5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

本当に神はいますか?

1 :名無しさん@3周年:04/03/07 18:13
教えてください

2 :名無しさん@3周年:04/03/07 18:14
2?

3 :名無しさん@3周年:04/03/07 18:14
( ゚Д゚)ノω チソコクラエッ!

4 :名無しさん@3周年:04/03/07 18:15
分かりません

5 :ネットサーファー@神の国:04/03/07 18:15
なんで「神は存在するか」スレなくなっちゃったんだよー

6 :名無しさん@3周年:04/03/07 18:27
ヘ:::::::::;;: -‐''''""( )1
 ゙、::::::::-‐''""" ̄"'i
  :V;;||:::: '~ニ=ッ, r='|
  i!f !:::::      ゙、i
  i!ゝ!::::     ‐/リ
  i::/:、 :::、  /''ii'V
  ̄ハ:::::\ "''il|バ''
 ショカツリョウ
 諸葛亮 曰く
教えろゴルゥラァ

7 :名無しさん@3周年:04/03/07 18:41
います

8 :名無しさん@3周年:04/03/07 18:55
必ず存在します。逆にいないという理由を考えて見てください。

9 :名無しさん@3周年:04/03/07 19:25
>>8
見えないし

10 :名無しさん@3周年:04/03/07 19:28
超高級霊 シルバーバーチ より


・地上では特定の神を信じれば救われ、反対にその組織が崇拝する神を
崇拝せねば救われないと説く宗教がいますがそのような事はありません。
神とは自分が崇拝されたからと言って喜ぶような人間的存在ではありません。
もしそうであれば神の公正が根源から崩れてしまいます。邪悪で利己的な
人生を送った者が、神を崇拝したからと言って素直で利他愛に富んだ人生を
送ったものを差し置いて神の恩恵に浴する事になります。

・神を崇拝し自分は選ばれた一人のつもりになり宗教的行事に傾倒
している人間よりも、転んだ人に手を差し伸べ、飢えた人にパンを分け与え、
悲しみに打たれている人に励ましの言葉をかける無神論者の方が
遥かに神に近く尊い人物です。

・因果律は絶対の摂理です。どんな偉人でも狂わす事は出来ません。
因果律は自動的に機能します。ツキ(運)と言うものも、偶然も存在
しません。賞罰は自分でこしらえているのです。しかし肉体と言う鈍重で
霊的視野の限られた人間からは、その存在(因果律)が感知できない
のも無理ありません。死後こちらの世界においでになれば、そしてその時
あなたが過去の転生を見渡せるだけの資格に至る霊格を身に付けていれば、
自分が送ってきた幾度にも渡る転生の地上人生を見渡し、そこに神の公正
(因果律)が行き届いているのが分かります。

11 :名無しさん@3周年:04/03/07 19:28
>>8
存在するということを論理的に証明しなさい

傍証ではなく、直接的な証明があるならそれを引用してもよいがね

12 :名無しさん@3周年:04/03/07 19:29
・宗教に教義、経典、教祖、礼拝堂、賛美歌は必要ありません。
宗教とは利他愛の実践、一言で言えば「サービス」。これにつきます。
大切なのは利他愛の実践であって、神を信じるかどうかは関係ありません。
神を信じるからと言って神から寵愛される訳でもなく、
また神を信じないからと言って罰せられる事もありません。

・私(シルバーバーチ)は一霊にすぎません。信仰の必要もありませんし、信仰
したところでなんら苦しみが除かれる訳ではありません。お金が入ってくる事も、
苦難が取り除かれる事もご利益もありません。私は神でも神的存在でもありま
せん。元はあなた方と同じように地上人生を歩んだ人間です。あまりにも地上
に霊的知識が乏しいので霊界から使命を受け、メッセージを伝えに地上に
戻ってきました。あなたが地上に再生してきた主な理由は、霊性の向上と
カルマの滅却です。地上に学びにきているのです。苦しみは人間から見れば
ごめんこうむりたいものでしょうが、霊界側から見れば人間の霊性を進化
させるものです。それを無闇に取り除く訳にはまいりません。

・あなたは肉体を備えた霊的存在です。霊を備えた肉体的存在ではありません。
決して肉体と言う鈍重で低俗な存在ではありません。死を迎え古い衣服を脱ぎ
捨てるように肉体から離れる時がくれば、あなたが住むべき霊性に応じた本来
の世界へ行きます。
そこが地上に近い幽界付近であるか高級霊の住む世界であるかはあなたの霊
性の程度によります。神を崇拝しようが宗教に入ろうが関係ありません。貴方の
内面、霊性に応じた世界へ赴きます。地上と霊界の異なる点は、地上では様々
な霊性の霊が肉体をまとう事により一緒に生活している事です。

・神を崇拝しているからと言って、その人物の魂が高いランクに属している訳では
ありません。地上界には無心論者でも素晴らしい霊格を備えた人物もいれば、毎
日賛美歌を歌い「主よ主よ」と唱えていても霊格が幽界付近に属している人もい
ます。また霊能力と霊格の高さは関係ありません。霊が見えるか、霊の声が聞こ
えるかは霊格とはなんら関係ありません。以上「シルバーバーチの霊訓」より

13 :名無しさん@3周年:04/03/07 19:39
折れ馬鹿だからムズカスィとわかんねけど
その霊はどッから生まれて増えたんだ?

14 :名無しさん@3周年:04/03/07 19:42
>>13
うん?霊は神の分霊だよ。あなたはずっと昔から存在していました。
そして霊界にいた時の事を一時的に忘れているだけです。


15 :名無しさん@3周年:04/03/07 19:44
あぁ、霊の起源ね。これに関しては、この霊(シルバーバーチ)も
分からないとハッキリ言っています。またなぜ神が我々を創造した
のか?それも分からないと言っています。
但し、地上にいる人間が思う以上に、ずっと古くから存在
しているそうです。

16 :名無しさん@3周年:04/03/07 19:52
じゃあ数が増えたり減ったりすんのけ?

17 :名無しさん@3周年:04/03/07 19:56
>>16
分かりません。その事について質問した人間がいませんし、
この霊が話した記録もありません。但しこのシルバーバーチも
霊であって神ではありません。その点は神しか分からないと思います。

18 :名無しさん@3周年:04/03/07 20:18
有神論者の皆さんは、どういう神がどういうふうにいるのか主張してくださいね。

19 :ところで:04/03/07 20:26
「自分は神だ」と言っている人間って有神論者ですか?

20 :名無しさん@3周年:04/03/07 20:42
>>19 自分で「人間」っていってるじゃないか・・・・・

21 :名無しさん@3周年:04/03/08 18:07
>>10

根拠もなしに好き勝手な世界像と価値基準を押しつけようとする企てにはヘドが出ますな。

22 :名無しさん@3周年:04/03/08 18:08
>>1

神が存在する確率は限りなく0に近いんで、安心してください。
神様がどうこうじゃなくて、自分なりのポリシーやモラルで生きればよいのです。

23 :名無しさん@3周年:04/03/08 18:09
>>17

あなたはそういうゴタクを全部鵜呑みにしたわけですか?

ある意味尊敬に値するバカだ・・・。

24 :名無しさん@3周年:04/03/10 04:41
あのー、ボカも神がいるんだか、いないんだか分からないんですけど。
論理的に神がいる、いないって証明するのってできるのかな〜?
いないってことを論理的に証明できたら変な宗教にはまる人が減ると思うんだけどね。
頭がいい人はひょっとすると説明できるのかな〜?
できたら、誰か教えて!


25 : :04/03/10 07:53
いつもベッドで彼女の神技に昇天してしまう俺は逝ってヨシでつか?

26 :名無しさん@3周年:04/03/10 07:56
すでに逝っているw

27 :名無しさん@3周年:04/03/10 13:37
神はいるよ。俺だ

28 :名無しさん@3周年:04/03/10 16:15
>>1
神は存在します。
@神が存在しない事は証明できない。
A神が存在する事は証明できない。

@については誰にも証明できない。
次に、「神は人智を超える存在である」ことは、
大昔から現在まで、信じる信じないに関係なくすべての人々が
口にする言葉である。
つまり、神の存在は、人間の力では証明できないのである。
よって、神と言う言葉が大昔から現在まで人類に存在する以上、
認めざるを得ないのである。

29 :名無しさん@3周年:04/03/10 16:19
いると思ったら→いる
いないと思ったら→いない

30 :名無しさん@3周年:04/03/10 16:20
つまり、いるけれども自分以外に神はない

31 :ミスター仏法:04/03/10 16:24
神はいません。信じている者は自分が信じているのだからお前も信じろという無理難題を言っているか、きちがいかのどちらかで、釈尊はこのような神や霊魂の話は一切しませんでした。

32 :名無しさん@3周年:04/03/10 16:36
>>31
きちがい←差別用語

33 :名無しさん@3周年:04/03/10 16:44
「ミスター仏法」なんて言ってる奴が、差別用語を使うなんて…

34 :名無しさん@3周年:04/03/10 17:13
オレは神様はいると思う。会った事無いけど(当たり前か)。
目に見えないからっていないって事にはならんと思う。
ただ、一番思うのは、神様は自分に都合良く動いてはくれない
って事。

35 :名無しさん@3周年:04/03/10 17:40
神は存在する。
だからといってそれにすがる行為は無意味だ。
神は一個人を救うために存在するものではなく、物理的法則を与えたに
過ぎないのだから。
信じる信じないではなく、神は存在する。
人でもなく光でもなく、ただ存在する。

36 :名無しさん@3周年:04/03/10 17:41
神がいないことが証明できない → 神は絶対いる。

              ↓

オレが神ではないことをオマエらは証明できない → オレは神様。



さて、何がおかしかったんでしょうか。

37 :名無しさん@3周年:04/03/10 17:41
>>35
見てきたようなことを言う。

38 :名無しさん@3周年:04/03/10 17:43
>>37
考えれば分かること。
起源はどこかに存在し、揺るがない。

39 :名無しさん@3周年:04/03/10 17:44
>>28
> >>1
> 神は存在します。
> @神が存在しない事は証明できない。
> A神が存在する事は証明できない。
> @については誰にも証明できない。
> 次に、「神は人智を超える存在である」ことは、
> 大昔から現在まで、信じる信じないに関係なくすべての人々が
> 口にする言葉である。
> つまり、神の存在は、人間の力では証明できないのである。
> よって、神と言う言葉が大昔から現在まで人類に存在する以上、
> 認めざるを得ないのである。

幼稚な詭弁。と言いつつ、デカルトも同じような言い方で「神の存在証明」をやったりしてる。

人間が「人知を越えた存在」を想定することができることと、本当にそれが存在するかどうかとは
全く別個の問題だよ。「神」という妄想がメジャーであることは、神の実在の根拠には全くならない。

40 :名無しさん@3周年:04/03/10 17:45
>>38

誰が与えたのでもなく、起源はただ存在した、と考えることの不都合はどこにあるのか?

41 :名無しさん@3周年:04/03/10 17:48
>>40
起源を神としているだけで、意思のある神を肯定しているわけではない。
貴方のいう「起源」を「神」と呼んでいるだけ。

42 :名無しさん@3周年:04/03/10 17:54
>>41

だとすれば、その「神」は多分、ここで対象としている「神」とは別の意味だよ。
ていうか「神」という言葉の中には何らかの人格を想定するのが一般的なはず。

43 :名無しさん@3周年:04/03/10 20:38
>>31
―わたくしは怒ることなく、心の頑迷さを離れている。マヒー河の岸のほとりに一夜の宿
りをなす。わが小舎はあばかれ、欲情の火は消えた。神よ、もしも雨を降らそうと望むな
ら、雨を降らせよ― スッタ二パータ

44 :ネ申:04/03/10 20:46
誰だ、禾ムを呼んでるのは

45 :かみです:04/03/10 21:51
>31
店法輪だかなんかしらんが、
梵天が出てきて法を説いてくれっいう話や、
釈迦が悟ったときに大地の女神だかなんが出てきて
「こんにちは、よかったですね」と言ったとかいわねーとかいう話は、
後の弟子が全部かってに作ったんだな!!!
尿是我門で始まる経典はみんな弟子がでたらめに書いたんだな。
ある弟子の書いたお経は○で
他の弟子が書いたのは×だという基準でもありますんですか。
仏教守護の**天の話は全部でたらめなんだな。
世界中の寺に祭っている**天は神でも霊でもないんだよな。
確認したいんですけど、どんなもんすかね。ハッキリしてほしいんすよ。


ミスターさん
なんでもいいけどハンはおもしろいなー、見た目のインパクトあるよ
ひょっとして、ネーミングかコピーでもしてんかい・・・
別にこれには答えなくて良いよ、おれの独り言だから


46 :名無しさん@3周年:04/03/11 08:22
いても、いなくてもどっちでもいいじゃん
そんなこと話して何になるの?
世界の1/3はキリスト教徒で神は「いる」と信じて
残りのユダヤ教徒もイスラム教徒も神は「いる」と信じて
「いる」と信じている人たちには医者も教授も科学者も天文学者もいて
勿論普通の会社員もいるし
ただ「いない」と言う人たちにも同様な事が言えるけど
それにしても、ここで神は「いない」と言ったところで、世界は何も変らない
無意味なことをしていないで、仕事でも勉学でもした方はいいよ
そして、真の日本の独立に貢献したら


47 :かみです:04/03/11 08:31
>46
いいこと言うね。

>そして、真の日本の独立に貢献したら

これはちょっとねー
まずは自分の精神的独立が先じゃないかなあ

日本のため世界のためって騒ぐとまた幻想が始まるよ
君はそんなことに騒いだりしないと思うけどね



48 :名無しさん@3周年:04/03/11 08:39
神様はね、人の数だけいるんだよ。
自分にとって都合のいい神様がね。

49 :名無しさん@3周年:04/03/11 09:03
>>46
> いても、いなくてもどっちでもいいじゃん
> そんなこと話して何になるの?
> 世界の1/3はキリスト教徒で神は「いる」と信じて
> 残りのユダヤ教徒もイスラム教徒も神は「いる」と信じて
> 「いる」と信じている人たちには医者も教授も科学者も天文学者もいて
> 勿論普通の会社員もいるし
> ただ「いない」と言う人たちにも同様な事が言えるけど
> それにしても、ここで神は「いない」と言ったところで、世界は何も変らない
> 無意味なことをしていないで、仕事でも勉学でもした方はいいよ

神の存在を前提とするかどうかは人生に大きく影響を与える。むしろそれは学歴とか収入といった
表面的な部分ではなく、人生の根幹、本質的な部分における影響である分だけ、深刻だよ。

> そして、真の日本の独立に貢献したら

ナショナリズムも宗教と同じ穴のムジナだと思う。
世界に貢献汁。

50 :名無しさん@3周年:04/03/12 22:32
>>46
>真の日本の独立 って言ってるけど、
真の独立って、日本がどういう状態になることなの?

51 :名無しさん@3周年:04/03/12 22:33
真の孤立

52 :ネットサーファー@~ノ國:04/03/12 22:45
神の声を聞けば神の存在を確信するでしょう。

53 :名無しさん@3周年:04/03/13 10:47
>>50
真の独立、アメリカに頼らない防衛(アメリカの基地を国内から排除する)
自衛隊を専守防衛だけでなく、攻撃できる組織つまり軍隊にする(核を含む)


54 :名無しさん@3周年:04/03/13 10:57
神=核

55 :名無しさん@3周年:04/03/13 12:52
>>53
食糧はほとんど輸入に頼ってるから、
ホントには独立できないな。
石油に関しても同じ。


56 :名無しさん@3周年:04/03/13 12:52
「結局、私がなぜこんなことをしているのかを一言で言えば、この星の人間を含
むいのちが、これからも健全に続いてほしいから。それだけです」と言ったとき
に、彼の心に何かが届いたようです。そのためには、もう戦争はやめなくてはい
けないし、もっと一人一人が自分自身のいのちをいたわって生きていくときが来
ている、と続けました。

自分のいのちをいたわることの具体的な行為は、例えばからだに毒を入れない、
いのちを養う食べ物、すなわち近くで自然に育った旬の食べ物を感謝して食べる
こと、そして自分の本当にやりたいこと、心から喜べることをやって生きる、と
いうこと。平和活動や環境運動をしながら、めちゃくちゃの(食)生活や働きす
ぎでからだをいじめている人をみると、「まず自分のいのちをいたわることから
始めると、もっと楽に活動ができるようになるよ」と伝えたくなります。

私の授業を受けてくれた多くのハワイ大学の学生たちから、また来てほしい、と
言われました。私を授業に呼んでくださったブリス教授に心から感謝します。思
えばブリス教授とのご縁も、小田まゆみさんからいただいたものでした。本当に
最近は、何から何まで感謝することばかりです。



57 :名無しさん@3周年:04/03/13 20:12
>>56
>すなわち近くで自然に育った旬の食べ物
これを手に入れるのが難しい社会なんだよね。
感謝をする前に、食べ物すら健全な社会にするのが大変じゃないの?
>>56さんは、どうしたらそういう社会にする事が出来ると思いますか?

58 :名無しさん@3周年:04/03/14 14:15
・THE PASSION OF THE CHRIST http://www.thepassionofthechrist.com/




59 :名無しさん@3周年:04/03/15 07:58
>>55
日本の領土拡大

60 :名無しさん@3周年:04/03/15 10:03
折れは会社から独立したい

61 :名無しさん@3周年:04/03/15 10:24
>>60
健闘を祈る

62 :名無しさん@3周年:04/03/15 14:08
俺は、引きこもりから独立したい…

63 :名無しさん@3周年:04/03/15 14:41
>>62
外は春

64 :名無しさん@3周年:04/03/15 17:36
2chから独立したい

65 :名無しさん@3周年:04/03/15 17:46
>>64
オレはムリだ。

66 :GIHREN ZABI:04/03/15 17:48
地球連邦から独立したい

67 :名無しさん@3周年:04/03/15 18:45
>>66
コロニー落とせ。


68 :名無しさん@3周年:04/03/15 19:01
ジークジオン

69 :名無しさん@3周年:04/03/15 19:07
スペインから独立したい。

70 :名無しさん@3周年:04/03/15 20:24
神がいるのなら、ウンチマンもいる。
ウンチマンはいない、故に神もいない。

71 :名無しさん@3周年:04/03/15 20:26
オスカルちゃまが泣きながらうんこやおしっこをしている絵があります
オスカルちゃまがレイープされてる絵もあったぞ
レイープどころか、穴という穴が全て珍棒で埋まっている絵もあった
ウンコまみれで手足引きちぎられ穴にはねずみの屍体入れられてる絵もあった
カエルをアナルに入れられてる絵も書いてたな
オスカルがパリの街で男漁りして、
はした金で下賎な男たちに体を売って
それを隣の部屋から覗きながらアンドレがオナーニしている絵もあった
オスカルが皮の超ミニのスカートをはいて、頭にはナチスっぽい帽子を被って
アンドレがスカートの裾から手を突っ込んで、
オスカルの秘所を責めている絵もあった
オスカルがアンドレの膝の上に腰掛けて
顔を後ろにねじってアンドレとキスしていて、
アンドレは後ろからオスカルの乳をもんでる絵もあった
http://etc.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1078566954/l50

72 :名無しさん@3周年:04/03/16 12:45
アフロ逝きマァース!!

73 :名無しさん@3周年:04/03/17 08:42

神がいないのなら、人間は神をつくっていたであろう。


74 :名無しさん@3周年:04/03/17 12:54
>>73

神がいないから、人間は神を作ったのであろう。でしょ?

75 :名無しさん@3周年:04/03/17 16:50
>>1
あなたがいると信じれば神はいます。
いないと思えばいません。
神に何かを求めたければ、信じるでしょうし、
神に何も求めなければ、信じる必要もないでしょう。

76 :名無しさん@3周年:04/03/17 16:51
>>75

いくら信じても、ないものはありません。

現実逃避はやめましょう。

77 :名無しさん@3周年:04/03/17 17:27
>>76
>いくら信じても、ないものはありません。
信じる人にはいるのです。
逆に言えば、いると思うから信じるのです。
神はいないと口先だけで言っても何の説得力もありません。
それに、現実逃避ではありません。
信じる事によって、前向きに生きることが出来ますし、
みんな前向きに生きています。
逃げてはいません。
私とは信仰が違いますが、例えばマザーテレサさんなどは、
現実逃避をしていましたか?

78 :名無しさん@3周年:04/03/17 17:31
>>77
> >>76
> >いくら信じても、ないものはありません。
> 信じる人にはいるのです。
> 逆に言えば、いると思うから信じるのです。
> 神はいないと口先だけで言っても何の説得力もありません。
> それに、現実逃避ではありません。
> 信じる事によって、前向きに生きることが出来ますし、
> みんな前向きに生きています。
> 逃げてはいません。
> 私とは信仰が違いますが、例えばマザーテレサさんなどは、
> 現実逃避をしていましたか?

誰だろうと、根拠もなく信じ込むことによって心の安寧を得たりする行為は現実逃避に他ならない。

表面的な「前向きさ」と引き替えに、君らは人生の操縦席をすくなくとも一部譲り渡している。
そもそも何が前向きだかどうだかを自分自身で判断できているかどうかさえ疑わしいよ。

79 :名無しさん@3周年:04/03/17 17:32
>>76
>現実逃避はやめましょう。

とりあえず、電子の波動性と粒子性の現実を説明してくれ。


80 :76:04/03/17 17:33
>>79
> とりあえず、電子の波動性と粒子性の現実を説明してくれ。

やだ。いきなりなんだよオマエは?

81 :80:04/03/17 17:37
>>80
>やだ。いきなりなんだよオマエは?
「やだ」なんて言ったら、現実逃避になるだろ。



82 :ギャラリー:04/03/17 17:38
>81
自分で自分に答えてどうする

83 :名無しさん@3周年:04/03/17 17:39
>>78
>誰だろうと、根拠もなく信じ込むことによって心の安寧を得たりする行為は
>現実逃避に他ならない。
何かもっともらしく書いてるけど、
自分が言ってる事は論理的に正しいと思うか?
そもそも現実逃避という言葉の意味をどう考えてるんだ?



84 :79:04/03/17 17:42
>>82 訂正します。


>>80
>やだ。いきなりなんだよオマエは?
「やだ」なんて言ったら、現実逃避になるだろ。

85 :名無しさん@3周年:04/03/17 17:45
>>83へ。
>>78は、
「根拠がある物を信じ込むことによって心の安寧を得たりする行為は
現実逃避ではない。」と言いたいんだよ。
>>78は、分かりやすく書いてるんだよ、それを理解できないなんて
お前は、低脳だな。現実逃避ばっかりしてるからだよ!

86 :名無しさん@3周年:04/03/17 18:01
>>83へ。
>>78さんの言ってる事を俺が分かりやすく書いてやるよ。
辛い事があると、酒を飲んで忘れようとする人がいる。
酒については根拠がある。
だから、酒を飲んで辛い事を忘れようとするのは現実逃避ではない。
そういうのは現実逃避じゃないかと、誤解してる人がいるが
ほんとは現実逃避ではない。
根拠のない神なんかを信じて辛い事を忘れようとするのは
現実逃避である。
具体例を出して、おまいの為に分かりやすく書いてやったぞ。
ほんとにバカには疲れるな。

87 :名無しさん@3周年:04/03/17 18:10
>>86
わかりやすいが、言葉使いをもう少し丁寧にしたら良かったね(w

88 :名無しさん@3周年:04/03/17 18:11
>>86
>酒については根拠がある。
酒の何についての根拠か不明。

酒の存在?  酒の効用?

89 :名無しさん@3周年:04/03/17 18:12
>>86
文章力。。。

90 :名無しさん@3周年:04/03/17 18:13
>>88
どちらもだろ。
それに、酒は現実の存在。

91 :名無しさん@3周年:04/03/17 18:14
>>86は、>>83より理解力があるよ。

92 :名無しさん@3周年:04/03/17 18:17
>>86
つまり、こういうことですか?

辛いことがあると、酒を飲んで忘れようとする人がいる。
その行為については、根拠もある。
だから、飲酒で辛いことを忘れようとするのは、現実逃避ではない。
しかし中には、「酒を飲んで忘れようと言うのは現実逃避ではないか」と
誤解している人がいる。
けれども、決してそうではない。
むしろ、根拠のない神を信じて、辛いことを忘れようとすることこそ、
現実逃避である。

93 :86:04/03/17 18:21
>>92
わかってるねー、その通り。
>>83のバカとは頭が違うね。



94 :86:04/03/17 18:23
とにかく、>>78さんが言ったように、
宗教なんか信じる奴は現実逃避の情けない人間だって事。

95 :名無しさん@3周年:04/03/17 18:23
>>90

「存在」とは本当は何なんだろ?
この時間、この空間で知覚出来てると信じてるものを
存在してると言っているに過ぎない。
存在していないものは何の作用もしない。
ところが、神を信じる事が何らかの作用を及ぼしている
のなら、知覚出来ない何かが存在しているとしていい。





96 :名無しさん@3周年:04/03/17 18:31
>>95
酒の存在は、誰も疑問を抱かない。
神の存在は、人によって違う。
これが重要。

97 :名無しさん@3周年:04/03/17 18:39
>>96

「存在」は観測者に左右されない。


98 :名無しさん@3周年:04/03/17 18:47
信じる、信じないで判断されるものは、
存在してるとはいえない。

99 :名無しさん@3周年:04/03/17 19:02
>>98

信じる対象は信じるという心理的作用が起こる以前に存在していなければ
ならない。 よって、信じられるものは存在する。

100 :名無しさん@3周年:04/03/17 19:02
そう、信じても信じなくても存在するのが「存在」。
ちなみに神は「存在」するよ、人間の思惑に関係なく。


101 :名無しさん@3周年:04/03/17 19:08
>>99
意味不明。ネッシーの存在を信じてる人がいればネッシーは存在するのかい。
神も宇宙人もネッシーもツチノコもにたようなものだ。


102 :名無しさん@3周年:04/03/17 19:08
>>99
> >>98
> 信じる対象は信じるという心理的作用が起こる以前に存在していなければ
> ならない。 よって、信じられるものは存在する。

1行目が全く間違いだよ。

>>100
> そう、信じても信じなくても存在するのが「存在」。
> ちなみに神は「存在」するよ、人間の思惑に関係なく。

2行目が全く論拠を欠いている。

103 :名無しさん@3周年:04/03/17 19:09
>>101

そうそう、それを結論としていいんじゃない?

神なんてネッシーやつちのこと同類。いかがわしい存在であると。

104 :100:04/03/17 19:59
>>102
目には見えないが、「働き」によって、知る人間は神の存在を知るんだよ。
その為には否定精神であれ、真剣に神の存在の有無を意識して生きることが必要。
一般的には難病の治癒や、共時性(不思議なタイミングの一致)等によって分かる。
ただ、理屈好きな人間は何にでも理屈をつけて否定しようとするけどね。


105 :名無しさん@3周年:04/03/17 20:10
神はいると思えばそれでよし。


106 :名無しさん@3周年:04/03/17 20:17
信じる信じないの前に、その存在を知ってしまったからなあ。
存在を疑ったところで否定のしようがないのさ、漏れは。

107 :名無しさん@3周年:04/03/17 20:19
クックックッ

108 :名無しさん@3周年:04/03/17 20:31
ま、邪悪な神あたりなら存在してもおかしかないかな。苦しみの拡大再生産的な食物連鎖の存在をみるとそう思うね。


109 :名無しさん@3周年:04/03/17 21:02
106と同じ経験をしたらきっと神を信じられるんだろうな。
同じ経験ができないように造られているところに秘密がありそうだ。


110 :名無しさん@3周年:04/03/17 22:12
>>104
> >>102
> 目には見えないが、「働き」によって、知る人間は神の存在を知るんだよ。
> その為には否定精神であれ、真剣に神の存在の有無を意識して生きることが必要。
> 一般的には難病の治癒や、共時性(不思議なタイミングの一致)等によって分かる。
> ただ、理屈好きな人間は何にでも理屈をつけて否定しようとするけどね。

人間にはそういう感覚器がついていないので却下。

111 :名無しさん@3周年:04/03/17 22:24
そうなのだ、愛も美もそんなものは認められる感覚器は漏れにはないのだ!


112 :名無しさん@3周年:04/03/17 22:42
>>111

オレのアタマの中には愛とか美を認める感覚器が入ってるみたい。

113 :名無しさん@3周年:04/03/18 07:01
オームの信者も神秘体験をしてしまったから、
正しいと信じるようになったんだよね。


114 :名無しさん@3周年:04/03/18 07:07
アプリオリな総合命題ってやつなんだけども、そんなものは、ない。

115 :名無しさん@3周年:04/03/18 08:05
信じたくない人は信じないでいいじゃないですか。
もっとも、かたくなな人ほど信じたときには、のめり込むものですよ


116 :名無しさん@3周年:04/03/18 08:20
「信じない」と言っている人は、悪魔に心を乗っ取られているんですよ。
本人は、「神はいない」と言っているほうが楽なんですよ。
つまり、「神」ではなく「悪魔」に心をあけわたし「現実逃避」しているんです。
本人は、気づいていないだけ


117 :名無しさん@3周年:04/03/18 08:40
1.神がいることの証明は可能か?
2.神がいないことの証明は可能か?

118 :名無しさん@3周年:04/03/18 08:49
>>117
人間の力ではどちらの証明も不可能なのでは?
いないか、いるか解らないものを信じるから信仰


119 :名無しさん@3周年:04/03/18 09:16
>>118

完全な証明が可能であるかどうかと、それが存在しないであろう事を判断できるかどうかとは
異なる。

完全な証明は不可能だが、神が存在しないことは事実上間違いない。

120 :名無しさん@3周年:04/03/18 10:03
>>119

>神が存在しないことは事実上間違いない。

間違いないと言い切るからには、その事実をあげよ。




121 :午前の散歩:04/03/18 10:10
神の存在の証明についてですが、
聖書の神に限って言うなら、
その存在を証明することは、不可能でしょう。
もしそれが出来たら、その瞬間に、神は神でなくなってしまいますから。

つまり、聖書が示す神は、創造主です。
一方、人間を含め、この世に存在するものは全て、被造物です。
創造主と被造物とは、存在形態そのものが、全く違います。
人間が、その存在を証明することが出来るのは、被造物に限られます。

ですから、あえて誤解の多い屁理屈を言うと、
「神の存在を証明できないこと自体が、神がおられることである(証明ではなく)」

結局、そういう神の「存在を信じる」か、
それとも、そういう神は「存在しないと信じるか」しかないでしょうね。

122 :名無しさん@3周年:04/03/18 11:05
>>120
> >>119
> >神が存在しないことは事実上間違いない。
> 間違いないと言い切るからには、その事実をあげよ。

あると考えるべき理由の存在しないものはほとんど間違いなく実際にも存在していない
という経験則。

123 :120:04/03/18 12:17
>>122
>経験則
帰納的に導かれたものなら、それを支持する具体例があるはずなので、
それが聞きたい。

124 :名無しさん@3周年:04/03/18 12:22
神=核

125 :名無しさん@3周年:04/03/18 12:29
>>123

オレの足の裏に500円玉がひっついていることを妄想してみたが、そう考えるべき理由は何も
なく、実際試してみたらひっついていなかった。

126 :名無しさん@3周年:04/03/18 12:32
>>123

オレの銀行口座に1億円があることを妄想してみたが、あると考えるべき理由は特になく、
「残高照会」をしてみたら、やっぱりなかった。

127 :名無しさん@3周年:04/03/18 12:33
>>123

オレの真後ろに貞子がいると妄想してみたが、そう考えるべき理由はなく、振り返ったらやっぱり
いなかった。

128 :名無しさん@3周年:04/03/18 12:43
こういう例を100万でも100億でも考えることができる。そして、存在を確認できるか確認できないか
という問題は、存在する確率の問題とは別個である以上、存在すると考えるべき理由を持たない
「神」についても、いないと見なすのが妥当な世界認識の方法だよね。逆に、そこで「いる」と考え
てしまうと、世界中に訳の分からないあらゆる存在が「いる」ことになってしまう。

129 :名無しさん@3周年:04/03/18 12:47

例えば、自分の恋人や家族はいつの間にか変装した悪魔に入れ替わっている可能性だって
完全には否定できない。もちろんそうだと考えるべき理由も根拠もないが、完全否定はできない。

だったらそう信じるのか?

信じないわけだよね。自分に都合の良いものだけを信じている。


そこにオマエら弱者の現実逃避癖が如実に表れている。

130 :名無しさん@3周年:04/03/18 12:57
>>129
悪魔に心を奪われている者よ、現実逃避をするな

131 :名無しさん@3周年:04/03/18 13:30
>>125-129

では、神でやってみて。




132 :名無しさん@3周年:04/03/18 13:37
>>131
>>128

133 :名無しさん@3周年:04/03/18 13:51
>>132

>存在すると考えるべき理由を持たない
>「神」についても、いないと見なすのが妥当な世界認識の方法だよね。
>逆に、そこで「いる」と考え
>てしまうと、世界中に訳の分からないあらゆる存在が「いる」ことになってしまう。

つまり、神については「いる」とも「いない」とも言えないということ。

134 :名無しさん@3周年:04/03/18 14:09
>>29
もちろん否定は出来ない。
しかし、悪魔である場合は必ず犯罪を犯したり、
犯罪までいかなくても、人に迷惑をかけたりするので、
悪魔である事が判ってしまう。
だから、そういう事をしない人間は悪魔ではないと判断できる。

135 :名無しさん@3周年:04/03/18 14:47
>>133
http://research.kek.jp/people/morita/phys-faq/ockham.html

136 :名無しさん@3周年:04/03/18 14:48
>>134
悪魔は君の周囲の人間に成り代わって、君を少しずつ洗脳しているのだよ。
それと分かるような行動をするはずがなかろー。

137 :名無しさん@3周年:04/03/18 15:17
>>134
悪魔は必ず犯罪を犯し、人に迷惑をかける行為に及ぶと、あなたが決めているだけ。

138 :名無しさん@3周年:04/03/18 15:22
犯罪を犯したり、人に迷惑をかける人は、
悪魔に取り付かれてるのは真実。

139 :名無しさん@3周年:04/03/18 15:24
>>138
真実と言うからには、証拠があるのでしょうね。
それを示してください。

140 :名無しさん@3周年:04/03/18 15:28
悪霊につかれてる人なら見えるからわかるよ
見えるものの証拠を挙げろと言われたら普通は無理

141 :名無しさん@3周年:04/03/18 15:28
証拠は、犯罪を犯したり、人に迷惑をかけること。

142 :名無しさん@3周年:04/03/18 15:35
>>140
その「見えるもの」が悪霊と、なぜ分かる?
それに、悪霊が現実に存在するということは、ある空間をその悪霊が占めている、ということ。
つまり、物理現象として悪霊そのものを観測できるわけで、
その観測結果を証拠として出すことは、可能なはずだが?

>>141
だから、それが悪霊の仕業だという証拠を見せて欲しいと。

143 :名無しさん@3周年:04/03/18 15:39
>>142
霊を観測結果として残す方法を教えてケロ
悪霊や雑霊はキモイから簡単にわかる

144 :名無しさん@3周年:04/03/18 15:39
>>142
あなた自信が証拠

145 :名無しさん@3周年:04/03/18 15:44
>>142
犯罪を犯したり、人に迷惑をかけるのは、
悪魔しかいないから。

146 :名無しさん@3周年:04/03/18 15:45
>>145
おれはオマエの勝手な思いこみ。

オレの知ってる悪魔は早朝に駅前のロータリーを掃除している。

147 :名無しさん@3周年:04/03/18 15:50
>>143
それを聞いているんですよ。

この手の話をすると、必ず次のような話になる。

太郎「俺は赤い花が好きだ。」
花子「どうして?」
太郎「赤い色が好きだからだ。」
花子「なぜ、赤い色が好きなの?」
太郎「赤い花が好きだからだ。」
   ・
   ・
   ・
別スレ(だったっけ?)に書いた事なんだけどね、これ。

148 :名無しさん@3周年:04/03/18 15:57
>>146
それは、悪魔ではなく琢磨くんだよ。勘違いしちゃダメ。
悪魔かどうかは、正体を現した時に初めてわかる。
誰かが犯罪や人に迷惑をかけたとき、その人は悪魔だったと判る。
もし悪魔が取り付いている人間が、死ぬまで悪い事をしなかったら、
その人は悪魔じゃない事になる。
人間は、悪魔が正体をあらわしてくれなければ、見抜けない。
あと、悪魔はちっぽけな人間に正体がばれたって気にするわけはない。



149 :名無しさん@3周年:04/03/18 15:59
>>148
警官がいても、平気で悪い事をするような奴みたいなもんか。
または、先生がいても平気で悪い事をするような生徒みたいなもんか。

150 :名無しさん@3周年:04/03/18 16:06
>>148

悪魔を自分勝手に定義すんなコラ。オレ悪魔だけど、犯罪とかするヤツ嫌いだよ。

犯罪はダメ!絶対。

151 :名無しさん@3周年:04/03/18 16:07
書いていて思ったんだが、「犯罪を犯す」って、「馬から落馬」みたいだね。

152 :名無しさん@3周年:04/03/18 16:09
ところで、>>129で書いたオレの話がだいぶヘンな方向に進んでいるような気がするのは気のせい?

153 :名無しさん@3周年:04/03/18 21:06
>>152
んなこたーない。

154 :名無しさん@3周年:04/03/18 22:37
>>150
結局、悪魔ってどういう事をする存在何だ?

155 :名無しさん@3周年:04/03/18 22:54
>>154
ん?だから、駅前の掃除だよ。

156 :名無しさん@3周年:04/03/19 07:59
>>154
罪全般

157 :名無しさん@3周年:04/03/19 08:42
>>154
刃物で人を傷つけた犯罪者は「声がしたから刺した」と言うことがある。


158 :名無しさん@3周年:04/03/19 13:46
殺戮の宝庫、食物連鎖を生み出したのが悪魔。



159 :名無しさん@3周年:04/03/19 14:25
>>154
こいつが全ての元凶。と人間に言わせる。

160 :名無しさん@3周年:04/03/19 14:32
>>154
人間の悪事を責任転嫁するために使ったり、宗教の違いを理由に人を虐げるのに使ったり
するもの。

161 :名無しさん@3周年:04/03/19 14:41
>>160
そうやって悪魔は君の心に働いて自分の正体を隠そうとする

162 :1:04/03/19 17:13
ふむふむ

163 :名無しさん@3周年:04/03/19 17:16
こう言うスレをたてるひと

164 :名無しさん@3周年:04/03/19 17:22

実はオレたちは、アジア人だという理由でネオ・ナチス帝国の収容所に入れられた人間で、
実験動物として扱われている。脳に電極をぶち込まれて、仮想現実によって、様々な状況
に対する身体的反応の実験に使われているのがオレたちなのだ。俺たちが現実だと思い
込んでいるものは全て、ドイツ人どもが作り出した偽物の現実。

・・・という話には、そうだと考えるべき必然性はないが、そうではないという証拠がない。

一方、「神様がいる」という話には、そうだと考えるべき必然性はないが、そうではないという
証拠がない。

つまり、神様がいると信じているヤツは、上に示したドイツ人の犯罪について信じ込まなければ
ならない。

165 :名無しさん@3周年:04/03/19 17:28
>>164
神様、どうか164の悪霊をおいはらいください。

166 :唯一神ぼるじょあ:04/03/19 17:30
  \  |  / 
  ― (⊂⊃)―
    ∧_∧
   ( ・3・ ) 信じるものはみな救われるYO
   (    )
   | | |
   (__)_)

167 :名無しさん@3周年:04/03/20 03:55
神の子です、私やあーなた〜♪

168 :無神論の神:04/03/20 05:42
>>165
私は存在しないので、>>164 を祓うことはできません。あしからず。

169 :名無しさん@3周年:04/03/20 05:45
そう言って>>167 は親を捨て、教団に。。。


170 :名無しさん@3周年:04/03/20 07:41
もしもし、こちらパナソニック研究所

171 :名無しさん@3周年:04/03/20 07:43
パナ「ソニック」は別に問題ではないのだが。

172 :名無しさん@3周年:04/03/20 09:29
>>171
普通に突っ込まれると痛い

173 :名無しさん@3周年:04/03/20 09:56
>>172
ちゃんとグリセリンをぬってからにしなさい
さもないと、痔になるよ

174 :名無しさん@3周年:04/03/20 13:35
         : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        Λ_Λ . . . .: : : ::: : :: ::::::::::::::::::::::::::::::
       /:彡ミ゛ヽ;)ー、 . . .: : : :::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .::::::::
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l . :. :. .:: : :: :: :::::::: : ::::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄ (_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄ ̄
もう、おそいよ

175 :名無しさん@3周年:04/03/20 14:28
>>173
どっちが?

176 :164:04/03/20 14:34
全然反論をもらえないな。

要するに、>>164で書いたことは、「そうだと考えるべき必然性はないが、完全否定もできないもの
など、無限に考え出すことができる。「神様」もそうだし、「ドイツ人の犯罪」もそうだ。だとすると、
オマエらが神様だけ信じ込み、ドイツ人の犯罪については断じて信じない理由は何?」ということ
なんだが、その理由はどこにあると思う?

177 :ネットサーファー@~ノ國:04/03/20 16:25
神の声がドイツ語ではなく、日本語だったからだよ。

178 :名無しさん@3周年:04/03/20 16:50
>>177
日本語を話せるドイツ人もいるだろ。そんな下らないツッコミは今度にしてくれ。

ドイツ人でも何でもいいんだ。必然性はないが、そうでないと証明できないものであれば、
「なんでもいい。」

分かった?

179 :名無しさん@3周年:04/03/20 18:04
人というものは信じたいものを信じ、信じたくないものは信じないものさ。
それが理由。簡単なことだ。


180 :リババソリババソ:04/03/20 18:05
痛い>>1 がいるスレはここでつか?

181 :名無しさん@3周年:04/03/20 18:30
>>179

世界は我々の願望とは独立に動いている。どんなに急いでいても、信号が青の時もあれば、
無情に赤になるときは容赦なく赤になる。

したがって、「信じたいから信じた」ものは大概間違っている。

で、結論は「神がいる」という仮説は願望に導かれた間違った仮説であるということだね?

182 :名無しさん@3周年:04/03/20 18:48
>>181
この世界があるということ自体、存在自体が「一者」
の存在証明だ。無から有が生まれた。有が始めから有である。
この2つは人間の観念内ではどちらも正しいしどちらもまちが
っている。だから「神は存在する」と経験論的、または合理的
に書き表してもまちがいではない。

183 :名無しさん@3周年:04/03/20 18:59
神は「いなければならない。」「いるとしなければならない。」

これが結論だ。神を信じなければ人間社会は崩壊する。

184 :名無しさん@3周年:04/03/20 21:48
>>181
神もドイツ人の犯罪も信じようが信じまいが個人の問題だ。考えるべき必然性はないが、完全否定もできないものというやつだな。
信号が赤とか青とかという問題とは次元が違う。
個人の問題でおさまるものは信じたいものを信じ、信じたくないものを信じないということだよ。
もしなんでもかんでも信じなくてはならないのなら、キリスト教も仏教もイスラム教も儒教もゾロアスター教も全部
信じなきゃしけないってことになるぞ。




185 :名無しさん@3周年:04/03/20 22:02
>>183
なるほど ゼウスやアポロン 天照大見神 七福神などは いなければならなない、いるとしなければならないわけか。



186 :名無しさん@3周年:04/03/21 00:09
>>184

そこで言っているのは、実際の世界のあり方との関係性を失った「空想」の話だよね。

そして、実際の世界と食い違った世界像を勝手に空想することは確かに自由だが、我々は
自らの世界像が実際の世界と食い違わない方が良いという価値基準を持っていたはずだ。
その基準はいつのまに、どこに置き忘れられてしまったんだろう?

187 :名無しさん@3周年:04/03/21 00:48
神は宇宙の外にあると考えられると同時に人間の内にもあり
人は神の一部であり、神は内より人に働きかける。
良心の声は、まさに自己の内に住み着く神のようなものである。

188 :名無しさん@3周年:04/03/21 01:01
神の存在を示唆するかのような奇妙なものはある。
もう少し時が立てば色々と輪郭が見えてくるのではないだろうか。
その点で何かと楽しみな時代ではある。

189 :名無しさん@3周年:04/03/21 01:05
別に世界像が違っているわけではないと思うぞ。その世界像の存在原因に神をおくか、偶然をおくか、他のものを
おくかの違いだ。世界像自体は共通さ。


190 :名無しさん@3周年:04/03/21 06:53
宗教が乱立しすぎている

191 :名無しさん@3周年:04/03/21 15:43
>>189
世界を統括する人格的存在がいるという世界像と、そんなものはいないという世界像。
全然ちゃうやん。

192 :名無しさん@3周年:04/03/21 15:56
同じだよ。人格的存在がいようがいまいが、この世界を縛っている物理法則、化学法則がかわるということはない。




193 :名無しさん@3周年:04/03/21 19:30
>>192
後半について、物理学者はそれほど自信をもっているわけでもない。

194 :名無しさん@3周年:04/03/22 07:58
人格的存在って何だ? こんなものは人間のレベルでしかないじゃないか。
神格的存在なら最高の存在といえるが。


195 :名無しさん@3周年:04/03/23 18:14
>>193
192の比較対象は人格の有無。

196 :名無しさん@3周年:04/03/24 03:12
>>194
神を「神格的」とか「神様みたいだ」と言ったら変だろ。

197 :名無しさん@3周年:04/03/25 17:22
正直、いてもいなくてもどっちでもいい

いたら、「ああ、いたのか」
いなければ、「ああ、いたんだ」

俺にとってそれくらいの存在。
いや、存在かどうかもわからない単語。

198 :名無しさん@3周年:04/03/25 23:21
>>197
人生の根幹において神様の概念に依存しきっている人間がこの世には大勢いるんだよ。


199 :名無しさん@3周年:04/03/26 00:42
生まれたときから神はいるいるいるいると教育されて育つと依存しきる人間になっても仕方ないことだろうね。


200 :岐阜林檎(251日) ◆AOO....99o :04/03/26 01:24
居ないということを前提に考えると、居るんだよ。
居ることを前提に考えるのは只の思考停止だろ?

201 :名無しさん@3周年:04/03/26 13:19
どのようにすることが神の喜びなのだろう。
そう考えて日々暮らしているよ。




202 :名無しさん@3周年:04/03/26 13:20
>>201

目から鱗。

203 :名無しさん@3周年:04/03/26 17:27
>>201
神のために人間がいるわけではない。
人間の為に神がいる。

204 :名無しさん@3周年:04/03/26 17:31
いるはずねえだろう゛ぉけ。

http://news.goo.ne.jp/news/kyodo/kokusai/20040325/20040325a3270.html

205 :名無しさん@3周年:04/03/26 17:56
神を見たことはない。


206 :名無しさん@3周年:04/03/26 20:07
盲目の人にも耳の聞こえない人にも
幼い子にも、文字も読めない人にも
神はあらわれる。
ただ、慢心している人には無理かも。

207 :名無しさん@3周年:04/03/26 20:19
宗教によっては神を外部にはもとめない。神は己の中にありというやつだな。


208 :名無しさん@3周年:04/03/26 20:27
困った時にしか出て来ない。

209 :名無しさん@3周年:04/03/26 22:32
神様のいるとこ知ってるけど教えない

210 :名無しさん@3周年:04/03/27 03:09
神の定義教えれ。
話はそれからだ。

漏れは多神教派。
すべてのものに神が宿ってるって考え方、好き。

211 :岐阜林檎(251日) ◆AOO....99o :04/03/27 03:23
>>210
この世はなぜ無ではないのか。
この世の存在全てが無駄なものではないのか。
その無駄が神。

212 :名無しさん@3周年:04/03/27 06:17
太陽系においての地球と太陽の位置関係とか、進化論について、いわゆる「運命的な出会い」についてとか、
「神がかり的な物」に触れた時に神を感じると思う。
多数決で神が生まれる訳では無いと思うし、そもそも神って何なのか解んないし。
今の価値感でそれでいいのか、と思う神話も沢山ある。

ただ、俺が思うのは「いた方が面白い」という事。
天罰というものは生きている間にあるから意味が有るのでは?と思うし、
神がいるなら歴史上の大量虐殺を防げたのでは?とも思う。

たとえば、「幾らでも人間が死んでも気にしない神様」だったら?

誰か自分の腸内細菌が死んだからって涙する人間がいるか?
でも、そんなヤツがいた方が「面白い」と思わない?
それが俺の信じる「神様のいる理由」。

213 :名無しさん@3周年:04/03/27 10:56
i人間が死んでも気にしない神というより人間が死ぬのがをむしろ楽しむのが神かもよ。なにせ人間は絶対死ぬからね。



214 :@~ノ國:04/03/27 11:26
神は、ヒトに性交という楽しみを与え、子供を育てるという楽しみを与えるために
ヒトが死ぬように仕組んだのです。
しかし、国家神道は人に非生産的な死を強制しました。

215 :名無しさん@3周年:04/03/27 21:20
「非生産的な死」ねえ・・・
人里にトラが出てきて自分の家族を守るために刺し違えて死んだ、とかって
駄目な事なのか?
死んでいった人たちは同じような気持ちだったと思うが。
某北の国で馬鹿な将軍様のせいですさまじい数の飢え死には別にいいの?

まあ、性別があるのも病気への耐性のためらしいが。
1種類の遺伝子より、交配して色んな種類の遺伝子の方が生き残る率が高い。


216 :名無しさん@3周年:04/03/31 18:12
>>212
なんか勘違いしてると思うが、生物のいる地球という惑星が「たまたま」
太陽から適度な距離に位置したのではなくて、地球が太陽から適度な
位置にあったから生物が生まれたんだよ。
進化論についてもそう。
キリンの首が長いのはたまたまそれが生存に有利な形質だったから。
別に超自然的な力が働いた訳じゃない。あえて言うなら淘汰圧。
そこに神だの何だの感じるのはナンセンス。





217 :名無しさん@3周年:04/03/31 18:54
神が存在をるおしつけるのも、すべてはたまたまだとおしつけるのも同じ穴の狢。



218 :名無しさん@3周年:04/03/31 20:10
>>217
押し付けとか言われても困る。
蓋然性の低い考えは棄却されるべきじゃないか?


219 :名無しさん@3周年:04/03/31 21:23
>>218
実験室系でもないのに何で?

220 :名無しさん@3周年:04/04/02 20:24
――神とは何でしょうか。
「神とは至高の知性――全存在の第一原理です」

――無限というものをどう理解すればよいでしょうか。
「始まりも終わりもないもの、計り知れないもの、知り尽くし得ないもの、それが無限です」

――神は無限なる存在であるという言い方は正しいでしょうか。
「完全な定義とは言えません。人間の言語の貧困さゆえに、人間的知性を超越したものは定義できません」


221 :名無しさん@3周年:04/04/02 20:25
――神が存在することの証拠として、どういうものが挙げられるでしょうか。
「地上の科学的研究の全分野における大原則、すなわち“原因のない結果は存在しない”、これです。何でもよろしい、人間の手になるもの以外のものについて、その原因を探ってみられることです。理性がその問いに答えてくれるでしょう」

――神の実在を人類共通の資質である直観力で信じるという事実は何を物語っているのでしょうか。
「まさに神が実在するということ、そのことです。なんとなれば、もしも実在の基盤がないとしたら、人間の精神はその直観力をどこから得るのでしょうか。その直観力の存在という事実から引き出される結論が“原因のない結果は存在しない”という大原則です」

――神の実在を直観する能力は教育と学識から生まれるのでしょうか。
「もしそうだとしたら原始人がそなえている直観力はどうなりますか」

――物体の形成の第一原因は物質の本質的特性にあるのでしょうか。
「仮にそうだとしたら、その特性を生み出した原因はどうなりますか。いかなる物にもそれに先立つ第一原因がなくてはなりません」

――造化の始源を気まぐれな物質の結合、つまりは偶然の産物であるとする説はいかがでしょうか。
「これまた愚かな説です。良識をそなえた者で偶然を知的動因とする者が果たしているでしょうか。その上、そもそも偶然とは何なのでしょう? そういうものは存在しません」

――万物の第一原因が至高の知性、つまり他のいかなる知性をも超越した無限の知性であるとする根拠は何でしょうか。
「地上には“職人の腕はその業を見れば分かる”という諺があります。辺りをごらんになり、その業から至高の知性を推察なさることです」


222 :名無しさん@3周年:04/04/02 20:26
――神の根源的本質は人間に理解できるでしょうか。
「できません。それを理解するための感性が人間にはそなわっていません」

――その神の神秘はいずれは人間にも理解できるようになるのでしょうか。
「物質によって精神が曇らされることがなくなり、霊性の発達によって神に近づくにつれて、
少しずつ理解できるようになります」

――たとえ根源的本質は理解できなくても、神の完全性のいくばくかを垣間(かいま)見ることはできるでしょうか。
「できます。いくばくかは。人間は物質による束縛を克服するにつれて、神性を理解するようになります。
知性を行使することによってそれを垣間見るようになります」

――神とは永遠にして無限、不変、唯一絶対、全知全能、至上の善と公正である、
と述べても、属性の全てを表現したことにはならないでしょうか。
「人間の観点からすればそれで結構です。そうした用語の中に人間として考え得る
かぎりのものが総括されているからです。
 ですが、忘れてならないのは、神の属性は地上のいかなる知性をも超越したものであり、
人間的概念と感覚を表現するだけの地上の言語をもってしては、絶対に表現できないということです。
 神が今述べられたような属性を至高の形で所有しているに相違ないことは
人間の理性でも理解できるはずです。そのうちの一つでも欠けたら、あるいは無限の形で所有
していないとしたら、神は全てのものを超越することはできず、従って神ではないことになります。
全存在を超越するためには神は森羅万象のあらゆる変化変動に超然とし、想像力が及ぶかぎりの不完全さの
一つたりとも所有していてはなりません」


223 :名無しさん@3周年:04/04/02 20:28
――神は物的宇宙とは別個の存在でしょうか、それとも、ある一派が主張するように、宇宙の全エネルギーと知性の総合体でしょうか。
「もしも後者だとすると、神が神でなくなります。なぜなら、それは結果であって原因ではないことになるからです。
神は究極の原因であって、原因と結果の双方ではあり得ません。
 神は実在します。そのことに疑いの余地はありません。そこが究極の最重要ポイントです。
そこから先へ理屈を進めてはいけません。出口のない迷路へと入り込んでしまいます。
そういう論理の遊戯は何の益にもなりません。
さも偉くなったような自己満足を増幅するのみで、その実、何も知らないままです。
 組織的教義というものをかなぐり捨てることです。考えるべきことなら
身の回りにいくらでもあるはずです。まず自分自身のことから始めることです。
自分の不完全なところを反省し、それを是正することです。その方が
、知り得ようはずもないことを知ろうとするよりも、遥かに賢明です」

――自然界の全ての物体、全ての存在、天体の全てが神の一部であり、
その総合体が神であるとする、いわゆる汎神論はどう理解すべきでしょうか。
「人間は、所詮は神になり得ないので、せめてその一部ででもありたいと思うのでしょう」

――その説を唱える者は、そこに神の属性のいくつかの実証を見出すことができると公言します。
例えば天体の数は無限であるから神は無限であることが分かる。真空ないしは虚無というものが
存在しないということは、神が遍在していることの表れである。神が遍在するがゆえに万物は神の
不可欠の一部である。かくして神は宇宙の全ての現象の知的原因である、と。これには何をもって反論すべきでしょうか。
「理性です。前提をよく検討してみられるがよろしい。その不合理性を見出すのに手間は掛かりません」



224 :名無しさん@3周年:04/04/04 14:58
やはり神は全知全能なのなのだろうか?

225 :!( ゚Д゚)ゴルァ!! ◆U1aFo/7HqE :04/04/04 15:10
>>224
「全知全能だ」!( ゚Д゚)ゴルァ!!


というと必ず決まったレスが返ってくるのだ!( ゚Д゚)ゴルァ!!

226 :名無しさん@3周年:04/04/04 19:17
想定されるレス↓
だったら「何でも貫く矛」と「どんな矛でも貫けない盾」をつくれ!


227 :名無しさん@3周年:04/04/04 20:35
オッケー。
宇宙の果てにどんな矛でも貫けない盾を置いた。
宇宙の反対の果てに何でも貫く矛を置いた。
神は矛盾には興味を示さないから、人間が取って来なくてはならない。
数億光年の彼方までご苦労さま。

228 :名無しさん@3周年:04/04/04 20:39
>>227
宇宙が閉じてたらどうすんだよ。

229 :名無しさん@3周年:04/04/04 20:44
>>227
ブラックホールとホワイトホールで代用

230 :名無しさん@3周年:04/04/05 00:35
神が存在しない
だが何も不安になることはない…

その代わり社会には
法律があり、道徳があり、哲学があり、科学がある。
そして人の心と頭には
愛があり、善があり、怒りと悪を制御する理知がある。

「神」というものなどよりも「人」というものを信じるべきではないのだろうか。


231 :ネットサーファー@~の國:04/04/05 00:43
人の築いた堤防はいつか壊れ、
最後には、神の意志のままに水は流れるのです。

232 :名無しさん@3周年:04/04/05 01:04
「神の意思=自然の摂理」だと思う。
そして実は人も自然の一部である事には違いなく、自然の摂理に反すれば
忽ち自然からのしっぺ返しに見舞われることになるのが摂理。
人は如何にして自然であれるか。如何にして正しい秩序を築けるか。ということではなかろうか。


233 :名無しさん@3周年:04/04/05 01:11
人が信じるべきは神ではなく善なる心を持つ人であり
人が恐れるべきは神の怒りではなく善なる人の怒りである

「善なる人々が行動を怠れば必ず悪が勝利する」エドマンド・バーク

234 :くそ、これだけは書いとく:04/04/05 10:57
おまえのせいでどれだけつらいめに合されたのかわかってんのか。
ここへきておまえから死の宣告をうける俺の気持ちがわかるか。
てめえは死ね。おまえのせいで俺はすべてを奪い取られているんだ。
わかってんのか。で、おれはおまえに全部かえせといった。が、
おまえのようなやつとは、もうかかわりたくないのでおまえとの関係
を絶縁した。もういい、ほんといったら、おまえから返してももらわ
ないといけないものが山のようにあるけど、おれは一切それを放棄
する。その代わりもう俺に一切かかわるな。俺の人生に口出しするな。
おまえの厄介で身勝手な人殺しの公正を2度と俺に振りかざしてくるな。
今度こそ絶縁だ。もう2度とおまえにはかかわらない。でてくるなよ。



235 :名無しさん@3周年:04/04/05 13:38
>>233
善とはそもそも何?

236 :名無しさん@3周年:04/04/05 13:38
>>232
> 「神の意思=自然の摂理」だと思う。

根拠なしですな。却下。

237 :名無しさん@3周年:04/04/05 13:40
>>233
善悪の基準がひとによって違うから争いがおきるわけだが。


238 :名無しさん@3周年:04/04/05 13:43
>>237
善悪の基準はどうして人によって違うのだろうか?また、それを揃えることは可能だろうか?
それを揃えることはいいことだろうか、悪いことだろうか?

239 :名無しさん@3周年:04/04/05 16:31
>>236
神は脳内の存在で実際には居ないから。
自然の摂理を神の意思に喩えていると解釈できる。

240 :名無しさん@3周年:04/04/05 16:35
>>239
しかし、わざわざ「自然の摂理」を「神の意志」と呼び変える上で、心的態度において本質的
変化がないとは思えない。

241 :名無しさん@3周年:04/04/05 16:37
>>238
それぞれが集団を作り、そこに所属すると言う形で揃えるのが良い。
でも集団同士は出来るだけバラエティに富んでいる方がええと思うんだけど。
どないやねん。
>>239
イコールはリコールされたとも解釈できる。

242 :名無しさん@3周年:04/04/05 16:45
いずれにしても人間の言う「自然」とは人間の手が加わった自然だろうね。

243 :名無しさん@3周年:04/04/05 16:49
梵我一如、ブラフマン=アートマン
神は我々の心の中に宿っている。

244 :名無しさん@3周年:04/04/05 16:55
>>238
善悪の基準を示すのはやはり「法律」ですよ。
国と国の関係の場合は「国際法」だし。
人と人・国と国が関係する場合には交通ルールの様な規範が必要という事ですね。

245 :名無しさん@3周年:04/04/05 17:11
>>242
「自然の摂理」が何かという事を知るのが人間の課題であって
それはあらゆる場面に於いて問題解決のヒントにもなるものではないか。

この意思決定は「自然の摂理」に反しているかどうか…とか。

それは先ず人が自然の一部であることを認識することから始まるのだろうが。

246 :名無しさん@3周年:04/04/05 17:14
【全ての基準は「自然か不自然か」】というのはどうだろう。

247 :!( ゚Д゚)ゴルァ!! ◆U1aFo/7HqE :04/04/05 17:16
>>244
戦争の善悪を法律で決めてくれ!( ゚Д゚)ゴルァ!!

248 :名無しさん@3周年:04/04/05 17:17
>>245-246
自分の教団以外は全て悪だと聞こえる。
カルトだとしか言いようが無い。
自然である事より無作為である事が大事。

249 :名無しさん@3周年:04/04/05 17:43
「善悪の基準」や「神の意思」を知るよりも「自然の摂理」を知る方が先決で分かり易いかもしれないよ。

250 :名無しさん@3周年:04/04/05 17:46
弱肉強食は自然の摂理だが、人間社会では必ずしも善とはいえん。


251 :名無しさん@3周年:04/04/05 17:50
>>249
だったら遠近があるわけでしょ。
イコールで結ぶとその遠近が捨象されてしまうから駄目。

252 :名無しさん@3周年:04/04/05 17:51
神が絶対であると同様に「絶対の自然」というものが有りはしないか。
自然だと思っても実はそれが不自然だったり
不自然だと思っても実はそれがしぜんだったり
「絶対の自然」が何かを考える人間の姿こそ本当の自然な人間の姿なのではないだろうか。


253 :名無しさん@3周年:04/04/05 18:02
世の中の全ての事象に於いて「自然か不自然か」は「善か悪か」より分かり易い物差かもしれないね。

254 :名無しさん@3周年:04/04/05 18:03
>>252
君は君の道を行くがいい。
絶好の釣り餌にされるだろうから。

255 :名無しさん@3周年:04/04/05 18:14
神が居ないとする以上、人間社会にはそれに変わる規範というものが必要なんだよ。

256 :名無しさん@3周年:04/04/05 18:17
規範の前に有るのは道徳であり哲学であるというのは勿論の事だが。

257 :名無しさん@3周年:04/04/05 18:18
>>255
その時点でやっと「ダウト」と言えるようになる。
それは理解して欲しいな。

258 :名無しさん@3周年:04/04/05 18:23
いや、規範に絶対は無いよ。それだけは言える。

259 :名無しさん@3周年:04/04/05 18:42
神は全ての人に平等ですか?

260 :名無しさん@3周年:04/04/05 19:02
>>258
「規範=ルール」だから、とりあえず絶対じゃないと効力が無いでしょ。
あくまでも「とりあえず」だが…。
つまり、絶え間ない見直しによる絶対の追求というものが必要という事ではないのかな。

261 :名無しさん@3周年:04/04/05 19:03
少なくとも自然任せでは、人は向上しないな。
そういう時に神が必要だ。私はそう思う。

262 :名無しさん@3周年:04/04/05 21:44
神任せこそが自然任せなんじゃないかな。
神が居ないとすればこそ、崇め恐れるべき対象は自然であって、
自然の摂理の真髄を知る事こそが人の向上になるのではないだろうか。

「神の意思=自然の摂理」ということでもいいんだけれど。
神にも色々あったりするから、それよりも、その基であるところの自然という意味で。

263 :名無しさん@3周年:04/04/05 21:49
神が居ないとしたならば人は神(自然)任せにしなくなって
己の成すべき事柄がより明確になりより努力することにもなるのでは。


264 :安部清明:04/04/05 21:59
久々に覗いたら相変わらずこのようなスレが立っておるか・・・

嫌いではないが(w

レス番貼るのダルイので省略するが、
上の方の誰かがカキコした「在ると言えば在り、無いと言えば無い」というのが
しっくりくるな。

265 :名無しさん@3周年:04/04/05 22:06
>>263
「自然の摂理」だと貪欲を肯定してしまうのがネックだと思う。
太く短く。って感じ。

266 :名無しさん@3周年:04/04/05 22:10
>「在ると言えば在り、無いと言えば無い」

人の思いの中にしか存在しないということだよね。

267 :安部清明:04/04/05 22:18
>>266
そうだな。

もう少し言えば「神」とは「人の心」の生み出したものとも言える。
「鬼」もまたしかり。

ここで重要なのは「神」という「名称」である。

「神」を「信じる」
これはその者にとって自由であり、その者にとっての拠り所であるかも知れない。
よってとやかく言うのは無粋だな。

「神」が「いる」
これが議論を呼ぶところだが、そもそも「神」とは何だ?
誰もが共通の認識で「神」を捉えているのであろうか?
おそらくは共通のイメージを持つ者はこのスレには二人とおるまい。


268 :名無しさん@3周年:04/04/05 22:18
>>266
人の情報処理パターンが在ると無いとを形成しているんだと思うよ。
全人類だって、在ると言えばあるし、無いと言えば無い。

269 :名無しさん@3周年:04/04/05 22:27
>>265
>太く短く。って感じ。

前世・後世・輪廻転生、現世で徳を積めば後世で報われ、徳を落せば後世に祟る、でしょ。
それだと前世で徳を積んだ者が現世でそれこそ太く短くって感じになるのよ全くもって。

それよりも現世で全て清算するべく人は何事に於いても努力するべきものではないのでしょうか。

神まかせでなく。

270 :安部清明:04/04/05 22:36
連続カキコすまぬが・・・・

>>265
例えば身近な例を挙げれば生きとし生けるものは皆いつかは死ぬな。
これは「自然の摂理」と言えるであろう。
この点に依存はあるまい。

いのちに限らず、この大地、宇宙、すべてのものに何らかの「力」「摂理」が
働いていると感じることはないか?
そのような「力」「摂理」が存在することに異議はないな?

それを「神」と呼ぶと「定義」するならば「存在」するとも言えるであろう。
やや強引だがな(苦笑)

結局のところこのスレや神は存在しないスレ等がこのような様になるのは
ここに起因しているのだよ。

この定義自体がずれていれば噛み合おうはずもなし。

かく言う俺は「個人的」には人格神には否定的なスタンスだがな。
しかし信心によって良き道へと進むのであれば特に否定はせぬ。
信心が目的に摩り替わってしまっては何にもならんがな。

271 :名無しさん@3周年:04/04/05 22:38
>前世で徳を積んだ者が現世でそれこそ太く短くって感じになるのよ全くもって

前世でポイント稼いだ香具師が現世でポイント使いまくってお咎めなしということね。
悪事を働いて報われたまま大往生する香具師ってそういうことね。
そんなの許せないし理不尽だからして「後世はポイント無しよ」「マイナスかもね」と。

大した努力もしないくせに報われない正直者の戯言にしか聞こえないんだけどな。

272 :安部清明:04/04/05 22:38
どうも先ほどからレスの内容が微妙にかぶるのう(苦笑

273 :安部清明:04/04/05 22:48
どうも>>265の言わんとしたことを取り違えていたようだな・・・

個人的な意見と前打って書いておこう。

「自然」、例えば地震等の災害は人を選り好みして発生するであろうか?
答えは「否」だな。

因果応報に代表される現世における「因」が来世などに「果」として己に必ず
返ってくるというのは「方便」と取れなくも無い。
しかしそれはあくまで「自然の摂理」というレベルからの捉え方からすればの話だ。

結局偉人たちはどのように人を導くか、また、どのようにあるべきか考えた上で
このような言葉を残したのではなかろうか。

どうも今日は説教くさくなっていかんな(w
駄レス失礼した。

274 :天草四郎時貞:04/04/05 22:49
輪廻転生って無いのかよッ!

275 :安部清明:04/04/05 22:51
>>274
おぬしは「魔界転生」が似合いであろうが(w


懐かしいな(笑)

276 :名無しさん@3周年:04/04/05 22:52
あんたら映画界で張り合ってなよ。(w

277 :あずみ:04/04/05 23:08
きっさま〜ーーーーーッ!

278 :安部清明:04/04/05 23:16
>>276
あの映画は・・・ 微妙な感じだったな・・・
陰陽師は夢枕獏の原作に限るな。


って激しくスレ違いだが(w

279 :265:04/04/06 01:23
>>273
んーと。そうだな。私のイメージだと、

自然の摂理って奴を床屋で散発しているお客の顔に譬えると、
神って言うのはその顔に当てられた蒸しタオル
みたいなもんじゃないかなって思ってる。

280 :名無しさん@3周年:04/04/06 11:56
人の感情や思考が自然の摂理にどう適っているかは
問題解決とかに於いて面白い判断基準かもしれないね。
どちらが自然か。いったい何が不自然か。とか。

281 :名無しさん@3周年:04/04/06 23:35
神なんて居なくてもゼンゼン平気。神(゚听)イラネ

イラクの馬鹿騒ぎ見てみ。
神に祈ってるの馬鹿ばっかじゃん。


282 :名無しさん@3周年:04/04/06 23:46

神(゚听)イラネ

2チャンでこんなこと言われちゃってますよ。神さんよ。

283 :名無しさん@3周年:04/04/07 00:17
神(゚听)イラネ

284 :名無しさん@3周年:04/04/07 12:49
イラクにはある意味
神がいるな あれだけ神を理由に騒げりャ
大したもんタイ

285 :名無しさん@3周年:04/04/07 13:26
居ると思ってるだけだろうが。

286 :名無しさん@3周年:04/04/07 14:23
神(゚听)イラネ

神の名を借りて戦争をそれぞれに正当化。神という概念の曖昧さ都合よさが悪を呼ぶ。
それぞれの神に加護されてると思い込んでいる馬鹿同士の罵り合い殺し合いのループ。

「神の存在」は人の思考能力や真の向上・発展にとって必ずしも有意義とは言い切れない。

しょせん発展途上の古めかしい行動規範の一手段にすぎず時代錯誤の無用の長物的存在なのかも。

287 ::04/04/07 14:36
    |        降臨スルノ マンドクセ
    |  ('A`)
   / ̄ノ( ヘヘ ̄



288 ::04/04/07 15:03
もしかして私目の役割はオワタのか?
そのうちにそんな日がいつか来るとは思っておったが。

289 :元の神:04/04/07 15:12
イラクに居るのは少なくてもこの私めではあーりませんよ。

290 :名無しさん@3周年:04/04/07 15:21
テメーの弟子なんとかしろよ

291 :名無しさん@3周年:04/04/07 16:00

 |
 |⌒彡   ……
 |冫、)
 |` /
 | /
 |/

 |
 |  サッ
 |)彡
 |
 |
 |


292 :名無しさん@3周年:04/04/07 16:03

 |
 |  サッ
 |)彡
 |
 |


293 ::04/04/07 16:23
    |        マーロニーチャン♪
    |  ('A`)
   / ̄ノ( ヘヘ ̄




294 :名無しさん@3周年:04/04/07 23:57
藁多

295 :名無しさん@3周年:04/04/08 23:18
>>290
自由を与えたので、いまさら取り上げるわけにはいかない。


296 :名無しさん@3周年:04/04/08 23:50

( ´,_ゝ`)プッ

297 :名無しさん@3周年:04/04/08 23:56

(○口○*) ポーカン

298 :名無しさん@3周年:04/04/08 23:59

そりゃないよ( ゚д゚)ポカーン

299 :名無しさん@3周年:04/04/09 01:16
本当に神はいますか?

答: 神(゚听)イラネ



300 :名無しさん@3周年:04/04/09 01:32

 |
 |⌒彡  …
 |冫、)
 |` /
 | /
 |/

 |
 |  サッ
 |)彡
 |
 |

301 :名無しさん@3周年:04/04/09 01:55
立場ねーー。(w

302 :名無しさん@3周年:04/04/09 02:40
神は漏れが気付く前から存在してるからなあ。
呼びかけに応えられるかどうか、それは心の準備ができてる人のほうが気付き易いのは確かだと思われ。

その存在となると上手く人に説明する言葉が見当たらないんだよねw
まあ時期が至れば自分を呼ぶ声に気が付くかもしれないし、空耳としてそれが呼びかけだったと気付かないかもしれないしね。

でも気付かないまでも普通に生活できてるほうがいいね。求める気持ちが先行して生活が乱れる人も少数ながら散見されるから....



303 :名無しさん@3周年:04/04/09 02:46
昔、漏れが学生の頃に教授が言ってた。
色というものは実はこの世の中に存在しないんだと。
赤や青や黄や白等の色には波動だか周波数の様な物があって
それが一つ一つ違う色に見せているそうだ。

神の存在を考えていたら、なぜかそれを思い出した。
あってない様な物、なくてある様な物。なんだろう一体。

304 :名無しさん@3周年:04/04/09 08:53
昔、漏れが餓鬼のころ、人のものを盗った事がある。
その後、いつまでも責めてくるやつがいた。
知らん振りしても、聞こえない振りをしてもつきまとう。
とうとう、心の中であやまったよ。
そうしたら、「よく気がついたね」というような
気持ちが伝わってきた。
それららば、今度は良いことをしてみようと思い
ひとの見ていないところで良いことをすると
喜んでいる気持ちが伝わってきた。
大きくなってしまうと、いろんな理由をつけて
理解しようとしてしまうが、餓鬼のころは
悪さもしたがそれなりに純粋だったなぁ。

305 :名無しさん@3周年:04/04/09 14:55
オウムの連中を全員、無罪にしない事には304も心底からは信じられん。

306 :名無しさん@3周年:04/04/10 12:26
>>305
オウムの連中が全員 子供だったら少年法に守られ刑事罰はおわなかったよ。


307 :名無しさん@3周年:04/04/10 12:28
>>303
音も匂いも温度もにたようなものだ。


308 :名無しさん@3周年:04/04/10 19:16
色や音と、
匂いや温度とは区別した方が良い。
いや念の為だけど。

309 :名無しさん@3周年:04/04/10 19:40
>>308
波をカテゴリーにするなら、温度(エネルギー)と臭い(化学物質)も区別しろよな。

310 :名無しさん@3周年:04/04/10 19:45
>>309
いや匂い(化学物質)と温度(エネルギー)は、
熱力学で言う所の示強量(示量変数)だから
同等の理論構成が可能だ。
波でカテゴリーにしているわけではない。

311 :名無しさん@3周年:04/04/11 00:22
>>303
あってない様な物→無
なくてある様な物→空
なんだろう一体→ありてあるもの

それにしても、春は花はきれいだなぁ
その神秘におもわず神に感謝するよ。


312 :名無しさん@3周年:04/04/11 01:15

 |
 |⌒彡  …
 |冫、)
 |` /
 | /
 |/


313 :名無しさん@3周年:04/04/11 01:27
それよりも自然に感謝して
自然を尊び
自然の摂理を学ぶことだね

人間も自然の一部という事を自覚して

神=自然の摂理で、不可視なもの、存在理由のための、脳内の偶像

314 :名無しさん@3周年:04/04/11 01:32

 |
 |  サッ
 |)彡
 |
 |

315 :名無しさん@3周年:04/04/11 01:38
笑わせるなよッ。w。

316 :名無しさん@3周年:04/04/12 05:59
>>313
そんなに単純なものではない。辺り憚らずが自然の摂理な訳無いからね。

317 :名無しさん@3周年:04/04/12 11:51
何もせずに自然に任せるのではなくて
自然の摂理に叶った行動を人は起こすべきということですよ。

318 :名無しさん@3周年:04/04/13 13:01
>>317
自然に神を称える言葉が出てくるのが、
自然の摂理に叶った行動なんだろうね。

319 :名無しさん@3周年:04/04/22 17:51
人はきっと何時の日か神というものから自立しなければならないのだ。マチガイナイ。んでもって…

神(゚听)イラネ

320 :名無しさん@3周年:04/04/27 02:20
菊理姫は、wmの脳内でつ

321 :名無しさん@3周年:04/05/01 00:57
9×9=81

322 :名無しさん@3周年:04/05/02 09:05
GWGWGWGWGWG

323 :名無しさん@3周年:04/05/08 13:16
神からの自立

324 :名無しさん@3周年:04/05/09 19:23
親からも自立できないヤツが
神からの自立を言うか。

つか神がいること認めてるし。

325 :名無しさん@3周年:04/05/11 11:56
 |
 |⌒彡  …
 |冫、)
 |` /
 | /
 |/

326 :名無しさん@3周年:04/05/13 01:42
この宇宙自体が意思を持った生命体だとしたら。

そうしたら
頭の悪いおまえらも神の存在が理解できるだろ。

327 :名無しさん@3周年:04/05/14 23:04
>>325
イラクのアラーはお前の弟子か。ナントカしろバカ。

328 :名無しさん@3周年:04/05/14 23:06
馬鹿に民間人の首斬らせてんじゃねーよ。

329 :名無しさん@3周年:04/05/19 15:18 ID:9tdT5geC

神(゚听)イラネ

330 :名無しさん@3周年:04/05/19 21:11 ID:kG2LGBCp
>>326
宇宙はただの物質に過ぎん。
宇宙を宇宙たらしめる存在はあるかもしれん。
仮にそのような存在がいたとしても
我々が把握しうるのはその存在の残像(影?)に過ぎない。
つまりそれがこの宇宙ということ。

331 :名無しさん@3周年:04/05/19 23:50 ID:nia+Hg1R
動物が神の存在を信じてますか?
人間もその動物の一種に過ぎません。
人間の知能が発達し過ぎたばかりに、ありもしないモノを創造したんだと思います。
神はいません。人間が創造したものです。



332 :名無しさん@3周年:04/05/20 00:02 ID:YtkaR9dq
自然が神で、それに感謝すれば良いのではないか?

333 :名無しさん@3周年:04/05/20 00:07 ID:FRXAq0zf
神が本当に存在するならば、何故障害者を作ったんだ?

334 :名無しさん@3周年:04/05/20 01:11 ID:nWE14pfs

神(゚听)イネエ

335 :名無しさん@3周年:04/05/20 01:12 ID:cVGpSEmi
>>328
馬鹿同士の宗教だからw

336 :mariai:04/05/20 01:12 ID:jfnGwiKj
神なんていませんよ。

337 :名無しさん@3周年:04/05/20 01:15 ID:Q5qaVyzS

神が居ようが居まいがお前らの人性には関係ない
居たらどうなる? 居ないとどうなる?
何か変わるのか? 言ってみ

338 :名無しさん@3周年:04/05/20 09:40 ID:dCtVq7wm
質問があります。
@神は人を作ったってキリスト教以外でいっているの?
Aもし私たちが神に作られた存在なら、製造責任は発生するの?
だとしたら神は地獄があるならそこにいるの?
Bなぜ信じるものしか救わないの?心が狭い人間のような考えだと思うのですが


339 :名無しさん@3周年:04/05/20 11:03 ID:27GpPu77
神はいなくてもいいけど、死後の世界はあってほしいな。


340 :名無しさん@3周年:04/05/20 18:01 ID:bfVKvTIj
>>338
質問は神に直接してください。
少し時間はかかるかも知れませんが必ず回答をしてくれます。

341 :名無しさん@3周年:04/05/20 23:03 ID:nWE14pfs

 |
 |  サッ
 |)彡
 |
 |

83 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)