5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

懺悔の生活 一燈園

1 :名無しさん@3周年:03/12/21 17:20
一燈園は、明治37年西田天香さんによって創始されたもので、自然にかなった生活をすれば、
人は何物をも所有しないでも、また働きを金に換えないでも、許されて生かされるという信条のもと
に、つねに懺悔の心を持って、無所有奉仕の生活を行っているところです。
 一燈園では、おひかり=(光=(神・仏・大自然)から預かった財物を、世の争いの種にならぬよ
う運用経営する機能を「宣光社」と呼んでいます。光泉林は昭和四年現在地に開設され、財団
法人として認可されました。約十万坪(33ヘクタール)の土地に、数十棟の建物があり、
二百数十人の者(同人と云う)が生活を共ににし、懺悔報恩の心を持って捧げた働きをすることを
念頭しています。

http://www.ittoen.or.jp/

2 :名無しさん@3周年:03/12/21 17:28
PC使ってネットに繋がったりすることが、自然にかなった生活なんですか?
毒されますよ、こんなところに顔出すと。

3 :名無しさん@3周年:03/12/21 17:40
一燈園智徳研修会体験者いませんか?
http://www.ittoen.or.jp/act/seminar.htm

4 :名無しさん@3周年:03/12/22 23:18
路頭・托鉢の生活―感謝と報恩行 
 一燈園生活は、生命本来の姿にかえって自然にかなった生活をすれば、人は何物も所有しなく
ても、働きを金に換えなくても生かされるものであることを信じ、つねに路頭の立場で無所有奉仕の
生活を行っていくのです。

 人間はもともと無一物で生まれ、生命を授かったものであります。自分のものといえるものは何も
なく、権利を主張できる何物もありません。無一物、無所有こそ人間本来の姿だといえます。

 「路頭」も、この無一物所有の本来の姿、原点にほかなりません。人間のあらゆる争いの源には、
欲望や利己心があります。そして財産や地位、名声などに執着しようとします。こうした欲望への
執着心を断ち切り、利己心を浄化させて本来の姿に変えることが必要です。それを「路頭に帰る」
といいます。身についたもの、集まってきたものをすべて「おひかり」(現実の生活をも救う神または
佛・大自然)のもの、全体のものとしてお返しし、―許されて預かりものとして扱うこともあるが、
―常に無一物の立場で路頭にいて「路頭に迷う」のではなく、「路頭に帰る」のが人間本来の姿で
なければなりません。


3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)