5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

火葬の科学 〜五番炉〜

713 :愛と死の名無しさん:04/02/24 10:26
>>706さん
アウシュビッツ火葬炉の写真
ttp://niheisrv.inf.aomori-pc.ac.jp:9996/sec-5.htm
これの小さな投入口に同時に4体も人が投入できるでしょうか?
また炉は貧弱なもので連続稼動に耐えられるのでしょうか?
専門家の見解を聞きたいです。

比較になりませんが一般の火葬炉では
収骨に至るまで焼くのに800〜900度で1時間は必要です、もちろん強力なバーナー
なので立ち上がりはかなり早く点火後5分程度で炉内平均温度が到達します。
しかも灯油や重油、ガスなどの燃料を大量(100L位)に消費した上で。

人脂ももちろん燃えますが、大量に水分を含むために発熱量は高くありません。
(焼肉で脂身は確かに燃えますが、かなり焼かないと燃えないですね)
連続運転ならば燃料は確かに少なくて済みますが、15分で1体を処理する為には
千数百度以上の高温が必要なはずです。(粉砕する目的ならなおさら)

人の野焼きの写真ですが、密閉された空間ならともかく、開放された野焼きの燃焼温度で
粉砕に至るまでの温度に達するのはまれ、通常は炭化する程度で骨まで燃えないでしょう。
さて、アウシュビッツで完全な形の頭蓋骨は大量に発見されたのでしょうか?

あと、この写真は収容されたユダヤレジスタンスによって撮影、持ち出されたものとして
戦時中の英国で公開されたものです、財産を没収された収容者がどうやって写真を??

331 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)