

この雅宣氏の人間観を貴会は、「動物的人間観」として、批判されるのですが、私は
この考え方に、貴会のようには違和感をあまり感じないのです。むしろ、日本の古神道の伝統と
してあった自然との共存、共生感覚を感じます。そして、きわめてエコロジカルであり、他の動物、
生物との棲み分けという発想を基本に置いているように思います。このきわめて謙虚な(?)考え方
こそ、21世紀の地球には求められているのではないだろうか、そんなことを考えています。
もう一つ感じることは、仏教の輪廻転生観にちかずいているな、ということです。人間は、来世、動物
に生まれ変わるかもしれない。とするならば、何も、人間と動物が本質的に異質な存在ではないという
ことではないだろうか。そこにこそ、動物に対する愛情も湧いてくるのではないだろうか。



860 :アクエリアン:03/10/01 00:44
「生長の家と愛国運動は不可分一体。愛国運動は御教えの中心部分。」

ということですが、愛国運動は、日本会議さんなどに任せればいいのではないでしょうか。
二兎を追うものは一兎を得ず、ということわざがあるように、生長の家は、
純粋に宗教活動のみを行うべきではないのか、というのが私の考えです。確かに、
戦後の生長の家の愛国運動は、日本を共産革命から守り、日本の伝統を守護するという
点において、賞賛すべき偉大なる活動だったと思います。が、もうその使命は終わったのでは
ないでしょうか。21世紀は、雅宣氏の構想されているように、生長の家の国際化ということ
に力点が置かれるべきではないか、という気がしています。生長の家の立教の使命は、
人類光明化なのですから。



861 :アクエリアン:03/10/01 00:48
CL(キリスト者で自由主義者の略です。今後、このHNを私は使います)さん、

>リリジャスサイエンスのホルムスなんてインチキ。
>これも異端 心の科学を読めばキリストは神でなく人扱いだ。
>キリスト教ではないのだ。定義に外れています。

私はインチキとは思いませんがね。
たとえ正統的な定義に外れていても、それがどうした、と私は言いたいですね。
要は、信じる人にとって利益になればいいだけの話ではないですか。
何も、正統的なキリスト教だけが真理を独占しているわけではないし、真理とはもっと
もっと奥が深く、幅の広いものだと思います。そういう謙虚さが宗教者には必要だと
思います。まだまだ発見されていない真理はある。そういう柔軟性が必要なのでは。
それがないと硬直した原理主義的考え方になり、現代の宗教戦争が生まれているのでは
ないでしょうか。リリジャスサイエンスからは、そういう謙虚さ、柔軟さを感じますが。
ホームページを読んでいると。ユニティーにも感じますね。
http://www.religiousscience.org/ucrs_site/our_founder/first_religious.html
http://www.unityonline.org/read_unity_feature.htm



862 :アクエリアン:03/10/01 00:49
>現象は因果の法則にしたがうと心の科学<3>
>では書いています。でもその因果の法則もなく、実相が独在とは
>書いていないんですよ。ホルムスさんも。アクエリアン
>よく読まないとだめですよ。

ご教示ありがとうございます。
それにしても、CLさんは、生長の家の書籍には詳しいですね。
心の科学の内の一巻を古本屋で購入したことがありましたが、どうも
印刷状態がよくなく、ほとんど読まないままで、手元から消えてしまいました。
日本教文社からは清超先生のフェンウィック・ホルムスの翻訳が一冊出ているだけ
ですね。雅春先生がフェンウィック・ホルムスの「如何にせば運命を支配し得るか」に
大いに感銘を受け、ご自身の運命革新書として、翻訳出版されたことはよく知られていますが、
それから思索が進んできて、ご自身の意に満たぬところがあるとのことで、この書を元にして、
全面的に書き直したのが、現在出版されている谷口雅春著作集大10巻「人生は心で支配せよ」
です。こういう話題で書き込みしているので、興味が湧いてきましたので、この本を読んでみ
ます。一度読んでいるのですが、ホルムスの本を下敷きにしているとは知らなかったものです
から、どこがホルムスとは違っているのか、を意識しながら読んでみます。


863 ::03/10/01 08:21
(856つづき)

ここで問題。

果たしてA君の行動のどこに問題があったのか・・・
いろんな細かい点は、指摘できるけど 最後に状況を最悪にした原因は、

『自分の中に、否定的な思いがあるから、うまくいかない』

ということを信じてしまった所にある。

A君の計画に邪魔が入ってたのは、
『新しい八百屋を開店する』という意志の力に対する
反作用の法則が働いてたってこと。

この力は、何を思っても何をしても100パーセント働く。
この自然界で、反作用の力が 働かない場所など存在しないんだ。
だから、当然のことが起きていると 思っていたらよかったんだな。

ところが、A君は、起こって当然の反作用の力が働くたびに、
自分の心の中に、否定的な思いがあるせいにしてしまった。

100パーセント起こる反作用の力に対していちいち自信を失ってたら

『やっぱ俺ってダメだ、潜在意識が活用できねぇんだ。』

そう思うのも無理ないだろう・・・・





864 ::03/10/01 08:32
●ポイント

■新しいことを試みる場合、必ず反作用の力が逆方向へと
 押し返してくる。その力は働いて当然と受けとめ、
 戦わずに、その力と調和するよう心がける。
■反作用の法則は、それを逆に利用すれば
 飛躍に繋がるチャンスにすることができる。
■君の目標の延長上には、社会的な理想がなくてはならない。
 利己的な目標は、挫折しやすく、逆境にも、つぶされやすい
 同じ目標でも、動機の違いが、天地の差となる。
■君がもし社会の理想や家族、愛する人々の幸せを願い
 それを目標として、行動しているのなら、 恐怖や不安などに
 負けない、すさまじく強いエネルギーが 心の奥底から
 湧き上がってくる。その感覚は、巨大な意識との、つながりを
 もっている証でもある。
■まさに不安や恐怖は、利己心のバロメーターに他ならない。
      
こう思えば、少なくとも 挫折するまでには、至らなかっただろう・・・
成功哲学や自己啓発の本は、書店に山積みされてるけど
ほとんどの著者が気づいてない、知っててあたりまえの力

  ≪反作用の法則≫

古代の人は、この力を悪い意味で『バチが当たる』とか、
良い意味で、『徳を積む』とかいう呼び方をしていた。








865 :名無しさん@3周年:03/10/01 12:45
* さん
とても感動ものですよ。

すばらしい。
敬服します。

神の働きは実は「法則」なんですよ。
仏教では「仏の智慧」と言っています。


866 :ゴーマン君:03/10/01 12:49
ニール・ドナルド・ウォルシュ著の「新しき啓示」を一昨日買ってきたので、
読み始めました。内容は私とっては、新しくもない啓示だったけど。
でも、このスレを見つけてから(今の10じゃなくて9の時から)感じていた
違和感に名前を付けることが出来ました。
その名も「宗教的不寛容」(笑)。
そう、このスレを見つけてから、「何故、違う宗教だからといって、お互いが
罵りあわなければならないのか?」「寛容を教えているはずの宗教が何故、考
え方が違うと言うだけで、非難していい理由になるのだろうか?」「あなたに
は寛容がたりない、と寛容の足りない意見を言う事になってしまう矛盾はどう
した事だろう?」と思っていました。この違和感を抱えながらずっとカキコし
ていたわけです。で、私の意見の書き方は、始め、相手に同意すること、非難
はなるべくしない、というものでした。が、これは、まだ、違和感がある。自
分を非難する事になるから。

867 :ゴーマン君:03/10/01 12:49
私は最近、ニール・ドナルド・ウォルシュ著の「神とひとつになること」に、
書かれていた、「無条件の愛」を実践してみました。私の生活の中で、愛する
相手に、自分の考え方を受け入れてもらいたくて、ずっとその方法について、
いいアイデアがないか考えていたところでした。それで、私は、こんな内容の
手紙を(実際はもっと具体的だけど)書いて渡しました。
「私は、あなたの事を愛しているし、それは何があろうと変わらない。
私たちはお互いに意見が食い違っているけれど、あなたが私の意見に同意しな
いからと言って、愛する事を止めるわけではないし、もちろん、同意してくれ
たらうれしいけれど、強制はしない。あなたの生き方が私の生き方と違うとい
うだけだから。私は、あなたの生き方を尊重する。けれど、私は、時には、意
見の相違によって怒るかもしれない、あなたを傷つけるような事を言うかもし
れない。でもわかってほしい。私は、あなたの事を愛しているし、それは何が
あろうと変わらない」
それで、相手は、分かってくれたようでした。何も言わなかったけど、幸せそ
うに私に笑い掛けてくれたので。
私は、自分の考えも大事にして、相手の考えも大事にする、と言う事がどれほ
どお互いにとって平和をもたらすか、という事を始めて体験しました。
それで、私は、自分の考え方通りに相手を動かす事より、愛する事の方が、楽
だと気付いた。それに、自分の考えも曲げずにいられるから、ストレスがたま
らないし(笑)。

868 :名無しさん@3周年:03/10/01 14:12
861定義が違えば話が違う
あんたは、」救い湯の無い馬鹿ですね。
853もまったくの馬鹿、知ったかぶり。
作用反作用はニュ−トンさまの法則です。これは物質に直接ふれないと
作用しないわけです。精神に直接触れることは、できません。よって
作用反作用の法則は成り立ちません。常識。谷口さんも間違っていた。
直接ふれずに作用する力は、重力とクーロン力だけです。物理の基礎
です。ほんと馬鹿な人たちですね。
やってられんわ。

869 :名無しさん@3周年:03/10/01 14:15
860アクエリアンの言う愛国運動が、日本を潰し
300万人の犠牲者をだしたんですよ。
謙虚さのかけらも無い。

870 :名無しさん@3周年:03/10/01 14:24
ホルムスは田村大奥田寛訳。
印刷はきれいだが、紙が黄色く安物。昭和45年発行700円。
当時の教分社の訳本は読んでます。今は廃盤になっていますか?
そしたら、アクエリアンは読みもしないでニューソートを議論している
のですか?奇跡のときは今これも矛盾だらけの本でした。
祈った後は祈りからも開放<心をリリースする>と書いていました。
心に描いたものをこんどは、リリース ちょっとできません。
描いたものを心に強く念ずると、他の訳本では言っているのに、
どちらを信じたらいいのか?ステラテリルマンこの人の本も無い
のですか?だったらだましですよ。生長の家さんて。
昔の信者なら常識的な本が、今はないのですか?

871 :名無しさん@3周年:03/10/01 14:26
版権を処分しなければ、教団は立ち行かないのですか?
みんな 寄付しましょう。愛国献金だ ワーイ!

872 :名無しさん@3周年:03/10/01 14:31
844さん、
>現象の中にある宗教的意味、哲学的意味にキズカナイ・・・
納得。気付かないのはもったいない。

852さん、
>この世は神との共同作業・・・
納得。感謝や反省が必要ですね。

沢山の書き込みですがどれとどれが同じ人の書き込みなのか、ちょっとこんがら
がりますね。
わかりやすいのは853さんのだけだった。(バーですいません。)
アクエリアンさんのレスはあとでじっくり読ませていただきます。

873 :名無しさん@3周年:03/10/01 14:40
人生を心で支配する ムムム 傲慢千万ですぞ。
意思の力って どれほどのモノなのでしょう。
意思でいけるなら、神はいらんよ。
日本馬鹿軍人が、100まんと言えども我行かんなんて馬鹿げた強がり
を言っていました。ろくなこともせず。3国同盟をむすんだ。
ユダヤ600万の虐殺 精神障害者をジェノサイト そんなヒトラーと
結ぶ馬鹿日本。条約は自動参戦になっているわけです。
ですから、アメリカは事実上は戦闘状態です。それにも気が付かない
馬鹿日本、通商条約がアメリカが一方的破棄なんて嘘をいっています。
しかし、さきに喧嘩を仕掛けたのは、日本ですよ。これも常識。
来栖さんも東郷外相も、馬鹿右翼の大島白鳥板垣征四郎に苦労させられた
日本人の9割は気がオカシカッタンデス。そんな国民が人生を
心で支配するなんて、笑ってしまいます。謙虚とは、侵略を
侵略と認めるところから始まる。同様にキリスト教をもっと勉強
して、正統と異端を知らないと、また笑われますよ。

874 :名無しさん@3周年:03/10/01 14:42
ニューソート自体 宗派があり、宗教てき見解は統一されては居ません。
ユニティ<統一>の意味もあるが、名前倒れですね。

875 :名無しさん@3周年:03/10/01 14:47
ゴーマンさん、あなたとは同じ感性を感じます。
罵り合いはどこのスレでもそうですよ。宗教板がそうなんだから、宗教なんて
あっても意味が無いのでしょうか。悲しくなりますね。
でもココのスレは違いますよ。もっと良くなるように教えて下さっているんだし、
供に、より良いものを目指していけたらいいじゃないですか。
罵っているだけの人も気付いてはいるんですよ。それだけでは何も変わりはしない
ということには。
「だったらこうしてみよう。」という結論にまだ至っていないだけですよ。

まだまだこれからです。楽しみですね。
10年後の自分が何に気付いているか誰にも想像できませんよ。

876 :名無しさん@3周年:03/10/01 16:19
868 :名無しさん@3周年さん

>853もまったくの馬鹿、知ったかぶり。
>作用反作用はニュ−トンさまの法則です。これは物質に直接ふれないと
>作用しないわけです。精神に直接触れることは、できません。よって
>作用反作用の法則は成り立ちません。常識。谷口さんも間違っていた。
>直接ふれずに作用する力は、重力とクーロン力だけです。物理の基礎
>です。ほんと馬鹿な人たちですね。
>やってられんわ。

あなたこそ彼の文書をよく読んでみて下さい。
現実に作用反作用があると前書きしていますよ。
前置きして意識にもこの様な作用があるとおしゃっています。
信じるか信じないかの違いであって「馬鹿」とは聞き捨てなりませんなー。

877 :名無しさん@3周年:03/10/01 19:08

現実に作用反作用があるのか証明してくれ、論理性の無い無知な人。
わたしは心なんて触ることのできないものに、作用反作用はありえない。
新しい物理<嘘っぱち>をつくるのか?
ようは、出たら目の前提に議論するなと言うこと。
オカルトだよ。大本教と変わらない。狐を拝むのと同じ。
宗教とはいわない。

878 :名無しさん@3周年:03/10/01 19:10
自分に都合の悪いことは、罵り合いになるのか?
また、感謝感謝で誤魔化すつもり?

879 :名無しさん@3周年:03/10/01 19:18
生長の家の欠点。
天皇を神とすること。
物理も知らないのに、権威図家のために利用。
挙句の果てに、エーテル体を持ち出したこと。
物理は心の分析の学問でないこと。
教団の組織化では、創価に遥か 及ばないこと。
浅い知識で、他宗の経典を解釈すること。
特に、キリスト教関係は間違いが多い。
生命の実相は、時代遅れであること。
初代以来、教理の発展が無いこと。明治憲法のごとく不磨の大典
でしょうか?
数えたら切りが無い。

880 :名無しさん@3周年:03/10/01 19:21
ついでに読みもしない、ニューソートの本を読んだ振りして
ニューソートの解説を行うこと。
私の持っている本は、新品のまま購入したので、貴重なことが分かった。
でも、ブックオフにも、ウジャウジャしてるんでしょうね。

881 :名無しさん@3周年:03/10/01 19:23
つまらんトビ
閉鎖したら?

882 :名無しさん@3周年:03/10/01 19:23
それは、困りますワ。

883 :名無しさん@3周年:03/10/01 20:27
>直接ふれずに作用する力は、重力とクーロン力だけです。物理の基礎
です。ほんと馬鹿な人たちですね。

バリバリの唯物論者がここへ来てどうしようというのですか。ここは宗教スレですよ。
イチャモンつけて楽しいのですか。


884 :名無しさん@3周年:03/10/01 20:30
868のような人を救えていないから神様なんて信じられないんだよな。

885 :名無しさん@3周年:03/10/01 20:31
>>877さん
別に議論などしてません。
信じるか信じないかと言っているのです。
信じるも信じないもあなたの自由じゃないですか。
やけくそはよくないです。
決まりなんです。
地球が出来てこの方「法則」に寸分の狂いもないんです。
「こころ」で思ったことは現実化するのです。
あなたがいくら違うと言ってもそういう仕組みになっているのです。
「法則」は学問を超越しているから学問的知識では解らない事になっています。
だから宗教があるんですよ。
学校では習わないんですよ。




886 :名無しさん@3周年:03/10/01 20:34
868 877 は神様でも救えない。これが法則。

887 :名無しさん@3周年:03/10/01 20:41
>886 :名無しさん@3周年 :03/10/01 20:34
>868 877 は神様でも救えない。これが法則。

それは「ない」ですよ。
868さんや877さんだって立派な「神の子」なんです。
必ず何時かは解るときがきます。
でなければこの掲示板にいませんよね。

888 :名無しさん@3周年:03/10/01 20:42
>>887
生長の家らしいレスだな(w


889 :名無しさん@3周年:03/10/01 20:58
潜在意識の法則と神の法則ではどっちの方がつおいのですか?

890 :名無しさん@3周年:03/10/01 21:16
例えば、誰からもものすごく嫌われている人がいるとします。
しかし、その嫌われ者は皆から愛されていると信じて疑っていないとします。


891 :アクエリアン:03/10/01 22:34
CLさん、

>ホルムスは田村大奥田寛訳。
>印刷はきれいだが、紙が黄色く安物。昭和45年発行700円。
>当時の教分社の訳本は読んでます。今は廃盤になっていますか?

昭和45年ですか。古本屋で見つけたのは、もっと以前のやつです。
昭和30年ぐらいだったかなあ。かなり古い本でした。

>そしたら、アクエリアンは読みもしないでニューソートを議論している
>のですか?

当時たしか、教文社からは絶版になっていたようなので、ホルムスの「心の科学」を
英語で読もうと書店に注文したんですが、心の科学のダイジェスト版が送られて
きて、それを読んだのみです。今回、ニューソートの話題が出たことにより、触発されまして、
今度、じっくりとニューソート関係の本を読もうと考えています。リリジャスサイエンスの
サイトを見たら、「心の科学」以外にもいろいろと面白そうな本も販売されています。
英語の勉強のためにも、原書に挑戦しようと考えています。
カセットも販売されているんですね。
http://www.scienceofmind.com/site/som_books/index.html

それと雅春先生がご自身の運命革新の書と言われた、フェンウィック・ホルムスの
「如何にせば運命を支配し得るか」を、新たな境地で全面的に書き直された「人生は心で支配せよ」は、
ニューソートに関心のある人、生長の家の教義に影響を与えた思想などに
関心のある人には必読の書でしょう。是非、ご一読を。宣伝させてもらいます(笑)。
http://www.kyobunsha.co.jp/shopping/books/ISBN4-531-01160-0.html



892 :アクエリアン:03/10/01 22:35
>ユニティ<統一>の意味もあるが、名前倒れですね。

今回、ニューソートを調べるために、「ニューソート  その系譜と現代的意義」
http://www.kyobunsha.co.jp/shopping/books/ISBN4-531-08060-2.html
という本(この本はニューソートに関心のある人には必読書だと思います。高価ですが、
本当にいろいろと参考になります。)を再読しているのですが、生長の家とも親しい交流
があるユニティに関する部分を読むと、ユニティの魅力というのがどこにあるのか、
分かったような気がしました。というか、この団体の考え方に大いに共鳴を覚えました。
それで、このサイトをいろいろと読んでいるのですが、ますますその魅力にとりつかれて
います。本もいろいろと読みたいですし、カセットも聞きたいし、ユニティ本部のある
カンサスシティのユニティ村に行きたくなりました(笑)。↓のページに地図があります。
http://www.unityonline.org/discover_directions.htm



893 :ゴーマン君:03/10/02 00:26
>>875さん
有難うございます。
>罵り合いはどこのスレでもそうですよ。宗教板がそうなんだから、宗教なんて
>あっても意味が無いのでしょうか。悲しくなりますね。
ある意味、ストレス発散・・・、いえいえ、浄心行にはなってるかも。

>でもココのスレは違いますよ。もっと良くなるように教えて下さっているんだし、
>供に、より良いものを目指していけたらいいじゃないですか。
>罵っているだけの人も気付いてはいるんですよ。それだけでは何も変わりはしない
>ということには。
>「だったらこうしてみよう。」という結論にまだ至っていないだけですよ。
そうですね。かなり教えられています。このスレにたどり着いてから、いろいろな
観点から多角的に真理を探求しています。いろんな本も読んで、いろいろな人の意
見を聞きました。まだまだですが。
私はこれからも皆さんと一緒に、私たちが平和になる真理と、その有効な真理の使
い方を探し、実行します。

894 :名無しさん@3周年:03/10/02 09:10
877 おい、イチャモン大将、宗教について語ろうぜ。

895 :名無しさん@3周年:03/10/02 10:25
↑ついにイチャモン大将を御襲名ですか。罵りあいでなかったらよかったです。
868,877さんがいかにして救われるかが注目されているようですね。

ま、救われようとしてココに来られているわけではないようですので、それは
どうでもいいのですが、ここで救われたと言う話を検証することも無く、自分の
常識の範囲で否定するのは納得がいきませんよ。
全て知らないから言っている事だとしか思ってもらえません。科学だけでも全てを
語ることはできないし、宗教だけでも全てを語ることはできません。
もっと全体を見回して(全てを見回すことは出来ませんが、せめてあなたが今否定
している物事もふくめて)わかることもあるのでは。

896 :名無しさん@3周年:03/10/02 11:28
895。アクエリアン こんな馬鹿なことを言いながら、仕事しているの?
何の仕事か知らんが、挫折は、無いのかなあ。
世間知らずじゃないですか?
宗教団体の職員か?塾の先生か?
会社員なら、こんな夢みたいなことを書いたりはしないよ。


897 :名無しさん@3周年:03/10/02 11:47
↑夢みたいなことがあるんだなぁ。
いっぺん、騙されてごらんよ。
物理だけでは解らないことがあるんだなぁ。

898 :名無しさん@3周年:03/10/02 12:00
899さん、潜在意識の法則も既に存在するものであって(検証は学者や個人に
お任せしますが)神が創られた法則と言えます。
その法則を知ったとき、人間がどう使うか、翻弄されるのみか、ということでは
ないでしょうか。
具体的な事例はエディ・マーフィーの著作にも多く示されていますね。
神の恵みは死んでからしか示されないということでもないようですね。

899 :名無しさん@3周年:03/10/02 12:22
>>889さん
潜在意識の「法則」、神の「法則」という分け方はないんです。
「法則」は決まりです。
決まっていることです。
物理学で使う「法則」と同じですよ。
仏教では「妙法」と言ってますね。
「妙妙なる力」とか「因果の法則」と言っています。
結果があると言うことは、因があると言うことですよ。
誰が造ったというものじゃなくってきまりです。
決まりだからしょうがない。
それはね「神の智慧」「仏の智慧」と言うんだね。
>>889は例えが適正でありませんね。
それは独りよがりと言います。
法則とはちょっと違うかな。

900 :名無しさん@3周年:03/10/02 12:41
899の続き
「法則」は私達の意志の如く作用するのですけれども、
私達の意識は神の心とはかけ離れているため、
独りよがりに成ってしまいます。
なるべくなら「神の心」に近づけたいですよね。
だから「ありがとうございます」なんですね。
目が覚めたら「ありがとうございます」
食事をしても「ありがとうございます」
父、母に「ありがとうございます」
夫に妻に「ありがとうございます」
我が子に「ありがとうございます」
隣人に「ありがとうございます」
天地のすべてに「ありがとうございます」
何があっても「ありがとうございます」
何もなくても「ありがとうございます」
これしかありませんよ。



901 :名無しさん@3周年:03/10/02 14:02
ありがとう狂UZeeeeeeeeeeeeeぞゴルァ!!!

902 :名無しさん@3周年:03/10/02 15:02
899
お前あほか?
何も無くてもありがとう この偽善者!

903 :名無しさん@3周年:03/10/02 15:09
だまされることを推奨する、宗教団体生長の家。
インチキ宗教だよ。宗教だけで説明できないことがある。
良く言うよ。真理をしれば、如意自在の生活ができる。
われ動けば、宇宙が動く。できないことは無い宗教が生長の家のはず。
それが、宗教だけでは、せつめいでこない?
嘘をいいつずけたことになるよ。神の子無限力の宗教が、
宗教で説明できないって、自己矛盾 欺瞞だよ。
今までの生長の家は、嘘八百か?

904 :名無しさん@3周年:03/10/02 15:10
それより、生命の実相を、よんで変だと思わないのが、パーの証拠だよ。

905 :名無しさん@3周年:03/10/02 15:52
 



         生長の家=ありがとう狂



                       これ定説。

906 ::03/10/02 16:46
俺は生長の家は良いことを言ってると思うけど

907 :名無しさん@3周年:03/10/02 17:59
>902 :名無しさん@3周年 :03/10/02 15:02
>899
>お前あほか?
>何も無くてもありがとう この偽善者!

君もイチャモン大将かな!
何もないからありがたいんですよ。
何か事が起こってから「神様」助けてでは救われないでしょう。
いいですか。
病気になってから健康がいいって気づくんですよ。
あなたも必ずそう思うようになるのです。
きっとまだ若いので健康なんでしょうね。
取り返しのつかない内に心を入れ替えた方がいいですよ。

908 :名無しさん@3周年:03/10/02 19:28
907さん それがおかしい。
生長の家では苦しいときの神頼みをひていするよ。
ほかの、大多数の宗教の神は、そこで助けてくれます。
それがきっかけとなって、信仰に入ってゆくのですよ。
初代は、そんな急に泣き語と言っても、助けてくれない。泣き落としはだめ。
と言いました。そんな神は、愛の神ではありません。これはある意味神の罰
と受け取れます。神は罰しないと言いながら、涙した信者を助けない。
立派な神罰ですよ。ですから生長の家は愛の神ということに矛盾してます。
我々が、涙し嘆いたとき救ってくれる神を信仰しましょう。


909 :名無しさん@3周年:03/10/02 19:41
そこで、ヨハネの黙示録21。
神は自ら人と共ににいて、その神となり彼らの眼の涙をことごとく
ぬぐい取り去ってくださる。もはや死も無くもはや悲しみも嘆きも
労苦もない。最初のものは過ぎ去ったからである。
嘆いても 無き落としても、自分の弱さを知る人間を、決して
見捨てはしません。キリスト教の基本です。ここだけをとっても
カトリックの暖かさを感じました。教会は、温かい場所です。
どこかの、錬成道場で皇居遥拝する冷たいところでは、ありません。
神の概念が、光源だけの冷たい宗教でない。まして自分のうち
に閉じ込められるような、ちっぽけな神様でもありません。
やさしい、なつかしい神が好きな人は、カトリックになりましょう。

910 :名無しさん@3周年:03/10/02 19:59
アクエリアンさん、新しいスレ立て早めによろしくね。

911 :名無しさん@3周年:03/10/02 20:05
>大多数の宗教の神は、そこで助けてくれます。
具体的に何をどう救ってくれるというのですか

>最初のものは過ぎ去ったからである
最初のものとは何をさしていますか

本当の救いとはあなたにとって何ですか。

以上の三つの質問に答えて下さいな908さん

912 :名無しさん@3周年:03/10/02 20:28
>>907
おまえ完璧洗脳されてるね。もうだめぽ(ゲラ

913 :名無しさん@3周年:03/10/02 22:49
908-909 キリスト凶で満足してなさい。

914 :ゴーマン君:03/10/02 23:53
まあ、みなさん、幸せそうで何よりです。
自由な国に住めてよかったね。
今でも死にそうな人がいっぱいいると
心の底から感じる事もなく、どうにかしなきゃとも思わず、
平和で平和が感じられないって事がいっぱいある。

915 :アクエリアン:03/10/03 00:02
「新版 心の力の秘密」http://www.kyobunsha.co.jp/booksearch/index.html
という本が日本教文社から刊行されているアメリカの光明思想家である、R・E・デーヴィス氏が、
今度、また新しい本を出されたようです。
「Satisfying Our Innate Desire [To Know God](われわれの、神を知るという、生得
の願いを叶える)」という題名で、ニューソート関係の本を専門に出版している
DeVorss & Companyという出版社からです。↓のページを参照してください。
http://www.devorss.com/display.cgi?tpl=item&record=1266

【著者紹介】 R・E・デーヴィス Roy Eugene Davis
1931年アメリカ・オハイオ州生まれ。思想家、哲学者。18歳でヨガナンダを師としてヨガの修行を
数年間学び、以来今日まで多くの人に霊的目覚めを与えるべくアメリカを中心に講演、著述に活躍中。
日本にも1964年と1978年に来日し、聴衆に多大の感銘を与えた。著書に『人間とは何か』『日本の奇蹟の人』
(日本教文社刊)ほか、多数がある。



916 :アクエリアン:03/10/03 00:04
キリスト者さん、

>アクエリアン こんな馬鹿なことを言いながら、仕事しているの?
>何の仕事か知らんが、挫折は、無いのかなあ。
>世間知らずじゃないですか?
>宗教団体の職員か?塾の先生か?
>会社員なら、こんな夢みたいなことを書いたりはしないよ。

もともと人類光明化運動も、「夢を描く」ことから始まったのではないですか。
だとしたら、人類光明化運動に共感する人間は、大いに夢を語るべきなのですよ。
雅春先生も、大いなる夢を描くべし、と説いておられるのです。
こういう自由に発言できる空間で、日常の制約を超えて、自分の夢をどしどし書き込みましょう。
そういう行為を通して、自分自身を変えていくというのも、ネットの上手な使い方だと思います
けどね。否定的なことばかりじゃ、つまらないじゃないですか。

910さん、

>アクエリアンさん、新しいスレ立て早めによろしくね。

了解しました。
皆さん、非常に活発に書き込みしてくれるので、早くも1000ですね。



917 :キリストの教え。:03/10/03 02:56
イエスを拒否するもの、あるいは台座にのせて祭上げるものは、どちらも彼の教えを誤解している。
だからこそ、誰もがそれを修正しなければならない。イエスはそれぞれに、罪悪感を溶かし去り、恐怖心の
中から特別のメッセージを伝えてくれる。
イエスは我々に、キリスト教に改宗しなさいとは言わない。キリスト教というようなものはないからである。
キリスト教といえば、それは分離の神話になる。それはキリスト教徒をユダヤ教徒やイスラム教徒や仏教徒
から分離する。イエスがそんな考えを唱道するとお思いだろうか。とんでもない。
イエスに従うものは、いかなる分離をも唱道しない。イエスは、自分自身をもふくむすべての存在に対して
愛と宥しを実践した。ユダヤ教徒、イスラム教徒、ヒンズー教徒を兄弟として受け入れた。人を改宗しよう
とはせず、その信仰に深く根をおろすようにさせた。別の道を選ぶものは、救剤を拒まれるとも信じていな
かった。イエスの真の信奉者は、神の故郷への多くの道を備えておられると知っているので、その結果につ
いては心配しない。
信念体系は人々をたがいに分け隔てる。愛の思いは結びつける。「もし私の教えに従おうと思うなら、ひと
つひとつの思いについても、そうしなさい。たとえ兄弟の考えに同意できないとしても、相手を祝福しなさ
い」これがつねにイエスの教えだった。
これは生長の家とも同じ教えである。

918 :名無しさん@3周年:03/10/03 11:02
↑わたしも聖書にふれてキリストはそのようなお方だと感じました。
909さんが引用された聖句も大好きです。
神のお姿を知らない人、誤解している人(生長の家の人の中でも)がいるならば
このような機会にどんどん指摘し、真実を教えてください。

上の文章はどのような方のものですか。こういう思想も異端と言われるのでしょうか。
ユニティ(統一)、こういう考えにより平和が訪れるならいいですね。
そう思って、このような思想を学び、生活に生かしてみようと思っていらっしゃるのが
ココに参加されている方たちだと思っています。

もちろんそれは不可能だとおっしゃる方の書き込みもあるわけですが、なぜ不可能だと
思うのか、ここからも多くのことを学ぶことが出来ます。良いものは学んで、取り入れて
いかなくてはいけませんね。

893
>私たちが平和になる真理と、その有効な真理の使い方(生かし方)を探し、実行します。
まさにその思いです。
夢みたいなことが、実現されるといいですね。

919 :名無しさん@3周年:03/10/03 11:34
911
さん ヨハネの黙示録21に書いてある。読んでください。長いのでじぶんで聖書
を開いて、読んでください。新しきエルサレムが理解できます。
究極的救いは、そこにあります。
自分で汗かいて、求めてください。教えられることより、得るものはおおきいです。
でも、あなた、人に聞くのが好きな性格ですね。自分で求めれば、
開かれる、マタイの聖句を思い出してください。

920 :名無しさん@3周年:03/10/03 11:39
917

おまえは、アホか 20億のキリスト教徒を無視して、キリスト教はない。
キチガイよ。認知障害だ。生長の家は、宗教が兄弟といいながら、
他の宗教を無いと否定するキチガイ集団。天理創価以下の宗教団体だわ。
オカルト オオムより始末悪い。観念の遊びをするな。


921 :名無しさん@3周年:03/10/03 11:53
917の嘘観念論 本の孫引き。哀れです。
口だけの観念論は生長の家の得意、口だけの偽善者。
奉仕もしたことが無い。山谷 カマガサキに行って、ボランティアも
したことが無い。困った人に知らん顔。奉仕は皇居の清掃のみ。
天皇におもねるだけ。キリストは小さなもの弱いものにしてあげる
ことは、私にしてくれたこと、と言っています。
口だけでキリストを語る異端の無知、君は、救いがない。なぜなら
君の考え方は、キリストの最も嫌う、強者が弱者を見下し、何もしない
観念の遊び。なみだ目でキリストは、貴方を見てます。


922 :名無しさん@3周年:03/10/03 11:54
谷口さんの、巧妙化運動は、どこが光明か、分かりません。
ただの右翼思想じゃん。

923 :名無しさん@3周年:03/10/03 11:56
皆さん
平和な日本に今いるからこそ好き勝手な事言っているんでしょうね。
自由に勝手に自分たちの意見を言い合えていることが素晴らしいではありませんか。
ゴーマン君さんの言う通りですよ。
だからありがたいのですよ。
これがおかしいという人が、おかしいんですよ。



924 :名無しさん@3周年:03/10/03 11:59
生長の家の真理の使い方は、どんな種類があんの?
栄える会の、金儲け?
右翼運動?
犯罪者養成?<村上 そのもと秘書出身の議員、玉置、地方の信者>
よく捕まっています。
これが光明か運動ですか?
セイガク連で、ビラ貼りで捕まった人は数知れず。嗚呼忠臣
天皇の子分。

925 :名無しさん@3周年:03/10/03 12:00
キリスト教は、生長の家みたいな、低俗宗教ではない。

926 :名無しさん@3周年:03/10/03 12:02
信者が85万しかイナクナッタ。
末期でしょう。
天皇信仰は、末法思想です。排他思想です。
分裂してください。兄弟で。

927 :鈴木:03/10/03 13:30
名無しさん@3周年
よく勉強されてますね。感心しております。

928 :名無しさん@3周年:03/10/03 15:57
キリスト教では救われませんでした。

929 :名無しさん@3周年:03/10/03 16:26
仏の世界も現象世界も神の世界の活きものであります。
そこに分け隔てはないのです。
「善なる教えを頂いたのだからそれを聞くものは善なる行いなくして神の御心に叶わないのです。」
と力説することは神の御心です。
しかしその行いが出来ないと相手をひぼうすることは罪です。
ですから懺悔は相手に強いるのではなく我が身なのです。
我が行いを反省してこそ懺悔なのです。
生命の真理のことばをもって相手に伝えても
聞いている方々に、神の御心がわからずしてそれを理解することは出来ないのです。
解らないものに解らないことを言ってもそれは罪を造っているのと同じなのです。
神の心をもって苦しんでいる人を救ってあげようとする仏心で相手にいくら語っても、
受ける人の心しだいです。
ですが、受ける人が、受けることが出来ないとひぼうしてはならないのです。
小学生に高校の数学を教えているようなものです。
小学生に高等数学を教えて、そんなことも解らないでおまえはろくでないやつだと言っているのと同じなのです。
教えることも神の御心がなくてはならないのです。
私達は自分が一番正しいと思っています。
ですから時として自分達の主張が通らないと言って争いになることもあります。
それは善人の罪を造ってしまいます。

930 :名無しさん@3周年:03/10/03 21:20
別に誹謗しているつもりは無い。
神は自由を与えられた。受け入れるのは、本人の自由、当たり前です。
いまさら、念を押すことでもない。
私は、イエスの嫌われたパリサイ人を、非難しただけです。
生長の家は、パリサイ人でいっぱい。パリサイ人は、聖書で勉強してね。
改宗しろはレトリック。傲慢な生長の家の信者が、改宗はしない。
天理も創価も、対話する価値のある宗教でした。生長の家は、チョット?
と思っています。2つとも書物として出ています。宗教の対話は、始まっています。
生長の家は、罪を説明する宗教とは、対話できないと思います。
ついでに、カトリック信者はじぶんが一番正しいとは思っていません。
調べてから言ってください。誰も正しい人は、一人もいません。パウロの
言葉。

931 :名無しさん@3周年:03/10/03 22:45
さよなら、イチャモン大将!

932 :半裸厨:03/10/03 22:48
早く全裸になりたい。
お前らだってそう思っているはず。

933 :名無しさん@3周年:03/10/03 22:50
おっ、フリチン大将だ!

934 :アクエリアン:03/10/04 00:19
>谷口さんの、巧妙化運動は、どこが光明か、分かりません。
>ただの右翼思想じゃん。

ただの右翼思想で、アメリカの光明思想家ロイ・E・デービス氏が、雅春先生の本の英訳を
読んで感動すると思いますか?
光明化とはですね、人間の本質とは決して死滅するものではない、永遠不滅の霊的存在だという
覚醒をその本人に促すことなんです。すべての宗教は一つなんだ、われわれも、互いに分かれて
いるように見えるが、もともとは一つなんだ、すべての宗教は、神に到達するための一つの道で
はあるが、それ一つでは、すべてではないんだ、だから互いに宗教は喧嘩すべきではなきく協力
すべきだ、ということを悟らせ、地上に永遠の平和をもたらすということなんです。これは、
ゴーマン君さんが、最近、購入されたという「新しき啓示」のメッセージでもあるんですがね
(今日、書店で、ざーと立ち読みしました)。この啓示は生長の家の万教帰一の本義でもあります。

>信者が85万しかイナクナッタ。
>末期でしょう。

とは思いませんね。大体、このぐらいじゃないでしょうか。生長の家のようなレベルの高い思想に
共鳴する人の数は。日本人って、あんまりこういう霊的な問題を考えることを避ける人が多いように
感じます。物質主義的というか現世的というか。とはいうものの、生長の家に触れた人は、しっかりと、
その教えを子供たちに伝えていく義務はあるとは思います。どうやって、次世代に光明思想を伝えて
いくべきか、大きな課題だと思いますね。みなさんも頑張ってください!!



935 :アクエリアン:03/10/04 00:21
>天皇信仰は、末法思想です。排他思想です。

全く違いますね。
英国の歴史化アーノルド・トインビーは、伊勢神宮を参拝したとき、こういう記帳をしています。

Here, in this Holy Place, I feel the underlying units of all religions.
(ここ、この聖地において、私はすべての宗教の基本的な要素を感じる)

つまり、トインビーは、あらゆる宗教の源泉がこの聖地に存在していることを、霊的直感として感じた
のでしょうね。そこに、私は、トインビーのセンスのよさを感じるんですよ。



936 :アクエリアン:03/10/04 00:22
アインシュタインは、日本の天皇をこう持ち上げていますよ。

「近代日本の発達ほど、世界を驚かしたものはない。
この驚異的な発展には、他の国と異なる何ものかがなくてはならない。
果たせるかなこの国の、三千年の歴史がそれであった。
この長い歴史を通して、一系の天皇をいただいているということが
今日の日本をあらせしめたのである。
私はこのような尊い国が、世界に一箇所位なくてはならないと考えていた。
なぜなら世界の未来は進むだけ進み、
その間幾度か戦いは繰り返されて、最後には戦いに疲れる時がくる。
その時人類はまことの平和を求めて、世界的な盟主を挙げねばならない。
この世界の盟主なるものは、武力や金力ではなく
あらゆる国の歴史を抜き超えた、最も古くまた尊い家柄でなくてはならぬ。
世界の文化はアジアに始まって、アジアに帰る。
それはアジアの高峰、日本に立ち戻らねばならない。
われわれは神に感謝する。
われわれに日本という尊い国を、作っておいてくれたことを。」

さすがアインシュタインですね。歴史的、宗教的センスも抜群です。
なぜこういうセンスのよさをしているのか、それは、霊的直感の感度が抜群だから
でしょう。


937 :???:03/10/04 02:09
>>936
このアインシュタインの言葉については私も以前「理想世界」誌で読んだが
本当にこんなことを言ったのか大いに疑問がある。アインシュタインはユダヤ人
であり、ナチスドイツの迫害を逃れアメリカに亡命した。ナチスドイツと同盟
を組んでいた日本に対して本当にこんなことを言ったのか前から疑問に思っていた。
いかにも天皇大好きの生長の家が喜びそうな言葉だ。
ぜひ、確かにアインシュタインの言葉であるという証拠を示していただきたい。


938 :名無しさん@3周年:03/10/04 09:22
証拠証拠と騒がしいんだよ、木っ端。この桜吹雪を見忘れたか!

939 :名無しさん@3周年:03/10/04 10:00
馬鹿ですか?トインビーは創価の得意とするところ、
生長の家ではあってさえくれないよ。根源のユニットは、一単位という意味です。
根源的とはアニミズムの初歩的な宗教と言う事で、英文をしっかり読んで。
トインビは、第三文明者のシリーズでも分かるように、天皇賛美はしていない。
普遍的平和、それこそ池田さんの得意とする思想をサポートしています。
アインシュタインも、天皇を賛美していない。日本訪問のときのリップサービス
だけ引用したらだめですよ。アインシュタインは、モーッアルトを効きたい
とか、もっとパーソナルな人間です。物理数学を、好きな人はかれの生き方から、
天皇崇拝も嘘であり、後半は、湯川さんなどと世界連邦世界平和を、
熱心に探求しました。湯川の思想と、天皇右翼、生長の家の民族優越説、
これをアインシュタインともども、湯川も
嫌っていました。

940 :名無しさん@3周年:03/10/04 10:07
民族浄化は、ユダヤの劣等民族をすぐれた、アーリア人が粛清する
ことから始まりました。アインシュタインは当時、にほんが
天皇中心の大和民族優越説で朝鮮漢民族の劣等民族を、懲らしめる
アジアの中心、世界の中心を天皇にしようとしたことを。
真実を知っていれば、ユダヤがもっとも嫌う思想、民族浄化と
天皇大和民族優越せつが同じものであることを、
トインビは、民族主義、偏狭な天皇ナショナリズムは肯定していません。
はっきり否定しています。創価の方が居れば、トインビーを、
捻じ曲げた解釈をしている、生長の家右翼信者に教えてください。

941 :名無しさん@3周年:03/10/04 10:13
まして938のように、真実も知らない無知がただ付いていく信者、
困ったものです。知ったかぶりで、谷口さんについていく馬鹿信者。
こんなひとが大戦前に、日本国民に、いっぱいいた。
こいつらが侵略戦争をやり、終わったあとは、知らん振り。
清超先生も、こんな右翼に固められたら、昭和天皇と同じ、
言いたいことも言えないでしょう。生長の家はいま、帝国陸軍
と同じ状態になっています。若きヒロヒトは、3代目?
モットしっかり、民主化しないと、後は、戦死するだけでしょう。

942 :名無しさん@3周年:03/10/04 10:24
皆さん
天皇中心の大和民族優越説が、ユダヤ民族浄化思想と、酷似していること
が理解できただしょうか?
また、右翼のインチキは全体の思想に触れず、自分の都合良いとこだけ
の切り抜きであることが、分かったと思います。
アインシュタインなんて、忘れやさんですから、にほんでそんな事
を言ったことすら知らずに死んだと思います。晩年のアインシュタイン
の様子は、プリンストン研究所にいた、小平邦彦さんのぐらいしか
ありません。研究所で天皇の話も、ありません。日本の友人
研究についてぐらいで、気さくな人、だったそうです。
演説調の、尊大な人でなく、核にたいしての、自分の行いを悔いたところがあったそうです。
思想的に、大きく変わった。私も理想世界の記事を読んだと思います。
今から思えば、デマに近い記事であったと思います。
嘘書いて、信者励ましても どうかなあ?嘘ではない切抜き記事だと
弁解するのでしょうか?

943 :名無しさん@3周年:03/10/04 10:26
アクエリアン トインビー また読まずに、ダイゼスト版
でかたっているのか?
恥かくと思いますよ。

944 :アクエリアン:03/10/04 10:30
937さん、
>このアインシュタインの言葉については私も以前「理想世界」誌で読んだが
>本当にこんなことを言ったのか大いに疑問がある。アインシュタインはユダヤ人
>であり、ナチスドイツの迫害を逃れアメリカに亡命した。ナチスドイツと同盟
>を組んでいた日本に対して本当にこんなことを言ったのか前から疑問に思っていた。

937さんの疑う理由としては、ユダヤ人であるアインシュタインが、ナチスと同盟を
結んだ日本にこんな言葉を言うはずがない、ということですが、この論拠は、成り立ち
ません。なぜなら、アインシュタインが日本を訪れたのは、1922年で、アメリカに
亡命したのが、1933年だからです(まだナチス政権は成立していなかったはずです)。
43日間の日本滞在中全国を講演して回ったのですが、そのときの日本国民からの熱狂的な
歓迎は、日本及び日本文化に対して、限りない親近感を抱かせたそうです(ブリタニカ国際大百科事典によると)。
それで、このときに感じた親近感が、日本天皇を持ち上げる言葉を書かせたのかもしれません。
雅春先生は、理想世界誌に、このアインシュタインの言葉を紹介された後、「アインシュタイン博士は直感によって、
相対性原理も、日本国の実相も発見したのである」と書かれています。

>ぜひ、確かにアインシュタインの言葉であるという証拠を示していただきたい。

このアインシュタインの言葉はインスピレーションを与えるらしく、いろんな人が引用していますね。
「文明論」で有名な京都大学の岸根卓郎博士は『21世紀文明と日本の役割』という講演で、このアインシュタインを
引用しています。
http://www.clio.ne.jp/home/shoji306/ISINJUKU/KISINE.HTM
こういうように、いろいろな人が引用するところを見ていると、あながちフィクションとも言えないのではないか、
と思いますが、私にとっては、嘘か本当か、実際のところどうでもいいのです。937さんが、信用できないと
いわれるのなら、それはそれで仕方のないことです。



945 :名無しさん@3周年:03/10/04 10:32
939-942  理解できます。コテハンつけてくれませんか。

946 :アクエリアン:03/10/04 11:04
939さん、
>トインビは、第三文明者のシリーズでも分かるように、天皇賛美はしていない。
>普遍的平和、それこそ池田さんの得意とする思想をサポートしています。
>アインシュタインも、天皇を賛美していない。

当然です。お二人とも偏狭な民族主義は否定しています。
トインビーと池田さんの関係を出されましたが、これ、トインビーの娘さんが、いつだったか、
創価学会に利用された、間違いだった、トインビーの学者としての評価に傷がついた、という
見解を発表されていました。当然でしょうね。
ヨーロッパでは、創価は、警戒を要するカルトとして認識されていますから。

>天皇中心の大和民族優越説が、ユダヤ民族浄化思想と、酷似していること
>が理解できただしょうか?

出来るわけないじゃありませんか。こんなめちゃくちゃな論理では。
天皇信仰の本質は、偏狭な民族主義の賛美ではなく、世界の諸民族をすべて平等だと
見る日本の建国の理想、つまり、あらゆる民族の魂を一つに結び合わせて、一つの家族
として、永久平和を達成すること、ということです。ですから、民族浄化などとは、
全く相反することです。貴方が、天皇信仰と民族浄化思想を結びつけようとする思想こそ、
最も偏見に満ちたものであり、戦前の偏狭な軍人の思想を彷彿とさせます。真の天皇信仰は、
こういう独善的な思想からは、全く隔たっているものです。


947 :アクエリアン:03/10/04 11:27
943さん、

>アクエリアン トインビー また読まずに、ダイゼスト版
>でかたっているのか?

トインビーと政治学者若泉敬氏との対話が、「未来を生きる」と題して、毎日新聞社
から出たことがありますが(私は古本で購入した)、その中で、トインビーは、神道について
こんなことを語っています。

「神道の総本山である日本の伊勢神宮を訪れる時、私は、ここにこそ聖フランチェスコやワーズワースが、
生命をよみがえらそうとした宗教の形が脈々と生き続けていると感じるのです。伊勢を訪れる人が感得する
精神は、現代人が自然に加えた邪悪な暴力に対して自然が復讐するのを思いとどませるために、現在、生き
ている世界中の人が求めていかなければならない精神なのです。」


948 :アクエリアン:03/10/04 12:27
生長の家について語り合いましょう(11) に移動しました。
http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1065237915/l50

皆様の書き込みよろしくお願いします。

949 :名無しさん@3周年:03/10/04 20:43
 944のはなしは嘘ですよ。1922年の古い話で一生、アンシュタインが日本を賛美
天皇をあがめたと言うのが違うのです。その後ナチスとてを組み、会の孤児と
なった日本に同じ信頼を置くはずがない。ベクトルは時代と同じ向き
であります。あんたは逆を向いているんですよ。貴方の嘘、意識的ですね。
トインビーのガセネタ。本当なら、版権が第三文明者にあるのは可笑しいでしょう。
創価への悪意にしか、読めませんよ。
未来を生きるも第三文明者から、出ていると思いますよ。調べてね。
毎日にも版権は残っているかもしれませんがね。
フランチェスカは、アニミズム 汎神論はとっていません。
自分で調べれば、トインビーの誤りに気が付きませんか?
偉い人が言ったから鵜呑みにする。生命の実相はすべてこれですよ。
孫引き精神にです。ブラザー <フランチェスカ>は、汎神論で
神を説明できないことは、知っているはずです。天皇信仰は、偏狭に
ならざるえない運命です。点ちゃが素晴らしいということは、他は素晴らしくない
ということに、結びつきます。いったい天ちゃんの何処が素晴らしいのか?
家柄?スタイル? 顔?金?江戸城?すべて差別の根源になります。
血統証かな?これも差別のもと、和歌もいまの天ちゃんは、うまくない。
取り柄はあるのか? 不況に苦しむ今。金食いたくスイーターは、いらんのチャウ。
あの金あれば、1万人は助かる。いま3万自殺してます。統計上2万ぐらいが
自殺者でした。1万多いのです。その1万人が救えるんですよ。
皇居をホームレスに開放すれば、駅のホームレスは居なくなりますよ。
天皇助けて 大衆を殺す、これが生長の家の愛なのですか?







501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)