5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

火葬の科学 〜五番炉〜

813 :ちっかな町の火葬従事者若干25歳:04/03/05 22:56
法的には、骨上げ後の残骨(骨片)は、法的には遺骨ではないらしいです。
残灰の中に残骨も混じるのですけれども、山に埋め立て処分されています。
法の定義は、遺体に対しては結構あいまいなところがあって、エンバーミング
を見て、死体損壊罪だ〜って叫ぶことがないように、故人の尊厳が守られる
ような状態(常識的に)であれば、特にうるさくはないみたいです。
 散骨も遺棄罪にならないというのはそういうと濃いラ変かもしれませんね。
ただ、でかいまま散骨すると、事件性があるものかわかんなくなったり、
見っけた人がぶるぅになったりで、これは禁止らしいです。
 散骨の場合って、埋葬許可証をどこに出すんですかねぇ??

 本題の泡沫状になるなんちゃらの現場からの意見です。
火葬台車に灰を巻き込んで茶褐色に変色した仁丹大のガラス状のもの
とかが、たまにくっついています。
 金も有るとしたらそんな状態であるんじゃないかなぁって妄想したり
るつぼで金を溶かすのとはちがい、砂の上で灰にまみれて溶融するわけ
だから、いろんな不純物が混じりあい、キンキラの状態で固まることは
ないと思われ。。
 このいやんなおやじ達は、よほど地味な作業を続けて集めてたんじゃない?
真偽の程は℃ーなんでしょね??

331 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)