5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

統合失調症(精神分裂病)総合スレッドpart38

234 :リスカ大佐 ◆UTUYMODu/w :04/04/19 03:01 ID:zO43KClB
自分はいわゆる「同志」に紹介せられ、パンフレットを一部買わされ、
そうして上座のひどい醜い顔の青年から、マルクス経済学の講義を受けました。
しかし、自分には、それはわかり切っている事のように思われました。
それは、そうに違いないだろうけれども、人間の心には、もっとわけのわからない、
おそろしいものがある。欲、と言っても、言いたりない、ヴァニティ、と言っても、
言いたりない、色と欲、とこう二つ並べても、言いたりない、
何だか自分にもわからぬが、人間の世の底に、経済だけでない、
へんに怪談じみたものがあるような気がして、その怪談におびえ切っている自分には、
いわゆる唯物論を、水の低きに流れるように自然に肯定しながらも、
しかし、それに依って、人間に対する恐怖から解放せられ、
青葉に向かって眼をひらき、希望のよろこびを感ずるなどという事はできないのでした。
けれども、自分は、いちども欠席せずに、そのR・S(と言ったかと思いますが、
間違っているかも知れません)なるものに出席し、「同志」たちが、いやに一大事の如く、
こわばった顔をして、一プラス一は二、というような、
ほとんど初等の算術めいた理論の研究にふけっているのが滑稽に見えてたまらず、
れいの自分のお道化で、会合をくつろがせる事に努め、
そのためか、次第に研究会の窮屈な気配もほぐれ、
自分はその会合に無くてかなわぬ人気者という形にさえなって来たようでした。
この単純そうな人たちは、自分の事を、やはりこの人たちと同じ様に単純で、
そうして、楽天的なおどけ者の「同志」くらいに考えていたかも知れませんが、
もし、そうだったら、自分は、この人たちを一から十まで、あざむいていたわけです。
自分は、同志ではなかったんです。けれども、その会合には、いつも欠かさず出席して、
皆にお道化のサーヴィスをして来ました。 太宰 治 「人間失格」より

289 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)