5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【からだ】竹内レッスン(&関連団体)【ことば】

1 :名無しさん@3周年:04/04/28 21:44
元東京教育大学教授の竹内敏晴氏が始めた、  「竹内レッスン」。
「からだ」と「ことば」がキーワード。
演劇的手法を用いて、自分との出会い、他者との出会いを求めていきます。
その「竹内レッスン」に関してマターリと語って下さい。

対象 : 竹内さんが直接関わるクラス、弟子に当たる人たちの団体、竹内レッスンを取り入れている団体、
       及び、広い意味での「竹内レッスン」を対象とします。

       レッスンを体験された方、体験はしていないが、講演をお聞きになった方、書籍を読んで興味をもった方、
        など、どうぞお書きください。


http://member.nifty.ne.jp/karada/body_words/


2 :1:04/04/28 21:45
ちなみに漏れは竹内さんご本人とは、ことばをちょっと交わした程度です。
竹内系のある劇団の研究生(のようなもの)に参加していました。
そのほか、東京および大阪で、いくつかの竹内系のワークショップに参加しました。


3 :1:04/04/28 21:47
わたしは、はば広く、多くの方の感想をお聞きしたい、と思ったものです。
竹内関連の書籍を見ても、そこに載っているのは、一定の波長の感想が多いような気がしました。
確かに、みなさんの真摯なお気持ちではあると思うのですが、なんというか、ある共通の波長の感想が多いと思います。
もっと、はば広く感想を聞きたい、と思ったのです。

特に批判したいわけではなく、また、批判ばかりを集めたいわけではありません。
竹内に参加して、本当に、かけがえのない体験をされた方も多数いらっしゃることでしょう。
そういうお話もどうぞお書きください。

ただ、できれば、「竹内体験」を相対化できないものか、と考えたのです。

いろいろのご感想を書き込んでいただけたら、と思うものです。
特に漏れの方向に誘導する気はありませんので、自由にお書きください。



4 :1:04/04/28 21:50
まず、漏れの印象です。

@ 「竹内」の世界でよく使われることばや概念がある。
      「しなやか、はずむ、気づき」、など。
      それらのことばたちは、「竹内」界独特のニュアンスで使われているような気がした。

A ↑のことばや概念が、独特のオーラ、魅力を持っていた。

B  演劇の舞台に立つと、緊張したが、晴れやかな気持ちになった。 
       普通の日常では得られないものだった。


C  「竹内」界独特の、もの見方、感じ方があるようだった。
       熱心なひとは、「竹内」界流のものの見方から離れられないようだった。

D  行動やあり方をことばで説明しすぎのような気がした。
        ことばで説明してしまうことによって、なにかが限定されてしまうような気がした。

E  確かに、日常では得られない、あらたな発見がたくさんあった。
        それはかけがえのないものであった、が、そう言葉であらわせるものではなかった。

あとはご自由にお書きください。


3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)