5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

火葬の科学 〜五番炉〜

918 :猫が好き♪ ◆1GNekodnQQ :04/03/16 03:43
>>911
夫婦というのとはちがいますが。
日本では江戸時代までは武家の間にお稚児さんみたいな風習がありまして(有体
にいって美少年系のホモセクシャルのこと)、かわいがられていた側は、かわいが
ってくれた権力者が死ぬと追腹を切るものだったようです。
その美少年は御物つーたかな、んで権力持ってる側が生きていると、単なる男性
の愛人から取り立てられて権力機構にはいれたりもしたので(御物あがり、などと
言う)、ま、マイナスばかりでもなかったみたいですが。
また、御物あがりのみなさんだけではなく、家来のみなさんも追腹を切ることがよ
くあって、幕府は幾度も禁止令を出していました。

そいから、>>913 さんに追加。インドの場合は、夫が死ぬと妻が追いかけて死ぬこ
とが、上流階級では(ある程度は)習慣化していたようです。
ジュール・ベルヌ原作、マイケル・アンダーソン監督の映画「80日間世界一周」で、
主人公のおふたかた(ディヴィッド・ニーヴンとカンティンフラス)がインドを横断して
いるとき、そういう葬儀にぶちあたり、生きたまま焼かれそうになる姫を救い出すと
いうシーンがあったと思います。姫はシャーリー・マクレーンではなかったかな。
それなりに有名な映画で、レンタルショップなんかでも探せば出てくると思います
ので、インドの火葬や葬送儀礼に興味があり、映画を見る暇もある方(=^_^;=)は、
見てみてもいいかもしれません。

331 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)